号外トナミ新聞第5号◆東風(2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • あいわかった。では今日の日が暮れる前に、速やかに取り掛かるとしよう。 -- キフィアン
  • イダン「ありがとうございます。それではよろしくお願いします」
    若者2「…道具です」
    (もう片方の若者が、道具箱を持ってきた)
    イダン「おお、ありがとう。彼は次男のイサムです。無口な彼は内側を担当します」
    イサム「…よろしくお願いします」 -- トナミ農園
  • イヴァン「では作業内容を説明させて頂きます」
    イヴァン「農園の一角、あそこにある資材をこちらに運んできて頂いて」
    イヴァン「南側のこのA面と、回り込んで…東側のB面とC面に板を打ちます」
    イヴァン「一応寸法を計って柱に印を付けてありますが、下から順に打っていけば問題なくできると思います」 -- トナミ農園
  • イダン「えー、大工仕事に自信が無いという方は、こちらへどうぞ」
    イダン「畑のほうで杭に網を掛ける作業を説明させて頂きますので」
    イダン「いらっしゃいますか?」 -- トナミ農園
  • ジーノ「僕はそっちの網を掛ける作業に入ろうかな」
    黒ヨッシー「ふむふむ…資材を運んで板を打てばいいんだな?」
    スライム(ゾロア)「(*ll)ぷよ(ジーノの上にいる)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「それじゃ私達は資材運搬!」
    火村「えっ?大丈夫でしょうか・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • イダン「では説明させて頂きますね」
    イダン「あちらの女性(袴)が網の乗った一輪車を押していますね」
    イダン「それを使って、手前の杭から順番に網の紐を結んでいってください」
    イダン「最後の網が出入り口用になっています」 -- トナミ農園
  • (網1)さて。…案外広いですねえ。
    (先に駆けつけていた女性は、早速作業に取り掛かっている) -- 袴の女
  • イダン「大体そんなところですかね…」
    イダン「質問などありましたら、私か息子にお聞きくだされば答えます」
    イダン「それでは皆さん、よろしくお願いします」 -- トナミ農園
  • がんばってね!(他人事) -- わてり
  • (ハンマーを手に取って位置へ)
    キフィアンさんの魔法で手っ取り早くとかできませんかね… -- 青森太助
  • ジーノ「よし、僕はあの人を手伝ってくるよ(袴の女の人のいる所へ向かう)」
    黒ヨッシー「とりあえず資材を運んでこないと始まらないな(資材置き場へ向かう)」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ(今度は黒ヨッシーの背中に飛び移る)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「・・・と言いたいけどやっぱり私は外壁作業でー」
    火村「それじゃあ私は・・・運搬しますね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 運びの魔法のことか?それならクラリスが使える。空を飛んでいただろう?
    我れができるのは物を固くとどめる魔法だよ。(資材置き場へ) -- キフィアン
  • (ハンマーをくるくる回しながら)
    クラリスちゃん連れてくれば一瞬だったんじゃね(それだと尺の都合上色々アレなんで。スイマセン)
    まーとりあえずやるかあ。最初から板10枚あるから先行してようかね。 -- 東條日光
  • (網2)隙間の無いように…と。
    …あら?(近付いてくるジーノに気付く) -- 袴の女
  • 何人か運搬にいったか。じゃあオレは壁やるかなー。 -- カイロ
  • わたしは網の方に加わってきます。おいで。
    (*— —)(手に乗り) -- リコル
  • ジーノ「こんにちは。僕はこっちを手伝わせてもらうよ(袴の女の人へ)」
    黒ヨッシー「(資材11)(資材を舌で運んでくる)ほっと…これでいいか?」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ!」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「それじゃ早速ー(外壁A1)」
    火村「私も、始めますね・・・?よいしょっと(資材12)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 太助「(外壁A2)トントントンっと!ほいきた!」
    日光「(外壁B1)お前うまいじゃんどうしたの…」 -- 四季隊
  • えっと、そうだな……
    あ。すみません、しばらくこの子を見ていてもらえませんか?
    (わてりさんのもとへスライムを連れて行き) -- リコル
  • 麻美「(外壁A3)私だってやれるんだからねー」
    火村「(資材13)えっほ・・・えっほ・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • まじすか!(周りには青スライム5匹)
    あれ、減ってる。帰ったか。
    まーいいよ!一応聞くけどそれペットだよね?帰したらダメ系だよね?
    おっけー!あずかろう! -- わてり
  • キフィアン「(資材14)憂いは要らなかったか。良い働きぶりだ」
    袴の女「(網3)(零れる笑顔は大和撫子)はい。よろしくお願いしますね」 -- 四季隊
  • ( ||)ぷよ
    そう、ですね…ありがとうございます、お願いします。
    (わてりさんにスライムを預け) -- リコル
  • ジーノ「おっと…自己紹介がまだだったね。僕はジーノさ。こちらこそよろしく頼むよ」
    黒ヨッシー「(資材15)よっと…もっと運んでおいた方がよさそうだな…」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよー(さり気なくわてりの元へ向かう)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「(外壁A4)資材って頭飛ばして運べるかなー」
    火村「(資材16)そう言われると・・・嬉しいです」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 太助「(外壁A5)お前やっぱ俺のことただの荷物持ちだと勘違いしてんな」
    日光「(外壁B2)うん」 -- 四季隊
  • キフィアン「(資材16)黒ヨッシーもありがとうな。後でたんと御馳走しよう」
    袴の女「(網4)私は八咲瑞穂(やさきのみづほ)と申します。皆さんもしかして…あの方(キフィアン)のところの?」 -- 四季隊
  • 色が緑だから混ざっても安心!!
    (リコルスライムとゾロアをなでなで)
    ………どっちが少女のペット? -- わてりさん
  • イダン「彼らにお任せできそうだ。イヴァン、私は中をやってくる」
    イヴァン「わかった」
    青スライム「(┃┃ )ぷよ」 -- トナミ農園
  • ジーノ「(手伝い開始)(網5)うん、そういうことになるかな」
    黒ヨッシー「(資材17)そうか!それならもっと頑張るしかないな…!」
    スライム(ゾロア)「(ll )ぷよ(リコルのスライムを見る)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「(外壁A6)とりあえず物は試し!やあっ!(資材置き場に向かって首を飛ばす)」
    火村「(資材18)ひゃあっ!?(麻美の頭が飛んできたことに驚く)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 板は一枚10kg前後かな…?細長い木の板だよ。
    下から打っていけば板に板を乗せて打てるから楽だよ。 -- 解説席:猫尾のリノティ
  • 太助「(外壁A7)デュラハンってやっぱり体のほうにも脳があるんかね?」
    日光「(外壁B3)ないけどフシギナチカラで意識が繋がってるとかじゃねえの」
    キフィアン「(資材19)うーん、やはり皆でやると早いな」
    瑞穂「(網6)やはりそうでしたか。町では貴方達のことを知らない人は居ませんよ」 -- 四季隊
  • ジーノ「(網7)ん、そうなのかい?」
    黒ヨッシー「(資材20)あぁ、いいペースで進んでいるな」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「(外壁A8)あれが資材ね・・・よ、っと(資材を頭に乗せる)」
    火村「(資材21)やっぱり・・・怖いよぉー!(ガクガク)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 日光「(外壁B4)私は怪物だって自覚はあるけど、見た目の怖さじゃ敵わねーな(遠い目で麻美の首なしの体を見つつ)」
    太助「(外壁A9)慣れって怖いよな(遠い目)」
    キフィアン「(資材22)これマミや、横着するでない!……まあいいか」
    瑞穂「(網8)ええ。…ここだけの話なのですが、あの方は以前は魔女と恐れられていた方です。それが、実はイイ人なのだと知られて。」 -- 四季隊
  • 麻美「(外壁A10)(資材23)あっ、ごめんごめんー(首を体の所へ移動させ、元に戻す)」
    火村「(資材24)ひぃぃー・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「(網9)なるほど…そうだったのか」
    黒ヨッシー「(資材23)働けば働く程、飯も美味しくなるというものだ」
    スライム(ゾロア)「Σ(ll;)ぷよ!(麻美を見て)」 -- ヨッシー一家
  • (網10)ええ。今では「お白さん」と呼ばれるくらいです。
    あなたがたは「バトロイファイター」なのですよね。オルド・クレキ退治に、屍姫撃退…。誰が注目しないと言うのでしょう? -- 八咲瑞穂
  • 太助「(外壁B5)よっしゃ南側終わり!ヒカルそっち入るぜ」
    日光「(外壁B6)まじか。はええ。」
    キフィアン「(資材26)ちかごろのおなごは首まで外すことを覚えおってブツブツブツ」(←胸のある自称性別不明) -- 四季隊
  • あ、やべ、出遅れたよ!
    働かざるものなんたらとかいう!
    とりあえずこっち回るかー
    (外壁C1)
    ◆資材26 / A進渉10【完成】B進渉6 C進渉1
    -- カイロ
  • わあ、もう半分も…!
    皆さん手際が良いのですね…(網班に合流) -- リコル
  • (*||)
    (こっちがリコルのスライムだよ、と、ちょんちょん) -- リコルのスライム
  • おお、こっちか?(リコルのスライムを抱きかかえる)
    ほらほらあたしは家庭教師で忙しいんだ。キミたちは帰った帰った!
    (青スライムと一緒にゾロアにも言う。野生の緑スライムと勘違いしてるっぽい) -- わてりさん
  • (*||)ぷよ
    (ちょこん、とおじぎ) -- リコルのスライム
  • ええ子やんけ…(ほわぁん) -- わてりさん
  • 麻美「ふふっ、驚いたかしらー?(移動)(外壁C2)」
    火村「(資材27)いいえ、首外せるのは一部の人だと・・・」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「(網11)確かにここに来てから色々な事件と関わってきた…注目されるのも当然だね」
    黒ヨッシー「(資材28)首を外せるのはほんのごく一部だと思うぞ…(汗)」
    スライム(ゾロア)「(;;)ぷよ…(目をうるうるさせてわてりさんを見る)」 -- ヨッシー一家
  • 太助「(外壁B7)ヒカルもしかして」
    日光「(外壁B8)首外れるワケねーだろ死ぬわ」
    キフィアン「(資材29)うん?このような(麻美)のはマレなのか。なんだ、そうか。…っと、あと1つ運べば揃うな」 -- 四季隊
  • (網12)ふふっ。胸を張るものですよ。謙虚なお人も嫌いではありませんけど。 -- 八咲瑞穂
  • な、なんでい涙なんて流しやがって。あアタシはそんな手には乗ら、乗らないぞ(スライムゾロアをなでなで) -- ちょろいわてり
  • 麻美「(外壁C3)首外せるのは意外に便利なのよー」
    火村「(資材30)これで・・・最後ですね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「(網13)ははっ、ありがとう。何だか嬉しいね」
    黒ヨッシー「これで資材は揃ったな」
    スライム(ゾロア)「(*ll)ぷよ~♪(嬉しそうだ)」 -- ヨッシー一家
  • おお、助かるぜ! これならすぐに片付けられそうだな!
    (外壁C4)
    ◆資材30 / A進渉10【完成】B進渉8 C進渉4 -- カイロ
  • カイロが親切で涙が出てきたよ。わかりやすさって大事だよ。彩見てるー? -- 解説席:猫尾のリノティ
  • 麻美(外壁C5)資材運びが終わったみたいねー、火村もこっちに来なよー!」
    火村「は、はいー・・・!今向かうよー・・・!(麻美の所へ行く)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 太助「(外壁B9)うーし気合入れてやっちゃおうぜ」
    日光「(外壁B10)デケター!」
    キフィアン「よきかなよきかな。あとはシーの壁と網を残すのみだな。」 -- 四季隊
  • 遅くなってすみません…! 私もお手伝いしますね。(◆網14) -- リコル
  • ( ||)
    (作業をしている人達の様子を目で追っている) -- リコルのスライム
  • あら、こんにちは。(リコルへ)みなさん本当に頑張りますね。改めて感心してしまいました。 -- 八咲瑞穂
  • 黒ヨッシー「(外壁C6)よし、ここからは俺も手伝おう」
    ジーノ「(網15)ん、リコルもこっちを手伝ってくれるんだね。ありがとう。 ここにいる皆はいい人ばかりだからね」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ(リコルのスライムの隣で作業の様子を見ている)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「(外壁C7)火村も気合い入れないとねっ!(火村の眼鏡を外す)」
    火村「(外壁C8)・・・そうね、努力する時の流れになりそうね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 外壁C、いっこずつずれてるるよ! 正しくは8ね! -- うらかたくくる
  • あっ、本当だぁ…ごめんなさい! -- 裏方:作ヨッシー
  • しゅうせいしたよ! -- うらかたくくる
  • ありがとうですぅ -- 裏方:ウッ
  • 太助「(外壁C9)よっしゃーラストスパートだぜ!トントントンドンドンドカバキry」
    日光「(外壁C10)ヤターオワタヨー!!」
    キフィアン「おお、よくやってくれた!さすがだ!」 -- 四季隊
  • んーっ…(伸びをする)ふぅ。無事全てが終わったみたいですね。
    大変助かりましたよ。お二方、ありがとうございます。
    皆さんのところへ向かいましょうか。 -- 八咲瑞穂
  • 黒ヨッシー「おぉっ、思ったよりも早く終わったな」
    ジーノ「いやいや、礼には及ばないさ。うん、行こうか」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ」 -- ヨッシー一家
  • 修正、ありがとうございます! -- 裏方:作ヨッシー
  • 麻美「おーっ!これで外壁は完成ねー」
    火村「どういたしまして・・・さて、次は網掛けね・・・麻美、行くわよ」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ちょっと待つんだ -- 監督:四季彩
  • やらかした -- 監督:四季彩
  • 15で終わらすつもりだったけど一昨日の四季ちゃんが20って書いてやがったんだね!
    続行だ!サボんじゃねー! -- 杭:四季彩
  • は、はいぃ!(◆網16) -- リコル
  • …あら?
    やだ、向こうに残っていますね。見落としてしまいました…。
    あれを終わらせてから、向かいましょうか。 -- 八咲瑞穂
  • 麻美「ええー!(火村について行く)」
    火村「さーて、こうやってっと・・・(網17)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「おっと、僕たちの方がまだだったね…(汗)(網18)」
    黒ヨッシー「ん?」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ?」 -- ヨッシー一家
  • 日光「ちょっと撫子に突撃してくる(畑の方へ)」
    太助「百合癖治せよ」
    キフィアン「すぐ終わりそうだな。わてりを呼ぶか」 -- 四季隊
  • 麻美「(網19)もしかして、撫子って私達の事かなー?」
    火村「(網20)さあね・・・よし、こっちも終わったわよー」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「よし、こっちの作業も終わったね」
    黒ヨッシー「ん、どうやら終わったみたいだぞ」 -- ヨッシー一家
  • あら…。重ね重ね、本当にありがとうございます。
    小屋のほうに戻りましょうか。 -- 八咲瑞穂
  • 麻美「終わったー・・・そうしようかー」
    火村「休息の時の流れに変わりそうね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「そうだね、戻って一休みしようか」
    黒ヨッシー「ふぅ…疲れたな」 -- ヨッシー一家
  • (リコスラとゾロアをすっかり気に入ってしまった)
    やーやーみなのしゅー!おつかれ!畑組もおつかれさんだ!
    冷たいお飲み物があるよ!
    (全員分のおしぼりと麦茶が用意されてある) -- わてり
  • 太助「おー(おしぼりにタスケまっしぐら)」
    日光「おー(麦茶にヒカルまっしぐら)」
    キフィアン「わてりや、少し畑に来ておくれ」
    瑞穂「みなさん、お疲れ様です」 -- 四季隊
  • ジーノ「麦茶か…冷たくて美味しそうだ」
    黒ヨッシー「!(とっさにベロを使って麦茶を取る)」
    スライム(ゾロア)「(*ll)ぷよ(お疲れ様と言っているようだ)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「おー、気が利くわねー(頭を飛ばし、おしぼりと麦茶を取る)」
    火村「暑いから助かるわね(おしぼりと麦茶を取る)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • (*||)♪
    (こっちだよ、と、おしぼりと麦茶の近くで跳ね)
    -- リコルのスライム
  • ゼェハァ頂きます(麦茶ごっきゅごっきゅ) -- わてりさん(水だく)
  • あ俺の麦茶 -- 青森太助
  • おーい -- キフィアン
  • 今行きますんで!はい!(とことこ) -- わてり
  • 人手が集まったおかげで景気良く進んだな〜
    おつかれさん! -- カイロ
  • ジーノ「僕も一つ頂こう(麦茶を取る)」
    黒ヨッシー「…冷たくて美味い!」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよー」 -- ヨッシー一家
  • イヴァン「お疲れ様でした。いやあ、皆さんの働きぶりには感心させられました。」
    イヴァン「あ、中のほうも終わったみたいですね」
    イダン「…おお…これはたまげた、この短時間で…」
    イダン「みなさん、本当にお疲れ様です。大変助かりました」 -- トナミ農園
  • ぷよ( ┃┃) (┃┃ )ぷよ -- 残り2匹の青スライム
  • ( ┃┃)ぷよ(勇者様どこ行ってしまうん)
    (┃┃ )ぷよ(なんか畑で水撒いてるみょ) -- 青スライム
  • 麻美「いえいえ、どーいたしまして(首を元に戻し、麦茶を飲む)」
    火村「良い時の流れだったわ(麦茶を飲む)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 太助「俺の麦茶」
    日光「オツカレーッス!!」
    瑞穂「お役に立てたようで幸いです」 -- 四季隊
  • ジーノ「ぷはっ…美味しいね」
    黒ヨッシー「人と人とが協力すれば、どんな困難もこうして解決できるんだな…」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ?」
    -- ヨッシー一家
  • わてり(口から水をだばだばだー)
    キフィアン「ちかごろは雨が降らなんだからに。しかし見た目が悪いな…」 -- トナミ農園
  • ジーノ「こうして一仕事した後の麦茶はより一層美味しい」
    黒ヨッシー「ふぅ…」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ」 -- ヨッシー一家
  • ( ||)(へっちゃった、ね)
    (青スライム達に混ざりだし) -- リコルのスライム
  • ふう……(麦茶を受け取り)
    あ、いたいた。(スライムの側へ) -- リコル
  • 麻美「うーん、この一杯!」
    火村(麻美は首外した状態でも飲食は出来るのかしら・・・?) -- ウッの愉快な仲間達
  • キフィアン「まずは、これくらいでいいだろう。小屋に戻ろう」
    痩せたわてり「こんな予感はしてた」 -- 四季隊
  • なあ、あれってやっぱり水が好物なのか?
    (わてりの方を見ながら) -- カイロ
  • ( ┃┃)ぷよ(あいつら しほんしゅぎ だよ)
    ぷよ(┃┃ )(はやく にんげんに なりたい) -- 青スライム2匹
  • 好物っていうかエネルギー源的なアレだと思うぜ -- 青森太助
  • 麻美「ん?どしたの火村?」
    火村「いえ、何でもないわ・・・小屋に戻りましょ」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「まぁ、僕は人形なんだけどね。ん、小屋に戻るかい?」
    黒ヨッシー「わてり、お前も麦茶を飲んだらどうだ?」
    スライム(ゾロア)「( ll)(しほんしゅぎ?)」←こちらも青スライム達に混ざる -- ヨッシー一家
  • キフィアン「只今戻った。みなお疲れ様だな」
    イダン「このたびは何とお礼申し上げればよいか…感謝の気持ちでいっぱいです」
    キフィアン「いや、半ばから加わったわけであるし、こちらこそなれらには頭が下がるよ」 -- トナミ農園
  • わてり(ほっそり)
    日光「なんだダイエットでもしてたのか?」
    太助「お疲れー」
    瑞穂「首を外せたり、水の精だったり…。不思議な方々ですね」 -- 四季隊
  • ( ┃┃)ぷよ(水をくれないと分かればすぐ帰っちゃうんだ)
    ぷよ(┃┃ )(粘り強く相手してれば人間は食べ物くれるんだ!おれらかしこいです!) -- 青スライム2匹
  • ジーノ「僕たちが来るまでは少ない人数で頑張っていたみたいだし…凄いと思うよ」
    黒ヨッシー「わてり…随分とほっそりしたな…」
    スライム(ゾロア)「( ll)(へぇ、そうなんだ!かしこいぞ!)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「えへへー、驚いてくれた?」
    火村「いい運動にもなったわね」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ぷよ(┃┃ )(スライムかしこいです!)
    ( ┃┃)ぷよ?(えっぼくかしこいですか?)
    ぷよ(┃┃ )(かしこいのはスライムです!)
    ( ┃┃)ぷよ(ぼくのなまえはスライムです!)
    ぷよ(┃┃ )(ぼくのなまえもスライムです!)


    (┃┃)ぷよ(┃┃)(なるほど!) -- 青スライム2匹
  • (ll)ぷよ!(つまり二人ともかしこい!) -- スライム(ゾロア)
  • (キフィアンとイダンは何やら話し込んでいる。頼み込むイダンと、やんわりと断るキフィアン。) -- トナミ農園
  • 麻美「あの二人、何話してるんだろー(キフィアン達を見る)」
    火村「さぁね・・・気にしちゃ負けよ」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ( ||)?(スライム、みんなかしこい?) -- リコルのスライム
  • 太助「んー十分広いが、町の唯一の畑にしちゃ狭い方か?」
    日光「モノが集まってくる港町だから、あんまり作る必要が無いんじゃね」
    瑞穂「お察しの通り、ここの野菜類はほぼ輸入で賄っておりますよ。町営の農園とはいえど、本腰を入れて…というのはしないようです」 -- 四季隊
  • ( ┃┃)ぷよ(みんなかしこいです!)
    ぷよ(┃┃ )(かしこくないのは湖に帰ったよ!) -- 青スライム2匹
  • 麻美「それにしても、どうして火村は眼鏡かけると性格変わるんだろー(小声)」
    火村「・・・?」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「確かに全てのものを自給で賄うとなると、かなりの量が必要になるからね…」
    黒ヨッシー「港町なら色々な物が集まってきてもおかしくはないからな。輸入をメインにした方が負担も少ないだろう…」
    スライム(ゾロア)「( ll)(かしこくないのは帰ったの?)」 -- ヨッシー一家
  • (ぺこぺこと頭を下げ始めるイダン。あわててそれを制するキフィアン) -- トナミ農園
  • 日光「提示した報酬は素直に受け取るモンだぜ…(離れのキフィアンを見ながら)」
    太助「魔女って言われてた人だろ。町人と交流が無かったんだから仕方ねーんじゃねえの」 -- 四季隊
  • いえ、お白様は稀ではありますがお買い物を町でされておられましたよ。 -- 八咲瑞穂
  • そりゃ怖ぇな。 -- 東條日光
  • ジーノ「報酬のことで何か話しているのかな?」
    黒ヨッシー「俺は食べ物さえ貰えればそれでいい」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ?」 -- ヨッシー一家
  • ぷよ(┃┃ )(きっとへいわにお水を飲んでヘイボンなニチジョウをキョウジュしているのさ!)
    ( ┃┃)ぷよ(つれづれなるままにひぐらし!) -- 青スライム2匹
  • (やがて話を終え、キフィアンがこちらに戻ってきた)
    お待たせ。何事もなく仕事も終えたし、今日は心持ちの良いままに帰ろうか。 -- キフィアン
  • 火村「どうやらあっちは報酬について話してたらしいわね」
    麻美「ええ、帰りましょー」 -- ウッの愉快な仲間達
  • おー、もういいのか?
    助けになれたなら良かったぜ。 -- カイロ
  • ジーノ「そうだね、帰ろうか」
    黒ヨッシー「ん、分かった」
    スライム(ゾロア)「( ll)(なるほど、平和に暮らしてるんだぞ!)」 -- ヨッシー一家
  • ぷよ(┃┃;)(あれあれあれあれ様子がおかしいですよスライムさん!帰っていきますよ!)
    (;┃┃)ぷよ(ばかな……らぶりいぱわあが通じないというのか!われわれを拾っていくのだ!) -- 青スライム2匹
  • イダン「本当にありがとうございました。もし御用がありましたら御遠慮なくお申し付けください」
    イヴァン「ありがとうございました。お達者で!」
    瑞穂「私もここでお別れですね。またお会いできたら嬉しいです。健やかな日を」 -- トナミ農園
  • うん、健やかな日を。
    さて、我が家へ戻ろう。 -- キフィアン
  • 日光「了解ー」
    太助「なーんか久々に体動かしたなー」 -- 四季隊
  • ジーノ「皆も元気でね!また会おう!」
    黒ヨッシー「体を動かしたら腹が減ったな…」
    スライム(ゾロア)「Σ(;ll)ぷよ!(な、なんだってー!?)」 -- ヨッシー一家
  • 火村「分かったわ、時の流れが変わりそうね」
    麻美「どーいたしましてー」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 健やかな日を。
    お会いしたばかりでお別れするのは、少し寂しいですけれど…
    さ、おいで。
    (* — —)(再びリコルの手に乗り) -- リコル
  • (><)ぷよ(スライムはここですよ!けなげなスライムはここですよ!ポインポイン)
    ぷよ(><)(おお!勇者よ、帰ってしまうとはなにごとだ!ポインポイン) -- 青スライム2匹
  • うむ、あの青いスライム達も我れらを見送ってくれているな。
    ふうむ、山も良いか。たまには気晴らしに来るか。 -- キフィアン
  • 火村「ホント、会ったばかりなのに寂しい時の流れね」
    麻美「またいつか来るねー」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 太助「(リコスラを見ながら)そういやヒカルは持ってないん?」
    日光「や、ペットは飼わない主義」 -- 四季隊
  • ジーノ「ふふっ、可愛い子達だったね」
    黒ヨッシー「…(あ、そう言えばゾロアは…)」
    スライム(ゾロア)「(;ll)ぷーよー!(おいらをおいて行かないでー!)」 -- ヨッシー一家
  • んや?キミ(ゾロア)もあの人達の子? -- わてり
  • ひふみよいむなや……おや、ひとり足りない。
    ……そういえばジーノ、なれの連れが見当たらないが、どうした? -- キフィアン
  • ジーノ「あれ、そう言えば…ゾロアがいないな」
    黒ヨッシー「あいつ、確かスライムに変身したままだった…」
    スライム(ゾロア)「(ll)ぷよ!(そうだぞ!といって変身を解く)」 -- ヨッシー一家
  • おぉ? なんだそんなとこにいたのか!
    ひー、言われないとわかんねーぞ今の。 -- カイロ
  • 麻美「誰か居ないと思ったら・・・あーよかった(さりげなく火村に眼鏡をかける)」
    火村(眼鏡)「・・・安心しました」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ( ┃┃)!(なんだって!?ケモノに変身したよ!?)
    !(┃┃ )(どうやったんだ!?ぼくもにんげんになりたい!) -- 青スライム2匹
  • なんだスライムじゃなかったのかー -- わてり
  • おお、化けていたのか。はっはっは、気をつけろよ、スライムはカタキが多いからな。襲われるかもしれないよ。
    …よし、揃ったか。では改めて山を下ろう。
    イダンよ、世話になったな! -- キフィアン
  • 太助「今度こそ戻るかー」
    日光「キフィアンさんち何気に居心地いいもんな」 -- 四季隊
  • 黒ヨッシー「ゾロア!ようやく変身を解いたか…そんなに気に入ってたのか?」
    ジーノ「ゾロア、戻るよー!」
    ゾロア「おいらはゾロアだぞ!今までスライムに化けてたんだぞー(青スライム達へ) あ、分かったぞー!(キフィアン達の元へ)」 -- ヨッシー一家
  • 麻美「火村ー、戻るよー」
    火村(眼鏡)「わ、分かったよー・・・戻ります」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ( ━━)ぷよ(そんなのって、ないよ)
    ぷよ(┃┃ )(おれらかしこくないです…) -- 青スライム2匹
  • (そんなこんなで一行は、和やかな雰囲気の下にトナミ高原南部をさらに南下する。) -- トナミ高原南部
  • (──屍姫との邂逅の地、不自然に茂る林──)
    ……ふむ。
    (キフィアンの足が一寸止まる) -- キフィアン
  • 日光「そしたらもう大喧嘩!酢豚のパイナップルは邪道だのなんだの」
    太助「オトナゲねー話だよなぁ。…あれ、キフィアンさんどしたん?」
    日光「ん?」 -- 四季隊
  • ジーノ「キフィアン?どうしたんだい?」
    黒ヨッシー「ここは確か…」
    ゾロア「およ?何かあったんだぞ?」 -- ヨッシー一家
  • 火村(眼鏡)「・・・ん?どうしたのでしょう」
    麻美「何かあったのかなー?」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ………否。
    (再び歩き始める)
    行こう。我れらの歩みは止まない。
    我れら生きる者は、生きることを諦めんさ。だろう? -- キフィアン
  • ジーノ「…ふふっ、そうだね」
    黒ヨッシー「?」
    ゾロア「お宝でも見つけたんだぞ?」 -- ヨッシー一家
  • 太助「??」
    日光「…農園も、町も、一生懸命生きてますよ」 -- 四季隊
  • 火村(眼鏡)「はい、私達の命の時は・・・まだ歩みを止めてません」
    麻美「ええー、行こっか」 -- ウッの愉快な仲間達
  • いかに壊されようと、我れらはさらに直す。
    生きてこそ、素晴らしいものも見えよう。
    我れは、この町を生かしたい。その行く末をこの目でしかと見届けたい。
    (先行するキフィアンがチラと後ろを見、微笑む)
    それが我れの我儘だな。 -- キフィアン
  • 火村(眼鏡)「それほどこの町が好きなんですね・・・」
    麻美「少し感動したかも」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ジーノ「うん、それに僕たちも協力するよ」
    黒ヨッシー「たまにはこういうのも悪くはないな」
    ゾロア「?(首を傾げる)」 -- ヨッシー一家
  • …ありがとう。
    我れも汝れらの助けでありたい。絆こそが強さなのだと、我れは堅く思うよ。
    (一行は林を後にした──) -- キフィアン
  • 麻美「所謂絆☆パワーって奴ね!」
    火村(眼鏡)「はい・・・私もそう思います」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 生きることを諦めない力……。
    それは金槌の音となり、人の声となり、風に乗ってトナミポートに吹き渡っていた。
    町は死んではいない。そう豪語するキフィアンの言葉は、さらに町人の気を高めるものとなる。
    穏やかな夏に差し掛かるトナミポート。その町はまだ、静まることを知らない。

    -- 白と海と山の町・港町トナミポート


登場人物の解説などはこちらに。
  • ■外壁作業■
    A/B/Cの3つの面に板を張り付けていきます。
    「外壁0」の状態から始まり、一人の一回の発言で「外壁」が1ずつ加算されます。
    この時、全ての「外壁」の数値が「資材」の数値を上回ることはできません。「資材」が足りなかった時はそちらを手伝ってあげてください。
    1つの面は「外壁10」で完成します。全ての面が外壁10に達すれば作業は終了します。


    ■運搬■
    外壁作業に使う資材を運んできます。
    「資材10」から始まり、一人の一回の発言で「資材」が1ずつ加算されます。
    資材が足りないと作業が出来ません。
    「資材30」で全ての外壁が作れるようになります。 -- お知らせ:四季彩カナタ

  • ■進め方■
    発言の最初に作業内容を選び、その作業の最後の参加者の数値に1を足してください。

    例1:青森太助「(外壁A5)よーし任せろ!バキッ!」
    例2:東條日光「(外壁A6)のどかわいたぜ。おーい板をおくれー」

    「外壁A/B/C」の合計値は「資材」の数値を超えることはできません。
    例えば、A10・B3・C2の時に資材15だった場合、資材を増やさないと外壁を作れません。

    例3:わてり「(資材16)(キーコキーコと台車で資材を運んでいる)お水ありますよ!」
    例4:日光「(外壁C3)おーありがとー」
    例5:太助「(外壁B)板が無いでござる」
    例6:太助「(資材17)自給自足!」
    例7:日光「(外壁C4)おーありがとー」 -- お知らせ:四季彩カナタ
  • ■網掛け■
    杭に網を結び付けていきます。網の乗った一輪車を押していきながら行います。
    「網0」から始まり、一人の一回の発言で「網」が1ずつ加算されます。
    「網20」で全ての畑を網で囲うことができます。 -- お知らせ:四季彩カナタ
  • ■わてりさん■
    特に意味はありませんが、休憩所担当です。 -- お知らせ:四季彩カナタ