なりきりバトルロイヤル > なりきりログ > なりきりログ20


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • (マスケット銃、バズーカ、光の矢、剣、槍が上空から飛んできて、地面に突き刺さる。
    そして5つの人影がそれぞれの武器の上に立ち・・・)
    円「よいしょっと(矢の上に立つ)」
    火村(眼鏡)「はわわわ・・・っとと(バズーカの上に立つ)」
    麻美「あらよっとー(マスケット銃の上に立つ)」
    彩夏「よっと(剣の上に立つ)」
    京子「あらよっと(槍の上に立つ)」 -- マギバスターズ(ウッ)
  • 円「救済の神様・昼斗円!(ポーズをとる)」
    火村(眼鏡)「えっと・・・時空の悪魔・鎖反火村っ!(同上」
    麻美「愉快なデュラハン・出由良麻美ー!(同上」
    彩夏「血濡れの人魚・聖恋彩夏!(同上」
    京子「疾手の義賊・遊来京子!同上」
    5人「我ら、マギバスターズ!」 -- マギバスターズ
  • 円「ふふっ、決まったねー!」
    火村(眼鏡)「はい・・・何とか決まりました」
    京子「てゆうかどうして此処に来たんだ?」
    彩夏「何か救済して欲しい人を探すためだってさー」
    麻美「なるほどー」 -- マギバスターズ
  • 円「テヒヒッ、今日も救済だよ!」
    火村(眼鏡)「でも今は・・・静かな時の流れですね」
    麻美「それじゃ何処を探すー?」
    彩夏「無難に人の多い場所で良いんじゃない?」
    京子「そこなら何か盗めそうだからな」 -- マギバスターズ
  • 円「それじゃ早速行ってみよっか!(矢から飛び降りる)」
    火村(眼鏡)「そう・・・しましょう!(バズーカから飛び降(ry)」
    彩夏「確か、近くに街があった筈よ(剣から飛(ry)」
    京子「その街ってのはどの方角にあるんだ?(槍から(ry」
    麻美「そうだねー・・・(マスケット銃k(ry)」 -- マギバスターズ
  • 円「確か向こうの方だったと思うよ(西の方向を指差す)」
    火村(眼鏡)「あの方向に・・・あるんですね?」
    麻美「んじゃレッツゴー!(指差した方に歩き出す)」
    彩夏「あっ待ってよ!(麻美について行く)」
    京子「さて、どうなることやら(同上)」 -- マギバスターズ
  • 円「さて、私達も行こっか!(ついて行く)」
    火村「はい!(同上)」
    麻美「そういえば質問なんだけどさー」
    彩夏「ん?何よ」
    麻美「円が最初に救済した人って誰なのー?」
    京子「・・・アタシはそれを知ってる・・・それは」 -- マギバスターズ
  • 麻美「それは・・・?」
    京子「それは・・・アタシなんだ!」
    彩夏「なーんだ、京子かー・・・って、えーっ!?」
    火村(眼鏡)「そ、それは・・・本当なんですか!?」
    円「京子の言ってる事は正しいよ?私が救済の神様になって初めて救済した人が・・・京子だったの」
    火村(眼鏡)「ちょっと待ってください、「救済の神様になって」って一体どういう事ですか?」
    -- マギバスターズ
  • 円「・・・実は私ね、元人間だったの。みんなに秘密にしてごめんね?」
    彩夏「いえいえ、別にいいのよ」
    火村(眼鏡)「元人間・・・ですか、私と同じきょうg・・・いえ、何でもありません」
    麻美「円が元人間だなんて意外だなー」
    京子「で、どういう経路で救済の神になったんだ?」 -- マギバスターズ
  • 円「えっとね・・・私は生前、人助けを進んで行ってたんだよ。
    とは言っても簡単な事ばっかりだけどね。
    でもそんなある日・・・ある事件で私の運命は大きく変わったの」
    麻美「そのある事件とはー?」
    円「横断歩道に猫が歩いていたんだけど・・・そこにトラックが走ってきたの。
    このままでは猫が轢かれてしまう・・・そこて私は・・・」
    彩夏「そこてどうしたの?」
    円「猫を助けるべく横断歩道に飛び込んだの。そして私は猫を庇い・・・」
    京子「・・・まさか」
    円「・・・猫は助かったけど、私は・・・命を落としちゃった。
    そして目覚めたら、そこは見慣れない所だったの」
    火村(眼鏡)「そこで何が起こったのですか?」
    円「そこには・・・一人の神様が居たの。そして私を見つけるなり、こう言ってきたの
    「お主は救済の神様になるのに相応しい」と」 -- マギバスターズ
  • 麻美「えーっ、神様に選ばれたの!?」
    円「うん・・・そして私は授かったの。救済の力を、光の力を。
    ついでに神様の証である白き翼も授かったの。」
    火村(眼鏡)「あの白い翼は神様の証だったんですね・・・」
    円「そして神様は言ったの「現世に帰り、全ての命を救済するがいい」と。
    その後私は・・・病院で目覚めたの」 -- マギバスターズ
  • 円「どうやら現世(こっち)では一命をとりとめた事になってたらしいの
    何故だか知らないけど傷も治ってたんだよ」
    彩夏「へぇー・・・不思議ね」
    円「数日後、私ははじめての救済に向かったんだけど・・・そこで会ったのが」
    京子「アタシって訳さ。あの頃のアタシは誰彼構わず盗みを働いていたっけな」 -- マギバスターズ
  • 円「そして私は始めての救済として京子を救済することにしたんだけど・・・」
    京子「あの頃の円はまだ戦闘に慣れてなかったんだよな・・・
    弓を出したと思ったらアタシに向かってブンブン振ってきたりと」
    円「京子は強かったよ・・・分身してきたりと。でも私は諦めずに立ち向かったの」
    京子「だが途中で光の矢を出す方法を見つけ出されてからは、円に圧倒されたんだ」
    円「そして救済の光で京子の悪しき心を浄化したんだよ」
    麻美「そしてどーなったの?」
    京子「悪しき心を浄化されたアタシは、円について行くことにしたんだ。その時に円にこう言われたんだ」
    円「盗みをするなら正義の為の盗みをしたら?強き者から盗みを働き、弱き者に施すという盗みを」
    京子「その言葉がきっかけでアタシは正義の為の盗みを始めたんだ」
    火村(眼鏡)「そうだったんですか・・・あっ、街が見えてきましたよ」 -- マギバスターズ
  • ?????「ハッハハハ!!次に狩られたいのはどいつだ!」
    一般人「もうダメだ、おしまいだぁ…」
    一般人「殺される…皆殺される…奴は伝説の首無騎士なんだぁ…!」
    百流デュエリスト「おま、この俺は!?」
    ゾンビビ「ショウジキナイワー」
    (街ではゾンビたち(屍生人にあらず)や負け犬百流デュエリスト、馬に乗った赤い首無しの騎士が暴れている) -- 街にて
  • (暫く歩き、マギバスターズ一行は街の入り口に着いた)
    麻美「よーし、到着ねー!」
    彩夏「・・・待って、何か街の様子がおかしい(街の様子を見ている)」
    京子「ブックス!?誰かに襲われてるじゃねぇか!」
    円「火村、準備はいい?街の上空に移動するよ!」
    火村(眼鏡)「分かりました・・・空間跳躍!(他の4人と共に、街の上空に瞬間移動する)」 -- マギバスターズ
  • ?????「次は貴様だ!ソウルスティール!!」
    ヘタレ王子本人「どぉわぁー!?(0/1920)」
    百流デュエリスト「畜生め…俺の扱いをお笑い芸人にするんなら、全部ぶっ壊してやるぜー!
    俺はパワーダーツシューターでビルを攻撃!」
    巻き添えのシャモ「うわああぁぁぁ…」
    (空間跳躍したマギバスターズに気付かず破壊を続ける。
    ちなみに街の人じゃなくて外野ばかりが被害を被っているので一般人の被害者は少ない模様) -- 百流と一流
  • 円「待ちなさい!」
    (5人が空中からそれぞれマスケット銃、バズーカ、光の矢、剣、槍をビルの屋上に向かって投げる。
    そして5人がそれぞれの武器の上に立つ。
    ポコピー?知らない子ですね)
    麻美「すたっと(マスケット銃の上に立つ)」
    火村(眼鏡)「わわわっ、っと(バズーカの上に立つ)」
    円「よっとー(光の矢の上に立つ)」
    彩夏「っと(剣の上に立つ)」
    京子「せいやっ(槍の上に立つ)」 -- マギバスターズ
  • 百流デュエリスト「あ?誰だてめぇらは・・・」
    ?????「貴様らが次に狩られたい奴か?わざわざやってくるとはご苦労。」
    (やっと気付きマギバスターズの方へ向く。卑劣な負け犬百流デュエリストの隣には橙色のロボみたいなのが並び立つ)
    日留女「ほほう、面白いことになってるねぇ・・・(見えない位置で空中に逆さで座っている)」 -- 百流と一流
  • 京子「一つ、非道な悪しき心を憎み!」
    彩夏「二つ、不思議な出来事を追って!」
    火村(眼鏡)「み・・・三つ、未知の力で調査!」
    麻美「四つ、よからぬ地球の悪を!」
    円「五つ、一気にスピード浄化!」
    (某特捜戦隊みたいな名乗りを行った後・・・)
    円「救済の神様・昼斗円!(ポーズをとる)」
    火村(眼鏡)「じ、時空の悪魔・・・鎖反火村っ!(同上)」
    麻美「愉快なデュラハン・出由良麻美ー!(同上)」
    彩夏「血濡れの人魚・聖恋彩夏!(同上)」
    京子「疾手の義賊・遊来京子!(同上)」
    五人「我ら、マギバスターズ!」 -- マギバスターズ
  • ?????→デュラハン「オレは首無騎士デュラハン!魔皇トカイの命でこの地で魂を狩る!」
    百流デュエリスト→沢渡「この流れは俺も自己紹介しなきゃダメなのか・・・?
    俺はLDS所属の沢渡シンゴ…いや、トカイからペンデュラムカードを受け取った今、むしろネオ沢渡と呼んでくれ!ネオ?」
    ゾンビビ×いっぱい「ギャラクシーアイズフォトンドラゴン!」
    沢渡「ふざけるなテメェら!」
    外野ちゅわぁ~ん「おい、タキオンはどうしたタキオンは!」
    日留女「ふ~む、五対二はちょい厳しいね…一人は退場してもらったほうが面白いかな
    (そう言うと地上に降りてくる)」 -- 百流と一流
  • 麻美「それじゃ私と火村は・・・あいつを(デュラハンを見て)」
    火村(眼鏡)「あの方ですね・・・分かりました!」
    彩夏「エクスデス!」←
    京子「ちょっ彩夏!?・・・まあいい、アタシと彩夏はこいつ(ネオ・・・沢渡さん!)を相手するか」
    円「それじゃゾンビビ達は私に任せて!」 -- マギバスターズ
  • ゾンビビたち「えっ」
    日留女「ならいいかー(再び空中へ)」
    デュラハン「ふん、貴様らの力など恐るるに足らず!狩り尽くしてくれる!(鎌を構える)」
    沢渡「ははは、二人でこのネオ沢渡を倒せると思うな!俺のターン!
    俺はスケール2のフーコーの魔砲石とスケール9のアヌビスでペンデュラムスケールをセッティング!
    ペンデュラム召喚!!ロケット・ダーツ・シューター!アルティメット・ダーツ・シューター!」
    (沢渡ンゴの周りに赤色のロボと青色のロボが出現する) -- 百流と一流
  • やってるねぇ…祭りだ祭りだ!おい、そこのデュエリスト(沢渡のこと)!
    手を貸すぜ!…って言っても俺はバトスピプレイヤーだけどね。 -- ヒュヴァーズ
  • 麻美「さーて、行きますかっと(マスケット銃を装備し、足場のマスケット銃から飛び降りてそれを装備)」
    火村(眼鏡)「はいっ!(足場のバズーカから飛び降り、それを装備)」
    彩夏「貴方に敗北の旋律を刻んであげる!(足場の剣から飛び降り、それを装備する)」
    京子「いいモン盗ませてもらうぜ!(足場の槍から飛び降り、それを装備)」
    円「テヒヒッ、救済される覚悟はいい?(弓を装備し光の矢から飛び降り、その光の矢を持つ)」 -- マギバスターズ
  • 俺のターン!トルーパーモービル二体ををレベル2、ムゲンドラをレベル3で召喚!(ヒュヴァーズの周りにスカーフを巻いた小さめのドラゴンと二機の人型ロボットが出現する) -- ヒュヴァーズ
  • 日留女「んま、このまま観戦させてもらおうかな。」
    デュラハン「行くぞぉ!(突進し麻美の首を刎ねにかかる。尚設定上・・・)」
    沢渡「バトスピだぁ?知りませ~んwww
    カードをセットしてっと・・・まず盗人ども!お前らにくれてやるカードは無い!
    パワ・ダーツ・シューター!ロケット・ダーツ・シューター!」
    (橙色が彩夏にダーツを連射、赤色が京子に高速のダーツを放つ) -- 百流と一流
  • まぁ、知らなくても良いけどさ!バーストセット!
    ミサイルモービルをレベル3で召喚し、そのままアタック!
    (ヒュヴァーズの周りに両肩がミサイルランチャーになったスノーモービルのような脚部のロボットが出現し、そのままミサイルで京子に攻撃) -- ヒュヴァーズ
  • 麻美「えっ、きゃーーーっ!・・・なーんてねッ!(首を浮かせ、そのままマスケット銃でデュラハンを撃つ)」
    火村(眼鏡)「撃ちます・・・ふぁいあっ!(バズーカでデュラハンを撃つ)」
    彩夏「だーかーらー、私は盗人じゃないって!水流のレクイエム!(大量の剣を飛ばして迎撃)」
    京子「二対二か・・・だがアタシは手数に自信がある方でな!分身でブロック!(ダーツをジャンプで避けた後4人に分身し、赤色とミサイルにそれぞれ二人ずつ槍を投げる)」
    円「テヒヒッ、いっくよー!(そのまま弓で光の矢をゾンビビ軍団に放つ)」 -- マギバスターズ
  • ちっ!(ミサイルモービル破壊) -- ヒュヴァーズ
  • ゾンビビ8分の一「ゑゑ!?(再起不能)」
    ゾンビビ「やろう、ぶっころしてやる(数で襲い掛かる)」
    デュラハン「何ィ!?貴様、俺と同じアンデッドだったか!(9000/11000)
    その様子だとトカイ様の存在すら知らないと見た・・・
    愚か者め、罰を受けるがいい!(自分の首をかざすと麻美の体から光の球体が飛び出す。回収しないと回避不可の攻撃が来る)」
    ロケット(4500/5500)
    沢渡「テメェ、計算外のことを・・・ドロー!チッ、今コイツは出す時じゃねぇな・・・
    アルティメット・ダーツ・シューター!パワ・ダーツ・シューター!ロケット・ダーツ・シューター!」
    (京子を分身ごと集中射撃) -- 百流と一流
  • トルーパーモービル二体でアタック!(彩夏を集中攻撃) -- ヒュヴァーズ
  • 円「この弓は近接武器にもなるんだよ!えいっ!(弓での回転斬りでゾンビビ達を攻撃)」
    麻美「へへーん、っと、何かしでかすようねー・・・火村、任せたよー!」
    火村(眼鏡)「はい!時間よ、止まってください!(時を止め、球体を回収する)
    そして・・・たあっ!(ベレッタM92FSでデュラハンの体に向けて5発発砲後、時止め解除)」
    彩夏「くっ・・・ライフで受けるしか・・・がぁっ!(7180/8380)
    私のアタック!激流のソナタ!(高速移動しつつヒュヴァーズに連続で斬りかかる)」
    京子「分身ごと攻撃か・・・くっ(素早く移動して回避、分身は消滅)
    これならどうだっ!(多根槍を呼び出し、橙色と赤色を鞭のように叩く)」 -- マギバスターズ
  • ぬぉっと!(3200/4000)
    …バースト発動!英雄龍ロード・ドラゴンをレベル3で召喚!
    ついでに流星の剣聖シューティングスターをレベル3で召喚し、召喚時効果でソードブレイヴ「太陽剣カーディナル・サン」を直接合体(※合体と書いて「ブレイヴ」と呼びます)で召喚!
    さらにもう一枚「炎月剣スカーレット・ムーン」を召喚し、特殊効果で流星の剣聖シューティングスターに合体!
    (刀を持ったドラゴンと二対の剣を持ったドラゴンがヒュヴァーズの前に現れる) -- ヒュヴァーズ
  • ゾンビビ「アカン(80/100 これは残り数の割合)」
    ゾンビビ「一体どうやって戦えばいいんだ・・・(戦意喪失中)」
    デュラハン「ぬうっ!(8500/11000)
    まだまだ行くぞォ!(麻美に突進で攻撃。馬に乗っているのでヤバイ)」
    パワー(3500/5000)
    ロケット(3000/5500)
    沢渡「ぐっ・・・やりやがったな・・・
    パワ・ダーツ・シューターとロケット・ダーツ・シューターの効果発動!
    こいつらをリリースしアルティメット・ダーツ・シューターの攻撃力をアップ!さらに貫通能力を与える!
    アルティメットフルシュート!!」
    (威力の高い無数のダーツが二人に襲い掛かる) -- 百流と一流
  • 円「テヒヒッ、レインアロー!(上空に光の矢を放ち、それを分裂させてゾンビビ達に降り注がせる)」
    麻美「でゅらっ!?(横に飛び込んで何とか避ける)」
    火村(眼鏡)「麻美さん!えっと・・・これっ!(RPG-7を呼び出す)」
    彩夏「うわぁー、一気にデカいのが二体も・・・(二体のドラゴンを見て)
    京子!行くわよ!(京子の所へ行く)」
    京子「おう!(多節槍をしまい、巨大な槍を呼び出し彩夏と一緒に持つ)」
    二人「大いなる悲槍!(そのまま巨大な槍を降り、巨大な水の衝撃波を起こしてダーツを迎撃)」 -- マギバスターズ
  • 英雄龍ロード・ドラゴンと流星の剣聖シューティングスターでアタック!
    (英雄龍ロード・ドラゴンが京子へ突進、流星の剣聖シューティングスターが彩夏へ突進) -- ヒュヴァーズ
  • デュラハン「させるものかァ!(走りながら鎌でRPGごと火村を攻撃)」
    沢渡「えーっと、貫通は防御のみ適応されるって話だから・・・迎撃された!ちくせう!
    もう一度バトルだ!行け!アルティメットフルシュート!」
    (同じ攻撃を再び放つ。弾数が少し減っている) -- 百流と一流
  • 円「続いてー・・・ホーリーアロー!(光の矢を5発同時にゾンビビに放つ)」
    火村(眼鏡)「あっ・・きゃあっ!(直撃、RPG-7を落とす)(10000/12000)」
    麻美「火村!こーなったら火村の眼鏡をっと(火村の眼鏡を外す)」
    火村「・・・よくもやってくれたわね、観念しない時の流れよ(時限爆弾を持つ)」
    彩夏&京子「せいやっ!(そのまま巨大槍を沢渡に向けて投げる、その軌道に水の管が出来る)」
    彩夏「よしっ、水中は私の庭よ!人魚変化!(脚を人魚に変化させ、水の管を高速移動してダーツとシューティングスターの攻撃を回避する。
    そして水の管を移動して沢渡へと迫る)」
    京子「やばっ、隙を見せた・・・ライフで受ける!ぐあっ・・!(両方とも直撃)(2000/5000)」 -- マギバスターズ
  • ゾンビビ「勝利の方程式が見つからない(60/100)」
    ゾンビビ「軟骨がうめぇんだよ(ry(一部が腕をポイ捨てし身軽になって噛み付きにかかる)」
    デュラハン「ようやく本気になったようだな・・・これは・・・こう使うか!
    (RPG-7を拾い、火村に発射)」
    沢渡「何ィ!?うっうわぁー!
    なーんて、言うとでも思った?ペンデュラム召喚!ライトニング・ボード!
    そしてライトニング・ボードをリリース!現れろ、雷帝ザボルグ!
    ザボルグの効果発動!アドバンス召喚に成功した時、フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する!デス・サンダー!」
    (白色の巨人が出現、槍を雷で撃ち落とし、その雷は水を伝い彩夏へ向かう) -- 百流と一流
  • 円「無駄だよっ!(弓で受け止め、そのまま蹴飛ばす)
    バインドアロー!(撃つと伸びる矢を放ち、ゾンビビ達を拘束する)」
    火村「人の武器を勝手に・・・やる事が汚いわッ!
    (時を止め、回避した後にデュラハンの馬の下に時限爆弾(残り5秒)を設置。そして距離を離して時止め解除)」
    麻美「そして私は支援っと(マスケット銃を周囲に展開する)」
    彩夏「逆手に取られた・・ッ!シビビビビビ(感電する)(4680/8380)
    でもあんたの所までは・・・行かせてもらうよッ!(水の管を移動し、沢渡の所へ移動する)
    人間変化!そして突貫のノクターン!(脚を人間に戻し、水の管から出た勢いで沢渡の心臓に向けて剣を持って突撃)」
    京子「さーて、どデカい奴をかましてやるかっ(槍を呼び出し)
    スピア・ザ・ゲイボルグ!(槍を空中に投げて30の槍に分裂させ、赤色と橙色に降り注がせる)」 -- マギバスターズ
  • さぁって、コイツらの出番だ!
    アルティメット・ジークフリードとアルティメット・オーディーンをレベル5で召喚!
    (すべてを焼き尽くす紅蓮の炎を纏った赤いドラゴンとすべてを凍りつくす白銀の風を纏った白いロボットが現れる) -- ヒュヴァーズ
  • ゾンビビ「おま(55/100)(ほとんどがあっさり捕らえられる)」
    デュラハン「フン、如何なる手段を使って勝利する、それが真の戦闘だ!
    …ぬ、これは…!おおぉ!(7000/11000)」
    沢渡「うおおぉぉ!?ろ、ロケット・ダーツ・シューター!(赤に突貫のノクターンを防御させる)」
    パワー(500/5000)
    ロケット(0/5500)
    沢渡「あっ…うわぁー!(2500/8000)」
    (赤色が撃破されそのHP分のダメージを負う) -- 百流と一流
  • 円「まだまだ行っちゃうよ!スプレッドアロー!(撃つと大量の矢に分裂する矢を、ゾンビビに放つ)」
    麻美「追撃行っちゃうよ!デュラ・フィナーレ(全弾発射)!(大量のマスケット銃で、デュラハン目掛けて一斉に発射する)」
    火村「所謂勝てばよかろうなのだァァァ!思考ね・・・ふふっ(何やら腕を組んで膝を曲げるポーズをとる)」
    京子「終わりだよッ!(槍を持って5人に分身し、一斉に沢渡に突撃)」
    彩夏「何あれ・・・強そう(2体のアルティメットを見る)
    私もっ!渦潮のロンド!(水を纏った回転斬りを沢渡に放つ)」 -- マギバスターズ
  • ゾンビビ「あーやっぱり駄目だったー!(5/100)」
    デュラハン「調子に乗るなァァ!!(鎌で一部弾き飛ばす)(4500/11000)」
    沢渡「う、うおおお!アルティメット・ダーツ・シューター!雷帝ザボルグゥゥ!」
    (青色が沢渡の身代わりになり、彩夏は巨人、ザボルグが雷で撃ち落とす)
    アルティメット(3000/7000) -- 百流と一流
  • 円「これで終わりにしちゃうね!えーいっ!(残りのゾンビビに向かって光の矢を放つ)」
    火村「さぁ、かかって来なさい(腕を組んで膝を曲げるポーズをしている)」
    麻美「それじゃ私は今のうちにー(自身の首を浮かせ、マスケット銃を両手で持つ)」
    彩夏「くーっ・・・京子!(後ろジャンプして避け、京子の背後に剣を投げて地面に突き刺す)
    そしてそのまま・・・(空中で剣を装備し、剣に巨大な水の刀身を生成する)」
    京子「おっ、サンキュっ(バック宙で剣の上に乗る)
    早速・・・オララララッ!(多節槍を呼び出し、リボンのように自身の周囲で回転させて青色と橙色を攻撃する)」 -- マギバスターズ
  • ゾンビビ「だめぽ(0/100)(全滅しました)」
    デュラハン「(奴(火村)は一見隙だらけだが、そういうことをしている奴はカウンターをしてくるのが定石…)
    貴様だ!お主の魂、頂戴する!(霊魂を鎌に纏わせ麻美の胴体に切りかかる。食らうと高い確率で即死)」
    アルティメット(1000/7000)
    パワー(0/5000)
    沢渡「嘘嘘、ウッソーン!?(0/8000)
    (橙が撃破され、そのHP分のダメージを受けしめやかに爆殺四散!)」 -- 百流と一流
  • 円「ふぅ・・・これでゾンビビ軍団は片付いたね」
    麻美「デュラ・フィn・・・きゃあっ!?(咄嗟に避け)火村ー、何しようとしてるか分からないけど身代わり頼むよー!(火村の後ろに隠れる)」
    火村「ったく、仕方ないわね・・・(ポーズを続けている)」
    彩夏「残るはアイツだけ・・・ハイドロスプラッシュカリバァァァァッ!(そのまま青色を斬る)」
    京子「今度こそ終わりだよッ!(多節槍の節を繋げ、そのままジャンプして青色に突撃)」 -- マギバスターズ
  • (青色は沢渡が負け犬になったのに呼応して倒れ、攻撃が当たる前に自壊した)
    デュラハン「ぬぅ、気がつけば乱入を除けばオレ1人か…これは流石に不味いな。」
    ????(???)「フン、貧弱貧弱ゥ。戦力的にはほぼ同じなのにこの様とは実に笑えるなァデュラハン
    最も、そこのネオ沢渡がそれを超えてかなり大爆笑なわけだが」
    (ビルの上から日傘をさした子安声の男が出現する) -- 負け犬百流デュエリスト!
  • 円「よし、これであと一人!救済の準備っと」
    火村「うん?誰かが来たようね(????を見る)」
    麻美「およよー?(首を元に戻す)」
    彩夏「ふぅ・・・終了っと」
    京子「いや、そうでもないぞ(????を見る)」 -- マギバスターズ
  • まだ終わってねぇぞ!
    アルティメット・ジークフリードとアルティメット・オーディンでアタック!
    (アルティメット・ジークフリードの口から火炎が放たれ、アルティメット・オーディンの胸の砲身からエネルギー弾が放たれ、その二つはまっすぐ彩夏と京子へ突き進む) -- ヒュヴァーズ
  • デュラハン「貴様は…シャモの爺か!日光の下へは出れないのでは無かったのか?」
    ????(???)→爺ちゃん(ディオ)「世の中には日焼け止めという人類の叡智の結晶があってだなァ…
    まぁそんなことより、目的は達成したんだろうな?」
    デュラハン「竜のタマゴだな。オークション経由でここに流れたようだが処理したわ」
    爺ちゃん(ディオ)「ならばもはやここにいる必要無し。
    トカイの奴が呼んでいるぞ。わしとしてはヒュヴァースもいるし、やっと来た出番故もっと続けたいがなぁ…」
    (そう言うと冷気を纏い始める) -- 負け犬百流デュエリスト!
  • 円「どうやら救済はお預けのようだねー・・・」
    火村「竜のタマゴ・・・?何のことよ」
    麻美「ねどうやらあいつら、トカイって奴が親玉らしいわねー」
    彩夏「くっ、油断してたっ・・・!うわあっ!(1380/8380)」
    京子「あっ・・・しまッ・・・ぐぁーーーっ!(派手に吹っ飛ぶ)(0/5000)」 -- マギバスターズ
  • 更にだ!トルーパーモービル二体でアタック!
    (トルーパーモービルの左腕に装備された火器で彩夏を攻撃) -- ヒュヴァーズ
  • 爺ちゃん(ディオ)「何、他の陣営ならともかく俺やトカイにとってドラゴンは邪魔なだけなんでな。
    孵化する前にとっとと処理した、というわけだ。どのドラゴンを処理したかは想像に任せるぞ。
    ああ、1ついい忘れがあった。このわしはトカイの部下ではない。協力しているだけに過ぎん。」
    (そう言っているうちに、爺ちゃん(ディオ)の足元が凍り始める)
    デュラハン「おい、起きろ」
    沢渡「むにゃむにゃ…うーんおいちい…」 -- 負け犬百流デュエリスト!
  • 円「あっ!京子ーっ!大丈夫!?」
    京子「あぁ、何とか・・・大丈夫・・・だ」
    火村「さーて、私も加わるとするかしら・・・ブロック!(MP40を呼び出し、トルーパーモービルに撃つ)」
    麻美「そうなんだー・・・ん?何だかあいつの足元が凍り始めたよー?」
    彩夏「私もブロック!はあっ!(剣で一閃して迎撃)」 -- マギバスターズ
  • マジック「ネオ・フレイムテンペスト」発動!肉まで焼けろぉ!
    (マギバスターズ全員の足元から突如火山の噴火のように火炎が吹き上がる) -- ヒュヴァーズ
  • 爺ちゃん(ディオ)「では俺達はお先に失礼する。『氷河時代(アイスエイジ)』!!
    (周りのビル全てが凍りつき、凍結の波がマギバスターズに襲い掛かる。火炎を回避したら襲われる仕組み)
    Goodbye☆MagiBusters!」
    デュラハン「フッ…、首がつながったようだな。しかし、これで勝ったと思うなよ!」
    沢渡「めろんおいちい」
    (駄目駄目状態の沢渡をデュラハンが馬に乗せ、氷に紛れて退場する) -- 負け犬百流デュエリスト!
  • 麻美「ぎゃーっ!何か凄くヤバいよーっ!」
    火村「例え火炎を避けても・・・氷に襲われる!」
    彩夏「私に任せて!(右手に剣を、指揮棒のように持つ)
    奏でましょう、大海の守りの旋律を!(彩夏が剣を指揮棒のように振ると、マギバスターズ全員を足元まで包むように水のバリアが張られる)」
    円「私も負けてられないよ!ホーリーシールド!(水のバリアの中に更に聖なるバリアを張る)」
    京子「・・・・・・」 -- マギバスターズ
  • 水のバリアごと周りを凍てつかせる。
    聖なるバリアには全く届かない。
    (分厚い氷の中に)閉じ込められた! -- 氷河時代
  • 麻美「ぎゃー!閉じ込められたー!火村、あの技を!」
    火村「はいはい・・・空間跳躍!(4人と共に炎の範囲外に瞬間移動する)
    さて、私はっと(再び腕を組んで膝を曲げるポーズをする)」
    円「ふぅ・・・何とかしのげたみたいだね(聖なるバリアを解除)」
    京子「・・・・・(チーン)」
    彩夏「続いて奏でますはー・・・津波のセレナーデ!(指揮棒のように剣を振ってから前に突き出すと、津波が発生する。津波はヒュヴァーズを襲う)」 -- マギバスターズ
  • はい、防波壁代わりのマジック「サイレントウォール」!
    (ヒュヴァーズの目の前に光の壁が出現し、津波を打ち消す) -- ヒュヴァーズ
  • 火村「ふふっ、かかって来なさい(ポーズを続けたままヒュヴァーズを挑発する)」
    麻美「さてっと(マスケット銃を両手に持ち、自身の周囲の地面にマスケット銃を10個呼び出す)」
    彩夏「水流のレクイエム・第2楽章!(剣を指揮棒代わりに振り、ヒュヴァーズに向け、追尾する大量の剣を放つ)」
    円「私はっと・・・(弓を持つ)」
    京子「・・・・・」 -- マギバスターズ
  • はいはい、マジック「サンダーウォール」発動!
    (雷の壁が追尾剣をすべてはじき落とす) -- ヒュヴァーズ
  • 麻美「はいはい地砕き地砕き、みたいに言いやがってー!」←
    円「何なのそれ」
    彩夏「うへぇー・・・防がれちゃうか(剣を指揮棒みたいに振っている)」
    火村「ふふっ(ポーズを維持したまま誘っている)」 -- マギバスターズ
  • そろそろ終わらすとするか…来い!アルティメット・スルト!アルティメット・アスク!アルティメットキャノン・ベル!
    (所々金色の装甲が取り付けられた3機の人型ロボットがヒュヴァーズの周囲に現れる) -- ヒュヴァーズ
  • 円「こうなったら私も!(光の矢を生成する)」
    麻美「体が軽い!こんな愉快な気持ちで戦ったの久しぶり!
    デュラ・フィナーレ(舞踏)!(踊るようにマスケット銃12個(手持ち2個+地面の10個)をスピリット達に乱射)」
    彩夏「なら、接近戦するしかないねっ!(両手に剣を装備する)」
    火村「Come on!(ポーズを続けたまま手招き)」 -- マギバスターズ
  • 全スピリット、アルティメット一斉攻撃!盛大にぶちかませ!
    (二体のトルーパーモービルが機銃を彩夏を釘付けするかのように発射し、アルティメットキャノン・ベルの火砲が麻美とマスケットに向けて火を噴き、流星の剣聖シューティングスターと英雄龍ロード・ドラゴンが彩夏へ突進し、アルティメット・スルトとアルティメット・アスクが火村へ突撃、そしてアルティメット・ジークフリードとアルティメット・オーディン、ムゲンドラが円へ突撃する) -- ヒュヴァーズ
  • 火村「かかった・・・ッ!完全なる悪魔(パーフェクト・デビル)!(攻撃が命中する寸前に時を止め、アスクとスル斗の周囲にピンを抜いた手榴弾を多数設置。そしてアスクとスルトの背後に移動し背を向けて時止め解除)」
    麻美「よしっ(舞踏を止め)私も行っちゃうよ!(巨大マスケット銃を呼び出して両手で持ち)
    デュラ・フィナーレ(大型砲)!(そのままキャノン・ベルに向かって撃つ)」
    円「はぁぁぁぁ・・・(光の力を溜め)
    シューティングスターアロー!(上空に光の矢を撃つと光の矢が流星群の如く、円に突撃する3体のスピリットに降り注ぐ)」
    彩夏「フィナーレと行きましょうか!(二つの剣に水の刀身を生成し)
    サルガッソーの悪夢!(そのまま回転し、自身の周囲に渦潮を発生させる。
    そのまま銃弾を弾いて二体のドラゴンに突撃)」 -- マギバスターズ
  • アルティメットに小細工は…野暮ってモンだぜ?
    (アルティメット・スルトが手にした火器で手榴弾をすべて無力化し、アルティメット・アスクが背を向けている火村を逆手に持ったブレードで突き刺し、アルティメット・ジークフリードとアルティメット・オーディンがその身を盾にして降り注ぐ矢を防ぎ、アルティメットキャノン・ベルが麻美が持つ巨大マスケットの銃口に向けて砲撃し、流星の剣聖シューティングスターと英雄龍ロード・ドラゴンが渦巻きごと彩夏を斬り、ムゲンドラが円の腕に噛み付く) -- ヒュヴァーズ
  • 円「いったーい!(噛みつかれる)(37810/39310)えいっ!(弓で何とか払い)
    火村、協力技行こうよ!(白き翼を生やして空中へ飛び、弓を構えて光の矢に光の力を込める)」
    火村「何っ・・・きゃあっ!(直撃)(8000/12000)
    分かったわ!(黒き翼を生やし空中へと飛び、闇の力で巨大キャノン砲を生成)」
    麻美「うわっ!ならこっちも!(巨大マスケット銃を再び撃ち砲弾を迎撃)」
    彩夏「負けてたまるかぁぁぁぁ!(技を止め、両手の剣に巨大な水の刀身を生成し) ツインスプラッシュカリバァァァッ!(そのまま二体のドラゴンを斬って迎撃する)」 -- マギバスターズ
  • なかなかやるねぇ…だが、アルティメットの真の力って奴を見せてやる。
    (アルティメット・ジークフリードから放たれたすべてを焼き尽くす火炎は円を焼き、アルティメット・オーディーンから放たれるすべてを凍らせるほどのエネルギーが火村を凍結させ、流星の剣聖シューティングスターが彩夏の攻撃を手にした二対のソードブレイヴで防ぎ、その隙を英雄龍ロード・ドラゴンが彩夏を切り、アルティメットキャノン・ベル、アルティメット・スルト、アルティメット・アスクが絶妙なコンビネーションで麻美を攻撃) -- ヒュヴァーズ
  • 円&火村「「カオス・ラグナロク・シューティング!(火村がラグナロクバレットを放った後に円がスプレッドアローを放つ。
    闇の砲弾と多数の光の矢が合わさって巨大な混沌の矢となり二体のアルティメットに攻撃を迎撃しつつ襲いかかる)」」
    麻美「あわわ・・・ぎゃー(3500/7000)」
    彩夏「これで・・・閉幕ね・・・わぁーーっ!(吹っ飛ぶ)(0/8380)」 -- マギバスターズ
  • ほうほう…だが、まだ足りんな!アルティメット・ジークフリードの特殊能力、「真・覚醒」発動!
    (アルティメット・ジークフリードの体が黄金に光り輝き、放たれた火炎弾はカオス・ラグナロク・シューティングを打ち消し、そのままマギバスターズへ襲い掛かる) -- ヒュヴァーズ
  • 麻美「デュラ・フィナーレ(全弾発射)!(大量のマスケット銃を呼び出し、火球に向けて一斉に撃って迎撃)」
    円&火村「「カオスアロー!(火村が闇の弓を生成。そして二人同時に光の矢と闇の矢を放ち、ジークフリードを攻撃する)」」 -- マギバスターズ
  • さてと、いつまでもスピリットやアルティメットばかり働かせるのも癪だな、俺も動くとしますか…
    だが、まずは!
    (アルティメット・オーディーンとアルティメット・スルトで円&火村を攻撃) -- ヒュヴァーズ
  • 円「きゃあっ!(直撃)(33810/39310)
    でも負けないよ!ホーリーアロー!(光の矢を同時に5発放ってスルトを攻撃)」
    火村「があっ・・・(直撃)(5000/12000)
    ちっ・・・少しキツいわね、早く決着をつけないと・・・!(力を溜める動作を見せた後・・・)
    時間よ・・・その歩みを止めよッ!(腕と翼を広げ、オーディーンとスルトの時を止める)」
    麻美「おーっ、火村の時間停止だー!」 -- マギバスターズ
  • で、それが何か?(クラッシュカノーネに内蔵された無反動砲で火村の腕と翼を砲撃) -- ヒュヴァーズ
  • 円「危ない!ホーリーシールド!(咄嗟に自身と火村の周囲に聖なるバリアを張る)」
    火村「何とか助かったわ・・・ありがとう(バリアに守られる)」
    麻美「はわわ・・・このままじゃヤバいよー!」 -- マギバスターズ
  • 円「此処は不利と見たよ・・・まあやるべき事はやったし、此処は退きましょ!(地上に降り、彩夏を抱える」
    麻美「了解ー。火村ー!(京子を抱える)」
    火村「任せられたわ(地上に降り)空間跳躍!(町から離れた所へ瞬間移動する)」 -- マギバスターズ
  • あーら逃げやがった…まぁいいや、勝ちは勝ちだ。 -- ヒュヴァーズ
  • 円「ふぅ・・・早速回復にとりかからなくちゃ(彩夏を降ろし、祈るようなポーズをとる)」
    火村「しかし、トカイって一体何者かしら・・・(京子を降ろす」
    麻美「あいつらのボスというのは間違いないけどね」
    彩夏&京子「・・・・・(気絶中)」 -- マギバスターズ
  • 円「・・・聖なる祈り!(5人の足元から回復効果のある光が出現する)(39310/39310)
    火村「癒されるわね、ありがと(8000/12000)」
    麻美「おー、体力が回復するー(6500/7000)」
    京子「・・・うーん(3000/5000)」
    彩夏「・・・っと(3000/8380)」 -- マギバスターズ
  • 円「・・・これでよしっと」
    彩夏「よっと・・・(立ち上がる)」
    京子「ふぃー・・・生き返ったー・・・(同上)」
    火村「それにしても、お腹空いたわね・・・何か食べたい時のなg」
    麻美「ほいっと(火村に眼鏡をかける)」
    火村(眼鏡)「・・・時の流れですね」
    麻美「そうねー、私も運動してお腹空いちゃったー」
    円「それじゃ前やったアレでケーキを作ろっか!」
    火村(眼鏡)「えっ、アレですか?」
    彩夏「とある魔法少女五人組がやったというアレを?」
    京子「アレをまたやるのか?前やった時は・・・」
    麻美「でも今回はきっと美味しいケーキが出来るよ!」 -- マギバスターズ
  • 円「それじゃ、行くよ!確かこうやって・・・
    (弓を呼び出し光の矢を真上に放ち、5本に分裂させて五角形状に地面に刺さらせる)
    ほいっと(そして光の矢の上に立つ)」
    火村(眼鏡)「わっ、とと(光の矢の上に立つ)」
    麻美「わくわく(同上)」
    彩夏「よっと(同上)」
    京子「美味く出来るか?(同上)」
    (すると中央から光が5人を包よう放たれる。
    光が晴れるとそこには・・・円状のテーブルを囲むように椅子に座る5人の姿があった) -- マギバスターズ
  • (テーブルの真ん中には何故か穴があった。)
    パンッパンッパンッパンッパンッ(5人の軽く手を叩く音)
    5人「「「「「ケーキ、ケーキ、まあるいケーキはだあれ?」」」」」
    円「ケーキは彩夏?」
    彩夏「ちーがーう!私はリンゴ!
    (その時、上空からリンゴが出現して真ん中の穴に入っていった。)
    まあるいケーキはあ、か、い。ケーキは京子?」
    京子「ちーがーうーぜ、アタシは柿!
    (上空から出現した柿が真ん中の穴に入っていく。)
    まあるいケーキは火村が好き。ケーキは麻美?」 -- マギバスターズ
  • 麻美「ちーがーうーよ!私はキウイ!
    (上空から出現したキウイが真ん中の穴に入っていった。)
    まあるいケーキは転がるー。ケーキは火村?」
    火村(眼鏡)「ちがいますっ!私はマンゴー!
    (マンゴーが上空から出現し、真ん中の穴に入っていった。)
    まあるいケーキは甘いです。ケーキは円?」
    円「ちーがーうっ、私は葡萄!
    (上空からブドウが出現して真ん中の穴に入っていった。)
    ブドウが落ちたら甘いケーキ。」 -- マギバスターズ
  • 5人「「「「「今日のケーキは甘いケーキ、お皿の上にはあーまいケーキ
    まるまる彩って召し上がれっ!」」」」」
    (5人同時に立ち上がって両腕を広げると、真ん中から5段重ねのケーキが出現した。
    トッピングの果物は上からブドウ、マンゴー、キウイ、柿、リンゴ。)
    麻美「やったー!完成ーっ!」
    火村「ケーキの上に乗せられた果物が美味しそうですね・・・」
    京子「これは期待出来そうだなー」
    彩夏「さて、どーやって分ける?(剣を呼び出す)」
    円「そーだねー・・・うーん」 -- マギバスターズ
  • 麻美「私達じゃ食べきれないよー」
    京子「前もこんな事あったなー・・・」
    火村(眼鏡)「確か前は食べ切れなかった分を皆に分けてましたっけ
    今回も食べ切れなかった分は皆に分けてあげましょう・・・」
    円「うん、そうだね!彩夏、お願い!」
    彩夏「分かりましたっと!ケーキ入刀!(剣でケーキを縦に切って五等分する)」
    -- マギバスターズ
  • 彩夏「どーよっ、私のケーキ入刀は?(ドヤァ)」
    京子「おーっ、やっぱり彩夏は頼りになるなー」
    麻美「とりあえず上の部分から食べようかー(一番上のケーキの一切れを取る)」
    火村(眼鏡)「その方がいいですね・・・(同上)」
    円「私、ケーキは好きなんだよね!(同上)」 -- マギバスターズ
  • (修正) -- 修正液
  • ????「ふふっ、そのケーキ私も頂きますわ」
    (何処かから声がしたと思ったら、上空から大鎌が降って地面に刺さった。
    そして一つの人影が大鎌の上に乗り・・・)
    ????「貴方達の新しい登場法ってこれで良かったですの?」
    京子「!?何だぁ!?」
    円「あっ、貴方はもしかして・・・」
    火村(眼鏡)「桃月町で救済した死神さんですか・・・?」
    彩夏「名前は確か・・・栗夢瞳美でよかったのかな?」
    ????→栗夢瞳美「ぴんぽーん、正解ですわ(大鎌から飛び降りる)」
    麻美「でもどーして此処に来たのー?」
    瞳美「来た理由はですね・・・私をマギバスターズの一員に入れて欲しいからですわ!」 -- マギバスターズ
  • 麻美「えーっ!?私達マギバスターズの一員にー!?」
    瞳美「とは言っても、円さんの鞄持ちですけどね」
    火村(眼鏡)「え?どういうことですか・・・?」
    円「私ね、救済の光で救済した人を眷属にできるんだよ。
    瞳美も救済の光で救済されたからその一人だよ。」
    京子「それじゃ、アタシ達も円の眷属って事か!?」
    円「そういう事になるね」
    彩夏「でも私は救済の光を受けてないわよ?」
    円「あっ」 -- マギバスターズ
  • 円「さ、彩夏は武器呼出の能力を授ける時に、救済の力を授けたから・・・」
    彩夏「その場合でも円の眷属になるの?」
    円「多分そうなるね・・・」
    京子「そういやアタシ達の武器呼出も救済の力の成せる技だったっけ」
    麻美「救済の力ってすげー!」
    火村(眼鏡)「私の場合はとある映画を見てから武器を決めましたっけ・・・」
    瞳美「私は救済されたその場で武器を決めましたわ」
    -- マギバスターズ
  • 麻美「それより、早くケーキ食べよー!」
    円「そうだね!でも5等分しか斬ってないよ?」
    瞳美「私は少し分けてもらえばそれで十分ですわ」
    京子「それじゃアタシのを分けてあげるよ」
    瞳美「あららー、ありがとですー」
    彩夏「それじゃ配るわね(切ったケーキを机の上に置く)」
    火村(眼鏡)「食べるのが楽しみですね・・・」 -- マギバスターズ
  •  




    え、何?
    なんですか?






    …いちゃだめですか!?






    いいじゃないですか!






    こんなにヒロインですから!


    -- クーハク
  • うん、最後の最後で面倒くさくなったからって
    間違った単語のままにするのはやめようか -- ロングルナ
  • ええい!お前はわたしのなんなんだー!







    お母さんか何かですか!



    それともなんですか!




    -- クーハク
  • (なんだこの無駄な空白) -- ロングルナ
  • (そもそも目的は?) -- ロングルナ



  • ない


    -- クーハク
  • 脳内のセリフに返してくんな -- ロングルナ













  • ? -- クーハク
  • (コイツ……
    一々無駄な空白開けんと会話できんのか)


    こんなところからさっさと帰るための道を探してる
    前はこの辺にあったはずが、無い
    さあどうしようねえ -- ロングルナ
  • し  り  ま  っ  せ  ~  ん -- クーハク
  • 元から聞いとらんよ -- ロングルナ
  • 麻美「んー?誰だろー?(クーハク達を見る)」
    円「どうやら帰れないらしいね。救済するよ!火村、送れる?」
    火村(眼鏡)「はい、大丈夫です・・・」
    彩夏「ケーキ配り終わったわよー」
    京子「でも先ずは救済だな」
    瞳美「そうですね」 -- マギバスターズ
  • ぬあ~~









    んですかいまのはァ!?









    今何かいましたか!?
    -- クーハク
  • 私のログには何もないな
    お前と居ると状況がさっぱり掴めないし見えないよ
    (距離を取り) -- ロングルナ












  • ! -- クーハク
  • こっちくんな!
    お前が近くに居ると認識性諸々が阻害されんだよ!
    (ダッシュ) -- ロングルナ




  • んぞォー!




    知らせてやる! -- クーハク
  • (うぜぇ)


    (ダッシュで逃げ) -- ロングルナ
  • 京子「どうやら救済する必要は無いみたいだな・・・」
    彩夏「そうね、何しに来たのやら・・・」
    麻美「やっぱり場所変えて食べる?」
    円「別に此処でもいいけど・・・そうしようかな
    とりあえず桃月町に戻ろっかー」
    瞳美「火村さん、よろしくー」
    火村(眼鏡)「はい・・・空間跳躍!(5人と一緒にテーブルと椅子ごと瞬間移動で去る)」 -- マギバスターズ