キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 前回の振り返りです。
    ・雑談所開設記念パーティー開催!
    ・レシラムはヨッシーと一緒にレインスルフへ。
    ・そして謎の人物(?)登場?
    ですね。
    私はそのうち出てくる予定だそうです。楽しみですね。 -- 裏方:白ヨッシー
  • 昨日は盛大なパーティーが開けてよかったです。
    いい天気ですし、洗濯物でも干しましょうかね。 -- ライチュウ
  • (ライチュウ...完全にヨッシー達を忘れてるな...) -- バハムート
  • (通信中)…なんだったらリーダー達もくれば~? -- ランディアB
  • ロコモ「平和だな...この天気の良さが何かの前兆かと感じるほどだ。」
    クリス「ロコモ。怪しいセリフを言うのはやめて欲しいですわ。」 -- ロコモとクリス
  • (通信中)え~1人だけじゃつまんなーい。 -- ランディアB
  • ピチュー「わーい!(庭で走り回ってる)」
    ???「ここですか。ヨッシー達がいるのは...」
    -- ピチューと...?
  • (通信中)…ヤダ☆ -- ランディアB
  • ライチュウ「貴方は?」
    ???「申し遅れました。私白ヨッシーと申します。」
    ピチュー「もしかしてヨッシーのなかま!?」
    白ヨッシー「ええそうです。ヨッシー達は..?」
    ライチュウ「ヨッシーさんと黄色さんは出かけてます。他のヨッシーさん達は...家の中で眠ってます。」
    白ヨッシー「そ、そうですか(汗)」 -- ヨッシー一家
  • ロコモ「ん?外に見慣れない色のヨッシーがいるぞ。」
    クリス「新しい仲間ですわ!」 -- ロコモとクリス
  • 何~?新しい子~?(通信放置したなコイツ) -- ランディアB
  • 白ヨッシー「初めまして。白ヨッシーです。よろしくお願いします!」(ランディアBへ)
    ピチュー「おなじしろいろでも、レシラムとはえらいちがい!」
    ライチュウ「(それはそうと私とキャラが被りそうなんですよね...むー。)」」 -- ヨッシー一家
  • こっちこそ!僕はランディア、よろしくね!(白ヨッシーに向けて) -- ランディアB
  • 白ヨッシー「ええ。よろしくお願い致します。」
    バハムート「ヨッシー族のイメージを覆すやつだな...」
    ピチュー「そうだね!」
    ライチュウ「むー...」 -- ヨッシー一家
  • そう言えば、ヨッシーさんって何色いるのかなー。 -- ランディアB
  • 白ヨッシー「私の知るかぎりでは...緑、赤、青、黄、白、桃色(ピンク)、水色...ですね。」(ランディアBへ)
    ライチュウ「あと黒です。」
    白ヨッシー「え?黒ヨッシーもいるのですか?」
    ピチュー「いるよー!」 -- ヨッシー一家
  • 8色!?多いね! …ちなみに僕達は本当は4体なんだ(聞いてません)
    舞台裏:霧音「あと紫、橙…」←帰れ -- ランディアB
  • 白ヨッシー「まあここへ来るのは私が最後だと...」
    ピチュー「えー?どうして?」
    白ヨッシー「私達の世界からこの世界へ来る道は私が閉ざしておきました。」
    バハムート「(一体何者なんだ...)」
    ピチュー「へへーぼくのしょうかんにかかれば...」
    白ヨッシー「へぇ...召喚魔法が使えるのですね。でも使い過ぎは厳禁ですよ?ふふっ...」
    ピチュー「うっ...(何だか怖いよ...)」 -- ヨッシー一家
  • 確かに…。来る道を閉ざすとはすごい能力を持っているんだね…。 -- ランディアB
  • 白ヨッシー「褒めてもなにも出ませんよっ...(照)」
    ライチュウ「(また危険人物が...)」
    バハムート「(増えてしまったな...)」 -- ヨッシー一家
  • いいなー、僕もそう言う能力が欲しいよ…彼(D)のバックドロップはいらないけど。 -- ランディアB
  • 白ヨッシー「あとこんな事もできますよ?」(手から白い球体を出した)
    ライチュウ「それは...?」
    白ヨッシー「むんっ!」(白い球体にレインスルフのヨッシー達の様子が映し出された)
    ピチュー「わっ...!何これ!?」
    白ヨッシー「こうやって遠くの仲間の様子を探ることもできます。...ヨッシー。私に怯えてますね...心外な。」
    バハムート「(なんという奴だ...)」
    -- ヨッシー一家
  • どれどれ?(白い球体を覗き込む) …プッwリーダー気絶してるwww -- ランディアB
  • 白ヨッシー「ヨッシー...帰ってきたらお仕置きでもしますか...」
    ライチュウ「(ひええ...)」


    クリス「なんですの!?あの子!」
    ロコモ「...多分単体ではヨッシー族(一家内)最強だろうな。」 -- ヨッシー一家
  • 青ヨッシー「!?」ガバッ
    赤ヨッシー「おい...外から聞き覚えのある声が...」
    黒ヨッシー「どうしたお前たち...」←白ヨッシーを知らない
    青ヨッシー「まさか...白ちゃんが来たの..!?」 -- 家の中のヨッシー族
  • んー…でも、リーダーが心配だな…戻ろうかな…。 -- ランディアB
  • 白ヨッシー「むっ...ヨッシー。戻らないつもりですね...」
    ライチュウ「(怖すぎです...)」
    ピチュー「ヨッシーがビビってるw」 -- ヨッシー一家
  •  …ひょえー!(白ヨッシーの言動にビビったようです) -- ランディアB
  • 白ヨッシー「直接迎えに行くべきですかね...」
    ライチュウ「(ヨッシーさん...元の世界ではどんな生活をしていたんでしょうか...)」
    バハムート「(家に少しぐらいまともな奴が居てもバチは当たらんだろうに...)」
    ピチュー「(ヨッシー!にげてー!)」 -- ヨッシー一家
  • あ、ここからの(レインスルフへの)行き方分かんないや(元が迷子なため) -- ランディアB
  • 白ヨッシー「なら私が案内しますよ?ちょうど私も行くつもりでしたし。」(ランディアBへ)
    ライチュウ「白さん、道分かるんですか?」
    白ヨッシー「ええ。これ(白い球体)を応用すれば訳ないです。」
    ピチュー「(すごい...)」 -- ヨッシー一家
  • ありがとうございますっ。で、ではお願いします…(ちょっと震えてる) -- ランディアB
  • 白ヨッシー「ええ...では行きましょうか。(笑みを浮かべながら)」(ランディアBを連れてレインスルフへ)
    ライチュウ「ヨッシーさんの運命はいかに...」
    ピチュー「どうなるんだろうね」
    バハムート「知らぬ...」 -- ヨッシー一家
  • じゃあねー…(ライチュウ達に手を振る代わりに翼をはばたかせてる(手がないから)) -- ランディアB
  • ライチュウ「ええ。また来てくださいねー!」(ランディアBへ手を振る)
    ピチュー「ランディアくんもおびえてるよ...」
    バハムート「仕方ないだろう...」 -- ヨッシー一家
  • 青ヨッシー「ランディアちゃん、大丈夫かしら...」
    赤ヨッシー「大丈夫だ。あいつは何もしなければ基本いい奴だ。何もしなければな...」
    黒ヨッシー「お前たちの言ってることがよく分からん...何を怯えている...」
    赤ヨッシー「今にわかるさ...」 -- 家の中のヨッシー族
  • ピチュー「おにいちゃんにげたよ...」
    バハムート「...」
    (突然謎の空間が現れた!)
    クリス「キャッ!...ななんですの!?」
    白ヨッシー「ふぅ...着きましたよ。」(空間から出現)
    ヨッシー「...」(同じく)
    ロコモ「お、おかえり...」 -- ヨッシー一家
  • 白ヨッシー「じゃあ家の中でゆっくりお話しましょうね?」(ヨッシーを連れて家の中へ)
    ピチュー「こ、こわい...」
    バハムート「とりあえず家には一癖も二癖もあるやつしかやってこないのだな...」 -- ヨッシー一家
  • 青ヨッシー「ガタガタガタ...」
    赤ヨッシー「く、くく来る!?」
    黒ヨッシー「ビビりすぎだ...」
    白ヨッシー「久しぶりですね。皆さん。」
    ヨッシー「...」(目が死んでる)
    赤ヨッシー「お、おう!久しぶり!」
    青ヨッシー「白ちゃん!久しぶりね!」
    白ヨッシー「(本当です...黒もいたんですね。)」
    黒ヨッシー「(む?何だか初めてあった気がせんな...)」 -- ヨッシー族の皆さん
  • ピチュー「ヨッシーたちは、なにをはなしているんだろうね。」
    バハムート「さあな...それよりレシラムはまだ向こうか?」
    クリス「そのようですわ。」 -- ヨッシー一家