キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ここまでのあらすじです。
    ・魔界から無事帰還。お疲れ様です。
    ・結局フライヤさんの姿は元に戻りませんでしたね…。
    ・メザリバ君は相変わらずですね。何人か引っ掛かりそうになりましたが。
    ・最後に現れたのは一体何者なのでしょうか。
    …研究材料が欲しいです。 -- あらすじ:ルクテン
  • ソリュート「あの相当きてる奴(メザリバ)連れて行ったの誰じゃー?」
    漣「…(塩おむすびに夢中で気づいてない)」 -- 王子二名
  • レシラム「...まさか、あの腐れ外道を裏で操っているって存在か?」
    ライチュウ「分かりません。」
    ロコモ「私も分からん。」
    裏ピチュー「ゑ?そんな奴居るの?」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「今回の件は終了ですね。」
    トランクス(EDF)「あの人は情報の人物なんでしょうか…(通常に戻る)」 -- 明日パラガス軍
  •  …貴方にはもう少し働いてもらわねばならぬ。私が表に出ることはあまりしたくない。 -- in地獄
  • (起こされた)…分かってるっつーの。だけど、つい調子に乗って喋りすぎちゃうんだよね。 -- in地獄のメザリバァ…
  •  …(ついに動き出したか) -- どこぞの鬼火
  • ロコモ「...何だと?」
    ライチュウ「どうかしたんですか?」
    ロコモ「どうやらヨースターエリアで事件が起こったらしい。今、黒ヨッシーから連絡が来た」
    裏ピチュー「マジで?」
    ロコモ「私とピチューは戻る。お前たちはここで頑張れ。」(ピチューと共に退場)
    レシラム「ああ...よろしくな。」 -- ヨッシー一家
  • ソリュート「…んな奴いたっけかぁ?」←話覚えてない
    漣「ん、さようなら~(塩唐揚げ弁当食ってる)」 -- 王子二名
  • レシラム「居たぞ...光の中での話を忘れたのか?」
    ライチュウ「しかし...断定はできませんね。」
    プクリン「...(また愉快な仲間たちに...)」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「話なんてロクに聞いてねーよ?」
    漣「…(全く、お兄様らしい…)」 -- 王子二名
  • レシラム「そ、そうか...(汗)」
    ライチュウ「今度は地獄ですか...」
    プクリン「あたい...怖くなってきたわ。」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「覚えてるのは新しい力を授かったのと、あのでかいネズミがいたという事だけ」
    漣「…(前者は重要ですが、後者はどうでもいいです)」 -- 王子二名
  • レシラム「...人の話はしっかり聞けよ?」
    ライチュウ「レシラムさんに言われたらおしまいです。」
    レシラム「なんだと...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「話の内容なんていちいち覚えてられっかァー」←話を聞く能力F
    漣「…これだから父上に説教されてもスルー…」 -- 王子二名
  • レシラム「...」
    ライチュウ「大変ですね...お父上も、漣さんも...」
    プクリン「もう...あの小僧はどっか行っちゃうし、連れて行った奴はわけわかんないし...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …時にメザリバ。アレは一体どういう事だ? -- in地獄
  • あぁ、アレ? 飼育方法間違えたんじゃないの? -- in地獄のメザリバァ…
  • ソリュート「てかあのネズミの名前ラフヤイだっけぇー?」
    漣「…はい。僕も注意しているのですが…(汗) お兄様、それを僕に聞かれても困ります」 -- 王子二名
  • レシラム「フ・ラ・イ・ヤ!」
    ライチュウ「ピチューも貴方くらいにしっかりしてくれれば...」
    プクリン「あら?ライチュウ様。ピチューも結構しっかりしてると思うわ」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「そっか、ウザイヤか」←
    漣「…お兄様、早速間違えないで下さい」 -- 王子二名
  •  …ネズミの飼育方法など知らぬが…(汗) と、そんな話をしている場合ではない。 -- in地獄
  • レシラム「フライヤだと言っているだろうが...燃やすぞ」
    ライチュウ「レシラムさん、こんな所で喧嘩しないで下さい...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「…はーい、どうぞご勝手にー」
    漣「お兄様…!(シェイレンデンがいてくれたらなぁ…)」 -- 王子二名
  •  …だろうねぇ。でもさ、あいつに見つかったらあんたもフルボッコされるんじゃないのー? -- in地獄のメザリバァ…
  • レシラム「(プチッ)ほー...いいんだな?」
    ライチュウ「レシラムさーん!ソリュートさんも挑発しないでくださいー!」
    プクリン「はぁぁ...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「…気をつけた方がいいぜ、汚れが目立つ奴」
    漣「…何ですかその呼び名は」
    ソリュート「あんたの背後に…いるぜ!」 -- 王子二名
  • 汚れが目立つレシラム「なんだと!?」(とっさに後ろを振り向く)
    ライチュウ(名前が変わってる...)
    プクリン「...プッ」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • フライヤ「…先程から貴様等は何をやっておるのじゃ。丸聞こえじゃぞ」
    リーリィの状況:100mの深さまで埋められた -- 外部のフライヤ
  • ソリュート「…嘘のつもりが本当になった…チクショー」
    漣「…(あなたが言えることではないと思いますが…(汗))」 -- 王子二名
  • レシラム「フライヤー。ソリュートの奴がお前の名前をわざと間違えてたぞ」
    ライチュウ「何チクってるんですか。(聞いてたって言ってるのに...)」
    プクリン「...w」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「えーしらねー ドブネズミがフライヤっつーのは覚えてんだけどさー」←
    漣「…お兄様、またフラグですよ」 -- 王子二名
  • レシラム「...とことん聞いてないな。お前...」
    ライチュウ「ドブネズミは言っちゃ駄目です。」
    プクリン「ライチュウ様...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …死亡フラグ竜(ソリュートのこと)、貴様も地面に埋めたるわ…。 -- 外部のフライヤ
  • ソリュート「オイマテやぁ、俺の名前は死亡フラグじゃぬェー」
    漣「…(追いつめられても口数が減らないのがお兄様なんですよね…)」 -- 王子二名
  • レシラム「ざまぁw」
    ライチュウ「全くもう...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • てかさー、体でかくて不便だとオモワネーノ?
    下手すると汚れが目立つ奴をも潰しちゃうだろーがァー。 -- 懲りないソリュート
  •  …否定できぬ。 -- 外部のフライヤ
  • レシラム「...こいつ、本当に王子か?」
    ライチュウ「...(汗)」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …全く、お兄様の口の悪さはどこから来てるのでしょうか。 -- 塩巻 漣
  • でも、こんなでかい奴が護衛になってくれりゃーすげぇ心強いんだけどなぁー。 -- 口数が減らないソリュート
  • レシラム「...」
    ライチュウ「確かに今のフライヤさんは心強いですが...」
    プクリン「大きすぎるのも不便よね」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …私を誰だと思っている。そのようなネズミに負ける程ヤワではないわ。 霊解放。 -- in地獄
  •  …ったく、何が閻魔だ…。 -- in地獄のメザリバァ…
  •  …この死亡フラグ竜、どうし !?(突然元の大きさに戻った) -- 外部のフライヤ
  • レシラム「なん...だと!?」
    ライチュウ「まさか...私のアレが今頃効いたんですか!?」
    プクリン「それは...(汗)」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • あう~、せっかくいい所だったのに~。 -- ???
  • レシラム「何者かがフライヤの霊を払ったというのか?」
    ライチュウ「ウィヤさんの話を考えれば...恐らくそう考えるのが妥当かと。」
    プクリン「そうよね...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …他愛もない。 -- in地獄
  • ソリュート「んあ? チビネズミになったん?」
    漣「…それが元々の大きさだと思いますが」 -- 王子二人
  • レシラム「戻れてよかったな...」
    ライチュウ「早く戻れてよかったです...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • フライヤ「戻れたのはいいが…なんだか複雑な気分じゃ」
    ???「強制解除とか普通なしじゃない!?」 -- フライヤとアイツ
  • レシラム「と言うか...誰だ?」
    ライチュウ「むむ...一体何が...」
    プクリン「アレよ、あの小僧の仲間の仕業よ!」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …おそらく、あいつに違いない(何時からいたの?) -- 鬼火
  • ち、違います、ボクは先程までこのネズミさんの中に潜んでた霊です!
    …強いと聞いたからつい、興味本位で入りこんでみたくなっちゃって…。 -- ???→『急成長』の霊
  • レシラム「お前か...フライヤに入り込んでたのは。」
    ライチュウ「あ、ヴィノルさん。」
    プクリン「あいつ...?」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …俺を『自然死が許されない存在』にした奴の仕業だ…! -- 鬼火のヴィノル
  • フライヤ「…案外可愛いのぅ」
    『急成長』の霊「…はい。 ボク、見た目はかなり小さいのですがね(15cmぐらい)」 -- 竜騎士と霊
  • ライチュウ「...前に言ってましたね。」
    プクリン「え?ライチュウ様知ってるの?」
    ライチュウ「ええ...『閻魔』...でしたっけ?」
    レシラム「こんなちっこいのがあんな事をできるのか...見た目だけで判断できんな。」 -- ヨッシー一家
  •  …鬼火よ、貴殿の使命を忘れたわけではあるまいな? -- in地獄
  •  …もう貴様の言う事など聞きたくない…!(地獄から聞こえる声に対し) -- ヴィノル
  • ソリュート「はぁ? 何が入りこんでたのかと思ったらこんなちっちぇ奴だったのかよォー」
    漣「…見た目では判別できないという事ですね」
    ソリュート「よかったら俺にもとりついてみねェ?」
    『急成長』の霊「嫌です」 -- 王子二人と霊
  • ライチュウ「ヴィノルさん...」
    プクリン「...」
    レシラム「我にとりついてみるのはどうだ?」(『急成長』の霊へ) -- ヨッシー一家
  • 『急成長』の霊「生意気王子には付き合ってられません。 …あなた(レシラム)は良さそうですね」
    フライヤ「ま、待て、こやつにとりついたら…!」 -- 霊と竜騎士
  • レシラム「本当か?それは嬉しいなw我はいつでもWelcomeだぞ?」
    ライチュウ「待って下さいっ!ただでさえ大きいレシラムさんにとりついたら...!」
    プクリン「大変なことに...!」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「だーれが生意気だこの悪霊退散されそうな霊めェー」
    漣「…お兄様が生意気なのは今始まった話じゃありません」
    ソリュート「んだとゴルァ」 -- 王子二名
  • 『急成長』の霊「分かりました、試しにやってみましょうか!」
    フライヤ「やめぬか、わ、私でさえあんな姿になったと言うのに…!?」 -- 霊と竜騎士
  •  …ふぅむ、『急成長』か。私はそれがなくとも大きさを自由自在に変えられる。 -- in地獄
  • 自慢乙。 -- in地獄のメザリバァ…
  • レシラム「物は試しだ。やってみるか!」
    ライチュウ「...知りませんよ!」
    プクリン「...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • では、いきますよ~(レシラムにとりつく) -- 『急成長』の霊
  •  …言わんこっちゃない。とりあえず、屋敷の屋上に行くか…(ジャンプして屋上へ) -- フライヤ
  • レシラム「おおっ...!?」(大きくなっていく)
    ライチュウ「ちょ...」
    プクリン「これはちょっと...規格外よ!」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …………(レシラムを見て呆然) -- フライヤ
  • ソリュート「でっけぇドラゴンだー」
    漣「…い、一体どれくらいの大きさなのでしょう?」 -- 王子二人
  • レシラム→/おお!すごい眺めだぞ...\
    ライチュウ「あのー...顔見えないんですけど。」
    プクリン「フライヤの時の数倍はデカイわね...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …(レシラムの羽めがけてジャンプ) -- フライヤ
  •  …あれ怪獣じゃない? 巨大ドブネズミの数倍はあると思われるよ。 -- in地獄のメザリバァ…
  •  …シッ。あまり話さぬように。鬼火に感づかれるとまずい。 -- in地獄
  • Bレシラム「ん?どうした、フライヤ。」
    ライチュウ「デカすぎです...」
    プクリン「あれ、ヨースターエリアからも見えるんじゃない?」 -- でっかいレシラムと愉快な仲間たち
  •  …むぅ~(ちょっと不満そう)これでは私がまるでミニマム状態ではないか。 -- フライヤ
  • ソリュート「…すみません(何故か土下座)」
    漣「…確かに、遠くからでも見えそうです…(汗)」 -- 王子二人
  • Bレシラム「はっはっはっwお前がデカくなってた時も我はそんな気持ちだったぞ?」
    ライチュウ「あんな状態のレシラムさんを相手にしたくないですね...」
    プクリン「一瞬で片付いちゃうわね...」 -- でっかいレシラムと愉快な仲間たち
  •  …そ、それはそうかもしれぬが…!(今度はレシラムの頭めがけてジャンプ) -- フライヤ
  • 頭まで登ってこれたのか。相変わらずお前のジャンプ力は凄いな...。
    ...どうだ?いい眺めだろう? -- でっかいレシラム
  •  …うぬ。逆に良すぎて怖いくらいじゃ(で、座るな) -- フライヤ
  • そうかw...ずっとこうしていたいものだな。 -- でっかいレシラム
  • ソリュート「オラァーさっさと出てこいやあくりょうたいさ~ん」
    漣「…」 -- 王子二人
  •  …願わくは。 しかし、下の方で面倒なのが約1名いるからのぉ…。 -- フライヤ
  • ライチュウ「...」
    プクリン「でかすぎよ...」 -- 愉快な仲間たち
  • はっはっはっw確かにな。 -- でっかいレシラム
  • ソリュート「余計汚れ目立つんじゃねーのてめェー」
    漣「…謝ったと思ったらまた文句ですか」 -- 王子二人
  • Bレシラム「何ィ?聞こえんなぁ」
    ライチュウ「レシラムさんの声は嫌なほど聞こえますけど。」
    プクリン「でかすぎよ...」 -- でっかいレシラムと愉快な仲間たち
  •  …頭が、痛い…(レシラムの声が頭に響いているようです) -- フライヤ
  • ソリュート「お前の声はすっげぇ聞こえんだけどォ!? 少しは黙れェ」
    漣「…いえ、対象が上の方ですのでここで文句を言っても仕方ないのでは…」 -- 王子二人
  • Bレシラム「あ、すまないフライヤ...」(少し小声)
    ライチュウ「小声で喋ってもこっちには全然聞こえますね...」 -- でっかいレシラムと愉快な仲間たち
  • 気にするでない…。 その姿では…遠くからも…見えてるのではないか…? -- フライヤ
  • 恐らくな。こんなにもデカイと逆に目に入らない方が不思議だろうな... -- でっかいレシラム
  • ソリュート「ウゼー。さっさと出てこいやー」
    漣「…お兄様が言っても出てこないと思いますよ」 -- 王子二人
  • 確かにの…私の場合は見えてなかったようじゃが。 -- フライヤ
  • そうなのか?...そこまで大きくはなかったとか? -- でっかいレシラム
  •  …屋敷よりわずかに大きい程度じゃったからの。 -- フライヤ
  •  …知らない間にオレ忘れられてない? -- 盗賊is空気
  • ...それでも十分デカかったがな。我を手乗りにできるくらいだからな。 -- でっかいレシラム
  •  …ふふっ、手乗りサイズのレシラムも可愛かったわい…。 -- フライヤ
  • そうか?...何だか照れるな。 -- でっかいレシラム
  • ヱリカ「巨大すぎませんかこれ。」
    トランクス(EDF)「僕もそう思います」 -- 明日パラガス軍
  • ソリュート「あいつの中に『急成長』の霊がいるはずなんだけど出てこねぇんだけどー」
    漣「…居心地がいいのではないのですか?(だからと言ってまた塩ラーメン食うな)」 -- 王子二人
  • ライチュウ「居心地いいんですかね?」
    プクリン「もしかしてずっと居続けたりしてねw」 -- 下の愉快な仲間たち
  •  …それは勘弁してほしいな(汗) -- 空気盗賊
  •  …リーリィどこ行ったー? …(ビクッ)←落とし穴?を見てビビった -- 出番奪われがちなあいつ
  • ライチュウ「まあ...ずっとあのままなのは私達も困りますね...」
    プクリン「あんなのヨースターエリアに連れていけないわ!」 -- 下の愉快な仲間たち
  •  …zzz(いつの間にかレシラムの上で寝ていた) -- フライヤ
  • ふふっ...いつの間にか寝てしまったようだな。 -- でっかいレシラム
  • ねえさーん。150mある縄くれねーか? -- 出番奪われがちなあいつ
  •  …やはり気持ちいい…(寝言) -- フライヤ
  • ...願わくば、この平和がいつまでも続いてほしいものだ。 -- でっかいレシラム
  •  …失せろリア充共 霊解放。 -- in地獄
  •  …閻魔のあんたは非リアか。 -- in地獄のメザリバァ…
  • ヱリカ「…なんかヨースターはもう平和が終わってるような気が…」
    トランクス(EDF)「一体なんでしょうね。」
    (ブロリー(EDF)の通信が届いていない) -- 明日パラガス軍
  • レシラム「!?」(元の大きさに戻った)
    ライチュウ「あ、戻っちゃいましたね。」
    プクリン「フライヤの時と同じね...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • 急に戻るでないわぁ~!(地面に埋まった) -- フライヤ
  •  …他愛もない奴らめ(ドヤッ) -- in地獄
  • てかこいつ本当に閻魔なの? -- in地獄のメザリバ
  • レシラム「すまんフライヤ...。空気読めない馬鹿が何処かにいるようだな。」(フライヤを引っこ抜く)
    ライチュウ「空気読めない馬鹿って...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「あ、何? それ俺の事?」
    漣「…お兄様は関係ないでしょうが」 -- 王子二名
  • フライヤ「(引っこ抜かれた)そのようじゃな…」
    『急成長』の霊「ボクの意思じゃないです…」 -- 竜騎士と霊
  • レシラム「ああ...お前の意思ではない。(『急成長』の霊へ)後ソリュート。お前のことではないぞ...」
    ライチュウ「何者かが無理やり引き離したってことですね。」
    プクリン「むー...」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • リーリィ、今助けるからなー(150mある縄を穴に向けて放り込む) -- レスキュー状態。
  • ソリュート「あ、なんだ、違うのか。よかったー」
    漣「…よくないと思います」 -- 王子二名
  • レシラム「ああ...お前ではなく我から『急成長』の霊を引き離した奴だ。」
    ライチュウ「何のつもりでしょうね?」
    プクリン「...(フライヤとレシラムのリア充ぶりを見たくなかったのかもねw)」← -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …貴殿達もリア充か!ならば地獄に堕ちよ! 地獄堕落(レスキュー状態のアイツとリーリィを地獄送り) -- in地獄
  • どう見ても非リア閻魔です。本当にありがとうございました。 -- in地獄のメザリバァ…
  • フライヤ「しかし、突然邪魔をするとは…許せぬ!」
    『急成長』の霊「何で邪魔されるんですかぁ」 -- 竜騎士と霊
  • レシラム「ああ...許せんな!」
    ライチュウ「...そうですね。」
    プクリン「(まさか...レシラムから霊を引き離した奴って...非リア充?w)」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • ソリュート「どうでもいいけど、さっきあっちにいた青いチビがいきなり消えたんだが」←お前が言うな
    漣「…」 -- 王子二人
  • レシラム「青...テリーか!?」
    ライチュウ「突然消えた...?」
    プクリン「...(嫉妬したのねw)」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  •  …あのピンクの輩(プクリン)も地獄送りにしたろうか。 地獄堕落。 -- in地獄
  •  …もうダメだろこの閻魔。 -- in地獄のメザリバァ…
  • プクリン「あ、ちょ」(消えた)
    ライチュウ「プクリン!?」
    レシラム「プクリンまで...!」 -- レシラムと愉快な仲間たち
  • フライヤ「えぇい、一体どうなっておるのじゃ!」
    『急成長』の霊「このままだと他の人達も…!」 -- 竜騎士と霊
  • レシラム「くそ...あの腐れ外道か?」
    ライチュウ「プクリン...!」 -- レシラムと電気鼠
  •  …これが私の仕業だとは気付くまい。 愚かな王子よ、牢獄投棄。 -- in地獄
  • ソリュート「あの相当きてる奴の仕業だったら厄介だァ!?(地獄の牢獄に飛ばされる)」
    漣「お、お兄様~!?」 -- 王子二人
  • レシラム「ソリュート!」
    ライチュウ「ソリュートさんもですか...!」 -- ポケモン二人組
  •  …残るはネズミ2匹とドラゴン2匹。どっちを始末すべきだ? -- in地獄
  • ヱリカ「…トランクス(EDF)の存在感の薄さが伝染したようです。」
    トランクス(EDF)「おい!?」 -- 明日パラガス軍
  • あとサル1匹とよく分からないのが2名いるけど? -- in地獄のメザリバァ…
  •  …クジで決めるか(ゑ) -- in地獄
  • レシラム「くそっ...このままでは皆消えてしまうぞ!」
    ライチュウ「何か考えないと...!」 -- ヨッシー一家
  • ヱリカ「何か極悪な性能持ちの奴がいるようd(地獄では無い何者かの力でどこかへ消滅)」
    トランクス(EDF)「えっ嘘!?ヱリカさぁー…(同じく消滅)」 -- 明日パラガス軍
  •  …【電気ネズミ】【サル】【バカ王子の弟】を地獄送りにしてや(ry -- in地獄
  •  …いい加減にしろ極悪非道の悪霊。 -- 地獄に現れたヴィノル
  • レシラム「何か対策は...」
    ライチュウ「何も思いつきません...」 -- ヨッシー一家
  • 地獄にようこそ。ま、楽しめる要素なんてないけどね。 -- in地獄のメザリバァ…
  • フライヤ「…地獄に直接乗り込みたい所じゃが、どうすれば…」
    『急成長』の霊「…(フライヤの周辺でふらふらしている)」 -- 竜騎士と霊
  • レシラム「そうだな...白ヨッシーが居れば何とかなりそうだが...」
    ライチュウ「白ヨッシーさんは今出かけてるみたいですし...」 -- ヨッシー一家
  •  …俺が送ってやろうか? -- 戻ってきたヴィノル
  • おのれ鬼火…私の授けた【永遠の命】を捨てるつもりか…! -- in地獄
  • レシラム「ヴィノル!?」
    ライチュウ「本当ですか?」 -- ヨッシー一家
  •  …地獄に強制的に送られているのは間違いなくあいつの仕業だ。
    あぁ、それは本当のことだ。地獄には地下牢獄の先にある謎の紋章から行ける…。 -- ヴィノル
  • レシラム「感謝するぞ、ヴィノル!」
    ライチュウ「行きましょう!」 -- ヨッシー一家
  •  …急げ。このままだと送られた奴らの生命も危険にさらされる! -- ヴィノル
  • レシラム「分かった...!」(地下牢獄へ)
    ライチュウ「はい...!」 -- ヨッシー一家
  • ヴィノル「…オイ、バカネズミ。何突っ立てるんだ」
    フライヤ「バカネズミ言うな! …こやつはどうしようかと」
    『急成長』の霊「…」
    ヴィノル「…ふぅむ、『急成長』か、何かに使えそうだ…そいつも連れてけ」 -- 鬼火と竜騎士と霊
  • あう~、待って下さいよ~(塩焼きそば食いながらレシラム達を追うな) -- 塩巻 漣
  • レシラム「待っていろ...!腐れ外道共!」(地下牢獄に着いた)
    ライチュウ「プクリン...無事で居て下さい...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「了解じゃ、行くぞ!(地下牢獄に向けてダッシュ)」
    『急成長』の霊「はいっ!(フライヤの後を追う)」
    ヴィノル「…(しかし、閻魔を消すという事は…)」 -- 竜騎士と霊と鬼火
  • レシラム「...これか?」(謎の紋章を見つける)
    ライチュウ「恐らく...」 -- ヨッシー一家
  • 怪しい紋章ですね~(紋章の上に着いた途端、消えた) -- 塩巻 漣
  •  …っと、俺は何を考えているんだ。とりあえずは地獄にいる奴らを救出せねば。 -- ヴィノル
  • レシラム「行くか...」
    ライチュウ「はい!」(紋章の上へ乗る) -- ヨッシー一家
  • 『急成長』の霊「いっきまーす!(紋章の上へ)」
    フライヤ「…(先程からヴィノルの様子がおかしい。何があったというのじゃ…?)」 -- 霊と竜騎士
  • レシラム「...!」
    ライチュウ「うわぁー!」(その場から消える) -- ヨッシー一家
  •  …(何も言わずに紋章の上へ。そして消える) -- ヴィノル