キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ここまでのあらすじよ。
    ・ちなつちゃんお茶汲み人形が故障!? なりバトの方に投げ飛ばされたみたいだけど…。
    ・リディルの日記。何か謎がありそうね…。
    ・賑やかな人(ギニューのこと)が途中でやって来たわ。
    ・ジタン笑いすぎ。でも、メニュー名がおかしいことは否定できないわ。
    ・最後、食堂雑談など。
    屋敷は私が掃除してるけど、掃除したそばから散らかさないように。散らかしたら罰として雑巾になってもらうわよ。 -- あらすじ:キキーモラ
  • ギニュー「一応お前らも自己紹介頼む!」
    リクーム「リクーム!」
    バータ「バータ!」
    ジース「ジース!」
    グルド「グルド!」
    レミリア(Megamari)「うー☆」
    快十「何故混ざった!?」
    レミリア(Megamari)「とある動画の影響よ」
    ギニュー特戦隊「みんな揃ってギニュー特戦隊!」
    快十「は、はぁ…」 -- 快斗軍
  • 今なんか違うの混ざってなかったか?(汗) -- ランディアA
  • あー、久々にまともな飯を食ったわ。最近ロクに食べてなかったからな…。 -- ジタン
  • (屋敷の外に出てきた)ふぅ...美味しかったです..!?あれは!(ギニュー特選隊を見て) -- ライチュウ
  • そーそー。おにいちゃんが、このしょうかんまほうをけんきゅうしてたの。
    ...けっきょくつかえなかったみたいだけど。 -- ピチュー
  • リディル「あらら(汗)」
    リアンシャ「わたしのお兄ちゃんもあたらしいまほうはなとうとしてじばくしたことあるよ」
    リディル「あのね…恥ずかしいこと言わないでくれる?」 -- 幼き兄妹
  • じばくってw -- ピチュー
  • リアンシャ「うん、じばくw えっとね、氷まほうを相手に放とうとして自分がこおったのw」
    リディル「それを言わないで~!」 -- 幼き兄妹
  • リディル、すごいよww -- ピチュー
  • リアンシャ「あとね、炎まほうを放ったはずが相手にはねかえされて火事になったことも(ry」
    リディル「もうヤダ…(リアンシャはこういうのをはっきり言うから困るんだよなぁ…)」 -- 幼き兄妹
  • (こいつも外に出てきた)…お、人が増えてる…。 -- ジタン
  • あらwでも、しっぱいはせいこうのなんとかっていうし。 -- ピチュー
  • リアンシャ「そうだよね。リアンシャもしっぱいをくりかえしてまほう覚えたもん」
    リディル「…(そして僕は無視?)」 -- 幼き兄妹
  • うん、しっぱいをおそれてたらダメだって、ロコモがいってたし。 -- ピチュー
  • リアンシャ「しっぱいはせいこうのもとっておかあさんがいってた。 …ろこも?」
    リディル「…(先程のリアンシャの発言のせいで落ち込んでる…)」 -- 幼き兄妹
  • ロコモはねー、ぼくのおにいちゃんのおさななじみなんだ。
    ぼくのこと、すごくきにかけててね。おかあさんみたいなひとなんだ。 -- ピチュー
  • そうなんだ~。やさしそうなひとだね(おかあさんみたいな人、か…) -- リアンシャ
  • うん!ぼくにはとってもやさしいよ! -- ピチュー
  • いいなー。わたしのおかあさんはちょっときびしかったの。 -- リアンシャ
  • そうなんだ。でもちょっとしんぱいしすぎなところもあったよ...ロコモ。 -- ピチュー
  • うん、本にラクガキしただけでおこられたし(その発言からしてどうかと思うが)
    しんぱいしてくれる人ほどいてくれるとあんしんするとリアンシャは思うけどね? -- リアンシャ
  • そう?まあいざってときにはたよりになるからね。 -- ピチュー
  • やさしくてたよりになる人はリアンシャのあこがれ~(黙れ)
    どうしよ、言っちゃおっかな…ここだけのひみつ。 -- リアンシャ
  • ひみつ?なになに~? -- ピチュー
  • リアンシャ、おかあさんよりクレセントおねえちゃんの方が好き。 -- リアンシャ
  • ちょっとまって! それじゃ毎回言ってるけど誰だか分かんないよ!? -- リディル
  • クレセントおねえちゃん?リアンシャ、おねえちゃんいるの? -- ピチュー
  • リアンシャ「せがたかくて、かっこうよくて、それで、ぶきのあつかいも(ry」
    リディル「い、言っとくけどね、クレセントおねえちゃんというのはフライヤさんのことなんだ…(汗)」 -- 幼き兄妹
  • あ、そうなの? -- ピチュー
  • リディル「そうだよ… 未来にいた時もその人の話したら怒られたことあるし…」
    リアンシャ「リアンシャはわるくないもんっ!」 -- 幼き兄妹
  • へぇ...フライヤかぁ...。 -- ピチュー
  • ギニュー「どうだ、これで全員揃ったぞ(ドヤッ)」
    正二郎「すぐ消えたけどな」
    ギニュー「何故だ!?」
    快十「自分で舞空烈戦仕様って言ったんだろ…」 -- 快斗軍
  • か、カッコイイです...!(感動してる) -- ライチュウ
  • そ、そうか!はっはっはっ!嬉しいぞ! -- ギニュー
  • ジタン「戦隊物は全員いた方が絵になるよな~」
    ランディアA「…(現在バカ(B)と\デデーン/(D)が不在な我等…)」 -- 盗賊と赤竜
  • リディル「お母さんもいい人のはずなんだけどなぁ…(汗)」
    リアンシャ「リアンシャはおねえちゃんの方がいいー!」
    リディル「…いいからリアンシャは黙ってて」 -- 幼き兄妹
  • 生であんなに凄い物が見れるなんて...!感動です! -- ライチュウ
  • うーん...ふたりともいいひとだとおもうよ。 -- ピチュー
  • 正二郎「(ギニューとジース以外がアホっぽく見えたが俺の気のせいか?)」
    快十「(ああ、その二人以外多分頭良くないよwww)」
    レミリア(Megamari)「うー☆(まだやってる)」
    通信:パラガス「うー☆(こいつも懲りずにやってる)」
    快十「…(電話を切る)」
    新惑星ベジータより:パラガスルー「ゑ゛ゑ゛!?」 -- 快斗軍
  • ランディアA「もうやめてくれ…(うー☆がトラウマになったらしい)」
    ジタン「うー☆うー☆ジタンうー☆」←何故影響受けたし -- 赤竜と盗賊
  • リアンシャ「…!(リディルに口を塞がれた)」
    リディル「そうだと思うんだけどね…でも、未来では…」 -- 幼き兄妹
  • みらい... -- ピチュー
  • 快十「ちょっと待ってろ。今からパラガス抹殺の瞬間を生中継してやるから(なり雑新惑星ベジータで)」
    タコ科学者「へへへへwwwwパラガス、ざまぁwww うわへへwww」
    快十「すぐ戻る(一旦退場)」 -- 快斗軍
  • パラガスさん...またうー☆を...w -- ライチュウ
  • しかも中継かよwww見たいwww(ゑ) -- ジタン
  •  …僕が2歳の時にフライヤさんの存在は消えた。いや、それ以外にも…。
    この時リアンシャはいないはずなんだけど、何で知ってるんだろ? -- リディル
  • ...(そういえばみらいでだれかがいってたっけ...) -- ピチュー
  • 中継ですか...w -- ライチュウ
  • 快十「ただいまー」
    正二郎「早っ」
    レミリア(Megamari)「どんな攻撃したのよ」
    快十「ちなつちゃんお茶汲み人形投げとメラガイアー連発でボコボコにしてやった」
    アンゴル(ドラゴンボール)「パラガスがまた亡くなりましたぁ!」 -- 快斗軍
  • お兄ちゃんのにっきをみたから。 -- リアンシャ
  • はえーなオイ! パラガスフルボッコwwwなんか楽しそう(ゑ) -- ジタン
  • それはまたエグい攻撃を... -- ライチュウ
  • なるほど、だからしってたんだね。 -- ピチュー
  • リアンシャ「そうだよー」
    リディル「…(何時読んだんだ…)」 -- 幼き兄妹
  • さすがリアンシャ! -- ピチュー
  • リアンシャ「えっへん!」
    リディル「威張るな。 …何で存在が消えたのかまでは当時の僕では理解できなかったけど」 -- 幼き兄妹
  • そうだよね...どうしてそんざいがきえちゃったんだろう? -- ピチュー
  • そうだね…存在が消えたのも謎だけど、消された人達の傾向も謎なんだよね。 -- リディル
  • なにかのほうそくがあったのか...それとも...? -- ピチュー
  • どうなんだろう?…ジタンさん達や四季を司る番人という人達は消されて…
    他にも、半人半獣と言われる人達も消されてるし…。 -- リディル
  • なんだかこわいなぁ...ぼくもねらわれたりして... -- ピチュー
  • でも、ヴィノルさんは消そうとして失敗したみたい。
    未来で残ったのは僕達の家族や、レオンさん達、満月の民と言われる人達等…。 -- リディル
  • そうなんだ...おにびのおにいちゃんには、みらいでおせわになったなぁ... -- ピチュー
  • ヴィノルさんは…よく分からない人だけどね(ゑ) -- リディル
  • たしかに、ふしぎなひとだったよ... -- ピチュー
  • だって、死んでるのか違うのか分かんないんだもん。壁すり抜けてるし。 -- リディル
  • あれってどうなってるんだろうね? -- ピチュー
  •  …さぁ?鬼火さんに聞いても「俺は鬼火妖怪だ」としか答えてくれないし。 -- リディル
  • うーん...わかんないや(笑) -- ピチュー
  • うん…よく分からない存在って難しいね。 -- リディル
  • そうだね~... -- ピチュー
  • へっくしょい。誰だ俺の噂をしてるのは…。 -- どこぞの鬼火
  • リディル「鬼火さんの正体を知ってる人はあんまりいないんじゃないかな…」
    外から…『ピチューさん、そろそろ戻りませんか?』という声が…。 -- リディルと…
  • ん?だれかよんだ? -- ピチュー
  • リディル「…ルクテンさんの声だね」
    『研究なら終わりましたので、いつでも戻れますよ』←外から -- リディルと…
  • どうしよう...そろそろもどらないとおにいちゃん、しんぱいするかな? -- ピチュー
  • どうします?戻ります? -- 外のルクテン
  • ...もうすこしリディルたちとはなしたいけど...
    おにいちゃんもしんぱいするだろうし、もどろう。 -- ピチュー
  • 分かりました。私は外で待ってますよ。 -- 外のルクテン
  • リアンシャ「もうちょっとピチューさんと話したかった」
    リディル「ダメだよリアンシャ、また次の機会にしてよ」 -- 幼き兄妹
  • またね~(二人に手を振りながら宿の外へ) -- ピチュー
  • リディル「じゃあね~(ピチューに向けて手を振ってる)」
    リアンシャ「…(納得いかない表情)」 -- 幼き兄妹
  • ルクテンさんおまたせ!(出てきた) -- ピチュー
  • 来ましたね。では、(レインスルフに)戻りますか。 -- ルクテン
  • うん!もどろー。 -- ピチュー
  • はい。 …ところで、リディル君達と何か話していたようですね? -- ルクテン
  • え、うん。みらいのはなしとか、リディルたちのおかあさんのはなしとか! -- ピチュー
  • リディル君達の母親…ですか? -- ルクテン
  • そうそう。なまえはたしか...リーリィだっけ...。 -- ピチュー
  • 彼らの母親は…リーリィさんでしたか…(ノートにメモしてる) -- ルクテン
  • ルクテンさん、しってるの?リーリィってひと。 -- ピチュー
  • えぇ。アヴィーニの名門魔道士・魔道四姉妹の末の方ですし。 …とはいえ、最近は会っておりませんが。
    …あの子達はどことなくリーリィさんに似てます。 -- ルクテン
  • へぇ~...あっ、あとねリディルたちのおとうさんはね、
    かみなりがとくいぞくせいのけんしなんだってさ。なまえはわかんなかったけど… -- ピチュー
  • 父親は雷属性を得意とする剣士ですか? …思いつくのは一人いるんですが、違うと思います…。
    …リアンシャちゃんの瞳の色が「青」でしたので。 -- ルクテン
  • そうなの?なまえがわかれば、いっぱつでかいけつなんだけどね... -- ピチュー
  • 快十「…雷属性と聞いて恐怖を感じるのは気のせいか?」
    正二郎「原因ちなつじゃねえの?」
    快十「そ、それもそうだな」
    レミリア(Megamari)「…なるほどね」
    タコ科学者「間違いなくちなつですじゃwww」


    ギニュー「ほっ!(一人でポーズとってる)」 -- 快斗軍
  • ...はっ!(ギニューの真似をしてる) -- ライチュウ
  • ギニュー「…やっぱりファインティングポーズは5人がいいな…」
    快十「また呼べば?」
    ギニュー「やっぱりそうだよな というわけで集合だ!」
    リクーム「リ(ry」
    ギニュー特戦隊「「「「「みんな揃ってギニュー特戦隊!」」」」」
    快十「リクーム以外省略されてる!?」 -- 快斗軍
  • やっぱりいつ見てもカッコイイです...! -- ライチュウ
  • ギニュー「いやぁ、お前(ライチュウ)に見られるといつでも嬉しいぞ」
    リクーム「また出番が(ry (消える)」
    ギニュー「リクームとバータとジースとグルドがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
    快十「消えるの早いなぁwww」 -- 快斗軍
  • 私もギニューさんに会えて良かったです。 -- ライチュウ
  • 残念ながら名前が分かりません。テリーさんは「紫」ですし…。 -- ルクテン
  • そうなんだ...ひとみのいろがあおか... -- ピチュー
  • 他に考えられるのは勇君ですが…剣士ではありませんし…。


    ロリ(ry「ここまでくればもう平気だろうな」 -- ルクテンと…
  • ...そこはリディルとリアンシャがおもいだすのをまつしかないね。 -- ピチュー
  •  …ですね。 もう少しでレインスルフに到着しますよ。 -- ルクテン
  • おにいちゃん、しんぱいしてるかな~? -- ピチュー
  • 心配してるかもしれませんね…というのも、会ってみないと分かりませんが。
    …レインスルフに到着しましたよ。 -- ルクテン
  •  …(ジタンの奴、寝てやがる…好都合だな) -- ロリショタ(ry
  • ピチュー「ただいまー!」
    ライチュウ「ピチュー!お帰りなさい。」
    ピチュー「しんぱいした?しんぱいした?」
    ライチュウ「え、まあ...」 -- 電気鼠兄弟
  • では、私はまた屋敷の研究室で仕事しますか(屋敷の中へ) -- ルクテン
  • ピチュー「あのね、アヴィーニのまちでね。いっぱいおはなししたんだ!」
    ライチュウ「良かったねピチュー。...ルクテンさん。ありがとうございました」 -- 電気鼠兄弟
  • こちらこそ。おかげで久々に弟とも話せましたし。 -- 屋敷の中のルクテン
  • 騒がしい奴が寝てるという事で、俺もここにいるか…
    ドダダダダ←遠くの方から …!? -- 外部のロリショタ(ryと…
  • ピチュー「あとね、あとね~みらいのはなしもしたよ!」
    ライチュウ「未来の話?また面白そうな話ですね。」
    ピチュー「あとね、アヴィーニのまちにはまどうしょがたくさんあったよ!」
    ライチュウ「魔導書ですか...(行きたかった...)」 -- 電気鼠兄弟
  • C「ふぁあぁ…(起きた) 魔道書ですか?」
    A「…(なんだこの危ない気配は…)」 -- ランディア達
  • ピチュー「おにいちゃんが、すきそうなやつがいっぱいあったよ!」
    ライチュウ「うぐぐ...そんな事なら一緒に行けばよかったです!」 -- 電気鼠兄弟
  • C「…どこに行ってたんでしょうね?」
    A「お前、寝てたから話聞いてないだろ…」 -- ランディア達
  • ドドドドド←まだ遠くの方だが
    ロリ(ry「な、なんだ?」
    ジタン「(ビックリして飛び起きた)やべぇ、見つかる!(逃走開始)」 -- ロリ(ryと盗賊
  • ピチュー「えっとね...アヴィーニってまちにいってたの!」(ランディアCへ)
    ライチュウ「ん?あれは、不審s..じゃなくてサラマンダーさん。それと...誰かこっちに向かってきてますね」 -- 電気鼠兄弟
  • オイ、今不審者と言おうとしただろ。
    『ロリショタァ! 私から逃げられると思っておったのかァァァ!!!』
    …あそこまで足速いなんて聞いてねぇぞ!(さりげなくロリショタ言うな!) -- ロリ(ryと…
  • C「アヴィーニですか…聞いたことありませんね…」
    A「レインスルフの北にあるらしい」 -- ランディア達
  • ピチュー「あそこはおもしろかったよー!」
    ライチュウ「いえいえ...そんな事言いませんよ(汗)」 -- 電気鼠兄弟
  • C「ふぇ、今度行ってみたいですね」
    A「…あいつら(BとD)が戻ってきたらな」 -- ランディア達
  • ならいい… っと、今はそれどころじゃねぇようだ!(逃走開始)
    フライヤ「逃げられるものなら逃げてみよ!(注:本気ダッシュ中)」 -- ロリ(ryと…
  • ライチュウ「あ、フライヤさんも来ていたんですか。」
    ピチュー「フライヤと...だれ?」
    ライチュウ「あの人はサラマンダーさんです。」
    ピチュー「ふぅん...」 -- 電気鼠兄弟
  •  …もしもーし、一体何がどうしてこうなったんだ。 -- 物陰にいたジタン
  • ライチュウ「私には分かりません...」
    ピチュー「ぼくもかえってきたばっかりだから...」 -- 電気鼠兄弟
  • ロリショタ(ry「よく分からねぇけど追われてんだ! オイ、何故…がアレなくせにそんなに速いんだ!」
    フライヤ「いや、おぬしが変なことをしようとしたからじゃろ。 それに…私の本気の走りを見たことないな?」 -- 何やってんだ。
  •  …分かった。フライヤはサラマンダーの…スt 何も言ってません(滝汗) -- 物陰にいたジタン
  • ライチュウ「...いったい何があったんでしょうか?」
    ピチュー「さぁ?」 -- 電気鼠兄弟
  • C「…?」
    A「どの方角から来たんだろうか?」 -- ランディア達
  • フライヤ「本気の走りの私からは逃げられぬと思え(ロリ(ryを捕まえる)」
    ロリ(ry「てめぇはエルメスの靴(FFシリーズの装備品。装備すると素早さが上がる)でも装備してんのか」 -- オイオイ。
  • ライチュウ「…(方角的に考えると...家ですかね?)」
    ピチュー「あーつかまったー。」 -- 電気鼠兄弟
  • フライヤ「…星となれ!(ロリ(ryを上空に向けて投げ飛ばす)」
    ロリショタ(ry「これ、2回目なんだが…(彡☆)」 -- 星にされました。
  • ゑ、もうすでに2回も投げとばされたの? -- 物陰のジタン
  • ライチュウ「あ、そういえば...この前もヨースターエリアから投げ飛ばされたと...」
    ピチュー「そうなの?」 -- 電気鼠兄弟
  • ジタン「しかもフライヤに投げ飛ばされるとは…オレ、投げ飛ばされたことはあまりないぞ」
    フライヤ「(本気ダッシュの反動。疲労度76%)久々に本気の走りをしたせいか、疲れたわい…」 -- 盗賊と竜騎士
  • C「…(リーダー、この時彼(D)がいたら怪力ババァとか言いそうでしたね…)」
    A「…(否定できぬ…)」 -- ランディア達
  • ライチュウ「フライヤさんって...意外と力持ちなんですね...」
    ピチュー「凄いなぁ...」 -- 電気鼠兄弟
  • ジタン「そうなんだよなー。力はあいつの方が上だ…といってもおっさんや女将軍よりかは低いが」
    フライヤ「あやつは重いわい(ロリ(ryを投げた反動で疲労度84%に)」 -- 盗賊と竜騎士
  • ライチュウ「私達はこのとおり、力はあまり無いので...」
    ピチュー「そうだよ~」 -- 電気鼠兄弟
  • 快十「ロリコンって…w」
    ギニュー「元気な奴だな(ロリ(ryを見て)」
    正二郎「お前はいつも元気じゃねえのか?」
    ギニュー「いや、ボディチェンジの時はたまに…」 -- 快斗軍
  • ジタン「オレもそこまで力はないぜ…(サラマンダー、お前ロリショタ疑惑出たままじゃんw)」
    フライヤ「…では、私はあちらへ戻る(退場)」
    ジタン「素早さなら自信があるんだけどなぁ…」 -- 盗賊と竜騎士
  • ライチュウ「私も素早さになら..。」
    ピチュー「ぼくもー!」
    ライチュウ「攻撃は受けるより回避する戦法で今までやってきたので。」 -- 電気鼠兄弟
  • と、言ってもバトロイではそんなに速くないんだよな…オレ(速さ34)
    …うーん(てか、フライヤってあんなに胸あったか?) -- ジタン
  • ライチュウ「バトロイじゃ私達は一撃貰うと痛手ですから...」
    ピチュー「ぼくなんてHP5しかないよー。」 -- 電気鼠兄弟
  • HP5!? …そりゃ大変だな…(汗) オレはHP21だぜ。 -- ジタン
  • ライチュウ「ピチューはしかたないですよ。私だってHP11しか無いですから。」
    ピチュー「21もあるんだ~いいなぁ。」 -- 電気鼠兄弟
  • いやいや、それほどでも。だけど、ビビに時々一発でやられるのが欠点なんだよな。
    HPが低くても、攻撃が当たらなければ関係ないッ! -- ジタン
  • ライチュウ「ですよね!当たらなければ恐れるに足らず!です。」
    ピチュー「そうそう。」 -- 電気鼠兄弟
  • だよな! …速さは40以上あれば安心するけど、34って…34…って…。 -- ジタン
  • うるせぇサル。スピードタイプで速さ30もいるぞ。 -- 通信:霧音
  • ピチュー「でもぼくのHPはひくすぎだとおもうんだ。」
    ライチュウ「原作でもHP低いんですから...」 -- 電気鼠兄弟
  • サル言うな!(通信を切る) 原作ね…オレらFF9勢は能力にバラツキがあるから特定が難しいんだとよ。
    一応9名で9タイプだから、全能力いることになってるが。 -- ジタン
  • その頃、満月の世界では…。 -- 別場所。
  • 柚槻「…誰だコイツ?」
    月架「赤毛の男? …私達の知らぬ者か…」
    ロリ(ry「…(飛ばされ過ぎだろ…)」←また埋まってる -- 満月の双子と…
  • ライチュウ「そうなんですか...。」
    ピチュー「もうすこしHPをふやしてくれても...」 -- 電気鼠兄弟
  • ビビが速攻重視というのも合わないが、仕方ないんだとよ…。
    ランディア達の能力を決めるのも難しかったらしい。 -- ジタン
  • ライチュウ「そういえば...私達の能力は大して悩まなかったそうですけど、
    ヨッシー族の皆さんやロコモさん達の能力を決めるのは結構悩んだそうです。」
    ピチュー「へぇ~...」 -- 電気鼠兄弟
  • そうなのか…。最近の怜玖は能力を決める時『被っている数値のない能力から決める』ようにしてるらしい。
    それを考えるのも面倒とのことだ。…オレらの所、結構いるからな…50とかそんぐらいいると思う。 -- ジタン
  • ライチュウ「家も結構増えてきましたからね...私が来た頃はヨッシーさんと黒ヨッシーさんしか居なかったんですけど。」
    ピチュー「ぼくがきたときは...だれがいたっけ?」 -- 電気鼠兄弟
  • だよなー、ヨッシー一家もだいぶ増えたよな。
    ちなみにオレらの所(FF9勢ね)…最初に現れたのフライヤなんだけど、名前が最初に明らかになったのはエーコだ。 -- ジタン
  • 全体で行くとリーリィが一番最初だろうな。 -- ひとりごとむおん
  • ピチュー「ふーん...エーコがさいしょになまえでてきたんだ。」
    ライチュウ「気づいたらあの人数ですからね。賑やかになって嬉しいです。」 -- 電気鼠兄弟
  • 賑やかな方が楽しいよな! …で、最後に名前明らかになったのはロリ(ryじゃなくてサラマンダーw -- ジタン
  • ライチュウ「サラマンダーさん...」
    ピチュー「こんどはどこにとばされちゃったんだろうね?」 -- 電気鼠兄弟
  •  …さぁ?どこか遠い世界に逝ったんじゃないのか?(誤字?) -- ジタン
  • 柚槻「…どうする?」
    月架「…特に目立った外傷はなさそうだ。次の満月の日にあの世界に運べばいいだろう」
    柚槻「了解です、姉さん」
    ロリ(ry「…(誰だお前等…)」 -- 満月世界にて
  • ライチュウ「逝っちゃったんですか...」
    ピチュー「かえってこないかもね~(笑)」 -- ヨッシー一家
  • 正直に言うと、帰って来なくていいですwww← -- ジタン
  • ライチュウ「あらら…」
    ピチュー「かえってこなくてもいいのw」 -- 電気鼠兄弟
  • うん。あいつとかフライヤがいるとめんどくさいんだよなー。 -- ジタン
  • ライチュウ「はぁ...でもサラマンダーさんの事ですから、気がついたら戻ってきそうですね。」
    ピチュー「すでにかえってきてたりしてw」 -- 電気鼠兄弟
  • それがあり得るから困るwある意味神出鬼没だし、あいつ。 -- ジタン
  • ライチュウ「神出鬼没なんですか...なるほど。」
    ピチュー「しんしゅつきぼつw」 -- 電気鼠兄弟
  •  …噂だが、エーコがいる所に現れやすいそうだ。 -- ジタン
  • ライチュウ「エーコさんの居る所に...ですか。」
    ピチュー「エーコのおっかけなのかな~?」 -- 電気鼠兄弟
  • 追っかけというか…いわゆる、ロリコンって奴だなw あとショタコンでもあるようだ。 -- ジタン
  • ライチュウ「ロリコンにショタコン!?」
    ピチュー「そりゃすごい...」 -- 電気鼠兄弟
  • ロリ(ry「…今ムカつく声が聞こえたんだが」
    柚槻「…気のせいじゃないか?」
    月架「…(この者の名前はサラマンダーというのか…)」 -- 満月世界にて
  • あぁ、『子どもの相手は好きじゃない』と言ってるわりには結構相手にしてるし。 -- ジタン
  • ライチュウ「確かにサラマンダーさんをはじめてみた時不審s...じゃなくて不思議な方だなぁと思いましたが...」
    ピチュー「おにいちゃん...さりげなくひどいこといおうとしたよね」 -- 電気鼠兄弟
  • そうだな、オレも初対面の時は『変な奴』だと思った。 -- ジタン
  • ライチュウ「フライヤさんとも仲があまり宜しくないようで...」
    ピチュー「なげとばされてたしw」 -- 電気鼠兄弟
  • あいつら、初対面の頃からあまり仲良くないぞ。その時ヤバい雰囲気になってたからオレが仲裁に入ったんだが…。 -- ジタン
  • ロリ(ry「…で、何故俺があの女に投げ飛ばされる必要があるんだ」
    柚槻「…知らん(あの女とは誰のことを言っているんだ?)」
    月架「何か原因があったのであろう」 -- 満月世界にて
  • ライチュウ「そうなんですか!?」
    ピチュー「むかしのフライヤとレシラムみたいなかんじかな?」 -- 電気鼠兄弟
  •  …逆にオレがフライヤに怒られた。その時の怒りの原因はオレだったようで…。 -- ジタン
  • ライチュウ「あら...それは災難でしたね。」
    ピチュー「どんまい。」 -- 電気鼠兄弟
  • 全く、とんだ災難だったよ。すっげぇ怖い顔をして怒りやがって…。 -- ジタン
  • ライチュウ「フライヤさん、怒ると怖いですもんね。」
    ピチュー「たしかにー」 -- 電気鼠兄弟
  • 時々ちょっかいは出すけど、なるべく怒らせないようにしてるんだ…。 -- ジタン
  • C「…そんなに怖いのですか?」
    A「…これはデリバー(D)の奴が知ってるはずだ(我はあまり知らぬ…)」 -- ランディア達
  • ライチュウ「…フライヤさんが怒った時の恐ろしさは、家ではレシラムさんが一番知っているはずです。」
    ピチュー「フライヤとよくたたかったりしてたからね。」 -- 電気鼠兄弟
  • ふぇー、そっちはレシラムが一番知って…るんかい!?(なんだその反応は)
    ここではオレが一番知っていると思っていたが、実際はそうでもないっぽい。 -- ジタン
  • ライチュウ「まあ...家の中では。次はゼクロムですかね。」
    ピチュー「え?ジタンよりしってるひといるの?」 -- 電気鼠兄弟
  •  …てか、ゼクロムって誰?(その時コイツいませんでした)
    あぁ…オレより知っていると思われる鬼火野郎がいるんだが…名前が思い出せん。 -- ジタン
  • ライチュウ「あ、ジタンさんは知らないんでしたね。ゼクロムっていうのは...」(ゼクロム事件についてジタンに説明する)
    ピチュー「おにび...?ヴィノルさんだね?」 -- 電気鼠兄弟
  • それは危険な奴だ!…でも弱体化とかw
    ふぇ、ヴィノルと言うのか…。盗みに入ろうとしたらあいつがいたりしてビビることもあるんだよな…。 -- ジタン
  • ライチュウ「見事なまでに弱体化しましたからね...」
    ピチュー「しんしゅつきぼつだって、リディルたちもいってたよ。」 -- 電気鼠兄弟
  • 先程から俺の噂が煩わしいのだが(外部の塀から出現!?) -- 神出鬼没の鬼火さん
  • 最初の能力が嘘みたいとか…w とぉわぁ!?(ヴィノルにビビる) -- ジタン
  • ピチュー「うっひゃあ!」(びっくり)
    ライチュウ「今は完全に遊び相手...っておわっ!」(ヴィノルに驚く) -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「…驚かせてしまったようで申し訳ない。俺にしてみれば普通のことなのだが…」
    ジタン「お前の普通は普通じゃねぇから!」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「あんな所から出てきたらびっくりします...」
    ピチュー「…(どうなってるんだろう...)」 -- 電気鼠兄弟
  • ジタン「と言うかお前(屋敷の)壁すり抜けてきたことあるだろ!?」
    ヴィノル「日常茶飯事」 -- 盗賊と鬼火
  • ライチュウ「日常茶飯事ですか...(汗)」
    ピチュー「…(でも、あれがみらいでやくにたったんだよね...)」 -- 電気鼠兄弟
  • ジタン「お前の体は一体どうなっているんだーッ!?」
    ヴィノル「…俺は一度死んだ身だからな(ジタンを軽くスルーしてる)」 -- 盗賊と鬼火
  • C「…つまり、死体が喋っているという事ですか?」
    A「違うだろ、あいつは霊体だ」 -- ランディア達
  • ライチュウ「ゑ?死んでるんですか?」
    ピチュー「そういえば、そんなこといってたね。」 -- 電気鼠兄弟
  • ジタン「コラーッ、話聞け鬼ヴィ野郎!!!」
    ヴィノル「…人間としては俺は30歳で亡くなった。しかし、その後鬼火の怪へと転生した…」 -- 盗賊と鬼火
  • ライチュウ「転生ですか...凄いです。」
    ピチュー「てんせい?」 -- 電気鼠兄弟
  • あぁ、閻魔と言う者によって俺は鬼火の怪となった。
    …だが、代わりに成仏できぬ体となってしまった。すでにこの姿で900年近く彷徨っている…。 -- ヴィノル
  • ライチュウ「900年!?」
    ピチュー「うひゃぁ...」 -- 電気鼠兄弟
  • 本当なら、もう消えてしまいたい。 -- ヴィノル
  • オイ、何バカなこと言ってんだ!!!(!?) -- ジタン
  • ライチュウ「なっ...!そんな事...!」
    ピチュー「ええー!?」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「俺は永久に成仏できない! 何のためにこの世にいるのかもわからん!」
    ジタン「アホか! お前はな、使命があってこの世にいるんだろうが! 命を粗末にするんじゃねぇ!」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「ヴィノルさん...」
    ピチュー「...」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「尊き命を1日最低1体でも滅ぼすという使命が…俺には耐えられない…」
    ジタン「…どういうことだ?」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「それはどういう...?」
    ピチュー「??」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「…閻魔様からのただ一つの使命。やらねば腰の蔓に締め付けられる。葬るのが例え、虫だとしても…俺は嫌だ」
    ジタン「…何かシリアスになってきてないか?」 -- 鬼火と盗賊
  • 月架「…苦労しているのだな、鬼火の者よ」
    柚槻「アレか、900年近く彷徨っているという…」
    ロリ(ry「何がなんだかさっぱりわからん」 -- 満月世界にて
  • ライチュウ「…なんという...」
    ピチュー「???」←理解しきれてない -- ヨッシー一家
  • ヴィノル「腰の蔓は俺の永遠の罰。こんなことになるくらいなら、獄中で一生を終えた方が良かった」
    ジタン「…辛かったんだな…お前」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「ヴィノルさん...」
    ピチュー「...(よく分かんないよ...)」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「…俺は何がしたいのか、今は何ができるのか」
    ジタン「それは自分で考えるものだな」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「そうですね...自身の道は自分で決めるものですから...」
    ピチュー「…」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「…とまぁ、最近は雑用を担当しているが」
    ジタン「…オイオイ(汗)」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「雑用ですか...(汗)」
    ピチュー「ざつよう?」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「記録取りとか、酒の管理とか」
    ジタン「…そしてたまに盗みに」
    ヴィノル「入ってない!」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「そういった雑用は家では私の役割なんですよ...白ヨッシーさんがたまに手伝ってくれますけど。」
    ピチュー「おにいちゃんもたいへんだよね」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「そうなのか。俺らの所は俺やベアトリクスが担当している」
    ジタン「オレハナニモシテマセンw」
    ヴィノル「じゃあ手伝え(何故に片言?)」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「食事はロコモさんがやってくれるのでそこは任せているんです。」
    ピチュー「たいへんだけどね。」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「食事はクイナやビアンカが担当してる。 …酒蔵で時々『チューチュー』と言う声がするんだが…」
    ジタン「オレ食事はスープぐらいしか作れないんで。ネズミwww」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「そうなんですか...私も手伝うこともありますけどね。」
    ピチュー「チューチュー?」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「…俺も料理は出来ない。 酒蔵に現れるネズミはあいつしかいないが」
    ジタン「ブフッwww」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「…予想できてしまいました...(汗)」
    ピチュー「あーなるほど...w」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「『入室禁止』だって言ってんのに入って来るんだよなあのバカネズミ…」
    ジタン「あいつ酒豪だから仕方ないねw」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「酒豪なんですか?...家はお酒飲む人が居ないのでお酒は置いてないんです。」
    ピチュー「そうなの?ヨッシーとか、のむかとおもったんだけど。」 -- 電気鼠兄弟
  • ヴィノル「酷い時は1日で10本も消えるぞ。とはいえ、俺も酒を飲むがな」
    ジタン「フライヤはそこが欠点の一つなんだよなぁ」
    ヴィノル「…全く、俺の遺産が酒に変わる一方だ…」 -- 鬼火と盗賊
  • ライチュウ「へぇ...そんなに飲むんですか...」
    ピチュー「すごーい...」
    遠くから聞こえる声「ライチュウ様ー!」
    ライチュウ「えっ?」 -- 電気鼠兄弟+?
  • ヴィノル「しかも全く酔わないとかどういう神経してんだあいつは…」
    ジタン「それは謎だ。サラマンダーや女将軍に聞いてもよく分からないみたいだし …誰?(遠くから聞こえる声に)」 -- 鬼火と盗賊
  • プクリン「ライチュウ様ー!探したわー!」
    ライチュウ「ぎゃぁぁぁ!」
    ピチュー「プクリン!?」
    ライチュウ「なしてここが分かったんですか!?」
    プクリン「フライヤって奴から教えてもらったの!」
    ピチュー「おにいちゃんあわれw」 -- 電気鼠兄弟+α
  • ジタン「どうしたんだ?」
    ヴィノル「…さぁな」 -- 盗賊と鬼火
  • ライチュウ「今は休暇中ですー!」(何故か屋敷内に逃げこむ)
    プクリン「待ってー!」(ライチュウを追いかける)
    ピチュー「....w」 -- 電気鼠兄弟+α
  • ジタン「あのピンクの何? ライチュウのストーカー?」←
    ヴィノル「…屋敷は鬼ごっこ会場か(汗)」 -- 盗賊と鬼火
  • ギニュー「なっ!?」
    正二郎「なんだあいつは!?(プクリンを見て)」
    ギニュー「こうなったらボディチェンジでもやってみるか」
    快十「やって何か意味あんの?」
    ギニュー「いや、なんとなくだ(ボディチェンジ準備中)」 -- 快斗軍
  • ピチュー「そうそう。おにいちゃんのストーカーなのw」
    ライチュウ「本当勘弁して下さい~!」(すぐに屋敷から出てくる)
    プクリン「なんで逃げるのよ~!?」 -- 電気鼠兄弟+α
  • ジタン「…あらら(汗)」
    ヴィノル「今遠くで腹立たしい気配を感じた(鬼火を遠くに向けて放つ。方角からしてヨースターエリアだな…)」 -- 盗賊と鬼火
  • あいつ(ライチュウ)の助けになればいいな…
    …チェーーーンジ!(プクリン狙って全身から光線を放つ。光線だけど当たると身体が入れ替わる…だけでダメージはない) -- ギニュー
  • プクリン「ゑ!?キャーッ!(命中)」
    ライチュウ「へ?何が起こったんですか...!?」
    ピチュー「いまのはいったい...?」 -- 電気鼠兄弟+α
  • はっはっはっ!
    そこの奴(ライチュウ)今の内に逃げるんだ! -- プクリン(ギニュー)
  • ライチュウ「あ、ギニューさんっ!ありがとうございます!」(また屋敷の中へ...)
    ギニュー(プクリン)「ちょ...何よこれっ!あたいのプリティな体がー!」
    ピチュー「いれかわりw」 -- 電気鼠兄弟+α
  • ジタン「ちょwww」
    ヴィノル「…何か痛い奴がいるぞ…(プクリンのことです…)」 -- 盗賊と鬼火
  • 快十「(で、これからどーすんの)」
    プクリン(ギニュー)「(時間稼ぎして元に戻ることにする)」
    正二郎「(うまくいくのかよ)」 -- 快斗軍
  • ピチュー「うはwwそりゃすごいw」
    ギニュー(プクリン)「こんな体になっちゃったら、もうあたい、お嫁に行けないー!」
    ライチュウ「...一応身を隠せる所を探しますか...」(屋敷を探索し始める) -- 電気鼠兄弟+α
  • ジタン「時間稼ぎ、頑張れよー(黙れ)」
    ヴィノル「痛い、こいつ本当に痛い…(ギニュー(プクリン)を見て)」 -- 盗賊と鬼火