キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.41


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今回のあらすじはアタシがやるわ。
    ・フラットレイの発言が実はフラグだった。
    ・閻魔の奴、10万人の心を奪ってるのよね。前まで数千人だったはずなのに…。
    ・ピチューのバッグに妙な形の爆弾?効果は分からなかったけど…。
    ・ビクティニが再び登場。
    ・ついに地獄へ向かった5名。閻魔め、懲らしめられてしまえー。
    前回の最後らへんでようやく名前が出せたアタシなのでした。今回は地獄編よ…ねっむ。 -- あらすじ:メトゥエ
  • 溶岩の上に氷が浮いている? いくつか変な光景がある。 -- 地獄の様子。
  • レシラム「再び来たな...」
    バハムート「むぅ...ここが地獄か。」
    ビクティニ「ぞっとするぜ…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…(変な光景じゃな…)」
    ジタン「だから何なのこの名前表記!(泣)」 -- 竜騎士と勝手について来たゴミ
  • バハムート「レシラム...前に来た時はこうだったのか?」
    レシラム「いや、こんな感じではなかった...」
    ビクティニ「…(ゴミってw)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…天井に針の山があるゥゥゥ!!!(先走っちゃった)」
    ジタン「先走るな! …と言うかこの名前表記どうにかして(泣)」 -- 竜騎士といらないゴミ
  • レシラム「…フライヤ!先走るな!」
    バハムート「…(前のお主もこうだったぞ)」
    ビクティニ「オイラも行くぞ~」(フライヤの後を追う) -- 白竜と竜王+勝利星
  • \何じゃこりゃァァァ!!!/ …何だ? -- ゴミジタン
  • レシラム「どうしたフライヤ!」
    バハムート「何か見つけたのか?」 -- 白竜と竜王
  • \やたらと柔らかい物があって先に進めぬぞォ!/ …www(何故笑う) -- ダストジタン
  • ビクティニ「何かがあって進めないぜ…」
    レシラム「柔らかいもの...?」
    バハムート「何だそれは...?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • \…しくしく//フッフッフッ、失礼した\ …フライヤ何故泣くし。 -- ダストジタン
  • レシラム「…?」
    バハムート「前途多難だな...」
    ビクティニ「フライヤが泣いちゃったぜ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • \少し悪戯してやったが、まさか泣くとは… 計画通り/ …あのなー。 -- ゴミジタン
  •  …(プライドを打ち砕かれた様子) -- フライヤ
  • レシラム「…」
    バハムート「貴様...」
    ビクティニ「むっ...」(警戒している) -- 白竜と竜王+勝利星
  •  …いくらレディでも女の子をいじめる奴は許せねぇなぁ。 -- ジタン、ダストボックスにでもいってろ。
  • おっと、失礼(姿を現す) -- 遊んでた閻魔
  • レシラム「やはり貴様か...悪霊閻魔。」
    バハムート「余裕だな...!」
    ビクティニ「…」(手を鳴らしてる) -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「やはり来たか愚か者共(現在女性形態)」
    ジタン「…(と思ったけどやっぱり見ちゃうな)」← -- 悪霊閻魔とゴミ
  • レシラム「来てやったぞ...今度こそ決着を付けるためにな。」
    バハムート「むぅ...」(乱琴から目を逸らす)
    ビクティニ「やってやるさ!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「果たしてそれが汝等に出来るか。ほっ(紫色の光を一つ手の上に浮かべる)」
    ジタン「…♪」← -- 悪霊閻魔とゴミ
  • レシラム「前の我だと思うな...!」
    バハムート「むぅ...」
    ビクティニ「なんだ!?あの光は...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…見て思い出さぬか?(その光をブラッドランスに変形)」
    ジタン「それって…」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • もう二度と見たくない物を見せよった…(しくしく) -- フライヤ
  • レシラム「あれは...」
    バハムート「ブラッドランス...!」
    ビクティニ「…?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「フフッ…あやつ(フライヤ)の心を変形させてもらった」
    ジタン「先程の木霊の女の子の言ったとおりだ!」 -- 悪霊閻魔とゴミザル
  • ビクティニ「先手必勝!」(乱琴に火炎弾を放つ)
    バハムート「ビクティニ...!」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「温いな(ダメージ0) フフフッ、あの哀れなネズミは精神攻撃にも弱いとみた」
    ジタン「他人の心を弄ぶなッ…!」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • orz(お前という奴は…) -- フライヤェ…
  • ビクティニ「げっ...効いてねぇ!」
    バハムート「貴様...!」
    レシラム「人の心を弄ぶなど...外道その物。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「フフフッ、それがどうかしたか? とりゃっ(ブラッドランスを投げつける)」
    ジタン「それはオレが喰らってやるよ…ッ(残りHP400)」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  •  …(精神的にHP-100) -- フライヤ
  • レシラム「ジタン...!」
    ビクティニ「なら...これでどうだっ!?Vジェネレート!」(巨大なV字の炎を乱琴へ放つ)
    バハムート「…(行けるか?)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「(ダメージ10)…ククッ(ジタンに刺さったブラッドランスを戻す)」
    ジタン「…すげー痛かったー」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • ビクティニ「あんにゃろー...」(素早さと防御が下がった!)
    バハムート「ビクティニのVジェネレートを食らってもあの程度とは...」
    レシラム「やはり並大抵の技では無理か...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「他人の心など、扱い次第でよき物にも悪しき物にもなる…(フライヤの心を魔界(2回目)のあの姿にする)」
    ジタン「…光属性に弱いって木霊妖怪ちゃんが言ってなかったっけ?」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • ビクティニ「んな事言ったってーオイラ光属性の技なんて使えないし...」
    バハムート「…我は使えるぞ」
    ビクティニ「マジで?」
    レシラム「閻魔…ッ!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • ジタン「オレも武器で1つだけ光属性の奴あるけどさ…」
    乱琴「…フフッ。 氷の燈火ぞ(ヴィノルの技だ。ジタンに)」
    ジタン「うおっ、あぶねっ(ギリギリ回避)」 -- ゴミと悪霊閻魔
  • バハムート「この技は本来使えぬはずだが...この世界で生活していく内に習得していたようだ。」
    ビクティニ「誰に説明してんの?」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • ジタン「何、気にすることはない(バハムートの発言に対し)」
    乱琴「クククッ、鬼火と月妖も私の力となった」
    ジタン「レディでもさ…あんまりだと思うぜ、それ」 -- ゴミと悪霊閻魔
  • orz(精神的HP-300) -- フライヤ
  • レシラム「この外道が…」
    バハムート「我の新技...行くぞ!ホーリーブレス!」(光のブレスを乱琴へ放つ)
    ビクティニ「おおーっ!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…!?(ダメージ100、誰かの心が1つ飛びだす)」
    ジタン「ん? なんだありゃ?(光=心の一部を見て)」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • バハムート「うむ...!」
    ビクティニ「何か出てきたぞ!」
    レシラム「…(バハムート...やるな)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…がどうかしたか?(心を引きもどし、自分の中へ)」
    ジタン「…」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • バハムート「ならば...もう一発食らわせてやろう!」(再び乱琴へホーリーブレスを放つ)
    ビクティニ「…バハムート!」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 同じ技を二度も喰らうと思うな…(回避) …氷の燈火ぞ(バハムートに向けて) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • フライヤ「…(精神的HP-450)」
    ジタン「…(フライヤ…お前…)」 -- orzネズミとゴミ
  • バハムート「ぐぅっ...(31500/40000)やはりそう上手くは行かんか...!」
    ビクティニ「ですよねー」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…フッフッフッ、愚かな者よ(ジタンから心の一部を抜き取る)」
    ジタン「…(フライヤを)倒しちゃえ(オリハルコン(光属性の短剣)を取り出す)」←
    乱琴「…(先程出して遊んでいた心を全て自分の中に戻す)」 -- 悪霊閻魔とゴミ
  • バハムート「何っ!?」
    ビクティニ「何の心を奪いやがった!?クソ閻魔!」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…『命を大切にする心』等不用であろう?」
    ジタン「いくz…アーッ!(orz中のフライヤに蹴られた)」 -- 悪霊閻魔とゴミ(笑)
  • バハムート「下劣な奴め...!」
    ビクティニ「この野郎ォォ!」(乱琴へ突撃する)
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…使えぬな はっ(突撃してきたビクティニに向けて闇魔法)」
    ジタン「…えは、どっちだ…(?)」 -- 悪霊閻魔とゴミ(笑)
  • ビクティニ「ああん(5560/7770)」
    バハムート「変な声を出すな...」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…汝等の心を抜き取ってやっても良いのだぞ?」
    ジタン「…は…取り戻したいのか、取り戻したくないのか、はっきりしろよ…」 -- 悪霊閻魔とゴミザル
  • ビクティニ「うるせー!寝言は寝て言いやがれ!」(乱琴へはじける炎を放つ)
    バハムート「ビクティニ...!」(乱琴へメガフレアを放つ)
    レシラム「ジタン...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「汝等の攻撃は温い。その一言に尽きる(ダメージ3)」
    ジタン「答えろ、フライヤ…」 -- 悪霊閻魔とゴミザル
  •  …したい…(?) -- orzフライヤ
  • ビクティニ「ねーねーバハムート、どうしよー(笑)」
    バハムート「ギガフレアとホーリーブレスを上手く組み合わせられぬものか...(ブツブツ)」
    レシラム「…?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 少しは実力があるかと思ったが、とんでもない。汝等は戻っても良い。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ジタン「何ー聞こえなーい(ウゼェ)」
    フライヤ「…を、取り戻す…その為に来た…」 -- ゴミザルとorzネズミ
  • ビクティニ「うわ、クソ閻魔うぜぇ」
    バハムート「帰れと言われて素直に帰る馬鹿が何処にいる?」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  …私が強制送還させてやっても良い。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ジタン「生憎、今のオレ達に戻る道はないんだ」
    フライヤ「精神攻撃が…何じゃ…」 -- ゴミザルとorzネズミ
  • バハムート「解せぬな...お主の考えることは...」
    ビクティニ「つーかレシラム!お前、いつまで静観してるつもりだ!?」
    レシラム「…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 分からなくて結構。そこまでして死に急がなくてもよいのに。 フフフッ、仲間割れの始まりか? -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ジタン「…そう言えばそうだったな…」
    フライヤ「…」 -- ゴミザルとorzネズミ
  • バハムート「そうか...まあ、我らは死ぬ気など毛頭無いがな!」
    レシラム「…」
    ビクティニ「はぁ...一体どうしたんだよ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「あの地では大見得を切っていた割には、ここでは何も活動せぬか、愚か者」
    ジタン「オレの名前表記が不用品になってる件について(関係ない)」
    フライヤ「黙れ…ッ(乱琴にホーリーランス道具使用・ホーリー)」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • レシラム「ん...?どうしたビクティニ。」
    ビクティニ「何で戦わないんだよー」
    レシラム「何...奴があまりにつまらない戦いをするのでな。」
    ビクティニ「はぁ!?」
    バハムート「!?(あのレシラムが挑発だと...?)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…(ダメージ50)光属性…(また一瞬だけ心が出てくるが、戻す)」
    ジタン「…確かになぁ…」
    フライヤ「…」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • ビクティニ「レシラム...頭逝ったか?」
    レシラム「退屈すぎて眠りそうになった...」←
    バハムート「レシラム...お主、一体?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「ならば寝てればよい物を」
    ジタン「…(だから何が不用品だーッ!)」
    フライヤ「…(ジタン、おぬしも心を…)」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • レシラム「だが...この場で眠れる程、我も図々しくは無い。」
    ビクティニ「…(寝れたら大物だよ)」
    バハムート「何なのだ...あの余裕は...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「戯言をほざきよる(鼻で笑ってる)」
    ジタン「…(ほざいてんのはお前の方だー)」
    フライヤ「…(道具使用ホーリー)」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • レシラム「何とでも言うといい...所詮、貴様は我らには勝てぬのだからな...」
    ビクティニ「…(うわっ、高らかに勝利宣言しやがった!)」
    バハムート「…ホーリーブレス!」(乱琴へ光のブレスを放つ) -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「今のうちにせいぜい夢でも見ておくと良い はふぅ(ダメージ200 心が3つ…その内の1つの動きがおかしい)」
    ジタン「…んじゃ、オレは見てるだけでいーやw」←
    フライヤ「…フン、光弱点のくせによく言うわい」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • レシラム「夢かどうか...それは真実の光が教えてくれるだろう。」
    ビクティニ「ん?何だアレ?」(動きがおかしい心を見て)
    バハムート「ジタン...お主...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…何故!? 何故戻らぬ!?(動きのおかしい心を戻そうと必死)」
    ジタン「慌てるレディは可愛いなぁwww」←
    フライヤ「…? 私の元に近寄ってきてる?」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • レシラム「例えば...このようにな。」(レシラムの右手に光の玉が出現する)
    ビクティニ「フライヤの方に...来てる?」
    バハムート「その心はもしや...!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「な、何が起きているというのだ!?(慌て過ぎて何故か怪物形態に)」
    ジタン「何アレ気持ち悪い(怪物形態の乱琴を見て)」←
    フライヤ「…『真実を受け入れる心』…か?」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  •  …光に触れてみよ。 -- 誰?
  • レシラム「どうした...先ほどまでの余裕は何処へ言った?」
    バハムート「しかし...何故あの心だけが?」
    ビクティニ「んー?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「そ、その心を返せ!(…いや、本気を出せば何とかなるか)」
    ジタン「…分からないな、それは」
    フライヤ「…貴様に心を渡す価値は、ない(光に触れた途端、辺り一面に光が広がった…)」
    ジタン「…ゑ?」 -- 悪霊閻魔と不用品とネズミ
  • レシラム「ぬっ...」
    バハムート「グォァッ...!」
    ビクティニ「まぶちっ!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  ―汝は、真実を求むか
    ―…はい。ようやく、あの者の言っていた事を思い出したのです
    ―真実を求めし者と戦う気があるというのならば、汝に力を授けよう
    ―えぇ、戦います。私はもう逃げません…! -- 何が起きている?
  • ジタン「…何が起きてるのかさっぱり」
    乱琴「何が真実だ! 全て虚偽なる物ぞ!」 -- 不用品と悪霊閻魔
  • レシラム「…」
    バハムート「何が起こっているのだ!」
    ビクティニ「…オイラ生きて帰れる自信がありません。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  ―その力を全てあの者に見せつけよ
    ―はい…ところで、何ですか…これ…(汗)
    ―驚くのも無理はない。 …我は汝の戦いを見守る事にする
    ―質問に答えて下さいよ、龍神様… -- 光の中で
  • 汝等が、真実を求むるというのなら、私はその反対の道に引きずり込む! -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • レシラム「させぬぞ...外道閻魔!」(乱琴へクロスフレイムを放つ)
    ビクティニ「…帰れば良かった」←
    バハムート「馬鹿者!そんな事言うな!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「戯言もここまでだッ!(ダメージ7)」
    …光の中から天女のような姿をしたフライヤ現る。
    ジタン「…Who are you?(何故英語?)」 -- 悪霊閻魔と不用品と…?
  • レシラム「…フライヤ?フライヤなのか?」
    ビクティニ「おーあなたがかみか?」
    バハムート「違うだろう!...一体何が起こっている!?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「かなり姿が変わってしまったが、私じゃ。 …閻魔、貴様の愚行には目に余る物がある(左手に光を出したと思ったら、それを剣に変形)」
    ジタン「…(でも相変わらずwww)」←何がおかしい
    乱琴「ふ、ふざけるな、汝が、何故…」 -- 不用品と悪霊閻魔と…
  • レシラム「…」
    ビクティニ「すげー」
    バハムート「一体何が...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…『真実を照らし出す光は、時に闇を振り払う剣にもなる』…過去にそう言った奴がおったわ」
    ジタン「…www」←緊張感ない
    乱琴「戯言を…!(今度は男性形態に)」 -- 不用品と悪霊閻魔と…
  • レシラム「…!」
    バハムート「…(レシラムだな)」
    ビクティニ「…(ジタンw)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「過去も、真実も自らの糧として…!(乱琴に光の剣を振り下ろす)」
    乱琴「!?(HP104230+100000)」
    ジタン「何だよ+100000って」 -- 天女竜騎士と悪霊閻魔とバカ
  • レシラム「ぐぅっ...!」
    バハムート「ん?どうしたレシラム...」
    ビクティニ「すんげぇ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…奴は奪った心をもHPとして換算し、追加しておる」
    乱琴「暴きだしても…無駄な物だ…!」
    ジタン「あーなるほどなー」 -- 天女竜騎士と悪霊閻魔と不要物
  • レシラム「なん...でもない...」
    バハムート「大丈夫か?」
    ビクティニ「へぇー。そいつは厄介だぜ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…だからと言って無闇に刺激するのも良くない」
    乱琴「ならそれ(光の剣)をしまえ。もしくはこれだ、憎悪黒煙(辺り一面に闇の霧を放つ)」
    フライヤ「しまえと言われてしまう奴がどこにおる?(回避)」
    ジタン「…あにょーん(HP1)」 -- 天女竜騎士と悪霊閻魔と不用品
  • レシラム「…(28000/35000)」
    バハムート「レシラム...何があったんだ...?」(飛んで回避)
    ビクティニ「ぽえーん!(3070/7770)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…(あのサルうぜぇ…)」←
    ジタン「誰か治療してくるぇー(HP1)」
    フライヤ「仕方ない奴じゃのう。ほれ(ジタンに癒しの光)」
    ジタン「!?(HP全回復)」 -- 悪霊閻魔と不用品と天女竜騎士
  • レシラム「…すまぬな。少々頭に痛みが出てな...」
    バハムート「そうか...ならば良い。」
    ビクティニ「フライヤすんげぇ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • ジタン「…お前フライヤじゃないだろ! オレに対してこんなに優しくねぇぞ!」
    フライヤ「バカ者。だまっとれ」
    乱琴「ごちゃごちゃとうるさい愚か者共が…(ここでは場が悪いか)」 -- 不用品と天女竜騎士と悪霊閻魔
  • レシラム「だが、形勢は変わったぞ...このまま押せば行ける!」
    バハムート「よし...ビクティニ!我らも続くぞ!」
    ビクティニ「…オイラ達の攻撃が通用するかな...」
    バハムート「こらっ!弱気になるな!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「鬱陶しい! 現世送還!(フライヤに放つが…)」
    フライヤ「…で?(効果無しで、逆に怒らせてしまったらしい。左手にホーリーランス)」
    ジタン「やっぱり怖い方がフライヤらしいというね」← -- 悪霊閻魔と天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「うむ...!」
    バハムート「凄いぞ...」
    ビクティニ「頑張れー!フライヤー!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 乱琴「…こんなはずがないッ!(逃走準備)」←
    フライヤ「散々威張っていた割には情けない奴じゃな…」
    ジタン「飯食いてー」←だから緊張感なさすぎ -- 悪霊閻魔と天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「逃がすか...!流星群!」(乱琴へ尋常じゃない量の流星群を降り注がせる)
    バハムート「...ホーリーブレス!」(乱琴へ光のブレスを放つ)
    ビクティニ「Vジェネレートー!」(乱琴へVジェネレートを放つ) -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「七竜よ、力を合わせ行け!(七色の光で乱れ琴を攻撃)」
    乱琴「…!(追加HP10万が全て削れ、100個の心が飛びだす) …くっ…(逃げた)」
    ジタン「…ゑ? 終わっちゃった?」 -- 天女竜騎士と悪霊閻魔とゴミ
  • レシラム「逃げたか...」
    バハムート「口ほどにもないやつだ...」
    ビクティニ「よっしゃあ!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…にしては随分と楽に終わりよったな…(100個の心を解放)」
    ジタン「そう言えば…本体に攻撃行ってなくね?」 -- 天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「…」
    バハムート「そういえばそうだな...」
    ビクティニ「ゑ」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • その程度で私を倒せると思ったら大間違いだ…
    先程は場所が悪かっただけである。 -- 悪霊閻魔ァ…
  • ジタン「え? 何? 言い訳?」
    フライヤ「…『人を愛する心』…か」 -- 不用品と天女竜騎士
  • レシラム「…(メザリバ...)」
    バハムート「ふむ...」
    ビクティニ「言い訳乙w」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 場所さえ良ければ、汝等を即座に倒す事など容易い物ぞ! 地獄業火!(どこからか炎を巻き上げる) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…だから何じゃ(やはり回避) …」 \僕の本体は…もうないけどね…/
    ジタン「キェアァァァシャベッタァァァ(残りHP1…ってまたか)」 -- 天女竜騎士と不用品
  • レシラム「…」(さり気なく回避)
    バハムート「ぬぅ...(27000/40000)」
    ビクティニ「ほっwほっw(回避)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…貴様の本体は取り戻したる」 \へ? どういう風の吹きまわしだい?/
    ジタン「だから何でオレだけHP1なの? ねぇ」 -- 天女竜騎士と不用品
  • レシラム「…できるのか?フライヤ...」
    バハムート「ふぬぅ...」
    ビクティニ「んんー」(背伸びしてる) -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「貴様の存在は『消された』が、心が残っている。 …遠い所に貴様の本体があるといってもよかろう」\ふーん…/
    ジタン「…『命を大切にする心』かえしぇー」 -- 天女竜騎士と不用品
  • レシラム「なるほど...」
    バハムート「ふむ」
    ビクティニ「んーはぁ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「(ジタンに『命を大切にする心』を投げつける)…あるとしたら、『閻魔の部屋』じゃな…」\君が僕を助けようとするなんてね/
    ジタン「戻ってきたはいいけど…ひでぇ」 -- 天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「あそこか...」
    バハムート「奴もそこにいるだろうな...」
    ビクティニ「ジタンw」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (何なのだあの天女のようなドブネズミは…即座に私の居場所を感知しよって) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(今イラッとくる発言が…)」
    ジタン「何でオレの名前不要物とか不用品とかそんな名前なの!?」 -- 天女竜騎士と不要物
  • レシラム「…」
    ビクティニ「わりぃ...オイラ、やっぱり戻るわ。」
    バハムート「どうしてだ?」
    ビクティニ「多分...ここから、オイラは足手まといになりそうだ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (真実を求める竜だと? 戯言を。真実など所詮全て虚偽也) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…そうか、無理強いはせぬ。油断は禁物じゃ」
    ジタン「誰が何と言おうと、オレはついてくぜ!」
    フライヤ「勝手にせよ \相変わらずジタンには冷たいねぇ/ …うるさいわい」 -- 天女竜騎士と不用品
  • レシラム「…(真実を認めようとせぬ愚か者が...)」
    バハムート「弱気になるなッ!」
    ビクティニ「…でも...」
    バハムート「ここまで来たら最後まで行くぞ!」
    ビクティニ「はぁーぁ...分かったよー...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (それに従う愚かなネズミも、虚偽也) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(先程からうるさい奴じゃ…)」
    ジタン「行動『する』か『しない』かの問題だ(誰に言ってんの?)」 -- 天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「…(虚偽なのはどちらかな...)」
    ビクティニ「そうだな...何も直接、戦いに役立たなくてもいいんだよな」
    バハムート「…?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (汝等が真実と言うのなら、私は虚偽。その愚かな真実を虚偽に変えてやる) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(フン、貴様の虚偽こそ真実じゃったりしてな)」\何かと話してるのかい?/
    ジタン「…そう言う事だ。援護するだけでもいいんじゃないかな」 -- 天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「…(さぁ...貴様にそれができるか?)」
    バハムート「お主も誰と話しているんだ?」
    ビクティニ「ああ...精一杯頑張ってやるさ -- 白竜と竜王+勝利星
  • (…は? 何故汝(メザリバ)の心がそこにいるのだ?) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(さぁな。貴様の野望はここで終わらせたる)」\…どうやら閻魔と話してるっぽい/
    ジタン「それでいいんだ。 ? オレには何も聞こえないが…」 -- 天女竜騎士とゴミ
  • レシラム「…(貴様の野望もここまでだ...)」
    バハムート「そうなのか...?」
    ビクティニ「オイラも何も聞こえない。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (終わらせる? ここまでだぁ? ハハハッ、それは汝等の運命であり、私の運命ではない) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(バカ者が)」←いつの間にか姿が元に戻ってる
    ジタン「…(ずるいなー)」←
    \因縁があるんじゃないのー?/ -- 竜騎士とゴミと詩人の心
  • レシラム「…(愚かな...)」
    バハムート「確かにレシラムとフライヤは一度、閻魔と対峙したと聞くが...」
    ビクティニ「結果は...アレだったけどな。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (一度私に負けた汝等が、私に勝てるとは思えぬがな?) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(よく言うわい)」
    ジタン「…あぁ、あの時の事は覚えてる…(戻ってきた二人を見たから)」
    \油断しない方がいいんじゃないの、変態閻魔/← -- 竜騎士とゴミと詩人の心
  • レシラム「…(ほざけ。前までの我らだと思うな...)」
    バハムート「我も詳しくは聞いていないが...大変だったと聞く。」
    ビクティニ「オイラはその時にゼクロムに連れられてきたんだぜ。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (だ、だから誰が変態閻魔だッ! 変わっても変わってなくても関係ない) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \あんただよ/
    フライヤ「…(貴様こそ、変わっておらぬくせに)」
    ジタン「…戻って来た時には死んでた。だけど…エーコが生き返らせた」 -- 詩人の心と竜騎士と不要物
  • レシラム「…(甘く見ていると...知らんぞ?)」
    バハムート「ふむ...死んでいたとは...」
    ビクティニ「奴はそれだけ強力な力を持つのか...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (どうせ、汝等はまた返り討ちにあう羽目になるのだろうから) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \それはあんたの方じゃないのー?/
    フライヤ「うっ」←死刑宣告を受けた事を思い出しちゃった
    ジタン「あっ! そこは思い出すなァ!」 -- 詩人の心と竜騎士と不要物
  • レシラム「…」(複雑な表情に)
    バハムート「我らは負けるわけにはいかぬからな...!」
    ビクティニ「…(オイラの能力...使い所を見極めないとな)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (死刑宣告からは、逃れられまい) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \だけどアレだよね、あんたも。僕の存在を消したという割には心の存在忘れてるし/
    フライヤ「…(だが、それがどうした!?)」
    ジタン「…命は、永遠に引き継がれる物だ(?)」 -- 詩人の心と竜騎士と不要物
  • レシラム「…(何とでも言え...!)」
    バハムート「閻魔...!待っていろ!」
    ビクティニ「ううーん…」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (…フッフッフッ、我ながら妙案ぞ(?)) -- 悪霊閻魔ァ…
  • レシラム「…」
    バハムート「準備は怠らないようにな...」
    ビクティニ「何の準備をするんだよ」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (フハハハッ! 私が戦う必要などない。その場に虚偽の塊がおるから) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \また独り言? 独り言にしてはいつもうるさいんだよ/
    ジタン「マジで?」
    フライヤ「…(何を思いついたのか知らぬが、どうでもよいわ)」 -- 詩人の心と不用品と竜騎士
  • レシラム「…(何を戯言を...)」
    バハムート「準備というか...覚悟だな。」
    ビクティニ「もうできてるぜぃ!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (自分でも気づかぬというのか、愚か者よ! 真実(笑)のすぐ近くにおるではないか!) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \てかあんたいちいちうるさいんだけど/
    ジタン「オレも準備も覚悟も出来てるぜー」
    フライヤ「…(黙らぬか)」 -- 詩人の心と不用品と竜騎士
  • レシラム「…(相変わらず解せぬな...貴様の考えることは)」
    バハムート「うぬ...我もできている!」
    ビクティニ「よっしゃー!」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (そのネズミこそが虚偽、真実の敵ぞ。私が調べた記録によればだがな) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \それを屁理屈と言うんだよ/
    ジタン「っしゃ、行くか!(閻魔の部屋に向かおうとするサル)」
    フライヤ「ところで、道わかっとるか?」
    ジタン「知らんがな」← -- 詩人の心と不用品と竜騎士
  • レシラム「…(意味がわからぬ)」
    バハムート「我も知らん」
    ビクティニ「オイラもーw」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (…で、肝心の資料をどこにやったかな) -- 悪霊閻魔ァ…
  • \バカ乙/
    フライヤ「…そう言えばそうじゃな。こっちの方角じゃ(ジタン引きずってる!)」
    ジタン「…で、何でオレを引きずるの? ねぇ(泣)」 -- 詩人の心と竜騎士と不用品
  • レシラム「こっちだ...」(フライヤに付いて行く)
    バハムート「考えたら我ら、ここには初めて来るからな」
    ビクティニ「そうだったぜ」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • \あははっ、相変わらずだねぇ/
    フライヤ「…ふぅ、心だけになってもうるさい小僧じゃな…」
    ジタン「ダレカタスケテー」← -- 詩人の心と竜騎士と不用品
  • (助けを求めるとはな…いいだろう、私が引き寄せてやる、空間い(ry …はぁ?『失敗』だと?) -- 悪霊閻魔ァ…
  • レシラム「…」
    ビクティニ「ドナドナドーナードーナー」
    バハムート「その歌やめろ...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • \だって君いじるの結構楽しいし/
    フライヤ「それは私をバカにしているのか?」
    ジタン「同意www」 -- 詩人の心と竜騎士と不要物
  • (まぁよい。あのサルがいた所で何の役にも立たぬ …何、近づいてきてるだと!?) -- 悪霊閻魔ァ…
  • レシラム「…緊張感もあったもんじゃないな...」
    ビクティニ「だが、それがいい」
    バハムート「そうだな...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • \あはっ、バカになんてしてないよっ/
    フライヤ「…まぁよいわ」
    ジタン「こっちもこっちで漫才(?)始めてるしさぁ…w」 -- 詩人の心と竜騎士と不要物
  • (…どうも…出ぬ(小声) だが、汝等を消す事など、容易い事) -- 悪霊閻魔ァ…
  • レシラム「…ふっ...それだけの余裕があれば大丈夫だな。」
    ビクティニ「おうよ!まかせんさい!」
    バハムート「はははっ...それでいい。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「な、何が漫才じゃ!」
    \~♪(知らんふり)/
    ジタン「うんうん、慌てる女の子って可愛いよな」← -- 竜騎士と詩人の心と不要物
  • (ピキッ)余裕ぶっこいでる汝等に勝ち目などないわ!!!(お前が言えることか) -- 悪霊閻魔ァ…
  • レシラム「…(余裕ぶっこいてるのは貴様だろうが...)」
    ビクティニ「~♪」(鼻歌)
    バハムート「先ほどまで弱気だったとは思えないな...ビクティニ。」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • ジタン「ごめんなひゃい…(フライヤに殴られてHP0.1)」←
    フライヤ「全く、余計な時間がかかってしまったわい…(少しは私のせいか。すまぬ)」
    \あはははっ♪/ -- 不要物と竜騎士と詩人の心
  • レシラム「…」
    バハムート「ははっ...とても決戦前だとは思えんな」
    ビクティニ「だがそれがいい」
    バハムート「ああ...そうだな」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (フッフッフッ… 偽の…をだな…(何かを作りだしてる)) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…扉が見えて来よったわ」
    ジタン「…(いてて…)」
    \相変わらず閻魔って悪趣味だよねぇ/ -- 竜騎士と不用品と詩人の心
  • レシラム「…用心しろよ。何が待っているか分からん」
    ビクティニ「一番乗りィ~!」(扉の方へ飛んでいく)
    バハムート「言ってる先から...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (で、私は隠れると(どこかへ消滅)) -- 悪霊閻魔ァ…
  • フライヤ「…(前回は入ってしばらくしたら閻魔に襲われた…)」
    ジタン「オレにやらせろよぉ…」
    \残念でしたwHP0.1の君には無理だろうねw/ -- 竜騎士と不用品と詩人の心
  • ビクティニ「おじゃましまーす!(扉を開ける)」
    レシラム「バハムート...何時でも戦える体制を取っておけ。」
    バハムート「分かった...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 閻魔不在。しかし、部屋の中央部に怪しい空間が出来てる。 -- 閻魔の部屋の中
  • フライヤ「変に分かりやすい罠じゃな」
    ジタン「誰が引っ掛かると思ってんだwww」
    \…少し黙っててくれないかな…(汗)/ -- 竜騎士と不用品と詩人の心
  • レシラム「一体何だ?あの空間は...」
    バハムート「罠...か。」
    ビクティニ「でも分り易すぎw何か裏がありそうだぜ」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • フライヤ「…!(閻魔の気配!)」
    ジタン「結構アレなのかもしれぇぇぇっ!?(HP0)」←風の刃に当たった
    \だから黙っとけと言ったのに…/ -- 竜騎士と不要物と詩人の心
  • (フッフッフッ…風乱(部屋にいる全ての人物に向けて風の刃)) -- どこにいるのやら、閻魔
  • レシラム「無駄だ!」(火炎放射で相殺する)
    バハムート「ぬぐぅ...(25500/40000)」
    ビクティニ「ほれほれw」(回避) -- 白竜と竜王+勝利星
  • (愚かな奴らめ。氷刃牢獄(部屋一面に大量の氷の刃)) -- 乱琴ェ…
  • フライヤ「…貴様の攻撃は見切っている(氷の刃を槍ではじき返す)」
    ジタン「…ダレカタスケテー(変な空間に引き寄せられてる)」
    \もしかして、HP0の奴を利用する気じゃ…/ -- 竜騎士と不用品と詩人の心
  • レシラム「残念だったな...」(再び火炎放射で相殺)
    バハムート「うおっ!?(21000/40000)...ジタン!」(ジタンの方へ飛ぶ)
    ビクティニ「ああん(1800/7770)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • (ぬ? そいつじゃいらんがな)(ジタンを空間移動で壁の方へ) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ジタン「…(だからいらないって何!?)」
    フライヤ「…そこか!(乱琴が隠れている所めがけて槍投げ)」
    \なんだ、違うのか/ -- 不用品と竜騎士と詩人の心
  • レシラム「…」
    バハムート「ジタンの扱い...(汗)」
    ビクティニ「ちくしょー...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  …汝等、やはりやる気か(ダメージ5) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ジタン「…(オレの名前は相変わらず不用品とか不要物だし…)」
    フライヤ「やるも何も、貴様が喧嘩を売ってきたのではないか?」
    \…僕知らない/ -- 不用品と竜騎士と詩人の心
  • レシラム「当たり前だ...やる気じゃなければここには居ない」
    ビクティニ「あたりめーよ!」
    バハムート「そういえばそうだったな...(フライヤの発言を聞いて)」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  …1名置いて帰ってくれ…。眠い。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • フライヤ「…(声の調子からして嘘じゃな)」
    ジタン「…(冷や汗だらだら)」
    \気にするな。君は不用品だし、一応持って帰るよ/
    ジタン「うわーん(泣)」 -- 竜騎士と詩人の心と不用品
  • レシラム「はぁ...?」
    バハムート「訳の分からぬ事を言う...」
    ビクティニ「...そいつってレシラムか?それともフライヤか?」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 虚偽のネズミだけが欲しい(発言だけ聞いてるとキモイ) -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • フライヤ「虚偽のネズミィ? 誰の事を言っているのやら」
    \…君じゃね?/
    ジタン「…もうどうでもいいや…(しくしく)」 -- 竜騎士と詩人の心と不用品
  • レシラム「解せぬ...」
    バハムート「何を言っているのやら...」
    ビクティニ「きめぇw」 -- 白竜と竜王+勝利星
  • 汝(フライヤ)だ、汝。過去の汝は『気弱である』という記述があった。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • ジタン「何でそれ知ってんの? ちなみに閻魔だからという理由は無しだぞ…(しくしく)」
    フライヤ「…」
    \…ゑ、ナニコノクウキ/ -- 不用品と竜騎士と詩人の心
  • レシラム「…」
    バハムート「…?」
    ビクティニ「謎の空気が場を包む...」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  …んなわけなかろう。私とて、サボっているわけではない。
    閻魔たる者、汝等の愚行は全て見通している。
    過去の自分を隠し、現代を生きる。それは虚偽以外の何者でもない。
    …ちなみに、そこのサル(ジタン)もな。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • フライヤ「…(煩わしい…)」
    ジタン「…」
    \毎回思ってるけどあんた絶対忘れてるよね(何を?)/ -- 竜騎士と不要物と詩人の心
  • レシラム「…」
    バハムート「何を...」
    ビクティニ「出たーwお得意の精神攻撃ですかー」← -- 白竜と竜王+勝利星
  • そこの輩(ビクティニ)、黙らないと心抜き取るぞ。
    …私が先程出向いたとき、汝は過去の姿に『なった』 だが、また隠している。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • レシラム「…?」
    バハムート「我にはさっぱりだ...」
    ビクティニ「サーセンw」 -- 白竜と竜王+勝利星
  •  …分かればよろしい。
    強く勇ましい汝ではなく、弱く泣き虫な汝が本当の姿。
    そして、汝が最も恐れるのは『忘却』ぞ。 -- 悪霊閻魔:竪乃暗乱琴
  • レシラム「…」
    バハムート「この...何を言うと思えば...!」
    ビクティニ「…(心を抜かれると面倒だしなw)」← -- 白竜と竜王+勝利星