キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その20


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 僕がやるの?
    ・色んな人が来たよ...ディトアや真尋って人とか...
    ・ディトアってタロット占いできるんだね...凄いや。
    ・お姉ちゃんが挫けちゃった。でも真冬ちゃんが励ましてくれたよ。
    ・最後はお姉ちゃんの発明が完成して、クリスお姉ちゃんが元に戻った。良かった... -- あらすじ:イーグル
  • 白ヨッシー「そうですか...。」
    リミュウ「ボクはこうでなくちゃね!」
    イーグル「自分で言わないの。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「やっぱり明るい方が楽しいよね!」
    ディトア「…(先程から南西の方角を見ている)」 -- 魔道士と女装男子
  • 白ヨッシー「...(先程から南西を...一体何が?)」
    リミュウ「うん!」
    ヨッシー「良かったー。」
    イーグル「...?」(ディトアを見てる) -- ヨッシー一家
  • ビビ「…さてと、ボクは魔道書でも読んでよっと」
    ディトア「…気にしてても仕方ありませんよね…はぁ」 -- 魔道士と女装男子
  • イーグル「...(気になるなぁ...行ってみよ)」(南西の方向へ歩いて行く)
    リミュウ「他に使いたい人とか居ないかな~?」
    白ヨッシー「それ...結局精神まで幼児化しちゃうんですか?」
    リミュウ「うん...そこまで制御できなかった。」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「良かったよかった。元に戻りました。」
    ブロリー(EDF)「立ち直ってるし謝リーに行かなくてもいいかぁ…」
    ベジータ(EDF)(ほっこり※ロリクリスの写真を持ってる) -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「誰か使いたい人居ない?」
    ヨッシー「僕は遠慮しておくよ...」
    バハムート「同じく。」
    クリス「あら、ヱリカ。来ていたの?」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「えーと…いいです(リミュウに対して)」
    ツインテール「ちなちゅーそろそろ出してー」
    ちなつ「…しょうがないですね(ツインテールから京子を出す)」
    京子「やっと出られた」
    ベジータ(Megamari)「京子の奴…無事だと?」
    吹雪「ちなつちゃんのツインテールに吸収されてもダメージはないのよ~」
    ベジータ(Megamari)「ダニィ!?」 -- 快斗軍
  • リミュウ「ええー?そんな遠慮しないでもいいんだぞー」
    白ヨッシー「...」
    バハムート「...(あのツインテール...どういう仕組みだ?)」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「えぇ、まぁ。おかげで面白いものが見れましたよ。(クリスに)」
    ベジータ(EDF)(ハァ・・・ハァ・・・)
    ブロリー(EDF)(フヒヒヒヒwww※写真見てる) -- 明日パラガス軍
  • クリス「面白いもの...?」
    ヨッシー「何あいつら」(ベジータ(EDF)達を見て)
    白ヨッシー「見ちゃ駄目ですよ。」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「知りたければ教えてもいいですよ?」
    ピッコロ(EDF)「おい化け物なぁにをやってrクソマァー!(0/6200)」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「...教えて欲しいですわ。」
    白ヨッシー「相変わらずクリスは好奇心旺盛ですね。
    ヨッシー「...あ、ピッコロがやられた」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「カクカクシカジカ…(幼女の件を説明する。)で、あそこのサイヤ人が見てるのが幼女状態のあなたの写真です。」
    ベジータ(EDF)「ふおぉっ!?」
    ブロリー(EDF)「なんだトォォォ!?」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「なるほど...リミュウの発明は成功してたわけですね...」
    白ヨッシー「そうです。」
    クリス「...で、何でその写真をあの方達が?」 -- ヨッシー一家
  • ベジータ(EDF)「ここここここここれh」
    ヱリカ「普通に写真撮ってました。ロリコンですから後で堪能するためだと思います」
    ブロリー(EDF)「もっと良い言い方あるだロォォォ!?」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「...ぶっ飛ばしますわ!正拳オーラ突き!」(正拳突きの構え、拳から気功をベジータ(EDF)へ放つ)
    ヨッシー「駄目だこりゃ」 -- ヨッシー一家
  • ベジータ(EDF)「ひょおお!?(0/1920)」
    ブロリー(EDF)「逃げr」
    トランクス(EDF)「無駄な事はやめた方がいい…ここでお前も死ぬのだから」
    ピッコロ(EDF)「ふん、化け物め、ガタガタにしてやる!(6200/6200)(仙豆食べた)」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「...そんな悪い子にはお仕置きダァ!」(何故かブロリー(EDF)へ甘酸っぱい(ry銃の光線を発射)
    クリス「ゑ!?」
    バハムート「機会を伺っていたな、リミュウめ...」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「ッ!それはやめなさい!(光線を弾き飛ばす)」
    ブロリー(EDF)「虫ケラ(EDF)、は、離せ!」
    ベジータ(EDF)「(1920/1920)仙豆盗んだから今のうちに逃げr」
    トランクス(EDF)「父さんを生かしておくわけにはいかない…(先回り)」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「駄目かぁ...」
    ヨッシー「駄目じゃボケ!」
    白ヨッシー「気持ちはわかりますが...無闇にぶっ放しちゃ駄目ですよ」
    クリス「よし...正拳オーラ突き!」(拳から気功を今度はブロリー(EDF)へ放つ) -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「その銃は決してブロリーと名のつく全てに使わないでください。…マジで死人が出ます。」
    ピッコロ(EDF)「化け物、お前は終わりだ!」
    ブロリー(EDF)「虫ケラ何いってんの~?この俺がオーラ突き程度で死ぬtのおぉっ!?(0/26000)(対クズ仕様によりダメージ増加)」
    トランクス(EDF)「フィニッシュバスター!」
    ベジータ(EDF)「お前など粉々に打ち砕いてくれるわあああぁぁぁワタシハトリヨー…(0/1920)」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「分かったよ~」
    ヨッシー「ふへぇ...」
    クリス「ざっとこんなもんですわ。」 -- ヨッシー一家
  • トランクス(EDF)「終わりましたね。」
    ピッコロ(EDF)「ふん、馬鹿者め…」 -- 明日パラガス軍
  • ヨッシー「写真は?」
    クリス「残っていたら私が回収しますわ。」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「写真はありますけど、処分しても無駄ですよ?」
    ピッコロ(EDF)「ベジータ(EDF)の事だから写真データをEDF宿舎の方へ送ってるだろう…後で消しとくか。」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「いえ...記念として取っておきますわ。」
    ヨッシー「滅多に出来ない体験だもんね。」
    リミュウ「またやってあげるよ~?」
    クリス「...もう遠慮しておきますわ。」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「はい、どうぞ。可愛かったですよ?(写真を渡す)」
    トランクス(EDF)「このブロリー(EDF)さんブロリーでドラマCDシリーズの影響も受けてますよね?」 -- 明日パラガス軍
  • クリス「...世界チャンピオンを目指して、無我夢中に努力していた頃を思い出しますわ。」
    ヨッシー「そんな前からやってたんだ...」
    白ヨッシー「でなきゃ、ここまで強くなれませんよ...」 -- ヨッシー一家
  • …俺もかぁ?(ヱリカに対して) -- 吹雪の巫女
  • トランクス(EDF)「すごいですね…」
    ヱリカ「人間の域を明らかに超えてますからねぇ・・・
    あと、危険なのはブロリーの過去ですから、吹雪の巫女あなたには関係ないですね。」 -- 明日パラガス軍
  • なるほどなぁ… -- 吹雪の巫女
  • バハムート「過去...か。なるほど...」
    リミュウ「じゃあヨッシーに撃ってみる?」
    白ヨッシー「...それは止したほうがいいかと。」
    クリス「どうしてかしら?」
    白ヨッシー「...普段のヨッシーを見れば解ります。」 -- ヨッシー一家
  • 真冬ちゃんの過去は危険だから語れないねぇ、
    一生のトラウマ物になるよ。(お手入れが終わったようです) -- 真冬
  • バハムート「そ、そうなのか...?」(真冬へ)
    リミュウ「百聞は一見にしかず!見てみるとしますか!?」
    白ヨッシー「...知りませんよ?」 -- ヨッシー一家
  • ピッコロ(EDF)「まずい!」
    トランクス(EDF)「逃げろー!」
    ヱリカ「避難するだぁ!(全員逃げ出す)」 -- 明日パラガス軍
  • 白ヨッシー「別に世界が破滅するようなものじゃないんですけど...ね。」
    リミュウ「クリス~よろしく!」
    クリス「オッケイですわ!」(ヨッシーを羽交い絞めにする)
    ヨッシー「ちょ...本当にやるの?」
    リミュウ「おふこーす!」(ヨッシーに光線照射)
    ヨッシー「ふんぎゃぁ!」 -- ヨッシー一家
  • やめておき、好奇心は時に身を滅ぼしますよ?
    でもそういう人真冬ちゃんで大好き☆
    でもごめんね、語れない、でも語れるときが来たら語りましょうか。
    それまでの お☆や☆く☆そ☆く☆よ?おk? -- 真冬
  • バハムート「分かった...」(真冬へ)
    チビヨッシー「うう~クラクラするでち...」
    リミュウ「ちっこい!?」
    クリス「可愛いですわね...」
    白ヨッシー「はぁ...全く。」(家の中へ入っていく) -- ヨッシー一家
  •  …(一人突っ立ってる) -- エリア外れにて…
  • (いつの間にか鷲に変身してる)...(あの人は誰...?) -- 鷲(イーグル)
  •  …(風を浴びているだけ。動きはしない) -- エリア外れにて…
  • ...(暫く様子見でもしよう...)(地上に降りる) -- 鷲(イーグル)
  •  …(過去と聞いて少し俯いてる) -- ビビ
  •  …(無言でどこかに向かおうとする) -- エリア外れにて…
  • ...(こっそりついていこう...) -- 鷲(イーグル)
  • チビヨッシー「...」
    クリス「おーよしよし。」(チビヨッシーの頭を撫でる)
    チビヨッシー「...おなかすいたでち。」
    リミュウ「あーここもヨッシーらしいや。」
    チビヨッシー「...カプッ」(クリスに噛み付く)
    クリス「痛っ」 -- ヨッシー一家
  •  …(何故かジャンプして木の上に) -- エリア外れにて…
  • ...(静かに様子を見てる) -- 鷲(イーグル)
  •  …あの後、どうなったのか。 -- エリア外れにて…
  • ...(あの後?) -- 鷲(イーグル)
  • (気配察知)…誰かに聞かれてる気がする…。 -- エリア外れにて…
  • ベジータ(Megamari)「いざとなったらちなつに任せて逃げるんだぁ…。」
    吹雪「クズがぁ…(ベジータ(Megamari)を掴む)」
    ベジータ(Megamari)「は、離せっ!」
    吹雪「できぬぅ!…ところでちなつはどこだぁ?」
    ちなつ「(ガタガタガタガタガタガタガタガタ)」
    吹雪「ビビリーだとぉぉぉぉぉぉ!!!」 -- 快斗軍
  • ...(バレた!?...。)(その場から逃げようとする) -- 鷲(イーグル)
  •  …まぁ、別に構わないけど。奴らの気配じゃなさそうだし…はぁ(ため息) -- エリア外れにて…
  • チビヨッシー「ぺっ...まずいでち。」
    クリス「...(何だか悔しいですわ...)」
    チビヨッシー「つぎはそこのドラゴンでち。」(バハムートに噛み付く)
    バハムート「クリスの時より厄介だな...」(気にしてない様子) -- ヨッシー一家
  • ...(あれは一体誰なんだろう...?悪い人だったらどうしよう...) -- 鷲(イーグル)
  •  …無事に帰ってきやがったか…はぁ(ため息つきながらどこかへ飛んでいった) -- エリア外れにて…
  • ちなつ「い、いざとなったらあの子(チビヨッシー)を破壊(ry」
    ベジータ(Megamari)「ニャメロン!」
    吹雪「やめロットォォォォォォォォォォ!!!」
    京子「落ち着いてちなちゅ」
    ちなつ「無理です!」
    あかり「ちなつちゃんの方が怖いから大丈夫だよぉ」 -- 快斗軍
  • ビビ「…破壊するのはやめたげてよぉ」
    ディトア「…(消えた?)」 -- 魔道士と女装男子
  • チビヨッシー「...まずいでち。」
    バハムート「...(当たり前だ。我は食用じゃない)」
    白ヨッシー「ヨッシー。食べ物持って来ましたよ。」(家の中から大量の食べ物が)
    チビヨッシー「まってたでちー!」(食べ物に飛びつく)
    イーグル「ただいま...」(またいつの間にか戻ってる) -- ヨッシー一家
  • ビビ「あれ、イーグルさん?」
    ディトア「…(しかし、何でしょうかこの違和感は…)」 -- 魔道士と女装男子
  • リミュウ「あれ?イーグル。何処行ってたの?」
    イーグル「...エリア外れに変な人が居た。」
    バハムート「本当か?」
    イーグル「...うん。」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「もう逃げたいです…」
    ベジータ(Megamari)「(あかりの奴何気にひどいこと言ったな…)」 -- 快斗軍
  • チビヨッシー「...なんかものたりないでち。」(持ってきた料理は既に完食)
    白ヨッシー「...あれだけ食ってもまだ足りないんですか。」
    チビヨッシー「もっともってくるでち。」
    白ヨッシー「...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…エリア外れに不審者!? 逃げなきゃ!」
    ディトア「…ビビ君は反応しすぎです」 -- 魔道士と女装男子
  • バハムート「大丈夫だビビ。いざとなれば我らが戦ってやる。」
    リミュウ「安心しな!ボクらがついてるから!」
    イーグル「お姉ちゃんは心配だよ...」
    クリス「そうですわ!私達が居れば安心ですから!」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「うぅぅ…」
    京子「(ちなつちゃんが怯え過ぎて暴れるのが一番怖いよね(今回そんなこと起きないけど)」
    吹雪「(はい…。)」 -- 快斗軍
  • ビビ「…皆、ありがとう…でも、ボクも戦うよっ」
    ディトア「…(魔法の暴発だけはやめて下さいね)」 -- 魔道士と女装男子
  • バハムート「ああ。ビビの魔法は心強い。」
    クリス「...そうならないように祈るばかりですわ。」
    チビヨッシー「はやくするでち。ぼく、まつのはきらいでち」
    白ヨッシー「...(ヨッシー...戻ったらお仕置きですね)」(家の中へ) -- ヨッシー一家
  • 櫻子ちゃん(違う)、困ったらあかりも力に(ry (ビビに対して) -- 赤座あかり
  •  …ありがとう、おねえちゃん(あかりに対して …櫻子ちゃんって誰!?) -- ビビ
  • バハムート「...あれ本当にヨッシーか?」
    リミュウ「多分ね...でもクリスの時より豹変ぶりが...」
    クリス「白ヨッシーの言っていた事が分かりましたわ...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…そう言えばヨッシーさんがちっちゃくなってるー」
    ディトア「…XIV(節制)の逆位置、暗示されるのは『浪費』『不安定』…」 -- 魔道士と女装男子
  • 白ヨッシー「はい。持って来ましたよ」
    チビヨッシー「まってたでちー!」
    バハムート「...」
    リミュウ「まさかここまでウザくなるとは...」
    クリス「早く戻したほうが...」
    イーグル「...?それはどういう意味?」(ディトアへ) -- ヨッシー一家
  • ビビ「…わぁ(汗)」
    ディトア「…あの者(チビヨッシー)を占った結果です。現に食物が減ってますし…」 -- 魔道士と女装男子
  • チビヨッシー「ふー...もっとでち。」
    白ヨッシー「...チッ」(家の中へ)
    リミュウ「白ヨッシーがキレかけてる...」
    クリス「戻さないと私達も危ないですわ...」
    イーグル「なるほど...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…白ヨッシーさんが怒りそうだよ…(ボク、帰ろうかな…)」
    ディトア「…!(VIII(力)の逆位置を引いたようだ)」 -- 魔道士と女装男子
  • イーグル「それは...?」(ディトアへ)
    バハムート「まずいぞ...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…(小刻みに震え始めた)」
    ディトア「…あ、暗示されるのは『本性』『自惚れ』…」 -- 魔道士と女装男子
  • 吹雪「まずいーです…。」
    ベジータ(Megamari)「やっぱりちなつに任せて逃げた方がイイナァ!」
    ちなつ「嫌ですよ!」 -- 快斗軍
  • イーグル「...どういう事?」(ディトアへ)
    白ヨッシー「...」(黙って食べ物を出す)
    チビヨッシー「まってたでちー!」
    バハムート「これは...」
    リミュウ「準備できたよ...!」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「つ、つまり…白ヨッシーさんの本性が現れるってこと?」
    ディトア「…ビビ君が今言った通りにならないことを望みます…(汗)」 -- 魔道士と女装男子
  • 吹雪「…。(元はといえばリミュウとクリスのせいです…。)」
    ベジータ(Megamari)「もうダメだ…おしまいだぁ…。」 -- 快斗軍
  • チビヨッシー「まだまだたりないでち。」
    白ヨッシー「...」(右手に巨大な剣を作り出す)
    チビヨッシー「なんでちか?」
    白ヨッシー「...よく聞こえませんでした。もう一度お願いできますか?」(目が怖い)
    チビヨッシー「まだまだたりないでち。」
    白ヨッシー「ふんっ!」(チビヨッシーの横に剣を振り落とす)
    チビヨッシー「やるきでちか?」
    白ヨッシー「...次は外しませんよ?」(剣を再び持つ) -- ヨッシー一家
  • クリス「リミューウ!早く戻してですわ!」
    リミュウ「わーってる!」
    バハムート「急げ...手遅れになるぞ...!」
    イーグル「...」 -- ヨッシー一家
  • くそったれーーーっ!(身構える) -- 超ベジータ(Megamari)
  • (突然螺子が白ヨッシーめがけて飛んでくる) -- 何者か
  • 白ヨッシー「...!」(持っていた剣で防ぐ)
    チビヨッシー「へへーぼくはつよいでちよ?」
    リミュウ「...あ、エネルギー切れ」
    クリス「嘘ッ!?」
    リミュウ「ま、後数十分すればチャージできるけどね♪」
    バハムート「その数十分で事件が起こったらどうする...」 -- ヨッシー一家
  • …(修羅化身の姿で登場する。両手には螺子を持っている) -- しどのこ
  • 吹雪「だったら俺がなんとかしてやる!」
    超ベジータ(Megamari)「地球が消えるからニャメロン!」
    通常吹雪「…。(落ち込む)」 -- 快斗軍
  • 白ヨッシー「やはりしどのこさんでしたか...」
    チビヨッシー「さー...かかってこいでち!」
    バハムート「お主等...頼むから落ち着いてくれ...」
    クリス「ヨースターエリアが吹っ飛びますわー!」 -- ヨッシー一家
  • …(大嘘憑きをチビヨッシーに発動、機械の効果を無かった事にする) -- しどのこ
  • ヨッシー「ゑ!?何事!?」
    白ヨッシー「...」(剣をしまう)
    リミュウ「あ、良かった...」
    バハムート「最悪の事態は回避だな...」 -- ヨッシー一家
  • …(ちなつの方をチラリと見る) -- しどのこ
  • 白ヨッシー「...リミュウ、クリス。貴女達はお仕置きです。」
    リミュウ「ゑ!?何でボク達!?」
    白ヨッシー「私は止めたはずですよね?さ、行きますよ。」(リミュウとクリスを引きずって家の中へ)
    クリス「...」
    バハムート「ヨッシーは...ま、幼児化の時の記憶は無くなるというし。」 -- ヨッシー一家
  • …(何をしに来たのか意味☆不明なまま退場) -- しどのこ
  • …?(しどのこさんどうしたんでしょうか) -- 吉川ちなつ
  • ビビ「…すごく恐ろしい物を見た気がする…(ブルブル)」
    ディトア「…(どうしてこう、あたしのタロット占いは当たってしまうのだろうか…)」 -- 魔道士と女装男子
  • ヨッシー「...もしかして僕、とんでも無いことしちゃった?」
    イーグル「気にしなくても大丈夫だよ...」
    バハムート「知らないほうがいい。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…う、うん、ヨッシーさんは何もしてないよ?」
    ディトア「…」 -- 魔道士と女装男子
  • ヨッシー「そう?...やけにお腹がいっぱいなんだけど...」
    バハムート「我は何も知らん。」
    イーグル「...うん。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「いつものことじゃないかなぁ…(汗)」
    ディトア「…(あの中(家)では一体何が行われているのでしょうか…)」 -- 魔道士と女装男子
  • イーグル「ねぇヨッシー。白ヨッシーのお仕置きってどんなの?」
    ヨッシー「うーんとね...うさぎ跳び100回とか、焼石の上で正座とか。」
    バハムート「...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…どっちもきついなぁ…(汗)」
    ディトア「…正座なら出来ますが…」 -- 魔道士と女装男子
  • ヨッシー「とにかく恐ろしい...白が本気で怒るとね。」
    イーグル「確かに怖かった...」
    バハムート「この辺が吹き飛ぶかと思ったぞ..」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…怒らせると怖い人っているよね…」
    ディトア「…(怒ったことはあまりない彼)」 -- 魔道士と女装男子
  • ヨッシー「あれ?そういえば白は?」
    イーグル「家の中。」
    バハムート「クリスとリミュウと一緒にな。」
    ヨッシー「おふ...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…(そう言えば屋敷の中でのみ物凄いお仕置きをするおねえちゃんがいるって聞いたなぁ…)」
    ディトア「…大丈夫なのでしょうか」 -- 魔道士と女装男子
  • ヨッシー「大丈夫。白のお仕置きはきついけど命に関わるまではしないから。」
    イーグル「逆に言えば...命に関わらないけど...」
    バハムート「それなりのものが待っているというわけか...」 -- ヨッシー一家
  • 白ヨッシー「反省文を10枚以上書いてくださいね。(ニッコリ)」
    リミュウ「ひぇぇ...」
    クリス「...」 -- 一方家の中
  • ビビ「…そ、そうなんだ…(滝汗)」←ジタンバカザルがお仕置きされる場面を何回か見ているため、少し焦っている
    ディトア「…(反省文ですか…ミレーユさんもやってましたね)」
  • リミュウ「ヨッシーにはお仕置きないの?」
    白ヨッシー「ヨッシーには一ヶ月ご飯抜きという罰を課せるので心配無用です。」
    クリス「...」 -- 家の中
  • ヨッシー「ゑ」
    イーグル「ご愁傷様...」
    バハムート「やっぱりな...お咎め無しとはいかんか。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…(汗)」
    ディトア「…XX(審判)の逆位置 暗示されるのは『再起不能』『後悔』…」
    ビビ「ディトアおねえちゃーん、今度タロットについて教えてよー」 -- 魔道士と女装男子
  • 白ヨッシー「あ、反省文を書き終えたら家の中の掃除と家の周りをうさぎ跳びで3周です」
    リミュウ「ひええー!鬼ぃ~」
    クリス「...ぐぅ」← -- 家の中
  • ヨッシー「...(ご飯抜き...)」
    イーグル「運が悪かったね...」
    バハムート「『再起不能』...か。」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「…このタロットの通りにならなければいいのですが…」
    ビビ「…ねー、教えてよー(ディトアのマントを引っ張ってる)」 -- 女装男子と魔道士
  • バハムート「それはどちらのなのだ?ヨッシーか、家の中の二人か...」(ディトアへ)
    イーグル「...」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「…おそらく両方です」
    ビビ「話聞いてるー!?(ディトアにスルーされてる)」 -- 女装男子と魔道士
  • バハムート「そうか...」
    イーグル「現にヨッシーはあそこで倒れてるし...」
    ヨッシー「ご飯抜きって...ご飯抜きって...」
    バハムート「...」 -- ヨッシー一家
  • リミュウ「やったぁ...やっと半分(涙目)」
    クリス「...zzz」
    白ヨッシー「クリス?」 -- 家の中
  • あかり「一か月も何も食べなかったら死んじゃうよぉ!」
    ベジータ(Megamari)「(かわいそうだな…)」
    吹雪「そういえばうさぎ跳びってメリットが何もないって聞いたけどほんとかしら~?」 -- 快斗軍
  • ディトア「…ですが、このままと言うのも可愛そうなので、少しだけでも…(冷やし中華を取り出す)」
    ビビ「おねえちゃんスルーしないでー!(ディトアに(ry)」 -- 女装男子と魔道士
  • あかり「じゃああかりが持ってるケーキも渡すよぉ(ヨッシーにケーキを渡す)」
    吹雪「(仙豆あったらよかったのになぁ…orz)」 -- 快斗軍
  • バハムート「皆...悪いな。」
    ヨッシー「!!...ありがとう...!」(ケーキを受け取る) -- ヨッシー一家
  • ディトア「…(具材入れてる)」
    ビビ「…おねえちゃん、冷やし中華なんていつ買ったの…(汗)」 -- 女装男子と魔道士
  • クリス「...zzz」
    白ヨッシー「クリス~?」
    リミュウ「何で寝れるの...」
    白ヨッシー「...あ、もう書いてありますね。(反省文)」 -- 家の中
  • ディトア「…できまs(ry」
    ビビ「ボクにちょうだい! 今すごくお腹すいてるの!(ディトアにねだる)」 -- 女装男子と魔道士
  • ヨッシー「おいしい~!」(ケーキを食べ終えた)
    バハムート「良かったな...」 -- ヨッシー一家
  • 白ヨッシー「...でも字が汚すぎて何を書いてるか分かりません。書きなおしです」
    クリス「やっぱり...?」
    リミュウ「あ、起きてた」 -- 家の中
  • ディトア「…仕方ないですね、今回だけですよ」
    ビビ「わーい!(冷やし中華受け取って食べてる)」
    ディトア「…(実際、二つあったからいい物の)」 -- 女装男子と魔道士
  • ヨッシー「...でも一ヶ月抜きかぁ...(´・ω・`)」
    バハムート「頑張れ。我らもできるだけサポートする。」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「…よろしければあとで食材を持ってきましょうか?」
    ビビ「…それじゃあ抜きの意味ないと思うよ?」←思考が黒くなり始めてる -- 女装男子と魔道士
  • ヨッシー「いいの?」
    バハムート「...他で食べる分には構わんのでは無いか?白ヨッシーも同族なのだから気持ちは汲んでくれるはずだ。」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「えぇ。 …困っている人を見捨てることは出来ませんので」
    ビビ「ヤダなーおねえちゃん、意味ないって言ってんじゃん?」←腹黒になりかけてる -- 女装男子と魔道士
  • ヨッシー「うれしいなー」
    バハムート「ビビ...(汗)」
    イーグル「ビビ?」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「…ビビ君、少しお仕置きが必要そうですね…(タロットを取り出す)」
    ビビ「お仕置きー? 何する気なのー?」←挑発 -- 女装男子と魔道士
  • ブロリー(EDF)「ヨッシーは悪くないだろ…黒戦人でもよんで白ヨッシーの生贄にするかぁ?(26/26000)」
    ベジータ(EDF)「黒戦人の場合状況悪化させるだけだろう…しどのこも駄目だ。確実にヨースターの大地が抉れる。(5/1920)」 -- 伝説の超ダメダメ人
  • ヨッシー「そうだよ~...僕はただ幼児化してただけなのに...。」
    バハムート「確かにな...」
    イーグル「...(あのタロットで何かするのかな?)」 -- ヨッシー一家
  • 京子「確かにそうだよね」
    吹雪「問題は食料よ~…。仙豆があれば一つで十日分の食事ができるのに~…」
    ベジータ(Megamari)「(俺の場合腹はふくれなかったが…)」
    ちなつ「まだ私のツインテールの中にあるというオチじゃないですよね」
    吹雪「さっき全部取り出したのよ~。それで全部使っちゃって」
    ちなつ「なんでこういう時にないんですか!」
    ベジータ(Megamari)「お前の練習のせいだYO…!」 -- 快斗軍
  • ははは、疲れた。 -- 真冬
  • ヨッシー「お疲れー。」
    リミュウ「ふぅ...ボクも疲れたよ。」(家の中から出てくる)
    クリス「ええ...」 -- ヨッシー一家
  • なんつーかね…次の発明品のネタを考え中w -- 真冬
  • ベジータ(EDF)「ちなつは少しは自分の行動を反省する事を知り給え…なんつって」
    ブロリー(EDF)「俺達は仙豆持ってますYO☆」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「へぇ~興味あるなぁw」(真冬へ)
    バハムート「お主等...もう終わったのか?」
    クリス「ええ。白ヨッシーがもう終わっていいと言いましたわ。」
    白ヨッシー「はい。私も少々大人気なかったです...」
    ヨッシー「あ、白...」
    白ヨッシー「ヨッシーの罰も無くしておきます...考えたら、ヨッシー自身に罪はありませんでしたね。」 -- ヨッシー一家
  • あーでも、効果はもう決まってるんだよね。
    男の子だけを女の子に変えちゃう、ガスをね…☆
    これなら一気に大量に変えられるからさ☆ -- 真冬
  • リミュウ「面白そうだねっ!」
    イーグル「...?」
    ヨッシー「白、ありがとう~」
    白ヨッシー「いえいえ...」 -- ヨッシー一家
  • 完成したらまた此処に持ってくるから、
    それまで楽しみにしててね☆ -- 真冬
  • ちなつ「えっ!?私のせいなんですか!?」
    吹雪「はい…。」
    あかり「練習なかったら仙豆残ってたよぉ」 -- 快斗軍
  • リミュウ「うん!楽しみにしとくよっ」
    バハムート「結構練習していたからな...」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「ん?親父ぃから通信かぁ?」
    立体映像パラガス(EDF)「ちなつ、お前の姿は伝説の超お笑いだったぜwww」
    ベジータ(EDF)「パラガス(EDF)死んだな。」
    ブロリー(EDF)「はい…」 -- 明日パラガス軍
  • イーグル「ひっ...何あのおっさん...」
    リミュウ「立体画像通信...ボクも前に発明したなぁ...すぐ壊れたけど」
    ヨッシー「壊れたんかい!」 -- ヨッシー一家
  • 映像パラガス(EDF)「お、俺がおっさんだなどと…そのようなことがあろうはずが、ございました☆」
    ブロリー(EDF)「つーか親父ぃにビビった人を初めて見たブロリー(EDF)です。」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「ああ...何か見るからに怪しそうなおっさんだね...」
    イーグル「...」(映像パラガス(EDF)を怯えながら見てる)
    ヨッシー「大丈夫...?」 -- ヨッシー一家
  • 映像パラガス(EDF)「一体、どうしたというんだ…?まさか俺に対して本能的に恐怖をk」
    ベジータ(EDF)「んなわけないどー!」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「悪いねー...イーグル、時々こうなるんだよー」
    イーグル「...」(リミュウの後ろに隠れてる)
    ヨッシー「そうなの?」 -- ヨッシー一家
  • ベジータ(EDF)「何故そうなる原因がパラガス(EDF)になるんだYO…」
    映像パラガス(EDF)「ちなつプギャーしに来ただけだというのにどうしてこうなった?」 -- 明日パラガス軍
  • リミュウ「知らないよぅ...」
    ヨッシー「昔似た人に襲われかけたとか?」
    バハムート「...(あんな特徴的な顔、世の中にそう居るとは思わんが...)」 -- ヨッシー一家
  • …そのおじさん(パラガス(EDF)のこと)どこにいるんですかぁ?(殺る気満々) -- 吉川ちなつ
  • ブロリー(EDF)「ウボァさんの動画の親父ぃはやたらと強かったなぁ…」
    映像パラガス(EDF)「神精樹は偉大というわけだぁ!」
    ベジータ(EDF)「あ、ウボァさんの動画はブロリスト以外の良い子は見るなよ!
    そしてパラガス(EDF)の居場所はなり雑だ。」
    映像パラガス(EDF)「安置最高☆」 -- 明日パラガス軍
  • ちなつ「むぅ…なんとかしてなりきりバトルロイヤルに行かせないと…」
    吹雪「俺に任せロットォ! …ゆるゆりMADの親父ィ…も強いです…。」
    ちなつ「じゃあ行ってきます(退場)」
    吹雪「イェイッ!!(退場)」 -- 快斗軍
  • リミュウ「イーグル...どうしたの?」
    イーグル「...」
    ヨッシー「何か言いたくない事情でもあるのかな?」
    バハムート「あまり人の過去を根掘り葉掘り聞くものではないぞ。」
    リミュウ「ボク、イーグルの姉なんだけど...」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)「親父ぃ…来たか☆」
    パラガス(EDF)「こ、このままでは殺される…こうなったら、いや、でもあいつらに協力を要請するのは…(ブツブツ」 -- 明日パラガス軍
  • 青ヨッシー「ヨッシーちゃーん!」
    ヨッシー「皆!...あれ?赤は?」
    黒ヨッシー「...そういえば居ないな。どうしたんだ?」
    【ピー】→赤ヨッシー「...俺は...ここだ!」(ようやく戻った)
    バハムート「ああ...久しぶりだな。」 -- ヨッシー一家
  • ちなつ「(追いついた)覚悟はできましたかぁ?(気を高める)」
    吹雪「でもここでは危険です…。だから親父ィ…(EDF)を避難させてやるYO☆」
    ちなつ「(吹雪ちゃん作戦通りにやってくれるのかな…)」
    吹雪「これだぁ!(一人用のポッドを出す)これに乗ると娘ェ!とたわむれる(という名の血祭り)ことができますYO(ちなみに行き先はなりきりバトルロイヤル)」 -- 快斗軍
  • イーグル「あのおっさん...来たんだ。」
    リミュウ「あはーん...いきなり立体画像で出てきた、あのおっさんにビビっただけか。」
    バハムート「何故わかった!?」
    ヨッシー「よーし!久々に揃ったし、"アレ"やる?」
    青ヨッシー「いいわね!」
    赤ヨッシー「オッケー!」
    黒ヨッシー「...いいだろう。」
    ヨッシー「スーパ~ドラゴンフュージョン!」 -- ヨッシー一家
  • パラガス(EDF)「そのオチは流石に読んでいるわぁ!消し去ってしまえー!(吹雪にデッドパニッシャーを放つ)」
    ブロリー(EDF)「どっちにしても親父ぃは死ぬけどなぁ…」 -- 明日パラガス軍
  • 虹ヨッシー「久々に虹ヨッシー、見☆参!」
    リミュウ「ゑ!?ヨッシーが...」
    イーグル「羽根が生えてる...それに光ってるし...」
    バハムート「ゼクロム戦以来だな...」 -- ヨッシー一家
  • 吹雪「なんなんだぁ?今のは…?(260000/260000)」
    ちなつ「失敗してるじゃないですか!」
    吹雪「すまぬぅ!」
    ちなつ「…じゃあ力ずくでなんとかしましょうか(地形が壊れない程度だが威力が高いミラクるん・ドンキでパラガス(EDF)を殴ろうとする)」
    吹雪「はい…。(普通にパラガス(EDF)を殴ろうとする)」 -- 伝説の超ごらく人と伝説の超サイヤ人
  • パラガス(EDF)「あーう☆(0/1800)」
    ブロリー(EDF)「雑魚乙☆」
    ベジータ(EDF)(パラガス(EDF)が呼ぼうとしたのは誰だ…?) -- 明日パラガス軍
  • 虹ヨッシー「うう~ん...やっぱりこの姿もいいね。」
    リミュウ「凄いっ!凄すぎるよっ!まさかフュージョンできるなんて!」
    イーグル「流石一家のリーダーだね。」
    白ヨッシー「...」 -- ヨッシー一家
  • 京子「フュージョン!?ゴテンクスくんがやってるのと同じなのかな!?(興味津津)」
    あかり「かなり強くなるみたいだよぉ」 -- 京あか
  • 虹ヨッシー「そーそー。流石でしょー?」(京子へ)
    バハムート「確かに、戦闘力は純粋に一家でも高い方だ。」
    イーグル「へぇ...」 -- ヨッシー一家
  • 京子「すごいね!」
    ベジータ(Megamari)「(フュージョン失敗してベクウになったのは嫌な思い出だったな…)」 -- 快斗軍
  • ビビ「…(チーン)」
    ディトア「…ふぅ、お仕置き終了です」 -- 魔道士と女装男子
  • 何があったんだ… -- ベジータ(Megamari)
  •  …ビビ君が腹黒になりかけていたので、それのお仕置きです。 -- ディトア
  • 虹ヨッシー「...何があったの?」
    バハムート「あのビビを...撃沈させるとは...」 -- ヨッシー一家
  • 今回使用したのはXI(正義)の札、光属性の物理攻撃です…。 -- ディトア
  • イーグル「そのタロット...攻撃もできるの?」
    虹ヨッシー「へぇ~...面白いね。」 -- ヨッシー一家