キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.36


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ブイズの中でも空気扱いされてるオレ…。
    ・ピチューが屋敷の辺りを探索。
    ・ジタン、霧の森の中に落下。…っておい、ピチューまで行くなよッ!
    ・腹黒ダガー暴走。結局やられたけどな。
    ・屋敷の辺りの地面を掘って発掘? …埋まってた奴が無事でよかったぜ。プクリンとやら、お疲れさん…。
    ・最後、ミサイルの謎?
    …誰がブイズの厨二だ! -- あらすじ:ブラッキー
  • D「まーたわざとらしい次のレベルまでの必要な経験値だな…」
    C「ゾロ目二回目ですよ…」 -- ランディア達
  • ライチュウ「前はファイブセブンでしたね。」
    プクリン「今回はファイブナインね」
    ピチュー「ナイーン」←? -- ヨッシー一家
  • 黒焦げジタン「ナインと聞いて(ガタッ)」
    フライヤ「ナインはナインでも、FF9は関係なくないか?」 -- 盗賊と竜騎士
  •  …(我はDQ9のドラゴンなのだが…) -- 上空の闇竜バルボロス
  • ライチュウ「9ですね。」
    ピチュー「ナイーン」
    プクリン「ピチュー...ツッコんで欲しいの?」
    ピチュー「...」 -- ヨッシー一家
  • 黒焦げジタン「言っとくが、FF9の主人公はオ(ry」
    フライヤ「レとは限らぬ」
    黒焦げジタン「えぇ~!?」 -- 盗賊と竜騎士
  • ライチュウ「ジタンさん...」
    ピチュー「そんなにつめたくいわなくても...」
    プクリン「ごめん」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「一応…FF9はメインメンバー8名全員が主人公という裏設定があると言うのでな…」
    黒焦げジタン「でもさフライヤ、クイナ、ロリショタサラマンダーは空気じゃねーかよぉ」 -- 竜騎士と盗賊
  •  …(FF9ではサブキャラ扱い) -- 屋敷の中のベアトリクス
  • ライチュウ「私はピカチュウの影に隠れがちです...(でんきだま...)」
    プクリン「ライチュウ様...?」
    ピチュー「...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「うるさいわい!」
    黒焦げジタン「しかもお前…メインキャラのくせにベアトリクスより影が薄いというねw」 -- 竜騎士と盗賊
  • ライチュウ「はぁ...」
    プクリン「何があったのかしら?」
    ピチュー「さぁ?」 -- ヨッシー一家
  •  …へくしっ(気絶状態から回復) -- ランディアA
  • ライチュウ「OTL」
    ピチュー「やっとおきたとおもったら...こんどはおちこんだw」
    プクリン「苦労人ね...ライチュウ様...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…ライチュウは一体どうしたというのじゃ…」
    黒焦げジタン「…………これのせい?(でんきだま!)」 -- 竜騎士と盗賊
  • ライチュウ「私だって...でんきだまさえ使えれば...」
    プクリン「...」
    ピチュー「...(汗)」 -- ヨッシー一家
  •  …悩んでいるみたいだな…よし、オレが小細工してやる(でんきだまになにかし始める) -- 黒焦げジタン
  • ジタンよ、何時の間に道具改造の能力を身につけたのじゃ。 -- フライヤ
  • ライチュウ「...」
    プクリン「あら?ピチュー...あんたもでんきだまもってるじゃない。」
    ピチュー「これ?ロコモにペンダントにしてもらったんだー」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「確か、未来事件の解決の際に…」
    黒焦げジタン「…アレをこうして、これをこ(ry (爆発!) …」 -- 竜騎士と盗賊
  • ピチュー「そうそう、ルクテンさんにもらったんだー」
    プクリン「ま、ピチューも使えないからね...ってジタン!?」
    ライチュウ「...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…私は未来に行ってなかったから何も貰えなかったがな(そりゃそうだ)」
    真っ黒ジタン「…やり方間違えちまった。あはっ☆」
    フライヤ「…もはや誰だか分からぬぞ(真っ黒ジタンを見て)」 -- 竜騎士と盗賊
  • ピチュー「ちなみにレシラムは...w」
    プクリン「未来に行ってたの!?...そういえばそんな話してたわねー」
    ライチュウ「OTZ」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「orz」←地獄にてブレスレットの存在を消された為
    真っ黒ジタン「…ダメだこりゃ」 -- 竜騎士と盗賊
  • プクリン「ちょっ...ピチュー!」
    ピチュー「あ...」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「orz」
    真っ黒ジタン「…もしもーし、フライヤとライチュウ生きてるー?」← -- 竜騎士と盗賊
  • A「勝手に死んだ事にするな」
    C「まぁまぁ…」
    D「どうすりゃいいんだ?」 -- ランディア達
  • ライチュウ「orz」
    ピチュー「ねたり、おちこんだり...たいへんだね、おにいちゃんも...」
    プクリン「そうね...(そんなライチュウ様でもあたいは大好き♪)」 -- ヨッシー一家
  •  …後で体洗ってこよ…。 -- 真っ黒ジタン
  • A「それだけ苦労しているのだろうな…」
    D「サボリーダーが言うなし」←
    C「…(汗)」 -- ランディア達
  • ライチュウ「orz」
    ピチュー「おにいちゃーん」
    プクリン「これは暫くはこのままね...」 -- ヨッシー一家
  • A「こいつもだけどな…」
    フライヤ「orz」
    D「ババァワロスwww」←
    C「空気を読んでくダサい(D)」←
    A「…しばらくはそっとしておこう…」 -- ランディア達と…
  • プクリン「そうね...」(ランディアAの発言を聞いて)
    ピチュー「またおにいちゃんふざいか...」 -- ヨッシー一家
  • D「ゑ、何? ほっとけば元気になるって奴?」
    A「いいからお前(D)は黙れ」
    C「…(汗)」 -- ランディア達
  • (帰ってきた)なーによビビったら、いつの間にか女の子と付き合っちゃってさぁ! -- イライラエーコ
  • プクリン「ライチュウ様ならすぐに立ち直るわよ!」
    ライチュウ「orz」
    ピチュー「そうかなぁ...」
    プクリン「ん...?あんたは確か...」(エーコを見て) -- ヨッシー一家
  • 最近姿を見てなかったのは、あんなことしてたからなのね!(?) -- イライラエーコ
  • D「そうかぁ?」
    C「…逆に心配です」
    A「…あの幼女(エーコ)…何か嫌なことでもあったのだろうか…」 -- ランディア達
  • プクリン「大丈夫!心配ないわよ!」(ランディア達へ)
    ピチュー「どうしたんだろう...」(エーコを見て) -- ヨッシー一家
  • 全く、身近に美少女がいるって言うのに!あの鈍感ビビはーっ!(発言が痛い!) -- イライラエーコ
  • C「そうですよね、ライチュウさんなら大丈夫ですよね」
    D「そして省かれるもう一匹ワロスwww」
    A「…痛いぞ!(エーコの発言を聞いて)」 -- ランディア達
  • プクリン「痛いわ...あの子。」(エーコを見て)
    ピチュー「(ちょっとまえのプクリンもいたかったけどね)」 -- ヨッシー一家
  • A「ん? ちょっと待てよ? あの幼女(エーコ)あんなに自信過剰だったか?」
    C「分かりません」
    D「ガキの事なんか知ったこっちゃねーよ」← -- ランディア達
  •  …実際、本編でも『薄幸の美少女って言葉、エーコのためにあると思わない?』と言っていたそうだ。 -- 舞台裏:ロラン
  • プクリン「...(汗)」
    ピチュー「なにがあったんだろう」 -- ヨッシー一家
  • というかディトアって誰!? …ムカつくのだわー!(怒りながら屋敷の中へ) -- イライラエーコ
  • プクリン「ディトア?」
    ピチュー「...?」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • A「ディトアとは確か…12歳の女だったはず…」
    C「マジですか」
    D「…(裏がありそうだな)」 -- ランディア達
  • プクリン「...なるほどw」
    ピチュー「なにがなるほどなの?」 -- ヨッシー一家
  • A「しかし、ビビは見た目9歳だが、実際は0歳…恋愛には疎いはずだが…」
    C「年齢なんて関係ありませんよ」
    D「お前が言うな」 -- ランディア達
  • プクリン「そうそう!愛に年齢なんて関係ないわ!」
    ピチュー「そういうものなの?」 -- ヨッシー一家
  • ふぁ~あぁ…呆れる話だ。いくら白竜が新たな力を得たと言えども、私に勝てるわけがない。
    …私も新たな力を得ておるからな…。 -- in地獄の乱琴
  • D「なぁ…俺等の所に『女装している男が一人いる』という話が…」
    A「知らん」
    C「そうですよ、年齢や種族を越えて愛という物が存在するのです!」
    A「…お前、そんなに恋愛に詳しかったっけ?」 -- ランディア達
  • プクリン「全くそのとおりよ!」(ランディアCへ)
    ピチュー「じょそう...?」 -- ヨッシー一家
  • C「ですよねー」
    D「何お前等意気投合してんの?」
    A「女装というのは、男のくせに女の服装をしている奴の事を言う…」 -- ランディア達
  • プクリン「ねー」
    ピチュー「へぇ...そうなんだー」 -- ヨッシー一家
  • A「それの逆が男装だ。雷鎖堂のあいつ(悠の方)がやっているような」
    D「あいつ男じゃね?」←
    C「実らない愛なんてありません。努力すれば必ず実るのです!(演説状態)」 -- ランディア達
  • プクリン「いい事言うじゃなーい!」(ランディアCへ)
    ピチュー「ためになるねー」 -- ヨッシー一家
  • C「そ、そうですか? 照れますぅ(プクリンの発言に)」
    D「いつも寝てるくせにこういう時に限って真面目になんなよ」
    A「…気にするな」 -- ランディア達
  • あーさっぱりした☆(屋敷から出てきた。体を洗ってきたようです) -- ジタン
  • プクリン「(あたいもいつかはライチュウ様と...!)」
    ピチュー「あ、ジタン。きれいになったねー」 -- ヨッシー一家
  • C「プクリンさん、応援してますよ(何を?)」
    D「綺麗な盗賊って変なのー」
    ジタン「いやー、真っ黒な姿じゃ見た目も悪いから洗ってきたのさぁ☆(ピチューに対し)」
    A「…黒ジタン…(汗)」 -- ランディア達と盗賊
  • プクリン「ありがと。あたい、頑張るから!」
    ピチュー「そうかぁー。からだはきれいにしなくちゃね!」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • C「えぇ!」
    ジタン「後、女の子にもてる為には常に体を清(ry」
    D「何言ってんのかなぁ?(ジタンにランディア砲)」
    ジタン「やめろォ!(残りHP94)」 -- ランディア達と誑し盗賊
  • プクリン「ライチュウ様達はまだ...」
    ピチュー「ジタンがやられそうだよ!」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「オレが何をしたって言うんだ!」
    D「お前の意見は当てにならない(5回早口で言う)」
    フライヤ「orz」
    C「…元に戻りませんね(汗)」
    A「…(誰か来そうな気がする…)」 -- 誑し盗賊とランディア達と…
  • プクリン「ライチュウ様ー」
    ライチュウ「orz」
    ピチュー「なにかしげきがあればいいんだけどねー」
    \モエルーワ/←? -- ヨッシー一家
  • ジタン「てかお前に言われると腹立つ!」
    D「何だとこのサル!」
    C「二人とも落ち着いて下さいよー」
    フライヤ「orz」
    A「…(やっぱりな…)」 -- 誑し盗賊とランディア達と…
  • プクリン「ん?なんか聞き覚えのあるような無いような声が聞こえt」
    Wキュレム「ふぅ...いつもの4倍のスピードで来れた...」(空から登場)
    ピチュー「だれ!?」 -- ヨッシー一家
  • A「…誰だ!」
    C「新しい人ですか?」 -- ランディア達
  • Wキュレム「ふっ...(ちょっと遊んでみるか...)」←
    プクリン「誰よ?」
    Wキュレム「我は...ホワイトキュレムだ...!」
    ピチュー「キュレム...?」 -- ヨッシー一家
  • D「ワロスキュレム?」←
    A「全く、お前って奴は…」
    C「キュレム? …聞いた事がありませんね」 -- ランディア達
  • Wキュレム「聞いたこと無くて当たり前だ。お前たちには初めて会うのだからな!」
    プクリン「うーん...何か引っかかるのよねぇ...」
    ピチュー「ぼくはしらないなぁ...」 -- ヨッシー一家
  • A「てかお前レシラムだろ」
    D「ワロスwww」←
    C「ちょ、ダンプ(D)何言ってるんですか…」 -- ランディア達
  • ジタン「…誰かあいつ(ランディアD)を黙らせてやれ」
    フライヤ「orz」 -- 盗賊とorzネズミ
  • Wキュレム「な、何を言うか!我はホワイトキュレムだと...」
    プクリン「あーレシラムか。」
    ピチュー「レシラムのこえもするしねー」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • A「隠すな。一体何があってその姿になったというのだ」
    D「ワロスwww」←懲りない
    C「もう黙って下さいよぉ…(汗)」 -- ランディア達
  • ジタン「へ? てっきり別人かと」
    フライヤ「orz」 -- 盗賊とorzネズミ
  • Wキュレム「分かった...実はだな...」(説明中)
    プクリン「ゑ?あの女、リミュウの妹だったの!?」
    ピチュー「おどろきー」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • A「ふむ…そのような事があったからか…」
    D「もうこいつの名前ワロスキュレムで良いよwww」←
    C「…(滝汗)」 -- ランディア達
  • Wキュレム「ああ...後お前(ランディアD)いい加減にしないと凍らすぞ」
    プクリン「ふむ...色々あったのね。」
    ピチュー「ぜひフライヤにもみせてあげたいね!」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • D「ゑ? 何の話?www」←
    A「…いい加減黙れ (久々にボケ(B)からの通信あり。元気そうで何よりだ)」
    C「…ですが、今はフライヤさんが…」 -- ランディア達
  • ジタン「なんつーか…かっけぇ(ホワイトキュレムを見て)」
    フライヤ「orz」 -- 盗賊とorzネズミ
  • Wキュレム「照れるじゃないか...(ジタンの発言を聞いて)フライヤ...何があった...」
    プクリン「ライチュウ様もこの調子なのよー」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • ランディアD「マジワロスwww」
    ジタン「はいはい襲われたくてたまらないんですねこのドM …よくワカンネェけどこんな感じだ」
    フライヤ「orz」 -- 懲りない赤竜と盗賊とorzネズミ
  • Wキュレム「よし、まずはお前を凍らす。」(ランディアDへ冷凍ビームを放つ)
    ピチュー「おにいちゃんもおきてよーレシラムがすごくなってるよー」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • D「ゑ(0/4800 しかも氷漬け)」
    A「これだからドMは…」
    C「…二人とも起きませんねぇ」 -- ランディア達
  • Wキュレム「ふむ...\モエルーワ!/」
    プクリン「何でいきなり叫ぶのよ...」
    Wキュレム「何となくだ...もしかしたら起きるかなと...」
    ライチュウ「orz」
    ピチュー「おきないし」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「orz」
    ジタン「…反応なしだな…」 -- orzネズミと盗賊
  • A「…しばらくは溶かさないからな」
    D「…(氷漬け状態)」
    C「…どうしちゃったんでしょ?」 -- ランディア達
  • Wキュレム「...ドブネズミ(ボソッ)」
    プクリン「ちょw」
    ピチュー「それいっちゃう?」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「orz」
    ジタン「…効果無し…?」 -- orzネズミと盗賊
  • Wキュレム「...こりゃ重症だ。」
    プクリン「どうすればいいの...」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • C「よっこらしょっと(ライチュウの上に乗った)」
    A「…?」 -- ランディア達
  • Wキュレム「ん...?」
    プクリン「何してるの?」
    ライチュウ「orz」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「ランディアがそっちなら …よし、女の子の扱いに慣れているオレがやってやろう(でも胸触る気満々)」←
    フライヤ「orz」 -- 盗賊とorzネズミ
  • C「…重みで起きたりしませんかね?」
    A「…我ら、大して体重ないのだがな…」 -- ランディア達
  • ライチュウ「orz」
    プクリン「...(ライチュウ様の腕、ちょっと震えてるw)」
    Wキュレム「...」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「…じっとしてろよ…ってアーッ! 隙間せまっ!(何の)」
    フライヤ「orz」 -- 盗賊とorzネズミ
  • C「…zzz(ライチュウの上で寝始める)」
    A「迷惑極まりない…(汗)」 -- ランディア達
  • Wキュレム「...」(ジタンを見てる...)
    ライチュウ「...ぐえっ」(倒れる)
    プクリン「あ、起きたわ!」 -- ヨッシー一家
  • A「起きろ! ライチュウ起きたぞ!」
    C「…zzz」←一旦寝るとすぐには起きられない -- ランディア達
  • ジタン「…本当に胸ないなコイツwww(触ってる…)」
    フライヤ「…(イラッ)」 -- 盗賊とorzネズミ
  • プクリン「もー仕方ないわねー」(ランディアCを持ち上げて下ろす)
    ライチュウ「ふぅ...」(起き上がる)
    ピチュー「おはゆー」
    Wキュレム「...フライヤも起きそうだな」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「あ、でも、気持ちいい…☆」
    フライヤ「…(起きたようだが、抵抗できない)」 -- 盗賊とorzネズミ
  • ライチュウ「ここ最近、何だか記憶が飛び飛びなんですが...」
    プクリン「気にしない気にしない!」
    ピチュー「しんぱいしなくても、だいじょうぶー」
    Wキュレム「ジタン...フライヤ起きてるぞ...」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「えー、もう少し触らせろー」
    フライヤ「…いい加減離れぬか」
    ジタン「ヤダ、久々だから」← -- 盗賊とネズミ
  • Wキュレム「...(汗)」
    ライチュウ「はぁ...疲れてるんですかね?」
    プクリン「そうよ。ライチュウ様は苦労してるから。」
    ピチュー「そうそう」 -- ヨッシー一家
  • ジタン「そして揉めばも(ry (フライヤに殴られる)」
    フライヤ「…少し失神してた私も悪いが」 -- 盗賊とネズミ
  • Wキュレム「そういえばフライヤに会うのは久々だな...」
    ライチュウ「ゑ!?何ですかこの竜!?」
    プクリン「あ...」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「! 何者!?(Wキュレムを見て槍を構えた!)」 
    ジタン「先程殴られた所がいてぇ…」 -- ネズミと盗賊
  • A「…(この後どうなる?)」
    C「ふぁ~あぁ…(起きた)」 -- ランディア達
  • ライチュウ「敵ですか!?」
    Wキュレム「あ...あの...我は...」(ちょっと焦ってる)
    プクリン「…(ここは様子見でもしよw)」
    ピチュー「…(どうなるかなー)」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「問答無用!(Wレシラムに向けて槍投げ!)」
    ジタン「結局それかい!」 -- ネズミと盗賊
  • ライチュウ「はぁぁぁ!」(Wキュレムへ雷を落とす)
    Wキュレム「ぬわす!(74500/85000)」
    プクリン「…(襲われたw)」
    ピチュー「…(おにいちゃんも…)」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…体力高っ!?」
    ジタン「すげー」
    …君ら、ちょっと実験台になってくんね?(二人の足元から謎の空間が現れ、二人を引きずり込む) -- ネズミと盗賊と…
  • A「…我の体力の10倍以上…だと…!?」←HP5600
    C「答え 1の『襲われる』でした(通信機のBに対し)」 -- ランディア達
  • Wキュレム「はっはっはっw我はタフさは..ってフライヤ、ジタン!?」
    ライチュウ「フライヤさん!ジタンさん!」(フライヤ達へ駆け寄る)
    プクリン「何よこれっ!」
    ピチュー「うわわっ!?」 -- ヨッシー一家
  • フライヤ「…どういう事じゃ!?(何者かに引きずり込まれる)」
    ジタン「オレ巻き添え始めてー(こっちも)」← -- ネズミと盗賊
  • A「…何があったというんだ…」
    C「…」
    \大変でありんす~!/←屋敷内部から -- ランディア達と…
  • Wキュレム「くっ...何が起こっている!?」
    ライチュウ「待ちなさーい!」
    プクリン「何なの…一体…」
    ピチュー「こ、こわいよー」 -- ヨッシー一家
  • A「我にはさっぱりだ…」
    C「! 誰か来てます!」
    リムス「(屋敷から登場)ゼェゼェ…ふ、不可解な事が発生してるっす!」 -- ランディア達と…
  • Wキュレム「お前は確か…魔界の」(リムスを見て)
    ライチュウ「リムスさん!」
    プクリン「久しぶり…ってそんな事言ってる場合じゃないわ!何事よ!?」
    ピチュー「こわい…」 -- ヨッシー一家
  • リムス「(オレっちの名前ひどっ!)…ウィヤとミサラが眠らされ、魔界でも人口の約7割が急に亡くなるという事件が…」
    ランディアA「約7割って…」
    ランディアC「微妙な数字ですね(ゑ)」 -- バカ栗鼠君と赤竜達
  • Wキュレム「何ィ!?」
    ライチュウ「まさか…再び魔界が…!?」
    プクリン「あのクソガキ王子達が心配だわ…」
    ピチュー「?」 -- ヨッシー一家
  • リムス「そうなんでっす!(ライチュウの発言に対し) で、一番不可解なのが『獣の尾、羽を持つ人物だけが死んだ』ということっす」
    ランディアC「…?」
    ランディアA「…どういう事だ?」 -- バカ栗鼠君と赤竜達
  • ディザルブ国王「一体どうなっているというのだ!」
    シェイレンデン「私には分かりませぬ…」
    漣「お兄様…お兄様ー!」 -- in魔界のディザルブ城
  • Wキュレム「何だと!?」
    ライチュウ「一体何が…」
    プクリン「せっかく平和になった魔界が...」
    ピチュー「...ロコモー!こわいよー!」 -- ヨッシー一家
  • レシラムはん達が魔界を平和にしてくれたのは知ってるっす…。
    だけど、最近また変なのが来て…
    魔界の人々のほとんどが亡くなるわ、旅の扉は真っ黒になるわ、南西の方角に変な塔を建てられるわで…。 -- リムス=ネイビ
  •  …何だろう、これ?(一枚の紙切れを見つける) -- その頃、他の所では…
  • Wキュレム「許せんな...」
    ライチュウ「しかも前よりも危ない状況みたいですね...」
    プクリン「あたいもブチ切れそうよ...!」
    ピチュー「...」 -- ヨッシー一家
  •  …ちなみに、その亡くなった人々の中にソリュート王子入ってるっす。 -- リムス=ネイビ
  • Wキュレム「なん...だと!?」
    ライチュウ「そんな...」
    プクリン「あのクソガキが...」
    ピチュー「ゑ!?」 -- ヨッシー一家
  • 確かに、あの王子も竜の羽と尻尾を持つ人間ですし…。
    ウィヤ、ミサラは襲われたのに、オレっち襲われませんでした(どう見ても普通の人間にしか見えない半人半栗鼠) -- リムス=ネイビ
  • A「…なら、普通の獣は?」
    C「まさか、人間しかいないという事はありませんよね?」 -- ランディア達
  • Wキュレム「...」
    ライチュウ「まさか...この前、ソリュートさんを攫った奴の仕業...!?」
    プクリン「あり得るわね...」
    ピチュー「なにがもくてきなんだ...」 -- ヨッシー一家
  •  …よく分からないっす。 あ、普通の獣ならいるっすよ?
    …へ?この前ソリュート王子を捕らえた奴がいるんすか?(ライチュウに対し) -- リムス=ネイビ
  • ライチュウ「はい。」(リムスへ説明する)
    プクリン「じゃあ...フライヤ達も危ないわ!」
    Wキュレム「っ...!」
    ピチュー「...」 -- ヨッシー一家
  • マジっすか…それにしても、王子その部分知っておいて欲しかったっすねぇ(汗)
    …ちょ、姉御達が危ないだって!?(奴の言う姉御とはフライヤの事だ!) -- リムス=ネイビ
  • A「何か資料は?」
    C「ありませんよ…」 -- ランディア達
  • プクリン「フライヤとジタン...共通点は何?」
    ライチュウ「...尻尾!」
    Wキュレム「助けに行かなければ...!」
    ピチュー「でもこわい...」 -- ヨッシー一家
  • ジタンはんは半人半猿、フライヤの姉御は獣人っすけど…(前者間違ってる) -- リムス=ネイビ
  • ジタン「おい! 何をする気だ!」
    ???「半分人間、半分サルの君を今すぐこの薬で生命を抜き取ってやる」
    ジタン「ちょ、オレサルじゃねーから!」
    フライヤ「何たる外道…!(ジタンの発言に吹きそうじゃ…)」 -- 魔界に連れ去られた二人
  • プクリン「尻尾がある奴とか羽のある奴が死んでるんでしょ?」
    ライチュウ「そうですね...」
    Wキュレム「くそっ…!『レシラム...焦ってはいかんぞ。』分かっている!」
    ピチュー「...?」 -- ヨッシー一家
  •  …そうでありんす。 !そう言えば『半人半獣など不要、惨たらしく去ね』という声を聞いたっす! -- リムス=ネイビ
  • ???「…変だな、薬を飲ませたはずなのに平気だと?」
    ジタン「あまり言いたくはないけどよ…オレ、半人半獣でもない、ジェノムだよ」
    フライヤ「見た目がどう見てもサルじゃけどな」
    ジタン「それ言わないでー!(泣)」 -- 魔界にて
  • プクリン「やっぱり...!」
    Wキュレム「リムス!早くあいつらを...!」
    ライチュウ「...(結局この竜は何者なのでしょうか)」
    ピチュー「あせっちゃだめだよー」 -- ヨッシー一家
  • オレっち非戦闘要員なんで案内することしか出来ないっす!(んなこた聞いてねぇ) -- リムス=ネイビ
  • Wキュレム「とりあえず、魔界には行けるのか?」
    ライチュウ「プクリン。この竜は...」
    プクリン「あ、ライチュウ様に説明してなかったわね...」
    ピチュー「レシラムだよー」
    ライチュウ「ゑ」 -- ヨッシー一家
  • 行けるっすよ。だけど、前よりも天候が酷いっす。おもに雷鳴が鳴り響くとか。 -- リムス=ネイビ
  • Wキュレム「それくらいなら大丈夫だ。」
    ピチュー「だいじょうぶなの?」
    ライチュウ「本当にレシラムさんなんですか?」
    プクリン「ええ...事情は後で説明するわ。」
    ライチュウ「にわかには信じがたいですね...」 -- ヨッシー一家
  •  …少々心配っすけどねぇ…奴なら南西に新しく作られた塔に居るはずでっす。 -- リムス=ネイビ
  • A「…我も行く!」
    C「私も行きます!」 -- ランディア達
  • Wキュレム「よし!行くぞ!」
    ライチュウ「…私も行きましょう!(確かにレシラムさんの様な感じがしますね...)」
    プクリン「あたいも行くわ!」
    ピチュー「ぼくもー」 -- ヨッシー一家
  •  …分かりましたっす。ただし、相手の事についてはあんまり知りませぬ。
    …今、ディザルブ国王様が調べているらしいんすけどねぇ。 -- リムス=ネイビ
  • ???「なんだ、つまんないの。君は趣味で尻尾をつけてる普通の人間か」
    ジタン「いや、元からついてるし」
    ???「まぁいいや、とりあえずこの獣人を…はっ!(フライヤに怪しげな魔法をかける)」
    フライヤ「!?(人形化)」
    ジタン「はいぃ!?」 -- 魔界の塔にて
  • Wキュレム「...嫌な予感がする。『私もだ』」
    ライチュウ「未知の敵ですか...」
    プクリン「ええ...今までよりも大変かもしれないわね。」
    ピチュー「ロコモ...ぼくがんばるから!」 -- ヨッシー一家
  • はいいけど…回復役がいないでありんす。誰か呼んできまっす? -- リムス=ネイビ
  • リアンシャがいくー!(突如出現) -- どっから出てきた!?
  • Wキュレム「...お前は!」
    ピチュー「リアンシャ!」
    プクリン「知り合い?」 -- ヨッシー一家
  • リムス「一応知り合いかな…ってどっから出てきたん!?」
    リアンシャ「かいふくやくがほしいっていうこえがきこえたからー!」
    リムス「なんつーか、おチビちゃんらしいっつーか…」 -- バカ栗鼠君と星使い
  • ピチュー「リアンシャならこころづよいよ!」
    プクリン「そうなの?」
    Wキュレム「かなり危険な所だが...大丈夫か?」(リアンシャへ) -- ヨッシー一家
  • リアンシャ「だいじょうぶだよ! こわいことにはなれてるし!」
    ランディアA「そう言えば…前に色々あったみたいだしな…」
    ランディアC「私達もついているので大丈夫ですよ」 -- 星使いと赤竜達
  •  …(ところで、氷漬けにされた俺は無視?) -- ランディアD
  • Wキュレム「そうか...分かった。」
    ライチュウ「リムスさん、案内お願いします。」
    ピチュー「いくよーっ!」
    プクリン「...w」(ランディアDを見て) -- ヨッシー一家
  • リムス「はいはーい。魔界へ通じる旅の扉に案内しまーっす(屋敷の中庭へ)」
    リアンシャ「何があるのかなー」
    ランディアA「…デリバー(D)は放置で」
    ランディアC「仕方ありませんね…」
    氷漬けのランディアD「…(あ、ちょ)」 -- バカ栗鼠君と星使いと赤竜達
  • Wキュレム「…(今のこの姿の力を試す時が来たようだ...!)」
    ライチュウ「お願いします...!」
    ピチュー「はーい!」
    プクリン「www」 -- ヨッシー一家
  • リムス「…ここから行けまっす(真っ黒な旅の扉を指差す)」
    リアンシャ「れっつごー!(飛び込む)」
    ランディアA「いくぞ!(こいつも)」
    ランディアC「待って下さいよー(二人に遅れて飛びこむ)」 -- バカ栗鼠君と星使いと赤竜達
  •  …(てかさー、他に誰かいないの? 氷溶かせる奴とか…) -- 氷漬けランディアD
  • Wキュレム「今行くぞ!」(飛び込む)
    ライチュウ「行きます!」(同上)
    プクリン「えーい!」(同上)
    ピチュー「よっと」(同(ry) -- ヨッシー一家