キャラなりきり雑談所 > なりきりログ > なりきりログ122


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • レシラム...まさかの未勝利とは...(汗)(やっぱり俺は空気なのか…?) -- 黒ヨッシー
  • (ゆるゆり♪♪12話視聴中)
    悟飯(超サイヤ人2)「うああああああああああああああっ!!!」
    伝説の超パラガス(ゆるゆり)「ははははははー!結京いいぞぉ!」
    啓介(超サイヤ人3)「勝てる!どんな奴が相手でも負けるはずがない!俺は今究極の結京を手に入れたのだーーーッ!!!」
    正二郎「…(やっぱり百合ーダーらしいな)」 -- 快斗軍
  • パラガス「ウッハッハッハッハァ~ウッハッハッハッ(潰された一人用のポッドに乗って戻ってきた)」
    モア「ま、まさか…。」
    伝説の超パラガス(ゆるゆり)「俺でございます」
    パラガス「助かった…。(0/2400)」
    伝説の超パラガス(ゆるゆり)「体力が助かってないぃ~!」
    パラガス「だが、俺はなんとか生きているのだからなぁ」
    伝説の超パラガス(ゆるゆり)「で、一体どうしたというんだ…」
    パラガス「幼児化したブロリー(Megamari)に投げられたのだよ」
    伝説の超パラガス(ゆるゆり)「ああ、そうか…。だったら次は俺の出番というわけだぁ!」
    パラガス「ゑ゛ゑ゛!?殺されるぞぉ!」
    伝説の超パラガス(ゆるゆり)「心配することはない!俺はゆるゆりMAD仕様なのだよ(ヨースターエリアに向かう)」
    パラガス「あ」 -- 快斗軍
  • ぜ・・・零くんが・・・やらかした・・・;;;
    「え,俺なんか悪いことしましたっけ?」
    ちがうよ;記録・・・塗り替えたのはまじ信じられないくらいだよ;
    「まじすか;いや~俺もあそこまで攻撃で狙われたりしないのはちょっと考えられなかったですね~」
    というわけで,だ。
    一応武器の選定は続けるけども,大剣でのレギュラー枠獲得は確実だって事だけ伝えておきますからね。
    「ほ~い。 あと片手とスラアクとランスでしたね,ためしてないの」
    うん,取り敢えず明日スラアクやって明後日までにはトライアル終了しよう。
    で,他のみんなのステータスも決めて順次トライアルね。
    ついでに俺のモンハン仕様とクレアのモンハン仕様の台詞も編集でのっけとく。
    「了解です,取り敢えず準備だけしておくか~・・・」 -- 剣聖・聖良紅牙(と零)
  • ベジータ(Megamari)「ここまで来ればあかねの脅威も関係無いだろ」
    ちなつ「そうですね」
    伸一「啓介でもあいつを倒すのは無理だな」
    啓介「ん?誰のこと言ってるんだ風華」
    伸一「ああ、あかりの姉の赤座あかねのことだよ」
    啓介「無理だな」
    ラディッツ「だが俺だったらきっと」
    伸一「お前は絶対に無理だろ」
    ラディッツ「おまwww」
    京子「ちなちゅー!久しぶりー!(ちなつに抱きつく)」
    ちなつ「ちょっと京子先輩!」 -- 快斗軍
  • 半人半吸血鬼「ハローハロー!」
    半人「イサークぅ!なんかお土産ないのぉ!」
    壁のシミ「ないよ、何を期待しているの(>Σ<)」
    シミ「あ、ちょっと待ちなさい」
    半人「!! あるんだね!?やった!」
    シミ「角切りもちだ!」
    半人「がっかりだよ!(でも食べる)」
    半人「うまい!」
    シミ「それは硬いので、焼いてお醤油を付けると食べやすくておいしいですよ。」
    半人「ごちそうさま!」
    シミ「もう食べ終わってる(>Σ<)」 -- 壁際族
  • Mr・H「えー、とりあえず某軍?について報告。」
    啓志「まず、マスター?だが、虚偽の疑いがもたれる。体:14 攻:16 防:25 速:45のステータスで126連勝は不可能。それこそチートがなければ不可能だ。」
    Mr・H「実際のところは?」
    輝水「確認作業中です。」
    Mr・H「・・・まぁいい。確認取れ次第、照らし合わせ作業開始だ。」 -- Mr・H軍
  • カラット「祝!はつゆうしょー!!!」 -- piccle
  • 吹雪「おめでトォォォォォォォ!!!」
    パラガス「おめでとう!おめでとう!」 -- パラガス親子…じゃねえぞ!
  • 佐々「おいおい…こんなんで良かったのか?ま、俺は満足だけど」 -- piccle
  • ウィル「…なんか随分と喋ってない気がするな。」
    パラガス(EDF)「中の人がテリワンで卵割りに勤しんでたりテスト週間だったりしたようでございます。」
    ウィル「結果は?」
    ベジット(ウボァ)「わたぼうは3個目であっさり出て来たらしいが少年レオソードと神獣が出てこないらしい。」
    ウィル「ふーん…待て、なんでナチュラルにクズットが混じってるんだ」
    ベジット(ウボァ)「こまけぇこたぁいいんだよ!」 -- 明日パラガス軍と混じリー
  • ベジータ(Megamari)「(そういえば改心したのか…?)」
    伸一「(あれがベジットか…カカロット(Megamari)もできるのか…?)」 -- 快斗軍
  • ウィル「で、なんでなり雑にいるんだ?ここでは戦えないぞ。円環の理に導かれるからな。」
    ベジット(ウボァ)「いや、ちなつとかしどのことか最近は僕野考得汰とかいう嘘吐き大会かと勘違いするような戦闘力持ってる奴が多いだろ?だから逃げようと思うんだが…
    あの白ヨッシー共ぐらいには復讐したいと考えていてな。下見した所問題が起きているようだし、解決に向かったスキに潰そうと考えているんだよ。」
    パラガス(EDF)「反省のかけらもございません;;こーんな最低なクズットにはな~んの未練も無い…」
    ウィル「というかターレス(ウボァ)達はどうした。」
    ベジット(ウボァ)「ポタラで合体した俺にあいつらが敵うと思うか?しどのこが居なかったのはラッキーだったな。居たら流石に死んでた。」 -- 明日パラガス軍
  • (私いますけどね) -- 吉川ちなつ
  • ベジット(ウボァ)「さてと、しばらくゆっくりさせてもらうか…」
    パラガス(EDF)(こいつどうしようかな…)
    ウィル(戦闘力は俺達より高い。仮になりバトへ連行できたとしても返り撃ちに遭うだろう。)
    パラガス(EDF)(一体、どうしろというんだ…) -- 明日パラガス軍
  • 伸一「(鳳先生だったら…)」
    啓介「(アルティメット化しても倒せそうにないが…師匠だったらきっと…!)」 -- 百合男子
  • ベジット(ウボァ)「そういえばバトロイ荘から逃げ出す時にこんなの拾ったんだが知ってるか?」
    ウィル「ボール…?あぁ、しどのこがヨースター島から持ち帰ったのか。知らんな。」
    パラガス(EDF)(誰か気づいてくださ…いや気付かない方がいいのか?あ、あーう…) -- 明日パラガス軍
  • 朝凪「うーん、悔しいかなあ。でも、私も並んでいっぱい勝ったのはほんとですから、次は私の番になるといいですね」 -- piccle
  • ベジット(ウボァ)「…今気付いたんだがもしかしてもうレンスルフの方に解決に向かっててヨースターはガラ空きなのか?」
    パラガス(EDF)「(シュワット!)ガラ空きなど、その様な事があろうはずがございません」
    ベジット(ウボァ)「チッ…」
    ウィル(ガラ空きではないが、あいつに対抗できるのは白ヨッシーぐらいしかいないからな…時間稼ぎをしないとな) -- 明日パラガス軍
  • ベジータ(Megamari)「全然反省してなかったYO…!」
    ちなつ「(私がまた向かってコテンパンに…したいけどあかりちゃんのお姉ちゃんが…(あかねがヨースターエリアにいなくなったことに気づいてない)」 -- サイヤ人の王子と茶道部の王子ベジータが相手だ!
  • ベジット(ウボァ)(ところで作者たちよ、何故俺が気でヨースターの敵を探知してないかわかるか?正解はできなくさせられた。なんの能力だったか…
    だが、それも終わりだ。…クックク、あっちの戦力は俺が乱入すれば壊滅させられる!多分…)
    「あ、そうだそうだ。」
    パラガス(EDF)「(なんとしてでもクズットをここにくぎ付けにしておかなければ…)ん?一体どうしたというんだ?」
    ベジット(ウボァ)「ヨースター行って来る」
    ウィル「っ!探知を妨害してた能力が解けたか!待て!」
    ベジット(ウボァ)「や~だよっ!(瞬間移動で消える)」 -- 明日パラガス軍
  • くそったれーっ!…だがベジットはたしか…。…フフフ…これなら勝てる!(ヨースターエリアに向かうけどフラグだよねこれ) -- ベジータ(Megamari)
  • ウィル「(通信機を取り出す)セル(ウボァ)!ターレス(ウボァ)!今どこに…ヨースターか!俺もすぐに向k」
    パラガス(EDF)「落着けぇ!俺達にはどしようもございません…ってベジータ(Megamari)が…まぁいいや。」 -- 明日パラガス軍
  • 何だ文、ペルソナ4のゲームを取り出して。 -- マリオ
  • P4ゴールデン面白いですよ旦那。
    旦那のアルカナは「塔」ですね。 -- 射命丸 文
  • 間違っちゃいないな。
    だとすると、リューネは「審判」真冬は「刑死者」
    ニナは「魔術師」ちとせは「正義」か。 -- マリオ
  • なら、あの金竜の刹那っていう子は「戦車」、
    その妹のヒナコっていう子は「女教皇」だねぇ。 -- 小野塚 小町
  •  …かなり当てはまるな、タロットに詳しい人も巻き添えにお話したいぜ。(こら) -- マリオ
  • ディトア「タロットと聞い(ry」
    キネト「お呼びじゃないわよw(お前がな)」 -- 魔女族姉弟
  • (ディトアに)おひさしより。
    いきなり質問悪いんだが、
    おたくのアルカナって何だと思うんだぜ? -- マリオ
  • ディトア「お久しぶりです。 僕のアルカナ…ですか?」
    キネト「『悪魔』『死神』」
    ディトア「姉上は黙ってて下さい。 えっと…『月』ですかね?」 -- 魔女族姉弟
  • 「月」か、成る程、おたくらしいな、悪かったらすまん。
    (キネトに)で、そちらのおたくは? -- マリオ
  • ディトア「…いえ、悪くないです。アタイの能力は『惑い・混沌』ですので」
    キネト「はーい、はじめまして。私はキネト、ディトアの姉よ」
    ディトア「迷惑な姉上ですけどね」← -- 魔女族姉弟
  • 私はマリオだ、気軽に呼んでくれても構わないよ。
    さっきも言ったが私のアルカナは「塔」だ。
    悪い意味しかないがな…。 -- マリオ
  • キネト「マリオね、よろしく~。私は『太陽』かしら?」
    ディトア「いいえ姉上は『愚者』もしくは『悪魔』の方が正しいと思います」
    キネト「何よ!」 -- 魔女族姉弟
  • …ここかな?(登場) -- ジーノ
  • 「太陽」ねぇ、確かに明るい性格だ。
    はつらつとしてるねぇ。 -- マリオ
  • 旦那旦那、私は? -- 射命丸 文
  • ちょっと時間をよこせ! -- マリオ
  • キネト「でしょー? マリオの方が分かってるじゃない」
    ディトア「…何ですか、何か文句ありますか(キネトに対し)」 -- 魔女族姉弟
  • ははっ...賑やかだね。 -- ジーノ
  • (ジーノを見て) …懐かしい顔だな、元気してたか? -- マリオ
  • ああ...君も元気そうで何よりだ、マリオ。 -- ジーノ
  • 俺は悪魔d(ry --吹雪の巫女
  • キネト「ん? あなたはだーれ?(吹雪の巫女に対し)」
    ディトア「…知り合いですか?」 -- 魔女族姉弟
  • 俺は悪魔の吹雪ーです…。
    パラガス「(どう考えてもブロリーにしか見えないぞぉ!)」
    -- 吹雪の巫女
  • キネト「悪魔の吹雪? 何だか面白そうな人ね! あ、私はキネトよ」
    ディトア「…」 -- 魔女族姉弟
  • 嬉しいね、でも元気じゃないんだな~これが。
    (実は右足から出血してるが、服に隠れて見えない) -- マリオ
  • ああ...昔、一緒に旅をしたんだ。(ディトアへ)
    元気じゃない?一体どうしたんだい...?(マリオへ) -- ジーノ
  • 昔の旅仲間…ですか、良いですね。 -- ディトア
  • 吹雪「キネトォォォォォォォ!!!ですかぁ…?フフフッ!」
    パラガス「吹雪ー!少し落ち着けぇ!」 -- パラガス親子…と思っていたのか!
  • ほら、ここ。(出血部分を見せる)
    私にとってはなんでもないからほったらっかしにしてる。 -- マリオ
  • 旦那ぁ、まだですか? -- 射命丸 文
  • あらあら、元気いっぱいじゃない。そう言う人、私好きよ! -- キネト
  • ん、確かに...これで何でも無いとは、相当成長したと見えるね。 -- ジーノ
  • ハハハハハハハッ!褒めて☆褒めて☆ -- 吹雪の巫女(伝説の超サイヤ人)
  • 活発な人ねー。うんうん、その元気、大切にしてね! -- キネト
  • すまない、文は当てはまらないと思うぜ。
    もしあるとするなら「愚者」か「隠者」か…?
    (ジーノに)ああ、でもまだ成長中なんだよこれが…(汗)
    スターロードの様子はどうよ? -- マリオ
  • スターロードかい?おかげ様で今はすっかり元通りさ。 -- ジーノ
  • 酷い~っ、でも旦那なら許せる。(マリオの側を離れない) -- 射命丸 文
  • おい文、ちょっとは遠慮しろw
    あの時は大変だったな、
    何たって剣の中に工場に通じる道があるとはな。
    でもアイツのことだ、倒したとはいえ用心はしないとな。 -- マリオ
  • 確かにね...あいつとの戦いは凄かった。 -- ジーノ
  • ほほう、旦那がそんな大冒険をしていたとは。
    今度は私も誘ってください。 -- 射命丸 文
  • 色々な姿で攻撃してきたよな、戦車やら魔法使いやら…。
    ああ文、いいぜ、でもみすちーとメディスンも連れて行こうな。 -- マリオ
  • ああ...戦車の攻撃は厄介だったね。魔法使いの魔法もそうだ。 -- ジーノ
  • はい…。 -- 吹雪の巫女(伝説の超サイヤ人)
  • 私にマグナムは効かないッ!
    しかし岩石はやめろ、
    今の私は地面系の攻撃にゃとことん弱い。 -- マリオ
  • そうなのかい?…マグナムもセーフティリングがあれば怖くなかったね。 -- ジーノ
  • ああ、非常に弱くなった、喰らえば私は転ぶ、おまけつきだ。
    セーフティリングねぇ、ちんぼつせんにあったな。
    わからない人もそこそこいたんじゃないか? -- マリオ
  • 所で旦那、今日のお仕事はもう済ませたんですか? -- 射命丸 文
  • ああ、全て済ませた、後は烏たちと遊ぶだけだ。 -- マリオ
  • それは大変だ...。
    でもまあ、セーフティリングは強力なアクセサリーだったからね...あの場所あるのも納得さ。 -- ジーノ
  • ああ、さらに炎、雷、氷(だったっけ?)のダメージも0にして、
    状態異常も防ぐからな、ついでに素早さもほんのすこし上昇。 -- マリオ
  • あ、他にも防具の「ひまんぱたこうら」ありましたよね。
    確かあっちにも一撃必殺無効、あったんじゃないですか? -- 射命丸 文
  • ああ...あったね、ひまんパタこうら。
    攻撃が疎かになっちゃうが、防御は最高クラスだったはず... -- ジーノ
  • 流石文、幻想郷最速の新聞記者の名は伊達じゃないな。
    そうそう、ちなみに攻撃用のひまんパタこうら、
    あれダメージにムラがあるみたいだぜ。
    …ムラっけハンマーの強化版? -- マリオ
  • そうです。攻撃力を犠牲に防御力をかなり高めます。
    ちなみに重いためか、素早さもかなり落ちます。
    …状態異常も防ぐんですね、とあるアクセサリーがあれば、
    すこし攻撃力と素早さの低下を和らげることができるみたいですよ。 -- 射命丸 文
  • へぇ...よく知ってるね。(文へ) -- ジーノ
  • 話のネタになると思い、いろいろ調べたんですよ。
    そうしたらこのことも書いてありましてね。
    興味津々で読んでいたら、知識がついた…ということです。 -- 射命丸 文
  • ふむふむ...なるほど。 -- ジーノ
  • かわいいぜ。(文の頭をなでなで) -- マリオ
  • て、照れますよ…。(恥ずかしがってる) -- 射命丸 文
  • と、なりゃ…マロもクッパも元気かなぁ…。
    また顔が見たいぜ。 -- マリオ
  • マロは元気だった。
    『マリオさんによろしく言っておいて下さいね』って言っていたよ。 -- ジーノ
  • 皆成長してるなぁ…途中なの私だけだよ。
    今度、箒に乗って遊びに行こうかな。 -- マリオ
  • いやいや...マリオも立派に成長しているさ。 -- ジーノ
  • な、なんだよっ、照れるのぜ。(顔が紅い) -- マリオ
  • はははっ... -- ジーノ
  • ぶわっくしゅん!!!
    …ワガハイ以前もこんなくしゃみしてたような… -- クッパ城より:クッパ
  • 昨日恐ろしい夢を見た、犬耳女の子が、
    普通の少女に甘噛みをして、しばらくすると、
    その女の子に犬耳と尻尾が生えると言う…。 -- マリオ
  • どこのバイオハザードですかw
    でも似たようなケースは多いですね、
    よく使われている感染ケースですよ、旦那。 -- 射命丸 文
  • ならいいんだが…時雨あたりがやりそうで怖いなw -- マリオ
  • そいつは恐ろしいね...(汗) -- ジーノ
  • 最近こんな夢しか見ないぜ。 -- マリオ
  • あー、時雨さんの噛み付きにそんな能力ありますねぇ…。
    感染効果もありましたよね。 -- 射命丸 文
  • でも時雨の同族の増やしかたはこれしかないんだよ、多分。 -- マリオ
  • ウィル「…通信か。なんだ?ん、そうか。すぐ戻る。」
    パラガス(EDF)「ん?一体、どうしたというんだ?」
    ウィル「クズ共は捕まったらしい。あと妖精とかいう超メルヘン生命体が来たらしい。その確認に戻る。」
    パラガス(EDF)「では俺m」
    ウィル「却下。ここに居ろ(退場)」
    パラガス(EDF)「ちょwwwおまwww」 -- 明日パラガス軍
  • 何か事件とか起きないかな、このままじゃ死ぬぜ私。
    あ、死ねないんだった、でも空腹はつらいぜ。 -- マリオ
  • もう(ベジット(ウボァ)の)事件は起きて終わっているというか(邪神の方は)もう干渉できない所まで進行しているというか…
    とりあえず仙豆でもいかがかな?(マリオに仙豆を勧める) -- パラガス(EDF)
  • ありがたいんだが、私なんかに使うより、必要とする人がもっといると思う。
    …断って言うのもなんだが、チョコレートパフェ食べたい…。 -- マリオ
  • あ、旦那ーっ。 -- 射命丸 文
  • すまん文、今無性におなかがすいてる。
    遊べない。ついでにお金も無いw -- マリオ
  • ゑ!?これもパラガス(EDF)の定めか… -- パラガス(EDF)
  • いつの間にか寝てしまっていた...(汗) -- ジーノ
  • でも心配してくれてありがとうだぜ。(パラガス(EDF)にお辞儀) -- マリオ
  • ふむふむ、ではまたの機会にしますか。
    今日も新鮮なネタを~♪ -- 射命丸 文
  • それほどでもございません。
    …それにしてもしどのこ達は何処に行っているというんだ…
    始原の幼子とかそんな名前の奴をしばき倒しに行くと聞いたんだが… -- パラガス(EDF)
  • さてと...これからどうしようか... -- ジーノ
  • 私は体調がよくなるまで此処にいるよ。
    どうも安定しないな、最近。 -- マリオ
  • なら、僕も暫くはここにいよう。 -- ジーノ
  • 葉月「我ながら初参戦でいきなり未勝利とはこれはひどい」 -- piccle
  • よくあることだ、くにおやレミリアだってそうだった。 -- マリオ
  • ちょ、おま。 -- くにお
  • もうめんどうみきれよう。 -- レミリア
  • ん?通信?
    もしもしー。黒戦人か。え、仕事の報酬?俺は知らんぞぉ!
    ゑっ!?あぁ…そうか…多分それ俺の偽物でございます。
    終わりか?え?ハロウィン仕様のブロリー(EDF)としどのこが登録された?知らんわ! -- パラガス(EDF)
  • そう言えば今日はハロウィンだったね... -- ジーノ
  • そういうわけだあーう☆
    にしても、しどのこは何わけのわからない格好をしているというんだ…
    白ヨッシー(笑)が見れば鼻血吹き出しそうな…いや、なんでもない。 -- パラガス(EDF)
  • そうなのかい?(何故に白ヨッシー(笑)...?) -- ジーノ
  • へっ、ほほにキスされただけで再起不能になった(らしい)お笑いドラゴンには(笑)が相応しいというわけだぁ!
    …白ヨッシー本人には内緒でございます。 -- パラガス(EDF)
  • へぇ...そんな事があったんだ。(白ヨッシーの事だからすぐに感づきそうだけどね...) -- ジーノ
  • マジしんど…。いやさ、カロリーメイトありがとうだけど。
    1日しか出れないってどういうことだ!(特別な日のみ)
    もうちょっと…1週間とか出させてくれ! -- マリオ
  • 駄目だって言ってるでしょう。(私だって出たいわよ…) -- レミリア
  • 秋月「結局10月は出番なかったから収穫祭だったよ…(秋の食材をたくさん持ってる)」
    理子「紅葉さん、それどういう意味ですか…」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • 秋祭り今日からだってさ~。11月終了までやるみたいだぜ。 -- マリオ
  • 秋月「本当ですか!? …僕もなるべく参加したいとです」 /うわぁぁぁ…\
    理子「私は時々混じる程度で。 って紅葉さん上!」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • ベジータ(Megamari)「あかりの野郎もちなつにキスされるとよく再起不能になるな。お約束というやつか?」
    パラガス「これもあかりのさだめか…!」
    啓介「(本当にさだめか?)」
    吹雪「クズ(Megamari)の岩盤もお約束です…。」
    ベジータ(Megamari)「ダニィ!?」
    吹雪「あと親父ィ…の一人用のポッドもだなぁ…」
    パラガス「ゑ゛ゑ゛!?」 -- 快斗軍
  • 参加してみるといいぜ、何も出ないけどなw
    私?私は…そうだな、気が向いたら出るわ。 -- マリオ
  • 秋月「いえ、出場できる事だけでもうれ(ry(頭上から落ちてきた何かに潰された)」
    理子「紅葉さぁぁぁん!!!」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • お~い、大丈夫か~? -- マリオ
  • 秋月「うぅ~…痛いですが、大丈夫です…(頭さすってる)」
    理子「あーあ、せっかくの収穫物が…(7割方地面に落ちた)」
    不幸の象徴「…いきなり申し訳なかった…(誰が不幸の象徴だ!?)」 -- 秋の番人と寺の巫女
  •  …大丈夫だ、後で何とかなる、私に任せろ。 -- マリオ
  • 秋月「…はい」
    理子「どうしてくれるのよ(地面に落ちた食材類を不幸の象徴に見せる)」
    不幸の象徴「…(汗)」 -- 秋の番人と寺の巫女と…
  • 奴を呼んで来るわ、その食材はまとめておいておいてくれ。
    (どっか行く) -- マリオ
  • 秋月「分かりました…。 理子さん、その食材はまとめて下さいとのことです」
    理子「了解です!(落ちた食材類を拾い集める)」
    不幸の象徴「…私も手伝おう(食材を拾う)」
    理子「…ありがと」 -- 秋の番人と寺の巫女と…
  • ほら、おたくの出番だぜ。(呼んで来た) -- マリオ
  • こーいうことは全て私がやるのねw
    ま、それで何とかなるならいいんだけど。 -- リューネ
  • それじゃ、始めるわ。
    (「収穫物が落っこちてしまった」を
    「収穫物が落っこちなかった」に因果律を書き換える) -- リューネ
  • 相変わらずのチート性能だなそれ。 -- マリオ
  • 罪滅ぼしがしたいだけよ。 -- リューネ
  • あ、その収穫物はもう落ちてない上に…
    新鮮のままよ。それじゃ、私はドリンクを補給したいから。 -- リューネ
  • 秋月「あ、ありがとうございます!」
    理子「これで新鮮な状態で料理できるわね」
    不幸の象徴「…(罪滅ぼし、か…)」 -- 秋の番人と寺の巫女と…
  • ん?(クッキーを食べている) -- ジーノ
  • 秋月「色々あるから…何にしようかな」
    理子「まず一つは焼き芋でしょ」
    不幸の象徴「…」 -- 秋の番人と寺の巫女と…
  • 焼き芋か...イイね。 -- ジーノ
  • 秋月「焼き芋はいいけど、落ち葉でたき火するのはあまり…」
    理子「…分かってます。少し別場所で焼いてきますね(一旦退場)」
    不幸の象徴「…(座ってる)」 -- 秋の番人と寺の巫女と…
  • (再び登場)ふぅ、焼き芋を作ってきたわ。紅葉さんの戦績に合わせて今回は7本よ。 -- 紐露木 理子
  • その焼き芋を頂きたくお願いするパラガス(EDF)でございます。
    というかください! -- パラガス(EDF)
  • えぇ、良いわよ(パラガス(EDF)に焼き芋をあげる) -- 紐露木 理子
  • 僕の勝利数によって秋の味覚が味わえる回数が左右されるなんてなぁ…。 -- 紅葉 秋月
  • ありがとうございます。
    …うまいぃぞぉ! -- パラガス(EDF)
  • 理子「気に召してもらえたようで嬉しいわ」
    秋月「今度は何作ろうかな…(手には葡萄を持っている)」
    \フコウナヤツ/「…」 -- 寺の巫女と秋の番人
  • 秋の味覚こそ最高そのものだった…
    そういえば俺達の軍ってなんだかんだで変名になった事が無いな…
    いや、這い寄る無能がいたか。ふぁーはははwww
    (\フコウナヤツ/を見ながら) -- パラガス(EDF)
  • 秋月「そう言ってもらえると嬉しいな。僕、秋の味覚大好きだから…」
    理子「変名? 聞いたことないわね」
    \フコウナオキモノ/「…何だ?」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • 腐☆腐、今のお前のパワーで最高の秋の味覚を調理してしまえー!
    変名は今の\フコウナオキモノ/の事を指すぞぉ!
    …一応確認するけど、お前はフラットレイだよな?(\フコウナオキモノ/に) -- パラガス(EDF)
  • 秋月「は、はい…(汗)」
    理子「そうね、色々な人に秋の味覚を味わってもらいたいもの!」
    \フコウヤロウ/「…そうだが…」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • なんというか…ご愁傷様でございます。
    彼にも焼き芋をあげてはいかがかな? -- パラガス(EDF)
  • 秋月「えっと…次は…」
    理子「そうねぇ…さっき少し手伝ってもらったからいいわ、あげる(不幸置物に焼き芋を渡す)」
    不幸置物「…すまない(焼き芋を受け取る)」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • 葉月「どうだ。これで私も一つ結果を残したわけだ。もう無能とは呼ばせないな」 -- piccle
  • 秋月「次はキノコを使った料理にしよっか」
    理子「良いわね」
    シンボラー「(登場)ピーポーピーポー(不幸置物を拉致して退場)」
    不幸置物「えぇ~!?(シンボラーにさらわれた…)」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • にとり、新しい手榴弾はできたのか? -- マリオ
  • できたよ!投げてから少し立つと、水が噴射するよ! -- 河城 にとり
  • スモークの水バージョンか? -- マリオ
  • そんな感じだね、直接ぶつければ、消火や牽制にも使えるよ! -- 河城 にとり
  • ああ、また頼むよ。 -- マリオ
  • ああ、そのときは…胡瓜頂戴。 -- 河城 にとり
  • 了解した。 -- マリオ
  • 秋月「んー…どうも調子がすぐれないなぁ… 最近凡退多いよ…」
    理子「誰にでも調子が悪い時はありますよ」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • そんな時はな…みすちー、例の物焼いてくれ。 -- マリオ
  • 八目鰻いかがっすかぁ~☆ -- みすちー
  • お? じゃあ俺にもちょーだい。できるだけ安上がりで済む感じで。 -- 佐々
  • いいよいいよ~沢山食べてね。
    (台に食べてくれといわんばかりに置き始める) -- みすちー
  • 私は独自の弁当があるからそれで。
    (レーションじゃないか…) -- マリオ
  • お、どうもどうも。んー、なかなか良さそうな雰囲気だねえ。 -- 佐々
  • 八目鰻か...僕も一つ貰っていいかい? -- ジーノ
  • 理子「紅葉さん…昨日の愚痴が嘘のように聞こえますけど?」
    秋月「ちょ、ちょっと本気出しすぎちゃったかな…」←V5 
    理子「あ、私達にも下さいな(八目鰻を)」 -- 寺の巫女と秋の番人
  • ベジータ(Megamari)「ついにこの日が来てしまったな…」
    モア「ま、まさか…」
    パラガス「モア、心配することはない!…多分」
    啓介「ああ、そういえば今日(11月6日)は…」
    京子「ちなつちゃんの誕生日だったね!」
    カカロット(Megamari)「でも肝心の悪魔…じゃなくてちなつがいねえぞ」
    伸一「今ちなつがいなくてよかったなカカロット(Megamari)」
    パラガス「ちなつはヨースターエリアにいるのだよ。だが、作者の接続の都合で(ry」
    紅蓮「…あと松岡修造さんの誕生日よ…。私熱いのは2番目に好き…。」
    吹雪「私は~?」
    紅蓮「一番よ…」
    ベジータ(Megamari)「(吹雪の野郎に彼女がいたことをすっかり忘れてたな…)」 -- チーナ誕生日おめでとう!
  • おっ、僕からも祝わせてもらうよ。お誕生日おめでとう! -- ジーノ
  • しょうがねえなー、ちょっくらお祝いに行ってくる(瞬間移動でヨースターエリアへ) -- カカロット(Megamari)
  • 誕生日? ふうん、そりゃおめでとうございます。でも俺くらいになるとほら、年をとっても何も感じなくってなんか申し訳ないねえ…
    -- 佐々
  • 秋月「誕生日おめでとうございます」
    理子「…(そう言えば、紅葉さんの誕生日っていつ?)」
    秋月「…季節のオムレツ作ってみたけど…(少々見た目が悪い…)」 -- 秋の番人と寺の巫女
  • お、いいねえいいねえ。んじゃそっちもいただきますかね(←大分図々しい) -- 佐々
  • ベジータ(Megamari)「たまにはここでしゃべるのも悪くないな…つーかもう12月だし
    京子「暇だねー」
    吹雪「ゆるゆり3期まだかしら~?」
    パラガスルー「ちなつがあかりを調☆教するようにコントロールする装置を完成させて遊びたいぃぞぉ!」
    悟飯「原作9巻のちなあか回早く映像化しないかな…」 -- フリーダム快斗軍