キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.15


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今度は『15』歳って言う理由で俺かよ!


    ・フライヤの鬱。だが、レシラム達が助けたことによって元に戻った。
    ・女将軍・ベアトリクス初登場。何この女怖い。
    ・そして、最後には白ヨッシー登場。ヨッシーを連れ戻したようだが…?


    たまには俺も外に出たいよー。 -- あらすじ:イムアス
  •  …何か言いましたか。 -- 舞台裏:ベアトリクス
  • B「ヨッシーさんどこ行っちゃったの!?」
    A「…連れ戻されたんだろうな…」
    C「あ、あの白い子(白ヨッシー)、怖かったです…」 -- ランディア達
  • 何だあいつは!?また新たなヨッシーが現れたのか?
    怖いやつがやって来たものだな... -- レシラム
  • ランディアB「どどどどうしよう! またいこっかな!?」
    ジタン「どうしてそうなるんだw」
    フライヤ「ヨッシー一族は個性豊かじゃのう」
    ジタン「冷静すぎじゃね!?」 -- 赤竜と盗賊と竜騎士
  • 確かになぁ...色とりどりってやつだな。
    (それにしてもヨッシー...ビビりすぎだろう...) -- レシラム
  • ランディアB「白ヨッシーさんが言うには8色いるうち、白さんが最後だって言ってたよ」
    ジタン「マジか(また…しようとしてる)」
    フライヤ「…お仕置きレベル2に上げたるわ」 -- 赤竜と盗賊と竜騎士
  • そうなのか?
    まあこれ以上ヨッシー族が増えると我らの食べる食事が減ってしまうからな... -- レシラム
  • ジタン「あー、それ分かる。ただでさえこの屋敷には人が多いのに大食いがいるからなぁ…」
    ランディアB「え? 僕も大食いだよ?」
    ジタン「うっそだァァァ!!!」 -- 盗賊と赤竜
  • C「僕、こう見えて少食です」
    A「我も少食だな。バカ(B)の分は(意図的に)減らしてる」 -- ランディア達
  • 我やバハムートは図体はデカイが食べる量はそうでもない。
    他の奴らもそこまで大食いではないからな。ピチューは例外だが。
    あいつは意外と食べるんだ... -- レシラム
  • ジタン「ふぇー、ピチューは案外大食いなのな」
    フライヤ「私は酒とチーズがあれば十分じゃ」
    ジタン「…一体どうなっているんだお前の体は…」 -- 盗賊と竜騎士
  • いわゆる育ち盛りと言うやつだろうな。
    まあヨッシー達には負けるが。 -- レシラム
  • ジタン「なるほどなー。オレは女の子の料理だったら何でも…」←
    フライヤ「ところで、私の前作ってやったおにぎり…どうじゃった?」
    ジタン「…(食べてないから答えられねーよー(滝汗))」 -- 盗賊と竜騎士
  • ああ...そのおにぎりならヨッシーとランディアが美味しく頂いたそうだぞ? -- レシラム
  • フライヤ「む、そうか…(本当はジタンに食べてもらいたかったのじゃ…)」
    ランディアB「うん、美味しかったよ♪」
    ランディアA「全く、こいつは人の物奪いやがって…」 -- 竜騎士と赤竜達
  • ヨッシーも「あのおにぎり美味しかった!」と言っていたな...
    あの後ライチュウにこっぴどく怒られたそうだが。 -- レシラム
  • ランディアA「…だろうなぁ…」
    ランディアB「僕もリーダーに怒られちゃったし…」
    ジタン「…んで、ヨッシーが連れ去られたと思われる所にでも行くか?」 -- 赤竜達と盗賊
  • 連れ去られたと言っても家だけどな。...でもあの場面だけ見たらな...。 -- レシラム
  • ランディアB「僕は怖いからやだー」←
    ジタン「うーん…その後が気になるんだよな…大丈夫だろうか…」
    フライヤ「私は…どうしようか…」 -- 赤竜と盗賊と竜騎士
  • まあ...死んではないと思うが...心配っちゃ心配だな。 -- レシラム
  • ジタン「…よし、オレは行く!」
    フライヤ「私は留守番と言う事で」 -- 盗賊と竜騎士
  • ならば我も行くか...そろそろ戻らないとあいつらも心配するからな。 -- レシラム
  • ジタン「道程ならビビ達から聞いてるから大丈夫だぜー」
    フライヤ「気をつけていくようにな…(ジタンに回復アイテムをいくつか渡してる)」 -- 盗賊と竜騎士
  • ...我は先に行っているぞ。(二人の様子を見ながら外へ) -- レシラム
  • ジタン「え、こんなに回復アイテムいらないだろ…。フライヤは心配性だな…(ボソッ)」
    フライヤ「おぬしが回復技持っていないからじゃろ。あと、これを持って行け(サンドイッチ…)」
    ジタン「…はいはい。んじゃ、行ってくるぜ!(出発しました)」 -- 盗賊と竜騎士
  • B「レシラムさん、またねー!(また翼をはばたかせてる)」
    C「また来て下さいな…zzz(言いながら寝るな!)」
    A「…(色々持たせすぎだろ…)」 -- ランディア達
  • ああ。暇な時に遊びに来ると思うぞ~(出発) -- レシラム
  • その頃、会議室では…。 -- その後
  • 俺等の所、堅守高速少なくなりすぎだろ。 -- レオラルド
  • 今いるのはお前だけだ。吹雪宮なんて冬以外まともに出れないし。 -- POST君
  • 6/24に新しい堅守高速の男性が来ることになっていますが…。 -- ルーナ
  • 男かよ…。今堅守高速の女性が0名と言う状況なんだよな。 -- レオン
  • 他にはテリーがいるが、条件ありなためまともに出れず。 -- POST君
  • フライヤ「…へくちっ(くしゃみ) 誰か私の噂をしたな…?」
    ランディアC「大丈夫ですか?」
    ランディアA「それにしても、ダメージ(D)の奴何してんだ…!」
    ランディアB「探しに行くー?」 -- 外の竜騎士と赤竜達
  • ベアトリクス「いよいよですね、ガーネット様…」
    ガーネット「えぇ…明日、やっとあそこに出られると思うと…」
    ???「…(我の扱いひどい…)」 -- 女将軍と…?
  • フライヤ「…? リヴァイアサン等ここにおったか?(出掛けていったガーネット達を見た後の感想)」
    A「知らぬ…」
    B「ねーねー、トランプしなーい?」
    C「いいですね、やりましょう!」
    A「…はぁ(我としてはでっていう(D)を探しに行きたいのだが…)」 -- 外の竜騎士とランディア達
  • ジタン「フライヤ聞いてくれぇぇぇ(泣いてる)」
    フライヤ「どうせロクでもない事じゃろ(呆れ顔)」
    ジタン「そんなひどいっ。オレにとっては大問題なんだよ…」 -- 外の盗賊と竜騎士
  • B「ロクでもない事?(現在Cとスピードやってる)」
    C「えーっと、リーダーの最近始まったあだ名付けですか? あ、負けました」
    A「コラ、あいつらと我らの問題は違うだろ!」 -- ランディア達
  • フライヤ「話は後で聞いてやる。で、サンドイッチはどうした?」
    ジタン「えっと…アレ? どこだ!?(落としたかもしんねぇ!)」 -- 外の竜騎士と盗賊
  • B「えへへ、3連勝!」
    C「スピード競技は苦手です…他の遊びにしませんか?」
    A「…お前ら、あいつ(D)の存在忘れてるだろ」 -- ランディア達
  • フライヤ「…まさか、捨てただの落としただの言わないじゃろうな…?」
    ジタン「それは絶対に違う!(どうしたらいいんだー!?)」 -- 外の竜騎士と盗賊
  • B「んーじゃあ、神経衰弱」
    C「分かりました。トランプをよく切りましょうね(翼を器用に使ってシャッフル中)」
    A「…(器用なのがうらやましいとか思ってないからな!)」 -- ランディア達
  • フライヤ「…ほう、ならば一つ試させてもらおう…」
    ジタン「ん? 何?」
    フライヤ「サンドイッチには何が入っていたか答えよ。ハムとチーズは見れば分かるから答えなくて良い。あと3つ!」
    ジタン「誰か助けてぇぇぇ!!!」 -- 外の竜騎士と盗賊
  • B「あっちはサンドイッチ論争みたいだね。聞いてて面白いよw(神経衰弱中)」
    C「論争と言うよりフライヤさんのドSっぷりが…」
    A「お前らいい加減トランプやめろ」 -- ランディア達
  • フライヤ「何じゃ、答えられぬか?」
    ジタン「今思い出してる所だ…(ここで分からないとか言ったらお仕置き確定だからなぁ…)」 -- 外のドSネズミと焦る盗賊
  • B「今度は5連敗だー!(神経衰弱勝負)」
    C「記憶力は僕の方が上ですね」
    A「…(突っ込むのも面倒になってきた)」 -- ランディア達
  • フライヤ「…まぁよいわ。今回の中身はハム、チーズ以外にレタス、ポテトサラダ、玉子じゃ」
    ジタン「自分で答え言っていいのか?(ダガーが知ってるはずなんだけどな…)」
    フライヤ「…どうせ食べずにヨッシー達に渡したのじゃろ(拗ねた)」
    ジタン「それが違うんだよな… 落とした…からさ…(小声)」 -- 外の竜騎士と盗賊
  • B「次は大富豪でも(ry」
    A「いい加減にしろチェスト(C)とバカ(B)」
    C「…リーダーも見てないで何か言って下さいな…(言ってただろ)」 -- ランディア達
  • フライヤ「今…落としたと言ったな…?」
    ジタン「!? いや、落としたのは(短剣の)ダガーだ!」
    フライヤ「嘘をつくな! 普段の位置にあるではないか!」
    ジタン「…もう引き返せねェ…」 -- 外の竜騎士と盗賊
  • B「リーダーの意地悪」
    A「全く…よく1日の間ずっとトランプ遊び出来るな」
    C「…はぁ、そろそろ彼(D)を探しに行きますか?」
    A「うぬ」 -- ランディア達
  • フライヤ「(ジタンの喉元に槍を向け)正直に答えよ。落としたのは…何じゃ?」
    ジタン「………………お前から貰った回復アイテム全て(嘘☆持ってます)」 -- 外の竜騎士と盗賊
  • B「で、彼(D)がどこにいるか分かるの?」
    A「知らん」
    C「ズサーッ(ずっこけた)」 -- ランディア達
  • ジタン「少し用が出来たから行ってくるー!(猛ダッシュで逃げだした)」
    フライヤ「コラ、待たぬか! まだ話は終わっておらぬぞ!」 -- 外の盗賊と竜騎士
  • B「それじゃ分からないじゃん! 通信機は!?」
    A「あるけど電池切れ」
    C「リーダーしっかりして下さいよ!」
    フライヤ「ジタンめ…逃げたらどうなるか忘れたわけじゃないじゃろうな…?」 -- ランディア達と竜騎士
  • B「電池がない… つまり、すっかりこわーれちゃった☆あっはぁ☆」 
    C「いえ、壊れたわけではありませんよ…」 
    A「予備の電池はどこにあったかな…」 
    フライヤ「お仕置きレベルを2に引き上げたる。そして…」 -- ランディア達と物騒なネズミ
  • A「フライヤとやら。どこに電池があるか知らないか?」
    フライヤ「悪いが知らぬ。あと、イライラしてるので話しかけないでくれ」
    B「ジタンさんが逃げた影響かな…」
    C「そうとしか思えないでしょう… ですが、チーズ食べます?」
    フライヤ「…ぐぅ…(チーズに反応すんな)」 -- ランディア達と物騒なネズミ
  • ビビ(腹黒)「あっひゃっひゃっひゃっwwwジタン焦ってるw」←フライヤに通信機を持たせた犯人
    フライヤ「…(あとはどこにいるかが確定すれば…!)」 -- 犯人と物騒な奴
  • C「チーズ作戦失敗ですー パクッ(食べた)」
    B「相当根に持っているみたいだね…」
    A「どこまでも恐ろしい奴め…」 -- ランディア達
  • ビビ(腹黒)「どうするぅ? ボクが行く?」
    フライヤ「ならば、ジタンを連れ戻してきて欲しい。私が行った所であやつは逃げるじゃろうし」
    ビビ(腹黒)「いいよぉ? あ、でももう少し待ってね?(慌ててる声をもう少し聞きたいからねw)」 -- 腹黒魔道士と物騒なネズミ
  • A「…ダンプ(D)の悲鳴が聞こえた気が…」
    B「気のせいだと思うよー」
    C「…(汗)」 -- ランディア達
  • ビビ(腹黒)「あひゃひゃひゃw 行ってこよっとw(出発)」
    フライヤ「…その状態は着く前に解除するようにな…」 -- 魔道士と物騒なネズミ
  • C「ですが、どこにいるか分からないと話になりませんよね」
    A「…何か3日ぐらい同じ話をしてるよな、我ら」
    B「…そうかなー?」
    フライヤ「…(ビビに行かせたのはいいが…私も行くべきだろうな)」 -- ランディア達と危険な奴
  • B、C「「うーん…」」
    フライヤ「そこのドラゴン共!」
    A「何だ!?(いきなり呼ばれてビビってる)」 -- ランディア達と危険な奴
  • フライヤ「…この場に炎の罠を作るのを手伝ってもらいたい」
    A「何故に?」
    C「戻って来た時のお仕置き用でしょうか…」
    B「うん、いいよー」← -- 危険な奴とランディア達
  • フライヤ「炎と言っても氷も混ぜる。まずは地面にアイスランスを地雷として埋め」
    A「じゃあ最初から炎と氷と言えよ…」
    C「確かに、一つの属性では心配ですからね」
    B「地上は炎で、地中は氷ってことだね?」
    フライヤ「そうじゃ」 -- 竜騎士とランディア達
  • C「よいしょ、よいしょ(声だけ)」
    フライヤ「んむ? 何じゃダガー。ジタンが帰って来た時用のお仕置きを考えておるのじゃが」
    A「(物騒すぎる…)」
    B「燃えろーや燃えろ~」 -- ランディア達と竜騎士
  • C「地面が見事に焼けてますね…」
    B「僕の火力高いから仕方ないじゃん…(違う、草原だったから)」
    フライヤ「終わったらそちらに(ピッ←ダガーが通信機の電源を切った音) …」
    A「(絶対に行かせぬぞ…!)」 -- ランディア達と竜騎士
  • A「『それ以前に、誰か迎えに来てくれー』 行ってくる!(退場)」
    B「リーダーどこ行くのー!?」
    フライヤ「で、燃え上がる炎の周りにアイスランスを埋めて…」
    C「その周りにまた炎ですね~(ファイアブレス)」 -- ランディア達と竜騎士
  • フライヤ「うぬ、上出来じゃ。あとは引っ掛かるのを待つのみ」
    B「上手く引っ掛かるかな~?」
    C「…違う人が掛かりそうな気がします…」 -- 竜騎士とランディア達
  • D「久々にもど」
    フライヤ「一旦止まれッ!」
    A「何故だ…あぁ、罠を仕掛けていたんだっけか」 -- ランディア達と竜騎士
  • テリー「罠にかかるぅ? だったらお前がかかってろっての(背後からフライヤを罠に向けて軽く蹴る)」
    フライヤ「…不意打ちとは何事じゃー!(かかった…)」 --トラブル剣士と竜騎士
  • B「あーあ…」
    C「炎と氷の地獄へようこそ(でも、自分からかかったわけではないですよね?)」
    A「…」
    D「…俺がいない間、何をしていたんだ?」 -- ランディア達
  • フライヤ「熱い、冷たい、痛い!(残りHP5000)」
    テリー「今までの腹いせとだけ言っておこう…じゃあな(退場)」 -- 竜騎士と剣士
  • A「仕方ない、こうなったら…」
    B「バケツのBが行ってきまーす!」
    C「自分で言わないで下さい!」
    D「俺も持ってくる」 -- ランディア達
  • 私は実験台じゃなーい!(残りHP3900) -- フライヤ
  • 何時の間にかBとDがバケツを16個持ってきたようです。 
    A「行くぞ、お前ら!」
    B「Let's バケツリレー!(邪魔してる)」
    C「一体ずつかけた方が早そうですけどね…」
    D「(なんでバケツが最初の位置に戻ってんだよ…)」 -- ランディア達
  •  …だが、これなら…とりゃあぁッ!(ジャンプして脱出 残りHP3400) -- フライヤ
  • A「ふっ! はっ!(バケツの水を炎にかける)」
    B「水気持ちいぃ~(自分で浴びんな)」
    C「何やってんですか!」
    D「ゴクゴク…(水飲んでるし)」 -- ランディア達
  • !?外套に火が残っておったァ!?(残りHP3000 急降下) -- フライヤ
  • C「なかなか消えないですね…」
    A「…お前ら(BとD)あとで説教だな」
    B「え、僕水かけたよ!?(自分に)」
    D「すまん、喉が渇いたからつい飲んじまった!」 -- ランディア達
  • 水、水が欲しいのじゃ~!(残りHP2600) -- 半分火事状態なフライヤ
  • B「お、火事ネズミとは珍しい(写真撮るな)」
    A「お前な…」
    C「残るバケツはあと4つです」 -- ランディア達
  • おぬしらの炎、威力高すぎじゃろ…(残りHP1700) -- 燃え盛るフライヤ
  • B「あ、ごめん☆結構本気で放っちゃったからw」
    A「…否定できない」
    C「動かないで下さいね? 行きますよ!(フライヤに向けてバケツの水をかける)」
    D「もういっぱーい…いや、冗談だから…」 -- ランディア達
  • 炎を使った罠はやめておこう…(残りHP1200 水をかけられたせいか、火の勢いが弱まった) -- 鎮火フライヤ?
  • もう少しですねッ!(残り3つのバケツのうち2つの水をフライヤへ) -- ランディアC
  • 体力が尽きる前に炎が消えてよかったわい…(残りHP600でした) -- 今度こそ鎮火フライヤ
  • C「よかったです~」
    D「あと一つは俺が飲むとして」
    A「いや、まだあそこ燃えてるから」
    B「珍しい物を見せてもらったよー」← -- ランディア達
  • それなら私に任せて下さいな(燃え広がっている所を切り取り、元の草原に作り替えた!?) -- ???
  • C「!?」
    B「元に戻っちゃったよ!?」
    A「いや、入れ替えたと言うべきだろ」 -- ランディア達
  • これが私の能力ですわ。あなた方とは近々また会う事になるでしょう…(静かに去っていった…) -- ???
  • B、C「「は、はぁ…」」
    A「何だったんだ、一体…」
    D「プハァーッ(バケツの水飲んでた)」
    A「…空気嫁」 -- ランディア達
  • 何なのじゃ、先程の女子は…(近々新しいのが来るとは聞いておったが…あやつのことか?) -- フライヤ