バトロイクエスト > 第85話 > 星馳せる終幕の薔薇


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • クィード「きゃー!きゃー!だれかたすけてぇー!(ヱリカから逃げまわってる)」
    フィーユ「あーうー!(混乱した)」
    ネミン「…はっ!(槍を回転させて毒の息を振り払う)」
    ヒエン「ただの人形ではない…ということか(コシュまるを見て)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「続いて九斬り!(赤セイバーを九の字状に3回斬る。麻痺効果あり)」
    一輪「何っ!?進化した!?」
    アシュード「(裏)隙ありッ!はっ!(宙返りでネミンの背後に回り、ネミンを鞭で拘束にかかる)」 -- アドベント一行
  • 赤セイバー「程度があろう!(麻痺せず)(5900/9000)」
    メラグ「ラグナ・インフィニティの効果発動!
    攻撃力の変化している相手モンスターを選択し、その攻撃力の差分のダメージを与え除外する!
    ガイダンス・トゥ・パーガトリィ!!」
    カイト「ハルトオオオォォぉオオ!!(7110/8610)」
    (光子竜が微塵となって消滅する。効果除外のためペナルティダメージ無し)
    ヱリカ「待ちなさいコラ!(錬金術でスケボーを作り追いかける)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「誰このババァ」
    魔王リヴィエール「…良い度胸ねぇ?(ニコニコ)」
    ?????「ババァだってw 笑っちゃうねw(コシュまるも笑っている…)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「いやー!けだものー!すとーかー!(叫びながら走り続ける)(二人の距離は縮まっている)」
    フィーユ「うーあー!」
    ネミン「ッ…!(右腕を突き出し、鞭を巻きつけさせる)」
    ヒエン「…(あの人形も笑っている…!?)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「正義の味方のアタイを舐めてもらっては困るわね!(武器をスイカバーソードに交換する)」
    一輪「あ、消えた(ギャラクシーアイズを見る)とりあえず攻撃するわよ!
    小さな神立雲!(雲山が電気を纏った後、CNo.103に向けて放電する)」
    アシュード「(裏)そらぁっ!(鞭を引っ張りネミンを引き寄せる)今だ!
    (表)いっくよー!(ネミンに馬乗りになろうと飛び掛る)」 -- アドベント一行
  • メラグ「罠発動!ナンバーズ・オーバーレイ・ブースト!
    オーバーレイユニットのないナンバーズに手札のモンスター二体をオーバーレイユニットとして加える!
    そして効果発動!一輪へはただのダメージとなりますが、雲山さんは召喚された追加要素、除外できる!
    ガイダンス・トゥ・パーガトリィ!!」
    (放電を打ち破り雲山へ除外ビームを放つ。当たると一輪もダメージ。)
    赤セイバー「その隙……逃さぬ!(武器を持ち替えた瞬間切りつける)」
    カイト「ドロー!これは…!」
    ヱリカ「勝ちゃあいいんですよ何を使おうが!そらぁ!(加速し首を切りつける)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「…さっさとやってきなさぁい」
    バアル「誰から倒せばいいんだ?」
    ?????「www」 -- 女魔王と…?
  • クィード「きゃーっ!(1000/3000)」
    フィーユ「おうっ!?(混乱が治った)」
    ネミン「くッ…!(体が引き寄せられ、体勢が崩れる)」
    ヒエン「…(草薙ぎの構え)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「なっ・・・ぎゃっ!(5990/9990)
    反撃よ!そりゃっ!(赤セイバーにスイカバーソードを突き刺しにかかる)」
    一輪「雲山が居ないと・・私はただのカカシです!雲山、よけろ!(雲山を素早く移動させて回避)」
    アシュード「(表)捕まえたっ!(そのままネミンに馬乗りになる)
    毒を注入してあげるよー!ポイズンキス!(ネミンの唇にキスし、そのまま毒を口移しする)」 -- アドベント一行
  • メラグ「ではリアルファイト混じりのバトロイ仕様により一輪さんに対象が変更になります」
    (除外ビームが一輪へ。当たってもダメージは受けるが除外はされない)
    カイト「さて、となるとどのタイミングがいいか…」
    赤セイバー「余は楽しい!(突きを美しく止める)」
    ヱリカ「死にさらしゃあ!(さらに追加攻撃)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • 魔王リヴィエール「さっき私に攻撃してきたあいつ(赤セイバー)を狙ってきなさぁい!」
    バアル「へいへい…(剣を構える)」
    ?????「およ? 何の攻撃が来るのかな~」 -- 女魔王と…?
  • クィード「いやーっ!やめてよー!(10/3000)」
    フィーユ「あぁーっ!ネミンが色々な意味であぶなぁーい!」
    ネミン「うっ…ぷぁっ…!?(目を見開いて驚きの表情)」
    ヒエン「…草薙ぎッ!(刀に緑色の気をまとわせ、?????に向けて薙ぎ払う)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「くっ・・・(赤セイバーと距離を離す)
    おっ、助けが来たようね!(武器をあたり棒に変える)」
    一輪「ライフで受ける!(カードゲーム違い)ぎゃっ!(450/3000)
    私達の拳を受けてみなさい!拳固「懺悔の殺風」!(一輪がメラグに突進からのストレートパンチ。それを追うように雲山がCNo.103に渾身のストレート)」
    アシュード「(表)どんどん注入するよー!(続いて麻痺効果のある毒を口移し)」 -- アドベント一行
  • ヱリカ「ならちゃっちゃとソリッドビジョン諦めなさい!(鎌を向ける)」
    赤セイバー「む、二対一とは分が悪いな…(下がり、構える)」
    メラグ「カイトへ攻撃できない…!再びラグナ・インフィニティの効果発動!
    対象は雲山!ガイダンス・トゥ・パーガトリィ!!」
    カイト「頃合いか…!」
    ラグナ・インフィニティ(10000/11000)
    (一輪の攻撃は受け、雲山のストレートにカウンター気味に放つ) -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「てめぇがどれだけ戦えるか見せてもらおうじゃねぇか」
    魔王リヴィエール「~♪」←高みの見物
    ?????「くっ、やったわねー!(ダメージ3000) 反撃だよー!(樹の呪いで受けたダメージの2倍分のダメージをヒエンに与えようとする)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「うぅ…でも…さわりたいよ…(目をうるうるさせる)」
    フィーユ「これは助けるべきか!? でも、激レアな絵なんだよなぁ…(そう言いつつトルマリンの斧を構え直す)」
    ネミン「うぁっ…ぷぅっ…!?」
    ヒエン「遅いっ!(とっさに回避する)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「ド派手なの行くわよ!ブレイク!(赤セイバーにあたり剣以外の剣5つを飛ばす)」
    一輪「間に合わない・・・あっ!(除外ビームが雲山に命中。雲山はボッシュート。そして・・・)
    ぎゃーっ(50/3000)」
    アシュード「(表)早くしないと大変な目にあっちゃうよ~?(続いて混乱の毒を口移し)」 -- アドベント一行
  • 魔王リヴィエール「バアルとやら、あなたの実力見させてもらうわぁ」
    バアル「…(チッ、あのババァめ)」
    ?????「回避したなー!?」 -- 女魔王と…?
  • ヱリカ「あーもう、後で掛け合ってみますからさっさとこっちに来なさい!
    (ネミンさんがディープでも抱きつくだのなんなりして動きを止めてくれれば当て身で即気絶ワンチャンあるんですが…
    と無慈悲なアイコンタクトを送ってみます)」
    メラグ「トドメよ!ラグナ・インフィニティ!ダイレクトアタック!」
    (ラグナ・インフィニティが一輪へ武器を投げる)
    カイト「ここだ!DDRフォトサテ墓地光子竜ss銀河遠征銀河騎士ssオーバーレイ!エクシーズ召喚!
    現れろ!銀河究極龍、No.62!
    宇宙にさまよう光と闇。その狭間に眠りし哀しきドラゴンたちよ。
    その力を集わせ真実の扉を開け!銀河眼の光子竜皇!」
    銀河眼の光子竜皇(20000/20000)
    赤セイバー「ふん、余がどれほどの実力を持つか、そこで刮目するがいい!
    ゆくぞ! 童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)!」
    (5つの剣をすり抜けAチルノに必殺の二撃を放つ) -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「氷華⑨咲!大・・・当たりッ!(氷の結晶を発生させ、それを足場にして赤セイバーに迫っての必殺の縦斬り。
    セイバーの必殺の二撃と衝突する)」
    一輪「雲山が居ないとただのカカシ・・・だけどまだ終わらないわ!
    (武器を掴みにかかる)」 -- アドベント一行
  • クィード「ほんとう!?わぁーい!やったー!(ヱリカに近寄る)」
    フィーユ「うぅーん…どうしよっかなぁ~?」
    ネミン「くぅ…ッ…!(何かを察したのか、アシュードに抱きついて動きを止めようとする)」
    ヒエン「そう何度も攻撃を受ける訳にはいかないのでな!(納刀状態に戻る)」
    -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「…(様子見状態)」
    リヴィエール「んっふふふふ…(ケーキを取り出して食べ始めた)」←
    ?????「もっと遊んであーげるっ!(暗闇の霧を発生させ始める)」 -- 女魔王と…?
  • 次はテトロドトキシンを・・・って、うわっ!?(抱きつかれる) -- アシュード(表)
  • メラグ「魔法カード《氷結の刃(ゼロ・ブレード)》を発動!一輪さんの攻撃力を1000下げる!
    そしてこのターンラグナ・インフィニティは二回の攻撃ができr・・・ってカイト!?」
    カイト「少々本気を出させてもらった。悪く思うな」
    (一輪のキャッチ力がダウン、さらにもう一発飛んでいく)
    ヱリカ「グッド!ダメ元でしたがよく気づきましたね!はい当身(瞬間移動し、掴まれたアシュードに当身。直撃すると強制気絶)」
    赤セイバー「風と消えよ!(一撃目は相殺、二撃目を無防備な横っ腹に叩き込む)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「がぁっ・・・!(直撃し、ぶっ飛ぶ)(2990/9990)
    な、中々やるわね・・・(何とか立ち上がり地面を蹴ると、飛んでった5つの武器がBCソードに収納される)」
    一輪「ぐぐぐ・・・駄目だ・・・けぐぁーーーっ!(0/3000)」
    アシュード「(表)ぎゃーーっ!(直撃、気絶する)(4600/8000)」 -- アドベント一行
  • クィード「おぉーっ!(ヱリカの当身を見て拍手)」
    フィーユ「あら、気絶しちゃったぁ!」
    ネミン「なかなか…やるじゃないの…(槍を支えにして立ち上がる)」」
    ヒエン「な…なんだ…!?(暗闇の霧を見て)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「おいそこのババァ(リヴィエール)、サボってんじゃねぇ!(剣を構え、雷を宿し始める)」
    リヴィエール「ケーキ美味しいわぁ」
    ?????「暗闇に包まれちゃえ!(その霧をヒエンに向けて放つ。ダメージ無しだが暗闇状態になるかもよ)」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「集え、炎の泉よ!(攻撃力増加)」
    カイト「プライムフォトンの効果発動!
    フィールド上のエクシーズモンスター全てのランクを1あげる!」
    メラグ「除去を引けば…アンブラル・ゴースト!?
    デッキ勝手にいじりましたわねブェクトゥワァァァァ!!」
    ヱリカ「まーお熱かったことで(ネミンに)
    さてさて(アシュードを本人の茨で簀巻きにする)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • クィード「おねえちゃんもつよいんだね!(ヱリカへ)」
    フィーユ「さぁてと!あたしは誰を手伝おっかなー?(キョロキョロ)」
    ネミン「あ…あれは…不可抗力だったのよ…(顔を赤らめる)」
    ヒエン「!?(案の定、暗闇状態に)」
    -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「チッ…!」
    リヴィエール「もぐもぐ」
    ?????「残念でしたー! これでもう攻撃できないよねー!」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「さて・・・早く決着をつけないとね(あたり剣を構える)」
    一輪「・・・(倒れている)」
    アシュード「(表)・・・(気絶中)
    (裏)表!ったく、しょうがねぇな・・・(人格交代)
    表は気絶したが・・・アタイは気絶してないぜ!(立ち上がる)っておい(自身の鞭で縛られ中)(3600/8000)」 -- アドベント一行
  • 赤セイバー「さて、どう出てくるか…」
    ヱリカ「これでよし(完全に簀巻きにしトドメに口をガムテープで塞ぐ)
    さっきのは後でドラノールに横流ししますかねぇ…」
    カイト「プライムフォトンでラグナ・インフィニティを攻撃!
    この瞬間プライムフォトンの攻撃力はランクの合計×200アップする!
    エタニティ・フォトン・ストリーム!!!」
    メラグ「くぅうううう!!」
    ラグナ・インフィニティ(2000/11000) -- 電子の海より豪華絢爛
  • クィード「よこながしー?(首を傾げる)」
    フィーユ「んー…よし、あの兄ちゃん(ヒエン)の手伝いでもしてあげるかねぇ!」
    ネミン「な…何をするつもりよ…!?」
    ヒエン「くっ…まさかここまで…!」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「うおりゃァァァ!!!(そのまま赤セイバーに向けて突進するバカがいますか普通)」
    リヴィエール「あら、猪突猛進型かしらぁ?」
    ?????「ふふ~(コシュまるが警戒態勢) どうしたのコシュまる?」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「あっ、あいつーッ!(バアルを見て)」
    一輪「ぐへー(気絶中)」
    アシュード「(裏)ゴギファップンゴロッパンベレラーッ!(助けて欲しいと体で訴える)」 -- アドベント一行
  • 赤セイバー「ふふん、この主人公補正!正に余の独壇場だな!」
    (くるりとまわりながら剣でバアルを迎撃)
    カイト「これで最後だ!プライムフォトン!」
    メラグ「私がドローしたカードはエクシーズ・ユニット!
    スペルスピードガン無視なバトロイではいつでも使用することができ…」
    カイト「紋章の記録」
    メラグ「なんでそんなものをーっ!?」
    ヱリカ「まぁ絵面からして超レアですし。弱み握る的にも保存必須でしょう」
    (アシュードに蹴りをかまして黙らせようとする) -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「構えてやがったか!(直撃、8500/12500)」
    リヴィエール「そりゃそうよ」
    ?????「…?」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「・・・⑨ね(バアルを見ている)」←お前が言うな
    アシュード「(裏)!(ジャンプで何とか避け)
    レレロー!レレロー!(?????の方を向き、助けを求める)」 -- アドベント一行
  • クィード「そーなのかー!」
    フィーユ「かかっていらっしゃぁーい!(?????に飛びかかる)」
    ネミン「う…くっ…(まさかこんな事になるとはね…)」
    ヒエン「な、なんだ!?」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「誰が⑨だボケ!」←お前だよ
    リヴィエール「www」
    ?????「キャッ! 誰よあんた!?(飛びかかられてダメージ3000)」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「余と余の奏者のため、喝采をするがよい!万雷のように!」
    (三連続で切りつける)
    カイト「エタニティ・フォトン・ストリィィーーーム!!!」
    ラグナ・インフィニティ(0/11000)
    メラグ「ベェクタァァァァ!!!!(0/8000)」
    外野「俺は知らねぇ!」
    ヱリカ「あーもう、動かないでください(布を被せ包み、小脇に抱える)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「お前だよ!って危ないわよー!」
    アシュード「(裏)!!!(訳:な、何をするだァーーッ!!)」 -- アドベント一行
  • バアル「1! 2! ぎゃぁ!(1、2発目は防いだが3発目は喰らったアホ。6000/12500)」
    リヴィエール「残念だったわねぇ」 -- 女魔王と…?
  • クィード「わたしもなにかやっちゃおっかなー?」
    フィーユ「あたしはフィーユさんだよぉー!(奇妙なポーズを取る)」
    ネミン「まぁいいわ…ふぅ…」
    ヒエン「…(悔しいが…暗闇では攻撃できない…)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • ヱリカ「さて、残るはあの頭痛皇帝とぬいぐるみ持ちですね」
    赤セイバー「なんだとぅ!?そんな馬鹿な!(一回切りつけ下がる)」
    カイト「メラグは倒れた。一旦引っ込めるぞ」
    (デュエリストのマナーかプライムフォトンを引っ込める) -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「これぐらいなら見切ってやるッ!(回避)」
    魔王リヴィエール「お茶よお茶」←先程から何もしてません
    ?????「離れてよ! やっちゃえコシュまる!(コシュまる、フィーユに向けて闇の炎のブレス)」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「アタイもそろそろ本気を出そうかしら!」
    アシュード「(裏)ばたんきゅー(再起不能)」
    一輪「・・・(倒れている)」 -- アドベント一行
  • クィード「どうしよっかなー?」
    フィーユ「ほいっと!(バク転でブレスを回避しつつ、距離を取る)」
    ネミン「ふあぁ…眠くなってきた…」
    ヒエン「…(この暗闇が晴れるまで待つか…)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「さーて、次はオレのターンかな?」
    魔王リヴィエール「ごくごく」
    ?????「キィーッ、ムカつく女ねー!」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「ほぅ…ならば、余もそれに答えよう!(魔力が迸る)」
    カイト「これは空気を読んだ方がいいか…あの時はごめんよハルトォ…」
    ヱリカ「今この場て言いますそれ?(アシュードを椅子にする。布で包んでいるので刺さったりしない)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「ブレイク!(あたり剣以外の5つの武器が、赤セイバーを囲むように飛んでいく)」
    アシュード「(裏)!(訳:これ程の屈辱を味わったのは初めてだ・・・)」 -- アドベント一行
  • クィード「うん、みんなをおうえんしよっと!」
    フィーユ「ムカつく女でごめんねぇー!(?????にトルマリンの斧で斬りかかる)」
    ネミン「さっきの毒もキツいし…ちょっと寝る…(そのまま横になって眠り始める)」
    ヒエン「…(精神統一)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「一気に決めてやるぜ(再び剣を構え、雷を宿す)」
    魔王リヴィエール「んん~っ」
    ?????→アスタロト「えいっ!(回避)そっちが本気なら、樹の魔神将・アスタロトも全力で行こうかな!(やっと名乗ったよコイツ…)」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「暫し私情を語ろう。告白するぞ……
    余は奏者が―――大好きだーーっ!!!」
    (ブレイクを跳ね除け二人に向け突進。その後セイバー後方の二人が爆発と共に炎に包まれる
    爆発四散すると燃焼・ジツによりスリップダメージ+攻撃力半減)
    カイト「どういう・・・・ことだ・・・!?」
    ヱリカ「赤王名物告白剣ですね・・・絵面が酷い酷い」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「危なっ(爆発を横っ飛びで回避、ブレイクで飛んでいった武器は収納される)」
    アシュード「(裏)・・・・・」 -- アドベント一行
  • クィード「がんばれー!がんばれー!(ピョンピョン)」
    フィーユ「おっけい!それならあたしも頑張っちゃおうっかなぁ!(斧をキラリと光らせる)」
    ネミン「zzz(眠り始めた)」
    ヒエン「…(もう少しだ…もう少し…)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「何コイツ気持ちわりぃ!(ギリギリで回避)」
    魔王リヴィエール「~♪」
    アスタロト「コシュまる、行くよ!(風魔法の用意、コシュまるは闇のブレスの用意)」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「ふふん、何とでも言えい!余と奏者のリア充さに存分に嫉妬するがよい!
    (爆炎を剣に纏わせ、斬撃とともにバアルに飛ばす)」
    カイト「触れたくないよハルトォォォオ!」
    ヱリカ「いけませんね、集中が切れたせいかカイトがブラコンに戻ってます」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「かぁっ、気持ち悪ぃ!やだおめぇ!(赤セイバーを見ている)」
    一輪「・・・・・(戦闘不能中)」 -- アドベント一行
  • バアル「悪いが喰らってやるほどオレも甘くはねぇぞ!(閃光の剣技でかき消そうとする)」
    魔王リヴィエール「あーら」 -- 女魔王と…?
  • クィード「みんな、がんばってー!」
    フィーユ「おぉっと、そうはさせないぞぉー!(斧を構え、アスタロトに向かって回転しながら突撃する)」
    ネミン「zzz(熟睡中)」
    ヒエン「…解けた!(目を開ける)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「言うがよい言うがよい!余には賛辞にしか聞こえぬぞ!
    (火炎はかき消される。上機嫌にバアルに切りかかる)」
    ヱリカ「楽い楽い」
    カイト「おハルトオオオオオ!!」
    (下二名ニートモード突入) -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「なんだこのお調子者! ぶっ飛ばすぞ!?(切り付けを見切り、雷の刃で赤セイバーを攻撃しようとする)」
    魔王リヴィエール「んっふふふふ…」
    アスタロト「2度は食らわないよ~♪(軽快な動きで回避)」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「さーて、私は傍観っと」 -- アドベントチルノ
  • クィード「おわったらごはんだよー!」
    フィーユ「うわっとっ!?(避けられて体勢が崩れる)」
    ネミン「zzz」
    ヒエン「よし…反撃開始だ!(アスタロトを見る)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「(4400/9000)お調子者だと!?ポジティブと呼べ!」
    (連続で剣戟を放つ。切り合いになるかも)
    ヱリカ「しばらく待機ですね」
    カイト「最近作ったセイクリッドの調整でもしておくか…」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「ふぃー・・・あの技は後になるかしら」 -- アドベントチルノ
  • バアル「うっせぇリア充!(切り合い入りましたー)」
    魔王リヴィエール「どっちが勝つかしらねぇ」
    アスタロト「やっちゃえコシュまる!(コシュまる、フィーユの背後から闇の炎のブレス)」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「そうだそうだ!余と奏者は誰よりもリア充なのだーっ!」
    (上機嫌のまま切り合う)
    ヱリカ「あんなこと言いながら切り合うって色々アレですねぇ」
    カイト「ハルトにはとても見せられんな」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「うわぁー・・・緊張感が全く無いわー(ドン引き)」 -- アドベントチルノ
  • クィード「わたしもごはんたべたいー!」
    フィーユ「アーッ!?(5900/9500)(勢い余って赤セイバーの方に斧を投げ飛ばす)」
    ネミン「zzz」
    ヒエン「…(じっくりと間合いを詰めていく)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「てめぇ自重しろよ!」
    魔王リヴィエール「あーら、斧が飛んできてるわよー」
    アスタロト「バアルあぶなーい!」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「ふっははは!聞こえぬnあいたぁ!?(3000/9000)」
    (綺麗に直撃し体勢が崩れる)
    ヱリカ「ざまぁwww」
    カイト「見え透いたオチだな」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「ざまぁミケランジェロww」 -- アドベントチルノ
  • クィード「あっ、フィーユのおのがとんでったー!」
    フィーユ「あいたたた…あれ、あたしの斧は…?」
    ネミン「zzz」
    ヒエン「…?(赤セイバーに気を取られる)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「これはいい! 一気に決めてやる!(右手に剣、左手に雷の剣を持つ)」
    魔王リヴィエール「あーら」
    アスタロト「当たったのはバアルじゃなかったかー」 -- 女魔王と…?
  • 赤セイバー「あたた…はっ!(体勢を立て直そうとするが遅い!遥かに遅いぜ!)」
    ヱリカ「…あのバフ、なんだったんですかね…?」
    カイト(向こうも一応警戒しておくか) -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「・・・この瞬間を待っていたッ!ブレイク!(赤セイバーの周囲にあたり剣意外の5つの武器を飛ばす)」 -- アドベントチルノ
  • バアル「散りやがれ!(赤セイバーを神速の剣技で攻撃)」
    魔王リヴィエール「そろそろかしらぁ?」
    アスタロト「おーおー」 -- 女魔王と…?
  • クィード「いっきにやっちゃえー!」
    フィーユ「あたしの斧はどこぉー!?」
    ネミン「zzz」
    ヒエン「まずはあっちを攻めるか…はっ!(赤セイバーに近寄り、抜刀しつつ斬りつける)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • 赤セイバー「バリツっ!!(0/9000)」
    (ぶっ飛びヤ無茶倒れに)
    ヱリカ「んー…」
    カイト「残りはお前だけだな(アスタロトに)」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「ふっ…勝負あったな」
    魔王リヴィエール「あ、そう言えば…」
    アスタロト「え? 私?(敵に寝返ったことを忘れている)」 -- 女魔王と…?
  • Aチルノ「・・・ってもう倒れてるッ!?
    それじゃ向こうにブレイク!(5つの武器がアスタロトの周囲に移動する)」 -- アドベントチルノ
  • クィード「これがおわったら、あのきかいさわれるんだよね?(ヱリカへ)」
    フィーユ「あたしの斧ー!カムバァーック!」
    ネミン「zzz」
    ヒエン「よし、次は…(アスタロトを見る)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • バアル「あ?」
    魔王リヴィエール「忘れてたわ」
    アスタロト「私やられないもん! コシュまる、行くよ!」 -- 女魔王と…?
  • ヱリカ「えぇ。どうせぶっ壊れても直す方法準備してそうですし」
    カイト「寝返ったの忘れてたのか…?」


    赤セイバー「………
    忠義……大儀である(200/9000)」
    (一番最初にかけた強化により、蘇生した。明日パラガス軍は誰も気付かない) -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「奥義・・・


    超・⑨・武・神・覇・斬!


    大・・・当たりッ!
    (アスタロトの周囲にある5つの武器でアスタロトを斬り、止めにあたり棒で思いっきり斬る)」 -- アドベントチルノ
  • バアル「しぶとい奴め!」
    魔王リヴィエール「…(ケーキ食べてる)」
    アスタロト「コシュまるガー(間に合わない!) キャッ!(ダメージ5000)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「わーい!やったー!」
    フィーユ「あっ!あたしの斧、大発見!(飛んでいったトルマリンの斧を拾いに行く)」
    ネミン「zzz」
    ヒエン「俺の出番は…無さそうだな」 -- フィーユ一行と剣豪
  • Aチルノ「(5つの武器は収納される)
    からの・・・奥義・ブレイバー!(そのまま宙返りしてアスタロトを思いきり斬る)」 -- アドベントチルノ
  • ヱリカ「うげっ!蘇生スキルでしたか!(アシュードを盾に)」
    カイト「ハルっ!?」
    赤セイバー「星よ駆けよっ!この炎こそ、わが情熱っ!!」
    (突撃、無差別に爆炎を放つ!) -- 電子の海より豪華絢爛
  • バアル「チィッ!(爆炎を剣で打ち消そうとしたが) 防ぎききれるかこんなもん!(3000/14500)」
    魔王リヴィエール「大変ねぇ」
    アスタロト「ひっどぉーい!(ダメージ12000、ダウン)」 -- 女魔王と…?
  • クィード「きゃーっ!(その場にしゃがんで回避する)」
    フィーユ「タコス!?(4000/9500)」
    ネミン「zzz…!?(5500/8000)」
    ヒエン「ぐわっ!?(3500/8000)」 -- フィーユ一行と剣豪
  • アシュード「(表)うーん・・・(今更気絶から回復)
    む~!!(訳:ちょっと~、何この扱い~!)(回復したばかりなのにこの始末☆)(600/8000)」
    Aチルノ「えっ、あぢーっ!溶ける!溶ける!(590/9990)」
    一輪「・・・えっ(無情にも一輪にも直撃)(ー500/3000)」 -- アドベント一行
  • カイト「ハルトォオオオオォォオオ!!(2000/8610)」
    赤セイバー「もいっぱあああああ」
    ヱリカ「すんな!」
    赤セイバー「あふん」
    (再びやろうとするところを足を引っかけられ転ぶ) -- 電子の海より豪華絢爛
  • クィード「あぶなかったー!」
    フィーユ「今のは何だったんだぁ!?」
    ネミン「せっかく気持ちよく眠ってたのに…(目をこすりながら起き上がる)」
    ヒエン「完全に不意を突かれたな…」 -- フィーユ一行と剣豪
  • アシュード「(表)むぐ~!(訳:ちょっと~!何よ~!)」
    Aチルノ「全く・・・迷惑極まりないわ」
    一輪「・・・(気絶中)」 -- アドベント一行
  • バアル「…オレはもう疲れた。あとは任せた(ヘタレ状態)」
    魔王リヴィエール「ちょっと、ヘタレてんじゃないわよぉ!」
    アスタロト「…」 -- 女魔王と…?
  • カイト「不意打ちとはそれでもセイバーか!懺悔の用意は出来ているか!
    フォトスラssフォトクラnsリリース銀河眼ssシュヴァルツss銀河遠征銀河騎士ssオーバーレイ!
    逆巻く銀河よ!今怒濤の光となりて、その姿を現すがよい!降臨せよ、我が魂!
    超銀河眼の光子龍!!アルティメット・フォトン・ストリーム!!」
    赤セイバー「奏者ぁああああ!!(0/9000)」
    ヱリカ「いかん危ない危ない…」 -- 電子の海より豪華絢爛
  • Aチルノ「(アシュードに、非情なる止めの無言の手刀)」
    アシュード「(表)ぎゃーっ(0/8000)」 -- アドベント一行
  • バアル「…(ボリボリ)」←HP4000未満になるとヘタレ状態になる
    魔王リヴィエール「仕方のない奴ねー」
    アスタロト「…(チーン)(コシュまるは心配そうにアスタロトを見ている…)」 -- 女魔王と…?