ドランの日記:1ページ目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ソニア「大丈夫、この人達は敵じゃない(赤竜はソニアの言葉を聞くと安心したようにレオン達の近くを飛びまわる)」
    秋影「おぉっ、元気な赤竜でござるな」
    ククルカン「オレは龍神なんだぁー!」
    ネール「はいはいですミャ…(汗)」
    クズ「クズ…」 -- 竜人界:城内
  • レオン「変わった赤竜だな…」
    ライバーン「ギャ(お前もう黙れよ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私の相棒であり、大切な友達でもある」
    秋影「ふむふむ…」
    ククルカン「うるせぇ!」
    ネール「うるさいのはそっちですミャ」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:城内
  • レオン「そうなのか…」
    ライバーン「ギャ(頷く)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…レオンの相棒もなかなか良い竜ね(赤竜はソニアの頭の上に止まる)」
    秋影「むっ、ライバーン殿のことでござるか?」
    ククルカン「うっ」
    ネール「少し静かにしていてくださいミャ」
    クズ「クズー」 -- 竜人界:城内
  • レオン「こいつか? こいつはオレの竜騎兵時代からの相棒さ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「二人の強い絆が見える…今まで共に歩んできた親友なのね」
    秋影「…」
    ククルカン「静かにしろって言ったって…」
    ネール「お口にチャックですミャ」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:城内
  • レオン「あぁ」
    ライバーン「ギャオ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「さて、そろそろ出発するけど…いい?」
    秋影「うむ、拙者は準備完了でござるよ」
    ククルカン「オレの口にチャックは無いぜ」←
    ネール「別にそういう意味ではないですミャ!」
    クズ「クズ…(汗)」 -- 竜人界:城内
  • レオン「あぁ、オレは準備できてるぜ」
    ライバーン「ギャ(とりあえず黙れ鳥頭)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「分かった…出発しよう」
    秋影「うむっ!」
    ククルカン「誰が鳥頭だってぇ!?」
    ネール「間違いなく貴方ですミャ」
    クズ「クズ」 -- 竜人界:城内
  • レオン「ライバーン行くぞー」
    ライバーン「ギャオ!(レオンのもとへ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「まずは城の外へ…(城の外へ出る)」
    秋影「先に行っているでござるよ(同上)」
    ククルカン「だからオレは鳥じゃねぇと何度言ったら…」
    ネール「ほらっ、出発しますミャよ」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:城内
  • レオン「よっと(ライバーンに乗る)」
    ライバーン「ギャ(城の外へ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「目的地である"神竜山"はここから北に行った所にある」
    秋影「ここから北でござるな?」
    ククルカン「待ってくれー(外に出てくる)」
    ネール「みゃん!」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:城前
  • レオン「分かった」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうだ。かなり距離があるから覚悟しておいて」
    秋影「心得たでござる」
    ククルカン「今度は北に向かうんだな、分かったぜ!」
    ネール「私達は準備OKですミャ!(ククルカンに乗る)」
    クズ「クズ!(同上)」 -- 竜人界:城前
  • レオン「おぅ」
    ライバーン「ギャ(覚悟はできてる)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「皆、大丈夫みたいね。良かった」
    秋影「拙者は徒歩で行くでござるよ」
    ククルカン「ニャンコロ達はオレに乗れよ」←
    ネール「なっ、誰がニャンコロですミャ!?」
    クズ「クズ…(汗)」 -- 竜人界:城前
  • レオン「ライバーン任せだけどよ…」
    ライバーン「ギャ(また鳥が余計なこと言ってる)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私もこの子に乗って行くから大丈夫(赤竜がソニアの周囲を飛び回っている)」
    秋影「ふふっ」
    ククルカン「さっきの仕返しだぜw」
    ネール「ひどいですミャ!」
    クズ「…」 -- 竜人界:城前
  • レオン「そうなのか?」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、そうよ」
    秋影「しかし…ソニア殿が乗るには少し小さい気がするでござるが…」
    ククルカン「ま、これでおあいこだな!ほら乗れよ!」
    ネール「むぅ…分かりましたミャ(ククルカンに乗る)」
    クズ「クーズ!(同上)」 -- 竜人界:城前
  • レオン「?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それなら大丈夫。この子は特別だから(ソニアが声をかけると、赤竜がだんだん大きくなっていく)」
    秋影「!?」
    ククルカン「よし、オレ達は準備OKだぜ!」 -- 竜人界:城前
  • レオン「!?」
    ライバーン「ギャウ!?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「この子は体の大きさを変化させることができるの(赤竜はちょうどライバーンと同じぐらいの大きさになった)」
    秋影「そうでござったか…」
    ククルカン「んんっ!?こいつ(ソニアの赤竜)、こんなにデカかったっけか?」 -- 竜人界:城前
  • レオン「すげぇ」
    ライバーン「ギャ(ソニアの赤竜を見ている)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふふっ、この大きさが限界だけどね(赤竜もライバーンを見ている)」
    秋影「凄いでござるな…」
    ククルカン「さっきはもっとチビだったはず…」 -- 竜人界:城前
  • レオン「それでも十分だと思うぜ」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふふ…ありがとう、レオン」
    秋影「ククルカン殿、あまり余計な事を言わない方が賢明でござるよ」
    ククルカン「そ、そうだな…(汗)」 -- 竜人界:城前
  • レオン「こいつも小さいころは可愛かったんだぜ」
    ライバーン「ギャ!(どういう意味だよそれ!)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうなの?」
    秋影「口は災いの元…でござる」
    ククルカン「お、おう…」 -- 竜人界:城前
  • レオン「あぁ、竜騎兵時代は一回り小さかったんだぜ」
    ライバーン「ギャギャー!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうなんだ…(ライバーンを撫でる)」
    秋影「…ふふっ」
    ククルカン「…」 -- 竜人界:城前
  • レオン「ははっ」
    ライバーン「ギャ~ウ…(気持ちよさそうだ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふふっ(なでなで)」
    秋影「ククルカン殿も冬花殿との思い出はあるのでござるか?」
    ククルカン「けっ、あんなババァとの思い出なんて思い出したくもねぇ」← -- 竜人界:城前
  • レオン「…可愛い奴だろ?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、とっても可愛い…(なでなで)」
    秋影「えっ」
    ククルカン「思い出しただけでも鳥肌が立つ…」
    ネール「鳥だけにですかミャ?」←
    クズ「クズ?」 -- 竜人界:城前
  • レオン「さて、そろそろ出発するか?」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうね、出発しようか(赤竜が翼を広げる)」
    秋影「ネール殿…(汗)」
    ククルカン「上手いことを言ったつもりか?」
    ネール「すみませんでしたミャ…」
    クズ「クズ、クズ…」 -- 竜人界:城前
  • レオン「よしっ」
    ライバーン「ギャウ!(翼を広げる)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「はっ!(赤竜に乗る)」
    秋影「ん、出発するでござるか」
    ククルカン「よっしゃ、行くか!」
    ネール「はいですミャ!」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:城前
  • レオン「案内はよろしくな」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、道案内は任せて」
    秋影「うむ、頼むでござる」
    ククルカン「頼むぜ!」 -- 竜人界:城前
  • レオン「おぅ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それじゃ、出発するよ(赤竜が上空に飛び立つ)」
    秋影「承知!」
    ククルカン「行くぜぇー!(上空に飛び立つ)」
    ネール「みゃん!」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:城前
  • レオン「ライバーン!」
    ライバーン「ギャオ!(上空に飛び立つ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(赤竜が先行して飛ぶ)」
    ククルカン「よっとっ!」
    秋影「はっ!(ソニア達を追って走り始める)」
    -- 竜人界:上空
  • ライバーン「ギャウ~(ソニアを追う)」
    レオン「…」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「この様子だと…だいぶ暇しそうだな」
    ネール「ふみゃぁ…(地上の様子を見ている)」
    クズ「クズ?」 -- 竜人界:上空
  • レオン「たまにはいいんじゃね?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「ま、そうだな。優雅な空の旅でも楽しむか!」
    ネール「…(優雅には程遠いですけどミャ)」
    クズ「クズ」 -- 竜人界:上空
  • レオン「おう」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(赤竜がくるっと一回転する)」
    ククルカン「こんな景色を見ながら空の旅なんて滅多にできないぜ!」
    ネール「まぁ、それは同意ですミャ」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:上空
  • レオン「ライバーン、もう少し速度上げろよ…」
    ライバーン「ギャウ…(これでも疲れているんだ、少しゆっくりいかせてくれ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…皆、大丈夫?」
    ククルカン「オレは元気いっぱいだ(ry」
    ソニア「お前には聞いてない」
    ネール「私は大丈夫ですミャ」
    クズ「クズ(頷く)」 -- 竜人界:上空
  • レオン「オレは平気だが、ライバーンが少し疲れているようだ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それなら…少し休憩していく?」
    ククルカン「ちょっ、なんでオレにだけそんな冷たいの?」
    ネール「レオンさん、どうしますかミャ?」
    クズ「クズ」 -- 竜人界:上空
  • レオン「いや、着いてから休憩させるよ」
    ライバーン「ギャーウ…(到着するまでは頑張る)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そう…分かった。でも、無理はしないでね」
    ククルカン「オレの話も聞けよぉ!」
    ネール「了解ですミャ」
    クズ「クーズ(ライバーンを応援しているようだ)」 -- 竜人界:上空
  • レオン「分かったぜ」
    ライバーン「ギャ~ウ(応援ありがとな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(再び進み始める)」
    ククルカン「おぉーい!」
    ネール「さっきからうるさいですミャ!」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ!(鳥は黙ってろ!)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「クケェッ!?(ネールに叩かれた)」
    ネール「静かにしててくださいミャ!」
    クズ「クズー!」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…(アイツら騒がしいな)」
    ライバーン「ギャ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「……」
    ククルカン「何すんだニャンコロ!」
    ネール「あぁっ、またニャンコロって言いましたミャ!?」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャウー!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「………」
    ククルカン「調子に乗ってるとここから落とすぞ!?」
    ネール「ミャッ!?」
    クズ「クズ!?」
    -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ!(お前が一番調子に乗ってるだろ!(ククルカンにファイアーブレス))」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(赤竜がククルカンを尻尾で叩く)」
    ククルカン「クケェーッ!(10000/15000)」
    ネール「…(汗)」
    クズ「クズ…(汗)」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…うるさい、鳥」
    ククルカン「だからオレは鳥じゃねぇと何度言ったら…」
    ネール「はいはい、それはどうでもいいですからミャ」
    クズ「クズ」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ(同じこと何回も言わせんな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「次は本当に焼き鳥にするから」
    ククルカン「クケェッ!?」
    ネール「やれやれですミャ」
    クズ「クズ…」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「オレの扱い…」
    ネール「ソニアさん、今はどの辺りなのですかミャ?」
    クズ「クズ?」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「もうすぐ半分辺りよ」
    ククルカン「オレの扱いが…」
    ネール「了解ですミャ!」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:上空
  • レオン「それにしてもなげぇなぁ…」
    ライバーン「ギャ~ウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「オレの扱いは…」
    ネール「だいぶ飛んでいますミャね…」
    クズ「クズ…」 -- 竜人界:城区
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ!(しつこい)(ククルカンに業火の息)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「あーう(8700/15000)」
    ネール「ふみゃん…」
    クズ「…」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャウ(少しは静かにしろ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(赤竜を励ましている)」
    ククルカン「ふぁーい」
    ネール「静かにしていればいいですミャ」 -- 竜人界:上空
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ん…神竜山が見えてきた」
    ククルカン「~♪」
    ネール「あっ!あの山がそうですかミャ?」
    (前方に非常に大きくそびえ立つ山が見えてきた) -- 竜人界:上空
  • レオン「あの山か?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、あれが神竜山…神竜が住むと言われている山」
    ククルカン「おっ、見えてきたか!」
    ネール「ふみゃ…大きいですミャ」 -- 竜人界:上空
  • レオン「神聖な山なのだろうか…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「悪しき者は近付く事すらままならないと言われている」
    ネール「神聖な山ですミャね…(さり気なくククルカンをチラ見)」
    ククルカン「おいっ」 -- 竜人界:上空
  • レオン「マジ?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ」
    ネール「とりあえず山の麓に下りましょうミャ」
    クズ「クズ!」
    ククルカン「ほいほい」 -- 竜人界:上空
  • レオン「おぅ。ライバーン」
    ライバーン「ギャ(下降を始める)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうね(赤竜も続けて下降する)」
    ネール「お願いしますミャ!」
    ククルカン「それっ!(下降する)」
    クズ「!」 -- 竜人界:上空
  • ライバーン「ギャ~ウ」
    レオン「お疲れ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「よく頑張ったね…ありがとう(赤竜を撫でる)」
    ネール「ククルカンさん、ありがとうございましたミャ」
    クズ「クズー!」
    ククルカン「へっ!これぐらいは朝飯前よ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「よっと(ライバーンから降りる) ライバーンはここで休んでてくれ」
    ライバーン「ギャ(分かった)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ここで少し休憩していく?(赤竜が手のひらサイズまで小さくなる)」
    ネール「どうしますかミャ?」
    クズ「~♪(ネールの頭の上に乗る)」
    ククルカン「ふぅ…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「そうするかな」
    ライバーン「ギャ~ウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、分かった」
    ネール「休みましょうミャ!」
    クズ「クズ!」
    ククルカン「おっ、休憩タイムか!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「と言っても食料…」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「おにぎりで良ければあるけど…(おにぎりをいくつか取り出す)」
    ネール「あっ、美味しそうですミャ」
    ククルカン「おぉーっ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「え、いいのか?」
    ライバーン「ギャウ…zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、たくさんあるから大丈夫(レオン達におにぎりを渡す)」
    ネール「ありがとうですミャ!(おにぎりを受け取る)」
    ククルカン「えっ、オレの分は?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「サンキュー(おにぎりを受け取る)」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私も一つ…(おにぎりを食べる)」
    ネール「いただきまーす!(パクッ)」
    ククルカン「おーい、オレの分は…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「もぐもぐ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…美味しい」
    ネール「もぐもぐ…」
    ククルカン「オレの分のおにぎりは…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「うめぇ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふぅ…(水を飲んでる)」
    ネール「美味しいですミャ!」
    ククルカン「あのー、オレの分のおにぎりは…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「ふーっ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(神竜クズリュウ…か)」
    ネール「ククルカンさんの分はこれですミャ(ご飯粒一粒をククルカンに食べさせる)」
    ククルカン「だーかーらー!オレは鳥じゃねぇ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…(緑茶を飲んでいる)」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(神竜山を見上げている)」
    ネール「さっきから文句ばっかりですミャね」
    ククルカン「てめぇ…オレを舐めてると痛い目にあうぞ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…ふぅ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(さて…ここからが本番ね)」
    ネール「舐めたくもないですミャ」
    ククルカン「いい度胸だなぁ…おい?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…(ライバーンは相当疲れていたみたいだな…)」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…よく頑張ったね(ライバーンを撫でる)」
    ネール「もう暴れないで下さいミャ!」
    ククルカン「うるせぇ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ…zzz(気持ちよさそうだ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふふっ(なでなで)」
    ※ネールとククルカンが喧嘩を始めました。 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャウ…zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「可愛い(ソニアの赤竜も眠っているようだ)」
    \ニャンコロぶっ飛ばす!/\龍神鳥ですミャ!/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「可愛いもんだろ?」
    ライバーン「ギャウ…zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、とっても可愛い(なでなで)」
    \輝く風!/\遅いですミャ~(回避)/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「ははっ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「この子から伝わってくる…レオンとの強い絆が…」
    \避けやがったなぁ!?/\みゃん♪/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「えっ?」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…これからも仲良くしてあげてね」
    \次は避けさせん!/\ふみゃーん♪/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「あぁ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「きっと貴方達ならもっと強くなれる」
    \クケェーッ!?/\砂かけですミャ!/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…ありがとな」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…頑張ってね」
    \何も見えぬぇー!/\これでおしまいですミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…おぅ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私も…この子と一緒に強くならないと…(赤竜を撫でる)」
    \このぉ…ニャンコロのくせに生意気だ!/\ニャンコロじゃないですミャ!/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…ソニアならできるはずさ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…ありがとう、レオン」
    \ニャンコロはニャンコロだろ!/\みゃっ!?/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「同じドラゴン使いとして頑張ろうぜ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、頑張りましょう」
    \オレは格好いいだろ?/\鳥に惚れたりはしませんミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…で、あいつらは何してんだ?(ククルカン達の方を指差す)」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「?(ククルカン達の方を見る)」
    \なにぃっ!?/\ペットとしてなら認めますミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「ペットかよ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ペット?」
    \このニャンコロ…とことんオレを舐め腐ってるな…/\別に私は腐ってないですミャ/← -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…いくら竜騎士のオレでもククルカンはペットにしたくねぇな…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私もアレはお断り」
    \そう言う意味じゃねぇよ!/\違うのですかミャ?/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…もろ鳥だしよ」
    ライバーン「ギャウ…」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「確かに…ね」
    \あぁもう絶対にぶっ飛ばす/\また砂かけしますミャよ?/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「それに生意気だし」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「龍神というからどんなに凄いドラゴンかと思ったら…幻滅」
    \砂かけぇ?そんなの避ければ楽勝だろw/\避けられるのならどうぞですミャ/ -- 竜人界:町の広場
  • レオン「龍神(笑)だな、ありゃ…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「龍神(笑)…(汗)」
    \やってみろよ!/\それでは、お言葉に甘えて…(ククルカンに砂かけ)/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「竜帝と言う奴もいるが、流石にあんな性格ではないと思いたい…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「竜帝?」
    \ほいっとw(回避)/\ウザいですミャ…/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「あぁ…竜帝ファンロンと言う黄金の竜の事だ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「竜帝ファンロン…そのドラゴンは名前の通りの性格だといいわね」
    \オレは龍神だからなw/\龍神(笑)ですかミャ?/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「願わくばな」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ…そうね」
    \(笑)を付けんなぁ!/\それとも龍神(仮)ですかミャ?/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…ったく、あの鳥は」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「あの鳥は相変わらず騒がしい…」
    \龍神(仮)ってなんだよ!?/\適当ですミャ/← -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    \適当に言うんじゃねぇ!/\ごめんみゃさい/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「……」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    \ぶっ飛ばすぞ?/\知らないですミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「………」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(槍の手入れをしている)」
    \オレが本気を出したらてめぇなんて一瞬で倒せるかんな!?/\はいはいですミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…ライバーンが起きたら出発しましょうか」
    \あっ、疑ってんな?/\当然ですミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「そうだな」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それまではゆっくりと体を休めて…」
    \それならオレの本気を見せて(ry/\はいはいですミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…でもあいつらがうるさい」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(槍をククルカンに投げつける)」
    \クケェーッ!?/\うみゃっ?/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「やれやれ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…静かにしてて」
    \痛い!槍が飛んできた!?/\あっ…ごめんなさいですミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(赤竜を撫でている)」
    \ちぇっ…今回はこれまでにしてやるよ/\分かりましたミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…ようやく止まったか」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「やっと静かになった」
    \それじゃオレは寝るから/\私は皆さんの所に戻りますミャ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「あぁ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「これでゆっくりと休める」
    \おやすみー/\タタタッ/ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「おぅ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふぅっ…」
    ネール「さっきはごめんなさいですミャ…」
    クズ「zzz」←いつの間にか寝てた -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「気にすることはないぜ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「反省しているならいい」
    ネール「ありがとうございますミャ」
    クズ「zzz」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「あの鳥も黙ったようだし」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうね、一番の問題が静かになったから…」
    ネール「本当に龍神(笑)ですからミャ…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「本当に黙らねぇよなあいつ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ずっとうるさかったもん…」
    ネール「はいですミャ…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「ったく…何が龍神だ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ネール「本当に名前だけですミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「だよなー」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「はぁ…」
    ネール「困った奴ですミャ」 -- 竜人界:神竜山
  • レオン「オレの住んでいた世界には竜帝とか言う奴もいるけど、そいつはこの鳥と同じ奴ではないと願いたい…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうね…きっとそいつは名前に相応しい竜だと思う」
    ネール「ふみゃ…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「だといいがな…あと神竜も」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「これから会いに行く神竜…一体どんな竜か…」
    ネール「きっと、とても格好良いドラゴンだと思いますミャ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「少なくともこの鳥と同じ奴でないことを願う…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ…私もそう願う」
    ネール「はいですミャ」
    クズ「zzz」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ネール「ふみゃっくしょん!」←くしゃみ -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「風邪には気をつけろよ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「大丈夫?」
    ネール「あうっ…はいですミャ。大丈夫ですミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「大丈夫ならいいぜ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そう…ならいい」
    ネール「出発はいつ頃になりそうですミャ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…ライバーンが爆睡してるからまだかかりそうだ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ネール「そうですかミャ…分かりましたミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…それだけ疲れていたってことだ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…頑張ってたからね」
    ネール「確かに…ライバーンさんもソニアさんの赤竜さんもお疲れ様ですミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…おぅ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふぅ…こうしていると修行時代を思い出す…」
    ネール「ふみゃ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「修業時代?」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私が龍喚士としての修行を積んでいた頃の話よ」
    ネール「そう言えばソニアさんは龍喚士って職業でしたミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「ほぅ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「その頃もこうしてこの子と一緒に休憩をしていて…」
    ネール「ふみゃ…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「へぇ、そうなのか」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「あの頃は大変だったけど楽しくて…充実してた」
    ネール「みゃ…そうなのですかミャ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「ふぅん…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「レオンの竜騎兵時代ってどうだった?」
    ネール「あっ、私も気になりますミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「オレの竜騎兵時代か? それは必死に修行したものだぜ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「やっぱり?」
    ネール「ふみゃ…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「と言うのもオレのウザい幼馴染に妨害されまくったからだが」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ウザい幼馴染…?」
    ネール「レオンさんの幼馴染ですかミャ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「あぁ…マジカっていう魔法騎士」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「魔法騎士…なんだか凄そう」
    ネール「マジカ?そう言えば前に会ったことがあるような…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「腕は確かなんだがウザい」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そんなにウザいの?」
    ネール「ふみゃ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「おぅ。何かにつけて『マジ』を連呼してくるし」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「へぇ…(汗)」
    ネール「マジですかミャ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「本当だ。しかも他人の『マジ』に反応して勝手に来たり」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えっ」
    ネール「もしかして…ここでマジって言っていたら…」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「まぁ、奴は今旅してるから来ないとは思うがな…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そ、そう…それはよかった」
    ネール「そうなのですかミャ」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「あぁ、魔法剣を極める旅とか…」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…意外と向上心があるのね」
    ネール「ふみゃ…マジカさんも頑張ってますミャね」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「まぁな。軽い奴に見えるが意外と真面目な奴だ」
    ライバーン「zzz」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふぅん…なるほど…」
    ネール「きっと旅から戻ってきた時にはすごく強くなってると思いますミャ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「だといいがな…」
    ライバーン「ギャ~ウ…(あくび)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「向上心があるのなら…きっと大丈夫」
    ネール「みゃっ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「…奴を信じてやるか」
    ライバーン「ギャウ…(目をこすっている)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ」
    ネール「あっ、ライバーンさん!起きましたかミャ?」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「お、ライバーン」
    ライバーン「ギャウ…(よく寝た)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ライバーン、起きた?」
    ネール「おはようですミャ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「お目覚めか?」
    ライバーン「ギャオ(体力は万全だぜ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふふっ、元気いっぱいみたいね」
    ネール「ほらっ!ククルカンさんも起きますミャ!」
    クズ「クズ!」←起きてた
    ククルカン「zzz」← -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「おぅ、それなら十分だな」
    ライバーン「ギャ(ククルカスは置いて行っていいんじゃね?)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そこの鳥は放置でいいと思う」
    ネール「あぁもう!起きないなら置いて行きますミャ!」
    クズ「…(汗)」
    ククルカン「待て待てぃ!起きてるって!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「なんだ、起きてたのか」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ほら、起きてるなら出発する準備して」
    ネール「なんだ…起きてましたミャ?」
    ククルカン「オレはもう準備できてるぜ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「オレなら準備できてるぜ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そう…じゃあ、準備はOKってことね」
    ネール「私も準備万端ですミャ!」
    ククルカン「おうよ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「よっしゃ、行こうぜ!」
    ライバーン「ギャーウ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「そうね、行こうか(立ち上がると同時に赤竜が目を覚ます)」
    ネール「出発ですミャ!」
    ククルカン「おっしゃ!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「行くぜ、ライバーン!」
    ライバーン「ギャウ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「伝説の神竜に会いに…!」
    ネール「はいですミャ!」
    ククルカン「待ってろよー!」 -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「いざ、出陣!」
    ライバーン「ギャーオ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「出発!(山の登山道に向かう)」
    ネール「おーっ!(同上)」
    ククルカン「えっ、空飛んで行かないの?」← -- 竜人界:神竜山の麓
  • レオン「バカだなー、こういうのは登るもんだぜ」
    ライバーン「ギャオ(飛ぶのもいいがな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「レオンの言う通り、こういう時は自分の足で登るもの」
    ネール「自分で登るからこそ意味があるのですミャ」
    ククルカン「そういうもんかねぇ…ま、仕方ねぇから付き合ってやるよ」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「楽しようなんて思っちゃいけねぇ」
    ライバーン「ギャ(レオンは竜騎兵時代も竜騎士時代も俺に頼らず、自分を鍛えたことがあるしな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「竜はパートナー。共に歩んで共に成長するの」
    ネール「レオンさんもソニアさんも凄いですミャ…」
    ククルカン「へぇ…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「竜騎兵時代も竜騎士時代も修行あるのみ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「どんな時でも己を鍛えることを忘れちゃいけない」
    ネール「参考になりますミャ」
    ククルカン「オレの主はそういうことを考えてるかどうかすら怪しいけどなw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「そうか?」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(考えてなさそうなのは鳥の方だと思うけど)」
    ネール「そうなのですかミャ?」
    ククルカン「あぁ、なんといってもフリーダムだからなw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…(ククルカンは考えてないだろうな)」
    ライバーン「ギャ(鳥頭だからな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(確かに鳥頭ね)」
    ネール「ふぅん…」
    ククルカン「あんな主を持ってオレも大変だぜ」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「お前の主を見たことがないから何とも言えないが」
    ライバーン「ギャ(お前も面倒な奴だしよ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「確かに…私もまだ見たことない」
    ネール「私もですミャ」
    ククルカン「へっ!冬花の奴を見ればお前たちもきっと分かるだろうよw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「冬花と言うのか…」
    ライバーン「ギャーウ(さてどうだか)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふぅん…」
    ネール「それは見てみないと分からないですミャ!」
    ククルカン「フリーダム変態ババァw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…変態はちょっと」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それはちょっと言い過ぎじゃない?」
    ネール「ミャ!?」
    ククルカン「大丈夫w今はここにいないからなw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「あのなぁ…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ここにいないからって悪口の言うのはよくない」
    ネール「そうですミャ!陰口はダメですミャ!」
    ククルカン「大丈夫大丈夫w」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「後で天罰下っても知らないからな」
    ライバーン「ギャー」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ネール「天罰を喰らえですミャ!」
    ククルカン「天罰とか怖くないw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「本当か? オレはウリエルの天罰が怖くて」
    ライバーン「ギャウ(おいおい…)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「?」
    ネール「レオンさんも天罰を食らったことあるんですかミャ?」
    ククルカン「あぁ…あいつの天罰は連発されるとキツイな」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「あぁ…チビのくせに高威力の雷落としてくるから怖いぞ」
    ライバーン「ギャ(ウリエルって言うチビ天使がいるんだ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「へぇ…」
    ネール「その天使さんに天罰を食らったんですかミャ?」
    ククルカン「オレにかかれば輝く風で麻痺らせるけどな!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「あぁ…何度か喰らったことがあって…。怒らせなければ大丈夫だ」
    ライバーン「ギャ(子ども扱いすると怒るぞ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「小さいのに子ども扱いすると怒るの?」
    ネール「あらら…気をつけますミャ」
    ククルカン「見た目は完全に子どもだけどなw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「あいつませてやがるからさー…子どもなのに」
    ライバーン「ギャウ(自分では一人前と思っているらしい)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「あはは…(汗)」
    ネール「おませさんなのですかミャ」
    ククルカン「オレから見たらまだまだ半人前だってのw」← -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「マセガキって奴だ」
    ライバーン「ギャウ(お前は黙ってろ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「変わってるのね…その子」
    ネール「マセガキですかミャ…(汗)」
    ククルカン「なんだとぉ!?」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「真面目な奴だけど」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ふぅん…」
    ネール「そうなのですかミャ」
    ククルカン「おいっ!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「逆に真面目すぎて鬱陶しい所もあるぞ…」
    ライバーン「ギャウ(説教癖があるらしい)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「真面目過ぎるのも考えもの…か」
    ネール「説教癖ですかミャ!?」
    ククルカン「うわぁ…それはキツいな」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「奴の対に当たる存在のサリエルもうんざりするくらいらしい」
    ライバーン「ギャウ(サリエルは不真面目)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「ウリエルの対となる存在だから不真面目なのね…(汗)」
    ネール「ふみゃ…それはそれで大変ですミャ」
    ククルカン「説教されないように気をつけなきゃな」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「どっちもどっちだけどよ」
    ライバーン「ギャウ(あいつ逆に働かないし)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(汗)」
    ネール「片方が働き者ならもう片方は怠け者ですかミャ…」
    ククルカン「ニートw」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「アリとキリギリスかっての」
    ライバーン「ズゴッ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「アリとキリギリス…確かに」
    ネール「うみゃっ!?」
    ククルカン「上手い!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「似てるだろ?」
    ライバーン「ギャウ…(思わずずっこけちまった)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「確かに似てる」
    ネール「アリがウリエルでキリギリスがサリエルですかミャ?」
    ククルカン「w」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「おぅ」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ネール「確かにピッタリですミャ!」
    ソニア「ん、洞窟が見えてきた」
    ククルカン「あそこを通るのか…めんどくせぇ」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「この先か?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「分からないけど…この先から強い何かを感じる」
    ネール「面倒くさいならここで待機ですミャ」
    ククルカン「分かってるって、神竜に会えなかったら冬花にどやされる」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「オレの中の竜騎士の血が騒いでるぜ…」
    ライバーン「ギャウ(じゃあ行かないとな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、行きましょう(洞窟に入る)」
    ネール「それじゃ行きますミャ(同上)」
    ククルカン「あぁ、行くか!(同上)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「よしッ!(洞窟の中へ)」
    ライバーン「ギャ!(同上)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「皆、足元には気をつけて…」
    ネール「はいですミャ!」
    ククルカン「ん…?」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「落とし穴とか?」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「落とし穴とか、足場が悪くなってるといけないから…」
    ネール「どうかしましたかミャ?」
    ククルカン「いや、この先から妙な臭いがしてな…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「そうだな…」
    ライバーン「ギャ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「おっとと…(体勢が崩れる)」
    ネール「妙な臭いですかミャ?」
    ククルカン「ドラゴンのような…人のような…とにかく妙な雰囲気だ」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「大丈夫か?」
    ライバーン「ギャウ(竜人みたいなものか?)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ…大丈夫。ありがとう」
    ネール「それって竜人ですミャ?」
    ククルカン「あぁ、もしかしたら…」\ギャオォッ!/ -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「あまり無理すんなよ」
    ライバーン「!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「えぇ、気をつけるわ」
    ネール「うみゃっ!?」
    ククルカン「どうも何かいるな…」
    レッドドラゴン「ギャオーッ!」
    (洞窟の奥からレッドドラゴンが現れた) -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「!?」
    ライバーン「ギャ!?(俺と同じ姿!?)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「あれは…!?」
    ネール「ライバーンさんとそっくりですミャ!?」
    ククルカン「レッドドラゴン!?どうしてこんなところに…」
    レッドドラゴン「グルルル…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「何が起きてやがる!?」
    ライバーン「ギャウ!?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「あの様子…どうやら私たちをこの先に進ませる気はなさそう」
    ネール「神竜を守ってるのですかミャ?」
    ククルカン「それは分からねぇが…ちょっと落ち着かせないとダメみたいだ」
    レッドドラゴン「ギャオーッ!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「悪いけど寝てもらうしかねぇってか」
    ライバーン「ギャ…」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それしかなさそう…ね(槍を構える)」
    ネール「私は後ろで応援してますミャ」「クズ!」
    ククルカン「へっ!あいつは火属性、オレには絶好の相性だぜ!」
    レッドドラゴン「ギャー!(ファイアーブレスを放つ)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「オレも風属性だ、火属性はあまり効かないぜ!(盾でガード)」
    ライバーン「ギャウ…」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「甘いッ!(とっさにジャンプして回避する)」
    ククルカン「ほれほれw(はばたきで相殺する)」
    レッドドラゴン「ギャオォ…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…(槍を構える)」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「貴方に恨みはないけど…私達も先に進まないといけないから…!(槍を構える)」
    ククルカン「神竜に会わないと冬花にぶっ飛ばされるからな!(レッドドラゴンにつっつき)」
    レッドドラゴン「グゥ…!(ダメージ3000)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「気乗りしねぇが…寝てもらうとするか!(レッドドラゴンに会心の一撃)」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「はぁっ!(槍でレッドドラゴンを突く)」
    ククルカン「…ん?」
    レッドドラゴン「ギャウッ!?(ダメージ10000)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…どうしたの?」
    ククルカン「こいつ…妙だぜ」
    レッドドラゴン「ギャウゥゥ…(威嚇している)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「なんだって?」
    ライバーン「ギャウ…(確かになんか俺とは違うような…)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「どういうこと?」
    ククルカン「見た目は確かにライバーンとそっくりだが…こいつからは人の匂いもする!」
    レッドドラゴン「ギャウッ!?」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「マジ!?」
    ライバーン「ギャウ…(竜人?)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「それって…竜人…?」
    ククルカン「それは今からはっきりさせてやる!正体を表しなっ!(レッドドラゴンに輝く風を放つ)」
    レッドドラゴン?「ギャウーッ!(ダメージ10000)(体が光に包まれる)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「おわっ!?」
    ライバーン「ギャ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「!」
    ククルカン「ぬわっ!?」
    ???「うぅ…っ…(赤髪で緑色の瞳の、オカリナを持った少年がそこにいた)」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…人間…に見えるが少し違うな」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「竜人…なの?」
    ククルカン「やっぱりな…道理で人間の匂いもした訳だ」
    ???「…(ソニアやレオン達を見て警戒している)」
    ネール「わっ…ドラゴンが人間になりましたミャ…?」「クズ?」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…(警戒されてるぞ)」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…(槍を収める)」
    ククルカン「警戒しなくても俺たちは怪しい奴じゃないぜ」
    ???「…本当?」
    ネール「本当ですミャ!」「クズ!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「私達は神竜に会いに来た」
    ククルカン「ちょいと話があるんでな」
    ???「…(全員の顔をまじまじと見ている)」
    ネール「うみゃっ…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ソニア「…」
    ククルカン「おっ?オレの顔に何か付いてるか?」
    ???「…うん、悪い人たちじゃなさそうだね」
    ネール「みゃっ!それじゃ…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…ふぅ」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ???「君たちが会いに来た神竜はこの先にいるよ。案内してあげる」
    ソニア「…ありがとう」
    ククルカン「そういや、お前の名前は?」
    ネール「やったですミャ!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「助かるぜ!」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ???→ドラン「僕はドラン。竜人なんだ」
    ソニア「私はソニア」
    ククルカン「俺は龍神ククルカンだぜ!」
    ネール「私はネールですミャ」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「オレは誇り高き竜の騎士、レオン!」
    ライバーン「ギャウ(俺はライバーンだ。レオンの相棒)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「うん、皆よろしくね」
    ソニア「こちらこそよろしく」
    ククルカン「さっ、神竜がいる場所へ行こうぜ!」
    ネール「よろしくですミャ」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「おぅ、よろしくな」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「それじゃあ行こうか(洞窟の出口に向かって歩き始める)」
    ソニア「えぇ、お願いね(ドランについて行く)」
    ククルカン「よっしゃ!(同上)」
    ネール「みゃっ!」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「了解だぜ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「こっちだよ(歩いて行く)」
    ソニア「…」「ギャウギャウ」←ソニアの赤竜の声
    ククルカン「やっと神竜に会えるな…」
    ネール「ふみゃ」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「…」(先の方に洞窟の出口が見えてきた)
    ソニア「ん…もうすぐ出口みたい」
    ククルカン「よっしゃ!」
    ネール「この先に神竜さんがいるんですミャね…」 -- 竜人界:神竜山登山道
  • レオン「光が見えてきたな」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「ここが神竜山の頂上…神竜がいる所だよ」
    ソニア「わぁっ…自然が広がってる…」
    ククルカン「山の頂上に平原が広がってるとは…」
    ネール「ここに神竜がいるのですかミャ?」「クズ?」
    (洞窟を出ると、一面に平原が広がっていた。
    奥には神秘的な雰囲気を出す竜と白い服を来た少女がいる) -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「…あいつが神竜だとは思うが…」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「あそこにいるのが神竜…神竜クズリュウだよ」
    ソニア「…あれ?」
    ククルカン「神竜の隣に誰かいるぞ?」
    ネール「誰でしょうかミャ?」「クズ!クズ!(ピョンピョン)」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「…神竜はロリコンか?」←
    ライバーン「ズゴッ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「…(汗)」
    ソニア「えっ」
    ククルカン「ロリコンの神竜かよwww」
    ネール「みゃ…(汗)」「クズー!」


    神竜「…(ロリコン…?)」
    ?????「誰か来たみたいなの」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「隣にいるのどう見てもロリだろ?」
    ライバーン「ギャ…(あのな…)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「…(どうしよう…)」
    ソニア「確かに見た感じは幼い少女だけども…」
    ククルカン「正直、オレの方がマシじゃね?」←
    ネール「それはないですミャ」「クズズー」


    神竜「…」
    ?????「クズリュウさん、知り合いなの?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「ロリコン疑惑がありそうだ」
    ライバーン「ギャ(ククルカンがマシなわけがない)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「あ、あの…とりあえず神竜のいる所に…」
    ソニア「そうね、まずは話を聞きに行きましょ」
    ククルカン「うぐっ」
    ネール「まだ神竜さんの方がいいと思いますミャ」


    神竜「…(あの鳥みたいな竜は知っておる)」
    ?????「鳥さんなのにドラゴンなの?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「神竜はロリコン」←
    ライバーン「ギャ!(レオンにファイアーブレス)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ドラン「…(クズリュウのいる所へ向かう)」
    ソニア「レオン…(汗)(ドランについて行く)」
    ククルカン「オレはロリコンじゃねぇもん!(同上)」
    ネール「はいはいですミャ」


    クズリュウ「…(龍神ククルカン…だったか)」
    ?????「龍神…クズリュウさんとどっちがすごいの?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「あちちちち」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(さてな…それは我にも分からぬ)」
    ?????「そうなの…ん?」
    ドラン「こんにちは」
    ソニア「私達は初めまして…ね」
    ククルカン「お前が神竜クズリュウか!」
    ネール「そちらの少女はどなたですかミャ?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「くそーっ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(よくぞ来た…異世界より現れし戦士達よ。我が神竜クズリュウだ)」
    ?????「…(やって来た一行を見つめている)」
    ドラン「…」
    ソニア「私はソニア。赤龍喚士よ」
    ククルカン「オレは龍神ククルカン!」
    ネール「私はネールですミャ」
    クズ「クズ!」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「オレは誇り高き竜の騎士レ(ry」
    ライバーン「ギャ(ライバーンだ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(この少女はティンニンという。我の旧友の龍の娘でな、暫く預かってくれと頼まれたのだ)」
    ???→ティンニン「不思議な人たちなの…色々な道が見えるの」
    ドラン「…(これで誤解が解ければいいけど…)」
    ソニア「そういうことだったの…」
    ククルカン「なんだ、つまんねぇ」←
    ネール「みゃ?道?」
    クズ「クズ」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「ライバーン、略すんじゃねー!」
    ライバーン「ギャ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(我は別にロリコンではないからな)」
    ティンニン「この人たちなら…きっと…」
    ドラン「これで大丈夫…かな?」
    ソニア「勘違いしてごめんなさい…」
    ククルカン「ロリコン神竜だったら冬花にいじられそうだったのになぁ」
    ネール「みゃん?」
    クズ「?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「チッ」
    ライバーン「ギャ(何が不満なんだ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(お主らは我にどんな期待をしておったのだ…(汗))」
    ティンニン「…いえ、何でもないの」
    ドラン「あれ、そこにいる子どもドラゴンは…(クズを見て)」
    ソニア「鳥、貴方は少し黙ってて」
    ククルカン「チェッ」
    ネール「この子のこと、知っているのですかミャ?」
    クズ「クズー!(クズリュウに駆け寄る)」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「ロリコン神竜とかネタになりそうだったのによ」
    ライバーン「ギャ~オ…(呆れ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(まったく、変わった奴らだ…ん?)」
    ティンニン「あの子は…?」
    ドラン「やっぱり…神竜の子だった」
    ソニア「レオンまで…(汗)」
    ククルカン「おっ、今回は気が合うじゃねぇか!(レオンへ)」
    ネール「みゃ?」
    クズ「クズクズー!(クズリュウに飛びつく)」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「お前と気が合っても嬉しくねぇよ!」
    ライバーン「ギャ…」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(おぉっ、クズ!我が子ではないか!)」
    ティンニン「クズリュウさんの子どもなの?」
    ドラン「皆が連れてきてくれたの?」
    ネール「私が城下町で見つけたんですミャ」
    ソニア「まったくもう…」
    ククルカン「なんだとぉ!?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「フンッ!」
    ライバーン「ギャ…(とりあえず落ち着け)」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(うむ、少し前に迷子になってしまってな…我も困っていたのだ)」
    ティンニン「そう…見つかって良かったの」
    ドラン「ありがとう、助かったよ」
    ネール「いえいえ、礼には及びませんミャ」
    ソニア「ほら、喧嘩をしにここへ来たんじゃないでしょ」
    ククルカン「チッ」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャ(レオンにファイアーブレス)」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(我からも礼を言わせてくれ。ありがとう)」
    ティンニン「ありがとうなの」
    ドラン「それで…君たちは何をしにここへ?」
    ネール「あっ、そうでしたミャ!」
    ソニア「えぇ、実は…(クズリュウ達に事情を説明する)」
    ククルカン「ざまぁw」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「熱いっつーの!」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(なるほど…国王の病を治す為に我の鱗が欲しいと申すか」
    ティンニン「クズリュウさんのウロコって病気を治せるの?」
    ドラン「分からない…けど、効果はあると思う」
    ネール「お願いしますミャ!」
    ソニア「無理にとは言わない…でも…」
    ククルカン「おっ?いつの間にか話が進んでる?」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「あっちっち」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(何を言うか、我が子をここまで連れてきてくれた礼だ。好きなだけ持っていくが良い)」
    ティンニン「へぇ…やっぱりお父様の言う通り、不思議なドラゴンさんなの」
    ドラン「ふふっ」
    ネール「あっ…ありがとうございますミャ!」
    ソニア「これで王女様の願いを叶えられる…!」
    ククルカン「おっと、オレの頼みも聞かないとな」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「何すんだよー」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(龍神よ、お主も何か願いがあるのか?」
    ククルカン「おうよ、ちょっとな…(事情を説明する)」
    ティンニン「…ん?(レオンを見る)」
    ドラン「…(そう言えば…僕はこの山から降りたことがない…)」
    ネール「ソニアさん、よかったですミャ!」
    ソニア「えぇ…本当によかった…」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「あちちちち」
    ライバーン「ギャ…(ちょっとやりすぎたかも)」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(我を使役したい…だと?)」
    ククルカン「あぁ、オレの主があんたをペット…じゃなくて、使役したいんだと」
    ティンニン「…(レオンを見ている)」
    ドラン「…(この山の下って…どうなってるんだろう?)」
    ネール「これで目的は達成しましたかミャ?」
    ソニア「そうね…」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「ったく…」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(ふむ…我を使役したいとは面白い。その主とやらに一度会ってみたい)」
    ククルカン「えっ、冬花に会いたいのか?やめといた方がいいと思うが…」
    ティンニン「…(じーっ)」
    ドラン「…(気になる…でも…)」
    ネール「それじゃ帰りますミャ!」
    ソニア「まぁ…ここで少し休んでから出発しましょう」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「…(先程から視線を感じるんだが…)」
    ライバーン「ギャ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(むっ?何か問題でもあるのか?)」
    ククルカン「問題しかないぜ(キリッ)」←
    ティンニン「むむ…(じーっ)」
    ドラン「…(僕なんかが一緒に行って…迷惑じゃないかな…)」
    ネール「そうですミャね…」
    ソニア「ふぅっ…(その場に座る)」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「…(誰だ…?)」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • クズリュウ「…(しかし…我を使役するならその主とやらを連れてこなければならんぞ?)」
    ククルカン「あ゛っ」
    ティンニン「…(さり気なくレオンに近付いている)」
    ドラン「…(オカリナを吹き始める)」 -- 竜人界:神竜山頂上
  • レオン「…?」
    ライバーン「ギャウー」 -- 竜騎士と赤竜