キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今回のあらすじは俺にやらせろォー。
    ・地獄編の続き。
    ・閻魔との戦い…しかし、あいつらは…。
    ・元の世界にて木霊妖怪のヤローから伝えられた閻魔の謎。
    ・最後、ゼクラムとか言う奴が誰かをつれてきたみたいだぞ?
    死にたいと思っている奴は表に出ろ。俺が喝を入れてやらぁー。 -- あらすじ:ソリュート
  •  …お兄様、一ヶ所誤字があります。 -- 塩巻 漣
  • ゼクロム「ゼクラムじゃねー!ゼクロムだ!」←
    ?????「zzz...」(ゼクロムの背中で寝てる)
    レシラム「ゼクロム...お前な...!」
    ライチュウ「まぁまぁ...」 -- ヨッシー一家
  • Zidani「…あいつ本当に王子なのか?(ソリュートのあらすじを見て)」
    エーコ「初めて見るのだわー…(ゼクロムが背中に乗せている何かを見て)」
    フライヤ「…(先程から全く動かず)」 -- 盗賊と幼女と凹竜騎士
  • ゼクロム「おい!そろそろ起きろー」(背中を揺らす)
    ?????「ん...?ここ何処?」(起きた)
    レシラム「...」
    ライチュウ「起きましたね。」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…(ジャンプしてその場から離れる)」
    Damene「…どうしちゃったんだアイツ?」
    エーコ「ここはレインスルフというね(説明が長いので省略)」 -- 凹竜騎士と盗賊と幼女
  • ?????「ふーん...ゼクロム。お前、オイラを何処まで連れてきたの?」
    ゼクロム「ビクティニ...お前、人の話を聞いてたか?」
    ライチュウ「ビクティニ...!?」
    レシラム「フライヤ...」(ジャンプしたフライヤを見てる) -- ヨッシー一家
  • 快十「最近出張が多いみたいだな」
    レミリア(Megamari)「ごめん、寝てたわ」
    タコ科学者「わしはそろそろ帰りますじゃ(退場)」
    アンゴル(ドラゴンボール)「我々も帰ることにしましたぁ!(全員退場)」 -- 快斗軍
  • エーコ「えぇ…(しかも出張メンバーがほぼ固定なのがなんかムカつくっ!)」←
    バカザル「またな~(タコ科学者とアンゴル(ドラゴンボール)を見送る)」 -- 幼女と盗賊
  • 快十「こっち…二人だけになったな」
    レミリア(Megamari)「パラガスでも呼んd(ry」
    快十「やめろ」 -- 快斗軍
  • うー☆うー☆のおっさん?(何故聞いてたし) -- うーうー盗賊
  • ビクティニ「だってさ、ゼクロムはレシラムんとこに行くとしか言わなかったじゃん」
    ゼクロム「確かにそうだが...」
    ビクティニ「ま...オイラも退屈だったからね。」
    レシラム「はぁ...」
    プクリン「知ってるの?ライチュウ様」
    ライチュウ「前に何かの本で見たような気がするんですが...思い出せません...」 -- ヨッシー一家
  • (ピクンッ)何かエーコ的にあまりよろしくないのが来そうなのだわ…。 -- エーコ
  • ライチュウ「よろしくない...?」
    プクリン「誰か来るみたいね?」 -- ヨッシー一家
  •  …おばさんとネズミの気配!(言い方が酷い) -- エーコ
  • まぁそうね。…実際うー☆うー☆は私のネタだけどね -- レミリア・スカーレット(Megamari)
  • ライチュウ「おばさんとネズミ...?」
    レシラム「誰だ...?」
    ビクティニ「...?」 -- ヨッシー一家
  • マジか…何故可愛い子のネタを採用したしあのおっさん(パラガスのこと)w -- 女誑しのサル
  • \フライヤー!/\焔のダンナはどこーっ!?/←登場早々これですか。 -- どこから聞こえているんだ。
  • レシラム「フライヤ!?」(反応すんな)
    ライチュウ「...!?」
    ビクティニ「何だか騒がしいな」
    プクリン「...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • うわぁ…最凶に面倒くさい二人がこの世界に…。エーコの嫌な予感はよく当たるのだわ~…。 -- エーコ
  • \どこに居るんだー!?/\早く会わせなさいよー!/ -- うるさいです。
  • レシラム「エーコ。知っているのか?」
    ライチュウ「面倒くさい...?」 -- ヨッシー一家
  •  …ネズミの方はそうでもないけど、おばさんの方はサラマンダーのストーカー。 -- エーコ
  • だ…誰がおばさんよ!(エーコにファイラ) -- おばさん扱いされてる女
  • だって現にあんたおばさんじゃない(酷い。残りHP4230) -- エーコ
  • ビクティニ「おばさんてwww」
    ゼクロム「おい...笑うな...」
    レシラム「ちょっと待て...フライヤを知っているネズミ?まさか...」
    ライチュウ「サラマンダーさんの...?」 -- ヨッシー一家
  • しかもストーカーじゃないわよ!私はラニ、『美の狩人』である19歳よ! -- おばさん扱いされてる女
  •  …(美人なんだけどなんかネーミングセンスが痛いんだよなこの女の子) -- 女誑し盗賊
  • ビクティニ「美の狩人?」(ニヤけながら言うな)
    ライチュウ「初めまして。私はライチュウと言います。」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  • ちょ、名前欄早速いじられてるんだけど!? …まぁいいわ。ライチュウね、よろしく。
    …それにあんた、にやけながら言うんじゃないわよ!(ビクティニに対し) -- 自称『美の狩人』のラニ
  • \フライヤの部屋に彼女がいない!/←何時の間にか入り込んでんなよ -- ネズミの方。
  • ビクティニ「ごめんごめんw」
    ゼクロム「こいつは...」
    ライチュウ「こちらこそ。よろしくお願いします」
    レシラム「...」(フライヤの部屋の方を見てる) -- ヨッシー一家
  • パラガスが変態だからよ(!?) -- レミリア・スカーレット(Megamari)
  • ちょwww変態だからってwww -- 誑し盗賊
  •  …フン、まぁいいわ。あのガキ(エーコ)とは違うみたいだし。 -- ラニ
  • (フライヤの部屋から出てきた)白き竜め…!(?) -- ネズミの方
  • レシラム「あいつは...まさか...!」(部屋から出てきたネズミを見て)
    ビクティニ「ありがとさんw」←
    ゼクロム「ん?誰だあいつ」
    ライチュウ「変態...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 私のフライヤをどこにやったァー!? -- ネズミの方…。
  • ごめんなさいぃ~!!!(屋敷から急に出てきたキキーモラにぶっ飛ばされて彡☆) -- エーコ
  • レシラム「貴様...フラットレイか!?」(ネズミへ)
    ビクティニ「何、あのネズミ。つーかフライヤって誰よ?」
    ゼクロム「...」
    ライチュウ「質問に答えてないです...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤっつーのは暴力的で厳しくて、話し方がババァっぽいネズミw← -- バカ盗賊
  • というか、そなたは一体何者なのだ!?(質問聞いてません) -- ネズミの方、質問に答えろ。
  • レシラム「はっ...我はレシラム!真実を求めし伝説のポケモンだ!」←ちょっと変えてる
    ビクティニ「へぇ...そういえばゼクロムが言ってたな。レシラムといい仲のネズミがいるって...」
    ゼクロム「そう。そのネズミってのがフライヤだ。 -- ヨッシー一家
  •  …ただの白竜にしか見えぬがな。 -- ネズミの方…
  • あんたはさっさと名前を言いなさいよ…(汗) …あー、焔のダンナはどこなのー。 -- ラニ
  • レシラム「そうか...貴様の目は節穴のようだな。」
    ビクティニ「白竜...確かにw」
    ゼクロム「じゃあ俺は黒竜だな。」
    ライチュウ「んな事言ってる場合ですか...」 -- ヨッシー一家
  •  …初めての場なのに騒がしくして申し訳ない。私はフラットレイ、ブルメシアの竜騎士だ…。 -- またレシラムスルー始まった。
  • もうなんなのこいつwwwレシラムスルーしてやるなよwww -- 突っ込む盗賊
  •  …(俺もしてるけどな… チッ、面倒な女がいる…) -- 物陰にいたサラマンダー
  • レシラム「こぁぁ...」(口から炎が漏れかけてる)
    ゼクロム「お、落ち着け...」
    ビクティニ「オイラはビクティニ!よろしくな!」
    ライチュウ「私はライチュウです。」
    プクリン「あたいはプクリンよ~」 -- ヨッシー一家
  •  …あぁ、よろしく。 …どうも私はフライヤの事になると熱くなってしまうようだ。 -- フラットレイ
  •  …確かに面倒くさいw -- 空気読めないサル
  • レシラム「がぁぁ...!」
    ゼクロム「落ち着けって!」
    ビクティニ「そうなのか?確かにさっきは凄かったけどな」
    ライチュウ「...(ついにレシラムさんのライバル登場ですか...)」
    プクリン「...(恋のねw)」 -- ヨッシー一家
  • フラットレイ「…先程からフライヤの姿がないが…」
    ラニ「焔のダンナの気配を感じるー!!!(物陰へ)」 -- うるさい二人。
  •  …もうこいつら元の世界に帰っていいよwww -- 突っ込むサル
  • ビクティニ「そのフライヤって奴ならどっかに飛んで行ったぞ?」←
    ライチュウ「あ...」
    レシラム「どうして我を無視するんだァァ!?」(ゼクロムへクロスフレイム)
    ゼクロム「ええーっ!何故!?(500/20000)」 -- ヨッシー一家
  • \久しぶりね、焔のダンナ/\…何故こっちの世界に来た/ -- 物陰から
  • そうか…ありがとう。ならば私は彼女を探してくるとしよう…(ジャンプして退場) -- フラットレイ
  • ビクティニ「いいって事よ!」
    レシラム「...」
    ゼクロム「ぐ...うっ...」
    ライチュウ「レシラムさん...」 -- ヨッシー一家
  •  …何かこの後ロクでもない展開が待っている気がするんだが。 -- 戸惑いサル
  • ビクティニ「ロクでもない展開?」
    ライチュウ「...(汗)」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  • ソリュート「そこのおばはんとイソギンチャクはそうでもねぇだろうけど(失礼すぎる)」
    漣「お兄様…(汗)」 -- 王子二人
  • ビクティニ「なんだろーな...」
    レシラム「...」(そのまま黙って飛び立つ)
    ライチュウ「あ゛」 -- ヨッシー一家
  • ソリュート「いわゆる…嫉妬乙www」
    漣「もうダメですねこのお兄様」 -- 王子二人
  • ライチュウ「行っちゃいましたね...」
    ビクティニ「何であんな怖い顔してたんだ?」
    ゼクロム「知らね...というか知りたくもない...」
    プクリン「嫉妬かぁ...w」 -- ヨッシー一家
  •  …知らない方がいいと思うぞ…(汗) -- バカザルヅタソ
  • \なら屋敷の中見てくるわよ/\そうしてくれ…(これで解放された…)/ -- 物陰から
  • ソリュート「恋っつーのはすぐにゃ実らねーよ。障害を乗り越えて実るもんだぜェー」
    漣「…恋愛に無縁なお兄様が言うと鬱陶しく思えます」 -- 王子二人
  • ビクティニ「そう?じゃあ知らないままでいいや。」
    ゼクロム「俺もそうする...」
    ライチュウ「と言うか、フライヤさんは一体何処へ行っちゃったんでしょうね?」
    プクリン「そうよねぇ...」(ソリュートへ) -- ヨッシー一家
  • ソリュート「ま、恋っちゅー物は難しい物ってこったぁ。あんたも無事実るといいな(プクリンに言ってる) …しらねー」
    漣「…お兄様…少し氷風呂につけますよ?」←!? -- 王子二人
  • ありがと。あたい頑張るから! -- プクリン
  • ソリュート「応援してるぜェー。 …塩好きヤロー、それだけはやめてくれ(氷弱点)」
    漣「嫌です。シェイレンデンに頼んで氷風呂作ってもらいます。その後罰として入ってもらいます」 -- 王子二人
  • (あの兄弟…弟の方も結構鬼畜だな…) …ランディアから連絡があった。 -- 空気になってはいないサル
  • ライチュウ「ランディアさんからですか?」
    ビクティニ「氷ならオイラが燃やしてやるぜー!」
    プクリン「はいはい...わろすわろす」
    ゼクロム「...言っておくが、ビクティニは俺やレシラムよりも強いぞ?」
    プクリン「え゛」 -- ヨッシー一家
  • ソリュート「…だったらてめェもはいろーぜ。同じ氷弱点だし」
    漣「…罰を受けるのはお兄様だけで結構です」← -- 王子二人
  •  …上空でフライヤを見たが、泣きながらどこかへ飛んでいった…だとよ。 -- 通信役のサル
  • ランディア「上空で...ですか...?それに泣いていたって...」
    プクリン「嘘...でしょ?」
    ゼクロム「本当だ。」
    ビクティニ「へへ~」 -- ヨッシー一家
  • シェイレンデン「(内部2Fから)…王子様方、本日の日課をサボったので氷風呂の刑だ」
    ソリュート「ゑ」
    漣「…\(^o^)/」 -- 王子二人と…
  • 確か…その後北の方角に~って言ってたかな…。 -- 通信役のサル
  • ライチュウ「北にですか...(一体何処へ...?)」
    ビクティニ「あらー...まあ頑張って。」(ソリュート達へ)
    プクリン「氷風呂...」
    ゼクロム「俺は耐えられねぇな...」 -- ヨッシー一家
  • ソリュート「そう言えば今日の日課である『本を1冊読む』をすっかり忘れてたぜ」
    漣「…僕は『部屋の掃除』を忘れました…うぅ」 ※二人ともしぶしぶ屋敷の中へ -- 王子二名
  • ビクティニ「頑張れー♪」
    ゼクロム「...(汗)」
    プクリン「冷たいわよね...きっと」 -- ヨッシー一家
  • \やめてくれぇぇぇ!!! マジで死にそうだから!(5/6100)/\冷たいですぅ!(70/7300)/
    シェイレンデン「…フッ。1時間耐えるがいい」←種族:氷竜 -- 王子二名の絶叫と黒い執事
  • ビクティニ「オイラなら一日耐えるのも訳ないぜw」
    ゼクロム「俺が入ったら一瞬で氷漬けだ...」
    ライチュウ「私も冷たいのは好きではありませんね。」
    プクリン「あたいも...」 -- ヨッシー一家
  • その頃、レインスルフの北にあるアヴィーニの町では…。 -- 北の様子
  •  …名未、失礼するぞ。
    …ネズミさん?あたしに用があるなんて珍しいわね…。 -- ちょっとした出来事。
  • ...(我は一体...どうしたというのだ...) -- 空飛ぶレシラム
  •  …すまぬが、アレをもう一度作ってくれぬか?
    …アレ? …もしかして、誕生日にあげた…? -- 名未に依頼。
  • ビクティニ「レシラムの奴ー...一体何処行っちまったんだ?」
    ゼクロム「知らね。その内帰ってくるだろ。」
    ライチュウ「それでいいんですか...」 -- ヨッシー一家
  • FF9の主人公(笑)「フライヤも帰って来ないけどほっとけ」


    …チーン(二人の王子は氷風呂によって召されました)
    シェイレンデン「…頭を冷やせ」 -- サルヤローと屋敷の中
  • ビクティニ「だな。気づいたら帰ってくるさ」
    ゼクロム「...(あいつばっかりカッコよくて嫉妬する)」←
    ライチュウ「どうも心配です...」 -- ヨッシー一家
  •  …でも、何故?
    …最悪の輩に…うぅ…(涙をこらえようとしているが、少し流れている) -- 名未宅にて。
  • いかんいかん...どうも地獄から帰ってきて疲れているようだ...
    ...ん?あそこは...街か? -- 空飛ぶレシラム
  •  …そう。それなら仕方ないわ。また作ってあげるから泣かないで…。
    …な、泣いて等おらぬわ…うぅ。 -- 名未宅にて
  • ...行ってみるか。何だか知ってる奴の雰囲気を感じる。(アヴィーニの街へ降りる) -- レシラム
  •  …ここはどこだ?(レインスルフから西の方角=ファルゼムwww) -- アホなネズミさん。
  •  …私は…もう不要な存在なのじゃろうか…。
    …い、いきなり何を言ってるのよ…(人形を作っている) -- 名未宅にて。
  • ビクティニ「そーいえば...オイラ達の家ってここなの?」
    ライチュウ「違いますよ。ヨースターエリアって場所が私達の家です。」
    プクリン「きっと気に入ると思うわ。」
    ゼクロム「...(俺はエリアの外れだがな)」 -- ヨッシー一家
  • こんな街があったとは...(アヴィーニの街を探索中) -- レシラム
  • ヨースターエリアにある家も立派だぜ。 …また機会があれば遊びに行こうと思ってる。 -- FF9の主人公(笑)
  • そんなことないわ。だって、あなたは命を大切にしている。それだけでも必要な存在よ。
    ……。 -- 名未宅にて。
  • ライチュウ「あ、ありがとうございます...(照)」
    プクリン「遊びに来るの?歓迎するわよ~」
    ビクティニ「ふ~ん...ま、楽しみにしとくわ。」 -- ヨッシー一家
  • こんな大きな図書館もあるのか...すごい街だな... -- 町観光中のレシラム
  • 実は…その…(ごにょごにょ)
    …!? -- 名未宅にて
  • ...今度あいつらを連れて来てやろうかなw
    こんないい所、見れないのは勿体無いしな。 -- 町観光中のレシラム
  • てか、オレの名前早く元に戻れよ…。 -- FF9の主人公(嘘)
  •  …戻るか(レインスルフの方角に向けて飛び立つ鳥ぃぃぃ!) -- ファルゼムのアホネズミ
  • ビクティニ「?」
    ライチュウ「まだ戻らないみたいですね...」
    プクリン「結構長い間なってるわよね。」 -- ヨッシー一家
  •  …Lv.23の途中からずっとこんな状態だ。いじってる奴表に出ろ。 -- FF9の主人公(?)
  • 私ですが何か?← -- ランディアC
  •  …確かに性格は悪そうな子だったけど、消えてしまわなくてもいいのに…。
    ……。 -- 名未宅にて
  • ライチュウ「今はLv28ですから...」
    プクリン「結構行ってるわね...」
    ビクティニ「すげぇな。名前をいじるなんて...」 -- ヨッシー一家
  • ヅタソ「…その前はサラマンダーの奴がいじられてたけどな」
    ランディアC「あなたはやられ役だから良いと思って…」← -- サルヤローとランディアC
  •  …(ランディアCの発言に少しイラッとしたらしい) -- ランディアA
  • はぁ...(ようやく分かり合えたと思ったのに...メザリバ...) -- 町観光中のレシラム
  • ビクティニ「やられ奴w」
    ゼクロム「...」
    ライチュウ「ランディアさん...(汗)」 -- ヨッシー一家
  •  …でも、そのことはあの子達に言わないであげて。
    …分かっておる…。 -- 名未宅にて。
  • C「だって、やられ役なら別にやっても きゃぴー(2100/6400)」
    A「いい加減元に戻してやれッ!」 -- ランディア達
  • ビクティニ「あれ?そっくりさん?」(ランディアAとCを見て)
    ライチュウ「あらら...」
    プクリン「名前...戻してあげたら?」 -- ヨッシー一家
  • (駄目だ...あの時の光景を思い出してしまう...!) -- 町観光中のレシラム
  • C「ごめんなさいリーダー、元に戻しますからもう燃やさないで下さいぃ!(92/6400)」
    A「全く…。 我等は全部で4体いる」 -- ランディア達
  • ひゃっほーい☆やっぱり元の名前が一番だよな! -- やっと元に戻ったジタン
  • ビクティニ「へぇ~4体もいるのか!」
    ライチュウ「合体もできるんですよね。」
    ビクティニ「すげぇ!」
    プクリン「名前が戻って良かったわね!」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「あぁ! これでもう何も怖くない!」←フラグ
    C「…ですが、今留守なのが1体いますので…あと、空気が1体います
    A「あいつ(B)は色々な所を飛びまわることが好きだから仕方ない」 -- 盗賊とランディア達
  • ジタンの上から何者かが急降下して来た! -- 頭上注意!
  • ビクティニ「おい!上ェ!」(ジタンへ)
    ライチュウ「...」 -- ヨッシー一家
  • (気にしてても仕方ないな)...レインスルフへ戻るか。(そのまま飛び立つ) -- 町観光中のレシラム
  • ジタン「…ゑ? ギャアァァァ!(刺さりました 残りHP400)
    フラットレイ「…すまない、どうやらフライヤの癖が移ったらしい」
    ジタン「後でフライヤと一緒に元の世界に帰れwww」 -- 頭上を見なかったサルは瀕死。
  •  …できたわ。これからはあなたの部屋に置いておくといいわ。
    …感謝する。 …では、私はこれにて…(外に出る) -- 名未宅にて。
  • ビクティニ「(ノ∀`)アチャー」
    ライチュウ「あ、フラットレイさん。」
    プクリン「帰ってきたのね...」
    ゼクロム「...」 -- ヨッシー一家
  • C「誰ですかこのネズミさん???」
    A「…フライヤの彼氏らしい」
    D「だ・れ・が!空・気・だ!」 -- ランディア達
  • ビクティニ「だいじょーぶか?」(ジタンへ)
    ライチュウ「大丈夫には見えませんね...」
    プクリン「そうね...」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「大丈夫じゃない…。全く…フライヤといいお前といい…」
    フラットレイ「…気に障ったのなら申し訳ない。お詫びだ(ジタンにエリクサー)」
    ジタン「…回復してくれるだけあいつよりマシだ☆(HP全回復)」 -- 盗賊ともう一人の竜騎士
  • ライチュウ「フラットレイさんって紳士的ですね。」
    ビクティニ「フライヤって奴もよく落ちてくるのか?」 -- ヨッシー一家
  • よく落ちるも何も、あいつオレの頭足場だと思ってんだもん! -- ジタン
  • (上空を飛びながら)…名未のおかげで気持ちが安らいだ…あとはこれを部屋に…ふふっ。 -- レインスルフに向かってる方のネズミ
  • ライチュウ「足場ですか...(汗)」
    レシラム「ただいま戻った。」(降りてくる)
    ビクティニ「おおっ、レシラム!お帰り。」
    ゼクロム「何処行ってた?」
    レシラム「ちょっと...気分転換にな。」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「なんでオレがこんな目に遭わなきゃいけないんだよーッ!」
    フラットレイ「…後でフライヤに注意しておく」 -- 盗賊ともう一人の竜騎士
  • ライチュウ「ジタンさんも大変ですね...」
    レシラム「...」
    ビクティニ「どうしたレシラム?そんなしかめっ面して。」 -- ヨッシー一家
  • サッ(誰かが3Fの部屋に窓から侵入) -- 窓から侵入
  • ふぅん…この屋敷も結構立派じゃない(将来はこういう所に住みたいわ…) -- 屋敷の中のラニ
  • レシラム「いや...何でも無い。」
    ビクティニ「あっそう...」
    ゼクロム「(絶対になにか考えてたろ...)」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「…あぁ、これだからオレは苦労人なんだ…はぁ」
    フラットレイ「!? 誰だッ!」← -- 盗賊ともう一人の竜騎士
  • ビクティニ「オイラも向こうでは大変だったぜ...なんせレシラムは突然消えるし、ゼクロムは変な奴らに何かされてたし...」
    ゼクロム「ゑ」
    ライチュウ「...(汗)」
    レシラム「何だ?」(フラットレイを見て) -- ヨッシー一家
  • さてと、外に出るとするか。 -- 3Fの…
  • 今出てきたら修羅場になるからやめろ!!! -- ジタン
  • A「変な奴ら?」
    C「私達の場合は元の世界では秘宝を守ることで精一杯でした」
    D「なんで俺の台詞に線引かれてんの!?」 -- ランディア達
  • レシラム「どうしたジタン...?」
    ゼクロム「ビクティニ...マジでか?」
    ビクティニ「ああ!よく覚えてないけどな...片方は何か研究者的な服を着てた。」 -- ヨッシー一家
  • /何をわけのわからぬ事を。別にいいじゃろ!\ \出てくんなってギャー!(残りHP900)/ -- また襲われる。
  • レシラム「フライヤの声!?」
    ライチュウ「ちょ...」
    プクリン「修羅場ってそういう事...」 -- ヨッシー一家
  • フラットレイ「こ…この声は…!?」
    C「…止めた方がいいですかね?」
    A「研究者的な奴?」
    D「…さぁ?」 -- もう一人の竜騎士とランディア達
  • ビクティニ「ああ...何をしてたのかは見えなかったけど。」
    ゼクロム「助けてくれよ...」 -- ヨッシー一家
  •  …では、もう一発(プスッ)オレ関係ねーだろ!(残りHP0) -- ジタン終了のお知らせ
  • レシラム「やはり...!」
    ライチュウ「ジタンさんがやられてますね(汗)」
    プクリン「ジタン...」 -- ヨッシー一家
  • フラットレイ「フライヤァー! 何、炎攻撃だと!?(ダメージ1500)」
    ランディアA「退場しろ(フラットレイにファイアブレスを放った)」
    ランディアD「俺にもやらせろー」
    フライヤ「…!?」 -- アホな奴ら。
  • レシラム「フライヤ...!」
    ビクティニ「...何か嫌な予感」
    ライチュウ「...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「ま…まさか…そこに居らっしゃるのは…」
    ランディアC「…リーダー、さりげなくフラグたててますよ?」
    ランディアA「何故に?」 -- 嫌な予感しかしません。
  • レシラム「あれ?こんな光景...前にも見たことあるような?」
    ライチュウ「これは...」
    プクリン「あー...」
    ビクティニ「オイラ、よく分かんないけど何かすんごく嫌な予感がする。」
    ゼクロム「俺もだ...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「と思ったが、フラットレイ様に炎を放ったのは誰じゃーっ!!!」←
    ランディアA「!? まずいっ!」
    ランディアC「…あーあ…」
    ランディアD「リーダーフラグ立てお疲れさまでーす」 -- 何故かずれた。
  • レシラム「...」
    ビクティニ「あ、それならそこの赤い竜だぜw」(ランディアAを指さす)
    ライチュウ「レシラムさん...」
    ゼクロム「...」 -- ヨッシー一家
  • ランディアA「余計な事を言うでな~い!(猛スピードで逃げてるつもり)」
    フライヤ「待たぬかー!(ランディアAを追っている。本気ダッシュすな)」 -- リーダーがやってしまいました。
  • C「…リーダーって本気で飛んでも速さAクラスなんですよね」
    D「それ言ったらおしまいだろ…」 -- ランディア達
  • ビクティニ「頑張れよ~!」
    ライチュウ「ビクティニさん...」
    プクリン「んで、こっちは洒落にならないかもよ?」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  • ランディアA「えぇい、ファイアブレス!」
    フライヤ「…(残りHP3000)」 -- リーダー逃げてー。
  • ビクティニ「...w」(ニヤけながらランディアA達を見てる)
    ライチュウ「はぁ...」
    レシラム「我には分からん...!」
    プクリン「へ?」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…そうか、そんなにやられたいか…」
    ランディアA「やめろー我はやられたくなーい」← -- 情けないリーダー
  • ビクティニ「助け舟は出さないぞw」
    ライチュウ「ビクティニさんって意外と子供っぽいですね...」
    ゼクロム「ああ...」
    レシラム「...」
    プクリン「何なのよもう...いきなり叫んだりまた黙ったり...」 -- ヨッシー一家
  • ランディアA「…もうダメだ…おしまいだ…」
    フライヤ「(急に方向転換)…大丈夫で…アレ?」
    ランディアC「…(リーダー、九死に一生を得ましたね)」 -- なんなんだこいつら。
  •  …屋上からの眺めもいい物だな。 -- フラットレイは何時の間にか屋上にいた。
  • ライチュウ「助かったみたいですね...」
    ビクティニ「どうなるか楽しみだったのにー」
    ゼクロム「お前なぁ...」
    レシラム「...」
    プクリン「疲れすぎで気絶でもしてんの?あんたは...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「フラットレイ様~?」
    ランディアA「…(あのネズミ共退場させてやりたい…)」
    ランディアC「…」
    ランディアD「先程からレシラムの様子が変なんだが」 -- この後が…
  • ビクティニ「あれ?フライヤってレシラムと仲いいんじゃなかったのか?」
    ライチュウ「その事なんですけど...(汗)」
    ゼクロム「俺もよく分からんが...とりあえず大方の事は理解できた。」
    レシラム「...」
    プクリン「ちょっと...大丈夫?」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「どこに行ったのですか~?」
    ランディアD「…フラッレトイ」
    ランディアC「明らかに口調が異なってるな…」 -- もうこいつら退場していいと思う。
  • ビクティニ「あ、屋敷の屋上に誰かいるぜ!」
    ライチュウ「...?」
    ゼクロム「本当だ...」
    レシラム「...」
    プクリン「おーい!大丈夫ー?」 -- ヨッシー一家
  • 今いくぞー!(フライヤめがけて降りてきてないか?) -- 屋上のフラットレイ
  • A「…あったれぇぇぇ!!!(Cをくわえてフラットレイに向けて投げる)」
    C「何故私なのですかァァァ!?(飛ばされてる)」 -- ランディア達
  • ビクティニ「おーっ!」
    ライチュウ「ちょ...」
    ゼクロム「...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「なぁにをする気なのじゃぁ!(飛んでくるランディアCに槍投げ)」
    ランディアC「どうしてこうなるんですかぁ…(0/6400)」
    ランディアA「…次(今度はDをくわえて(ry)」
    ランディアD「やめてくれぇぇぇ!!!」 -- お前等…。
  • ビクティニ「ねーねー...あれって止めたほうがいいか?」
    ライチュウ「...私には分かりかねます。」
    ゼクロム「どっちでも良い...」
    レシラム「...」
    プクリン「こいつもう駄目かもw」 -- ヨッシー一家
  • (しばらくしてHPが500回復)なんだよさっきからうるせぇなぁー。 -- 屋敷の中から出てきやがった。
  • ランディアDとフラッレトイが激突☆(誤字ってます) -- 空中激突☆
  • ビクティニ「あははw」
    ライチュウ「...なんとも言えないです。」
    レシラム「...」
    プクリン「レシラム\(^o^)/」 -- ヨッシー一家
  • 激突した二人がフライヤの頭上に落ち、彼女も巻き添え(ランディアDの方が下) -- そして…
  •  …これでよし(ゑ) -- ランディアA
  • ライチュウ「いいんですか?」
    プクリン「こいつ本当にどうしよう...さっきから動かないんだけど...」
    レシラム「...」
    ビクティニ「おーい...生きてるかー?」← -- ヨッシー一家
  • これでいいのだ!(コラ) …うるさいネズミ共は後で元の世界に戻らせよう。 -- ランディアA
  • ライチュウ「そ、そうですか...(汗)」
    レシラム「フライヤ...(ボソッ)」
    プクリン「え?」
    ビクティニ「なんか言ったか?」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  •  …でも、返品するのは男の方だけでいいか。 -- ランディアA
  • レシラム「...(ニヤッ)」
    ビクティニ「レシラムのやつ...今笑ったぞ!」
    ライチュウ「...(汗)」
    プクリン「分かりやすっ!」 -- ヨッシー一家
  •  …いてて…(90/4800) …少し休ませろーい(今抜けんな!) -- 空気を読めなかったランディアD
  • レシラム「...」
    ビクティニ「何か今度はこの世とは思えない顔になった...」
    ライチュウ「どんな顔ですか...」 -- ヨッシー一家
  • アホ。今抜けるバカがいるか(フラットレイをくわえて投げた) -- ランディアA
  • レシラム「...」
    ビクティニ「レシラム...どうしたんだろうな。」
    ゼクロム「知らね。」
    ライチュウ(レシラムさんの気持ち...分からなくはないですが...) -- ヨッシー一家