キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.29


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 29という事でオレ、NIK(エヌアイケー)があらすじ担当!
    ・ビクティニ初登場。
    ・しかし、面倒な二人までもが登場…何が面倒くさいのかオレには分からん!
    ・アヴィーニの町でちょっとした会話があったぞ。
    ・ジタン…あんなに襲われていると心配になってくる。
    ・レシラムの様子が少しおかしいだと? …オレには(ry
    夏でも肉を食べろッ! …少しは野菜も取るんだぞ。 -- あらすじ:NIK
  • 分からないんだったら担当すんじゃねぇwww代わりに俺がやっても良かったんだぞ?(Lv.28のあらすじ担当) -- ソリュート
  • レシラム「...」
    ライチュウ「レシラムさーん...大丈夫ですかー?」
    プクリン「さっきからこの調子よ...」
    ビクティニ「魂が抜けたみたいになってるなw」 -- ヨッシー一家
  • あのいきなり現れた男の方は遠くに投げてやった(キリッ) -- ランディアA
  • ランディアD「アレ方角からしてヨースターエリア行きじゃね?」
    ランディアC「ほぇ?(レインスルフのLvアップにより復帰)」 -- ランディア達
  • ライチュウ「フラットレイさん...散々ですね...」
    レシラム「...」
    ビクティニ「こりゃ駄目だ。」
    プクリン「相当ショックが大きかったのかしらね...」 -- ヨッシー一家
  • (いつの間にか復帰)う~む…ランディアと思われる者に潰された後の記憶がないのじゃが。 -- フライヤ
  • ライチュウ「フライヤさん...大丈夫ですか?」
    レシラム「...」(相変わらず直立不動の状態)
    ビクティニ「うーん...ゼクロム。ちょっと攻撃してもOK?」
    ゼクロム「攻撃しても復活するかどうか...」 -- ヨッシー一家
  • 何、気にすることはない…。 -- フライヤ
  • ライチュウ「良かったです...」
    ビクティニ「んじゃ行くぜィ!火炎弾!」(レシラムへ火炎弾を放つ)
    レシラム「...(20000/35000)」(反応無し)
    ゼクロム「手加減していたとはいえ...無反応とは...」 -- ヨッシー一家
  •  …レシラムは先程から何をしておるのじゃ。 -- フライヤ
  • ビクティニ「オイラもよく分かんね...さっきからこんな感じなんだ。」
    レシラム「...」
    ゼクロム「いい加減に起きろ!」(レシラムへ電気ショック)
    レシラム「...(19950/35000)」(無反応)
    ライチュウ「ちょw弱すぎですw」
    ゼクロム「(´・ω・`)」 -- ヨッシー一家
  •  …ほぅ、なら私が矯正したる!(レシラムに向けて槍投げ) -- フライヤ
  • レシラム「ぐっともーにんぐ!?(15000/35000)」←
    ビクティニ「すげぇ...オイラでも起こせなかったのに...」
    ライチュウ「流石フライヤさん。」
    プクリン「凄いわねぇ...」
    レシラム「ううむ...何があったのだ...?」 -- ヨッシー一家
  • それは私が聞きたいわボケェ!(何故かレシラムに向けて飛び蹴り) -- フライヤ
  • ランディアD「…あいつキャラ変わってないか?」
    ランディアC「…さぁ?」 -- ランディア達
  • レシラム「ギャース!(12500/35000)」
    ビクティニ「何だかすげぇな...」
    ライチュウ「レシラムさん...何だか嬉しそうですよ。」
    ゼクロム「ああ...確かにな...」
    プクリン「まさか...Mなの?」← -- ヨッシー一家
  •  …まぁよいわ。 …ところでランディア達…後で… -- フライヤ
  • A「我終了のお知らせ」
    C「僕は何もしてないですー!」
    D「俺はサンドイッチになってただけだ!」← -- ランディア達
  • ビクティニ「そういえばあの赤竜たち...w」
    ライチュウ「あはは...」
    レシラム「...??」(あの時と前後の記憶が曖昧) -- ヨッシー一家
  • 桜 華 狂 咲 の 刑 じ ゃ ! -- フライヤ
  • A「よし、逃げるぞ!」
    D「リーダーの意気地なし」
    C「助けて下さいぃぃぃ!!!(屋敷に逃げ込む)」 -- ランディア達
  • レシラム「ビクッ」(桜華狂咲と聞いて)
    ビクティニ「そんなに強いのか?」
    ゼクロム「ああ...」 -- ヨッシー一家
  • 貴様らのような竜は一旦冥土に送ったるわ…竜技・桜華狂咲!(注:ドラゴン族全体に) -- フライヤ
  • A「我が…やられるとは…(0/5600)」
    D「リーダーざまぁぁぁ!?(0/4800)」
    ※ランディアCは屋敷の中に逃げたため、無事だったようだ -- ランディア達
  • レシラム「ゑ?」
    ゼクロム「嘘ッ!?」
    ビクティニ「ご愁傷様w」
    ライチュウ「あはは...(滝汗)」
    レシラム「何故だァァ!?(1000/35000)」
    ゼクロム「ぬぅわぁぁぁぁ!(0/20000)」 -- ヨッシー一家
  • 次やったらこれではすま(ry 何ィ!?(どこからともなく飛んできたフレアによってHP0) -- フライヤ
  • ビクティニ「なんだぁ?今の魔法は...」
    ライチュウ「恐らく...ビビさんの魔法でしょう...」
    プクリン「ちょっと...大丈夫!?」
    レシラム「フ、フライヤ...!」 -- ヨッシー一家
  •  …どーなってんのこれ!?(計4名やられている場面を見て) -- レベルアップにより復帰したジタン
  • ライチュウ「あ、ジタンさん...」
    ビクティニ「そこの赤竜達とゼクロムはフライヤにやられて...フライヤは飛んできた魔法でやられた。」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤは相変わらず仕方ない奴だ。イライラするとすぐぶっ飛ばす癖は抜けてないな。
    …魔法が飛んできた? …一体どこから? -- ジタン
  • ビクティニ「うーん...分かんない...」
    ライチュウ「あっちから飛んできたような...?」
    レシラム「家の辺りだな」 -- ヨッシー一家
  • ヨースターエリアの方? …ビビの可能性が高いが、なんか不可解だな…。 -- ジタン
  • ビクティニ「不可解?どうしてさ?」
    ライチュウ「そういえば、レシラムさん。よく耐えられましたね。」
    レシラム「ああ...よく分からんがな...何とか耐えられた。」 -- ヨッシー一家
  • 遠く離れたここまで届く魔法というと、ジハードしかないと思うんだが…。 -- ジタン
  • ライチュウ「確かに...飛んできたのはフレアでしたし...。」
    ビクティニ「...?」
    レシラム「我は魔法はさっぱりなんでな」 -- ヨッシー一家
  • 何なんだろうな、一体…。 -- ジタン
  • ソリュート「寝てんじゃねー。起きろよバーカ」
    ランディアA「…腹立つ小僧だ…(2800/5600)」
    ランディアD「何こいつムカつくんだけど(2400/4800)」
    ソリュート「蘇生してやったんだから感謝しろーい。ドブネズミババァは無視」 -- 口の悪いソリュートとランディア達
  • レシラム「フライヤを復活させろー!」
    ビクティニ「無理」
    ライチュウ「ふっかつのタネはありませんよ」
    プクリン「...」
    レシラム「OTL」 -- ヨッシー一家
  • で、そっちのなさけねー墨汁ドラゴン(ゼクロムのこと)起きろ(ゼクロムに蘇生魔法) -- 口の悪いソリュート
  • ゼクロム「...(20000/20000)何か今すんげぇ屈辱的な事を言われたような気が...」
    ライチュウ「気のせいですよ。」
    ゼクロム「絶対言われた!墨汁とか言われた!」
    レシラム「おいこらソリュート!フライヤも復活させてくれー」 -- ヨッシー一家
  • 色々な意味で面倒くさいので遠慮するぜ。 …つーか、あの充血ドラゴン(ランディア達のこと)もう一匹いなかったっけ? -- 口の悪いソリュート
  • ゼクロム「俺は墨汁じゃねぇ!」
    プクリン「はいはい...」
    ビクティニ「...(情けないは認めるのか?)」
    ライチュウ「そういえば一匹足りませんね。(充血って...)」
    レシラム「ぐぬぬ...」 -- ヨッシー一家
  • A「充血言うな! 情熱の赤と言え!」
    D「リーダーキャラ変わってんだけど」 -- ランディア達
  • サーセン(だが、謝る気無し) …悪戯幽霊もいねェしさ…。 -- 口の悪いソリュート
  • ゼクロム「あのガキ...一度懲らしめてやるか...!」
    ビクティニ「無理。今のゼクロムじゃ絶対に無理」
    ゼクロム「そこまで言わなくても...(涙)」
    レシラム「...」 -- ヨッシー一家
  • そもそも俺雷きかねーしwww(砂竜=地面・ドラゴンタイプ) -- 恐れを知らぬソリュート
  • ゼクロム「ククク...俺を雷しか使えない能なしだと思うなよ...?」
    ビクティニ「ええーっ!?そうなのか?」
    ゼクロム「(´・ω・`)」
    レシラム「ビクティニ...ゼクロムをいじめるのはやめろ...」
    ライチュウ「仲いいですね...あの3人」
    プクリン「ええ...あたいもそう思う」 -- ヨッシー一家
  • はいはいワロスワロス。じゃあドブネズミはドブネズミらしくドブにでもハマってろ(フライヤを水路に捨てようとする) -- ウザいソリュート
  • 同じ言葉を何回も繰り返すなw -- ジタン
  • レシラム「YA☆ME☆RO!」(ソリュートへクロスフレイム)
    ビクティニ「分かったよ。ごめんなゼクロム。」
    ゼクロム「OTL」 -- ヨッシー一家
  • やめろゴルァー(2700/6100) 後こいつのパチモンみたいな奴捨てたい。 -- 黙らないソリュート
  • コイツ失礼極まりねぇ…。 -- ジタン
  • レシラム「こいつなぁ...」
    ゼクロム「おいレシラム!一緒にあのガキぶっ飛ばそうぜ!」
    ビクティニ「いきなり復活した...」
    ライチュウ「仲いいですね(2回目)」 -- ヨッシー一家
  • アデュー(フライヤを水路に捨てた) -- どうしようもないソリュート
  • A「失礼極まりない奴め…」
    D「パチモン?フットラレイって奴だっけ?(名前が…)」 -- 充血扱いされたランディア達
  • レシラム「やるぞゼクロム。」(顔が真面目に)
    ゼクロム「了解!」
    ビクティニ「オイラもやるぜー!」
    ライチュウ「もうどうにでもして下さい...」 -- ヨッシー一家
  • オイ、ちょっと待てよ…水路の出口って確か地下牢獄じゃ…。 -- ジタン
  • やるか? かかってこいやー(余裕そうだ…) -- 挑発ソリュート
  • ライチュウ「え...!?」
    プクリン「マジ?」(ジタンへ)
    レシラム「その余裕...すぐに消してやる...!クロスフレイム!」(ソリュートへクロスフレイム)
    ゼクロム「俺だって使えるからな!流星群!」(腕を振り上げて流星群をソリュートへ降らせる)
    ビクティニ「火炎弾を食らえ!」(ソリュートへ火炎弾を放つ) -- ヨッシー一家
  • 水路はえっと…何故か地獄に続く文様の近くにつながってるって言ってた気が…。
    下手するともう一回地獄行きか、それとも…。 -- ジタン
  • どこ狙ってんの? 俺はこっちだぜwww(全て回避しやがった) -- ウザすぎるソリュート
  • ライチュウ「まずいですよ...!今フライヤさん倒れてますし...!」
    プクリン「いま地獄に行ったら...!」
    ゼクロム「何ィィ!?」
    レシラム「はぁぁぁ!」(蒼い炎をソリュートへ放つ)
    ビクティニ「今度のは一味違うぜー!」(ソリュートへ着弾するとはじける炎を放つ) -- ヨッシー一家
  • 地獄逝きも厄介だが…地下牢獄で女将軍(ベアトリクス)以外に誰かいなかった? -- ジタン
  • だからこっちだ(ry なんだとォ!?(はじける炎に当たった影響で2000/6100) -- 乙ート
  • ライチュウ「どうでしたっけ...?」
    プクリン「思い出せないわ...」
    レシラム「ナイスだビクティニ!我も行くぞ...!」(ソリュートへ火炎放射)
    ビクティニ「へへーん!それもういっちょ!」(再びはじける炎をソリュートへ放つ)
    ゼクロム「俺だってなぁ...!」(ソリュートへ竜の息吹を放つ) -- ヨッシー一家
  • ベアトリクス「誰ですかこんな所に水路を作ったのは… !?(フライヤ直撃)」
    木霊妖怪「んぁ? 君達何してんの?」 -- in地下牢獄
  • 水路の先は下手すると地獄だぜぇ!?(4/6100) -- ばらすソリュート
  • レシラム「なん...だと?」
    ビクティニ「地獄!?」
    ゼクロム「マジでか」
    レシラム「こんな事している場合ではない!行くぞ!」(水路へ飛び込む)
    ビクティニ「おいおい...オイラは嫌だぞ。」
    レシラム「お前も来るの!」(ビクティニを引きずり込む)
    ビクティニ「ぎえぇぇ!」
    ライチュウ「...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 地獄に逝ってらっしゃーいwww -- ウザいソリュート
  • ゼクロム「てめぇは俺がぶっ飛ばす!」(ソリュートへドラゴンクローを放つ)
    ライチュウ「ソリュートさん...」
    プクリン「こいつ...こんなにウザかったっけ?」 -- ヨッシー一家
  • ゑ、墨汁いたの!?(0/6100) -- 乙った。
  • 木霊妖怪「ちょっと、どーすんのよこれ」
    ベアトリクス、フライヤ「…」 -- in地下牢獄
  • ゼクロム「バーカw引きずり込まれたのはビクティニだけだw」
    ライチュウ「...」
    プクリン「...」 -- ヨッシー一家
  • レシラム「...本当に地下牢獄につながってるんだろうな?」
    ビクティニ「知らねーよ!」 -- 一方のレシラム達
  • もう面倒見てられねェ。後であいつの執事とか言う奴に言いつけてやろっと…。 -- ジタン
  • 木霊妖怪「しかもまた新たに二人来そうだしさ…とりあえず避難させとこ」
    (ベアトリクスとフライヤを水路の出口からずらす) -- in地下牢獄
  • ビクティニ「うわっ!」(出てきた)
    レシラム「本当に地下牢獄につながっていたな...」 -- 白竜と勝利星
  • どしたの君達、水路を渡ってここに来るなんて。 -- 地下牢獄の木霊妖怪
  • A「答えろ、お前が悪戯した回数はいくつだ!」
    D「倒れてる奴に聞いても意味ねーだろ…」 -- ランディア達
  • レシラム「ん?お前はいつぞやの...」
    ビクティニ「誰?」
    レシラム「実はな...」(事情を説明中) -- 白竜と勝利星
  • ゼクロム「よし!弱体化した俺もやれるってわけだ!」
    ライチュウ「...(ソリュートさんは油断していた+かなり消耗していた ですからね...)」
    プクリン「...」 -- ヨッシー一家
  • 一つ突っ込みたい。あいつ蘇生魔法使えるんだったらあの時使えっつーの!!! -- ジタン
  • あれま、生意気君(ソリュート)の仕業だったのね…。彼女達は今気を失ってるみたいだけど、大丈夫よ。 -- 地下牢獄の木霊妖怪
  • レシラム「ああ...良かった。」
    ビクティニ「全く...大事に至らなくてよかったぜ。」 -- 白竜と勝利星
  • ライチュウ「そうですよね...(汗)」
    プクリン「ま、あの生意気なガキがフライヤに蘇生魔法を使うかどうか分かんないけどね」 -- ヨッシー一家
  • 確かに、あいつら仲悪そうだったしなぁ(プクリンの発言に対し) -- ジタン
  • ごもっとも。それに、水路に人を捨てるなんて聞いたことないわよ。 -- 地下牢獄の木霊妖怪
  • レシラム「だよな...」
    ビクティニ「全くだぜ!だからオイラ達が懲らしめてやった!」 -- 白竜と勝利星
  • プクリン「ええ...」
    ライチュウ「何で仲悪いのかは分かりませんが...(汗)」 -- ヨッシー一家
  •  …フライヤに言っちゃいけないこと言ってたし…。 -- ジタン
  • ライチュウ「あ、そういえば...」
    プクリン「言ってたわね。」 -- ヨッシー一家
  • 大変だったでしょ? …あの生意気君無駄に他人に喧嘩売るのが好きみたい(漣から聞いたようだ)
    ベアトリクス「…うぅ…」 あら、起きたわね。 -- 地下牢獄の木霊妖怪
  • レシラム「ああ...大変だった...」
    ビクティニ「あ、誰か起きたぞ?」(ベアトリクスを見て) -- 白竜と勝利星
  • 全く、あいつに恐怖のフライヤを見せてやりたいぜ…(オイ) -- ジタン
  • ライチュウ「あれは...確かに怖いですね...」
    プクリン「え?」 -- ヨッシー一家
  • 水路から何かが流れてきて…それが頭に当たって… あら、あなた方は…。 -- 地下牢獄のベアトリクス
  • 今本人がいないから言っちゃうけど…通常のトランスも恐ろしいぞ? -- ジタン
  • レシラム「ん?お前はゼクロムの時の...あの時は世話になったな。」
    ビクティニ「オイラはビクティニ!」 -- 白竜と勝利星
  • ライチュウ「通常トランス...確かレシラムさんと戦った時になってましたよね。」
    プクリン「あたいは知らないわよ!」
    ゼクロム「え?フライヤとレシラムって前は仲悪かったのか?」 -- ヨッシー一家
  • お久しぶりです、レシラム殿。
    そちらのあなた(ビクティニ)と会うのは初めてですね。私はベアトリクスと申します。 -- 地下牢獄のベアトリクス
  • あぁ…。通常トランスはジャンプすると効果が切れるまで槍を無限に降らせる奴と化するからなぁ。
    そうそう、元々あいつらは仲が悪かった。 -- ジタン
  • ライチュウ「レシラムさんも相当苦戦してましたしね。」
    プクリン「へぇ~...仲悪かったの。」
    ゼクロム「今のあいつらからは考えられんな...」 -- ヨッシー一家
  • ビクティニ「ベアトリクスか...よろしくな!」
    レシラム「あれ以来だな...元気(?)そうで何よりだ。」 -- 白竜と勝利星
  • そうですね…。あの時はあまり活躍できませんでしたが…。 -- 地下牢獄のベアトリクス
  • で、気絶回復後の君に…いきなりで悪いけどこれ(フライヤ)どうすんの? -- 木霊妖怪
  •  …効果が切れるまで無敵状態に近いからなぁ…。あいつらは色々あってあんな感じになったんだよな(どんな感じだ) -- ジタン
  • レシラム「そんな事無いぞ!」(ベアトリクスへ)
    ビクティニ「ネズミの姉ちゃん、大丈夫かー?」(フライヤへ近寄る) -- 白竜と勝利星
  • ライチュウ「凄いですよね...フライヤさんって。」
    プクリン「気になるわね...」
    ゼクロム「...(今度レシラムに聞いてみるか)」 -- ヨッシー一家
  •  …(照) …先程流れてきたのはブルメシアの民でしたか。 -- 地下牢獄のベアトリクス
  •  …逆に恐ろしい気もするがな(汗) -- ジタン
  • レシラム「しかし...フライヤは大丈夫か?」
    ビクティニ「あー...起きそうにないな。」
    レシラム「ビクティニ...お前の力を使ったらどうだ?」 -- 白竜と勝利星
  •  …しばしお待ちを(白魔法・アレイズの詠唱に入る) -- 地下牢獄のベアトリクス
  • ライチュウ「怒らせたら怖いですけど...頼りになる方だと思います。」
    ゼクロム「俺は恐ろしいと思うがな。」
    プクリン「そりゃあんたはフライヤを怒らせたんだから...」 -- ヨッシー一家
  • ビクティニ「...オイラの力は多用できないの知ってるだろ?」
    レシラム「あー...そういえばそうだったな。」 -- 白竜と勝利星
  • 頼りになることは間違いないが…オレに対してドSなのはやめていただきたい…。 -- ジタン
  • A「…それはお前の単なる要望だろ(汗)」
    D「SMプレイ楽しいです…って俺Mじゃねーから!」 -- ランディア達
  • ベアトリクス「…(まだ詠唱中)」
    木霊妖怪「どっかで聞いたような詠唱文ねぇ…(Lv.27でエーコが使った物と大体同じ)」 -- 地下牢獄の二人
  • ライチュウ「...ジタンさん、よくやられてますよね。」
    プクリン「レシラムにM疑惑が持ち上がってるんだけど...」
    ゼクロム「それは無い...」 -- ヨッシー一家
  • レシラム「ベアトリクスも使えたんだったな。」
    ビクティニ「魔法っていいよな~」
    レシラム(我はビクティニの能力も凄いと思うがな...) -- 白竜と勝利星
  • オレ以外にも、サラマンダーも良く投げられてるし…。あいつ、実は男が苦手とか? -- ジタン
  • A「それはないだろ(ジタンとプクリンの発言に対し)」
    D「きめぇwww」← -- ランディア達
  • 白魔法・アレイズ!(フライヤに向けて) -- 地下牢獄のベアトリクス
  • 魔法は確かに便利だけど、使いすぎは禁物よ(誰に言ってんの?) -- 地下牢獄の木霊妖怪
  • ライチュウ「そうなんですかね...?」
    プクリン「うーん...さっきフライヤに飛び蹴りされてた時、レシラムが嬉しそうだったから...」
    ゼクロム「そういう意味での喜びじゃ無いだろ...」 -- ヨッシー一家
  • レシラム「フライヤ...」
    ビクティニ「起きるかな?」 -- 白竜と勝利星
  • 構ってくれて嬉しかったんですね、分かりますw(ヲイ) -- ジタン
  • フライヤ「…閉所の気配…」
    ベアトリクス「回復したようですね」 -- 地下牢獄にて
  • レシラム「起きたか!良かった...心配したぞ」
    ビクティニ「これで一安心だな。」 -- 白竜と勝利星
  • プクリン「あ、なるほど!そういう意味ね!」(ジタンの発言を聞いて)
    ゼクロム「それしか無いだろ...」 -- ヨッシー一家
  • いきなり変人が現れちゃ仕方ない気もするけどさ(変人じゃなくて恋人だ) -- ジタン
  • フライヤ「閉所は苦手なのじゃ~! 早く出したもれー!(パニクってる)」
    ベアトリクス「…あの、ここは牢屋内ではないですよ?」 -- 地下牢獄にて
  • レシラム「落ち着けフライヤ!」
    ビクティニ「どしたの?」 -- 白竜と勝利星
  • ライチュウ「...レシラムさんの気持ち、私分かりますよ。」
    プクリン「ライチュウ様、分かるの?」
    ゼクロム「...?」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「こんな狭い所破壊じゃ破壊~!」←閉所恐怖症
    ベアトリクス「…それは困ります」 -- 地下牢獄にて
  •  …オレもなんとなくわかる気がする。 -- ジタン
  • レシラム「だから落ち着け!」(フライヤへ火炎放射)
    ビクティニ「...(汗)」 -- 白竜と勝利星
  • フライヤ「(何故か回避)ベアトリクス! あやつがどこ行ったか知らぬか!?」
    ベアトリクス「だ、誰の事ですか!?」 -- 地下牢獄にて
  • ライチュウ「私だって好きな相手がいたんですよ...でも...!」
    プクリン「ライチュウ様...?」
    ゼクロム「おい?」 -- ヨッシー一家
  • レシラム「...?」
    ビクティニ「あ、もしかして...」 -- 白竜と勝利星
  • 1.ヴィノル兄さん 2.『急成長』の霊ちゃん 3.生意気君 のいずれかよね。 -- 地下牢獄の木霊妖怪
  • ライチュウ…どうした…。 -- ジタン
  • レシラム「我は3だと思う。」
    ビクティニ「オイラも」 -- 白竜と勝利星
  • フライヤ「もう一匹のランディア知らぬか!?」
    ベアトリクス「ここには来てませんよ!?」 -- 答え?
  • ライチュウ「何で...!私よりあいつを選んだんですか...!」
    プクリン「ライチュウ様ー?」
    ゼクロム「いったい何が...」 -- ヨッシー一家
  • あいつって…誰? -- ジタン
  • レシラム「ランディアか?我は知らんぞ...」
    ビクティニ「どれも違った...」 -- 白竜と勝利星
  • ライチュウ「ラティアスさぁぁん!何でラティオス何かとォォ!」
    プクリン「...(呆然)」
    ゼクロム「もう知らね...」 -- ヨッシー一家
  •  …ラティアスにラティオス??? -- ジタン
  • フライヤ「…チッ(舌打ちすんな)」
    ベアトリクス「…(汗)」
    木霊妖怪「どれも外れとか…やってくれるわね…(何を)」 -- 地下牢獄の女達
  • プクリン「ラティアスはあたいとライチュウ様が通っていた学校の人気者だったの。」
    ゼクロム「...」
    プクリン「で、ラティオスはラティアスの彼氏。」
    ライチュウ「―!?」(言葉にならない声) -- ヨッシー一家
  • ビクティニ「ちぇっ、引っかけ問題かー。」
    レシラム「はぁ...」 -- 白竜と勝利星
  • どっかの誰かさん達と同じような感じなんですけどー!? -- ジタン
  • フライヤ「で、でも…レ、レシラムがいればそれでいい(!?)」
    ベアトリクス「…」
    木霊妖怪「どういう事なの…」 -- 地下牢獄の女達
  • レシラム「え、て、照れるじゃないか...」(顔が赤い)
    ビクティニ「ほほーwなるほどw」 -- 白竜と勝利星
  • プクリン「そうなのよ...だからライチュウ様はレシラムの気持ちがわかると...」
    ライチュウ「うえーん...」
    ゼクロム「これはひどい」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…これに深い意味はないからな!(ツンデレ) …今地上から腹立たしい声がした」
    ベアトリクス「隠さなくても分かります…」
    木霊妖怪「面白いわね君達」 -- 地下牢獄の女達
  • ライチュウ…。 -- ジタン
  • レシラム「はっはっはっw...腹立たしい声?」
    ビクティニ「誰のことだろうな...?」 -- 白竜と勝利星
  • プクリン「でも大丈夫よ!ライチュウ様にはあたいがいるから!」
    ライチュウ「(´;ω;`)」
    ゼクロム「こりゃ駄目だw」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…(何も言わずに地上に向かうが、怒ってる…)」
    ベアトリクス「…触らぬ神に祟りなし…」
    木霊妖怪「怒ると怖い人っているわよね」 -- 地下牢獄の女達
  • はは…(苦笑) (ビビッ)げげっ、何この殺気…。 -- ジタン
  • レシラム「あ、しまった...!フライヤはゼクロムの事を...!」
    ビクティニ「ゑ?」
    レシラム「追うぞ!」(フライヤの後を追う)
    ビクティニ「待ってくれよー!」 -- 白竜と勝利星
  • プクリン「...!!何かものすごく強い力を感じるわ...」
    ライチュウ「OTL」
    ゼクロム「いい加減元気だせよw」←気づいてない -- ヨッシー一家
  • \ジィ~タァ~ン~…/ -- 地下からなんかヤバいのが来そうだ。
  • しかも標的オレ!?オレ何か悪いこと言ったっけ!? -- ジタン
  • レシラム「ゼクロムじゃないのか...良かった...」
    ビクティニ「一体どういう事?」 -- 白竜と勝利星
  • ゼクロム「...?」
    ライチュウ「orz」
    プクリン「ライチュウ様ー...」 -- ヨッシー一家
  • どこぞの誰かさん達とは私達の事を言っておるのか!あと、トランスがどうたらこうたら言っておったな…? -- ジタンに対してドSのネズミさん
  • A「…恐るべき地獄耳」
    D「はいはいワンパターン乙」 -- ランディア達
  • レシラム「何だ、ジタンの方だったのか...」
    ビクティニ「勘違い乙w」
    ゼクロム「どうしたレシラム?」
    レシラム「いや、何でも無い...(汗)」
    ライチュウ「OTZ」
    プクリン「ライチュウ様ー!元気だしてよー!」 -- ヨッシー一家
  • いや、お前のトランスは凄いなーなんて…(オレなんてこの世界ではまだ1回しかトランスしてないぞ) -- 焦るジタン
  •  …………(無言で槍構えてますけど) -- ドSネズミ
  • レシラム「フライヤのトランスは確かに凄いぞ。何度助けられたか...」
    ゼクロム「俺は恐ろしいと思うがな。」
    ビクティニ「と言うか何でライチュウはそんな事に?」
    ライチュウ「...」
    プクリン「そっとしてあげて...」 -- 呑気なヨッシー一家
  • ちょ、そこの墨汁…じゃなくてゼクロム、余計なこと言うな!(コラ) -- 焦るジタン
  •  …おぬしの言った変人とは誰のことか答えよ(ジタンの喉元に槍を突き付ける) -- ドSフライヤ
  • ゼクロム「ゑ?...って墨汁言うなー!」
    レシラム「ゼクロム...お前なぁ...」
    ビクティニ「何あの状況w」
    プクリン「...(汗)」 -- ヨッシー一家
  •  …………レシラム(滝汗) -- 焦るジタン
  • A「何と苦しまぎれな…」
    D「ちがくね?ソリュートじゃね?」 -- ランディア達
  • レシラム「なっ...!?」
    ゼクロム「レシラムww変人だとよww」
    ビクティニ「ゼクロム...笑いすぎだぜ。」
    プクリン「...(汗)」
    ライチュウ「...はっ!?」(正気に戻った) -- ヨッシー一家
  • レシラムを侮辱するでないわァァァ!!!(ジタンを槍でホームラン☆) -- ドSフライヤ
  • なぁぜぇだァァァ!?(彡☆) -- 飛ばされたジタン
  • ゼクロム「おー!よく飛んだなw」
    レシラム「ジタン...」
    ライチュウ「とりあえず私はまたぶっ壊れてしまったようです...」
    プクリン「気にしない!あたいがついてるから!」
    ライチュウ「...それも心配です。」
    ビクティニ「何が...起こったの?」 -- ヨッシー一家
  • A「おそらくフライヤお仕置きLv.3『槍脅し』が発動したのかもな…」
    D「てか俺Lv.1認定されてんだけど?」 -- ランディア達
  • 久々にぶっ飛ばしたわい(コラ) -- お仕置き後のフライヤ
  • ビクティニ「そうなのか...」
    ゼクロム「いやー面白いものを見せてもらったぜw」
    レシラム「...」
    ライチュウ「あの、凄く今更なんですけど...」
    プクリン「どうしたのライチュウ様?」
    ライチュウ「ゼクロムさんってもう一家の一員なんですか?」 -- ヨッシー一家
  • A「…そうだと思うのだが」
    D「俺知らない、墨汁キメェと言う事しか覚えてないから」← -- ランディア達
  • ゼクロム「そうじゃね?」
    ライチュウ「前にレシラムさんとかに復讐するとか言ってましたよね?」
    ゼクロム「そんな事言ってたっけ?」
    レシラム「...ま、ゼクロムがいいなら我はそれでいい。」
    ビクティニ「オイラも賛成ー」
    プクリン「いいんじゃない?」
    ライチュウ「...皆さんが言うならそうなんでしょうね。」 -- ヨッシー一家