記録帳:2ページ目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ニェール「イシスの料理…楽しみだよぅ!」
    クレメール「うんうん、きっと美味しいと思うんよ」


    ホルス「…(焼き鳥☆)」
    ディース「上手に焼けました~w」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「楽しみだにゃん」
    ラー「あぁ」


    リルム「m9(^Д^)プギャー」 -- 猫魔界
  • ニェール「それじゃ僕たちはテーブルについて待ってるよぅ」
    クレメール「ん、そうしよっか」


    ホルス「…(プシュー)」
    ディース「しかし食べないw」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「そうするにゃーん」
    ラー「うぬ」


    リルム「放置安定w」 -- 猫魔界
  • ニェール「よいしょっと…(椅子に座る)」
    クレメール「よっこいしょういち(同上)」←


    ホルス「…」
    ディース「放置しようw」
    -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ」
    ラー「えっ」


    リルム「うんw」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴…(汗)」
    クレメール「? どうかしたんよ?」


    ホルス「おいっ」
    ディース「さーて、どうする?」
    -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん」
    ラー「いや、別に…」


    リルム「くんくん…いい匂いがする~」 -- 猫魔界
  • ニェール「いいや、何でもないよぅ」
    クレメール「あらそう?」


    ホルス「おいっ!」
    ディース「ん…確かに!どこかで料理でも作ってんのかな?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ」
    ラー「…」


    リルム「あっちの家から匂うぞ~(ニェールの家を指す)」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴、何か面白い話でもないのかよぅ?」
    クレメール「面白い話って言われるとハードル高いんよ」


    ホルス「えっ?(立ち上がる)」
    ディース「おっ!行ってみる?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「世間話でもいいにゃん」
    ラー「…」


    リルム「行くー!」 -- 猫魔界
  • ニェール「それならバステトの言う通り、世間話でもいいよぅ」
    クレメール「そうだなぁ…この前に久々に竜人界に行ったっけ」


    ホルス「僕も行く!」
    ディース「お前はダメだ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「竜人界?」
    ラー「?」


    リルム「焼き鳥はダメ」 -- 猫魔界
  • ニェール「竜人界って言ったら…」
    クレメール「そ、以前にあたし達"猫魔族"と交流があった"竜人族"っていう種族が住んでいる所なんよ」


    ホルス「ゑ」
    ディース「さ、行こうぜリルム!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ?」
    ラー「ふむ…」


    リルム「レッツゴー!(ニェールの家に向けて出発)」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴、"竜人界"に行ったのかよぅ!?」
    クレメール「ん、ちょっと古い友人に会いに行ったんよ」


    ホルス「ちょっ、まっ!」
    ディース「おーっ!(リルムに続いて出発)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「古い友人かニャ?」
    ラー「…」


    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • ニェール「古い友人?」
    クレメール「そ、"ナツカ"っていう奴なんだけどね…」


    ホルス「待ってよー!(遅れてついて行く)」
    ディース「ふんふん♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「どんな人かニャ?」
    ラー「…」


    リルム「焼き鳥ダメって言ったでしょー!?」 -- 猫魔界
  • ニェール「へぇ、気になるよぅ!」
    クレメール「そうだなぁ…昔は正義感溢れる奴だったんだけどねぇ…」


    ホルス「えぇーっ!いいじゃんか!」
    ディース「ダメ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「まさか…ニートかニャ?」
    ラー「おい」


    リルム「ダメ、ゼッタイ」← -- 猫魔界
  • ニェール「今はニートかよぅ!?」
    クレメール「今は…そうだね。ニートになっちゃったんよ」


    ホルス「ゑ」
    ディース「絶対にダメ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「それは問題だニャ」
    ラー「…」


    リルム「おいてくー!」 -- 猫魔界
  • ニェール「それは大変だよぅ」
    クレメール「ま、ナツカにも色々とあったんよ」


    ディース「置いてくかwww」
    ホルス「置いて行かないでー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「色々と?」
    ラー「…」


    リルム「うん!」 -- 猫魔界
  • ニェール「何かあったのかよぅ?」
    クレメール「話すとちょっと長くなるけど…聞きたい?」


    ディース「さっ、行こうぜ!」
    ホルス「待ってー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ、是非」
    ラー「…」


    リルム「いっくぞー!」 -- 猫魔界
  • ニェール「僕も聞きたいよぅ!」
    クレメール「うんうん、それなら話してあげよう!」


    ディース「おーっ!(駆け出す)」
    ホルス「待ってってばー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「お願いするニャ!」
    ラー「…」


    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • ニェール「やったよぅ!」
    クレメール「今からずっと昔…ナツカは竜人界にある国の国王親衛隊隊長だったんよ」


    ディース「~♪」
    ホルス「おーい!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「親衛隊長だったのかニャ?」
    ラー「…」


    リルム「るんるん」 -- 猫魔界
  • ニェール「はへぇ…それは凄いよぅ!」
    クレメール「その頃のナツカは正義感溢れる若者だったんよ」


    ディース「おっ、あの家じゃね?!(ニェールの家が見えてきた)」
    ホルス「待ってー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「それで…?」
    ラー「…」


    リルム「多分そうだと思う!」 -- 猫魔界
  • ニェール「それでそれでー?」
    クレメール「ナツカは今と違って国で起こる事件に真摯に全力で取り組み、解決してたんよ」


    ディース「よっしゃ、行こうぜ!」
    ホルス「僕もー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「勇敢だったんだニャ」


    リルム「だから焼き鳥は(ry」 -- 猫魔界
  • ニェール「へぇ…凄い人だったんだよぅ」
    クレメール「ナツカは憧れの的だったんよ。あたしも少し憧れてた」


    ディース「焼き鳥はそこで待ってろって!」
    ホルス「ヤダ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ」


    リルム「全くもー」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴が憧れるって相当な人だったのかよぅ…」
    クレメール「そんな時に起こったのが魔物たちの襲撃…向こうでは"大事変"と呼ばれている出来事なんよ」


    ディース「わがままな奴だな…」
    ホルス「別に僕がどこに行こうが勝手じゃんか!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「大事変かニャ?」


    リルム「また焼いちゃうぞ?」 -- 猫魔界
  • ニェール「そう言えば…何かの本で読んだことあるような…」
    クレメール「そう、あたしもそれの一部始終を知ってるんよ…凄まじい戦いだった」


    ディース「今度は黒焦げにすんぞ!?」
    ホルス「うわーん!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃん…」


    リルム「それが嫌だったらここで待っててねー」 -- 猫魔界
  • ニェール「そうなのかよぅ…」
    クレメール「その時もナツカは大いに活躍したんよ。敵の大将を軽々と倒しちゃったからね」


    ディース「そういうこと!」
    ホルス「うわぁぁぁん!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャニャ、想像すると凄そうだニャ」


    リルム「じゃあねー」 -- 猫魔界
  • ニェール「まさに無双だよぅ!」
    クレメール「ふふっ、その活躍もあってナツカは国の英雄となったんよ」


    ディース「じゃあなーw」
    ホルス「酷いよぉぉぉ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「…それなのにニートかニャ?」


    リルム「ばいばーい」 -- 猫魔界
  • ニェール「確かに…英雄になったのに今はニートかよぅ?」
    クレメール「…その"英雄になった"のがいけなかったんよ」


    ディース「さっ、行こうぜ!」
    ホルス「僕も連れて行ってよー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「称えられすぎた反動かニャ」


    リルム「うん!」 -- 猫魔界
  • ニェール「えっ、そうなのかよぅ!?」
    クレメール「ん、それもあながち間違いではないんよ。 二人とも、もしもまたその国で異変が起こったら、人々は誰に助けを求めると思う?」


    ディース「レッツゴーだぜ!(ニェールの家に向かう)」
    ホルス「待ってよー!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ…英雄にまず求めそうだにゃん」


    リルム「ごー!」 -- 猫魔界
  • ニェール「うん…英雄に助けを求めると思うよぅ」
    クレメール「その通り。竜人界の国の人々は事件が起こる度にナツカに助けを求めたんよ」


    ディース「あの家がそうだな(赤い屋根の家)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「バステトだったら最初は応じると思うニャ」


    リルム「なんか目立つねー」 -- 猫魔界
  • ニェール「もしかして…そのナツカって人は…」
    クレメール「いやいや、ナツカも初めはちゃんと解決しようと頑張ってたんよ」


    ディース「確かに…周りの家と比べてもかなり目立つぜ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「でも、途中で飽きてしまいそうなんだにゃん…」
    ラー「バステトはな」


    リルム「めっちゃ赤い」 -- 猫魔界
  • ニェール「そうなのかよぅ?」
    クレメール「うん、内容も魔物の討伐が主だったからね。"最初の頃は"だけど…」


    ディース「真っ赤な家だぜ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「う、うるさいニャ!」
    ラー「最初の頃は魔物退治が主だったが、途中から変わってしまったと」


    リルム「ねー」 -- 猫魔界
  • ニェール「最初の頃は…かよぅ?」
    クレメール「そう。人々はそのうちに自分たちでも解決できるような事までナツカに解決させようとしたんよ…」


    ディース「そうだよなー」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャー!」
    ラー「成程、人任せになっていったという事か」


    リルム「もうちょっとで着くかな?」 -- 猫魔界
  • ニェール「そのナツカって人に色々なことを任せっきりにしていったのかよぅ…」
    クレメール「ナツカは依頼を受けていくうちに身も心も疲れていったんよ…」


    ディース「ん、もうすぐ着きそうだぜ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「(ジタバタ)」
    ラー「その結果が…ニートと」


    リルム「いいにおーい」 -- 猫魔界
  • ニェール「それは悲惨だよぅ…(汗)」
    クレメール「ナツカは人々に言ったんよ。『皆で解決できる事は自分たちで解決してくれ』…ってね」


    ディース「早速行ってみようぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャー!」
    ラー「確かにな…解決できるものは自分たちで解決するべきだ」


    リルム「おーっ!」 -- 猫魔界
  • ニェール「僕もそう思うよぅ!」
    クレメール「そしたらね…人々は『国の英雄なら自分たちの頼みは聞くべきだ』と言ってきたんよ」


    ディース「よし、入ろう!(家に入る)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャニャー!」
    ラー「…なんという事だ」


    リルム「お邪魔しまーす!」 -- 猫魔界
  • ニェール「えっ、それは…」
    クレメール「ナツカはそれを聞いてショックを受けたんよ…英雄という肩書は所詮その程度のものでしかないのだと…」


    ディース「ん、いい匂いがしてきたぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャー!」
    ラー「…」


    リルム「誰かが何か作ってるのかなー?」 -- 猫魔界
  • ニェール「…」
    クレメール「ナツカはそれ以来、人間不信になって…国を出て行ったんよ。幼い妹を連れてね…」


    ディース「こっちからだ!(キッチンへ向かう)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「…(チーン)」←ラーのソーラーレーザーを喰らわされた
    ラー「そうなのか…」


    リルム「キッチンかなー?」 -- 猫魔界
  • ニェール「アーッ!バステトー!」
    クレメール「国の人々はナツカを"臆病者"だの、"恥晒し"だの…散々悪態をついてたんよ…」


    ディース「おっ、キッチンだ!」
    イシス「あら?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「酷い事をするものだ」


    リルム「こんちわー!」 -- 猫魔界
  • ニェール「…(やっぱりバステトの父さんを怒らせたらダメだよぅ…)」
    クレメール「あたしはそいつらをボッコボコにしてやりたかった…けど…」


    ディース「こんにちは!」
    イシス「あら、貴方達は先程の…」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「けど?」


    リルム「リルムだよー!」 -- 猫魔界
  • ニェール「バステト、今から救急箱持ってくるよぅ!(タタタッ)」
    クレメール「そんなことをすれば、ナツカの顔に泥を塗ることになる…だから、グッとこらえて我慢したんよ…」


    ディース「俺はディースだぜ!」
    イシス「リルムさんにディースさんですね。私はイシスです」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「仕方ないな…」


    リルム「イシスだねー? よろしくー!」 -- 猫魔界
  • クレメール「ナツカはその後、城下町から離れた里へと行ったんよ。余生を静かに過ごす為に…」


    ディース「あぁ、よろしくな!」
    イシス「もしかして、貴方達も料理を食べに来たんですか?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ふむ…」


    リルム「へへー、匂いに釣られてきちゃいました」 -- 猫魔界
  • クレメール「まぁ…その結果が今のナツカなんよ」


    ディース「へへっ、俺もだぜ」
    イシス「ふふっ、いいですよ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「成程な…」


    リルム「わーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「どっちがナツカにとって幸せだったのか…今となっては本人にしか分からないんよ」
    ニェール「救急箱持ってきたよーぅ!(ドタドタ)」


    ディース「やったぜ!」
    イシス「美味しいのを作りますね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「…」
    バステト「にゃーん…(伸びてる)」


    リルム「ありがとー!」 -- 猫魔界
  • クレメール「あたしは今のナツカも好きだけどね」
    ニェール「今から治療するよぅ!(バステトの治療をする)」


    ディース「わくわくするな!」
    イシス「ふふっ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「そうか…」
    バステト「ニャー」


    リルム「うん!」 -- 猫魔界
  • クレメール「もちろん昔のナツカも好き。っと、これがナツカの過去のお話なんよ」
    ニェール「よっと…これでよしっ!」


    ディース「~♪」
    イシス「さてと、後は仕上げですね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ふむ…そうか」
    バステト「うにゃーん」


    リルム「おっ?」 -- 猫魔界
  • クレメール「長くなっちゃってごめんなんよ。懐かしかったからつい長くなっちゃったんよ…」
    ニェール「バステト、大丈夫かよぅ?」


    ディース「んっ?」
    イシス「ふんふん♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「何、気にすることはないぞ」
    バステト「ニャ、大丈夫だにゃん」


    リルム「完成が楽しみー」 -- 猫魔界
  • クレメール「ナツカとは今でもたまに会いに行くけど…今は竜人界にはいないみたいなんよ」
    ニェール「よかったよぅ…」


    ディース「そうだな!」
    イシス「~♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「そうか…」
    バステト「ウニャー、やっぱり父ちゃんのソーラーレーザーは痛いニャ」


    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • クレメール「ラーさん達は見かけなかったんよ?」
    ニェール「確かにアレは痛いよぅ…(汗)」


    ディース「ふんふ~ん♪」
    イシス「ふぅ…完成です!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「あぁ…見てないぞ」
    バステト「ウニャー…」


    リルム「おっ?」 -- 猫魔界
  • クレメール「そっか…分かったんよ」
    ニェール「くんくん…おっ、いい匂いがするよぅ!」


    ディース「おっ?」
    イシス「料理ができましたよ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「…」
    バステト「ニャ、料理の匂い!」


    リルム「わーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「おっと、どうやら料理ができたみたいなんよ」
    ニェール「楽しみだよぅ!」


    ディース「よっしゃ!」
    イシス「さっ、お二人もリビングへ行きましょうか」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「うぬ、そのようだな」
    バステト「にゃーん!」


    リルム「はーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「あたし達はテーブルについて待ってるんよ」
    ニェール「そうするよぅ!」


    ディース「おう!(リビングへ向かう)」
    イシス「ふふっ(料理を持ってリビングへ)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「そうだな」
    バステト「ニャー」


    リルム「~♪(リビングの方へ)」 -- 猫魔界
  • クレメール「よっこらしょういち(テーブルにつく)」
    ニェール「楽しみだよぅ~♪」
    イシス「お待たせしました」
    ディース「お邪魔するぜー」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「うぬ」
    バステト「にゃーん!(椅子に飛びかかる)」
    リルム「お邪魔しまーす!」 -- 猫魔界
  • クレメール「おっ、待ってたんよー!」
    ニェール「来たきたよーぅ!」
    イシス「卵焼きと唐揚げとサラダを作ってきましたよ」
    ディース「よっと!(椅子に座る)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ふむ、美味そうだ」
    バステト「ニャニャッ!? 先程の奴らだニャ!」
    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • クレメール「卵焼きに唐揚げにサラダ…シンプルだけど美味しそうなんよ!」
    ニェール「げげっ、さっきの奴ら!」
    イシス「白いご飯もありますからね(テーブルに料理を置いていく)」
    ディース「美味そうだぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「栄養も十分だ」
    バステト「何故ここに!?」
    リルム「早く食べたーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「早速頂くとするんよ!」
    ニェール「どうやってここを見つけたんだよぅ!?」
    イシス「ふふっ、どうぞ食べてくださいな」
    ディース「よっしゃ!食べようぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「そうしようか」
    リルム「いただきまーす!」
    バステト「まさか、匂いに釣られて…」 -- 猫魔界
  • クレメール「いただきますんよ!」
    ニェール「あっ…そういうことかよぅ」
    ディース「いただきまーす!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「いただきます」
    リルム「もぐもぐ」
    バステト「にゃん…嗅覚が凄い奴らだニャ」 -- 猫魔界
  • クレメール「あむっ(卵焼きを食べる)」
    ニェール「ご飯の匂いだけでここを嗅ぎつけるとは…侮れない奴らだよぅ」
    イシス「ご飯はおかわりもありますからね」
    ディース「もぐもぐ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「…美味い」
    バステト「腹でも減ってたのかニャ」
    リルム「もぐもぐ」 -- 猫魔界
  • クレメール「美味しい!美味しいんよ!」
    ニェール「それはあり得るよぅ」
    イシス「ふふっ、ありがとうございます」
    ディース「もぐもぐ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「うむ」
    バステト「食い意地の張った奴らだニャ」
    リルム「うまーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「こんなに美味しい料理は初めてなんよ!」
    ニェール「食い意地だけは立派な奴らだよぅ」
    イシス「ふふっ」
    ディース「うめぇ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「もぐもぐ」
    バステト「…バステト達も食べるにゃん」
    リルム「もぐもぐ!」 -- 猫魔界
  • クレメール「うぅーん、美味しい!」
    ニェール「うん、そうするよぅ」
    イシス「作った料理が褒められるとやはり嬉しいものですね」
    ディース「もぐもぐ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「うむ…美味」
    バステト「にゃーん」
    リルム「おかわり!」 -- 猫魔界
  • クレメール「こっちの唐揚げも美味しいんよ!」
    ニェール「いただきまーすよぅ!」
    イシス「ふふっ、いいですよ」
    ディース「あっ、俺も俺も!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「サラダもいい味だぞ」
    バステト「ニャー!」
    リルム「サンキュー!」 -- 猫魔界
  • クレメール「おっ!本当なんよ!」
    ニェール「もぐもぐっ」
    イシス「…(キッチンへ向かう)」
    ディース「サンキューだぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「もぐもぐ」
    バステト「美味いニャー!」
    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • クレメール「イシスは料理上手なんよー」
    ニェール「美味しいよぅ!」
    ディース「ふんふん♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「あぁ」
    バステト「にゃーん」
    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • クレメール「あたしも料理上手になりたいんよー」
    ニェール「姉貴の料理はよくも悪くも普通だよぅ」
    ディース「~♪」
    イシス「おかわり持ってきましたよ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「私ももう少し上達させたいな」
    バステト「ウニャ」
    リルム「おっ、待ってましたー!」 -- 猫魔界
  • クレメール「普通って言うなよー!」
    ニェール「普通だから仕方ないよぅ」
    ディース「おぉっ!待ってたぜ!」
    イシス「私で良ければ何かお教えしますよ?(白ご飯をリルム達に渡す)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「いいのか?」
    バステト「ニャ」
    リルム「わーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「えっ、料理を教えてくれるんよ?」
    ニェール「唐揚げ美味しいよぅ」
    ディース「いただきまーす!」
    イシス「えぇ、この程度の料理ならお教えできます」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ふむ…」
    バステト「卵焼き美味しいにゃん」
    リルム「もぐもぐ」 -- 猫魔界
  • クレメール「おぉっ、それは嬉しいんよ!」
    ニェール「このサラダも美味しいよぅ」
    ディース「もぐもぐ!」
    イシス「はい」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ならばお願いしようか」
    バステト「にゃーん」
    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • クレメール「これであたしの女子力も上がるんよー」
    ニェール「…(元々無いようなものだけどよぅ)」
    イシス「ふふっ、いいですよ」
    ディース「美味い!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ありがとう」
    バステト「女子力かニャ?」
    リルム「おいしーい!」 -- 猫魔界
  • クレメール「ラーも料理はするの?」
    ニェール「姉貴はファッションとかには無頓着だよぅ」
    イシス「食事が終わってからお教えしましょう」
    ディース「料理が上手な人が作ると本当に美味いな!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「時々するが、あまりうまくはない」
    バステト「マジかニャ」
    リルム「うん!」 -- 猫魔界
  • クレメール「へぇ…あたしも時々料理するけどここまで美味しくは作れないんよー」
    ニェール「マジだよぅ」
    イシス「まずは食事を済ませてしまいましょう」
    ディース「リルムは料理とかするのか?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「そうなのか?」
    バステト「ニャ、バステトの方があるかニャ?」
    リルム「んん、しないよ」 -- 猫魔界
  • クレメール「悔しいけど、ニェールの言う通り味は普通なんよ…」
    ニェール「うん、バステトの方があると思うよぅ!」
    イシス「ふふっ」
    ディース「しないのか?てっきり料理とかしてると思ったが…」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ふむ…だが、普通でもいいと思うぞ」
    バステト「ニャ、照れるにゃん」
    リルム「しないしない! 私がするのはスケッチだけだぞー」 -- 猫魔界
  • クレメール「そう…かな?」
    ニェール「へへ、バステトは可愛いからよぅ」
    ディース「そうなのか…でも、絵はすごく上手いからいいか!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「変に凝って変な物になるよりかは、普通に作った方がいいかと」
    バステト「ニャ、照れるニャ!」
    リルム「へへ~」 -- 猫魔界
  • クレメール「たはは、そう言ってくれると嬉しいんよー」
    ニェール「にゃははっ!」
    ディース「絵が上手いのも自慢できると思うぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「ふふっ」
    バステト「ニャニャニャ!」
    リルム「ドヤッ」 -- 猫魔界
  • クレメール「それならあたしの料理も食べてみる?」
    ニェール「にゃははーっ!」
    ディース「ははっ!」
    イシス「…(微笑んでいる)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「いいのか?」
    バステト「ニャー!」
    リルム「ドヤァ…」 -- 猫魔界
  • クレメール「ちょうどイシスにあたしの料理の腕を見てもらおうと思ってねー」
    ニェール「ふぅ…笑い疲れたよぅ」
    ディース「俺も絵が上手くなりたいぜ」
    イシス「そうですね…それではキッチンに向かいましょうか」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「あぁ」
    バステト「ニャ、バステトもだニャ」
    リルム「ディースも描いてみるぅ?」 -- 猫魔界
  • クレメール「よしっ!早速行ってみるんよー(キッチンへ向かう)」
    ニェール「それにしても美味しい料理だよぅ」
    ディース「え、いいのか?」
    イシス「…(キッチンへ)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • ラー「私も行くぞ(キッチンへ)」
    バステト「ニャ、バステトは料理できにゃいからニャ…」
    リルム「もちろん! 画材なら持ってきてるよ」 -- 猫魔界
  • ニェール「バステトも料理は苦手かよぅ?」
    ディース「それなら描いてみたいぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ、父ちゃん任せだからニャ…」
    リルム「いいよー!(画材を取り出す)」 -- 猫魔界
  • ニェール「なるほど…僕も基本は姉貴任せなんだよぅ」
    ディース「サンキュー!」


    クレメール「それじゃ、軽く料理を作ってみるんよ!」
    イシス「えぇ、お願いします」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ、ニェールは姉ちゃん任せなのかニャ」
    リルム「…あ、筆洗ってなかった」


    ラー「あぁ」 -- 猫魔界
  • ニェール「そうなんだよぅ。僕はあまり料理は得意じゃないからよぅ…」
    ディース「あらら」


    クレメール「腕によりをかけて作るんよー!」
    イシス「ふふっ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ…」
    リルム「ちょっと洗ってくるね。水道どこ?」


    ラー「楽しみだな」 -- 猫魔界
  • ニェール「作れるのはゆで卵ぐらいだよぅ」
    ディース「水道は…あそこじゃね?(洗面台のある部屋を指す)」


    クレメール「ふんふんふふ~ん♪(調理開始)」
    イシス「そうですね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「バステトはなにも作れないにゃん…」
    リルム「アレ、洗面台?」


    ラー「…ん、匂ってきた」 -- 猫魔界
  • ニェール「ゆで卵も料理のうちには入らないと思うよぅ…」
    ディース「ん、洗面台だな」


    クレメール「そいそれほいほい~♪」
    イシス「何を作っているのでしょうか…楽しみです」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん…」
    リルム「ちょっと洗ってくる(洗面台へ)」


    ラー「そうだな」 -- 猫魔界
  • ニェール「にゃふ…」
    ディース「おう、頼むぜー」


    クレメール「それそれほれほれ~♪」
    イシス「この匂い…炒飯でしょうか?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「…ニャ」


    ラー「ふむ…香ばしい」 -- 猫魔界
  • ニェール「…バステト、元気を出すよぅ!料理が全てじゃないよぅ!」
    ディース「ん~♪」


    クレメール「正解なんよー!」
    イシス「ふふっ、楽しみです」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん…」


    ラー「あぁ、完成が楽しみだ」 -- 猫魔界
  • ニェール「人には得意不得意があるんだよぅ!」
    ディース「~♪」


    クレメール「ふんふふ~ん♪」
    イシス「私はお皿の準備をしておきますね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「んにゃ…」
    リルム「ただいま」


    ラー「んぬ、頼むぞ」 -- 猫魔界
  • ニェール「バステトの得意なことがあればそれでもいいと思うよぅ!」
    ディース「お、おかえり!」


    クレメール「もうすぐ完成なんよー!」
    イシス「お皿を3つ用意して…と」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「バステトの得意なこと…かニャ?」
    リルム「洗ってきたよ。ついでに水洗い用のバケツも持ってきた」


    ラー「食器運びは私にやらせてくれ」 -- 猫魔界
  • ニェール「そうだよぅ!何かあるはずだよぅ!」
    ディース「おっ、サンキュー!」


    クレメール「ふんふ~ん♪」
    イシス「あら、いいのですか?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ、バステトが得意ニャことは…」
    リルム「これで準備できたねー」


    ラー「あぁ、私だけ見ていると言うのも失礼だろうと思ってな」 -- 猫魔界
  • ニェール「バステトの得意なことはなんだよぅ?」
    ディース「そうだな!」


    クレメール「ほい、完成!」
    イシス「ありがとうございます。では、お願いしますね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「…走ることだにゃん」
    リルム「描きたいもの決まった?」


    ラー「分かった」 -- 猫魔界
  • ニェール「それも立派な特技だよぅ!」
    ディース「ん、とりあえずリルムを描いてみるぜ」


    クレメール「お皿は準備できてる?」
    イシス「えぇ、ここに」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ?」
    リルム「ん? 私を?」


    ラー「…」 -- 猫魔界
  • ニェール「僕はそこまで速くは走れないからよぅ…」
    ディース「せっかくここに可愛いモデルがいるからな」


    クレメール「おし、盛り付けるんよー」
    イシス「…ふむ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「そうかニャ?」
    リルム「このぉー、褒めても何もでないぞー!」


    ラー「…」 -- 猫魔界
  • ニェール「そうなんだよぅ」
    ディース「へへっ!」


    クレメール「~♪(盛り付け中)」
    イシス「ふふっ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ…照れるにゃん」
    リルム「ふーんだ!」


    ラー「盛り付け終わったら教えてくれ」 -- 猫魔界
  • ニェール「ほら、バステトにもいいところがあったよぅ!」
    ディース「よし、早速描いてみるぜ!」


    クレメール「ふんふ~ん♪」
    イシス「えぇ、分かりました」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ!」
    リルム「…」


    ラー「うぬ」 -- 猫魔界
  • ニェール「皆にはちゃんといいところがあるんだよぅ!」
    ディース「よし…(絵を描き始める)」


    クレメール「~♪」
    イシス「ふむふむ…」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「みんな違ってみんないい、だニャ」
    リルム「…」


    ラー「…」 -- 猫魔界
  • ニェール「まさにその通りだよぅ!」
    ディース「ここはこうで…」


    クレメール「盛り付け終わったんよー!」
    イシス「終わったようですね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャー」
    リルム「…」


    ラー「皿は私が持って行こう(皿を持つ)」 -- 猫魔界
  • ニェール「皆それぞれに個性があるんだよぅ!」
    ディース「ここはこう…かな?」


    クレメール「お願いするんよー」
    イシス「ふふっ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャニャッ」
    リルム「…」


    ラー「任せておけ」 -- 猫魔界
  • ニェール「…ん?」
    ディース「ここは…こう!」


    クレメール「さ、あたし達はリビングに行くんよー」
    イシス「そうですね」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「…ニャ?」
    リルム「…」


    ラー「…(皿を運ぶ)」 -- 猫魔界
  • ニェール「キッチンから炒飯の匂いがするよぅ」
    ディース「よしっ!できたぜ!」


    クレメール「~♪(リビングへ向かう)」
    イシス「ふふっ(同上)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ、いい匂いだニャ!」
    リルム「できたー?」


    ラー「炒飯だぞ」 -- 猫魔界
  • ニェール「またイシスが料理を作ってくれたんだよぅ!」
    ディース「おう!できたぜ!」


    クレメール「ふふふ…」
    イシス「炒飯を持ってきましたよ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「イシスかニャ?」
    リルム「どれどれー?」


    ラー「よいしょっと…(炒飯の皿をテーブルの上に置く)」 -- 猫魔界
  • ニェール「それともバステトの父さんかな? 姉貴には無理だと思うよぅ」
    ディース「絵なんて久々に描いたぜ…(少し下手だが特徴は捉えている)」


    クレメール「…(ピキッ)」
    イシス「…(汗)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ?」
    リルム「うんうん…けっこーいいんじゃない?」


    ラー「誰が作ったと思う?」 -- 猫魔界
  • ニェール「きっとバステトの父さんだよぅ!」
    ディース「本当か!?」


    クレメール「…(ピキピキッ)」
    イシス「実はですね…」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「父ちゃんかニャ?」
    リルム「ちょっとカクカクしてるかも」


    ラー「…」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴にこれは無理だと思(ガシッ)」
    クレメール「ニェール、これはねぇ、あたしが作ったんよー(怒りマーク)」
    イシス「あはは…(汗)」
    ディース「あらら、マジでか」
    -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん…(汗)」
    ラー「やれやれ」
    リルム「だけど、いいと思う」 -- 猫魔界
  • ニェール「え…マジかよぅ?」
    クレメール「うん、マジなんよー(怒りマーク)」
    イシス「本当にクレメールさんのお手製ですよ」
    ディース「そう…かな?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ」
    ラー「…」
    リルム「ディースならもっとうまくなれるよ!」 -- 猫魔界
  • ニェール「…ごめんよぅ」
    クレメール「おや、素直に謝るとは珍しいんよ」
    イシス「…」
    ディース「へへっ…ありがとな!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャー」
    ラー「…」
    リルム「へへー」 -- 猫魔界
  • ニェール「…(姉貴を怒らせたら後が怖いよぅ)」
    クレメール「よし、今回は大目に見てあげるんよ」
    イシス「さ、クレメールさんお手製の炒飯を食べてみましょうか!」
    ディース「へへっ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャー!」
    ラー「あぁ」
    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • ニェール「ほっ…助かったよぅ」
    クレメール「それじゃ皆で食べるんよー!」
    イシス「ちゃんと人数分用意してありますよ」
    ディース「リルムの絵も見てみたいぜ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「早速食べるにゃん!」
    ラー「あぁ」
    リルム「私の絵みたい?」 -- 猫魔界
  • ニェール「まぁ…姉貴の料理は不味くはないから食べてみるよぅ」
    クレメール「ふふん、あたしだって成長してるんよ?」
    イシス「さっ、食べましょうか」
    ディース「おう!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ!」
    ラー「そうだな」
    リルム「ちょっと待っててねー」 -- 猫魔界
  • ニェール「それじゃいただきますよぅ(パクッ)」
    クレメール「…(ニコニコ)」
    イシス「いただきます(炒飯を食べる)」
    ディース「分かったぜ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「いただきますだにゃん」
    ラー「…(もぐもぐ)」
    リルム「んー」 -- 猫魔界
  • ニェール「ん…(美味しい…よぅ)」
    クレメール「お味はどうなんよ?」
    イシス「…普通に美味しいです」
    ディース「~♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「もごもご」
    ラー「美味しいぞ」
    リルム「んむむー」 -- 猫魔界
  • ニェール「…むぅ」
    クレメール「おぉ、それは良かったんよー!」
    イシス「少し薄味ですが、これはこれでいい感じです」
    ディース「~♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん」
    ラー「もう少し味が濃くてもいいな」
    リルム「むーぅ」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴も成長してる…ってことかよぅ」
    クレメール「むぅ、味が薄かったかぁ」
    イシス「ふむ、ここは改善の余地がありますね」
    ディース「~♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ?」
    ラー「うぬ」
    リルム「むむむ…」 -- 猫魔界
  • ニェール「そこは認めてやるよぅ」
    クレメール「そだね!メモメモ…(カキカキ)」
    イシス「クレメールさんもなかなか上手いじゃないですか」
    ディース「~♪」
    -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん?」
    ラー「少なくとも私よりは上だ」
    リルム「むぅーん」 -- 猫魔界
  • ニェール「ふん…悔しくなんかないよぅ…」
    クレメール「それじゃ次はラーの番なんよー」
    イシス「私が教えることはあまり無いですね…」
    ディース「~♪」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ」
    ラー「ん? 私も作るのか?」
    リルム「むぐぐー」 -- 猫魔界
  • ニェール「…(頬をふくらませる)」
    クレメール「ラーの料理も食べてみたいんよー!」
    イシス「そうですね、私も食べてみたいです」
    ディース「…」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ?」
    ラー「そう言われると断れないな…よし、作ってみよう」
    リルム「……」 -- 猫魔界
  • ニェール「…姉貴ばっかりずるいよぅ」
    クレメール「やったーっ!」
    イシス「ふふっ、ありがとうございます」
    ディース「…むふぅ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃーん?」
    ラー「それでは(キッチンの方へ)」
    リルム「…できた!」 -- 猫魔界
  • ニェール「むぅ…僕も料理ができるようになりたいよぅ」
    クレメール「楽しみなんよー♪」
    イシス「さて、炒飯を食べて待っていましょう」
    ディース「おっ!できたか!? -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ、バステトもだニャ…」
    リルム「ディース(水彩画)」 -- 猫魔界
  • ニェール「せめて簡単な料理ぐらいはできるようになりたいよぅ!」
    クレメール「了解なんよ!」
    イシス「…(炒飯を食べる)」
    ディース「おぉっ!俺だ!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャー!」
    リルム「どぉ?」 -- 猫魔界
  • ニェール「ニャーッ!」
    クレメール「ふっふ~ん♪(もぐもぐ)」
    イシス「ふむ…」
    ディース「すげぇ!すげぇぜリルム!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ」
    リルム「ドヤァ」 -- 猫魔界
  • ニェール「ふぅ…落ち着いたよぅ」
    クレメール「…お、そうだ」
    イシス「?」
    ディース「やっぱりリルムの絵は上手いなぁ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「にゃん?」
    リルム「ドヤァ…」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴、どうかしたかよぅ?」
    クレメール「この前、あたしの友達から手紙が来てたんよ」
    イシス「クレメールさんのお友達…ですか?」
    ディース「俺も見習いたいぜ」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「クレメールの友達かニャ?」
    リルム「へへーん」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴の友達って言うと…ナツカって人かよぅ?」
    クレメール「うんにゃ、ナツカじゃなくて猫魔界にいる友達なんよ」
    イシス「近くにいるお友達ですか?」
    ディース「リルム、誰かに絵を習ってたのか?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ?」
    リルム「独学」 -- 猫魔界
  • ニェール「へぇ、猫魔界にも姉貴の友達っていたんだよぅ?」
    クレメール「失礼なっ!…うん、町の外れの森に住んでるんよ」
    イシス「ふむ…して、どのような内容だったのですか?」
    ディース「へぇ、独学なのか!ますますすげぇな!」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ」
    リルム「ドヤァ」 -- 猫魔界
  • ニェール「冗談だよぅ。僕だって知ってるよぅ」
    クレメール「まったく…ん、久しぶりに遊びに来てほしいって内容だったんよ」
    イシス「なるほど…」
    ディース「流石だぜー!(パチパチ)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「うにゃーん?」
    リルム「ドヤァ…」 -- 猫魔界
  • ニェール「キャミちゃんの事かよぅ?」
    クレメール「そうそう、よかったら皆も一緒に行ってみる?」
    イシス「えっ、いいのですか?」
    ディース「(パチパチ)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「キャミかニャ?」
    リルム「へへーん」 -- 猫魔界
  • ニェール「僕も行っていいのかよぅ!?」
    クレメール「うん、あたしの知り合いだって言えば平気なんよ」
    ディース「(パチパチパチ)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「バステトも興味あるにゃん」
    リルム「~♪」 -- 猫魔界
  • ニェール「わーい!キャミちゃんに会えるよぅ!」
    クレメール「バステトちゃんも行ってみる?」
    イシス「ありがとうございます」
    ディース「おっ?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ウニャ、行ってみたいにゃん」
    リルム「ほぇ?」 -- 猫魔界
  • ニェール「僕ももちろん行くよぅ!」
    クレメール「それじゃ、皆で行くんよー!」
    イシス「ラーさんも誘ってみましょうか」
    ディース「今度は何の話をしてるんだ?」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「おーっ!」
    リルム「分かんなぁい」
    ラー「海鮮パスタを作ってみた」 -- 猫魔界
  • ニェール「おーっ!」
    クレメール「ん、そこの二人(ディースとリルム)も一緒に行く?」
    ディース「どこへだ?」
    イシス「おぉ、これは美味しそうです」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャー!」
    リルム「どこに行くかにもよる」
    ラー「少し辛みを効かせてもみた」 -- 猫魔界
  • ニェール「楽しみだよーぅ!」
    クレメール「あたしの友達の家なんよ」
    ディース「リルム、どうする?」
    イシス「どれどれ…(海鮮パスタを食べてみる)」 -- 猫魔界:ニェール家
  • バステト「ニャ」
    リルム「クレメールの友達かぁ…会ってみたい」
    ラー「…どうだろうか」 -- 猫魔界
  • ニェール「む、あいつらも来るみたいだよぅ」
    クレメール「よし!それじゃ皆で行こっか!」
    ディース「じゃあ俺も行くぜ!」
    イシス「ふむ…これも美味しいです!」 -- ニェール家
  • バステト「…ついてこなくていいニャ」
    リルム「おーっ!」
    ラー「良かった…少し味が濃すぎたかとも思ったが」 -- 猫魔界
  • ニェール「うぅ、また騒がしくなりそうだよぅ…」
    クレメール「皆、準備はいいかなー?」
    ディース「俺は出来てるぜ!」
    イシス「これぐらいならそこまで気にはならないと思いますよ」 -- ニェール家
  • バステト「また尻尾を触られるのはごめんだニャ~!」
    リルム「できてるよー!」
    ラー「そうか?」 -- 猫魔界
  • ニェール「その時は僕がまた返り討ちにしてやるよぅ!」
    クレメール「よし、準備はOKみたいなんよー」
    ディース「よっしゃ!」
    イシス「それに先程、クレメールさんの薄味の料理を食べたのも原因でしょうかね」 -- ニェール家
  • バステト「ふにゃっ!」
    リルム「早くいこー!」
    ラー「それもあるだろうな…」 -- 猫魔界
  • ニェール「とりあえずキャミちゃんの家に行くよぅ!」
    クレメール「後はラー達を待つだけなんよー」
    ディース「早く行こうぜ!」
    イシス「…ん?」 -- ニェール家
  • バステト「ニャー」
    リルム「はーやーくー!」
    ラー「…何故騒がしくなっているのだ?」 -- 猫魔界
  • ニェール「早く行こうよぅ!」
    クレメール「まぁまぁ、果報は寝て待てって言うんよ」
    ディース「早くー!」
    イシス「あ、そうでした。これからクレメールさんのご友人の家へ行くそうです、ラーさんも行きませんか?」 -- ニェール家
  • バステト「ウニャ」
    リルム「むぅ…」
    ラー「ふむ、そうだったか…。私もついて行くことにしよう」 -- 猫魔界
  • ニェール「姉貴ー!早く行こうよぅ!」
    クレメール「もうすぐ出発するから落ち着くんよー」
    ディース「むむぅ…」
    イシス「ふふっ、分かりました」 -- ニェール家
  • バステト「ニ゛ャッ、父ちゃんも来るのかニャ…」
    リルム「むぅ~」
    ラー「あぁ」 -- 猫魔界
  • ニェール「うげっ、バステトの父さんも来るのかよぅ…」
    クレメール「これで皆の準備はOKかな?」
    ディース「むぅー」
    イシス「私も準備いいですよ」 -- ニェール家
  • バステト「勘弁して欲しいニャ…」
    リルム「いつでもいいよー」
    ラー「うぬ」 -- 猫魔界
  • ニェール「これは下手にはしゃげないよぅ…」
    クレメール「んじゃ、早速出発するんよ!」
    ディース「おーっ!」
    イシス「行きましょうか」 -- ニェール家
  • バステト「ウニャー…」
    リルム「れっつごー!」
    ラー「あぁ」 -- 猫魔界
  • ニェール「仕方ないよぅ…」
    クレメール「あたしについて来るんよ!(家を出る)」
    ディース「よっしゃ!(クレメールについて行く)」
    イシス「ふふっ(同上)」 -- ニェール家
  • バステト「…にゃーん」
    リルム「はぁーい!(家を出る)」
    ラー「うぬ(同上)」 -- 猫魔界