キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • はーい!発明家のリミュウだよー。
    ・盗撮してたベジータ(EDF)達をクリスが懲らしめたよ。
    ・今度はヨッシーを幼児化。...でもとんでも無いことになっちゃった。
    ・久々にヨッシー族集結。まさかフュージョンするなんて...
    ・腹黒化しかけたビビへディトアがお仕置きをしたよ。 -- あらすじ:リミュウ
  •  …あたしのタロットは占い用と攻撃用に分かれていますので。 -- ディトア
  • 伝説の…超タロット…! -- ベジータ(Megamari)
  • イーグル「へぇ...」
    虹ヨッシー「面白いね!」
    バハムート「タロット毎に攻撃も違うんだな。」
    リミュウ「何かいい発明のネタは無いかな~?」 -- ヨッシー一家
  •  …戦闘以外では攻撃用のタロットはあまり使わないのですが。 -- ディトア
  • イーグル「そういえば...ビビは大丈夫?」
    リミュウ「良いネタはない?」
    バハムート「無い。」 -- ヨッシー一家
  •  …ビビ君なら気絶しているだけですので、もう少しすれば復帰するかと。 -- ディトア
  • イーグル「良かった...」
    白ヨッシー「...そういえば。私もその虹ヨッシーに加われるんですかね?」
    虹ヨッシー「...できるとは思うけど、遠慮しとく。」
    白ヨッシー「そうですか...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「(気絶状態から復帰)な、何さっきの~!?」
    ディトア「…起きたようですね」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「あ、起きた?」
    イーグル「大変だったね。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「うん、大変だったよぉ…何と言うか、正義の光? に急に襲われた気がして」
    ディトア「…(確かに先程攻撃に使ったのは正義の札ですが)」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「正義の光かぁ...」
    バハムート「ビビは腹黒化しかけてたからな...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「それで、気を失っちゃった」
    ディトア「…(腹黒化は厄介な物です)」 -- 魔道士と女装男子
  • バハムート「ビビの腹黒化は色々と危険だ...」
    クリス「ええ...」
    虹ヨッシー「僕は一回腹黒ビビと戦ったことあるよ。...ジハード喰らった時は死ぬかと思った...」 -- ヨッシー一家
  • あかり「あかりも一回戦ったことあるよぉ」
    吹雪「俺も☆」 -- 快斗軍
  • ビビ「あぁ、ジハードね…あれ、危険だからボクもなるべく放たないようにしてるのだけど…」
    ディトア「…屋敷で誤爆された時は全壊されるかと思いましたよ」
    ビビ「…あの時は本当にごめんなさい」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「あの時、フライヤ(姿はレシラムだった)が身を呈して助けてくれたんだよね。」
    バハムート「...我ってその時居たか?」
    クリス「私が居なかったから居ないはずですわ。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…うん。おねえちゃんのあの攻撃はもう喰らいたくない…」
    ディトア「…(遠くから声がするのですが…)」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「僕ももうジハードは喰らいたくない...」
    バハムート「ジハード...虹ヨッシーがそこまで言うのだから凄いのだろうな...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「ジハードはね、その場にいる皆を巻き込んじゃう魔法なんだ…(対象:敵味方全体)」
    ディトア「…広い所であれば回避も可能ですが」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「そうなんだ...」
    バハムート「我のアースシェイカーのようだな。」
    リミュウ「そんな凄い魔法もあるんだね...」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…うん。元の世界でも唱えようとした時にジタン達にやめろーッ! と言われたことがあるし…」
    ディトア「…魔法とは奥深いものです。 ジハードは闇属性ですので、吸収か無効であれば安全ですが…」
    舞台裏:霧音「…歴史の聖戦(ボソッ)」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「...」←闇属性弱点
    白ヨッシー「私も光と闇の魔法は使えませんね...」
    リミュウ「...奥深いもんね。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…ボク、光と聖属性は使えないんだ」
    ディトア「…でも、何故相手の放ったホーリーを同じように唱えることが出来るのですか?」
    ビビ「…分かんない。ボクよりあの…ロリショタさんの方が謎だと思う…」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「ロリショタ?」
    バハムート「誰だったかな...」
    リミュウ「でもどうして?」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「う~ん…よく分かんないや」
    ディトア「ロリショタ? なんですかそれ?」 -- 魔道士と女装男子
  • リミュウ「そうかぁ...」
    白ヨッシー「ロリショタ...以前ここに来ていた方ですよね?」
    バハムート「ああ...フライヤと仲が悪いという?」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「ごめんね、思い出せなくて…(リミュウに言ってる) …その人の本名忘れちゃった☆」
    ディトア「…(汗)」 -- 魔道士と女装男子
  • リミュウ「いやいや!別に大丈夫だよ!」
    バハムート「我も名前は聞かなかったな...」
    白ヨッシー「私もです...」
    クリス「私もですわ。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…大丈夫だよ、覚えてても意味ないし☆(さりげなく酷いことを言っている)」
    ディトア「…『サ』で始まって『ダ』で終わる人だったはず(微妙に違う)」 -- 魔道士と女装男子
  • バハムート「そうか...?」
    虹ヨッシー「『サラダ』?」
    白ヨッシー「...まず違いますね。」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「『サイダ』だっけ? まぁ、何でもいいや」
    ディトア「…サイダーとでも言いたいのですか君は」
    ビビ「間違えた、『ダサイ』だっけ」← -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「『ラクダ』?」
    白ヨッシー「...わざとですよね?」
    バハムート「むむ...思い出せん。」 -- ヨッシー一家
  • ピッコロ(EDF)「なぁにを寝言言ってる!そいつはサラmクソマァー!」
    ブロリー(EDF)「空気嫁やっ!」
    ベジータ(EDF)「腹黒ビビか…しどのこに挽肉にされかけたとかなんとか。」 -- 明日パラガス軍
  • 吹雪「ロリーですかぁ?」
    ロリータ(Megamari)「ロリはぁぁぁぁぁ!この俺だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
    京子「(私は名前知ってるけどね)」
    ちなつ「…どんな名前なんでしょうか」 -- 快斗軍
  • ビビ「…腹黒時の記憶はあまりないんだよね。 『サザンガク』」
    ディトア「…ビビ君、いい加減にしなさい。またタロットでお仕置きしますよ」
    ビビ「えー、おねえちゃんのお仕置きあんまり怖くないからなー」←
    舞台裏:霧音「…ロリコンダー(ボソッ)」 -- 魔道士と女装男子
  • 虹ヨッシー「『サダ』」
    白ヨッシー「考える気なしですね...」
    クリス「私も幼児化してた時の記憶はあまり無いですわ。」 -- ヨッシー一家
  • 界王「悟空(Megamari)、奴名前は分かるか?」
    カカロット(Megamari)「オラにもわかんねえ」
    ラディッツ「奴(虹ヨッシー)の言った『サダ』で分かったぞ!」
    カカロット(Megamari)「いぃー!?」
    界王「で、それはなんじゃ?」
    ラディッツ「サダマs(ry」 -- 界王星より
  • 虹ヨッシー「サダじゃないの?」
    白ヨッシー「いや、絶対に違いますよ...(汗)」
    リミュウ「サマーダさん?」
    イーグル「誰それ...」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「…(そういえば右メニューに答えがありますね…)」
    ビビ「『サンダー』! …い、言っただけだよ?」 -- 女装男子と魔道士
  • 虹ヨッシー「『サラマダ』?」
    白ヨッシー「そこまで来るとわざととしか思えません。」
    バハムート「...(なるほど...分かったぞ)」 -- ヨッシー一家
  • ビビ「…『サラダマダー』?」
    ディトア「ビビ君…(体がプルプル震えてる)」 -- 魔道士と女装男子
  • (家の中で何者かがこそこそ活動している) -- ?????(???)
  • 白ヨッシー「...?家の中に誰か居るみたいですね。」(家の中へ)
    バハムート「そうか?」
    虹ヨッシー「『サラダーマン』?」
    クリス「ヨッシー...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • ヤベッ!(地面に潜って隠れる※頑張れば気配に気付けるかも) -- ?????(???)
  • ビビ「…(2回目のお仕置き)」
    ディトア「…こうでもしないと黙ってくれないようです」 -- 魔道士と女装男子
  • バハムート「...(汗)」
    クリス「ビビ...」
    リミュウ「大変だねぇ...」 -- ヨッシー一家
  • どうやら隠れたようですね...(辺りを見回す) -- 家の中の白ヨッシー
  • (ヘヘッwwwちょろいもんだぜwww※リミュウの甘酸っぱい(ryを持っている) -- ?????(???)
  •  …今回はI(魔術師)の札でしたので普通の魔法ですが。 …これ(XIV(塔)の札)引かなくて良かった…。 -- ディトア
  • バハムート「...それだとどんな攻撃が?」
    クリス「危険なのですか?」 -- ヨッシー一家
  •  …対象:自分の攻撃になります。 -- ディトア
  • ベジータ(Megamari)「なかなかやるな…(ディトアに対して)」
    ちなつ「さっきから妙な気を感じますけどなんでしょうか?(?????(???)のこと)」
    吹雪「俺にはさっぱリーです…。」 -- 快斗軍
  • 存在は感じるのですが...(ある一点を見つめる) -- 白ヨッシー
  • イーグル「ひええ...」
    バハムート「確かに...引かなくてよかったな。」 -- ヨッシー一家
  • (この位置から…あとはあいつらと合流すればよしか。※クリスに甘(ryを発射する。白ヨッシーに微妙に感づかれている事には気づいていない) -- ?????(???)
  • 調べてみましょうか?(白ヨッシーに対して) -- 吉川ちなつ
  •  …ありがとうございます(ベジータ(Megamari)に対し)
    …あと、XIII(死神)とXV(悪魔)の札は自分対象攻撃です。しかし、一番痛いのは塔の札(HPの低い彼にとっては即死級の威力) -- ディトア
  • クリス「きゃっ!?(命中)」
    バハムート「クリス!?」
    リミュウ「うげっ...その光線は...!私の『甘酸っぱい過去に戻りたい銃』!」
    イーグル「誰かが使ったんだ...!」
    虹ヨッシー「あらー...」 -- ヨッシー一家
  • ええ...恐らく何者かが潜んでいます。(ちなつへ) -- 白ヨッシー
  •  …犯人はあの中に(家を指している) -- ディトア
  • じゃあ見つけて捕まえちゃいましょう!(何故かノリノリ) -- 吉川ちなつ
  • 白ヨッシー「ええ...。」
    クリス「ふえー...」(また幼女化)
    リミュウ「...OTL」
    イーグル「お姉ちゃんの発明を勝手に使うなんて...!」 -- ヨッシー一家
  •  …これはいけません。早急に見つけ(通信が入った) …あの、今呼び出されても凄く困るのですが…。 -- ディトア
  • 家の中ですね!(ディトアの発言を聞いて) …ところで勝手に使った人って誰なんですかね? -- 吉川ちなつ
  • ?????(???)「(バレたか…瞬間移動で生き残れるか。)今だ!やれ!パラガス(ウボァ)!ブロリー(ウボァ)!」


    パラガス(ウボァ)「HA~☆」
    ブロリー(ウボァ)「フヒヒヒヒヒッ☆」
    (上空から奇襲、クリスの近くに落ちてくる。激突すると吹っ飛ばされる) -- 伝説の超クズ共
  • 敵ですか!? こうなったら先手を取って…!(クリスを巻き込まない程度のパワーでパラガス(ウボァ)とブロリー(ウボァ)にスローイングブラスターを放つ) -- 吉川ちなつ
  •  …申し訳ありませんが、一旦席をはずします(ミサラに呼ばれた為退場) -- ディトア
  • バハムート「何っ!?」
    リミュウ「うわわっ...!」
    イーグル「...!」(物陰に隠れる)
    クリス「ふぇ~?」(よく分かっていない)
    虹ヨッシー「何事!?」
    白ヨッシー「奇襲ですか...!」 -- ヨッシー一家
  •  …(巻き込まれないようディトアによって少し離れた所に避難された) -- 気絶中ビビ
  • ベジータ(ウボァ)「サイヤ人の王子、ベジータ(ウボァ)mのぉわああぁぁぁ!?(0/920)」
    パラガス(ウボァ)「やっぱりね☆っていつの間にかEDFの方の俺達がおらん!?」
    ブロリー(ウボァ)「楽であれば楽であるほど良いです…」
    (クリスの周りに落下してくる。他キャラは近寄れなくなる) -- 伝説の超クズ共
  • リミュウ「クリス!」
    クリス「おじさんたち、だぁれ?」(パラガス(ウボァ)達へ)
    バハムート「ぬぐ...っ」
    白ヨッシー「ホワイトウェポン...」(右手に剣を持つ)
    虹ヨッシー「お前達は何者!?」(パラガス(ウボァ)達へ) -- ヨッシー一家
  • ベジータ(Megamari)「ほぉぉぉぉぉぉぉぉ!?(何故か巻き添え) (0/920)」
    ちなつ「こっちにいた人(パラガスとブロリー(Megamari)のこと)そっくりですね…」 -- 快斗軍
  • ブロリー(ウボァ)「俺達は作者ウボァの動画で作り上げられたブロリー達です。」
    パラガス(ウボァ)「世に言うブロリーでドラマCDシリーズというわけだぁ!」
    カカロット(ウボァ)「(瞬間移動で現れる)おっと、ちなつは攻撃すんなよ、この位置じゃあどう頑張ってもクリスに当たるからな。」
    ベジータ(ウボァ)「あ、クリスさん恐れ入ります~ベジータ(ウボァ)と言います、以後(ry(1/920)」 -- 伝説の超クズ共
  • じゃあ攻撃しないでおきますね…。(と言いつつカカロット(ウボァ)を指でつつこうとする。このつつきは攻撃なので注意) -- 吉川ちなつ
  • カカロット(ウボァ)「やめろ!(ギリギリでよける)」
    パラガス(ウボァ)「お前ら立場わかってるのぉ!?」
    ベジータ(ウボァ)「こっちがビビってどうすんだYO…」 -- 伝説の超クズ共
  • クリス「わたしはクリス!よろしくねー」(ベジータ(ウボァ)へ)
    鷲(イーグル)「...」(上空から様子を見てる)
    バハムート「貴様ら...!」
    白ヨッシー「なんて奴ら...!」
    虹ヨッシー「クリスをどうするつもりだ!」
    リミュウ「ついでにボクの『甘酸っぱい過去に戻りたい銃』も返せ!」 -- ヨッシー一家
  • 分かりません☆(ちょwww) -- 腹黒ピンク
  • (気絶状態から(ry)…何があったんだろう…。 -- ビビ
  • ベジータ(ウボァ)「どうもー…(こ、この俺が萌え始めているだと…!?俺は誇り高きおっぱい星人なんだどー!?)」
    ブロリー(ウボァ)「ロリーに手を出す気はありませんですYO☆俺もそこまでクズでは無いです☆」
    パラガス(ウボァ)「人質でございます☆俺達は、ここの美しい環境が整った娘たちと絡みあーう☆したり♂調教♀するのが、俺達の本来の計画なのだよ☆」
    カカロット(ウボァ)「この装置も返してやるわけにはいかねぇぜ。へへっwwww」 -- 伝説の超クズ共
  • ちなつ「…(イラッ) …じゃあ巻き添えにならないようだったら攻撃してもいいってことですね!」
    吹雪「ち、違う…」
    京子「ちなちゅ怖い…」
    あかり「ちなつちゃんは怒るとこっちで一番強いんだよぉ」 -- 快斗軍
  •  …他の所に行って下さーい(コラ) -- ビビ
  • 鷲(イーグル)「...(クリスお姉ちゃんを助けないと...!)」(下の様子を伺ってる)
    クリス「...みんなどうしたのー?」
    白ヨッシー「...」(魔法の詠唱に入る)
    虹ヨッシー「訳がわからないよ...!」
    バハムート「...(今すぐ3倍ギガフレアを奴らに放ってやりたい...!)」
    リミュウ「なんだとぅ...!?」 -- ヨッシー一家
  • しょうがないですね…じゃあ…(ドラゴンボールGTの領域では敵わないほどに気を高める) -- 吉川ちなつ
  • ベジータ(ウボァ)「あ、これつけてねー(ブロリーが付けてる装置にそっくリーな装置を幼クリスにつける)」
    パラガス(ウボァ)「さっきつけたのは調教装置、お前が俺達に攻撃すれば全自動でクリスは調教されるというわけだぁ☆」
    カカロット(ウボァ)「魔法詠唱してんじゃねぇ!(白ヨッシーにかめはめ波)」
    ブロリー(ウボァ)「あの鷹怪しいなぁ…落ちろットォォォ!(スローイングブラスターをイーグルに放つ)」 -- 伝説の超クズ共
  •  …よく分かんない(状況理解できず…) -- ビビ
  • 吹雪「調教だけだったら大丈夫だなぁ…」
    ちなつ「じゃあ遠慮なく攻撃できますね!(かなり気を高めたがまだ本気じゃない)」
    あかり「らめえええええええええ!!!」
    ベジータ(Megamari)「(何故かHP全快で復活)(920/920)ニャメロン!ヨースターエリアごと吹っ飛んでしまうんだどー!」
    ちなつ「えっ!? じゃあやめておきます…(気を少しだけ鎮める)」 -- 快斗軍
  • 幼クリス「ふぇ?」(制御装置を付けられる)
    白ヨッシー「うぐっ...(47000/50000)」(魔法詠唱中断)
    鷲(イーグル)「...(しまっ...た...)(0/3500)」(家の屋根へ落下)
    バハムート「クズどもが...!」
    虹ヨッシー「...!」(何かをチャージ中) -- ヨッシー一家
  •  …喧嘩はやめてよー!(魔法詠唱に入る) -- ビビ
  • 吹雪「(なんか作戦とかないのかぁ?)」
    あかり「(思いつかないよぉ)」
    京子「(まりちゃんを連れてくるのもかわいそうだし…。)」
    ちなつ「(見たところ私より強くなさそうですけどこれだったら…)」
    吹雪「(人質さえいなくなれば遠慮なく血祭りで終わリーです…。)」
    ベジータ(Megamari)「(どうすれば人質を助けられるんだ…)」 -- 快斗軍
  • (詠唱中断)…うっかりジハード唱えそうになっちゃった(やめろ) -- ビビ
  • カカロット(ウボァ)「ショタか…気は進まねぇけどおめぇちょっと死ねぇー!(ビビに強烈な気弾を放つ。詠唱やめた事に気づいて無い)」
    パラガス(ウボァ)「ちなつ、お前は確かに強い!だが、それが伝説の超仇になっているようだな☆」
    ブロリー(ウボァ)「つーか親父ぃとカカロット(ウボァ)だったら吹雪までならなんとかなるんじゃないのかぁ?」
    パラガス(ウボァ)「超5をしのぎ切れればわけない!たとえ超4となったとしても…FUFU☆」 -- 伝説の超クズ共
  • 虹ヨッシー「よぉーし...いくz(シュン)」(変身解除)
    バハムート「ヨッシー?」
    ヨッシー「...お腹すいたw」(その場に倒れる)
    リミュウ「何か...この状況を打開できるのは...」(バッグを探り始める) -- ヨッシー一家
  • え? えっ!?(残りHP2400) -- ビビ
  • 吹雪「(じゃあ装置狙うかぁ…?あれ親父ィの腕輪でコントロールされてるはずだからそれさえ壊せばなんとかなるはずだぁ!)」
    ちなつ「(私が興味持ったふりして握り潰すって作戦でどうですか?)」
    吹雪「(うまくいったらいいけどなぁ…)」
    京子「(ちなちゅっていつからここまで強くなったんだっけ?)」
    あかり「(作者の興味だよぉ)」 -- 快斗軍
  • パラガス(ウボァ)「消えてしまえー!(リミュウのバッグに気弾を放つ。普通のパラガスの7倍はある威力。)」
    カカロット(ウボァ)「おめぇらの考えは読めてるからな~それ以上近づいたら装置起させっぞ~(ちなつに)」 -- 伝説の超クズ共
  • ちなつ「(無理でしたね)」
    吹雪「(じゃあ…)」
    ちなつ「(…待ってますよ)」
    吹雪「ちょっと休憩時間くださーい(カカロット(ウボァ)達に対して)」 -- 快斗軍
  • 幼クリス「わはー」
    リミュウ「うわっ!...」(バッグが消し飛ぶ)
    白ヨッシー「私達は何も出来ないんですか..?」
    バハムート「虹ヨッシーも倒れてしまった...」 -- ヨッシー一家
  • カカロット(ウボァ)「悪ぃけどそろそろオラ達は拠点帰らなきゃなんねええ!だから休憩時間ねぇぞ。」
    パラガス(ウボァ)「準備したら俺達は帰るぞぉ!勿論、クリスも一緒になぁ☆」
    ベジータ(ウボァ)「クリス、おかしが大量にある所にいって一緒に遊ばないか☆」 -- 伝説の超クズ共
  •  …(どういう事なんだろう?) -- ビビ
  • 幼クリス「うん!いくいく~」
    リミュウ「...(これがサブバッグで助かった...)」
    バハムート「クリス、駄目だ...!」
    青ヨッシー「私達は家の中へ避難してるわね...」(ヨッシーを連れて退場)
    白ヨッシー「はい...」 -- ヨッシー一家
  • パラガス(ウボァ)「さて、装置の調子は上々、カカロット(ウボァ)に近寄れゑゑゑ!」
    ブロリー(ウボァ)「はい…」
    ベジータ(ウボァ)「さ、クリスも早くするんだどー!間に合わなくなっても知らんぞー!」 -- 伝説の超クズ共
  • 幼クリス「うんっ!」(カカロット(ウボァ)に近づく)
    バハムート「させるかァァァ!」(パラガス(ウボァ)達へ突撃)
    白ヨッシー「バハムート!駄目です!」
    リミュウ「これで...!」(カカロット(ウボァ)へ小型発信器を撃つ) -- ヨッシー一家
  • パラガス(ウボァ)「無駄無駄☆もう遅い。あと殺戮アロォー!(小型発信器を撃ち落とし、バハムートにかなりの威力を持つ貫通弾をいくつも放つ)」
    ベジータ(ウボァ)「アァッハッハッハッハッハ!」
    ブロリー(ウボァ)「計画通りというわけですねぇい!」
    カカロット(ウボァ)「クリスにはぜってぇ危害は加えねぇから安心しろ!じゃーなー!(瞬間移動でクリスと一緒にウボァ系サイヤ人は消える)」 -- 伝説の超クズ共
  •  …な、なんて奴らだっ!(見てただけやんお前) -- ビビ
  • ベジータ(Megamari)「へっ…相手の本拠地となればラッキーだぜ…。ちなつに大暴れしてもらえば」
    ちなつ「怖いから嫌です」
    ベジータ(Megamari)「ダニィ!?もうダメだ…おしまいだぁ…。」
    吹雪「じゃあ俺が破壊し尽くすだけだぁっ!」
    ベジータ(Megamari)「イイナァ!」 -- 快斗軍
  • ……ぉぉぉおおおおおお!!!(超スピードでやってくる)
    皆、ここにクズな俺が来なかったカ!? -- ブロリー(EDF)
  • バハムート「ぐぉぉぉぉっ!(0/40000)」
    白ヨッシー「あ、ブロリー(EDF)さん!来ましたよ。」
    ロコモ「...どうやら遅かったか。」
    ピチュー「クリスおねえちゃん!」
    リミュウ「ロコモ..。遅いよぅ...」
    イーグル「うう...酷い目にあった...」(何故かボロボロで登場) -- ヨッシー一家
  •  …あいつら、ブロリーさん達にそっくりだったよ? -- ビビ
  • ちなつ「たった今どこかに逃げていきました…」
    吹雪「(電話中)もしもし~、紅蓮~今大変なことが起こったからいっしょに来てくれるかしら~?」
    通信:紅蓮「…うん…。…でも怖いからあいつ連れていく…」


    一方界王星では…
    カカロット(Megamari)「いぃー!?もう一人のオラって悪りい奴だったのかー!?」
    界王「ところで悟空(Megamari)、お前も相手の本拠地に行くつもりなのか?」
    カカロット(Megamari)「ああ。オラも瞬間移動できるから…」 -- 快斗軍
  • な、なんて事だぁ…しかも2人やられてるし、ちなついるし、人質取られてたのカッ!?
    こ、これはまずいーです…本拠地はダミーを作ってて本当の所はわからないです… -- ブロリー(EDF)
  • 白ヨッシー「こちらも被害は甚大です...クリスが攫われ、リミュウの発明品も...」
    イーグル「...(まさか撃ち落されるなんて...)」
    リミュウ「絶対にあいつらをギャフンと言わせてやる!」
    ロコモ「状況が飲み込めんな...」
    ピチュー「ぼくもー...」 -- ヨッシー一家
  •  …ちなつおねえちゃん…(汗) -- ビビ
  • マジカッ!?
    あいつらめぇ!クウラ(ウボァ)達の言う通りマジのクズかぁ… -- ブロリー(EDF)
  • 紅蓮「(到着)…待たせたわね吹雪…」
    吹雪「あらあら、早かったわね~」
    紅蓮「…ニセマリオといっしょに来た…」
    ニセマリオ「何があったかはだいたい分かったぜ」
    カカロット(Megamari)「(瞬間移動で来た)よう!なんか悪りいオラが悪事を働いてるみてえだな」
    吹雪「なんで分かるの~?」
    カカロット(Megamari)「界王星でおめえらの話を聞いててなぁ」 -- 快斗軍
  •  …ボ、ボクは足手まといになりそうだから…帰ろうかな…。 -- ビビ
  • 白ヨッシー「...クリスが向こうにいるなら...まだ居場所を知る方法はあります!」
    リミュウ「本当!?」
    イーグル「実はね...」(ロコモとピチューに説明中)
    ロコモ「なるほど...そいつは大事件だ。」
    ピチュー「たすけなくっちゃ!」 -- ヨッシー一家
  • ブロリー(EDF)奴らは別世界でクズ行為を働いていたブロリー達の面汚しです。
    奴らがここに来たと別世界の良いクウラ(ウボァ)達の通信が来たんでしどのこの変わリーにクズ(EDF)と一緒に戻ってたんだ。
    そしてこの始末です…嫌な予感してクズ(EDF)に調査を任せてここに来た次第です…」


    そのころ伝説の超クズ共は…
    パラガス(ウボァ)「これで良し。もうこれで科学的にも魔法でもここは探知できんぞぉ!ホワイトサーチ対策はバッチリだぁ☆(セキュリティと探知妨害が上がりました)」 -- 明日パラガス系統
  • ベジータ(Megamari)「お願いだぁ…。ちなつだったら一瞬で片が付くんだどー!」
    ちなつ「悪人のアジトとか本当に怖いから嫌です!」


    吹雪「手段があるのね~。…ところで敵の本拠地ってどこかしら~?」 -- 快斗軍
  • 白ヨッシー「はい...ホワイトサーチ!...んっ!」(ホワイトサーチをかけようとするが...)
    リミュウ「どうしたの?」
    白ヨッシー「(妨害...!?)...どうやら向こうもこれの存在を知っていたようです。探知できません...」
    リミュウ「そんなぁ...」
    ロコモ「なるほど...」(ブロリー(EDF)の話を聞いて) -- ヨッシー一家
  • クズがあああああ!!!!
    この俺達が奴らの居場所を特定しまぁす。
    しどのこの能力を借りてる科学者が居るから時間はかかるけど絶対に特定させてみせまぁす。 -- ブロリー(EDF)
  • 白ヨッシー「すいません...もし判明したら私も行きますので...」
    リミュウ「ボクも行くよ!」
    ロコモ「ああ...クリスを助けないとな。」 -- ヨッシー一家
  • こうしちゃいられぬぅ!俺も協力しに行くぞォォォォ!
    (空飛んで退出) -- ブロリー(EDF)