バトロイクエスト > 第85話 > 電子の海より豪華絢爛


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 7⑨が終わりそうなので姑息に開始します。
    70?し、知らんな(震え声) -- 舞台裏:明日パラガス (2014-07-10 17:30:27)
  • 【クエスト】招き蕩う姑息劇場
    【内容】私は赤の女王!
    最近、私の国に勝手に劇場を作っている者がいるわ。
    逃げ足が早くて捕まえることもできず、クオリティが無駄に高いからいないスキに取り壊すのも勿体無い・・・
    あなたたちには彼らを捕まえてもらいたいわ。お供も付けるから、よろしく頼むわね。
    -- No.85 クレイジー・ボックス (2014-07-10 17:31:12)
  • ブラコン「城の前で変態行為やらかす奴がいるか!ハルトが遭遇したらどうする!」
    ヱリカ「知りませんよ。全部クー子に言いなさい」
    クー子「チーン・・・(0/8500)」 -- 始まったばかりでこの始末☆ (2014-07-10 17:34:10)
  • 舞台裏:ルシフェル「おい、霧音のバカが81話放置してそっちに行ったぞ(訳アリです)」
    魔王リヴィエール「劇場?」
    ?????「面白そうだねー!」
    魔王リヴィエール「…で、誰あんた(?????に対し)」 --サボり魔霧音の所から (2014-07-10 18:13:13)
  • アドベントチルノ(以下Aチルノ)「到着!」
    一輪「これは・・・修行になりそうね」
    こいし「~~~♪(無意識の力で気配を消している)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ヒエン「ふぅ…この辺りで休憩しようか」
    カマイタチ「はーい!」
    \どいたどいたぁー!/
    (向こうの方から自転車に乗った明るく派手なフリフリの服の女性がやって来る) -- ヨッシー一家
  • ブラコン「ん、誰だお前たちは。クエストを受けに来たのか?」
    ヱリカ「半分位はそうみたいですね。」
    クー子「ゴリンジュー・・・」 -- おハルトオオォォ!!
  • 魔王リヴィエール「えぇ、そうだけど?」
    ?????「私も混ぜてもらおーっと」
    \ヒャッハー!/←帰れよ -- 女魔王と…?
  • ヒエン「どこかに休める所は(ry」←自転車に轢かれた
    カマイタチ「!?」
    フィーユ「おぉ!ここが依頼にあった場所かぁ!」 -- ヨッシー一家
  • 魔王リヴィエール「何このナタタイシ(違います)」
    ?????「今ベリアルが通って行った気がする。私が呼んだのは確かだけど」
    魔王リヴィエール「ゑ、もう一人いるのぉ?」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「この正義の味方が登場したからにはもう安心よ!」
    一輪「うむ・・・」
    こいし「~~~♪(新たな気配を察知したのか、退場した)」


    ????「ん~?此処でよかったのかな~?」 -- ウッの愉快な仲間達
  • ヱリカ「あら、誰かと思えばフィーユさんじゃないですか。自機生命体の時以来ですね。」
    ブラコン「そうか。じゃあ一応簡潔に説明を・・・」
    将軍「(駆け下りてくる)カイト!さっきの叫び(開始前に何かやらかした)はなんだ!
    姫がまたお怒りに・・・魔王リヴィエール!?なぜここに!(即座に抜刀)」
    ブラコン→カイト「おいバルト。バトロイ世界ではオレカ魔王は良い奴というのが基本だぞ」
    将軍→バルト「えっ」 -- おバルトオオォォ!!
  • 魔王リヴィエール「私? 別に悪さしに来たわけじゃないわよ?」
    ?????「まぁいっか」
    (遠くの方で事故ったようです) -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「魔王にも良い奴と悪い奴がいるのねー」
    一輪「ん?誰か来たようね」
    ????「私にとっていい毒になるかしら?」 -- ウッの愉快な仲間達
  • フィーユ「おぉ!あの時の!お久しぶりだねぇ!(ヱリカを見て)」
    ネミン「はぁ…眠い…」
    ???「はじめましてー!(袖がぶかぶかな服の少女がネミンと共にやって来た)」
    ヒエン「…(壁に激突して埋まっている)」
    カマイタチ「ヒエンー!」 -- ヨッシー一家
  • カイト「俺が知る限りでは、魔皇は軒並み危険と聞いているが、魔王はだいたい安全だそうだ。鵜呑みにはできんがな」
    バルト「そうか…失礼した。私はジェネラル・バルト。王国を護る者」
    ヱリカ「えぇ、お久し振りです。そちらの方は…(ぶかぶかに)」
    クー子(あれ?これは放置されて消滅するパターン…) -- おバルトオオォォ!!
  • 魔王リヴィエール「クジェスカは危険よ」
    ?????「コシュまるいるし」
    魔王リヴィエール「ふぅん…初めて見る人ばかりね。で、あんた誰よ(また?????に問う)」 -- 女魔王と…?
  • フィーユ「この子はあたし達の新しい仲間なんだよぉ!」
    ネミン「…(うとうと)」
    ???→クィード「わたしはクィード!よろしくねー!(両腕を上げる)」
    ヒエン「今のは…何だったんだ…(カマイタチに助けられる)」
    カマイタチ「あの自転車が突っ込んで来たんだよ!」 -- ヨッシー一家
  • Aチルノ「これは自己紹介するパターン?アタイはアドベントチルノ、正義の味方さ」
    一輪「私は雲居一輪、命蓮寺の住民です」
    ????→アシュード「もしかして私も自己紹介ー?
    私はアシュード、毒を操れるのよー」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 魔王リヴィエール「まぁいいわ。私は魔王リヴィエール」
    ?????「さっきベリアルが事故ってた(名乗れよ)」
    魔王リヴィエール「…何故かついてきたのよねこの緑髪の悪魔」 -- 女魔王と…?
  • ヱリカ「よろしくお願いいたします。」
    カイト「俺は天城カイト。
    いろいろあってここ『火の国バビロア王国』の王女の元で働いている」
    クー子(…あ、これはダメだ)
    バルト「・・・(多少警戒している)」 -- おバルトオオォォ!!
  • 魔王リヴィエール「よろしくねぇ で、何か来そうなのかしらぁ?」
    ?????「大丈夫だよね、ベリアルの事だし」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「こちらこそー・・・ん?何か来そうね」
    一輪「雲山、調子はどう?(右手に持ってる金の輪から、入道が出現する)」
    雲山(「大丈夫だ、問題無い」と言っているようだ)
    アシュード「わはは~、楽しい事になりそうね~」 -- ウッの愉快な仲間達
  • フィーユ「知らない人には自己紹介!あたしはフィーユだよーん!」
    ネミン「私はネミン…zzz」
    クィード「みんなもよろしくねー!(手を振る)」
    ヒエン「人が集まっているな…行ってみるか(ヱリカ達の元へ)」
    カマイタチ「あ、まってー!」 -- ヨッシー一家
  • カイト「まだ来るようだが…あんまりグダるのもまずい。
    説明は移動しながらするぞ(歩き始める)」
    ヱリカ「…ん、あれはヒエンですかね?(歩いてくるヒエンに)」
    バルト「この者は治療しておく」
    クー子(…えっ、ちょっ、待っ)
    (下二人退場) -- おハルトオオォォ!!
  • 魔王リヴィエール「説明お願いねぇ(バサバサ)」
    ?????「立派な羽ねー。私もそれぐらいの羽が欲しいなぁ」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「よろしくー(フィーユ達へ)」
    一輪「お願いしますね」
    アシュード「あはは~(歩き出す)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • フィーユ「おうおう、了解だぁ!」
    ネミン「…(うとうとしながら歩く)」
    クィード「はぁーい!(カイトについて行く)」
    ヒエン「すまない、これは何の集まりだ?(ヱリカへ)」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「これは…今からあのブラコンが話します」
    カイト「今回は不法建築の劇場を作っている奴を捕らえる仕事だ。
    建築しているのは光天使モンスターなんだが、指示している二人がどうしても捕まえられなくてな。
    そいつらを捕らえるのに協力してほしいということだ。、
    劇場は、女王が言うには、許可さえもらいに来ればすぐにでも協力する、
    と言うほどのクオリティらしい。」 -- おハルトオオォォ!!
  • Aチルノ「光天使・・・ブックス!」
    一輪「不法建築ね・・・任せておいて」
    アシュード「その劇場に出てみたいわ~!」← -- ウッの愉快な仲間達
  • 魔王リヴィエール「ふぅん…」
    ?????「光天使? 不法建築劇場? …劇してみたい!」
    魔王リヴィエール「いい物でも不法建築なのはいただけないわぁ」 -- 女魔王と…?
  • フィーユ「ふむふむ、それが今回の依頼内容ってことだぁね?」
    ネミン「…(うとうと)」
    クィード「げきじょうってことはげきをやるのー?」
    ヒエン「なるほど…ここで会ったのも何かの縁、俺も参加しよう」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「ありがとうございます。…あれですね」
    カイト「あぁ。…内装は俺も知らないから注意しろ」
    (工事中ということを全面に押し出した感じの建物がある。
    外観は隠されていてわからないが、入り口は開いている) -- おハルトオオォォ!!
  • ?????「コシュまると一緒に出たいなっ!」
    魔王リヴィエール「堂々と工事中と出ているわねぇ」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「堂々と工事中ね」
    一輪「この中にあの劇場ブックス!(仮)が・・・」
    アシュード「わはは~」 -- ウッの愉快な仲間達
  • フィーユ「さぁて、どうする?(スイーツポケットからシュークリームを取り出して食べてる)」
    ネミン「…zzz」
    クィード「わっはっはーっ!(腕を広げて入り口に走って行く)」
    ヒエン「…随分と元気な子どもだな(クィードを見て)」 -- ヨッシー一家
  • 内部は金色が眩しいまさに豪華絢爛な劇場が建設中ながら存在していた。
    光天使が働いている中、二人の人物が指示を飛ばしている -- 黄金劇場(絶賛建築中)
  • 魔王リヴィエール「うぅっ、眩しいわね…」
    ?????「すっごぉぉぉい!(人形のコシュまるも喜んでいる?)」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「うぉっまぶしっ」
    一輪「何て輝きなのかしら・・・」
    アシュード「わはは~」 -- ウッの愉快な仲間達
  • カイト「俺たちも早く入るぞ。」
    ヱリカ「迅速に動かなければ逃げられかねませんしね」
    (足早に劇場に進入)
    ????「う~ん。メラグよ、このデュエルモンスターというのはなかなか便利なものだな?」
    メラグ(人間体)「ええ。これはドルべのを借りているだけですが。」
    -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • フィーユ「ネミン、あたし達もレッツラゴーだよぉ!(ネミンを引っ張って劇場へ入る)」
    ネミン「zzz…」
    ヒエン「よし…(フィーユ達に続いて劇場へ)」
    クィード「こーんにちはー!(劇場内の人達へ)」 -- ヨッシー一家
  • Aチルノ「よし、アタイ達も入るわよ(劇場内へ)」
    一輪「そうね(同上)」
    アシュード「いざいかーん(同上)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 魔王リヴィエール「はぁーい(劇場内へ)」
    ?????「わーい!(同上)」 -- 女魔王と…?
  • ????「ん…?メラグよ、あれもアラハバキの者か?」
    メラグ「え?あ、あら?カイト!?」
    カイト「シャークの妹!?どういう…ことだ…!?」
    ヱリカ「あーやっぱりアラハバキでしたかー」 -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • Aチルノ「アラハバキ?確か悪徳結社だったわね」
    一輪「シャーク・・・妹・・・芋・・・」
    アシュード「こんにちはー!(元気に手を振る)」 -- ウッの愉快な仲間達
  • 魔王リヴィエール「アラハバキ?」
    ?????「遊びに来たよー!」← -- 女魔王と…?
  • フィーユ「アラハバキ?確かこの前にも…」
    ネミン「zzz」
    クィード「わたしもげきやらせてー!(????達に駆け寄る)」
    ヒエン「なんだ、知り合いか?」 -- ヨッシー一家
  • カイト「知り合いの妹だ。そういえばアラハバキだったな・・・
    悪徳オカルト結社「アラハバキ」。【能力保持者(スキルホルダー)】をかき集めるなんというか面倒な組織だ。」
    メラグ「あんた、あとで制裁(一輪に)」
    ????「うむ!わざわざ訪問大儀である!(手を振り返す)
    劇?そうしたいのはやまやまなんだがー、まだ完成してなくてな・・・」
    ヱリカ(おやおやぁ?(CVうろジョジョブ男)逃げる気配がありませんね) -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • 魔王リヴィエール「ふぅん」
    ?????「そっかぁ…残念。でもできるまで待ってるー」 -- 女魔王と…?
  • フィーユ「あぁん!あの時(80話)にも来てたね!」
    ネミン「zzz(熟睡)」
    クィード「げきはまだできないのー?それならできるようになるまでまつー!」
    ヒエン「アラハバキ…面倒な組織…か」
    -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「能力者ね・・・ウチの所では狂気の瞳を持つ奴や火を操る奴が居たっけ」
    一輪「ですよねー」
    アシュード「そ~?残念~」 -- アドベント一行(ウッ)
  • メラグ「というか、周辺に光天使ばらまいて監視していたのに、どうやって来たんです?」
    カイト「俺のスキルを使った。スキルはデュエルには不要の長物だから使う機会がなかったがな」
    ヱリカ「(周りを見渡し、ひとつの機械に目を付ける)あー、ありゃよくある立体映像装置ですね。
    監視して侵入者を来る前に確認したらとっとと逃げて、加速した映像だけを来てから投影して誤魔化してたんですね」
    ????「いかにも。余が設計した劇場が勝手に取り壊されることはないとわかっているからこその策よ。
    あの男(バルト)はいかにも頭が硬そうだったしな。相手にしてられぬ。
    居座られる心配もあったが、なんとかなった。日頃の行いだな!」 -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • Aチルノ「スキル?どういうことかしら?」
    一輪「立体装置とは、卑怯な真似を・・・」
    アシュード「(裏)ケッ、日頃の行いだぁ?そんなの関係ねぇと思うぜ
    (表)貴方は引っ込んでて~!」 -- アドベント一行
  • 魔王リヴィエール「バルトは堅物。間違いないわ」←
    ?????「立体映像装置?(キョロキョロ)」 -- 女魔王と…?
  • フィーユ「立体映像装置、これまた凄そうなものを持ってるねぇ!(今度はミルクレープを食べてる)」
    ネミン「zzz」
    クィード「そのあいだ、なにしてよっかなー?」
    ヒエン「バルト?どこかで聞いたことあるような…」 -- フィーユ一行と剣豪
  • ヱリカ「アレですね(指差す先には遊戯王ark-Vのソリッドビション装置が)」
    カイト「かくかくしかじか」
    メラグ「・・・あら?これ別に逃げる必要なかったような・・・」
    ????「まぁドルベとかに仕事を丸投げしてる身だしな。
    日留女からの命令ではあるが、まぁ嗅ぎつけられたら面倒そうだ。」
    -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • 魔王リヴィエール「楽しめそうね(何故に?)」
    ?????「あぁ、あれかー(ソリッドビジョン装置を見て)」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「日留女って、閻魔達に会った女の事ね」
    一輪「あれねー(ソリッドビジョン装置を見る)」
    アシュード「楽しい事になりそうだね~!」 -- アドベント一行
  • ????「うむ、不本意ながら余の、上、司…ぐおおお!!(謎の悶絶)
    と、とにかく余たちは公式にサボっていいとなったのだ…」
    メラグ「まぁ襲われる心配が無くなるのは良いですわ。ネロが余計なこと言い出す前に話を合わせましょう」
    カイト「あぁ」
    (二人で会議中)
    ヱリカ「ふーむ、この調子なら何事もなさそうですが…」 -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • フィーユ「ネミン、起きてぇ!凄いものがあるよぉ~!(ネミンを揺さぶる)」
    ネミン「zzz(熟睡中)」
    クィード「さわってみてもいいー?(ソリッドビジョン装置に近寄る)」
    ヒエン「何事も起こらなければいいのだが…」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 魔王リヴィエール「うかつに触るのはどうかとおも」
    ?????「~♪(ソリッドビジョン装置に興味津々だ)」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「おや、どうしたのかしら(????を見る)」
    一輪「触ったら危険な事になるかもしれないからね」
    アシュード「(表)私も触りた~い!」 -- アドベント一行
  • メラグ「…ということでどうでしょう?」
    カイト「決まりだな」
    (速攻で会議終了。有能)
    ????「む、それをいじりたいのか…余はいいことを思いついたぞ!」
    ヱリカ「しばき合いですねわかります」
    ????「な、何故わかった!?凛の言っていたエスパーか!?」
    ヱリカ「なに教えてんですか遠坂MPS…」
    -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • ?????「~♪(フラフラと装置に近寄っていく)」
    魔王リヴィエール「こらーっ、やめなさーい!」 -- 女魔王と…?
  • フィーユ「あぁっ!クィード、危ないよぉー!?」
    ネミン「zzz(熟睡中)」
    クィード「えーい、さわっちゃえー!(装置をいじり始める)」←
    ヒエン「…(汗)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「会議終わるの早ッ!」
    一輪「本当にエスパーですかその人?」
    アシュード「(表)私もやるやる~!(装置をこんこんと叩く)
    (裏)おい、むやみに行くなって!」 -- アドベント一行
  • ヱリカ「こんなのうちのクエストの傾向からみてすぐわかります。推理するまでもありません」
    メラグ「ネロ、何か余計なことを思い付きましたか?」
    ????→赤セイバー「余計言うな!あと余のことはセイバー、または赤セイバーと呼べ!
    そこの可愛らしい者たちよ。これから余たちはあいつら(カイト、リヴィエールらを指し)をしばき倒すのだが、
    もしそれに協力してくれるのなら、それを自由にしてもよいぞ!」
    (既にいじっているのには触れない)
    カイト「ってちょっと待て!?」 -- 元ネタ知ってたらぶっちゃけバレバレ
  • ?????「えっ、いいの!?(目を輝かせる)」
    魔王リヴィエール「戻ってきなさぁぁぁい!!!」 -- 女魔王と…?
  • クィード「ほんとうに!?もっとさわっていいの!?(目がキラキラ輝く)」
    フィーユ「ダニィ!?クィード達をそれで釣るつもりかぁ!?」
    ネミン「zzz(まだ熟睡中)」
    ヒエン「えっ」 -- フィーユ一行と剣豪
  • アシュード「(表)えっ本当にいいの(目を輝かせる)
    (裏)早く戻れっての!」
    Aチルノ「アシュード!もういい!もどれ!」
    一輪「えっ」 -- アドベント一行
  • 赤セイバー「うむ!余に二言はない!そこな二重人格の片方も、きっと満足するぞ!いやさせてみせよう!」
    メラグ「そういえば、カイトとは随分とデュエルしてませんね…回りの方々含め、お相手してくださる?」
    カイト「デュエルか…そういう話なら断る理由はないな。受けてたとう」
    ヱリカ「おいこらデュエル脳」 -- やめろ暴帝
  • ?????「この装置気になるから~」
    魔王リヴィエール「戻ってこいって言ってるでしょ!」 -- 女魔王と…?
  • クィード「やったー!それならやるー!」
    フィーユ「釣られクマー!?」
    ネミン「zzz(起きない)」
    ヒエン「…どうしてこうなった」 -- フィーユ一行と剣豪
  • アシュード「(表)わはは、この装置面白いからいいよ~!
    (裏)チッ・・・ったく、仕方ねぇな・・・」
    Aチルノ「アシュード!もどれ!(必死)」
    一輪「貴方達の相手ね・・・どうしようかしら(雲山も悩んでるようだ)」 -- アドベント一行
  • ヱリカ「しゃーないですねえ。少しお灸を据えて差し上げます(鎌を出現させる)」
    カイト「デュエルモード、フォトンチェンジ!はぁぁっ!(服の色が変わる)」
    メラグ「バリアルフォーゼ!!(バリアン体に変身する)」
    赤セイバー「よし、よし!
    さぁ皆のもの、あげていくぞっっ!!」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 【目標】赤セイバーらを倒せ
    【場所】火の国:建築中黄金劇場
    【条件】赤セイバーとメラグ、そして寝返った三人の撃破 -- 電子の海より豪華絢爛
  • ?????「協力してあーげるっ♪」
    魔王リヴィエール「チッ…寝返りやがったわね…(召喚の構え)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「おーっ!わたしのちから、みせてあげるー!」
    フィーユ「クィード達が敵になっちゃったよぉ!」
    ネミン「zzz(それでも起きない)」
    ヒエン「仕方ない…か(刀に手をかける)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • アシュード「(表)お~!この私の~!
    (裏)アタイの薔薇の棘でお前達を!
    (二人)打ち砕く!(棘の鞭を取り出す)」
    Aチルノ「アシュードが敵になった!?やーれやれ、仕方ないね
    呼ばれて飛び出て・・・ジャジャーン!俺ベクター!(バスタードチルノソードを構える)」
    一輪「此処はやるしかない・・・!(雲山もやる気になった)(金の輪を両手に持つ)」 -- アドベント一行
  • メラグ「ウォタハザ大皇帝ペンギンss効果ナイトメアssssオーバーレイ!
    現れなさい!No.103!神葬零嬢ラグナ・ゼロ!」
    (女の魔神のモンスターを召喚する)
    カイト「フォトスラssフォトクラnsリリースss!
    闇に輝く銀河よ、今希望の光となりて我が僕に宿れ!光の化身ここに降臨!
    銀河眼の光子竜!!」
    (光のドラゴンを召喚する)
    ヱリカ「さて、どう攻めますか…」
    う赤セイバー「うむむ、しかしこの未完成な劇場で戦うのは少々不格好だな。
    よし!ここは余が一肌脱いでやろう!(剣を出した後、腕を掲げる)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「さーて、パーティーの始まりよ!(召喚)」
    ????「おわっ!?(さっき某所で事故った奴)」
    ?????「あれぇ? ベリアル?」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「おーっ、デカいのが二つも・・・(No103と銀河眼を見て)」
    一輪「でも大きさなら雲山が負けないわよ!(雲山を呼び出す)」
    アシュード「(表)さてさて~、ショーの開幕と行くよ~!(すぅと息を吸う)」 -- アドベント一行
  • クィード「ん?なにかするのー?(赤セイバーを見る)」
    フィーユ「ネミン!いい加減に起きてちょうだいよぉー!」
    ネミン「zzz(熟睡中)」
    ヒエン「誰かが召喚された…?(????を見て)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • ヱリカ「あ、まず…」
    赤セイバー「我が才を見よ!万雷の喝采を聞け!インペリウムの誉れをここに!
    咲き誇る華の如く…開け!黄金の劇場よ!」
    【宝具・招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)】
    (赤セイバーの宝具により、全員が新たに生成された黄金劇場の中に閉じ込められる
    その光景は建築中のものが完成したとしても遠く及ばない豪華さを誇っている
    味方勢の筋力、耐久力低下)
    カイト「何っ!?これはまずい!」
    メラグ(ニッコリ) -- 電子の海より豪華絢爛
  • ????→べリアル「ってぇ、いきなり呼ぶんじゃねぇよ!」
    魔王リヴィエール「あーら、知らない悪魔を呼んでしまったわぁ」
    ?????「私は知ってるけどねー。 おぉっ、閉じ込める魔法?」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「なっ・・・これは!?アタイ達閉じ込められたのか!?」
    一輪「どうやらそうね・・・何やら能力が低下してく・・・まずいわね」
    アシュード「(表)先制攻撃はもらったー!パラライズブレス!(味方勢に向けて、麻痺効果のある毒の息を吐く)」 -- アドベント一行
  • クィード「わぁーっ!きれいー!(はしゃいでいる)」
    フィーユ「げっ、力が入らないよぉ…!?(9000/9500)」
    ネミン「zzz(毒の息を避けるように寝返りをうつ)」
    ヒエン「温いッ!(刀を振るって毒の息を打ち払う)」
    -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「ミューズの加護を! 至高の芸術を守りたまえ!(なにかしらの補助スキル使用)」
    ヱリカ「ふっと…(高くジャンプし息をかわす)」
    メラグ「ラグナ・ゼロの効果発動!
    オーバーレイユニットをひとつ取り除き、攻撃力の変化している相手モンスター一体を破壊する!
    ガイダンス・トゥ・フューネアル!」
    カイト「ハルトオオオオオ!!」
    銀河眼の光子竜(8000/10000) -- 推奨BGM
  • ベリアル「ギャァァァ!!!(出オチ)」
    魔王リヴィエール「あーら(回避)」
    ?????「凄いなぁ。よしっ、私達も頑張らないとね」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「おっと(スイカバーソードで息を打ち払う)」
    一輪「はっ!(ジャンプで息を避け)
    てやぁっ!(そのままアシュードに向けて雲山と共に拳を降り下ろす)」
    アシュード「(表)チョコみたいに甘いよ~!(エクソシストよろしく、イナバウアーの体制でのバックダッシュで回避)
    (裏)これでもくらいなッ!(鞭で一輪を縛りにかかる)」 -- アドベント一行
  • クィード「うん!わたしもやっていいー?」
    フィーユ「とりあえずスイーツを食べて落ち着かないと…(クレープを取り出して食べる)」
    ネミン「zzz(こんな状況下でも起きない)」
    ヒエン「しかし…あまり良い状況ではないな…」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「では、戦いを吟じるとしよう(リヴィエールへ突進)」
    ヱリカ「そららぁ!(ラグナ・ゼロに鎌を投げつける)」
    カイト「フォトンドラゴン!(ラグナ・ゼロに噛み付かせにかかる)」
    メラグ「ラグナ・ゼロ!ギャラクシーアイズの攻撃は止めなさい!(噛み付きを剣で止める)」
    ラグナ・ゼロ(6900/7500) -- 電子の海より豪華絢爛
  • ※ベリアルは一瞬で退場しました。
    魔王リヴィエール「私とやろうって言うのかしらぁ?(飛んで回避)」
    ?????「まずは誰から仕留めようかな~?」 -- 女魔王と…?
  • 一輪「なっ!?(縛られる。ついでに棘が刺さる)(2500/3000)」
    アシュード「(裏)制裁するなら今の内だぜっ!(そのまま鞭で一輪をNo.103の前へ投げ飛ばす)」
    Aチルノ「さーて、アタイは誰の相手しよっかな・・・」 -- アドベント一行
  • クィード「しびれちゃえー!ビリビリー!(フィーユを指差すとフィーユに雷が落ちる)」
    フィーユ「あばべべべ!?(8300/9500)」
    ネミン「zzz(熟睡(ry)」
    ヒエン「子どもと戦うのは気が進まないが…!(?????を見据える)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「虚飾と怠惰の王、その力を余に見せよ!
    天幕よ、落ちよ!花散る天幕(ロサ・イクトゥス)!」
    (飛び上がり、リヴィエールへ切りかかる)
    メラグ「承知ですわ!ラグナ・ゼロ!」
    (ラグナ・ゼロが一輪を光子竜へ切り飛ばす)
    カイト「フォトンドラゴン!(キャッチの体勢にさせる)」
    ヱリカ「オーバーレイユニットがあると効果が来そうで近寄りづらいですね…(鎌を再出現)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「くっ、やるわね(ダメージ5000) 今度は私が行くわ(メテオの構え)」
    ?????「きーめた!(ヒエンの方を見る)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「やったー!あたったー!(ピョンピョン)」
    フィーユ「うぐぐ…今のは効いたなぁ…」
    ネミン「zzz(熟(ry)」
    ヒエン「敵対するなら容赦はしない!(刀を構える)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 一輪「えっ(斬り飛ばされる)(1900/3000)」
    アシュード「(表)妨害行っちゃうよ~!ポイズンミスト~!(息を吸い、毒の霧を味方勢に向かって吐く)」
    Aチルノ「さーて、アタイは誰と戦おうかしら・・・」 -- アドベント一行
  • 赤セイバー「(地面に降りる)先に強化だな。聖者の傷よ、涙となれ!(ガード砕きに吸収付与)」
    カイト「よし、いいぞ(光子竜が一輪をキャッチ)」
    ヱリカ「追撃はさせません!(ジャンプ切りし即座に退避)」
    メラグ「チッ!すばしっこいですわね!」
    ラグナ・ゼロ(6200/7500) -- 電子の海より豪華絢爛
  • 一輪「さて、反撃と行きますか・・・拳符「天網サンドバッグ」!
    (雲山が巨大な拳を3つ、No.103に飛ばす)」
    Aチルノ「って、うわっ!(ジャンプで毒霧を避け)これでも・・・食らえッ!(BCソードをアシュードに振り下ろす)」
    アシュード「(表)きゃっ!(6100/8000)
    (裏)やってくれるじゃねぇか・・・」 -- アドベント一行
  • 魔王リヴィエール「えいっ!(そのままメテオを放つ) ちょっと何よぉ!(毒の霧を喰らって毒状態)」
    ?????「いっくよー!(ヒエンに闇の風)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「もっとやっちゃうぞー!メラメラー!(今度はヱリカを指差すと、ヱリカの周囲に炎が燃え上がる)」
    フィーユ「わちょっ!?(7900/9500)」
    ネミン「zzz((ry)」
    ヒエン「くっ!(7100/8000)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「甘いぞ!(ガードする)(8000/9000)」
    メラグ「ラグナ・ゼロの効果発動!一輪さんを破壊する!
    ガイダンス・トゥ・フューネアル!」
    (素早い剣技で拳を切り裂き、一輪にも攻撃)
    カイト「一輪を守らず攻撃体制だ!(光子竜に指示を飛ばす。おいィ?)」
    ヱリカ「熱っちゃあ!?(3000/3700)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「あぁもう、毒は苦手なのにッ!(毒でダメージ1000)」
    ?????「まだまだ~♪(放ち続ける)」 -- 女魔王と…?
  • 一輪「ゑ゛ゑ゛!?・・・こっちも対抗よ!怒りの走雲!
    ドララララララララララ!(雲山がNo103に向け、剣技ごど連続パンチ)」
    Aチルノ「次はっと・・・あの剣使いッ!
    奥義・ブレイバー!(大ジャンプ宙返りで勢いをつけ、そのまま赤セイバーをスイカバーソードで斬る)」
    アシュード「(裏)さ~て・・・次の対象になりたい奴は何処のどいつだぁ?お前だよッ!(ネミンを鞭で連打)」 -- アドベント一行
  • クィード「わーい!またあたったー!(ピョンピョン)」
    フィーユ「もう怒ったぞぉ!?(トルマリンの斧を構える)」
    ネミン「…(7500/8000)(鞭で叩かれ、遂に目を覚ました)」
    ヒエン「うぐっ!(6400/8000)…今度はこっちのターンだ!(刀を抜刀しつつ?????に斬りかかる(一閃))」 -- フィーユ一行と剣豪
  • メラグ「無駄よ。その程度では破壊効果は覆せないわ!(ラグナ・ゼロの剣戟が続く)」
    カイト「ここは効率重視でいくぞ!(光子竜の拳に光が点る。明らかに一輪ごと攻撃する気である)」
    ヱリカ「あれは結構厄介ですね…ラグナ・ゼロは二人に任せましょう!(クィードに接近し切りつけ)」
    赤セイバー「無粋だな。(完全に見切りガード)返上するぞ!(そしてそのまま反撃)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「仕方ないわねー。もう一回召喚と行こうかしら(地上に降り、再び召喚の構え)」
    ?????「コシュまるガード!(コシュまるで攻撃を防ぐ)」 -- 女魔王と…?
  • 一輪「これならどう?嵐符「仏罰の野分雲」!(No103に向かって、剣戟ごと雲山が大きな拳での連続パンチを放つ)」
    Aチルノ「ぐわっ(8490/9990)接近戦が駄目なら・・・(赤セイバーから距離を離し)
    破氷撃!(スイカバーソードに氷の気を溜め、そのまま赤セイバーに向かって剣を振り氷の刃を飛ばす)」
    アシュード「(表)続けて行くよ~!ポイズンロケット!(ネミンに向かって毒を纏った突進)」 -- アドベント一行
  • クィード「わぁっと!?(咄嗟に回避する)」
    フィーユ「ネミン!危なぁい!」
    ネミン「…(槍を構え、そのままアシュードに向けて薙ぎ払う)」
    ヒエン「防がれた…!?(?????から距離を取る)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • メラグ「し、しぶといですわね…」
    カイト「そこだフォトンドラゴン!破滅のフォトンストリーム!物理!」
    (光子竜が一輪ごとラグナ・ゼロに攻撃。フォトンストリーム物理はDTが元ネタ)
    赤セイバー「ふぅむ、凡策だな。余はつまらぬ!」
    (氷の刃を砕き接近、守りを砕く初撃と軽いが素早い二撃目を放つ)
    ヱリカ「(接近戦はこなせないと見ました!)そらそらそらぁ!(クィードへ鎌を振り回す)」
    -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「さぁーて、パーティーの始まりよぉ!(召喚2回目)」
    ?????「コシュまるはね、攻撃にも守備にも使えるんだ。いい子でしょ?」 -- 女魔王と…?
  • 一輪「ふざけるなテメェ!(巻き添え)(1150/3000)」
    Aチルノ「よっとと(側宙で辛うじて回避)
    そこっ!再び、奥義・ブレイバー!(赤セイバーを、宙返りで勢いをつけスイカバーソードで斬る)」
    アシュード「(表)うわっ(突進解除、体制を立て直しネミンから距離を離す。ついでに息を吸う)
    とっておきの毒よ!デンジャラスポイズン!(麻痺・眠り・毒・火傷・混乱のいずれか一つ又は二つを付与する毒の息を、フィードとネミンに向けて回転しながら吐く)」 -- アドベント一行
  • 赤セイバー「スキが大きいし、何より芸がないな(僅かな移動で避ける)
    さあ、踊ってもらうぞ!(連続で力強い切りつけ)」
    メラグ「ベェク・・・じゃなくてカイトォォォォ!!」
    ラグナ・ゼロ(3600/7500)
    カイト(このままゴリ押せないこともないが、恐らくはもうあのカードを・・・)
    (光子竜が一応一輪を回収する) -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「ぐっ・・・ぐっ・・・(BCソードを盾にして何とか防ぐ)
    アタイだってやれるんだ!(BCソードからチョコエッジ2本を抜き出す)」
    一輪「敵と味方の区別くらいつけてよね!ったく・・・こちらも反撃と行きますか!
    大喝「時代親父大目玉」!(突然巨大な雲山がNo.103の左右に現れ、W雲山両目からビームをNo.103に向けて連発する)」 -- アドベント一行
  • ???「あぁ!?」
    魔王リヴィエール「あ、また知らない悪魔を呼んでしまったわ」
    ?????「げげっ、バアル!?」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「剣の中に剣、面白いものを使うな。
    ちょいやっ!(縦に切りつける)」
    メラグ「さて、そろそろこれを使いましょうか(カードを取り出す)」
    ラグナ・ゼロ(2000/7500)
    カイト「銀河遠征あたりがくればいいが・・・ドロー!(運命力大活用中)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「ぐっ・・・(横に移動するものの攻撃が掠る)(7490/9990)
    反撃よ!うりゃりゃりゃ!(チョコエッジ2本で赤セイバーに連続斬り)」
    一輪「むむ、何かしでかすようね」 -- アドベント一行
  • ???→バアル「何の用だぁ!?」
    魔王リヴィエール「ちょうどいいわ、私に協力しなさぁい」
    ?????「…プッ」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「ぬっ!(捌ききれず喰らう)(7100/9000)」
    メラグ「私はRUM-七皇の剣(アニメ)を発動!
    ラグナ・ゼロでオーバーレイネットワークを再構築!カオス・エクシーズ・チェンジ!
    現れなさい。CNo.103!時をも凍らす無限の力が今、よみがえる。神葬零嬢ラグナ・インフィニティ!」
    ラグナ・インフィニティ(11000/11000)
    カイト(フォトン・チャージマン引いてしまった・・・) -- 電子の海より豪華絢爛