バトロイクエスト > 第74話 > 探索編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 久々のバトクエ主催です。
    何なりと参加してください(土下座しながら) -- 舞台裏:明日パラガス
  • 【クエスト】悪徳オカルト結社「アラハバキ」異界観測計画「No.107 やめろミザエル」
    【内容】私は真の銀河眼使い、ミザエル!
    今回、我々アラハバキの別世界における【能力保持者(スキルホルダー)】探しに協力して欲しい。
    報酬はそれなりに弾むぞ。
    ちなみに「No.107」は私のタキオンドラゴンにあやかって付けた計画名だ。
    別に107回目という意味ではない。 -- No.74 マジカル・クラウン-ミッシング・ソード
  • ミザエル「私が投下したのはバトクエ74話だ!これでいつでも参加者を集めることが・・・ハッ(計画名にやめろミザエルがあることに気づく)」
    ベクター「ミザちゃーん、書き換えに気づかずそのまま投下とかイケてないんじゃな~い?」
    ミザエル(無言の手刀)
    ドルベ「やめろミザエル」
    キリカ「まただよ(呆)」
    玉藻前「これで何度目ですのー?」 -- アラハバキ構成員
  • ヒュヴァーズ「悪徳結社が何かたくらんでると聞いて。」
    ケリニー「悪徳結社のあやしい計画と聞いて。」
    ケーヴス「ステンバーイ…ステンバーイ…」
    セーヴェル「そういえば遊戯王新作、ランニングデュエルらしいですよ。」 -- Mr・H軍
  • ミザエル「む、Mr・H軍か。」
    ベクター「デカブツに乗って戦うことが多いから、パワーバランスを揺るがすほどの戦闘力を持つ集団だな。
    今回は生身のようだが・・・」
    ドルベ「企んでいるわけではない。ただの新人勧誘だ。」
    キリカ「むしろそっちのほうが怪しくない?」
    玉藻前「ですの。」


    スプラ「あれー?迷った?(なりバトからサティアナを引き連れてやってくる)」 -- アラハバキ構成員とか
  • えー? あたし、道なんてわかんないわよぉ?
    (スプラについてくる形で行動中) -- サティアナ(くくる)
  • ビクティニ「家にいても暇だから来たぜ!」
    アルエル「あれ…ここ…どこですか?」← -- ヨッシー一家
  • ミザエル「あ、お前らはあの時のか(サティアナ、アルエルに)」
    ベクター「うっげぇスプラ!なんてもん連れてきてんだ!」
    ドルベ「ふむ、あと1、2組来たら出発としようか。」
    キリカ「カクカクシカジカ(サティアナに概要説明)」
    玉藻前「眠いですのー・・・」
    スプラ「あー!バリアンにアラハバキ!」 -- アラハバキ構成員とか
  • 久々なのでとっておきのを呼び寄せておきますか -- 舞台裏:快斗
  • お、合流できた? ナーイス!
    (説明を聞き)
    ふーん。まぁだいたいわかったわ、尋ね人探しってわけね。
    …でもなに、人手がいるような問題なの? すぐ逃げるとか? -- サティアナ
  • 呼び寄せた結果…


    吹雪「久々に出番だなぁ…」
    ちなつ「そうですね」
    ベジータ(Megamari)?「ダニィ!?なぜ俺まで…」 -- 快斗軍
  • ビクティニ「おぉっ、なんだか面白そうだな!」
    アルエル「あぁーっ!あの時のドラゴンの人!(ミザエルを見て)」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「今回は人探しみたいですよ」
    吹雪「てか何故この組み合わせなんだ」
    ベジータ(Megamari)?「割とお気に入りのメンバーらしいぞ ちなみに俺は実はMegamari仕様ではない…」
    ちなつ「あ、そうですか」
    ベジータ(Megamari)じゃない方「反応薄いYO…!」 -- 快斗軍
  • ミザエル「そのとおり・・・ん!?ま、まさか奴は吉川ちなつ!?」
    ベクター「れれれれれれれれ冷静になれ冷静になれ、あれはバトクエ補正付きだ・・・」
    ドルベ「いる世界が問題なのだ。今から行く世界は伝説の超クズ共というかつてのアラハバキ幹部と癒着していてな。
    上層部が腐敗しきっている故、裏切りに定評のあるカカロット(ウボァ)と癒着していたのだ。
    流石にここまでの人数は必要ないだろうが、何してくるか予想できん。」
    キリカ「クズ共自身は【却本作り(ブックメーカー)】で封印されてるからもう動けないだろうけどね。」
    玉藻前(ここまでいると一条の件でアラハバキと接触してる人がいそうで怖いですの)
    スプラ「サティは手伝うのー?」 -- アラハバキ構成員とか
  • 舞台裏:パラガス「心配することはない☆お前(ベクター)の言うとおりでバトクエ補正付きなのだからなぁ☆」


    吹雪(艦これじゃないよ)「じゃあお前はなんなんだぁ?」
    ベジータ(???????)→ベジータ(菜野Trick)「俺は…菜野Trickのベジータだぁ!」
    ちなつ「まさかのこっちの作者の作品!?」
    吹雪「お前達が桜Trick見なければ俺はこの星を破壊(ry」
    ベジータ(菜野Trick)「春優の写真もたくさんあるから強化はお手の物なんだどー!」 -- 快斗軍
  • 神子「呼ばれて飛び出てシャランラー♪」
    布都「われにおまかせを!」
    屠自古「やってやんよ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • うーむ。スプラとあたしが出たら、オーバーキルになりそうな勢いね… -- サティアナ
  • ビクティニ「賑やかだなぁ!これなら退屈せずに済みそうだぜ!」
    アルエル「ふわぅ…げ、元気な人たちですね…」 -- ヨッシー一家
  • ミザエル「これだけいれば十分ではないか?」
    ベクター「だな。行く奴は着いてこい(指鳴らしでワープホールを出現させる)」
    ドルベ「さらに増えたな。これだけいれば手を出してくるようなこともないか。」
    キリカ「スプラはどうすんの?」
    玉藻前「流石に連れて行くわけにはいきませんですの。首領にどうにかしてもらいましょう。」
    安心院「呼んだー?」
    スプラ「わぁ!出た!」 -- アラハバキ構成員とか
  • ベジータ(菜野Trick)「早速出かける!後に続け吹雪ー!」
    吹雪「チッ!(クズ王子の癖に調子に乗るなよ)」
    ちなつ「そろそろ行きます?」
    吹雪「はい… …ところでクズ(菜野Trick)」
    ベジータ(菜野Trick)「なんだ」
    吹雪「コトしずの写真はないのかぁ?」
    ベジータ(菜野Trick)「…カカロット(菜野Trick)に妨害されたからないんだどー!」
    吹雪「何ぃ!?」 -- 快斗軍
  • ビクティニ「出発レッツゴーだぜ!」
    アルエル「…(不安でいっぱいです…(汗))」 -- ヨッシー一家
  • 布都「太子様、我々も出発しましょうぞ!」
    神子「うむ、そうしよう」
    屠自古「それでは、豪バスターズ・・・レディ、ゴー!」
    布都「って何故屠自古が仕切ってるのだ・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ちなつ「そんな話してないで行きますよ二人とも」
    吹雪「イェイッ!」
    ベジータ(菜野Trick)「ふぉお!?分かったYO…!」 -- 快斗軍
  • えー! なぁに、スプラ行かないの?
    ちょっと下がるわねぇ… -- サティアナ
  • ドルべ「二人勧誘にこれほど人数もいらなかったな。」
    ミザエル「あ、その事なんだが…」
    ベクター「先読みイケてないんじゃな~い?」
    (七皇はさっさとワープ)
    キリカ「向こうは色々クズいからね。
    ロリ巨乳のこいつに手を出す→返り討ち→大惨事の流れが透けて見えるよ」
    玉藻前「そのへんは妥協してもらえると嬉しいですの」
    安心院「スプラちゃんには相応の相手を呼んであげるよ」
    スプラ「むー、いきたいのにー」 -- アラハバキ構成員とか
  • ……ん? 相応の相手?
    それは、なにかしら。バトル的な意味で? -- サティアナ
  • 屠自古「さーて、何処を探しましょうかね?」
    神子「そうだなぁー・・・うーん(考え中)」
    布都「人が沢山居そうな所がお勧めですね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 中世ファンタジーな世界。
    のわりには何故か近代的装備している輩もいる。 -- 移動場所
  • ミザエル「…というわけだ。ドルべたちは残り一人を探せばいい。」
    ドルべ「そうか…すまないな。」
    ベクター「人の多い場所…この世界にギルドみたいなのあったか?」
    ドルべ「そのものがあったはずだ。」 -- 移動後アラハバキ
  • キリカ「私らは移動しようか」
    玉藻前「そうですね。あまり待たせるわけにもいかないですの」
    (上二名移動)
    安心院「バトル的なねっと。君じゃ話にならないよ」
    (白い服着た幼女をスキマを作り引っ張り出す)
    よーこ「わわわ、あれ?」
    スプラ「あ、よーこちゃん。」 -- 移動前アラハバキ
  • な、なに! ぐう、言わせておけば……
    って、なに? この子もスプラの知り合い? -- サティアナ
  • ビクティニ「んじゃ、オイラ達も行くか!」
    アルエル「ふあっ!あっ、はい!」(移動開始) -- ヨッシー一家
  • 神子「よし、あそこだ!(コロシアムを指差し)」
    布都「おっ、あそこなら能力者も沢山見つかりそうですね!」
    屠自古「早速行きましょう!」
    神子「豪バスターズ、レディ・・・」
    一同「ゴー!(コロシアムへと向かう)」
    屠自古(って、神子様そのフレーズ気に入ったんですか・・・) -- ウッの愉快な仲間たち
  • 吹雪「相手の気を探れば一発です…」
    ちなつ「えっ、でも…」
    吹雪「…あ、どんな気か分からぬぅ!」
    ベジータ(菜野Trick)「バカな奴(ry ふぉお!?(キーーーン) (1/920)」 -- 快斗軍
  • スプラ「うん、知り合いー」
    よーこ「なにー…?」
    安心院「この子はとあるところの隠しボスそのもの。
    死にたくなかったら行ったほうがいいよ」
    (そろそろ移動しないと幼女二人の戦闘に巻き込まれて即死します) -- 移動前
  • ミザエル「お、おい、勝手に行くな!全く…」
    ベクター「あらまぁ、元気なもんだな」
    ドルべ「向こうは彼女らに任せて…私たちはギルドへ向かおう」
    キリカ「来たよー」
    玉藻前「ですの」
    ミザエル「来るのが遅いぞ…」 -- 移動後アラハバキ
  • ビクティニ「おぉーっ!」
    アルエル「す、すみません…(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 吹雪「コロシアム羨ましいです…」
    ちなつ「言いながら向かうのやめてください(結局二人ともコロシアムへ向かう)」


    ベジータ(菜野Trick)「ダニィ!?(置いてけぼり)」 -- 快斗軍
  • むうぅ! 興味をそそる言い方を…
    …でも、まぁいいわ。一回冷静になりましょう。うん。
    …とりあえず、人探しか。そっち終わらせちゃいましょう。
    自分のスペックは、まぁ…理解してるつもりだから。 -- サティアナ
  • 布都「(コロシアムに着き)何か強者が沢山居るのだー」
    屠自古「これなら案外楽そうですね、神子様!」
    神子「うむ・・・しかし、人間ではない者も居るようだが」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ドルべ「結構な人数がコロシアムへ行ったな…」
    キリカ「伝達はしろまるのを解析したテレパシーがあるから、放置だね。」
    ミザエル「私と玉藻前はもう一人の方、【刻々帝(ザフキエル)】の持ち主の所へ向かうぞ」
    玉藻前「えっと、確かこの世界が恐れて手を出せない種族の一人でしたね。」
    ベクター(俺はサボるか…) -- アラハバキ
  • ビクティニ「オイラ達もそっち(ミザエル達の方)を手伝うかな!勝利の星が(ry」
    アルエル「あうぅ…」 -- ヨッシー一家
  • 安心院「賢明だね。ほら、早くしな」
    スプラ「かくかくしかじか」
    よーこ「だいたいわかった」 -- 待機組
  • なかなかの猛者が多いが、どうやら試合どころではないらしい。
    コロシアム内では誰かがモンスターと戦っている -- コロシアム
  • 布都「うん、誰かが戦ってるようだが・・・」
    屠自古「試合でもしてるのか?」
    神子「いや、試合どころじゃないらしい・・・我々も注意しないとな」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 了解了解。
    スプラもさっさと勝っちゃって、あたしと楽しい事しましょう!
    (ワープホールから移動し、捜索組の元へ向かう) -- サティアナ
  • 「なんだあの怪物!?エクシーズか!?」
    「あんなんがいたんじゃおちおち賭けもできないよ…」
    「ミザちゃんイケてなさすぎ」
    「お姉ちゃん遅すぎィ!」
    「七皇なのに仕事取られた…もうダメだ、終わったビングだ、俺…」
    「おめえら自重しろ!」 -- コロシアムの喧騒
  • 吹雪「(俺も戦いたいなぁ…)」
    ちなつ「大変…なのでしょうか」


    ベジータ(菜野Trick)「(岩盤のダメージで動けない!)」← -- 快斗軍
  • ミザエル「お前が織莉子から借りたスキルがあれば、二人ぐらいなら誤魔化せる、行くぞ!」
    玉藻前「はいはーいですのー。【空気迷彩(エアーステルス)】!」
    (二人が空気化してもう一人を勧誘しに退場。どうみても赤ヨッシーが使ってたアレ)
    ドルべ「さて、私たちが捜すのは中の人がブロリーだったな。よろしく頼むぞ(ベジータを放置しながら)」
    キリカ「分かりやすっ!?ヌルゲー!?…ん?何か用かい?」
    ????「あぁ、悪いが少しいいか?」
    (ぴっちり身体のラインが見える軽装をした黒髪ロング巨乳黒目お姉さんが現れる
    コロシアム側は話擦り合わせるまで雑談してお待ちください!) -- アラハバキ構成員とか
  • 神子「おやおや、向こうは騒がしいようで・・・」
    布都「あのモンスター、一体何なのだ?」
    屠自古「見たことの無いような奴だな・・・腕がなる」
    (了解です) -- ウッと愉快な仲間達
  • ビクティニ「あれ…オイラ達は…」
    アルエル「私達はどうしましょう…(汗)」 -- ヨッシー一家
  • ????→オリジン「私はいくつかの世界を放浪している賞金稼ぎ、オリジンだ。
    さっき赤い髪をして黒いワンピースを来た女、私の妹なんだが、
    「コロシアムになんか出たらしい」とか言って島田兵を連れて出ていってしまったんだが、見てないか?」
    キリカ「あなたの妹は見てないけど…島田兵…これは確定だね。」
    ドルべ「あぁ…どうやらオリジン、君と我々の目的地は同じになりそうだ
    みんな、話によると私たちが捜している【能力保持者(スキルホルダー)】はコロシアムにいるらしい。」 -- アラハバキ構成員とか
  • アルエル「コロシアム…ですか?」
    ビクティニ「そこに目的の人物がいるのかー?」 -- ヨッシー一家
  • 吹雪「くしゅん!」
    ちなつ「どうしたの吹雪ちゃん」
    吹雪「さぁ…(CV:島田敏)」 -- 快斗軍
  • 神子「やっぱり此処に居たか・・・しかし、油断は出来ない」
    布都「罠にも用心せねばな」
    屠自古「さて、コロシアムの何処に居ることやら・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • オリジン「…よく見ればバリアンがいるな。ということはお前たちはアラハバキか。」
    ドルべ「あぁ、一部はな。…カカロット(ウボァ)たちに恨みのある者か?」
    オリジン「いや、このぐらい裏が腐っていたほうが花も売れて便利だよ。お陰で金欠が解消されたしな。
    島田兵を勧誘するなら協力しよう。私の妹も捜す条件付きだがな。」
    キリカ「決まりだね。あそこに見える、先走った人達が行ったとこだね。そこにいるらしいよ。
    鵜呑みにするのもアレだけど、合流もかねて、ね。
    (あれ?東方勢気付いた?)」 -- まだコロシアムから遠いですじゃ!
  • んー? なになに、いまの状況はー?
    (ドルベの一行を発見し、合流) -- サティアナ
  • アルエル「なるほど…あそこに行くのですね(コロシアムを見て)」
    ビクティニ「よっしゃ、早速行こうぜ!」 -- ヨッシー一家
  • 神子「・・・いやしかし、居ない可能性もある」
    屠自古「確かに・・・その可能性も充分ありますね」
    布都「うーむ・・・どうするか」 -- ウッの愉快な仲間達
  • キリカ「かくかくしかじか。この巨乳の人は協力者だよ。(サティアナに)」
    オリジン「えっと、カップはいくつだったか…GかHだったな。
    おっと、そんな事言ってる場合じゃなかったな。」
    ドルべ「島田兵を引き入れるぞ!全軍突撃ー!!」
    キリカとか外野「「「「「やめろおおおお!!!」」」」」「考え直せ!」
    オリジン「うわ、なんだなんだ?」
    (姑息な壊滅フラグを立てかけた無能先頭にコロシアムへ移動開始) -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「レッツゴーッ!(ドルベ一行を追ってコロシアムへ)」
    アルエル「あぁっ、ま、待ってくださいー!(同上)」 -- ヨッシー一家
  • ぐうぅ…スプラといい、胸囲がインフレを起こしているわ……
    うん、協力者…? 尋ね人とは別人なのね。あたしはサティよ。 -- サティアナ
  • 神子「とりあえずこの辺りを探し回りましょう」
    屠自古「そうした方が無難ですね」
    布都「我もそう思うぞ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • オリジン「オリジンだ。よろしく頼む。さて、おいてかれないようにしないとな」
    キリカ「いかん危ない危ない」
    ドルべ「友よ…なんということだ…」
    (結構急いで移動中。ベジータは放置食らっている) -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「~♪」←空中に浮かんで移動中
    アルエル「あうっ(コケそうになる)」 -- ヨッシー一家
  • (どうにか復活 しかしHP1)く…くそったれめ…吹雪の野郎、置き去りにしやがった…!
    どうにか追いつくどー!(急ぎコロシアムへ)
    -- ベジータ(菜野Trick)
  • っと、大丈夫?(移動しながらアルエルに声をかける)
    この前、あたしを起こそうとしてくれた子よね。 -- サティアナ
  • 神子「おーい(捜索中)」
    屠自古「何処だー(捜索ry)」
    布都「わっほーい(捜ry)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ビクティニ「やっほーい!(空中で一回転)」
    アルエル「あ、ありがとうございます…はい、傷だらけになって大変だと思って…」 -- ヨッシー一家
  • ドルべ「到着ブックス!」
    キリカ「あ?なんか騒がしいね」
    オリジン「これは探すのが大変そうだ…」
    (コロシアムに到着する) -- アラハバキ構成員とか
  • 神子「イーグル!(捜索中)」
    屠自古「シャーク!(捜索ry)」
    布都「パンサー!(捜ry)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ドルべ「ここは先に来ているはずの参加者に見つけてもらおう」
    キリカ「そだね。テレパシーするよ」
    オリジン「そんなものがあるのか…頼むぞ。」
    キリカ「あーい。」
    《聞こえる?かくかくしかじかというわけで、そこで中の人がブロリーの人を探してくれ。
    赤い髪をして黒いワンピースを着た女と一緒にいるらしいよ》
    (先にコロシアムに来たメンバーにテレパシー。布都たちの近くからブロブロしい声が聞こえる) -- アラハバキ構成員とか
  • 屠自古「うん?何やら声が聞こえて来る・・・」
    神子「ふむふむ・・・了解した」
    布都「そうと分かれば、二人を探しに出発だ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 「サボりに気づかないとか腹痛いわぁ~www」
    「ブェクタァァァァ!!!」
    「わけがわからないよ」
    「騒がしいでしょうねぇ。姉ちゃん遅すぎだよほんとー」
    「ここから逃げ出す策を…策を考えるんだ!」
    (ブロブロしい声が混じっている) -- コロシアムの喧騒
  • 神子「・・・今、ブロブロしい声が微かに」
    布都「どうやらその様ですな」
    屠自古「行ってみましょう!」
    一同(喧騒の方へと走る) -- ウッの愉快な仲間達
  • 赤髪ぺったん娘「あ、なんか騒いでた人が来たよ。知り合い?」
    島田兵「あり得ぬぅ!誰だぁ?」
    サボベクタージュ(よかれ)
    擬人化糞QB「君たちはわけがわからないよ」
    (色々ネタに走ったのがいる。うち一人はブロリー顔のFPSゲーの服を着た明らかな島田声) -- コロシアムにて
  • 屠自古「(たどり着き)うーむ、全員怪しい奴だな・・・」
    神子「待て!今一人、ブロ声を出した奴が居た・・・」
    布都「それは?」
    神子「・・・お前だ!(シャクで島田兵を差し)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 島田兵「あぁえい!?」
    赤髪ぺったん娘「やっぱあんたじゃん。はよ行け」
    島田兵「ま、待て!俺はブロ声ではない。人違いじゃなイカ?(エビ)」
    (などとブロ声全開で供述している。アラハバキの名を出せばいけるかもしれない) -- コロシアムにて
  • まぁ慣れっこよ。傷なんか負わずに勝ち続けられるなら、そうするけど。
    さて、なんか騒がしくなってきてるけど… -- サティアナ
  • ビクティニ「遅れてやって来た勝利の星だぜ!」
    アルエル「できれば誰も傷を負ってほしくないですけど、やっぱりそれは難しいですよね…あっ、ここが目的のコロシアムですね…」 -- ヨッシー一家
  • ドルべ「どうやら騒ぎが起こっているらしい。
    混乱の中に全軍突撃ー!すると厄介な事になりかねないのでな。先行していたメンバーに探してもらっている。」
    オリジン「私の妹はいいが、島田兵が来るのを渋りそうだな…」
    キリカ「ならぱ脅せばいいか(ニャル子並の思考)」
    《聞こえる?島田兵が渋ったらアラハバキの名前出して。多分それでいけるよ。
    あ゙!忘れてた!さっき言ってた赤髪ぺったん娘もついでに連れて来て!お願い!》 -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「んじゃ、オイラ達はここで待機してればいいんだな?」
    アルエル「ふえぇ…早速大変そうな状況です…(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 屠自古「その独特な声!」
    布都「その独特な顔!」
    神子「お前こそ探していた・・・能力者!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 吹雪「へぁっ!?」←ブロリー声
    ちなつ「吹雪ちゃん、何気にまずくない?」 -- 快斗軍
  • 赤髪ぺったん娘「あ?能力者?その単語を持ち出すってことは・・・アラハバキね。」
    島田兵「ギクリーだぁ!もうダメだぁ!(ヘタレ始める。心当たりがあるようだ)」
    サボベクタージュ「吹雪ちゅわぁ~ん、ちょっとイケてないんじゃな~い?」 -- コロシアムにて
  • 一同「さぁ、偽りの衣をあばいて正体を見せよ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • そ、そうかなぁ… -- 吹雪の巫女
  • 島田兵「す、スタッフゥ~!スタッフゥ~!」
    赤髪ぺったん娘「・・・こいつは隠れ蓑になる変化系のスキル【化蓑溝知(エスケープヘルパー)】を持ってる。
    しょーもないスキルだけど、勧誘しに来たってわけだね(席から立ち上がる)」
    島田兵「んん?」
    サボベクタージュ「おう(今俺が堂々とサボってるのに気づかないあたりなぁwwww)」 -- コロシアムにて
  • 吹雪「なんてことだ…!」
    ちなつ「何真に受けているんですか」
    ベジータ(菜野Trick)「(ギャグ補正で全回復してから来た) 桜Trickの王子ベジータが相手(ry」
    吹雪「なんだ?クズ」
    ベジータ(菜野Trick)「ふぉお!?」 -- 快斗軍
  • 神子「ああ、依頼されて勧誘しに来たんだ」
    布都「さあ、おとなしくするが良い」
    屠自古「そうした方が身のためだぞ」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 赤髪ぺったん娘「まぁ抵抗する気はないしね。代わりに姉ちゃん探すの手伝ってもらうけど。」
    島田兵「は?(ガシッ)ま、待て!話せば分かる!交渉を!(ぺったん娘に掴まれる)」 -- コロシアムにて
  • 神子「その姉ちゃんというのもコロシアムに居るのか?」
    布都&屠自古「・・・・・(島田兵を見張っている)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 赤髪ぺったん娘→シーア「いんや、外。あまりにも来るのが遅いんでねー。
    あたしはシーア。こいつを連れて一旦コロシアムから出よう」
    島田兵「やめロットォォォ!そこのクズ(ベジータ(菜野Trick)のこと)、助けろおおおおお!!」
    (シーアの足がスタライクウィッチーズのストライカーユニットに変化して島田兵を掴んだまま浮上する) -- コロシアムにて
  • ベジータ(菜野Trick)「ざまぁみやがれwww」←
    吹雪「今クズ(菜野Trick)を殴りたい気分です」
    ちなつ「奇遇ですね、私もですよ」 -- 快斗軍
  • 神子「分かった、二人とも行こうか」
    ふととじ「了解!(神子と共にシーアについて行く)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ビクティニ「大丈夫かね?」
    アルエル「き、きっと大丈夫だとは思いますけど…」 -- 外で待ってる二人
  • キリカ「テレパシーしたけど聞こえてなかったよ織莉子オオオオオオ!!」
    ドルベ「それは兄さんは嫌いだへのフリだからやめろキリカ
    ん?どうやら来たようだぞ」
    シーア「あ、姉ちゃんいるし。」
    オリジン「・・・無理やり連行してきたかー・・・」
    島田兵「なんてことだぁ・・・」 -- アラハバキ構成員とか
  • 神子「(シーアについて行く形でたどり着き)例の能力者とやらを連れてきたぞ」
    布都「このまま安全に終わってくれると良いだが・・・」
    屠自古「まだまだ油断は出来ないな」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ビクティニ「おっ、戻って来たか!」
    アルエル「あっ、あの人が目的の人ですか?(島田兵を見て)」 -- ヨッシー一家
  • 吹雪「そろそろ行くかぁ…」
    ちなつ「遅れてますからさっさと追い付きましょう(二人でシーアのいるところへ向かう)」


    ベジータ(菜野Trick)「殺されるかと思ったYO…!(0/920)」← -- 快斗軍
  • ドルべ「その通りだ。彼は隠れ蓑に変化するスキル【化蓑溝知(エスケープヘルパー)】を持っている。」
    キリカ「あとはミザちゃんがもう一人を勧誘し終わってれば終わりだね。
    ・・・テレパシーしてみたけど、先帰ってろだってさ」
    オリジン「私はシーアを見つけられたし、島田兵は引き渡した。
    もう退場して構わないか?」
    シーア「なーんか、嫌な予感はするけどねー。」
    島田兵「お、俺の人権はぁ?(簀巻きにされた)」 -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「これでミッション完了だな!」
    アルエル「だといいですけれど…ふわぅ…」 -- ヨッシー一家
  • 島田兵「ここはスキルで簑に変身して避難です…(簑に変身)」
    キリカ「んじゃ、一旦町の中心に戻る?(島田簑を縄で縛る)」
    ドルべ「そうだな、思ったより早く終わったのだ。ついでに【能力保持者(スキルホルダー)】について調べるのも悪くない。
    オリジンと言ったな。情報提供感謝する。」
    オリジン「ギブアンドテイクさ。ほら、早く行くぞ。"ここはもう長くない"」
    シーア「あーい。んじゃ、また会うかもねー。バハハーイ!」
    (姉妹退場) -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「次はどうするんだー?」
    アルエル「ふえっ?(オリジンの一言に反応する)」 -- ヨッシー一家
  • 神子「さて、もう一人は何処に居ることやら・・・」
    布都「どうやら先に誰かが探しに行ってるらしいですね」
    屠自古「しかし、「ここはもう長くない」って・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • キリカ「さっきのセリフは…」
    ドルべ「おそらく奴らの事だな。どうも彼らもこの世界が間引かれる対象になったのを知ったようだ。
    あぁ、君たちは心配しなくていい。問題の日は明後日だからな。巻き込まれる事はない。」
    簑島田「つーか、町の方も騒がしいです…やってられぬぅ!」
    (ドルべの話では今日は安全なはずだが、町の方が騒がしくなってきた) -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「おっ?何か事件でも起こってんのかな?(町の方に飛んで行く)」
    アルエル「ふわわ…それなら良かったです…」 -- ヨッシー一家
  • なんか加速的に事態がすすんでいくわねぇ。
    あたしの出番が! この始末! -- サティアナ
  • 神子「奴ら・・・それは一体何ですか?」
    布都「ん?街で何かあったようですぞ」
    屠自古「何か戦いでもあるのでしょうか」 -- ウッの愉快な仲間達
  • キリカ「奴ら?そんなのは決まってるよ。そいつらは…」
    ドルべ「む、あそこが原因か…一体誰が」


    カカロット(ウボァ)「ちくしょおぉーー!おめぇらオラを裏切りやがってー!」
    メカフリーザ(ウボァ)「ほっほっほ、あなたなんて信じる訳無いでしょう。
    どうせ強盗の時私に全ての罪を擦り付ける算段だったのでしょう?」 -- またお前か
  • カカロット(ウボァ)「うるせぇー!にとり(ウボァ)、妹紅(ウボァ)、助けろー!」
    にとり(ウボァ)「えー、やだー。こっちについたほうが強盗するより金貰えるしー」
    妹紅(ウボァ)「うっせぇ!あたしらに罪を擦り付ける予定だってことはフリーザ(ウボァ)から聞いてんだよ!」
    バイオブロリー(ウボァ)「よく頑張ったがとうとう終わりの時が来たようだな!一斉攻撃、開始ィ!」
    「光り輝く」「デス」「スタッフゥ~」「シュピンデル」!!
    カカロット(ウボァ)「ちくしょおぉーー!オラはおめぇらを絶対許さねぇええ!!ちくしょうこのクズ野郎ーーーっ!」


    \デデーン/
    「死ねーーーーっ・・・・!」
    /デデーン\


    キリカ「なぁにこれぇ」
    ドルベ「姑息な出オチを…(サルガッソの灯台を墓地へ送りながら)」 -- またお前か
  • 布都「こ れ は ひ ど い」
    屠自古「しかもかの河童と蓬莱人も・・・」
    神子「いや、あれはドッペルゲンガーでしょう(汗)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • フリーザ(ウボァ)「全く、僕に永遠に逆らわなければ死なずにすんだのに…
    ん、そこにいるのはキリカさんじゃありませんか。お久しぶりです」
    キリカ「うわーだるー」
    にとり(ウボァ)「そいつもアラハバキ?じゃあそこの無能もアラハバキかー」
    ドルべ「勧誘だけのはずだったのにこんな展開に巻き込んでしまう非力な私を許してくれ…」
    (アホやらかしたクズ共が何故か馴れ馴れしく接触してくる) -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「これはひどいwww」
    アルエル「…(唖然としている)」 -- ヨッシー一家
  • 神子「いや、偶然の出来事だから君は悪くなんかないぞ」
    布都「もしやこの中に二人目の能力者が・・・」
    屠自古「いや、それは多分無い」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ドルべ「そう言われてもだな…
    こいつらはアラハバキに所属していた伝説の超クズ共と呼ばれる一団だ。
    ヨースターへの攻撃や暗国ノ殿への侵入をしていたと聞く。」
    キリカ「アラハバキに悪徳がつく原因になった奴らさ。
    一応ここに来る前にちょっとだけ言及したでしょ?壊滅したはずだって。」
    バイオブロリー(ウボァ)「カカロット(ウボァ)はクズを使い球磨川を買収して俺たちとともに脱走したのだ。」
    妹紅(ウボァ)「で、あたいらをハメて自分だけアラハバキに戻ろうとしてたってわけさ。」 -- アラハバキ構成員とか
  • ビクティニ「あぁ、そう言えば前にリミュウが言ってたっけなぁ…」
    アルエル「ふへぇ…そうだったのですか…」 -- ヨッシー一家
  • おっ? なになに黒幕ぅ? -- サティアナ
  • 布都「ほぉー・・・つまり悪の親玉的位置か」
    屠自古「カカロットって奴本当にクズね」
    神子((ウボァ)って何ですか・・・) -- ウッの愉快な仲間達
  • にとり(ウボァ)「コロシアムの件は黒幕だねー。私らの中でも最低のクズのカカロット(ウボァ)が癒着している権力者にエクシーズを送らせたんだ。」
    メカフリーザ(ウボァ)「表面上の目的はその隙に強盗に入って逃亡資金を荒稼ぎするというわけだったのです。
    ところで、名前欄がアラハバキ構成員『とか』だったり、アラハバキに所属して『いた』といい違和感がありますね。
    まさか僕たちをアラハバキから除名したなんて大それたことをしてないでしょうね?」
    キリカ「したね。アラハバキを知ってたクズ共が全員ゲテスター送りになった時点で。」
    ドルべ「そこの空いた席に我々が正式に座ったのだ」
    メカフリーザ(ウボァ)「何ですって!?」 -- アラハバキ構成員『とか』
  • 布都「汚いな流石カカロット汚い」
    神子「つまりリストラって訳だと」
    屠自古「クズの末路・・・か」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ビクティニ「話に聞いていた通りのクズだな!」
    アルエル「…(汗)」 -- ヨッシー一家
  • こういう時はほら、あれね。
    NDK? -- サティアナ
  • 吹雪「バカロットォ…!」
    ちなつ「こっちのカカロットさんもたまにアレですけどね」


    舞台裏:カカロット(Megamari)「ちょwww」 -- 快斗軍