奥居


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奥居とは『実況パワフルプロ野球』シリーズの「マイライフ」モードに登場するキャラクター。モードの追加は『パワプロ10』からだが初登場は『パワプロ11』。趣味は釣り。

主人公の同期として入団する、「サクセス」モードの矢部のような存在。
ポジションは主人公のポジションによって異なる(主人公が投手の場合は投手として、野手の場合は主に外野手として登場する。外野手で固定の作品もある)。野手の時は二塁、三塁のサブポジを持つ外野手として登場する。選手としての能力はそこそこバランスが取れている。ただしパワプロ2012では主人公のポジションに関係なく外野(サブポジ三塁)手である。
野手では場合によってはオールAまで成長しチームの柱を担い続けることもあるが、投手ではあまり結果を残せないことも多い。

登場時にはほとんどの場合主人公にボールをぶつけ、キャンプの取材に来たアナウンサーに必ず我先にと飛び込んでいく。

一人称が矢部同様「オイラ」だが語尾は「~だぜ」。矢部に比べるとうっとうしく感じるかもしれないが、シリーズによっては奥居が絡むイベントも存在するため、あまり邪険にすると損をする。 野手なら大体矢部より優秀な選手になるし
しかも奥居は途中で解雇されることが有る。特に同じ外野のポジションはなおさらでそれこそ、二軍暮らしの頃から仲良くしておく必要も出てきたりと、色々な意味で面倒なキャラである。

なお彼にはまりんと亜美という二人の妹がおり、共に彼女対象キャラとなっている。
前者はパワプロ11決定版のホーム球場でホームランを打つ(野手の場合 場外はダメ)か打たれた時(投手の場合)に知り合うことができる。兄に無断で売り子をやっており、交際が奥居にばれた際は合うことを禁止される。ここからまりんと会うためには奥居と釣りを行き且つ覚悟を見せる必要があるが、最悪解雇されているとそれすら出来ない。
後者は2012にて30歳以上の独身で迎えた奥居の誕生日の際に紹介される。ちなみにそれ以前でも奥居に電話すると彼女が出るときがある(ただし子供グラで付き合えない)。本人曰く紹介してやるとのことだが、実際は会ってみたいと彼女が懇願した模様。
典型的なお兄ちゃんっ子であり、プレイヤーを支えつつもいつまで経っても落ち着かないお兄ちゃんを心配するいい子。奥居自身はまりんにも嫁がれ(主人公と亜美が結婚した場合、結婚式でまりんについて言及する)、さみしい心境にもなりつつもちゃんと応援してくれる。