なりきりバトルロイヤル > なりきりログ > なりきりログ17


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • こいし「ここがバトロイ街って所ね」
    さとり「うーむ・・・ここに来るのは初めてですね」
    こころ「・・・(無表情の頷き)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 大天使・ウリエル「あいつら(シエル、ルクス)薄情だな! 僕を置いて行きやがって!」
    戦乙女ワルキューレ「ちょっと…私忘れてないでしょうね」
    大天使・ウリエル「サーセン、忘れてた」← -- 取り残された奴
  • こいし「うーん、何処へ行こうかなー?」
    さとり「そうね・・・(周りを見回す)」
    こころ「・・・(無表情で辺りを見回す)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「折角だから何か買っていかない?」
    さとり「とりあえずそうしましょうか・・・」
    こころ「・・・おかわりランチ(とあるレストランを見てる)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • さとり「V祈願お守りですか・・・効能ありそうですね」
    こいし「これは多重登録叩き?もぐら叩きかな?」
    こころ「・・・美味しそう(レストランを見ている)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • さとり「ん?このレストランに行きたいのですか?」
    こころ「・・・ええ、食べたい物があるから」
    こいし「よーし、それじゃ食べに行こっかー!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (レストランの中に入る、すると中央にリングがあった)
    さとり「うん?あのリングは何かしら?」
    こいし「ん・・・何何?(貼り紙を見て)リングの上で二人が戦い、勝った方の食事代が無料になるって」
    こころ「私なら勝てそうだな!(般若面)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • カカロット(EDF)「そりゃてぇへんだ!」
    音速のソニック「死ね」
    カカロット(ウボァ)「うわあああ・・・(7000/9200)」
    (EDFのニートと音速の残念忍者が湧いて出た) -- 明日パラガス軍
  • さとり「ん?私たち以外にもお客様が居たの?(カカロット達を見ている)」
    こいし「でも、仲間同士で戦うことは出来ないって・・・当然だけどね」
    こころ「ちょっと残念・・・(泣き面)」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • カカロット(EDF)「飯がタダと聞いて」
    音速のソニック「俺はこいつがニート生活を守るために雇った用心棒、音速のソニックだ。
    どうやら勝った側の食事代がタダになるようだな。
    ・・・どうする?俺とやるか?」 -- 明日パラガス軍
  • さとり「そうですね・・・折角だから受けて立ちましょう!」
    こころ「えーっ、やっちゃうのー!?(驚き面)」
    こいし「で、こっちは誰が出ちゃう?」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • カカロット(EDF)「ソニック、勝ってくぅれぇー!」
    音速のソニック「ふん、貴様に言われるまでもない。
    ちょっとした運動ぐらいにはなるだろう(リングの上へ)」 -- 明日パラガス軍
  • さとり「うーん、悩みますねー・・・」
    こころ「こいし、頑張れー(ボソッ」
    こいし「え」
    さとり「こいし。こころの為に行ってあげなさい」
    こいし「仕方ないなー、私が出るよ!(リングの上に立つ)」
    こころ「こいしー!絶対勝ってよー!」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • カカロット(EDF)「ソニック、おめぇの真の力を見せてやれ!」
    音速のソニック「静かにしていろ・・・じゃあ始めるか。」 -- 明日パラガス軍
  • さとり&こころ「こいしー頑張ってー」
    こいし「任せて!それじゃ行こっか!」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • カカロット(EDF)(相手はこいしかぁ…パニックで勝てんのか?)
    音速のソニック(最初は牽制しておくか)「爆裂手裏剣!」
    (爆発する手裏剣を投げつける) -- 明日パラガス軍
  • さとり「(二人の心を読み)パニック・・・ですか。こいし、こっちも牽制よ!」
    こいし「分かった、はあっ!(ハート弾を3発飛ばす)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (手裏剣はハート弾に当たり爆発する)
    音速のソニック「ッかぁ!(懐に飛び込み刀で袈裟懸けに切りかかる)」
    カカロット(EDF)「行け!行け!」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「接近戦ー?それじゃ私もー!(ひらりと避けた後に飛び膝蹴り)」
    さとり&こころ「頑張れー!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック(避けられた!?今のが!?だが俺の方が速い)「風刃脚!」
    (ジャンプでかわしたあと一回転して蹴り)
    カカロット(EDF)「これ相性悪いとか言わねえよなぁ~…」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「こっちも行くよ!(何かを閃き、その時に登場する電球で迎撃する)」
    さとり「こいしの無意識の能力を甘く見てはいけませんよ?」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック「!?(3200/4000)まただ…奴の能力は予知か何かか…
    ならば!奥義、四影葬!(四人に分身する)」
    カカロット(EDF)「あ艦これ」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「分身かー、本物はえっとねー・・・(どれが本物か見回している)」
    さとり「がんばってー」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック「死ね、散閃斬」
    (分身たちが四方向から切りかかる)
    カカロット(EDF)「これはもうダーメかもわかんねぇ」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「こーすりゃ全員攻撃出来るわね!はっ!(その場で逆立ちして180度開脚し、そのままカポエラの如く回転して蹴る)」
    さとり「こいし、見えてる見えてる!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック「無駄だ!(散閃斬を中止し爆裂手裏剣で攻撃)」
    カカロット(EDF)「いえー、はっはっ…カメラ持ってきてねえええ!ちくしょおお!」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「よっと(そのまま移動しながら爆裂手裏剣をキックで迎撃する)」
    さとり「これも無意識パワーの成せる技でしょうか・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (蹴りで迎撃された瞬間手裏剣が爆発)
    カカロット(EDF)「今だっ!」
    音速のソニック「散閃突!(爆煙に紛れて突きを四方向から放つ)」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「(元の体制に戻り)うん?きゃあーっ!(隙を突かれるように受ける)(3640/5140)」
    さとり「こいし!大丈夫!?」
    こいし「うーん・・・まだまだ!貴方に無意識の力を見せてあげる!(一瞬にして気配を消す)」
    こころ「出た!こいしのステルスコンボだ!(驚き面)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 外野「出た!シャークさんのマジックコンボだ!」
    カカロット(EDF)「アッカリーンのまとも版かな?(バトロイ脳)」
    音速のソニック「ふん、姿を消した程度で俺から逃れると思うか…哀れな奴。
    殺戮乱陣!(分身が消滅、リング内を超高速で刀を振りながら跳ね回る) -- 明日パラガス軍
  • こいし「うっ、乱暴しちゃうなー!(無意識な動きで避ける)
    よしっ、こっちも行くよ!(姿を現し)
    本能「イドの解放」!(こいしを中心にハート弾の弾幕が広がる)」
    さとり「こいしがスペルを使い出したわね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック「チッ(2500/4000)
    爆裂手裏剣!(再び爆発する手裏剣を投げる)」
    カカロット(EDF)「決着まだぁ~(クズはせっかち)」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「うわっ!(2440/5140)
    ハートの回収よ!抑制「スーパーエゴ」!(こいしに集まるように、ハート弾の弾幕が放たれる)」
    こころ「まるでブーメランみたいね」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • 音速のソニック「戻るだと!?(1000/4000)
    だが、隙だらけだ!音速剣!(弾幕に紛れて超速の斬撃を放つ)」
    カカロット(EDF)「勝ってくぅれぇー!!」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「速いッ!?ああっ!(体を地面スレスレに反らして回避しようとするが、掠ってしまう)(2000/5140)
    復燃「恋の埋火」!(そのままの体勢で、ピンク色の炎を纏ったハート弾を4つ放つ)」
    さとり「こいし、諦めちゃ駄目よー!」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • 音速のソニック「油断して体力のほとんどが削られた以上、もう容赦はしない!」
    (音速剣と同じスピードで退避し構え)
    カカロット(EDF)「ええぞ、ええぞ!」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「こっちも容赦しないよ!私も本気のスペルを出しちゃうよー!(元の体勢に戻った後、引き下がって構える)」
    さとり&こころ「こいしー!決めちゃってー!」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • 音速のソニック「究極奥義!十影葬!!(10人に分身する)」
    カカロット(EDF)「そういやこいしって災害レベルならいくつになるんだろーなー。
    鬼あたりが妥当か?」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「薔薇よ、全てを包め!「ブランブリーローズガーデン」!(外周から渦巻き状に、こいしに集まってくる薔薇弾幕を放つ。薔薇弾幕には相手を引き寄せる効果がある)」
    さとり「私としてはそれが妥当だと・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック「無駄だ!そんな引き寄せ、俺のスピードの前には…ハッ(リング外に出たら負け)
    あばッふッ(0/4000)」
    カカロット(EDF)「竜はそれこそバトクエのボスレベルだろうしやっぱそうかぁ…あっ」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「あららー、まさか意外な形で勝利しちゃうとはねー。でもまあ嬉しい!」
    さとり「よく頑張ったわね、こいし」
    こころ「\よくやった/(ラジチャ風に)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • カカロット(EDF)「この関節のパニックふざけやがっtヴァァァァ!!(0/9200)」
    ブロリー(EDF)「終わったな…職務放棄をする奴はクズなのだぁ…」
    (突然ニートを踏み潰して登場)
    音速のソニック「おのれ…リングから出れればさっきの攻撃など…!(1/4000)」 -- 明日パラガス軍
  • こいし「私も、さっきの攻撃をまともに受けたらと思うと・・・」
    さとり「で、勝者の私たちの食事代が無料になるって訳ね」
    こころ「・・・(無言のガッツポーズ)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 音速のソニック「俺も最初から真面目にやっておけば勝てたな…
    チッ、油断と聞くとあのポンコツサイボーグが浮かんで来た。帰る。」
    ブロリー(EDF)「金は?」
    音速のソニック「もうもらった」
    (カカロット(EDF)の財布を見せながら退場) -- 明日パラガス軍
  • こいし「三人ともまたねー!」
    さとり「さて、私たちは何を食べようかしら?」
    こころ「(メニューのおかわりランチを指差す)」
    こいし「私はこれ!(同じくパフェを指差す)」
    さとり「それじゃ私はこれで(同じくラーメンを指差す)」
    こいし「食べたら温泉に入ろー!温泉あるみたいだし」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (数分後、頼んだ料理が届く)
    さとり「さて、此処のラーメンはどんな味かしらね」
    こいし「ボリューム満点だね、このパフェ!」
    こころ「肉類がたっぷりのおかわりランチだ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 三人「いただきまーす!」
    さとり「うーん、流石バトロイの町というか・・・具材が大きい、特にチャーシューが」
    こいし「こっちはイチゴたっぷりだよー!(モグモグ」
    こころ「ステーキにフライドチキン等、力が付きそうな物ばっかりね」
    さとり「所でこいし、何処に温泉が?」
    こいし「んー・・・確かこのレストランの近くだったと思う」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「確か名前は・・・刃図路射温泉だった気が」
    さとり「・・・何か暴走族みたいな名前ね」
    こころ「うんうん・・・(モグモグ)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (・・・食べ始めて数分後)
    三人「ごちそうさまでした」
    こいし「よし、それじゃ早速温泉に行こう!」
    さとり「ええ、そうしようかしらね(二人と一瞬にレストランを出る)」
    こころ「あー食った食った」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「えーっと・・・此処ね!(温泉旅館の前へと行く)」
    さとり「見た感じ、豪華な温泉旅館ね・・・風呂の種類も豊富って感じね」
    こころ「・・・(ワクワク)」
    こいし「じゃあ行こうか!(二人と一瞬に温泉旅館の中へ入る)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「(温泉の脱衣場に行き)外見通り、豪華だねー(服を脱ぎながら)」
    さとり「広さもかなり大きいわね(服を脱(ry)」
    こころ「流石に泳ぐのは・・・出来る風呂があるかも(服を(ry)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • さとり「一つ言っておくけど、覗きには注意して」
    こいし「大丈夫!覗きを見つけたら私が懲らしめてあげるから!」
    こころ「頼もしいねーこいし」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「(温泉への扉を開けて)うわぁー、風呂がいっぱい!」
    さとり「ジェット風呂や水風呂等があるわね」
    こころ「あそこにはプール風呂やウォータースライダーもある!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「ねぇ、最初はどの風呂に入る?」
    さとり「えーっと・・・こころはどれがいい?」
    こころ「やっぱりウォータースライダーかな?」
    さとり「そう。ウォータースライダーに決定ね」
    こいし「所でお姉ちゃん、覗きなんて警戒する必要なくない?
    広いし私たち水着着てるし(着替えの最中に水着を着用したようだ)」
    さとり「そうだった・・・でもナンパとかには注意してよね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「ナンパだって撃退しちゃうよ?」
    さとり「それは一応頼もしいけどね・・・」
    こころ「早く早くー(スライダーの方へ歩いている)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「そうね、行こうかしら!」
    さとり「見た感じ長いわねー(スライダーは5本あるようだ)」
    こころ「どれにしようか迷うわね(二人と一緒に階段を上る)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「(スライダー入り口まで辿り着き)私はこれ!(緑色のスライダーを選ぶ)」
    さとり「私はこれね(紫色のスライダーを選ぶ)どうやら浮輪に乗るタイプみたいね)」
    こころ「私はこれ(青のスライダーを選ぶ)他のスライダーに比べて勢いが強そう」 -- ウッの愉快な仲間達
  • こいし「それじゃ行くよー!(スライダー入り口に入る)」
    さとり「こっちも準備OKよ(スライダー入り口(ry)」
    こころ「こっちもー(スライダー(ry)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • しじみがトゥルルってがんばってんだよ!
    (しじみ食べてる) -- 藤原 妹紅
  • 三人「レディ・・・ゴー!(スライダーの中に入る)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (・・・数分後)
    こいし「ああ、いろいろな風呂があって楽しかったわねー(銭湯から出る)」
    さとり「さて、そろそろ帰らなくちゃね」
    こころ「もう時間だしね・・・」
    こいし「じゃあねー!また遊ぼうねー!(さとりと共に退場)」
    こころ「またねー。さて、私も(退場)」


    舞台裏:打ち切りみたいな展開で終わらせてすみません・・・ -- ウッの愉快な仲間達
  • 翠星石「ここがバトロイですかぁ・・・
    戦闘するにはうってつけの場所ですぅ」
    水銀燈「と言うかどうして私も一緒な訳?」
    咲夜「右に同じく」
    翠星石「それはお前達にXO部に入ってもらう為ですぅ」
    水銀燈「入部したら私は何すればいいのよ」
    翠星石「それは入部してから言うですぅ」
    水銀燈「・・・ふん(ヤクルトを飲みながら)」
    咲夜「さて、戦闘で腕を鳴らしますか」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 翠星石「というか誰か居るですぅ?」
    水銀燈「さあねぇ・・・(ヤクルト飲みながら)」
    咲夜「よいしょっと(ウォーミングアップをしている)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 翠星石「誰も居なかったら暇にしかなりませんですぅ」
    水銀燈「その方が無駄な体力使わなくて助かるわぁ」
    咲夜「ふぅ・・・(体操中)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ???1「もうダメだ・・・終わったビングだ、俺・・・(0/8000)」
    キリカ「あーう☆(0/5000)」
    構成員「戦力差がありすぎます・・・わ・・・(0/9500)」
    島田兵「パワーが違いすぎる!(0/260)」
    ???2「いやー、やたら強いね。こうもあっさりと全滅させるなんてさ。」
    ?「そうは言っても戦うのは面倒だから嫌なのよ。(??????/200000)」
    (空間を突き破り4人の死体と水色の髪の修道服を着た少女、そして例の自機異形が降ってくる) -- 開幕終わったビング
  • 咲夜「うん、何か来たわよ?」
    翠星石「ややっ、あれは!」
    水銀燈「知ってるの翠星石?」
    翠星石「真紅と霊夢が会った自機コンプリートフォーム(仮)ですぅ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ???2「ん、どうやらこれのことを知ってるみたいだねー」
    ?「自機コンプリートフォームねぇ・・・
    私のパーツがその『自機』とか言うののまんまって話ね。私はんなこと知らなかったけど」
    キリカ「せ、仙豆くれえええ・・・」
    ???2「もうちょい待っててねー」 -- 終わったビング
  • 翠星石「で、此処に来た理由は何ですぅ?」
    咲夜「4人ほど倒された者が居ますが」
    水銀燈「まさかぁ、あんたがあれを?」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ?「仕方ないじゃない。襲われたんだから」
    ???2→日留女「ここに来た理由と言ってもねー。戦闘してたとこが割と廃墟になったから逃げ出してきただけだよーあははー
    あ、私は悪徳オカルト結社「アラハバキ」最高幹部の月読日留女だよ。よろしく。(終わったビングした構成員に仙豆を配りながら)」
    キリカ「オウフ・・・私は構成員の呉キリカだよー・・・(5000/5000)」
    ???1→ギラグ「何この状況・・・
    俺はバリアン七皇兼幹部のギラグだ。(8000/8000)」
    構成員「私は・・・しがないただの構成員ですわ。(9500/9500)」
    島田兵「島田兵です・・・ぶっちゃけ帰りたいです・・・(260/260)」 -- 終わったビング
  • 翠星石「私はローゼンメイデン第3ドール兼XO部部員の翠星石ですぅ」
    水銀燈「私はローゼンメイデン第1ドールの水銀燈よぉ」
    咲夜「私は十六夜咲夜、紅魔館のメイド長をやらせてもらってます」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • 日留女「ご丁寧にどーも。」
    ?「あ、私に名前聞かないでね。覚えてないから」
    島田兵「つーか俺らは帰っていいんじゃないの?」
    日留女「そだね。島田兵と狂三は帰っていいよ。」
    キリカ「え゙え゙!?」
    ギラグ「おま!?」 -- 終わったビング
  • 翠星石「あららー、残された二人哀れですぅ」
    咲夜「さて、これからどうしましょうか」
    水銀燈「そーねぇ・・・(ヤクルトを飲みながら)」 -- ウッの愉快な仲間たち
  • ギラグ「もうダメだ、終わったビングだ、俺…」
    ?「何?また戦うの?疲れるから嫌なんだけど」
    日留女「いやいや、戦うのは向こうとキリカたちだよ。
    ここはなりバトだから、多分それ目的だろうしね。」
    キリカ「違ったらDQN認定確定なんだけど…」 -- 終わったビング
  • 翠星石「勿論戦いに来たですぅ!」
    水銀燈「結局戦う事になるわよねぇ・・・」
    咲夜「さて、行きますか」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ギラグ「戦うのは向こうとか・・・いいぜ。やってやるよ!」
    キリカ「しゃーないね。魔法使ってもいい?」
    日留女「別にいいよ。殺っちまいな☆」
    ?「戦闘厨ってやつね・・・私には理解できないわ」 -- 終わったビング
  • 翠星石「さあ、やってやろうじゃないかですぅ!」
    水銀燈「ふふふ・・・(翼を広げて空中に移動)」
    咲夜「さあ、戦いの始まりだ!」 -- ウッの愉快な仲間達
  • キリカ「よっと!(魔法少女に変身、爪を構える)」
    ギラグ「行くぞ!(バリアン体に変身)
    ファイヤー・ハンドNSプロミネンス・ハンドSSエクシーズ召喚!
    この世の全てを握り潰せ!No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド!」
    (巨大な手のモンスターが出現する) -- 終わったビング
  • 翠星石「私の如雨露よ、出番ですぅ!(スィドリームの力で如雨露を出す)」
    水銀燈「何よあれ、デカいじゃないの!(No.106を見て)」
    咲夜「さてと・・・(ナイフを数本取り出す)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日留女「あ、お茶何がいい?」
    ?「緑茶で」
    (戦闘力超上位陣は高貴なお茶会開始)
    キリカ「よっ、と・・・(結界を敷き始める)」
    ギラグ「行け!ジャイアント・ハンド!叩き潰してやれ!(愉快な仲間達に急接近、衝撃波を放つ)」 -- 終わったビング
  • 翠星石「守りは任せるですぅ!(如雨露で巨大な蔦を生やして身を守る)」
    咲夜「助かりますわ!では私も、幻符「殺人ドール」!(ナイフを数本、宙に設置して飛ばす)」
    水銀燈「はあっ!(ナイフを投げると同時に大量の羽を飛ばす)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日留女「フォーク刺さった!痛い!」
    ?「なにやってんの・・・」
    キリカ「これでよしっ!行くよ!」
    (結界を敷き終え突撃。結界の効果は速度低下、愉快な仲間達から見ればキリカたちが速くなったように見える)
    ジャイント・ハンド(10500/12000)
    ギラグ「くっくっく、かかったな!ジャイアント・ハンドの効果発動!
    オーバーレイユニットをひとつ取り除き、相手モンスター効果が発動したとき、そのモンスターの効果を無効にする!
    モンスター秘孔、死爆無惚!」
    (ジャイハンの指がドリルになり、蔦を突く。すると蔦がみるみる枯れていく) -- 終わったビング
  • 翠星石「中々厄介な能力を持ってやがるですぅ・・・次はこれですぅ!(巨大な蔦を生やしてNo.106を拘束)」
    水銀燈「アシスト助かるわぁ!スクラップフィストォ!(束ねた背中の翼でNo.106をぶん殴る)」
    咲夜「速度を上げてきたようね・・・速攻には速攻よ!(こちらも能力で自分の時を速める)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジャイアント・ハンド(8500/12000)
    ギラグ「無駄だ!死爆無惚を食らった時点でお前はもう終わっている!
    ジャイアント・ハンドのさらなる効果!効果を無効にされたモンスターが攻撃してきたとき、そのモンスターを破壊!
    さらにその攻撃力分のダメージを与える!五死眼光!」
    (ジャイハンの指先からビームが放たれ、翠星石と水銀燈に襲い掛かる)
    キリカ「さて、行くよ!(魔力の爪を発現させ、咲夜に切りかかる)」 -- 終わったビング
  • 翠星石「きゃっ!(まともに受けてしまう)(1500/3500)」
    水銀燈「残念だけど、私は効果を受けてないわぁ!(素早く避ける)」
    咲夜「刃物には刃物ってね!(ナイフを両手に持って迎え撃つ)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ギラグ「チッ、攻撃力分のダメージを与える効果の方を向かわせてみたが無駄だったな・・・
    まだまだ行くぞ!」
    (ジャイハンが蔦を引き千切り、翠星石らをなぎ払う)
    キリカ「君の一発は軽いねッ!(ナイフよりリーチの長い武器なので有利に立ち回る)」 -- 終わったビング
  • 翠星石「二回連続で食らう私ではないですぅ!(避けながら如雨露で巨大な蔦を生やしてNo.106を攻撃)」
    水銀燈「隙ありだわぁ!(翠星石に次いで、翼を尖らせて斬る)」
    咲夜「やっぱりこっちが不利ね・・・でも、これなら!(時を止めてキリカの周囲にナイフを設置し、距離をはなしてから時止め解除)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジャイアント・ハンド(7000/12000)
    ギラグ「ジャイアント・ハンド!はじき飛ばせ!」
    (ジャイハンが衝撃波を放ち蔦を吹き飛ばし、衝撃波は水銀燈にも襲い掛かる)
    キリカ(来たッ!)「うらぁああ!!(4000/5000)」
    (咲夜方面へ猛ダッシュし切りつけ。ナイフを気にせず突っ込んだため一部は躱すが一部は深々と直撃) -- 終わったビング
  • 水銀燈「がっ!(8000/10000)
    やってくれたわね・・・!(二つの翼で連続パンチ)」
    翠星石「私も!(如雨露で巨大な蔦を生やして叩きつける)」
    咲夜「油断した・・・ッ!(3000/3980)
    (距離を離して)ふふふっ(何やら背を向けて腕を組んでポーズを取る)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジャイアント・ハンド(5000/12000)
    ギラグ「まだまだぁ!バトロイでのジャイアント・ハンドの影響は倒れるまで永続!
    五死眼光!!」
    (指からビームを放ち蔦を貫き反撃する)
    キリカ「隙だらけ…ってちっがーう!」
    (切りかかろうとするが急ブレーキをかける。何かしら気づいたようだ) -- 終わったビング
  • 翠星石「此所で倒れる訳には・・・!(咄嗟に生やした蔦で防御し、ダメージを軽減する)(500/3500)」
    水銀燈「まだまだよ!(更に翼で叩きつける)」
    咲夜「隙あり!傷符「インスクライブレッドソウル」!(両手のナイフで沢山の斬撃)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジャイアント・ハンド(4000/12000)
    ギラグ「そろそろジャイアント・ハンドのライフがやばいな…
    俺はフィールド魔法、岩投げエリアを発動!」
    (周りの風景が岩を投げ合って戦争しているような光景へ変化する。)
    キリカ「あだだだっ!(3500/5000)こん…のっ!
    ステッピングファング!」
    (攻撃を受けるが、待避する一瞬に爪を発射する) -- 終わったビング
  • 翠星石「どうやらヤバくなりそうですぅ・・・!」
    水銀燈「油断は出来ないわね・・・はっ!(大量の羽を天に発射して降らせる)」
    咲夜「どうやらこっちも隙を見せたようね・・・(退避する瞬間に少し受ける)(2500/3980)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ギラグ「ランクアップはできるだけしたくねぇからな…
    ジャイアント・ハンド!」
    (ジャイハン渾身のグーパンが放たれる)
    キリカ「厳しいね…仕方ない、スキルを使おうかな…?(そう言いつつ爪を鞭のようにする)」 -- 終わったビング
  • 水銀燈「翠星石、合わせるわよぉ!(翼を束ね)」
    翠星石「分かったです!(如雨露で巨大蔦を生やし)」
    二人「スクラップウィップ!(翼でのパンチと巨大蔦の突撃を同時に放つ)」
    咲夜「こっちも使わせて貰うわよ(何やら身を屈めて腕を組む)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (パンチはスクラップウィップと相殺)
    ギラグ「キリカはあれを使う気か・・・(そう言うとジャイハンを下がらせる)」
    キリカ「行くよ・・・【引っ張り足(オクトパス)】!」
    (キリカが爪の鞭を地面に叩きつけると、フィールド全体からキリカへ向けて強い引力が発生する)
    日留女「わっとと、危ないなぁもう。」
    ?「何アレ?」
    (日留女が対策したらしく二人を引き寄せられない) -- 終わったビング
  • 翠星石「およよーっ!(引き寄せられる)」
    水銀燈「あらー?(同じく引き寄せられる)」
    咲夜「大技を放つつもりね・・・でも!(さっき行ったポーズをもう一度行う)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • キリカ(チッ、咲夜はダメだったか・・・やっぱ使いづらいなこれ。タイミングミスるとフルボッコだし)
    「悪いけど、脱落してもらうよ!ヴァンパイアファング!!」
    (手にした爪の鞭で引き寄せられた二人を引き裂く)
    ギラグ「これで最後だ!あーばーよ、ローゼンメイデン!五死眼光!」
    (引き寄せられてる二人に姑息に五死眼光。ギラグは食いしばって引き寄せられない) -- 終わったビング
  • 翠星石「せめて・・・仲間だけは!(受ける前に如雨露で水銀燈の前に守りの蔦を生やす)あじゃぱーーーっ!(0/3500)」
    水銀燈「翠星石、貴方の犠牲は無駄にはしないわ・・・!(守りの蔦が身代わりになり、ダメージが軽減される)(7000/10000)これでも受けなさい!黒き竜!(翼を束ねて竜の形にし、そのままNo.106に突撃させる)」
    咲夜「速符「ルミネスリコシェ」!(跳ね回るナイフを投げて敵全員を攻撃)」
    -- ウッの愉快な仲間達
  • キリカ「チッ!」
    (ヴァンパイアファングで撃ち落とし、普通の爪に戻す)
    ギラグ「イテッ(7000/8000)
    もうこれはなりふり構っていられねぇな・・・(バリアンズカオスドローしながら)
    っと、岩投げエリアの効果発動!戦闘破壊をデッキから岩石族を墓地に送ることで肩代わりする!
    さらに!墓地に送られたリバイバルゴーレムの効果!デッキから墓地に送られたことで、特殊召喚される!」
    ジャイアント・ハンド(2500/12000)
    (黒き龍を土の塊のようなゴーレムをぶつけて阻止、ゴーレムは下に落ちる) -- 終わったビング
  • 水銀燈「くっ・・・黒い旋風!(自らの体を回転させ、黒い小竜巻を纏って突進)」
    咲夜「まだまだ!銀符「シルバーバウンド」!(先ほどの技と比べてスピードが遅い、跳ね回るナイフを数本投げる)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジャイアント・ハンド(1000/12000)
    ギラグ「残念だが、もうジャイアント・ハンドを削っても無駄だ!
    俺はRUM-バリアンズ・フォースを発動!ランク4のジャイアント・ハンドでオーバーレイ!
    一体のモンスターでオーバーレイネットワークを再構築!カオス・エクシーズ・チェンz」
    日留女「奈落で^^」
    ギラグ「うそー!?」
    (ジャイハンが光になり、さらに強力な溶岩の手のようなモンスターが出現するが、即座に奈落の落とし穴へ落下していった)
    キリカ「あっちゃ、向こうはもうだめみたいだね・・・(2500/5000)」 -- 終わったビング
  • 水銀燈「ファッ!?(CNo.106が奈落に落ちていく姿を見て)
    まさかの仲間割れぇ!?チャンスよ!スクラップ・・・ダブルフィスト!(きりもみ回転してギラグに二つの翼で殴りダイレクトアタック)」
    咲夜「実質、残りは貴方って事ね・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ギラグ「な、何をするだァー!」
    日留女「闇雲にランクアップはしないで欲しいねぇ。一応ボスとして送り出す予定あるんだからさ。」
    (速攻のかかしを墓地に送って攻撃を無効にしながら)
    キリカ「これは無理くさいね…日留女、一応続けるけどいい?」
    日留女「却下。ぶっちゃけジャイハンがやられた時点で終わらせる気だったし。」 -- 終わったビング
  • 水銀燈「という事は、この戦闘はお預けって訳?」
    咲夜「まあ、それも良いでしょう」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日留女「まぁそうなるねー。エネルと魔族に手助けさせてるから、そんな感じのバトクエが出たら参加すると会えるかもね。」
    キリカ「させてるのは首領なんだけどね・・・」
    ?「ふぅ・・・お茶が美味しい」
    ギラグ「なんかめっちゃ順応してる!?」 -- 終わったビング
  • 水銀燈「まぁ、私たちは参加するかどうかは分からないけどねぇ」
    咲夜「機会があれば参加したいと思うわ」
    翠星石「・・・っと(1/3500)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日留女「次の80話は絶対これだけどねー(ぺしぺし)」
    ?「やめいやめい」
    キリカ「で、帰るの?これはぶっちゃけ手に余るし」
    ギラグ「日留女が働きゃあなんとかなるんだがなぁ・・・」
    日留女「今はまだ私が動く時ではない」
    外野「ふざけるなテメェ!いい加減働けよ!働けぇ!」 -- 終わったビング
  • 翠星石「とりあえずそうさせて貰うですぅ・・・疲れたし」
    水銀燈「乳酸菌補給しなきゃねぇ(ヤクルトを飲みながら)」
    咲夜「まるで動かない大図書館と呼ばれてるパチュリー様みたいね(日留女を見ながら)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日留女「面倒だし、あんまり派手に動くと首領に怒られるからさー」
    ?「ふぅ、御馳走様。私はさっさと逃げさせてもらうわ」
    キリカ「見逃さざるを得ない」
    ギラグ「仕方ないな」
    ?「じゃーねー」
    (?は一足先にスキマ空間を開き退場) -- 終わったビング
  • 翠星石「あ、帰ったですぅ」
    水銀燈「翠星石ぃ、XO部の件についてだけど入部させて貰おうかしら」
    咲夜「右に同じく」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日留女「んじゃ、帰るよ」
    キリカ「またねー」
    ギラグ「というか最後まで終わったビングのまんまだった…」 -- 終わったビング
  • 翠星石「またねー、それじゃあ私たちも帰るですぅ!XO部の部室に!」
    水銀燈「部室?どこにあるのぉ?」
    咲夜「気になるわねー」
    翠星石「ついてくれば分かるですぅ!それじゃゴーですぅ!(三人揃って退場)」 -- ウッの愉快な仲間達