キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • あ、また私ですか。
    ・しどのこさんの力について少し教えてもらいました。
    ・プクリンがライチュウを探すためにエリア外れへ。
    ・どうやらロコモの友達に発明家がいるそうです。近いうちに連れてきてくれるそうで。
    ・ゼクロムがプクリンを連れて来ちゃいました。...結果フライヤさんを怒らせてしまったんですけど。エーコさんとゼクロムが石化。
    ・フライヤさん...誕生日だったんですね。名未さんがあげたのはなんとレシラム人形。私からもドラゴンコインをプレゼントさせていただきました。 -- あらすじ:白ヨッシー
  • ビビ(腹黒)「…チーズケーキ、残り3個だよ?」
    名未「…(5個しか買ってこなかったからね…)」 -- 魔道士と人形使い
  • ヨッシー「食べ物の匂いを嗅ぎつけてやってきたよ!」(家から出てくる)
    白ヨッシー「ダメです。アレはフライヤさんへあげる物です。」
    レシラム「くぅ...あんなものを誕生日プレゼントに渡すとは...!(我も欲しいぞ...フライヤ人形)」←
    バハムート「3つか...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ(腹黒)「あ、ヨッシーさん、これあげるw(チーズケーキをヨッシーに差し出す)」←
    名未「…(残り2個…) …(また何か作り始めたようだ)」 -- 魔道士と人形使い
  • ヨッシー「あ、ありがとう!」(ビビからチーズケーキを受け取る)
    白ヨッシー「ヨッシー!」
    ヨッシー「(パクッ)食べちゃったよ(笑)」
    白ヨッシー「...(ゴゴゴゴ)」
    ヨッシー「...ごめんなさい。」
    白ヨッシー「謝るなら最初からやらない!炎魔法!ファイアーボール!」(ヨッシーへ大きめの炎の玉を放つ)
    ヨッシー「ギャー!(0/5000)」
    ロコモ「...気のせいか」 -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…」
    カカロット(EDF)「おいしどのこ、ビビ達をマジで惨殺すんのはヤバいって、ここは全年齢向けだぁ!」
    トランクス(EDF)「あぁっ!螺子が!螺子が!」


    ヱリカ「一応復活しておきましたが…あ、ケーキ大嘘憑きで食べた事無かった事にしますかー?あととっとと謝らないと死人が出ますよー?」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「しどのこさん...今回は勘弁してくれませんか?流石にここを惨殺事件場にするわけには行きませんので...」
    レシラム「我からも頼む...」
    赤ヨッシー「おーい...ヨッシー。大丈夫か?」
    ヨッシー「だ、大丈夫に見える...?」 -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…(落着く)」
    トランクス(EDF)「一応落着きましたね…でも危険です!そこそこ怒ってます!」
    ヱリカ「ちょっと外れ行ってきますねー。時と場合によっては笑えない展開になるんで。」
    (さらっと大量に食べ物を奪って外れへ逃走)
    -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「...そういえばしどのこさんって喋らないんですね。」
    バハムート「確かにな。沈黙を持って語るか...」 -- ヨッシー一家
  • ヨッシー「あう...(1000/5000)」
    青ヨッシー「全くもう...家にいやしのタネがあったからいいものの...」
    赤ヨッシー「あまり白を怒らせるなよ。」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…難しい(まだ作ってた)」
    ビビ(人形)「ゑ」←名未に人形を投げつけられて人形化 -- 人形使いと魔道士
  • バハムート「ビビ!?」
    白ヨッシー「な、何が起こったのですか!?」
    ヨッシー「あ、二人は知らないっけ。」
    ロコモ「名未はな、ああして人形に対象の魂を宿すことができるんだ。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ(人形)「ごめんなさい、勝手にケーキを食べてしまったり調子に乗ってしまって…」
    名未「…分かればいいの。次からは気をつけて(製作時間長い…)」 -- 魔道士と人形使い
  • バハムート「なるほどなぁ...」
    レシラム「フライヤも一度人形化したことがあるな。」
    ロコモ「...実際、人形化したらどんな感じなんだ?」 -- ヨッシー一家
  • ビビ(人形)「…人形と言っても、ボク自身が元々人形みたいなものだけどなぁ…(汗)」
    名未「いいの。少し小さくなって可愛くなったから」
    フライヤ「…レシラムに笑われた」 -- 人形魔道士と人形使いと竜騎士
  • レシラム「懐かしいな...あの頃。」
    ロコモ「ピチューも人形になったら可愛いだろうなぁ。」
    白ヨッシー「今のままでも十分可愛いですよ?」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…人形になると、一部の能力以外は大きく下がるわ」
    フライヤ「ジャンプ力は下がってなかったがな」
    ビビ(人形)「…チーズケーキ買い直してくる…」 -- 人形使いと竜騎士と人形魔道士
  • バハムート「何かビビがおとなしくなったな...」
    レシラム「能力が下がるのか。」
    ヨッシー「へぇ...」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…待って。買い直しに行くのなら元に戻してあげる(人形から本体へ魂を戻す)」
    ビビ「(元に戻る)…本当にごめんなさい…行ってきます(退場)」
    フライヤ「…(そのせいであの小僧にバカにされた記憶が…)」 -- 人形使いと魔道士と竜騎士
  • バハムート「...裏表がハッキリとしているな。ビビは...」
    ヨッシー「うん...あの時のビビは良い子なんだけど...」 -- ヨッシー一家
  • ???「へぇ~あそこにロコモ達がいるんだね?」
    ???「...そうだよ。」
    ???「ロコモが近いうちに迎えに行くって言ってたから待ちきれずに来ちゃった♪」
    ???「...行くの?」
    ???「まっさかぁ!まだ暫くはこの辺で様子見。サプライズの準備もあるしね。」
    ???「あっそう...」 -- エリア外れ
  • フライヤ「ただ、あそこまで表裏の差が激しいと不安になるのじゃ…」
    名未「…出来た」
    フライヤ「何?(人形を見て) …名未、また余計なことをしよったな!?」 -- 竜騎士と人形使い
  • レシラム「名未...何か作ってたのか?」
    バハムート「たしかに不安だな...ピチューも裏表が激しいからな...」
    ロコモ「でも可愛い!」
    白ヨッシー「可愛いですけどね...」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…これ(フライヤ人形(ナイスバディ))の方が気に召さないなんて…」
    フライヤ「な…何でそんな物を作ったのじゃー!?(動揺してる)」 -- 人形使いと竜騎士
  • レシラム「フライヤの人形!?」
    バハムート「...」
    白ヨッシー「似てますね。」
    赤ヨッシー「本当にな。」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…だって、色々な物を作るのが楽しいんですもの」
    フライヤ「…やめろとは言わぬ、じゃけど…その人形は…(何故尻尾を激しく振る)」 -- 人形使いと竜騎士
  • レシラム「...(あの人形...欲しいッ!)」←
    ロコモ「物を作るのが楽しい...か。あいつもそんな事言っていたな。」
    ヨッシー「あいつって...あの発明好きのロコモの友達?」
    ロコモ「ああ...。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「わ(ry」
    ビビ「ただいまー(チーズケーキの箱を2つ(合わせて10個)買ってきた)」
    名未「レシラム、これあげるわよ?(先程のフライヤ人形)」 -- 竜騎士と戻ってきた魔道士と人形使い
  • レシラム「マジで!?」
    ヨッシー「お帰り~ビビ。」
    ロコモ「あいつ...元気にしてるかな...」
    白ヨッシー「良かったですね、レシラム。」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…可愛がってあげてね(レシラムにフライヤ人形を渡す)」
    フライヤ「orz(私、遊ばれてる…)」
    ビビ「ん? おねえちゃんどうしたの?」 -- 人形使いと竜騎士と魔道士
  • レシラム「感謝するぞ名未!」(人形を受け取る)
    白ヨッシー「近くで見てみても、本当似てますね...」
    ヨッシー「凄いよね~僕らの人形も作ってもらったけど、どれもそっくり!」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…そう言ってもらえると嬉しい(先程うっかり落としたヨッシー人形を拾い、汚れを取る)」
    ビビ「おねえちゃんちょっといい?(名未の耳元で話してる)」
    名未「…え、うん、分かったわ」 -- 人形使いと魔道士
  • レシラム「一生大切にするとしよう!」
    青ヨッシー「微笑ましいわね~」
    黄ヨッシー「そうなんだな~」
    赤ヨッシー「黄色!居たのか...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…楽しみだな~。 …ところで、アレなぁに?(orzしてるフライヤの下にはレシラム人形が…)」
    名未「…見なかったことにしてあげて」 -- 魔道士と人形使い
  • レシラム「...(しかしよく似ているな。...これを見ていると未来で見たあの人形を思い出す...)」
    ロコモ「フライヤ...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…(本人の代わりに人形にああやって…をやりたいのでしょうね)」
    ビビ「???」←理解できず -- 人形使いと魔道士
  • バハムート「...」(屋根の上へ)
    白ヨッシー「...(フライヤさんは一体何を?)」 -- ヨッシー一家
  •  …何かに当たってい…(レシラム人形を見て) ……(何とも言えない表情) -- フライヤ
  • ヨッシー「www」
    赤ヨッシー「www」
    白ヨッシー「...ふふっ。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「ヨッシーさん達、どうしたの?」←分かってない
    名未「…(意外とかわいらしいのね…ネズミさん)」 -- 魔道士と人形使い
  • レシラム「...」(フライヤを見て変な表情に)
    ヨッシー「wwww」
    青ヨッシー「可愛いわねぇ~」
    バハムート「(見てられん...)」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…ね、ねぇ、とりあえず皆でチーズケーキ食べない?(汗)」
    フライヤ「はっ、チーズケーキ!?(右手にレシラム人形w)」
    名未「…(逆にこっちが何とも言えない表情に)」 -- 魔道士と竜騎士と人形使い
  • ヨッシー「いいね!」
    青ヨッシー「ケーキ♪ケーキ♪」
    赤ヨッシー「やったぜ!」
    黒ヨッシー「...ケーキか。(ようやく喋れた)」
    ロコモ「やっぱりヨッシー族がいち早く反応したな...」
    レシラム「よし!食べようじゃないか!」(背中にフライヤ人形を乗せてる) -- ヨッシー一家
  • ビビ「ボクは…さっき食べちゃったからいいや…(食べるんじゃなかった…)」
    名未「…あたしは1つ」
    フライヤ「チーズ…」
    ビビ「…今あるケーキは12個。足りなさそうだったら言ってね。また買ってくるよ」 -- 魔道士と人形使いと竜騎士
  • ヨッシー「足りるかなぁ?」
    バハムート「一人一個なら足りると思うぞ。」
    ロコモ「そうだな。」
    ヨッシー「一人一個...」
    白ヨッシー「当然です。数がそこまで無いんですから。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「3個くれ」←
    ビビ「…おねえちゃん…(汗)」
    名未「…もう少し買ってくる必要がありそうね」 -- 竜騎士と魔道士と人形使い
  • ヨッシー「あーフライヤがたべるなら僕も5つ食べる!」
    白ヨッシー「ヨッシー?」
    ヨッシー「...分かったよぅ...」
    ロコモ「フライヤは誕生日だからな。」
    レシラム「遠慮せずに食べろよ。」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…でも、それだと1つ足りない計算になるわ」
    フライヤ「…なら2つで」
    ビビ「…(反省中)」 -- 人形使いと竜騎士と魔道士
  • ヨッシー「一個かぁ...」
    赤ヨッシー「仕方ないだろ?我慢しようぜ。」
    レシラム「よーし!食べるとするか!」
    バハムート「...(皆、エーコとゼクロムをすっかり忘れているな...。)」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…もう少し買ってきます…(また退場)」
    フライヤ「…(私だけ個数が多いというのも何だか気まずい)」
    名未「…(エーコとゼクロムは…どうしましょ?)」 -- 魔道士と竜騎士と人形使い
  • ロコモ「せっかくだから適当に作ってきたぞ。」(家の中からりんごのパイを3つ運んでくる)
    ヨッシー「流石ロコモ!」
    赤ヨッシー「いや、早すぎだろ...」
    白ヨッシー「気にしていたらダメですよ。」
    バハムート「...(この二人、このままって訳にもいかんな...)」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…せっかくだし、二人にも味わってもらいましょ」
    フライヤ「…(考え中)」 -- 人形使いと竜騎士
  • ???「美味しそうなパイ...」(望遠鏡的な奴でハウスの様子を見てる)
    ???「お姉ちゃん、よだれ...」
    ???「おおっと...ロコモの作った料理は相変わらず美味しそうだねぇ。」
    ???「行けばいいじゃん...」
    ???「だってさぁ...ただ出てきても面白く無いじゃん。」
    ???「...はぁ。」 -- エリア外れ
  • バハムート「皆。あの二人はどうする?」
    ヨッシー「あ、すっかり忘れてた。」
    レシラム「石化のまま放置していたんだったな。」
    白ヨッシー「...エーコさんはそろそろ解いてあげてもいいのでは?」
    赤ヨッシー「ゼクロムは?」 -- ヨッシー一家
  • 名未「黒いドラゴンちゃんが動く所が見たい」
    フライヤ「名未はゼクロムのことを知らなかったんじゃっけ…(まだ悩んでる)」 -- 人形使いと竜騎士
  • 白ヨッシー「そうですね...ゼクロムもいいんじゃないですかね?」
    ヨッシー「戻った途端に襲ってきたら?」
    白ヨッシー「返り討ちです。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…うむむ、あまり気乗りはせぬが、元に戻してやるか(エーコとゼクロムに金の針)」
    エーコ「(石化解除)…も~っ! 何でエーコが石化しなきゃならなかったのよー!」
    名未「…不思議」 -- 竜騎士と幼女と人形使い
  • ゼクロム「ぶはぁ...生きた心地がしなかったぞ...」
    レシラム「お疲れさん。」
    ゼクロム「貴様ら...覚悟はd」
    白ヨッシー「...それは私のセリフですよ?」
    ゼクロム「...ごめんなさい。」
    ヨッシー「やっぱり凄い...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「変な噂を流すのは自重しろ」
    エーコ「…分かったわよ…(でもムスッとしてる)」
    名未「…噂?」 -- 竜騎士と幼女と人形使い
  • レシラム「噂...その噂が我は気になる。本当はとんでも無いことじゃなかろうな...」
    バハムート「大丈夫だ、気にするな。」
    ヨッシー「またああなっても困るしなぁ...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「ただいま~(2回目) (ケーキの箱を2つ追加)」
    名未「…お帰りなさい」 -- 魔道士と人形使い
  • レシラム「お帰りビビ。」
    ゼクロム「なあ...いったい何がどうなってんだ?」
    白ヨッシー「帰りたかったら帰って構いませんよ。」
    ゼクロム「...冷たいな。」
    バハムート「どの口が言ってるんだ?」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「帰るのなら私が帰らせ(ry」
    エーコ「フライヤはダメでしょ、槍でぶっ飛ばしにかかるから」
    ビビ「な、何でもないよ(ケーキの箱持ったまま…)」 -- 竜騎士と幼女と魔道士
  • ゼクロム「お前は...あの時のネズミ...!」
    レシラム「今更か。」
    バハムート「遅いな...。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「性懲りもなくまた何かをするつもりか?」
    エーコ「???」←理解できず
    名未「…(人形の手直し中)」 -- 竜騎士と幼女と人形使い
  • ゼクロム「ふん!今の俺に何かできると思ってか?」
    レシラム「今のゼクロムはピチューの遊び相手にすらならないだろうな(笑)」
    ロコモ「と言うかあんな野蛮な奴とピチューを遊ばせられるか!」
    ゼクロム「...(そこまで言わなくても...)」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「全然思っておらぬわ。弱体化した様じゃしの」
    名未「…(何かあったのかしら)」 -- 竜騎士と人形使い
  • ゼクロム「...俺でも驚くほどだ。まさかここまで弱くなるとは...」
    バハムート「罰が当たったんだ。ちなみに同情はせんからな。」
    レシラム「...(何かゼクロムを見ていると昔の我を思い出す...)」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「それくらいの罰は当然じゃろ」
    エーコ「ケーキ美味しい(1つ食べてる…)」
    ビビ「…エーコ、ボクの二の舞になるよ…」 -- 竜騎士と幼女と魔道士
  • ゼクロム「ぐぅ...俺の力が元に戻れば...!」
    レシラム「それは絶対にない。」
    ヨッシー「ケーキ食べるよー!」(ケーキを一個食べた)
    青ヨッシー「食べるわよー!」
    ロコモ「パイも食べろよ。」
    黒ヨッシー「食べたぞ。」
    黄ヨッシー「美味しいんだな~」
    白ヨッシー「皆さん...早すぎです。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「ケーキは一人一個!」
    エーコ「なんでー!? …パイ一つちょうだい」
    ビビ「…(おねえちゃんや白ヨッシーさんを刺激すると後が怖いからね…)」 -- 竜騎士と幼女と魔道士
  • ロコモ「ああ、どうぞ。」(エーコにパイを一つ渡す)
    ヨッシー「もう一個食べていい?」
    白ヨッシー「ダメです。」
    赤ヨッシー「どうしてもダメか?」
    白ヨッシー「ダメです...」
    青ヨッシー「おねがーい!」
    白ヨッシー「ダメです!」
    レシラム「美味しいぞ。」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「どうも~(4等分して) はい(他の3人に渡す)」
    フライヤ「うぬ(受け取る) …やはりチーズは美味しいのう♪」
    ビビ「おねえちゃん、それ普通のチーズじゃなくてチーズケーキ…」
    名未「…このパイも美味しいわ」 -- FF9の三名と人形使い
  • ロコモ「喜んでくれて嬉しいよ。」
    ゼクロム「どれ、俺もひとつ...美味しいぞ。」
    レシラム「だろう?」
    白ヨッシー「私もいただきましょう。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「アヴィーニの町で販売しているチーズケーキだよ」
    名未「…逆に9個余ったわね」
    フライヤ「なら私にあと2つ…」 -- 魔道士と人形使いと竜騎士
  • ロコモ「私もひとつ貰おう。」
    クリス「私にもひとつ...」(家から出てきた)
    白ヨッシー「クリス!?」
    クリス「お腹が空いちゃって...食べたらすぐに戻りますわ。」
    ヨッシー「こそこそ...」(ケーキを一つ食べようとしてる) -- ヨッシー一家
  • フライヤ「合計3つじゃ~(2つ食べるの早っ)」
    名未「…余ったからこそこそしなくてもいいのよ?」
    エーコ「じゃ、エーコももう一個~ これで残り3つね」 -- 竜騎士と人形使いと幼女
  • ヨッシー「いいの!?わーいわーい。」(一つ食べる)
    クリス「ふぅ...ご馳走様。では。」(再び家の中へ)
    ロコモ「...クリスも大変だな。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「なら、私に後もう2(ry」
    名未「…3つでおしまい」
    エーコ「もぐもぐ…」 -- 竜騎士と人形使いと幼女
  • 白ヨッシー「じゃあ私も、もう一個頂きます。」
    レシラム「ん~美味しかった。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…むぅ(拗ねてレシラム人形を…の上に乗せた…)」
    名未「…どうぞ(白ヨッシーにケーキを1つ渡す)」
    ビビ「あとの2つはお持ち帰りにしよっか?」 -- 竜騎士と人形使いと魔道士
  • 白ヨッシー「ありがとうございます。」(受け取る)
    バハムート「...先程からこのエリアに妙な気配を感じる。」
    ヨッシー「妙な気配?」
    ロコモ「誰か来てるのか?」
    バハムート「分からん...だが少なくとも知っている人物ではない。」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「新しい人が来るのかしら?」
    ビビ「どうなんだろう…」
    名未「…(何故わざわざそこに乗せるの…(汗))」 -- 幼女と魔道士と人形使い
  • レシラム「...」(フライヤを見て顔が赤くなる)
    バハムート「..今のところ、こちらに来る様子は無さそうだが。」
    ロコモ「...もしやあいつが?」
    白ヨッシー「ロコモ、心当たりでも?」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「ロコモの知り合い?」
    ビビ「…誰だろう…」
    名未「…(フライヤからレシラム人形を取り上げてみる)」 -- 幼女と魔道士と人形使い
  • ロコモ「...私の知り合いで発明好きな奴が居るって言ったろ?」
    白ヨッシー「ああ...確かに言っていましたね。」
    ロコモ「そいつかもしれん...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…………(名未を人形返せと訴える目で見ている)」
    名未「…(視線を感じて何とも言えない表情)」
    エーコ「ふぅん、発明家か…興味津々!」← -- 竜騎士と人形使いと幼女
  • ロコモ「だが...ここまで来てまだ顔を見せないって事は...気をつけた方がいい。」
    バハムート「何故だ?」
    ロコモ「あいつ...サプライズが好きでな。よく私やライチュウを驚かせてきたんだよ。何をしてくるか...」
    白ヨッシー「なるほど...」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「サプライズ好きなの!?」
    ビビ「なんだか楽しそうな人だね!」 -- 幼女と魔道士
  • 白ヨッシー「...で、具体的にはどんな事が?」
    ロコモ「...後ろからいきなりマジックハンドでくすぐってきたり...」
    ヨッシー「へぇ...」
    ロコモ「後はコショウ入りのミサイルを放ってきたり...」
    バハムート「そうか...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「でも、実際にやられたらボク驚いちゃうかも」
    エーコ「コショウ入りミサイルって…w」
    名未「…(何故かフライヤと睨みあい中)」 -- 魔道士と幼女と人形使い
  • ???「よっこらしょ。」
    ???「お姉ちゃん。それって...」
    ???「これが私からのサプライズプレゼント。」
    ???「...ミサイルじゃん。」
    ???「別に爆発したりはしないよ~?」
    ???「どうせ中にコショウとか入ってるんでしょ?」
    ???「違うよ。もっと面白いやつ。」
    ???「ゑ?」
    ???「ふっふっふ~どうなるか...楽しみだよ。」 -- エリア外れ
  • ロコモ「後は...ケーキの砂糖と塩を入れ替えたり...」
    白ヨッシー「...もういいです。」
    バハムート「その位なら気をつけるまででもない。」
    レシラム「名未達...何をしてる(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 名未、フライヤ「「…(睨み合ったまま)」」
    ビビ「おねえちゃん達、そこで近寄り難い雰囲気にしないで~(汗)」
    エーコ「色々変えてくるのね…」 -- 人形使いとFF9の三名
  • ロコモ「まあ、気をつけるに越したことはないってことだ。」
    ヨッシー「ふぅん...」
    バハムート「嫌な予感しかしないぞ...」
    レシラム「...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…(ミサイルを持っている方の???にピンポイントでプラネット・ウェイブス発動)」
    ヱリカ「何やってんですか?」
    カカロット(EDF)「そーいやヱリカ、おめえが前にここに来た時黒き戦人が色々能力使ってたよな?」
    ヱリカ「因果逆流の能力の【手のひら孵し(ハンドレッド・ガントレット)】と【時空支配】ですね。
    しどのこから能力の一端借りたんでしょうもっきゅもっきゅ」
    カカロット(EDF)「食いながら話すんじゃねぇ!?」 -- 外野陣
  • ???「ふふ~...」
    ???「お姉ちゃん...上...」
    ???「ゑ?...ギャー!(10/6000)」(ミサイルも壊れました)
    ???「全く...」 -- エリア外れ
  • エーコ「今遠くの方で声が聞こえたような…」
    ビビ「???」←聞こえなかったらしい
    名未「…疲れた。返す(レシラム人形をフライヤに返す)」
    フライヤ「私も疲れたわい…」
    ビビ「…(おねえちゃん達は何で睨み合ってたんだろう?)」 -- FF9の三名と人形使い
  • ロコモ「...ああ、私も聞こえた。しかも聞き覚えのある声だった。」
    ヨッシー「やっぱりロコモの知り合いの人じゃない?」
    白ヨッシー「でしょうね...」 -- ヨッシー一家
  • ???「ヒドイよ~別に皆に危害を加えるわけじゃなかったのに...」
    ???「じゃあ聞くけど、そのミサイルの中身って何?」
    ???「え?中身はね、吸うと幻覚作用があるガスがね...」
    ???「どう考えても危害を加える気満々じゃないか...」 -- エリア外れ
  • エーコ「…吸うと幻覚作用?」
    ビビ「!?」
    フライヤ「…(何故かレシラム人形をどう持とうか悩んでる)」
    名未「エーコ、何を言っているの?」←こいつも聞こえてなかった -- FF9の三名と人形使い
  • ロコモ「ちょっと迎えに行って来る。バハムート、私をエリア外れまで頼む。」
    バハムート「...我はタクシーじゃないんだがな...まあいい。」
    ロコモ「悪いな...」(バハムートと共にエリア外れへ)
    ヨッシー「エーコ、どうしたの?」
    白ヨッシー「幻覚作用?」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「ん、遠くからそんな感じの声が聞こえたの」
    ビビ「…なんだか怖いなぁ…(バハムートさん…タクシー代わりにされてる…)」
    名未「幻…か」 -- 幼女と魔道士と人形使い
  • ???「よぉ~し!なら次のミサイルを...」
    ロコモ「いい加減にしろ...」
    ???「どわっ!ロコモ...気づいちゃった?」
    ロコモ「当たり前だ。全く...下らないことをしようとしやがって。」
    ???「なっ...くだらないとは何だ!」
    バハムート「...(期待した我が馬鹿だった...)」
    ロコモ「さ、皆のところに行くぞ。」
    ???「分かったよ...」(バハムートに乗る)
    バハムート「...(我には一切興味なしか!?)」 -- エリア外れ
  • ヨッシー「そうなの?」
    白ヨッシー「凄いですねエーコさん...私には何も聞こえませんでした。」
    レシラム「我もだ。」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「これ(額のツノ)の影響かもしれないけど」
    ビビ「???」
    フライヤ「…(レシラムってこんなに可愛かったか?)」←一人だけずれてる
    名未「額のツノ?」 -- FF9の三名と人形使い
  • 白ヨッシー「ツノ...ですか?」
    ヨッシー「僕には無いよ。」
    赤ヨッシー「そんな事見りゃわかる。」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「エーコね、このツノで召喚獣以外にも動物と会話することができるんだ」
    名未「…森の動物と会話したという事かしら」
    ビビ「よく分かんない…(汗)」 -- 幼女と人形使いと魔道士
  • ヨッシー「へぇ~」
    赤ヨッシー「凄いな...」
    白ヨッシー「すごい能力ですね...」


    バハムート「...(こいつ...重い...)」
    ???「うわぁー!竜の乗り心地って最高だねー!」
    ロコモ「ああ。」
    ???「...(竜...か。まさか実際に逢えるなんて。)」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「…バハムートが何だか辛そうだわ(汗)」
    ビビ「…(結局理解できなかった)」
    名未「…(ビビには難しい話なのかしら?)」 -- 幼女と魔道士と人形使い