はじめてのWBR


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此処は桃月学園の旧校舎、その一室のシアタールームある。
ウッの初めてのWBCは此処で実況されるようである。

なの「さぁやって参ります、初めてのWBR!WBRは今回で13回目!果たして優勝出来るのでしょうか!?」
はかせ「はかせもいるよー!」
なの「さて、早速これから出場する3人の選手に意気込みを聞いてみたいと思います!」
はかせ「はかせもいくー!」
阪本さん「俺は休ませてもらうぜ」

なの「まずA組に出場するのは・・・紅魔館のメイド長でXO部部員の十六夜咲夜さん!」
咲夜「あなたの時間も私のもの・・・」
レミリア「咲夜ー!頑張ってよー!運命操作して必ず優勝するようにするから!」
霊夢「いや、運命操作はインチキでしょ」
はかせ「ぷぷぷっ、うんめいそうさではかせもゆうしょうできるかもしれない」

なの「さて、咲夜さん。意気込みをどうぞ!」
咲夜「私の組には前回大会優勝のスプラが居るわ・・・激戦は避けられないわね。
でも私は負けたりしない・・・紅魔館の、XO部の皆の為に!」
妖夢「A組での注目選手は・・やっぱり前回大会優勝のスプラさんですね。咲夜さんと同じ加速を持っています」
鈴仙「他にも連撃で会心を出してくる幻銃士ダルタンと雨霧槍龍ね」
早苗「超回避で咲夜さんの頼みの綱である会心を回避する、柊とドラグレッグも脅威ですね」
布都「10通りのフォームに変身できるオーズも注目なのだ!」
はかせ「でも咲夜ならよせんとっぱできるかもしれない!」
なの「さて、次に向かいましょう!」

なの「次にB組に出場するのは・・・地霊殿の主であり心を読む能力を持つ、古明地さとりさんです!」
さとり「私の前ではあらゆる隠し事も無意味よ」
お空(キャーサトリサマー!)
さとり「ほら、お空も心の中で応援してますよ」
はかせ(サメチョコたべながらおうえんするぞー!)
さとり「・・・ふむ、この子はチョコレートを欲しがっているようで」
なの「仕方ないですね・・・後で用意しておきます」

なの「さとりさん、意気込みをどうぞ!」
さとり「会心なんて華麗に避けてくれるわ。たまに受けてしまうこともあるけど」
雷「B組での注目選手は比叡改二ね。この大会唯一の艦娘で、やっぱり連撃が脅威ね。」
お燐「その他の注目選手は・・・高いスピードと威圧感で攻撃を回避してくるミカエルだね」
こいし「他にも不沈で復帰後の高確率会心が脅威な雨霧冬花、明日から本気出すで攻撃を凌ぐⅤ
そして能力が謎に包まれているE7系ね」
はかせ「でもさとりのちょうかいひでかいしんはへいきかもしれない」
なの「次に行きましょう!」

なの「そしてC組に出場するのは・・・時を操り、兵器を扱うマギバスターズのメンバー・鎖反火村さんです!」
火村「ふふっ、悪くない時の流れね」
円「テヒヒッ、頑張って火村!」
京子「会場からいい物を持ち帰ってくれよー!」
彩夏「いや、それはいかんでしょ」

なの「さて、火村さんは二つの能力を持つと聞きましたが」
火村「えっ、何のこt」
麻美「ほいよっと(火村に眼鏡をかける)」
火村(眼鏡)「・・・どうやらそうみたいですね」
麻美「さて、此処でC組の注目選手を紹介するよー!
まずは眼鏡外した方の火村と同じく、加速を持っている雨霧小春ねー」
彩夏「次に50というスピードに加え超回避で会心を回避してくる音速のソニックね」
京子「そしてパワー厨で52まで強化された攻撃で粉砕してくるウリエルが脅威となりえるな・・・」
はかせ「でもあたらなければどうということはないと、どこかのひとがいってたんだけど」
円「でも火村なら大丈夫、私はそう思ってるよ」
火村(眼鏡)「ありがとうございます・・・私、頑張っちゃいます!」

インタビューで賑わっている中、選ばれなかった一部のキャラは・・・
ベッキー「何で私が選ばれないんだー!先生だぞー!」
都「仕方ないわよ。不沈発動したとしても、スピード型に狩られる可能性があるし」
ベッキー「でも最大60%の会心で相手を倒せるんだぞー!」
玲「ヴェールヌイも同じ理由で選ばれなかったとさ」

木曾(改二)「火力は高い方なんだけどな・・・俺の素早さが8と遅いのが原因だったのか?」
日向「低確率だが命中したら大ダメージ+会心2回のチャンスがある、と強い要素はあるのだがな・・・」
五十鈴「妖夢にも同じ事が言えるわね」

パチュリー「鉄壁でスピード型の攻撃を無効にしようと思ったけど」
アリス「でも会心には無意味だからね・・・攻撃30以上の選手数が少ないからワンチャンあったかもしれないけど」

パルスィ「パルパル・・・私が出場出来なかった事が妬ましい」
赤蛮奇「仲間が居ると聞いて」
水銀燈「とりあえずあんたらはヤクルトでも飲んでなさぁい」
翠星石「はいはいヤクルトの使者は引っ込んでるですぅ」

ゆっこ「みおちゃん頭を - 回ヒヤシンス」
ちゃんみお「ヒヤシンス!頭を冷やすのはどっちだよ!」