キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • また我に廻ってきたのか...
    ・女体化したしどのこがまさかの行動...驚いたぞ。
    ・そういえば七夕だったな...願い事を短冊に書いたぞ。
    ・女体化してもしどのこの能力は健在だったな。
    ・メディスンという奴がメカとともにやってきたな...機械の扱いはリミュウに負けず劣らずだった。
    ・フライヤが何者かにさらわれた...嫌な予感がする。 -- あらすじ:バハムート
  • ちなつ「…!(あらすじを見てさっきのことを思い出したようだ)」
    吹雪「(いつの間にか起きてた) カカロット(Megamari)!仙豆だぁ!(カカロット(Megamari)に仙豆を与える)」
    カカロット(Megamari)「(5900/5900)サンキュー吹雪ー!」 -- 快斗軍
  • しどのこ「…じゅるり」
    ブロリー(EDF)「しどのこ、ちなつの方見てなんだぁ・・・?」
    ベジータ(EDF)「しどのこェ…あとしどのこ含め俺達はある理由でフライヤは追わないぞ。」 -- 明日パラガス軍
  • ヨッシー「僕達はここでゆっくり日常生活を過ごそうかね。」
    バハムート「...(レシラム...頑張れよ。)」
    白ヨッシー「しどのこさん...(汗)」
    リミュウ「メディスンに負けてられないね!ボクも頑張らないと...!」 -- ヨッシー一家
  • はい…。 -- 吹雪の巫女
  • しどのこ「…♪(妖しい顔でちなつに近づく)」
    ピッコロ(EDF)「レシラムにありったけの仙豆渡しとけばよかった…」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「しどのこさん...前とすっかり性格が変わっちゃいましたね。」
    ヨッシー「(白はしどのこと仲良くしたいって言ってたよね)」
    クリス「...」
    バハムート「...(向こうにピチューがいれば、ふっかつのタネがあるが...)」 -- ヨッシー一家
  • いや、前からちなつに好意自体は持っていたらしい。
    …今のような形になったのはやっぱ安心院のせいだろう。 -- 虫ケラ(EDF)
  • 白ヨッシー「そうなんですか...?」
    ヨッシー「へぇ~知らなかった。」 -- ヨッシー一家
  • チートキャラ同志の仲間意識、と言ったところか。
    前はでは普通の友人へ向けるレベルだったんだがなぁ… -- 虫ケラ(EDF)
  • バハムート「なるほどな...」
    ヨッシー「チートなら家にも...」
    白ヨッシー「私がチートだとでも?しどのこさんやちなつさんに比べれば可愛いものですよ。」
    ヨッシー「(しどのこの攻撃を食らっても平気なくせに...)」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「ひぃっ! …あかりちゃん!もう一回練習に付き合って!」
    あかり「もう好きにしてぇ…」


    カカロット(Megamari)「今回も練習はカットすっぞ!…と言いてえところだがちなつの奴今も練習したままでしばらく離れそうにねえぞ」 -- ちなあカカロット
  • リミュウ「ニヤニヤ」(ちなつ達を見てまたニヤついている)
    ヨッシー「...凄いなぁ」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「(あかりから離れる)ここまですれば大丈夫かな…」
    あかり(レイプ目)「…。(8/1300)」
    カカロット(Megamari)「あかりー、仙豆(ry」
    あかり「(1300/1300)あかり、ここに来てからちなつちゃんと練習することが多くなったような気がするよぉ…」 -- ちなあカカロット
  • リミュウ「そんな事無いと思うよ~?」
    ヨッシー「いや、リミュウが言えることじゃないでしょ。」 -- ヨッシー一家
  •  …(現状を理解しようと必死) -- ビビ
  • ふぅ、空の旅も楽しかったわ。 -- 四津瀬 名未
  • ゼクロム「ああ。楽しんでくれて何よりだ。」(降りてきた)
    イーグル「ふー...」
    リミュウ「ゑ?イーグル!?」 -- ヨッシー一家
  •  …ありがとう。また機会があったらよろしくね。 -- 四津瀬 名未
  • ゼクロム「ああ。」
    バハムート「...ゼクロム。」
    ゼクロム「...歓迎されないことくらい分かっている。」
    白ヨッシー「貴方はもう私達に敵意はないんですか?」
    ゼクロム「...。少なくともお前たちには...無い。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「名未おねえちゃんどうしたの?」
    名未「…聞かないで。あと、あまり彼を責めないで」 -- 魔道士と人形使い
  • ヨッシー「...どういう事?」(名未へ)
    イーグル「そうだよ...ゼクロムは...」
    リミュウ「ボクもゼクロムはよく知らないけど...」
    バハムート「...?」
    ゼクロム「...」(そのままエリア外れへ行こうとする) -- ヨッシー一家
  • 名未「どうか…理由は聞かないで」
    ビビ「ねぇ、答えてよ…」 -- 人形使いと魔道士
  • ヨッシー「...?」
    バハムート「...分かった。お主がそこまで言うなら深くは聞かん。」
    イーグル「ありがとうバハムート...」
    ゼクロム「...(済まねぇ名未...)」(エリア外れへ飛んでいく) -- ヨッシー一家
  • 名未「…(ビビ人形を抱きしめて俯く)」
    ビビ「…どうしたのかなぁ」 -- 人形使いと魔道士
  • ヨッシー「バハムート...」
    バハムート「それ以上言うな。...何か事情があるようだ。」
    白ヨッシー「ええ...名未さんがあそこまで言うということは...」
    イーグル「皆...」
    リミュウ「...?」 -- ヨッシー一家
  • 名未「…(ゼクロムも元の世界で何かあったみたい…)」
    ビビ「???」 -- 人形使いと魔道士
  • ヨッシー「...分かったよ。」
    バハムート「しかし...あの様子だとまだ完全に心を開いたわけでは無さそうだ...」
    白ヨッシー「レシラムとフライヤさんにはまだ敵意を持ってるようでしたし。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「あの二人と仲良くするのは難しいと思うよ…」
    名未「…」 -- 魔道士と人形使い
  • バハムート「...そうだな。」
    白ヨッシー「今は考えても仕方ありませんね...」
    リミュウ「ボクの発明ってことごとく壊されてるけど...ボク悪い事した?」←
    イーグル「いきなり...?」 -- ヨッシー一家
  • う、ううん、リミュウさんは何も悪くないよ! -- ビビ
  • リミュウ「そう?」
    イーグル「お姉ちゃんの発明っておかしな奴ばっかりだから...」 -- ヨッシー一家
  • でも、その発明品見てて楽しいと思うよ? -- ビビ
  • イーグル「うん...僕もそれは思う...」
    リミュウ「でしょー?」
    ヨッシー「正直言ってさっきの発明品を使う所を見てみたい...」
    バハムート「幼児化する奴か?」 -- ヨッシー一家
  • 幼児化する発明品だっけ?(何故知ってる!?) …大人の人が欲しいね(汗) -- ビビ(見た目9歳、実際0歳)
  • リミュウ「そうさなぁ...試打ちはクリスがいいかな。」
    クリス「私!?」
    バハムート「我らには効果無さそうだしな...」 -- ヨッシー一家
  •  …おねえちゃん(フライヤ)がいればなぁ…(オイ) -- ビビ
  • リミュウ「...ま、あれが完成すればの話だけど。」
    クリス「...別にやってあげてもいいですわよ。」
    バハムート「いいのか!?」
    ヨッシー「そういえば...前も真冬ちゃんの発明品を進んで使ったことがあったっけ...」 -- ヨッシー一家
  •  …だよね。まずは完成するのが先だよね…先走っちゃったなぁ、ボク。 -- ビビ
  • リミュウ「気にしない気にしない!ボクなんか頭の中にどうなるかまで描いてるからw」
    イーグル「完成してもあの女の人に壊されるのがオチだと思うけど...」
    白ヨッシー「...それって一応戻すのもできるんですよね?」
    リミュウ「うん。そりゃ元に戻せなかったら大変だよ~?」 -- ヨッシー一家
  • そ、そうなの?(汗) -- ビビ
  • リミュウ「うん♪」
    バハムート「それは凄いな...」
    イーグル「お姉ちゃんは何考えてるか分かんないから...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • そ、そうなんだ…(汗) でも、凄いなぁ…発明家って。 -- ビビ
  • リミュウ「いや...ボクなんてまだまださ。メディスンだって凄かったし、それに...」
    ヨッシー「それに?」
    リミュウ「メディスンの言っていたにとりって人...その人にも会ってみたいもんだね。相当すごいみたいだけど...」 -- ヨッシー一家
  • うぅん、リミュウおねえちゃんも凄いと思う。 …ボクもその人達に会ってみたいな。 -- ビビ
  • リミュウ「えへへ...照れちゃうね。」(頭を掻いてる)
    ヨッシー「僕も!」
    バハムート「ああ...是非会ってみたいな。」 -- ヨッシー一家
  • (無線機をしまい)真冬こっち来るってさ。
    ちょっと時間かかるが。 -- メディスン
  • ヨッシー「真冬ちゃんが来るの!?やったー!」
    クリス「この前のお礼を言えますわ...!」
    リミュウ「ボクは初対面だね。」
    イーグル「僕も...。」
    バハムート「...何が起こっても驚くなよ?」 -- ヨッシー一家
  • メカヒスイ、例の物を頼む。 -- メディスン
  • 承知しました。(ポリバケツを取り出し、置く) -- メカヒスイ
  • リミュウ「ポリバケツ?」
    イーグル「何をするんだろう...?」
    ヨッシー「わくわく...」 -- ヨッシー一家
  • (ポリバケツからひょっこり)やっほ☆真冬ちゃんだよ☆
    だーれもいないぽりばけつから出てくるのは、
    HO!真冬ちゃんだけです☆ -- 真冬
  • 例の物、持ってきたよね。私はメカヒスイのメンテナンスするから、
    真冬はそれをあの銃に埋め込めばいいよ。 -- メディスン
  • リミュウ「おわっ!?」(びっくりしてひっくり返る)
    イーグル「...!」(驚きのあまり、一瞬だけ鷲の姿になった)
    ヨッシー「やっほー。真冬ちゃん!」
    クリス「前はお世話になりましたわね。」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「へぁっ!?なんて登場の仕方だぁ…あ、でもカカロット(EDF)の瞬間移動とかならできるかもなぁ…」
    しどのこ「…♪(ちなつに優しく抱きつく※胸が押し付けられます)」 -- 明日パラガス軍
  • ははは、役に立ってご光栄ですよん☆
    真冬ちゃんもまだ技は隠し持ってます、沢山。
    また合いましたね、ヨッシーさん、真冬ちゃんはこの通り、
    毎日おげんきですよぉ~☆
    これですな、よぉし、埋め込んじゃうぞ~☆ -- 真冬
  • ミサイルもAT4ロケットランチャーも大丈夫だな。
    後はワイヤーのチェック…。(メカヒスイのメンテ中) -- メディスン
  • リミュウ「...よろしくねっ。」
    イーグル「...(汗)」
    ヨッシー「元気そうで何よりだよ。」
    クリス「お陰様で新たな技を習得できましたわ。」 -- ヨッシー一家
  • んまぁそんな驚かなくてもぉ☆
    真冬ちゃん癒しちゃうぞ?(爆乳をわざと強調する)
    それはおいておいて…でけたよ、ほら、これで元通り☆
    メディスンさんが直してくれておいたおかげで、すぐに終わりました。
    新しい技とな、おおう、またの機会に見せてもらいましょう。
    真冬ちゃん楽しみです。あ、そうそう、ついでに自己紹介するねぇ☆
    私の名前は、ドッペルゲンガー真冬ちゃんです☆
    「真冬ちゃん」って気軽に呼んでもいいぞ☆ -- 真冬
  • イーグル「真冬ちゃんね...。僕はイーグル。」
    リミュウ「ボクはリミュウ!よろしくっ」
    クリス「ええ。」
    リミュウ「おお!本当に完成してる...!」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「ブロリー(EDF)です。あっちにいる白いのがしどのこです…」
    ベジータ(EDF)「俺が(ry」
    ピッコロ(EDF)「ピッコロ(EDF)だ。」
    トランクス(EDF)「(ry」 -- 明日パラガス軍
  • うにゃ、わかりあしたよぉ☆(全員覚えたようです)
    (会話が変になるのはデフォ、彼女はこれが普通)
    oh、真冬ちゃんに向けて撃たないでね☆
    この自慢の胸ではじいて反射させちゃうぞ☆ -- 真冬
  • リミュウ「うん...もう実験台は決めてるから♪」(クリスをチラ見する)
    クリス「...(やっぱり私みたいですわ)」
    イーグル「...真冬ちゃんって不思議だね」 -- ヨッシー一家
  • うにゃ?そうですかぇ?ご主人からは普通だって言われてますが…。
    (真冬お前の主人すら普通じゃないだろ) -- 真冬
  • イーグル「...僕も普通じゃないけどね。」
    リミュウ「さてと...ここをこうして...。」(調節中)
    クリス「...(ドキドキ)」 -- ヨッシー一家
  • カカロット(Megamari)「…!」
    吹雪「カカロット(Megamari)、どうしたぁ?」
    カカロット(Megamari)「悪りいけど急ぎの用事ができちまったんで…(瞬間移動で退場)」
    吹雪「ゑ゛!?」 -- 快斗軍
  • リミュウ「...準備完了♪」
    クリス「...こっちも準備OKですわ!」
    イーグル「成功するのかな...?」
    リミュウ「じゃあ行っくよ~!」(クリスに光線発射) -- ヨッシー一家
  • 吹雪「まぁいいかぁ…。あ、俺は吹雪ーです…。」
    ニセマリオ「ニ(ry」
    ベジータ(Megamari)「俺がベジータ(Megamari)だぁ!」
    あかり「私、赤(ry」
    ちなつ「吉川ちなつですっ」 -- 快斗軍
  • トランクス(EDF)「ハァッ!?オォーーーイ!しどのこさんが気配を消してちなつさんの後ろに回り込んでいる!」
    しどのこ「♪(ふわっと後ろから抱きつこうとする※抱きつかれると胸が押し付けられる)」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「...ふえ?」(姿が幼児化している)
    リミュウ「おっ...成功した!?」
    イーグル「良かったね、お姉ちゃん。」 -- ヨッシー一家
  • い、嫌ですっ!(しどのこにイレイザーキャノン) -- 吉川ちなつ
  • しどのこ「!…むきゅう(253/99999)」
    ベジータ(EDF)「馬鹿な奴め…」
    しどのこ「…(99999/99999)」
    ベジータ(EDF)「ふおぉっ!大嘘憑きで復活しどぉわうわー!?(0/1920)」 -- しどのこ
  • リミュウ「ふっふっふ...これは成功と見て間違いなs」
    クリス(幼児化)「わは~」(その辺をトコトコ歩きまわる)
    リミュウ「...ゑ?」
    バハムート「...これって精神まで幼児化してないか?」
    イーグル「そうみたい...」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「失敗してんじゃねぇカッ!」
    トランクス(EDF)「駄目駄目です!」 -- 明日パラガス軍
  • あ、ごめん、強力な奴入れちゃったかも。 -- 真冬
  • 真冬お前の仕業かー!? -- メディスン
  • リミュウ「しまった...制御装置を付け忘れてた...」
    イーグル「ええっ!?」
    リミュウ「そこに真冬っちのが組み合わさってこうなっちゃったのかもね。」
    バハムート「戻せるのか?」
    リミュウ「うーん...今のでエネルギー使い果たしちゃったし...戻すのには時間がかかるかも。」
    クリス「あー!きょうりゅうさんだー!」(ヨッシーに駆け寄る)
    ヨッシー「あ、可愛い...」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「カワイイ!」
    ベジータ(EDF)「伝説の…超ロリー!(92/1920)」 -- 明日パラガス軍
  • 吹雪「ロリーですかぁ?紅蓮もこんなに姿になったらもっとカワイイ!かもなぁ…」
    ニセマリオ「(これがブロリコンというものか…)」
    あかり「ちなつちゃんの場合は何も変わらないのかなぁ」
    ちなつ「あかりちゃん…」
    あかり「冗談だよちなつちゃん!」
    ロリータ(Megamari)「ロリイイナイイナァ!」 -- 快斗軍
  • クリス「のせてー!のせてー!」
    ヨッシー「いいよ!」(クリスを背中に乗せる)
    クリス「わーい!」
    バハムート「...(あのクリスだとは思えん...)」
    リミュウ「可愛いね~♪」 -- ヨッシー一家
  • かわいいねぇ…ふふっ、食べたくなってきた…(性的な意味で)
    いたらk(メカヒスイに捕まれる)o、oh…。 -- 真冬
  • …(ちょっとちなつに対してやりすぎたかなと思っているようだ) -- しどのこ
  • 真冬ちょっと反省しろ。
    メカヒスイ、真冬の首を取れ、
    そして後は好きなように調理していいぞ。 -- メディスン
  • 了解いたしました、マスター。
    (真冬の首を無理矢理引きちぎり、さらに足をワイヤーで切断) -- メカヒスイ
  • うにゃん☆(しかし喜んでる)
    ま、足はすぐに再生しますが。首返してw -- 真冬
  • クリス「きょうりゅうさんにのってるよー!」(はしゃいでる)
    ヨッシー「...人を乗せたのって久しぶりだなぁ」
    白ヨッシー「...どうしてこうなったのです?」
    リミュウ「まー...色々とね。」
    イーグル「真冬ちゃん!?」(驚いている)
    バハムート「...(ヱリカとかには見られたくない場面だな...)」 -- ヨッシー一家
  • 吹雪「へぁっ!?」
    ベジータ(Megamari)「ふぉお!?」
    ちなつ「嘘っ!?」
    あかり「死んじゃうよぉ!」
    ニセマリオ「私はちぎられても平気だけどな(ドヤッ)」 -- 快斗軍
  • ヱリカ「…(ポルナレフ顔)」
    ブロリー(EDF)「しまったぁぁぁ!」 -- 明日パラガス軍
  • 大丈夫だって、真冬ちゃん不死身だから。
    この真冬ちゃんの不死身能力はほかの能力の妨害を受けないんだよぉ☆ -- 真冬
  • イーグル「す、凄いね...」
    リミュウ「不死身かぁ...」
    クリス「わは~おねえちゃんのかお、おもしろーい!」(ヨッシーから降りてヱリカへ近づく)
    バハムート「そしてこの展開...」
    ヨッシー「バハムートが変なこと考えたから...」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「は、はぁ…ブロリー(EDF)、これどういう状態ですか?しどのこ落ち込んでるし、クリス小さいし(クリスの頭をなでる)」
    ブロリー(EDF)「か、カカロットしかじかな訳で…」 -- 明日パラガス軍
  • (いきなりドス黒い顔で)
    やろうと思えば真冬ちゃんは寄生して
    その人の存在を消して、「その人」になることができるんだけどね
    それは今では禁忌行為なんですわ、昔はやっていたけど。
    あ、怖かった?怖かったらごめん。 -- 真冬
  • 過去の話をしてどうする真冬。
    確かにお前は恐怖を与えることが多いが、
    逆に楽しみも与える。そうだ、今度変身能力見せてあげなよ。
    きっと皆、びっくりするだろうよ。 -- メディスン
  • イーグル「...(ゾクッ)」(顔が青ざめる)
    クリス「うみゅ~きもちいい~」(喜んでる)
    白ヨッシー「...元に戻るんですよね?」
    リミュウ「うん...でもエネルギーチャージにはまだ時間がかかりそう。」
    ヨッシー「うーん...」 -- ヨッシー一家
  • ベジータ(EDF)(しどのこに頼んでもいいんだが…面白いからいいか。)
    ヱリカ(か、可愛い…!) -- 明日パラガス軍
  • クリス「わたしねー、かくとうぎやってるの!」(ヱリカへ)
    リミュウ「...まだ改良の余地があるね。」
    ヨッシー「まだどころか改良しないと安心して使えないよ...」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「あ、はい。そうでしたね…」
    ベジータ(EDF)(写真撮っとこ)
    しどのこ「…(どこからともなく金色に輝く剣を取りだす)」 -- 明日パラガス軍
  • にゅ?(自分の背中あった鉄パイプを手に持ち始める) -- 真冬
  • クリス「それでねー、いつかせかいちゃんぴおんになるのがゆめなの!」(ヱリカへ)
    ヨッシー「もうなってるけどね。」
    バハムート「記憶もそこまで戻ってるのか...?」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「まぁ、あなたならなれますよ。(そもそももうなってるし…)」
    しどのこ「…エクスカリバー…!(取り出した剣を振り下ろすと金色の光が森に放たれる)」
    【宝具 約束された勝利の剣(エクスカリバー)】
    ブロリー(EDF)「何をしてるだァーーーッ!?」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「ありがと!わたしがんばるね!」
    リミュウ「ボクはこのままでもいいと思うんだけどな。」
    白ヨッシー「何ですかあれ!?」(放たれた金色の光を見て) -- ヨッシー一家
  • (森が真っ二つに消し飛ばされるがすぐに大嘘憑きで無かった事にされる)
    しどのこ「…ふぅ。」
    ブロリー(EDF)「ふぅ。じゃねえ!は?ストレス解消?マジかぁ…」
    ベジータ(EDF)「白ヨッシーのとこにでも行ってやがれパシャパシャ」


    ヱリカ「…私も丸くなったものですねぇ…」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「おにいさん、なにしてるの~?」(ベジータ(EDF)へ)
    白ヨッシー「あれは...ノーガードだったらやられてましたね。」
    ヨッシー「ゑ?ガードをしてたら大丈夫だったの...?」
    白ヨッシー「相当なダメージは負うとは思いますけど...」 -- ヨッシー一家
  • 真冬ちゃん強烈な光は弱点なんでやめてくだせぇ。
    もしやるとなるならそれなりの覚悟はできてます。 -- 真冬
  • (天むす食べてる) -- メディスン
  • リミュウ「次の発明品はどうしようかな~?」
    イーグル「もう考えてるの?」
    バハムート「やはりリミュウの考えてることは分からんな...」 -- ヨッシー一家
  • 真冬ちゃんも似たようなの作ってるからいえないけど。
    そういうの作るなら応援しますよー。 -- 真冬
  • リミュウ「ありがとう、真冬っち!」
    バハムート「ふぅむ...」 -- ヨッシー一家
  • 「真冬ちゃん」で頼む。その言い方、何故か照れるのねw -- 真冬
  • ベジータ(EDF)「(クリスに)お前はカワイイナァ!だから思い出に残すために写真を撮っているんだ。」
    ブロリー(EDF)「ロリカワイイ!しどのこはあっち行ってロットォォォ!」
    しどのこ「…(白ヨッシーの方に投げ飛ばされる)」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「そう?分かったよ真冬ちゃん♪」
    イーグル「はぁ...(汗)」
    クリス「そうなの?なんだかてれちゃうなー」
    白ヨッシー「しどのこさん!?」(しどのこをキャッチしようとする) -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…(空中で一回転して白ヨッシーの目の前に降りる。※スカートの中身は頑張れば見えたかもしれない)」
    ベジータ(EDF)「よぉ~しよしよしよし(クリスの頭をなでる)」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「み、見事な身のこなしです!」
    ヨッシー「...(見えた...)」
    バハムート「ヨッシー...?」
    クリス「にゅー...」(気持ちよさそう) -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…(白ヨッシーにむぎゅっと抱きつく※胸が(ry)」
    ブロリー(EDF)「な、なんてカワイイ奴だぁ!」
    ベジータ(EDF)「もうロリコンでいいや」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「きゅふ!?し、しどのこさん!?」
    ヨッシー「...どうしよう?」
    バハムート「どうしようもないぞ。」
    クリス「えへへー」(照れてる) -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…いいにおい…(すりすりと頬ずりする)」
    ベジータ(EDF)「おいピッコロ(EDF)!お前なにか菓子もってただろ!」
    ピッコロ(EDF)「なぁにを寝言言ってる!ロリにくれてやる菓子なんてnクソマァー!(0/6200)」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「そ、そんな...きゃっ」(照れてるようです)
    ヨッシー「昨日の願いがかなったね!」
    バハムート「...」
    クリス「おかしくれるの!?」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「はい…どうぞ(クッキーを渡す)」
    しどのこ「…(白ヨッシーの背中に飛び乗る)」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「…ふふっ...人を乗せるのはいつ以来でしょうか...」(微笑んでいる)
    クリス「わーい!ありがとう、おおきいおにいさん!」(クッキーを受け取る)
    ヨッシー「良かったね」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「イェイ!」
    しどのこ「…(体制を変えると白ヨッシーの後頭部に上半身を押しつける※(ry)」
    トランクス(EDF)(あれも多分安心院の入れ知恵ですかね?) -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「...(しどのこさんッ...アレが...当たってます...!)」
    ヨッシー「むふふ~白が焦ってる~w」
    バハムート「...」
    クリス「クッキーおいしい!」 -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…(離れる気配無し。乗り心地がいいのか気持よさそうな表情をしている)」
    ベジータ(EDF)「ちょっと何か作りに出かける!後に続け!ブロリー(EDF)!」
    ブロリー(EDF)「はい…」
    (二人がバトロイ荘へ消える) -- 明日パラガス軍
  • クリス「ばいばーい!」(手を振る)
    白ヨッシー「...(たまにはこういうのも悪くないですね...)」
    ヨッシー「むふっw」 -- ヨッシー一家
  • そろそろ真冬ちゃん戻るわ☆まだ完成してない物があるし。
    またできたら披露しますよ。(ポリバケツの中に入り、退場) -- 真冬
  • リミュウ「うん!またね~」
    イーグル「不思議で....面白い人だった。」
    ヨッシー「真冬ちゃんは凄いよ~。」 -- ヨッシー一家
  • それじゃ、私も帰るとしますか。
    鈴蘭のお手入れに、ギャングたちの世話に…。
    メカヒスイの装備もチェンジしないといけない。
    それじゃ、またね。(メカヒスイと一緒に退場) -- メディスン
  • クリス「またねー!」(手を振る)
    ヨッシー「(ギャング...?)」 -- ヨッシー一家
  • 何が起こってるのかさっぱりわからないよ~(霧音のせいです) -- ビビ
  • クリス「わーいわーい!」(走り回っている)
    バハムート「...ご覧のとおりだ。」(ビビへ)
    ヨッシー「それじゃ分かんないでしょ。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…ゑ? ク、クリスおねえちゃん…!?」
    名未「もう見てられなーい!!!(何故か泣き去った)」 -- 魔道士と人形使い
  • イーグル「あっ...名未...」
    バハムート「リミュウの言っていた装置が完成して使ったは良い物の...」
    クリス「あのおねえちゃん...ないてどっかいっちゃった...」
    ヨッシー「その結果がこれだよ!」 -- ヨッシー一家
  • あれれ、名未おねえちゃん逃げちゃった(…あれのせいかなぁ?) -- ビビ
  • リミュウ「名未...クリスの姿がショッキングだったのかな?」
    イーグル「...ちょっと行って来る!」(名未の後を追う)
    クリス「うーん...なんでだろう?」
    バハムート「よく分からん...」 -- ヨッシー一家
  • しどのこ「…ん(突然白ヨッシーの背中から降りると修羅化身へ変化。そのまま退場する)」
    ベジータ(EDF)「真尋と黒戦人にも協力させてチョコレートケーキ作ったどー!」
    ブロリー(EDF)「さぁ食べましょお!ん?しどのこは仕事しに行ったのかぁ?」 -- 明日パラガス軍
  •  …おねえちゃん、はっきり言ってクリスおねえちゃんの方見てなかったけど…。 -- ビビ
  • 白ヨッシー「しどのこさん!また遊びに来てくださいね!」(しどのこへ手を振る)
    クリス「あ、さっきのひとたち!」
    ヨッシー「ケーキ♪ケーキ♪」
    リミュウ「うーん...じゃあ、どうしたんだろうね?」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「フッフッフ!早速食うか!」
    ヱリカ「お箸で食べますね」
    ベジータ(EDF)「大事な事を一つ。ヨッシーの分ねぇから!」 -- 明日パラガス軍
  • ヨッシー「なん...だと?」
    クリス「わたしもたべるー!」
    白ヨッシー「あ、私は結構です。今お腹すいてないので。」 -- ヨッシー一家
  •  …よく分かんないや。 -- ビビ
  •  …(タロット占い中) -- エリア外れにて…
  • ...(名未はどこ...?)(上空から探索中) -- 鷲(イーグル)
  • ベジータ(Megamari)「いやいや、やれYO…!(ベジータ(EDF)に対して)」
    吹雪「ヨッシーにあげる意志を見せなければ俺はクズ(Megamari)を破壊し尽くすだけだぁっ!(岩盤ラリアットの準備)」
    ベジータ(Megamari)「…ダニィ!?俺かYO…!」 -- 快斗軍
  • リミュウ「...イーグルが探してくれると思うよ。」
    ヨッシー「くれなかったらベジータ(EDF)を食べちゃうぞ!」
    クリス「たべちゃうぞー」
    バハムート「おいおい...」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「切り分けリーです…」
    ヱリカ「はい、どうぞ(クリスにケーキを渡す)」
    ベジータ(EDF)「すまん、そうしようと思ったんだが真尋に拒否された。食べる量多過ぎるんだYO…」
    トランクス(EDF)「大食いがあだになってますね…」 -- 明日パラガス軍
  •  …哀れな少年(XII(吊るし人)の札を引いたようだ) -- エリア外れにて…
  • ヨッシー「(´・ω・`)」
    白ヨッシー「今回は我慢ですね。」
    クリス「わーい!ありがとうおねえちゃん!」 -- ヨッシー一家
  • ...(あれ誰だろう...?)(タロット占いをしている人物の元へ) -- エリア外れの鷲(イーグル)
  •  …ボク一人になっちゃった。そろそろ帰ろうかな。 -- ビビ
  • 魔界で…あたしの振りをするなんて… !?(鷺(イーグル)に気付く) -- エリア外れにて…
  • トランクス(EDF)「何故か急にJ・ガイルを切り刻みたくなりました」
    ベジータ(EDF)「吊られた男(ハングドマン)のスタンド使いだったか?」
    ブロリー(EDF)「うまいです☆流石あの二人製と褒めてやりたいです…」
    ヱリカ「確かに美味しいですね~(箸でケーキを食べている)」 -- 明日パラガス軍
  • ...(あ、このままじゃ話せないね。)(物陰に入り、人の姿に戻る) -- エリア外れの鷲(イーグル)
  • ヨッシー「うう~...」
    クリス「おいしーい!」
    リミュウ「ビビも食べたら?美味しいよ?」
    バハムート「美味だな。」 -- ヨッシー一家
  • い、いいのかなぁ…(もじもじすんな) -- ビビ
  •  …(な、なんですか先程の鷺は…?)←ビビってる -- エリア外れにて…
  • こんにちは...(物陰から出てくる) -- エリア外れのイーグル
  • リミュウ「だいじょーぶ!食べちゃいな!」
    ヨッシー「じゅるる...」(涎が...)
    バハムート「...凄い視線を感じる」 -- ヨッシー一家
  • ピッコロ(EDF)「…一切れだけならやるぞ(ヨッシーにケーキを渡す)」
    ブロリー(EDF)「さぁお前も食べよットォォォ!(ビビにケーキを渡す)」 -- 明日パラガス軍
  •  …こ、こんにちは…。君、先程の鷺ですよね…? -- エリア外れにて
  •  …うん、分かった!(ブロリー(EDF)からケーキを受け取る) -- ビビ
  • うん、そうだよ...君はこんな所で何をしてたの? -- エリア外れのイーグル
  • ヨッシー「よっしゃぁぁぁ!」(ケーキを受け取る)
    クリス「よろこびすぎだよー。」 -- ヨッシー一家
  • あかり「あっ!あかりもケーキ(ホール)持ってるよぉ(なり雑系では無限)」
    ちなつ「えっ!?」
    あかり「よかったらどうぞ!(ヨッシーにケーキわあげる)」 -- ちなあか
  •  …先程の子(名未)の行方を知りたいのでしょう? -- エリア外れにて…
  • おいしーい!誰が作ったのかなぁ(先程の話聞いとけ…) -- ビビ
  • えっ?...うん。君、知ってるの? -- エリア外れイーグル
  • ヨッシー「本当!?ありがとぉぉ!」(あかりからケーキを受け取る)
    クリス「すごくうれしそうだね!」
    白ヨッシー「良かったですね。」 -- ヨッシー一家
  •  …彼女なら自宅に戻りました。 -- エリア外れにて…
  • ...分かった。ありがとう。 -- エリア外れのイーグル
  • 黒き戦人「よっと。あれ、しどのこいないのか?」
    ブロリー(EDF)「黒戦人、なんだぁ・・・?しどのこは仕事しに出かけてまぁす。」
    黒き戦人「そうか、とりあえず帰ってきたらこれ渡しといてくれ(退場)」
    ブロリー(EDF)「何何…」
    資料
    メザリバの件
    正直言って話にならない。
    大嘘憑きやら決闘者の能力使ったらどうにかなる。というよりでしゃばる必要性が無い。
    一応排除する準備だけはしとけ。
    ブロリー(EDF)「…ここにも仕事の話持ち込まないでほしいと思っているブロリー(EDF)です…」
    ベジータ(EDF)「あ、ケーキ作ったのは真尋と黒戦人だぞ。(ビビに)」 -- 明日パラガス軍
  • そうなの?今度会ったらお礼しなきゃ。 -- ビビ
  • トランクス(EDF)「あ、呼びましょうか?」
    ブロリー(EDF)「待て待て待て。真尋は0フレ発生の回避不可フォーク攻撃が原因で出番無しじゃなかったのかぁ?」
    ベジータ(EDF)「1フレ発生まで加減できるようになったらしい。問題無いだろ。」 -- 明日パラガス軍