キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.27(後編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • レベル継続のため、再び私です。
    ・禍々しき地獄へ突入。
    ・悪霊でもあり閻魔でもある黒幕。ブルメシアの民の記憶を塗り替えるとは姑息なものです。
    ・見張り番はやる気があるのかないのか…。
    ・メザリバが最後の最後で改心?しかし、【死刑判決】により…。
    どうか、無事に帰ってきて下さい…! -- あらすじ:ベアトリクス
  • (白銀トランス)…私達は絶望をも照らす光となる。 -- フライヤ
  • 戯言を。 …こちらへ来い(『急成長』の霊を引き寄せる) -- 閻魔
  • 『急成長』! -- Fレシラム
  • 閻魔(???)「汝は私に協力してもらうぞ…(怪物形態から女性形態へ)」
    『急成長』の霊「嫌だ…助けて…!」 -- 閻魔と霊
  • そうはさせるか!(閻魔に向けてホーリーブレス) -- フライヤ
  • やめろ...!(閻魔へ竜の波動) -- Fレシラム
  • 同じことを何回繰り返す?私に抵抗しようとも、攻撃は通らぬ(ダメージ0) -- 閻魔
  •  …閻魔は絶大な魔力を持つ。しかし、傷を与える方法は少ないが、ある。 -- ヴィノル
  • 何故だ...!何故攻撃が効かない!? -- Fレシラム
  • ライチュウ「方法...ですか?」
    プクリン「レシラム達はそんな化け物相手にしてるの?」 -- ポケ組
  •  …先程亡くなったあいつの心を解放すれば…。 -- ヴィノル
  • 何か困り事か?通信機ならあるぞ。 -- 見張り番(?)
  • 私は閻魔でもあり、最強の悪霊でもある。そう簡単にやられはせぬ。 -- 閻魔
  • ライチュウ「そういえば...一つの生命反応が消えたと...。」
    プクリン「それって誰?」 -- ポケ組
  •  …言い辛いが、メザリバ。 -- ヴィノル
  •  …なんだろう…アレ(紫色の何かを見て) -- 『急成長』の霊
  • ライチュウ「...!!」
    プクリン「あの小僧が...死んだ!?一体何で...」 -- ポケ組
  • 貴様...ふざけるなよ...!(閻魔へクロスフレイムを放つ) -- Fレシラム
  • 悪霊:竪乃暗乱琴、この世に絶望を与える者也(ダメージは相変わらず0) -- のんきに自己紹介をする閻魔
  • 別に貴様の名前など聞いておらぬがな(…動けない) -- フライヤ
  • 絶望を与えるだと...?
    我はレシラム...真実を追い求め、この世に希望を与える者だ!(対抗すんな) -- Fレシラム
  •  …夢を見るのも程々にな。連れの者が足手まといになっているというのに。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  •  …絶望的状況に追い込まれたレシラムに助言をした後、閻魔の【死刑判決】により、死んだ。 -- ヴィノル
  • ...(やはりフライヤはさっきの傷が響いてるか...!) -- Fレシラム
  • ライチュウ「そんな...!」
    プクリン「あの小僧...最後の最後で...!」(涙が...) -- ポケ組
  •  …傷なら治っておるが…(白銀トランスでHPは全回復している) -- フライヤ
  • え?そうだったか...←白銀トランスをあまり知らなかった -- Fレシラム
  • 疲労度は回復せぬ物よ。汝はそのまま闇に堕ちるがよい…(怪しげな詠唱を始める) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  •  …奴の肉体は確かに消えた。だが、心はまだ消えていない。 -- ヴィノル
  • ライチュウ「なるほど...その心を探せば!」
    プクリン「でも、どうやって?」 -- ポケ組
  • くっ...(攻撃は相変わらず効かない...!このままでは...何も変わらない...!) -- Fレシラム
  •  …………閻魔の部屋にある。 -- ヴィノル
  • 動けなくとも…技は放てる!(再び悪霊閻魔にホーリーブレス) -- フライヤ
  • ライチュウ「閻魔の部屋に...?」
    プクリン「じゃあ行きましょうよ!」
    ライチュウ「しかし...」 -- ポケ組
  • せめて...あの妙な詠唱だけでも止める...!(悪霊閻魔へクロスフレイム) -- Fレシラム
  • 温い(ダメージ0) 遊びは終わりだ。消え去るがよい(辺り一面に闇の光を降らせる) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  •  …(また黙り込んだ) -- ヴィノル
  • 閻魔の部屋に行くには反対側の道を行くしか方法がないぞ…。空間移動があればいいのだが。 -- 見張り番(?)
  • ライチュウ「空間移動...白ヨッシーさんがいれば良かったんですけど...」
    プクリン「白ヨッシーは別件で居ないしね...」 -- ポケ組
  • ぐぬぅ...!(炎のバリアを張るが...10000/35000) -- Fレシラム
  • (残りHP3000)消え去るのは…貴様の方じゃろ…! -- フライヤ
  • 閻魔様ー、これ何ですかー(紫色の何かを見てる) -- 『急成長』の霊
  •  …!一切触れるでない! -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ...?(何だ?あれは...) -- Fレシラム
  •  …(先程から何も言わず) -- ヴィノル
  • 愚か者!それに気付いたが最後、闇に葬り去ってくれるわ!(『急成長』の霊に消滅魔法) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  •  …!(消滅魔法に向けて槍を投げる) -- フライヤ
  • ライチュウ「ヴィノルさん...?」
    プクリン「今からあたい達も行こうよ!」 -- ポケ組
  • ...させんぞ!(消滅魔法へ蒼い炎を放つ) -- Fレシラム
  • 槍と青い炎に効果を発揮した。『急成長』の霊は消えていない。 -- 消滅魔法の行方
  •  ……(沈黙の時間が長くなっている) -- ヴィノル
  • 『急成長』!その紫色の奴に触れてみろ! -- Fレシラム
  • ライチュウ「ヴィノルさん!」
    プクリン「どうしたのかしら?」 -- ポケ組
  •  …そろそろ消えるのでは? -- 見張り番(?)
  • あ、はい…ひゃんっ!(悪霊閻魔に引き寄せられる) -- 『急成長』の霊
  • ライチュウ「消える..!?」
    プクリン「どーいう事よ!?」 -- ポケ組
  • 触れようという物なら、貴殿を私の体に宿す。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • 言っちゃっていいのか、これ。鬼火のヤロー…『閻魔が消えたら俺も消える』って言ってた。 -- ソリュート
  • 『急成長』!...なら我がッ!(紫色の奴の方へ向かう) -- Fレシラム
  • ライチュウ「ええっ!?」
    プクリン「それって...!」 -- ポケ組
  • 解放はさせぬ! 氷刃牢獄(Fレシラムに向けて大量の氷の刃を放つ) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • レシラムは…私が守る…!(Fレシラムをかばうようにして立ちはだかり、大量の氷の刃を受ける 残りHP1600) -- フライヤ
  • フライヤ...!ぬぉぉぉっ!(紫色の奴へ突っ込む) -- Fレシラム
  •  …【永遠の眠りにつく】と言う事だ。奴の望んでいる事ではあるようだけどよォー。 -- ソリュート
  • 小癪な…! 空間移動!(紫色の何かをどこかへ消し去る) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ちょ...ぬおっ!(壁に激突 9000/35000) -- Fレシラム
  • ライチュウ「...」(黙りこむ)
    プクリン「そんなの...あんまりよ...」 -- ポケ組
  •  …フフッ。愚かな奴(壁に激突したFレシラムを見て) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  •  …そんなこと、俺達が望むと思ってんの?あいつまで消えて欲しいなんて思ってねぇんだけど。 -- ソリュート
  • ライチュウ「何か方法はないんですか!?」
    プクリン「...」 -- ポケ組
  • くそ...いてて... -- Fレシラム
  • 乱琴「汝もあの世に送ってやろう…(大剣を取り出し、Fレシラムに攻撃をしようとするが…)」 \キィンッ/ -- 悪霊閻魔と…
  •  …残念ながらない。 -- 見張り番(?)
  • ライチュウ「くそっ!」(地面を叩く)
    プクリン「諦めろってこと..?」 -- ポケ組
  • むっ...? -- Fレシラム
  • これ以上…レシラムに手を出すな…!(悪霊閻魔の大剣を槍で必死に抑えている) -- フライヤ
  •  …【呪いの転生】の判決を下されたのは今の所3名。どいつもこいつも『死にたがって』いた。 -- 見張り番(?)
  • フライヤ...!くそっ!これでも喰らえッ!流星群!
    (腕を振り上げるとレシラムの頭上から閻魔へ流星群が降り注ぐ) -- Fレシラム
  • ライチュウ「...」
    プクリン「そうなの...?」 -- ポケ組
  • 鬼火、木霊、月妖…3人共…な。 -- 見張り番(?)
  • (ダメージ5)汝等の状況悪しき、なのに何故そこまで汝等は戦える!?(フライヤを槍ごと突き飛ばす) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ライチュウ「ならこれが...ヴィノルさん達の望んでいた結末...?」
    プクリン「...!」 -- ポケ組
  • 希望の光が見えるからだ...。貴様には永遠に分からんだろうな...! -- Fレシラム
  • ぐうぅ…(壁に叩きつけられ、残りHP320) -- フライヤェ…
  •  …俺だったらその3人のバカ共に喝を入れたい所だぜ。 -- ソリュート
  • ライチュウ「ソリュートさん...」
    プクリン「ふざけんじゃないわよ...!死にたがるなんて...!」 -- ポケ組
  • そのようなこと、知る必要もなかろう。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ソリュート「んで、鬼火は分かったけど、あと二人のバカはどこだ?」
    見張り番「…………(長い沈黙)」 -- 王子と見張り番(?)
  • ふん...だろうな。 -- Fレシラム
  • そもそも、希望の光等全て絶望の闇也。汝等も、いずれ闇に堕ちるであろう…。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • 闇に堕ちるだと...?戯言を...(しかし...状況は変わらず我らの劣勢...どうする!?) -- Fレシラム
  • ライチュウ「見張り番さん?」
    プクリン「少しは生きようとしないの...?」 -- ポケ組
  • ソリュート「お~い~答えろよてめェー(見張り番を揺さぶってる)」
    見張り番「……」 -- 王子と見張り番(?)
  • ライチュウ「ちょっ、ソリュートさん...!」
    プクリン「...?」 -- ポケ組
  • ソリュート「一言言えやゴルァ」
    見張り番「……実は俺がその一人、月妖・リジュラ…」 -- 王子と見張り番(?)
  • フライヤ「黙って聞いておれば先程から絶望だの闇だのうるさい奴じゃ…」
    『急成長』の霊「…(心配そうにフライヤの周辺をうろうろ)」 -- 聖竜騎士と霊
  • ライチュウ「え...そうだったんですか!?」
    プクリン「...」 -- ポケ組
  • ソリュート「なら、言ってやる。生きようとしろよバーカ」
    リジュラ「…今まで黙っていてすまなかった」 -- 王子と月妖
  • 汝等の顔も見飽きた。これより判決を下そう…。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ライチュウ「貴方は...」
    プクリン「そうよ!せっかくの命、無駄にしないで!」 -- ポケ組
  • ...(ヨッシー...バハムート...!我は...!) -- Fレシラム
  •  …汝等に【死刑】を言い渡す。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • 死刑になるのは…貴様の方じゃ…ッ!(力を振り絞って悪霊閻魔に聖桜狂咲乱舞) -- フライヤ
  • リジュラ「…そうだな…永遠の命は辛い物ではある、しかし…」
    ソリュート「あとよー、木霊とか言うバカどこに居んの?」 -- 月妖と王子
  • 閻魔...ッ!(閻魔へ今までで最大級の強化蒼い炎を放つ) -- Fレシラム
  • プクリン「そうね...後はそいつを探すだけ...」
    ライチュウ「...(レシラムさん達の力が弱まっている...!?)」 -- ポケ組
  • (ダメージ30)哀れな者共よ!汝等の体力がなくなり次第、永遠の眠りにつくであろう! -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • (残りHP49)せめて…少しだけでも…!竜技・レーゼの風!(翡翠色の風を放ち自分とFレシラムにリジェネ(徐々にHP回復)の効果を与える) -- フライヤ
  • リジュラ「…木霊の女妖怪なら囚われの者達の中に混ざっている」
    ソリュート「サンキュー。 …ライチュウ、どしたの?」 -- 月妖と王子
  • ぐぅ...っ...(5500/35000)死んで...たまるか...! -- Fレシラム
  • プクリン「そう?なら後で探すとして...ライチュウ様?」
    ライチュウ「...レシラムさん達の力が急激に弱まっています!このままでは...!」 -- ポケ組
  • 死期が近いというのに悪足掻きをするか。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • リジュラ「…閻魔の【死刑判決】だ」
    ソリュート「ぅえ!? 死刑!? って奴らの力が弱まってるとか相当やべぇじゃん!?」 -- 月妖と王子
  • 諦めの...悪いところが...我らなんでな...!(3100/35000) -- Fレシラム
  • ライチュウ「やはり...!」
    プクリン「死刑!?レシラム達、危ないじゃん!」 -- ポケ組
  •  …死刑とはいえ、死体は残してやる。見飽きたというのは冗談だ。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • (残りHP26)ならば何故…メザリバを消した…ッ!? -- フライヤ
  • ...(1600/35000) -- Fレシラム
  • 汝等に力があることは認めよう。ただし今の汝等では物足りぬ。出直してくると良い…。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • リジュラ「…よくは分からないが、死刑にも二つある」
    ソリュート「どゆ事?」
    リジュラ「存在自体を消される死刑と、死体は残る死刑がある」 -- 月妖と王子
  • プクリン「むむー...あたいにはよく分からないわ!」
    ライチュウ「...」 -- ポケ組
  • リジュラ「…あまり嬉しくはないが、あいつらは閻魔に気に入られたんだろう」
    ソリュート「もーちょい分かりやすく説明してくれー」←というか聞いてない -- 月妖と王子
  • ライチュウ「...レシラムさん達がですか?」
    プクリン「気に入られた?ちっとも嬉しくないわね!」 -- ポケ組
  •  …死体は残しておく。復活を望むのなら誰かに頼むといい…次会う時は強くなっている事を願おう…。
    現世帰還(フライヤとレシラムを地獄から元の世界へ戻す) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • リジュラ「…実力を認められたからだ」
    ソリュート「…?」 -- 月妖と王子
  • ライチュウ「なるほど...レシラムさん達の実力はそこまで上がっていたんですね。」
    プクリン「でも...それでも閻魔を倒すにはまだ力不足だというの!?」 -- ポケ組
  • リジュラ「…あの悪霊は恐ろしく強い力を持つ。例え、究極の力を持ってしても討伐は難しいと聞く」
    ソリュート「…おい、嘘だろ!? あいつらの反応が消えた!」 -- 月妖と王子
  • ヅタソ「おーい、起きろー」
    フライヤ「…(トランス解除 HP0)」 -- レインスルフ:地下牢獄にて
  • ...(0/35000 炎の鎧が消える) -- Fレシラム→レシラム
  • プクリン「嘘ッ!?」
    ライチュウ「レシラムさん...フライヤさん...!」 -- ポケ組
  •  …そっちも起きろー(レシラムを揺さぶってみるが…) 反応なし…か。 -- レインスルフ地下牢獄のヘタレ盗賊
  •  …フッフッフッ。久々の持て成しであった。さて、先程の奴らの裁判を行うとするか…(閻魔の部屋から消滅) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ライチュウ「...って事は閻魔が戻ってきちゃいますよ!早く逃げないと!」
    プクリン「そうよね...レシラム達がやられちゃったんだから...」 -- ポケ組
  • リジュラ「…元の世界に戻されたのだろう …近々閻魔が戻ってくる」
    ソリュート「忘れてた☆ 捕らわれてる奴全員助けるぞゴルァ!」 -- 月妖と王子
  • ライチュウ「急ぎましょう!」
    プクリン「レシラム達でも敵わない相手...あたい達じゃ瞬殺よ...」 -- ポケ組
  • リジュラ「捕らわれの者は全部で150名程度…全員は到底無理だ」
    ソリュート「だーれが無理じゃゴルァ!!! 悪戯幽霊出てこいやーッ!!!」 -- 月妖と王子
  • (突如出現)…それってボクの事? -- 『急成長』の霊
  • ライチュウ「『急成長』の霊さん!?」
    プクリン「いきなり出て来ないでよ!...心臓止まりそうだったわ...」 -- ポケ組
  • 『急成長』の霊「…ごめんなさい」
    ソリュート「こいつを利用すりゃぁ150人なんてちょろいもんだろ」 -- 霊と王子
  • プクリン「...いいわ。あたいも言い過ぎた。」
    ライチュウ「確かにそうですけど...」 -- ポケ組
  • ですが、お兄様他人を利用するのは…。捕らわれの者達にも話をして出口に急いでもらっています…。 -- 塩巻 漣
  • 皆、急ぐわよ!早くしないとまたあの閻魔に縛られるわよッ! -- 率先リーリィ
  •  …裁判室に人がおらぬではないか!? -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ライチュウ「私達も急ぎましょう...!」
    プクリン「逆にあたい達が捕まっちゃ元も子もないからね!」 -- ヨッシー一家
  • ソリュート「…ちぇー」
    『急成長』の霊「そんなことしたらいろいろと危ないでしょ…(ソリュートに対し)」 -- 王子と霊
  •  …早くしなさいよそこで寝てる奴!もう全員出口に行ったわよ! -- 率先リーリィ
  • ライチュウ「あんなに大きくなったら閻魔にバレますよ...」
    プクリン「そうよね...」 -- ポケ組
  •  …寝てる奴? 木霊か。 -- 月妖・リジュラ
  • 全く、緊張感がないわね(木霊妖怪にファイア) -- 率先リーリィ
  • 俺の考えが浅はか過ぎた。すまん。 -- ソリュート
  • ライチュウ「いえいえ...(正直私も少し考えましたし)」
    プクリン「あいつ(木霊)...本当に凄いわね...こんな状況で寝れるなんて」 -- ポケ組
  • ふぁいっ!?な、何!?(200/600) -- 木霊妖怪
  •  …体力低ッ! …ほら、あんたも逃げるわよ! -- リーリィ
  • ライチュウ「...(まさかピチューより体力が低い方がいるとは...)」
    プクリン「さ、皆急いで!」 -- ポケ組
  • 何がなんだかよく分からないけど…逃げればいいのね?(出口に向かう) -- 木霊妖怪
  •  …(すごいな、150名程度いた囚われの者が全て出口へ…) -- 月妖・リジュラ
  • /月妖!汝、何をした!?\ -- 裁判室の閻魔
  • ライチュウ「さぁ、私達も逃げましょう!」
    プクリン「ええ...」 -- ポケ組
  • 行くわよ!(出口に向けて走り出す) -- リーリィ
  • ソリュート「俺達も逃げるぜェー(出口に向けて飛んでいく)」
    『急成長』の霊「はいっ!(同上)」
    漣「待って下さいよ~(ソリュート達に少し遅れてついていっている)」 -- 王子二人と霊
  • ライチュウ「むんっ!」(出口へ走りだす)
    プクリン「急げェー!」(同じく) -- ポケ組
  •  …閻魔は俺が食い止める。急げ! -- 月妖・リジュラ
  • 出口よぉ~っ!(光の見える扉に入る) -- リーリィ
  • ライチュウ「...」(扉へ飛び込む)
    プクリン「無事を祈ってる...!」(同じく) -- ポケ組
  • ソリュート「待てやコラー(扉に飛び込む)」
    『急成長』の霊「待って下さいよぉ~(ソリュートの後を追うように入る)」
    木霊妖怪「これに飛び込めばいいんだっけ?(入る)」
    漣「間に合った~(同上)」 -- 王子二人と霊と木霊妖怪
  • 乱琴「月妖よ、汝見張り番でありながら全ての者を逃がしたそうだな?」
    リジュラ「…あぁ」
    乱琴「愚か者。汝には私を裏切った罰として【呪いの転生】を解除し、【死刑】を言い渡す。それも、存在をも消すな…」 -- 閻魔と月妖
  • (レインスルフ:地下牢獄に到着)ゼェゼェ…帰って来たわ~…。 -- リーリィ
  • ライチュウ「はぁ...はぁ...無事に戻れましたか...」
    プクリン「...(あいつ...無事だといいけど...)」 -- ポケ組
  • \何で返事してくれないんだーッ!/ -- 地下牢獄で叫ぶな。
  • リジュラ「…閻魔も案外単純だな。気に入らない者には即【死刑】 …俺には存在消滅と言う物が効かない」
    乱琴「な…んだと…!?」 -- 月妖と閻魔
  • ライチュウ「そういえば、レシラムさんとフライヤさんは!?」
    プクリン「元の世界に戻されてるってことは...ここにいるはず...!」 -- ポケ組
  • ソリュート「…さっきからサルの叫び声がするんだが」
    漣「なんすかそれ」
    木霊妖怪「…てか、ここどこよ?」
    『急成長』の霊「…レインスルフの地下牢獄だよ…」 -- 王子二名と霊達
  • ライチュウ「レシラムさーん!フライヤさーん!」
    プクリン「何処に居るのー?」 -- ポケ組
  • お帰り…。あいつらなら地上に運んだぞ…。 -- 地下牢獄サル
  • ライチュウ「あ、ジタンさん。(名前は相変わらずみたいですが...)」
    プクリン「地上に?」 -- ポケ組
  •  …あぁ。地下牢獄はあまり空気が良くない。早く地上に来いよ…(地上に向かうが、表情が暗い) -- 地下牢獄そザル
  • ソリュート「…変なの」
    漣「…ケホッケホッ(せき込んだ) …そうですね、地上に行きましょう」 -- 王子二名
  • ライチュウ「はい...(ジタンさん..どうしたんでしょうか?)」(地上へ向かう)
    プクリン「そうね...長居はしたくないわ。」(地上へ) -- ポケ組
  • ソリュート「まぁいいや、行くぜー(地上へ)」
    漣「待って下さいよー(何時もソリュートに遅れてついていっている)」
    木霊妖怪「地上? …なんだか楽しそうね(興味本位で地上へ)」 -- 王子二名と木霊妖怪
  • ちょwww置いてかないでwww(気絶してるテリーを引きずって地上に向かう) -- リーリィ
  • ライチュウ「...(地上に出てきた)」
    プクリン「ちょっと...これ...!」 -- ポケ組
  •  …見ての通りだ。何を問いかけても全く返事をしてくれない。 -- サルェ…。
  • プクリン「レシラム!起きなさいよ...!」(レシラムを叩く)
    レシラム「...」
    ライチュウ「そんな...!」
    \レシラーム!/ -- ポケ組と...?
  •  …くそっ!(悔しそうに地面を蹴る) …誰だ?(遠くから聞こえる声に対し) -- 地面を蹴るサル
  • ライチュウ「誰ですか!?」
    ゼクロム「俺だ、ゼクロムだよ!」(飛んでくる)
    プクリン「ゑ!?何であんたが!?」 -- ヨッシー一家
  • 木霊妖怪「…何か面倒なのが来たわね」
    漣「ちょ、初対面の人に対して失礼です!」
    ソリュート「しらねー」 -- 木霊妖怪と王子二名
  • ライチュウ「何で来たんですか。」
    ゼクロム「レシラムの気を僅かに感じたから来てみたが。こいつら…情けない姿になりやがって...。」
    プクリン「ゼクロム!あんたねぇ...」 -- ヨッシー一家
  •  …オレだってわかんねぇよ! …あいつの手首からブレスレットが消えてる。 -- うるさいサル
  • ライチュウ「本当です…」
    ゼクロム「レシラム!寝てるんじゃねぇぞ!」(レシラムへ電気ショック)
    レシラム「…」
    ゼクロム「ちっ。こいつら…本当に?」
    プクリン「…」(地面を叩く) -- ヨッシー一家
  • ソリュート「誰か蘇生魔法持ってる奴いねぇの?」
    漣「…(全く、お兄様は口が悪いなぁ…)」 -- 王子二名
  • ライチュウ「ふっかつのタネは今ありませんし…」
    プクリン「あたい達は蘇生魔法なんて使えないわ…」
    ゼクロム「レシラム…」 -- ヨッシー一家
  • (通信中)…話がある。すぐにレインスルフに戻ってきてくれ。 -- 提案サル
  • ゼクロム「一体何があった?」
    ライチュウ「実は…」(説明中)
    ゼクロム「なるほど。そんなに強いのか…」
    プクリン「…(誰と話してるのかしら…)」 -- ヨッシー一家
  • ジタン達ー!一体どうしたって言うのよー!?(遠くから声が聞こえる) -- 戻ってきた…?
  • エーコ、早く! -- 呼び出しザル
  • ライチュウ「エーコさん!」
    プクリン「…?」 -- ヨッシー一家
  • 何も出来ないサル「…エーコは蘇生魔法を扱う事も出来る」
    エーコ「んもーっ…レシラムにフライヤ何やってんのよ…(汗)」 -- サルと幼女
  • ライチュウ「おお...!」
    プクリン「それは助かるわ!」
    ゼクロム「…」(何かを考えている) -- ヨッシー一家
  • ここはエーコに任せて。いくわよ、白魔法・アレイズ!(フライヤにかけるが…) -- エーコ
  •  …変だな、全く効いてないみたいだ…。 -- 見てるだけのサル
  • ライチュウ「ええっ?」
    プクリン「そんな!?」
    ゼクロム「…」 -- ヨッシー一家
  • し、失敗しただけよ!白魔法・アレイズ!(今度はレシラムにかけるが…) -- エーコ
  •  …また反応なしか…。 -- 閲覧状態ザル
  • レシラム「…」
    ライチュウ「これは...」
    プクリン「起きないわね…」
    ゼクロム「(奴を...呼ぶしか無いのか...)」 -- ヨッシー一家
  • い…一体どうなってんのよーっ!? -- エーコ
  • ライチュウ「蘇生魔法でも復活しないなんて...」
    プクリン「どうしろってのよ!」
    ゼクロム「ううむ...」 -- ヨッシー一家
  • じゃあこれならどうなの!?フェニックス召喚!(『転生の炎』でサルに炎攻撃wそれに加え、二人を復活させようとする) -- エーコ
  • 何で攻撃対象オレなの!?(残りHP4520) -- とばっちりサル
  • ライチュウ「ジタンさん...(汗)」
    プクリン「二人は!?」
    ゼクロム「...」 -- ヨッシー一家
  •  …なんとなく☆(舌出さんでよし) …ん?二人が微妙に動いた気がする。 -- エーコ
  •  …何か腹立つ(エーコのしぐさを見て) -- とばっちりサル
  • ライチュウ「レシラムさん!」
    プクリン「起きてよっ!」
    レシラム「...。」(少し腕が動く)
    ゼクロム「(レシラムが起きたら話してみるか...)」 -- ヨッシー一家
  • えへへーw …コラー、起きなさいよー(フライヤげしげし) -- エーコ
  •  …久々にムカつくエーコを見た…。 フライヤの方は…少し尻尾が動いたな。 -- 幼女にいら立つサル
  • ライチュウ「レシラムさん...」
    プクリン「起きてー!(レシラムをまた叩く)」
    レシラム「...」(また少し動いた)
    ゼクロム「そうと決まったら何としてでもレシラムを起こさなければな!」 -- ヨッシー一家
  •  …持ちあげればおき…重ッ!(フライヤを持とうとしたが、重くて持てませんでした) -- エーコ
  •  …騎士だから仕方ないな(キリッ) (と言うかお前は見てないで手伝え) -- 何故かキリッとしてるサル
  • ライチュウ「そうだ。レシラムさんの苦手なもの...」
    プクリン「そんなのあるの?」
    ゼクロム「...(吉川ちなつ...)」 -- ヨッシー一家
  •  …これで起きてくれないかしらね(懐からチーズw) -- エーコ
  • へ?レシラムに苦手なものがあるのか? -- 疑問符サル
  • ライチュウ「あ、はい。確か...ちなつさんが相当苦手ですね。」
    プクリン「そうなの?」
    ゼクロム「前にそいつがいただけで相当ビビってた。きっと名前を出せば驚いて飛び起きるはずだぜ。」 -- ヨッシー一家
  • え゛、ちなつちゃん!? …確かに、恐ろしいと聞いたけど可愛いじゃん。 -- 驚愕サル
  • エーコ「早くしないとこのチーズ食べるわよ~?」
    フライヤ「…の…(?)」 -- 幼女と…
  • ライチュウ「...レシラムさんには恐ろしい存在なのでしょうね。」
    プクリン「...あー!ちなつちゃん!」
    レシラム「...!」
    ゼクロム「お?」 -- ヨッシー一家
  •  …(でも、なんか罪悪感感じる(汗)) -- 罪悪感ザル
  • フライヤ「私のチーズゥゥゥ!!!(エーコに飛びかかるが、回避されて地面にダイヴ 残りHP3575(HPの約半分を回復している))」
    エーコ「残念でしたー♪(パクッ)」 -- 幼女と…
  • レシラム「ぐぉぉぉぉっ!?(12500/35000)」(飛び上がる)
    ライチュウ「レシラムさぁん...!」
    プクリン「良かったぁ...!」
    ゼクロム「ふん...」
    レシラム「お前等...どうしてここに...」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「エーコはジタンに呼ばれてきただけよー?」
    フライヤ「…!?」 -- 幼女と間抜けな竜騎士
  • レシラム「それに...ここは...レインスルフ?」
    ライチュウ「はい...」
    レシラム「やはり負けたのか...くそっ!」(地面を殴る)
    ゼクロム「...(相当悔しいみたいだな。)」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「ない! 私のつけてたブレスレットがない!?」←違う事気にしてる
    エーコ「寝起き早々うるさいわよ~…」 -- うるさい竜騎士と幼女
  • レシラム「フライヤ...お前のブレスレットは閻魔のやつに...消された。」
    ゼクロム「...」(考え中) -- ヨッシー一家
  • 何じゃと…!? …閻魔め…断じて許さぬ…(尻尾が立っている。怒っているようだ) -- フライヤ
  • レシラム「ああ...我も奴だけは許すわけにはいかん...!」
    ゼクロム「それで...レシラム。お前に話がある。」
    レシラム「え?どういう事だ?」 -- ヨッシー一家
  •  …閻魔?なぁにそれぇ? -- エーコ
  • ライチュウ「閻魔は地獄に居た...」(エーコに説明中)
    プクリン「...」 -- ヨッシー一家
  •  …聞いただけでムカツクのだわ! そいつ、エーコがぶっ飛ばす!(コラ) -- エーコ
  • ライチュウ「しかし...フライヤさんやレシラムさんがどうしようもなかった相手です...」
    プクリン「相当強いみたいよ...」 -- ヨッシー一家
  • エーコ「今すぐ地獄に行かせて! そいつにホーリーを(ry」
    フライヤ「エーコ、落ちつかぬか!(暴れるエーコを抑える)」 -- 幼女と竜騎士
  • ライチュウ「エーコさん、無茶です!」
    プクリン「死ににいくようなものよ...」


    ゼクロム「レシラム、俺と融合しろ。そうすればさらに強く...」
    レシラム「...」
    ゼクロム「やっぱり駄目か?」
    レシラム「当たり前だ...強くなるどころか弱体化するぞ。」 -- ポケ組と密談中の白黒竜
  • エーコ「むぅ~…」
    Zibane「何か対策を考えないとな…」 -- 幼女と盗賊
  • ライチュウ「どうすれば...」
    プクリン「うぅ~...」
    レシラム「お前...まさかそんな冗談を言いに来ただけじゃ無いだろうな?」
    ゼクロム「ああ...ちゃんとした提案はある。」
    レシラム「何だ?」 -- ヨッシー一家
  • 取り込み中の所悪いんだけどさー、あの悪霊については良くない噂ばっかり聞いてるわよ。 -- 木霊妖怪
  • プクリン「ゑ?」
    ライチュウ「あ、木霊さん。」


    ゼクロム「あいつの力をかr」
    レシラム「駄目だ!あいつだけは!」 -- ヨッシー一家
  • ここは地獄じゃないから話してあげる。
    …あの悪霊、生死にかかわらず他人の心の一部を抜き取って自分の力にしているという噂があるわ。 -- 木霊妖怪
  • プクリン「うええ...」
    ライチュウ「なんという事...」
    レシラム「人の心を...?」
    ゼクロム「おい!折角来てやったのに...」 -- ヨッシー一家
  •  …そうよ。 悪霊閻魔と戦ったという君達も見たでしょ…紫色の怪しげな柱を(レシラムとフライヤに問う) -- 木霊妖怪
  • レシラム「ああ...」
    ライチュウ「...?」
    ゼクロム「いいさいいさ!もう連れてくるからな!」(退場)
    プクリン「結局あいつ、何しに来たのよ...」 -- ヨッシー一家
  • 木霊妖怪「…アレの中に数千人の心の一部が閉じ込められている」
    フライヤ「…閻魔が『それには一切触れるな』と言っておったが?」 -- 木霊妖怪と竜騎士
  • レシラム「確かに触れるなと言っていたな。我が触れようとしたら何処かへ飛ばしたしな」
    ライチュウ「数千ですか...」
    プクリン「かなり多いわね...」 -- ヨッシー一家
  • 幸い、君達は奪われていなさそうだからよかったけれども…。
    …ただでさえ強い力を持っているくせに、他人の心を利用して力をより増幅させていると聞いたわ。 -- 木霊妖怪
  • ライチュウ「なんて奴...!」
    プクリン「まさに外道ね...」
    レシラム「なるほど...つまりその心を解放すれば...!」 -- ヨッシー一家
  •  …それが簡単には上手く行かないのよね。一部の心は悪霊閻魔が喰らってると霊ちゃん達が言ってる。 -- 木霊妖怪
  • レシラム「そうか...」
    ライチュウ「簡単に行ったら苦労しませんものね...」
    プクリン「(ゼクロム...何処行ったんだろ)」 -- ヨッシー一家
  •  …まぁ、地獄でリジュラ兄さんがあいつの力をわずかながら抑えてくれたから、しばらくは行動起こしそうにないけど。 -- 木霊妖怪
  • レシラム「リジュラ?」
    ライチュウ「ああ...私達がお世話になった方です。その方のお陰で皆さんを救出できたんです。」
    プクリン「そうそう。...あいつ意外とやるわね。」 -- ヨッシー一家
  • リジュラ兄さんは月妖…月の妖怪。力はヴィノル兄さんより高いわ。 …かっこいい(ボソッ)
    あと、一つ言っとくけど…しばらくは悪霊閻魔の事は忘れて気楽に過ごしなさい。 …久々に良く話したわ、眠くなってきた。 -- 木霊妖怪
  •  …(『忘れて』という言葉に反応。俯いている) -- フライヤ
  • レシラム「...。」(拳を握りしめて俯く)
    ライチュウ「そうですね...」
    ゼクロム「よっと...」(また来た)
    プクリン「ちょ...アンタ何処行ってたの?」 -- ヨッシー一家
  • と言うわけでアタシは寝るわ。んじゃねー(眠りにつく) -- 木霊妖怪
  • ライチュウ「あ、お休みなさい。」
    ゼクロム「ああ...ちょっと俺らの知り合い的な奴を連れてきたんだ。」
    レシラム「なっ、ゼクロム!お前...ッ!」
    ゼクロム「俺を無視したお返しだ!」
    プクリン「背中に居るのがそうなの?寝てるみたいだけど。」 -- ヨッシー一家