グローリア・ホワイトランド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グローリアは、四季?がバトルロイヤルにて登録するキャラクターのひとつ (予定)


キャラクター


----名前----

グローリア・ホワイトランド(Gloria Whiteland)

----肩書き----

絶世の美女
マギミラーラ

----年齢----

20歳

----種族----

ヒト族

----戦闘スタイル----

ミラーマジシャン(反射魔術師)

----列伝----

   私が笑うと、この子は笑う。   私が怒ると、この子は怒る。
   私が嬉しいと、この子は嬉しがる。   私が悲しいと、この子は悲しがる。
   私が誰かを恨むと、この子は誰かを殺したがる。   私が全てを諦めると、この子は自殺を始める。
   神様は何を思って、私の子に異能を授けて下さったのでしょうか。

生後間もなく父親と死別したグローリアは、感情同調の異能を持っていた。自分の意思の云々に係らず他人の感情を自分に刷り込んでしまうという能力だった。
母親と二人暮らし。この能力のせいで、迂闊に外も出歩けない。美しかったグローリアは男性と顔を合わすことも許されない。
母親は信頼できる教師に懇願して彼女に勉学を教え、身を削って家庭を支える傍ら、この異能を制御する方法を模索した。
しかし努力はむなしく、幾度日が暮れようともその方法は解らない。体に無理が祟った母親は次第に衰弱してゆく。
9歳を迎えていたグローリアはたまらず家を飛び出るが、道往く人々の感情の波に自分を失いかけ、母親の助けにもなれなかった。

その年の冬。心穏やかなグローリアの目の前で、心穏やかな母親は病によってこの世を去る。
彼女は生まれて初めて自分で泣き叫んだ。
賑やかだった街の人々がみな泣き叫んだ。


ステータス

グローリアのステータスは以下の通り。
【体:20、攻:5、防:50、速:25】