明日パラガス > 外野勢


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今まで出てきた外野勢の一部のまとめ紹介。
作者の気分で登録キャラに昇格するかもしれない。
ボス敵、もしくはボスレベルの扱いとして出てきたキャラはイメージBGM付き

伝説の超ゆっくり霊夢
HP100000
BGM ♪戦乱 真紅の剣戟
マガツレイム
HP50000
BGM ♪二色蓮花蝶 ~ Ancients
バトロイクエスト/第28話にて登場したゆっくりの暴走体。
マイナスエネルギー絡みでの暴走ではなくほかの魔物を吸収したことでの暴走。
バトロイクエスト/第78話にてまさかの再登場、霊夢の陰陽玉を強奪しマガツレイムに変貌する。
敗北時うっかりマイナスエネルギーを吸収したことにより麟の復活の引き金を引く。
負変の鬼神戦の後、魂を回収された。
消されてはおらず、新たな肉体を与えられ地下帝国で元気に労働中。

偉大なる赤竜、氷嵐の支配者、雷鳴と共に現る者
HP30000
BGM ♪戦乱 散るもかなり
妖精さんに使役される三匹の竜。
その能力値はどれも圧倒的なものである。
赤竜はかつてバドレをひっとらえる際に、謎の男状態の黒き戦人が連れて来た。
氷竜はせんべいに釣られた妖精さんとともに登場、朝凪を悲惨な目に遭わせレインスルフを襲った。
雷竜はバトロイクエスト/第65話にてニャル子らを襲撃、玉藻前をオチ担当に貶めた。

一条聖也
HP18000(2000)
BGM ♪CHEATING'!!
伝説の超クズ共に協力していた裏カジノの店長。
何故出したのかは当時の自分のみぞ知る・・・
ボス仕様でHPが⑨倍になっていた。
敗北後は元の世界に戻り、案の定1050年地下行きになるところを拉致られた。
現在はビッグ♂ゲテスター補助施設の地下帝国の管理人として雇用されている。

天秤で遊ぶ玉藻前
HP????
「ささみさん@がんばらない」におけるアラハバキ幹部。
バトロイアラハバキでも幹部である。
伝説に存在する傾国の美女、数々の国を転覆させた白面金毛九尾の狐本人。
現在はメイド服を着た金髪の子供(幼女にあらず)姿にもふもふの九尾が生えたもの。
その気になれば大人、傾国の美女の姿や狐、白面金毛九尾の狐の姿になれる。
スキル関係なく、歴史に干渉する能力を持つがコストが超重い。
スキル持ち。

究極自機生命体・麟
HP200000
BGM ♪Cherry Flavored Justice ~ Descending Red
かつて魔物に殺害された巫女の成れの果て。
伝説の超ゆっくり霊夢に食われ、魂のみ残ってたことで蘇生する。記憶は残っていない。
生前の名前は冴月麟。
戦闘形態はシアンのゆりかご様における究極自機生命体・麟と同一。
(素材室では完全自機生命体と表記されいているが、pixivでは究極自機と表記されている)
非戦闘形態は戦闘形態の服を巫女っぽくした服、腰に刀とお祓い棒をを差し逆側には八卦炉をかけ、
首に時計をかけた霊夢顔、さなぱいの白髪黄目色白美少女。深海棲艦娘みたいな感じ。
ネーミングセンスはこいつ最高におぜうさまな酷さ。
一例としては廃槍「ぶらり廃駅グングニル」。ふざけるなテメェ!
非常に高いマイナスエネルギー適正を持ち、マガツレイムが吸収したクズ共のマイナスエネルギーと融合し復活した。
自分と近しい立ち位置にいたと思われる人物のパーツを借りて肉体の主導権を握った。
マイナスエネルギーが無ければゆっくりに肉体の主導権を取り戻される状態にあった。
魂をいじるという危険な能力での解決に危険を感じ、敵対する。
使用スペルは自機のスペルの合成技。
最終的には肉体は完全に麟のものとなり、マイナスエネルギーも没収され本人ごと回収された。
その後はただの自機生命体になりビッグ♂ゲテスターに住んでいる模様。
偽幻想郷を作るあたり、生前の名前の元ネタ通り幻想郷に居たと思われる。
襲撃された理由については一切不明だが、マイナスエネルギー適正が異常に高いのと、偽幻想郷では魔物に勝手に祭り上げられてるあたり、魔物にすることが目的だったと思われる。
つまりゆっくりはトップクラスの戦犯である。君には失望したよ

負変の鬼神
HP200000(麟から引き継ぎ)
BGM ♪戦乱 その忌むべき名を呼べ
弱った麟にクズ共とゆっくりが体内から脱走するためマイナスエネルギーを送り込んだ結果変貌した姿。
体全体が若干青みがかり、顔がダークドラゴンボールと化した四星球となり、首元から巨大な骨の腕が一対出ている。
腕の装備は巨大な爪へ変化し、胴体は裂け、足ごと腕の形に変形している。
妖怪の牛鬼みたいな体勢と思うとわかりやすい。
ピクミンのショイグモが腕の形に変形した足の体勢含めてさらに分かりやすいかも。
所謂SAN値ピンチな見た目を持つ。
本体の大きさは変わらない。
暴走しているマイナスエネルギーそのものが人格として出てきている。
人格として出てきた影響で、マイナスエネルギーが詰まった魂として麟から切り離され、しどのこに握り潰され消滅する。
声は麟のまま、ワルプルギスの夜のように常に笑っている。
ラストスペル「全て儚き桃源郷」の時のこの世の全てを呪うかのような怒りと殺意が込められた宣言は、恐らく麟の心の内側に眠っている感情であろう。
スペルはクズ共のスペルを使う。
あろうことかパラガ彗星拳を使うなど、伝説の超クズ共総決算と呼べる怪物である。
ふざけるなテメェとは言ってはいけない(戒め)

月読日留女
HP195000
BGM ♪???
「ささみさん@がんばらない」に登場する腹ペコ系ラスボス。
あらゆる神霊を捕食する最悪の『破壊神』にして『闇の聖母(ブラック・マリア)』。
数多の平行世界を渡り歩き、最高神だろうが堕天使だろうが人類最古の慢心王だろうがその全ての神霊を食い尽くしてきた。
しかしうっかりスキルを使って神様ごっこで遊んでいた安心院にエンカウントしてしまい、鉄拳制裁され能力を究極自機生命体・麟ぐらいまで落とされる羽目になった。
その後は「アラハバキ」に所属し、最高幹部として食べ歩きをしている。
神々を「捕食」する能力を持っており、神格を持っている者からそれを奪い去り人格も何もかも吸収することができる(捕食には触れるだけでも良い)。
神格を持っている者の攻撃はすべて捕食されるため、日留女相手にはわざわざ食べ物を運んでいるのと同義である。
これにより、神々はラスボスであろうとも隠しボスであろうとも、日留女に傷ひとつ付けることはできない。
追い打ちとして、神霊相手に限っては、昔の力をある程度取り戻す。
麟を余裕持って倒せるメンバー<ドン千とか詰め合わせ無理ゲー神連合軍<日留女<麟を余裕(ry
というかたちになる。
元は「太陽神アマテラス」の「人間の部分」だったが、本当にいろいろあってこんなざまになってしまった。
性格も元よりかは大分歪んでいる。
定期的に記憶を失うよう設定されていたりもしたがとっくの昔に解除している。
本来の歴史から大きく逸脱した世界からの出身であり、その世界は全て日留女に食い尽くされるバッドエンドに終わった。
基本的には麟と同レベルの戦闘力だが、最高火力は大きく上回り、脆い世界なら一発で破壊できるほどである。
ただしその後だれる。今はまだ私ががんばる時ではない。