キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.35


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 暑い夏に光合成しているリーフィアだよっ。
    ・次のレベルに必要な経験値が77777だったという事から何故かカジノの話に発展。
    ・その後、ランディアやピチューちゃんがゲームをやり始めたね。
    ・ジタンさんとフライヤさんのやりとり。説教はやるのも聞くのも疲れるよね。 …で、SMプレイって何?(オイ)
    ・ダガーさんが突如出現。言ってる事が怖いよぉ!
    ・ライチュウさんが眠り始めた。疲れていたのかな? 
    ・最後、ピチューちゃんが屋敷のまわりを探索する事にしたみたい。
    結構被害出てたみたいだけど、大丈夫かしら? -- あらすじ:リーフィア
  • リヴァイアサン:宝石の中で眠ったまま投げ飛ばされる
    ランディアA:SMプレイの話を聞いて気絶
    ジタン:ランディアDに投げられる
    ランディアD:『ババァ』発言した事によりフライヤにやられる
    フライヤ:ダガーの召喚獣にやられる
    以上、Lv.34での被害。

    …忘れやすいが、ランディアCは寝てただけで無事だぞ。 -- 舞台裏:ロラン
  • プクリン「意外と大惨事ね...」
    ライチュウ「...ぐぅ。」 -- ヨッシー一家
  • やっぱりおおきいなぁ!(現在屋敷の東側を歩いてます) -- 散歩中のピチュー
  • ふぁ~あぁ…(起きた) -- ランディアC
  • あ゛っ、赤竜の残党!(コラ) -- ダガー
  • プクリン「あら、起きた?」(ランディアCへ)
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  • え、はい…気がついたら眠ってしまったようです。 -- ランディアC
  • プクリン「そう...まぁライチュウ様も寝ちゃってるし...」
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  • そのうち、うちのいえもこんなにおおきくなるといいなー -- 散歩中のピチュー
  • カービィWiiをやっていたのはいいのですが…って電源切られてるッ!? -- ランディアC
  • 寝オチしたから仕方ないでしょ。 -- ダガー
  • プクリン「そりゃ仕方ないわねー...」
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  •  …ですよね…(カービィWiiはオートセーブなので安心だが) -- ランディアC
  • 外見からは分かりにくいが、3Fと4Fにはそれぞれ75部屋(空き部屋含め)あるらしい。 -- 舞台裏:ロラン
  • ...(屋敷の裏側でぽけーっと屋敷を見上げてる) -- 散歩中のピチュー
  • 皆(Lv34で被害を受けた面子の事)...大丈夫かしらね? -- プクリン
  • 知らなーい← -- ダガー
  • どうでしょうかね…(私が寝ている間に何があったというのですか…汗)
    …リーダー(A)はもうじき復帰するかと。 -- ランディアC
  • そう...それなら良かったわ。(ダガー...) -- プクリン
  • ですが、投げ飛ばされた人の安否は分かりません…。
    ランディアA「ん…(起き上がった)」 -- ランディアCと…
  • あ、リーダー。起きたわね。 -- プクリン
  • A「我とした事が…また情けない事で気絶してしまったようだ…」
    C「ご愁傷様です」 -- ランディア達
  •  …(さりげなくランディアDとフライヤを地面に埋めている) -- ダガー
  • ご愁傷様...(ダガー...また...(汗)) -- プクリン
  • A「…ところで、ライチュウは寝ているようだが、ピチューは?」
    C「…さぁ?(僕寝てたから分かりません…)」 -- ランディア達
  •  …ふぅ、これだけ埋めて置けば十分でしょ(地下5m) -- ダガー
  • あ、ピチューなら屋敷の周りを散歩するってさ。(ランディアAへ) -- プクリン
  • A「そうか…。たまには散歩もいい物だぞ」
    C「私は歩くより寝てる派です」←
    A「お前、少しは運動しろ」 -- ランディア達
  • そうよねー...(ピチューが散歩に行ってくれたお陰であたいはライチュウ様と二人っきり♪)← -- プクリン
  • リーフィア「ミックスオレ4ダース♪」
    グレイシア「あんたね…(サイコソーダ3本)」 -- 買い物帰りのブイズ(草)とブイズ(氷)
  • ...(まだぽけーっとしてる) -- 散歩中のピチュー
  • グレイシア「…で、まだあんたの部屋に残っているミックスオレ(3本)の賞味期限大丈夫なの?」
    リーフィア「気にしなーい♪」
    グレイシア「…」 -- 買い物帰りのブイズ(氷)とブイズ(草)
  •  …リーフィアの部屋にあるミックスオレの賞味期限は2012年8月1日だったと思うぞ。 -- 舞台裏:ロラン
  • だれもみてないね...
    ヨッシーリトルイエロー!(ポーズを決める)...なんちゃって♪ -- 散歩中のピチュー
  • ...何か聞こえたような? -- プクリン
  • 本日も異常なし、なのである! -- 外部のどこかにいる鉄板
  •  …鉄板うぜぇ← -- ダガー
  • 鉄板って...(汗)
    ライチュウ「...zzz」 -- プクリン
  • 地味に生きてんじゃないわよ…また見かけたら埋めるわよ…(ゑ) -- ダガー
  • グレイシア「…誰かの声がしたけど、今は冷蔵庫直行が先よね」
    リーフィア「そうだねー」 ※二体とも屋敷の中へ -- 買い物帰りのブイズ(氷)とブイズ(草)
  • ダガー...(汗) -- プクリン
  • ふんふん~♪(気分よく散歩中) -- 散歩中のピチュー
  • って自分は鉄板ではなくスタイナーなのであるー!(汗)(屋敷の裏側にいるようだ) -- 外部のどこかにいる鉄板スタイナー
  • ギャース☆(屋敷の裏側の霧の森の中に落ちた!) -- 飛ばされたジタン
  • あ、だれかがおちてった!(ジタンの落ちた霧の森へ向かう) -- 散歩中のピチュー
  •  …霧の森はその名の通り霧がかかっていて視界が凄く狭いから気をつけろよ…。 -- 舞台裏:ロラン
  • うへぇ...きりだらけ... -- ピチュー
  • どこだここ? (辺りを見回してみる物の)…全然見えねぇぇぇ!!! -- 霧隠れジタン
  • てきとうにあるいてみよっと...(霧の森を進み始める) -- ピチュー
  • 視力には自信があるはずなのになぁ…いてっ(木にぶつかった) -- 霧隠れジタン
  • いてっ...(こっちも木にぶつかる) -- ピチュー
  • A「む? ピチューの声がしなくなったような…」
    C「寝たんじゃないんですかぁ?」
    A「お前と一緒にするな」 -- ランディア達
  • どうしたのかしら...さっき確かにピチューの声が聞こえてたんだけど...
    ライチュウ「...zzz」 -- プクリン
  • 木? …てっぺんまで登れば視界晴れるかな?(とりあえず木に登ってみる) -- 霧隠れジタン
  • A「…どうも心配だ」
    C「ロリコンさんに拉致されたとかは?」
    A「ないない」 -- ランディア達
  • そんな事あったらロコモが血相変えて来ちゃうわね... -- プクリン
  • いってー...きがこんなところに... -- 霧の森のピチュー
  • A「だよな…」
    C「ゑ、違うんですか?」
    A「そりゃそうだ。最近あいつの姿見てないし」 -- ランディア達
  • (木に登ってみたが)…どこまで霧広がってんだーッ!(木の上にも霧が広がっていた) -- 霧隠れジタン
  • ま、ピチューなら大丈夫よ!なんだってライチュウ様の弟だしね! -- プクリン
  • あれれー...ここどのへんだろう... -- 霧の森のピチュー
  • A「確かにピチューなら大丈夫だ… \デデーン/(精神的に0/5600)」
    C「リーダーェ…」
    ベアトリクス「…ただいま戻りました。 …にしては人が減っていますね」 -- ランディア達と…
  • あら?あんたは...ベアトリクスね。
    あんたが戻ってきたって事は...終わったのね? -- プクリン
  • ベアトリクス「…はい」
    ランディアC「リーダー…いい加減慣れて下さいよ…(汗)」 -- 女将軍と赤竜
  • でも、木の上を飛び移ればいつか抜けられ(ry アーッ!(落っこちた) -- 霧隠れジタン
  • 無事に解決して良かったわ... -- プクリン
  • うー...まよった。 -- 霧の森のピチュー
  •  …と言うかここは魔の森(FF9の最初のダンジョン)か!?(違います) -- 霧隠れジタン
  • チッ…無事に帰ってきやがったわね…← -- ダガー
  • ...おにいちゃーん!ロコモー!たすけてー! -- 霧の森のピチュー
  •  …ピチューの声がする!(声のする方向へ向かってみるが) ひでぶっ(また木にぶつかる) -- 霧隠れジタン
  • まずはジタンをさがそ...ひとりじゃさみしいし... -- 霧の森のピチュー
  • ベアトリクス「…ですが、私は足手まといでしたがね…(汗)」
    ランディアC「それは珍しいです」 -- 女将軍と赤竜
  • だーっ!何時になったら出られるんだーッ!(叫びながら森を徘徊すんな) -- 霧隠れジタン
  • そうなの?(ベアトリクスへ) -- プクリン
  • ジターン!どこー!?きりがこくてみえないや... -- 霧の森のピチュー
  • ベアトリクス「えぇ…恥ずかしながら、過去の事を思い出してしまいまして…(汗)」
    ランディアC「ほぇ?」

    ダガー「ベアトリクス乙www」← -- 女将軍と赤竜と…
  • ピチューこそどこにいるんだーッ!? …あだっ(また木に(ry) -- 霧隠れジタン
  • そうだったの...でも無事に帰ってきて何よりだわ。 -- プクリン
  • きりがこくてみえないよー!うひゃっ...!(つまづく) -- 霧の森のピチュー
  •  …宝箱でも置いとくか(何故に!?) -- 霧隠れジタン
  • ベアトリクス「えぇ、皆無事に戻りましたよ」
    ランディアC「お疲れ様ですー」 -- 女将軍と赤竜
  • これで安心ね!
    ライチュウ「...zzz」 -- プクリン
  • しょうかんしようかな...(ボソッ) -- 霧の森のピチュー
  •  …でも、この宝箱オレの罠だから開けると爆発するんだよな(あぶねぇよ) -- 霧隠れジタン
  • ベアトリクス「…報告も済みましたし、私は部屋で休息をとる事にしましょう…(屋敷の中へ)」
    ランディアC「…ところで、ピチューさん達まだ戻ってきませんね」 -- 女将軍と赤竜
  • そうね...いい加減心配になってきたわ... -- プクリン
  • ...でもやめとこ。ここでつかれちゃったらあぶないもん...(探索を続ける) -- 霧の森のピチュー
  •  …そうだ、印を置いていけばいつかは出られるかも…(地面に盗賊刀・エンジェルブレスを刺す) -- 霧隠れジタン
  • なにか、めじるしでもあればいいんだけどなー... -- 霧の森のピチュー
  •  …よっと(宝箱設置) …それっ(短剣のダガー設置) …ほいっと(フライヤの槍設置)← -- 霧隠れジタン
  • ジタン、最後おかしくないか? -- 舞台裏:ロラン
  • あ、たからばこはっけーん!...ジタンかな? -- 霧の森のピチュー
  •  …えいっ(短剣・グラディウス設置) …いでっ!(木に激突) -- 霧隠れジタン
  • なにがでるかなー♪(宝箱オープン...ボカン!)うわっ!?(600/1000) -- 霧の森のピチュー
  • あちゃー…開けちゃったか…(最初の宝箱を設置した所に戻る) -- 霧隠れジタン
  • なにこれ... -- 霧の森のピチュー
  • それ、オレの宝箱(罠)…。 -- 霧隠れジタン
  • ランディアC「…ピチューさん達も心配ですが、彼(D)らは?」
    ダガー「知らないわよ」 -- 赤竜と偽名旅人
  • あ、ジタン!よかった...ひとりじゃさみしかったよー!(ジタンに飛びつく) -- 霧の森のピチュー
  • ライチュウ様ー...そろそろ起きてー(ライチュウを揺り動かす)
    ライチュウ「...やめてくださいよぉ...」←寝言 -- プクリン
  • おーよしよし(ピチューの頭を撫でる) …そうだな、一人だと不安だよな…。 -- 霧隠れジタン
  • それにしてもライチュウさん良く寝てますね…。 -- ランディアC
  • えーん...まよっちゃったよー... -- 霧の森のピチュー
  • そうねー...色々あって疲れてたのね...
    ライチュウ「あふぅん...」 -- プクリン
  •  …オレも迷っちまってさ…あは…(汗) 今目印を置きながら移動してたのだが…。 -- 霧隠れジタン
  •  …ですが、もう少し眠らせてあげましょう。 -- ランディアC
  • そうね...自分で起きるのを待つとしますか。
    ライチュウ「...zzz」 -- プクリン
  • そうなんだ... -- 霧の森のピチュー
  •  …で、そこでピチューの声がしたから最初の宝箱の位置に戻って来たってわけ。 -- 霧隠れジタン
  • ランディアC「えぇ…」
    ダガー(腹黒)「ニヤニヤ」← -- 赤竜と偽名旅人
  • ...じゃあ、このたからばこをあけてせいかいだったね!ジタンにあえたし! -- 霧の森のピチュー
  • ...ダガー?何でニヤついてるの...? -- プクリン
  • そうなるかな…怪我とかしてないか? -- 霧隠れジタン
  • あの二人一生あのまま…♪ -- ダガー(腹黒)
  • うーん...たからばこのばくはつで、ちょっとけがしちゃったかな... -- 霧の森のピチュー
  • ...?(あの二人...?) -- プクリン
  • 悪いな…あれ、オレの罠宝箱だから… んじゃ、お詫びとして治療させてもらうぜ…(ピチューにハイポーションを使う) -- 霧隠れジタン
  • あそこまで埋めたら到底自力では出られないわよ…うふふ。 -- ダガー(腹黒)
  • ありがと!(1000/1000)でも...ここからでれるかな? -- 霧の森のピチュー
  • ...(あーなるほど。) -- プクリン
  •  …出れるさ。諦めなければな。 -- 霧隠れジタン
  • でも、助けが来たら嫌だから証拠は隠しておかないとね…☆ -- ダガー(腹黒)
  •  …(あの出っ張っている地面がそうなのでしょうか?) -- ランディアC
  • 黒い...黒すぎるわ... -- プクリン
  • うん!がんばってでよう! -- 霧の森のピチュー
  •  …♪(出っ張っている地面を平らにする作業を始める) -- ダガー(腹黒)
  • そうだな! …まずはオレの目印をたどっていくか…(先程設置した目印に沿って移動) -- 霧隠れジタン
  • ...(あれ、ベアトリクスとかに見つかったら大変よ...) -- プクリン
  • よーし!(ジタンの後を追う) -- 霧の森のピチュー
  • ダガー(腹黒)「ふぅ、完了っと」
    スタイナー「姫さま、こちらにおられましたか!」
    ダガー(腹黒)「…あら、スタイナー(出たわねうるさいだけの鉄板)」 -- 腹黒旅人と…
  • (移動しつつ)…少しは道が分かりやすくなったかな…あ、ここで目印(短剣・グラディウス)終わってたんだっけ…。 -- 霧隠れジタン
  • ここからか... -- 霧の森のピチュー
  • ...(ダガーを止めてくれるかしら?あの鎧のおっさん...) -- プクリン
  • スタイナー「(辺りを見回す)…随分と人が少ないですな?」
    ダガー(腹黒)「きっと皆出かけているのよ… と言うわけで埋まりなさい」←
    スタイナー「ゑ」 --鉄板隊長と腹黒旅人
  • (何故か目印を回収しながら移動してた)…ん? あの先少し霧が晴れてる気が…。 -- 霧隠れジタン
  • ...(止めるどころか逆に埋められる!?)
    ライチュウ「...zzz」 -- プクリン
  • あ、ほんとうだー!(霧が晴れてる方へ走っていく) -- 霧の森のピチュー
  • スタイナー「ひ、姫さま流石にそれは…」
    ダガー(腹黒)「黙りなさい。今私はイライラしてるの」
    スタイナー「…」 --鉄板隊長と腹黒旅人
  • もしかして…出口じゃね!?(霧が晴れている所へ向かう) -- 霧隠れジタン
  • ピチューとジタンが向かった先は森の出口でした。 -- 霧の森から
  • これは...(汗) -- プクリン
  • やったぁ!でられた! -- ピチュー
  • よっしゃぁ!でられたぜ!(屋敷の近く) -- ジタン
  • ダガー(腹黒)「だからね、誰かを埋めないと気が(ry」
    スタイナー「それはあんまりですぞ!(ダガーをアイスブランド(氷属性の剣)で軽く叩く)」 -- 腹黒旅人と鉄板隊長
  • ...ん、ピチューの声が聞こえたわ!後ジタンのも。 -- プクリン
  • よかった...あのままでられなかったらどうしようかとおもったよ。 -- ピチュー
  • あぁ、全くだぜ。 …あの森に落ちるのは1回だけでいい…(汗) -- ジタン
  • ジタンも無事だったのね…(チッ) -- ダガー(腹黒)
  • さて...と。ぼくはもうすこし、このへんをさんぽしよっと。 -- ピチュー
  • 何とか無事だったみたいね... -- プクリン
  • 分かった。んじゃ、オレはライチュウの様子を見にあっちに戻るわ。 -- ジタン
  •  …それにしても姫さまが黒過ぎるのである…。 -- スタイナー
  • おっけー! -- ピチュー
  • もう半端ない黒さよ...(スタイナーへ) -- プクリン
  •  …何故であろうか…最初はここまで黒くなかったはずなのに…。 -- スタイナー
  • (戻ってきた)悪い見本がいたから仕方ねぇな…。 …ライチュウは未だに睡眠中か。 -- ジタン
  • うーん...あら、ジタン。
    ライチュウ「...ぐぅ。」 -- プクリン
  • スタイナー「ぬ? ジタンか、久しぶりだな」
    ジタン「おっさんこそ。 あぁ、今森から戻ってきた所(プクリンに対し)」 --鉄板隊長と盗賊
  • その様子を見ると結構大変だったみたいね。 -- プクリン
  • ふん~♪ふん~♪(現在屋敷の西側) -- ピチュー
  • そりゃ大変だったぜ…あの(屋敷裏側の)森、霧が濃くてな…。 -- ジタン
  •  …そのまま遭難すればよかったのに。← -- ダガー(腹黒)
  • そうだったの...(そしてダガー...(汗)) -- プクリン
  •  …で、そこにピチューも迷いこんでしまったようで…一緒に出てきた。 -- ジタン
  • 今度はスタイナーを行かせましょうか。← -- ダガー(腹黒)
  • 何故であるかー!?(実は方向音痴) -- スタイナー
  • 大変だったのね... -- プクリン
  • あぁ…。あの森には二度と行きたくねぇや…。 -- ジタン
  •  …ところで、ピチュー殿は? -- スタイナー
  • あら?一緒じゃないの? -- プクリン
  • ん?ピチューなら屋敷の辺りを散歩してるぞ? -- ジタン
  • ...そういえばそうだったわね。 -- プクリン
  •  …オレは運悪くあの森に落下したが… ピチューは何故迷いこんだんだろうな…。 -- ジタン
  • ジタンが叫んだからでしょ。 -- ダガー(腹黒)
  • 多分...落ちていくジタンを見て入っちゃったのよ。 -- プクリン
  • ゑ、それオレが悪いってこと? -- ジタン
  • そうなるのである…。無闇に叫ぶでないぞ…。 -- スタイナー
  • いえ、ジタンは悪くないわ...(汗)ピチュー、好奇心が強いから気になって見に行ったんだと思うわ... -- プクリン
  •  …好奇心って恐ろしいな…。 -- ジタン
  • ジタンは少し反省しなさい(お前が言うな) -- ダガー(腹黒)
  • ...(ダガー...あんたもよ) -- プクリン
  •  …(どっちもどっちです) -- ランディアC
  • へーい、すんませんしたーっ…。 -- ジタン
  • ...(汗) -- プクリン
  • それでいいのよ(ジタンざまぁwww)← -- ダガー(腹黒)
  •  …不安要素が残るが、自分は屋敷の見回りに行ってくるのである…(汗) -- スタイナー
  • ええ...(行かないでー!) -- プクリン
  • ダガー…お前…。 -- ジタン
  • あ、ちょ、隊長さーん…。 -- ランディアC
  • プクリン「...」
    ピチュー「ただいまー!」(戻ってきた) -- プクリンと...
  • お、戻ってきたか。 -- ジタン
  • ピチュー「うん!もどってきたよー」
    プクリン「どうだった?」
    ピチュー「やっぱりおおきかったー!」
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  •  …だろうなぁ。 -- ジタン
  • あの鉄板仕留め損ねた…。← -- ダガー(腹黒)
  • プクリン「...(誰かー!ダガーを止めてー!)」
    ピチュー「うちのいえも、こうなるといいなーっておもったよ!」 -- ヨッシー一家
  • そう思ってもらえたなら嬉しいぜ!(…でも、この屋敷誰の所有物だっけ?) -- ジタン
  • この屋敷はルクテンさんの所有物だとよ。 -- 舞台裏:ロラン
  • ピチュー「ねーねーおおきくならない?うちのいえ。」
    プクリン「それはヨッシーに聞いてよ...(汗)」 -- ヨッシー一家
  •  …まぁ、そんなに焦るなって…(汗) -- ジタン
  •  …というわけで赤竜の残党(ランディアC)を埋めさせてもらうわ。 -- ダガー(腹黒)
  • ほぇ!? -- ランディアC
  • プクリン「誰かー!ダガーを止めてェー!」
    ピチュー「むり☆」 -- ヨッシー一家
  • コラーッ!ダガーッ!暑さで頭逝ったか!? -- ジタン
  • 別に逝ってないわよ。 \やめて下さいぃ~/←ランディアCの悲鳴 -- ダガー(腹黒)
  • プクリン「あーもう!あたいが止めるわ!」(ダガーの方へダッシュ)
    ピチュー「だいじょうぶかな...」 -- ヨッシー一家
  •  …これ、ある意味ビビの腹黒よりたち悪いぞ。 -- ジタン
  • \ファイアブレスです!/ キャッ!何すんのよ!(残りHP2600) -- ダガー(腹黒)と…
  • プクリン「もうやめなさーい!プクリンキーック!」(ダガーへキックを放つ)
    ピチュー「やれやれ...」 -- ヨッシー一家
  • 何なのよーッ!(残りHP1300) -- ダガー(腹黒)
  • お前がなんなんだwww(やべぇ、あのアビリティ(女の子をかばう…)外しとこ) -- ジタン
  • プクリン「落ち着きなさいよ...(決まったわ...)」
    ピチュー「...」 -- ヨッシー一家
  • ヤダ。こいつ埋めるまで \勘弁して下さーい/ …(HP0) -- ダガー(腹黒)
  • プクリン「...」
    ピチュー「おにいちゃんつんつん」(またライチュウのほっぺをつつく) -- ヨッシー一家
  • (スポンッ)…もう少しで埋められちゃう所でした(だからと言って地上に頭だけ出すな) -- ランディアC
  • プクリン「うひゃっ!びっくりしたー...」
    ピチュー「つんつんつん...」 -- ヨッシー一家
  • ごめんなー。多分ダガーはストレスの溜まり過ぎで腹黒になっていたのかもしれん…。 -- ジタン
  • プクリン「いえ...それならライチュウ様も時々なるわ...」
    ピチュー「つんつんつん」 -- ヨッシー一家
  • (キュポンッ)ふぅ…(全身出てきた) -- ランディアC
  • プクリン「ふぅ...」
    ピチュー「...ダイブ!」(ライチュウへ飛び込む) -- ヨッシー一家
  •  …ところで、ランディア達は3匹いたはずなのに2匹しかいないが…どうかした? -- ジタン
  •  …さぁ…(汗)(リーダー…未だに気絶中ですか…) -- ランディアC
  • プクリン「あ、ダガーがフライヤと赤竜の一匹を埋めてたわ!」
    ライチュウ「...zzz」(無反応)
    ピチュー「...ジャンプジャンプ!」(ライチュウの上で飛び跳ねる) -- ヨッシー一家
  • 嘘っ!? -- ジタン
  • プクリン「しかもダガー...地面を平らにしちゃったから分かんなくなっちゃったわ...」
    ライチュウ「...zzz」(無反応)
    ピチュー「...」 -- ヨッシー一家
  • マジか… しかも平らにされちゃぁワカンネェな…。 -- ジタン
  • ライチュウさん、よく寝てますねぇ…。 -- ランディアC
  • プクリン「こうなったら適当に掘って探すしか無いわね...」
    ピチュー「うん...ここまでしてもねてるなんて...」
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  •  …流石に化石にはなってないよな…。 -- ジタン
  • ジタンさん、それは行きすぎです。 …流石に寝すぎな気もしますが…。 -- ランディアC
  • プクリン「化石...(汗)」
    ピチュー「おにいちゃんのにがてなわざをうてればなぁ...」
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  • 電気タイプ…つまり、地面タイプですか…。 -- ランディアC
  •  …確かに、行き過ぎだな(汗) …地面タイプねぇ…あの生意気なクソガキとか? -- ジタン
  • プクリン「さて...探しましょ。」(その辺を見渡す)
    ピチュー「うん...おにいちゃん、じめんのわざがすごくにがてなの。」
    ライチュウ「...地震はやめてくださいよぉ...」← -- ヨッシー一家
  • 地面タイプの技ですか…残念ながら、使える人がいなさそうです…。 -- ランディアC
  • ピチュー「そうかぁ...ざんねん。」
    ライチュウ「...zzz」(笑ってる様に見える) -- ヨッシー一家
  •  …おい、今ライチュウ笑ったぞ…。 -- ジタン
  • ピチュー「ゑ」
    ライチュウ「...zzz」
    プクリン「フライヤー!赤竜ー!どこー?」 -- ヨッシー一家
  •  …(どのくらいまで埋められたのでしょうか?) -- ランディアC
  • んー…土属性ねぇ…(悩んでる) -- ジタン
  • ...適当に掘ってみるわ。(その辺を掘り始める) -- プクリン
  •  …これでどうにかならない?(盗賊のあかし用宝箱。ただし無属性) -- ジタン
  •  …爆発音で起こす気ですか(汗) -- ランディアC
  • ピチュー「どうだろ...やってみなきゃわかんないや」
    ライチュウ「...zzz」
    プクリン「ザクザク...」(地面を掘ってる) -- ヨッシー一家
  • ジタン「とりあえず、やってみるか。そこのランディア、これ開けてみ」
    ランディアC「何故に僕…(宝箱オープン、その後爆発音が響き渡る) …(400/6400)」 -- 盗賊と赤竜
  • レインスルフ周辺の地面には色々埋まっているらしいぞ…。 -- 舞台裏:ロラン
  • プクリン「...ん?何かしらこれ...」(何かを見つけたようだ)
    ライチュウ「...zzz」(まだ寝てる...)
    ピチュー「ええーっ!?」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「…ゑ? これで起きないの!?」
    ランディアC「…(私やられ損じゃないですか…)」 -- 盗賊と赤竜
  •  …赤い(埋まった二人の可能性がある) -- 地面の中から…
  • ...引っこ抜くわ。それっ!(赤い何かを引っこ抜く) -- プクリン
  • ランディアDだ! -- でてきたのは
  • 赤竜ね...大丈夫ー? -- プクリン
  • ん?あぁ、プクリンか…。土埃がゲホッゲホッ…へっくしょい! -- ランディアD
  • 大丈夫みたいね...んじゃ、次はフライヤね。 -- プクリン
  • ジタン「…で、どうやって起こそうか?」
    ランディアC「普通攻撃すれば起きるはずなんですけどね…(汗)」 -- 盗賊と赤竜
  • ピチュー「おにいちゃん...」
    ライチュウ「...zzz」 -- ヨッシー一家
  • この辺かしらね...(再び発掘開始) -- プクリン
  • 土の中辛かったァ…。 -- ランディアD
  • ジタン「…そうだな…これでどうだ?(でんきだま!?)」
    ランディアC「何時の間にー!?」 -- 盗賊と赤竜
  • ライチュウ「...!?」(飛び起きる)
    ピチュー「あ、おきた」 -- ヨッシー一家
  • お、何か見つけたわ! -- プクリン
  •  …どう見ても金塊です。 -- 地面には…
  • ジタン「へへーん、起きたな」
    ランディアC「…ジタンさん、それいつの間に手に入れたんですか?」
    ジタン「ん、チョコ(FF9のチョコボ)との宝探しで偶然手に入れてさぁ」 -- 盗賊と赤竜
  • 金塊...(汗)(と言いつつ拾う) -- プクリン
  • ライチュウ「...久しぶりによく寝ました。」
    ピチュー「おはよー」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「…(でも、これは隠しておこう)」
    ランディアC「凄く良く寝てましたね」 -- 盗賊と赤竜
  • ライチュウ「はい...」
    ピチュー「まったくー...ぜんぜんおきないんだからー」 -- ヨッシー一家
  • んじゃ次はここね...(再び採掘開始) -- プクリン
  • ジタン「…まぁ、時には休息も必要だよな」
    ランディアC「…えっと、僕発掘してきます」
    ランディアD「何を?」 -- 盗賊と赤竜達
  • ライチュウ「そうですよね」
    ピチュー「でもねすぎ...」


    プクリン「ん?次は何かしら...」 -- ヨッシー一家
  • 何もなさそうに見えるが…よく見ると細くて茶色いのとオレンジ色の何かが…。 -- 地面の中
  • 何かしらこれ...(何かを掘り出す) -- プクリン
  • 足等が見えてきた=先程の奴はフライヤのシッポ -- 地面の中から
  • よし!行くわよっ!(そのまま引っ張り出す) -- プクリン
  • 埋まりネズミフライヤ発掘! -- 地面の中から
  • \ドガーン/ (爆弾を掘り当ててしまい、0/6400) -- 発掘ランディアC
  • フライヤも救出成功ね。大丈夫ー?(フライヤへ) -- プクリン
  • んー…(土埃を振り払う) 一応無事じゃけど…。 長い間地面に埋まっていた気がしたが…。 -- フライヤ
  • ええ...ちょっとね...。 -- プクリン
  • 誰じゃ全く…私を地面に埋めよって…。 -- フライヤ
  • あいつ(ランディアC)地雷当てちゃったな…(汗) -- ジタン
  • ...(ダガーの仕業って言うべきかしら...) -- プクリン
  • ライチュウ「爆発!?」
    ピチュー「あちゃー...」 -- 電気鼠兄弟
  • チェック(C)の奴、案外運が悪いんだよな…。 -- ランディアD
  • とはいえ、過ぎた事じゃからあまり気にしとらぬ。 -- フライヤ
  • そう...なら良かったわ。 -- プクリン
  • ライチュウ「大丈夫でしょうか...」
    ピチュー「ロコモも運が(ry」 -- 電気鼠兄弟
  • 何、あいつはランディアの中で最もHPが高いから大丈夫だろ。 -- ランディアD
  •  …で、ダガーが倒れておるが、いいのか? -- フライヤ
  • ええ...色々騒ぎがあってね... -- プクリン
  • ライチュウ「そうですか...」
    ピチュー「...(汗)」 -- 電気鼠兄弟
  •  …の割には倒れてるんだけど…。 -- ジタン
  • そうか…(そう言えば先程召喚獣にやられたしのぉ…) -- フライヤ
  • 意外と疲れるわね...穴掘りも。 -- プクリン
  • ライチュウ「ランディアさーん...」
    ピチュー「だいじょうぶじゃないよー」 -- 電気鼠兄弟
  • ゑ -- ランディアD
  • あーそれ、多分オレの盗賊のあかしのせいだわ…(ランディアCに6000ダメージを与えてしまった) -- ジタン
  • 確かにの。掘るのも埋めるのも大変じゃ…。 -- フライヤ
  • さて...ライチュウ様の元に戻ろっと... -- プクリン
  • ピチュー「あちゃー」
    ライチュウ「やっぱりやられてますね...」 -- 電気鼠兄弟
  • 何じゃジタン…困り事か? -- フライヤ
  • あ、化石になりかけてたネズミ← -- ジタン
  • ライチュウ「あ、フライヤさん。無事でしたか。」
    プクリン「ふぅ...」
    ピチュー「プクリン、おつかれー」 -- ヨッシー一家
  • 誰が化石になりかけてたネズミじゃ! …ん、まぁ、大事もなく戻って来れたがの…。 -- フライヤ
  • おーい、起きろー(復活草をすりつぶしてランディアCに与える) -- ランディアD
  • ライチュウ「それは良かったです...」
    プクリン「ま、あっちも片付いたらしいしね...」 -- ヨッシー一家
  • C「に、苦いですぅ(6400/6400)」
    D「仕方ないだろ、復活草だし…」 -- ランディア達
  •  …♪(穴を掘り始める) -- ジタン
  • ライチュウ「復活草は苦いですよね...」
    プクリン「あ゛ー疲れた!」(その場に横になる) -- ヨッシー一家
  • D「でも、リーダーが『戦闘不能になったらこれ使え』と言ってるからなぁ…」
    C「それじゃ仕方ないですー… …プクリンさん、お疲れ様ですー」 -- ランディア達
  • (ちゃらりら~(何故かゼルダのアイテムゲットの効果音))宝箱ゲットだぜ! -- ジタン
  • ピチュー「www」(ジタンを見て)
    プクリン「ええ...ありがと。」
    ライチュウ「お疲れ様です...」 -- ヨッシー一家
  • 中身はなんだろなー(宝箱オープン) \チュドーン/(何と宝箱の中身はミサイルだった! 残りHP760) -- ジタン
  • D「ちょwww」
    C「二人を救出(?)するのは大変だったでしょう…」 -- ランディア達
  • プクリン「うん...でも早く見つかって良かったわ。」
    ライチュウ「...(プクリン...何故金塊なんかを持ってるのでしょうか...)」
    ピチュー「ジタンがわなにひっかかったー」 -- ヨッシー一家
  •  …誰?宝箱にミサイル入れた奴…。 -- 黒焦げジタン
  • D「…俺、今度からあの女(ダガー)に埋められないように気をつけるわ…」
    C「そうですね…」 -- ランディア達
  • プクリン「本当...ダガーのアレは怖かったわ...」
    ライチュウ「...(大変だったみたいですね)」
    ピチュー「ぼくじゃないよー」 -- ヨッシー一家
  •  …ワドルディか? -- 黒焦げジタン
  • ち、違いますよぉ!僕が入れるとしたら爆弾です!← -- 舞台裏:ワドルディ
  • D「腹黒怖いぜ」
    C「…否定できません…(汗)」 -- ランディア達
  • プクリン「ピチューの裏人格並に怖かったわ...」
    ライチュウ「...(汗)」
    ピチュー「だれだろうねー?」 -- ヨッシー一家
  • まさか…(チラッ) -- 黒焦げジタン
  •  …私が埋めるわけなかろう!!! -- フライヤ
  • D「どこぞのガキ(ビビ)じゃねぇんだからさぁ…」
    C「表裏が激しいと怖いとよく言いますよね(?)」 -- ランディア達
  • プクリン「そうよねー」
    ライチュウ「...(汗)(自分も裏表が激しい...)」
    ピチュー「ミサイル...」 -- ヨッシー一家