キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その38


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • お姉ちゃんまで...(汗)僕も行きたいのに...
    ・お姉ちゃんが円盤型時空移動装置に乗ってやって来た...
    ・その後、ピッコロさんもやって来た。
    ・ビビが...セントラルエリアに飛ばされちゃった。
    ・お姉ちゃんの『甘酸っぱい過去に戻りたい銃』が再び。フラウさんが幼児化...
    ・ビビが再び丘へ...大変だね。
    ・リューネさんが戻ってきた。...凄い過去を持ってるんだね。 -- あらすじ:イーグル
  • フラウ(幼女)「ぺがさすもふもふー」←元は15歳
    エーコ「…(むすぅーっ)」
    ビビ「…本当に、大変だよぉ…(短期間に2回も飛ばされるなんて…)」 -- 丘の幼女二人と魔道士
  • 大変だったようだな…。…とりあえず仙豆食え(ビビに仙豆を渡す) -- ピッコロ
  • 水色ヨッシー「ああ...2回も飛ばされたんだからな...」
    パルーナ「お姉ちゃんの閃きが羨ましいよ...」
    リミュウ「そう?ボクの素質はパルーナと大差ないと思ってるんだけどなー」
    ゾロア「もふもふー」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「すこしはねがよごれてきちゃったかな? たまにはあらわなきゃ」
    エーコ「…(クポー)←モグの声」
    ビビ「あ、ありがとう…(HP全回復) …ボクは投げ飛ばすための道具じゃないのに…」 -- 丘の幼女二人と魔道士
  • 水色ヨッシー「…まあお疲れ様。」
    リミュウ「後は気持ちの問題だね~」
    パルーナ「気持ちの問題...」
    ゾロア「もふもふー」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「きれいにていれしなきゃ」 ヒヒンッ!?(フラウ!?)
    エーコ「…」 モグ「クポー!(登場)」
    ビビ「気持ちの問題…?」 -- 丘の幼女二人と魔道士
  • 水色ヨッシー「何だ!?」(モグを見て)
    リミュウ「強い気持ちがあれば何とかなるものさ♪」
    パルーナ「…(特に深い意味は無いのね...)」 -- 卵の丘
  • モグ「クポー(エーコの服の中にいたモーグリ、モグクポー)」
    エーコ「…!(モグ! 今エーコはイライラしてるんだから出てこないでちょうだい!)」
    ビビ「…強い気持ちかぁ…持っている人がうらやましい…」 -- 丘の幼女と魔道士と…
  • 水色ヨッシー「モグ...か。俺は水色ヨッシーだ。」
    リミュウ「実際、強い気持ちを持ったからこの『甘酸っぱい(ry』を完成できたわけだし。」
    パルーナ「そうなんだ...」 -- 卵の丘
  • モグ「クポー(水色ヨッシークポね。よろしクポー)」←
    エーコ「…(モグ、ぶっ飛ばすわよ)」←
    ビビ「やっぱりリミュウおねえちゃんは凄いなぁ…」 -- 丘のモーグリと幼女と魔道士
  • 水色ヨッシー「はははっ...こちらこそよろしくな。」
    リミュウ「ははっ...(照)ビビは優しい子だね。」
    パルーナ「…(強い気持ち...か)」
    ゾロア「もふもふー」 -- 卵の丘
  • ビビ「…よく言われる」
    モグ「クポー?(それ何クポ?(ペガサスを見て))」 -- 丘の魔道士とモーグリ
  • 水色ヨッシー「ん、そいつはペガサスって言うんだ。」(モグへ)
    リミュウ「その心、大切にね。」
    ゾロア「もふもふー」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「ん? あーっ! かわいい!(モグを見て)」
    モグ「クポー(ペガサスクポか…初めて見るクポ) クポッ!?(エーコより見た目が幼いクポ!?)」
    エーコ「…(イラッ)」
    ビビ「…うんっ!」 -- 丘の幼女二人とモーグリと魔道士
  • 水色ヨッシー「珍しい生き物だからな...」
    リミュウ「良い返事!ボクも頑張っちゃうよ!」(何を)
    パルーナ「…(やっぱりフラウを戻したほうがいいかも...)」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「あたまにぽんぽんついてるー!(モグの頭の黄色いポンポンを触っている)」
    モグ「クポ(モグ達の世界では見たことないクポ…) クポ…(あまり触り過ぎないようにしてほしいクポ…)」
    エーコ「…(あの世で化けて出てやるぅ~)」
    ビビ「えへへ…リミュウおねえちゃんも頑張って!」 -- 丘の幼女二人とモーグリと魔道士
  • 水色ヨッシー「あはは...」
    リミュウ「ふふ...ありがと♪」
    パルーナ「…(エーコが...)」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「きもちいいー(モグを撫でてる)」
    モグ「クポッ…(くすぐったいクポ…)」
    エーコ「…(モグ! エーコを無視しないでよ!)」
    ビビ「よーし、ボクも頑張るぞ!(何を?) …エーコがそろそろマジギレしそう…(汗)」 -- 丘の幼女二人とモーグリと魔道士
  • 水色ヨッシー「それはまずいな...」
    リミュウ「(滝汗)さぁーてと...ボクはそろそろ帰ろうかな~」
    パルーナ「お姉ちゃん!せめてフラウを戻してから帰ってよ!」 -- 卵の丘
  • エーコ「…(んもーっ! エーコWホーリー唱えちゃうわよ!)」
    ビビ「ちょ、ちょっと、そこでトランスしようとしないで!」 -- 丘の幼女と魔道士
  • リミュウ「だって怖いんだもん...」
    パルーナ「お姉ちゃん...強い気持ちは何処に行ったの?」
    リミュウ「それはそれ、これはこれ。」
    水色ヨッシー「意味が分からん」 -- 卵の丘
  • ディトア「チッ、またですか…(IV(皇帝)の札で遠くに攻撃)」
    0.00917「…」 -- セントラルエリアにて
  • エーコ「…(二人がちやほやされるのが気にいら…)(遠くから攻撃が飛んできて)何なのよーッ!」
    ビビ「…リミュウおねえちゃん…(汗)」 -- 丘の幼女と魔道士
  • リミュウ「つまり、ボクにも怖いものがあるってこと。」
    パルーナ「発端はお姉ちゃんの発明品でしょ...」
    水色ヨッシー「とりあえず、フラウを元に戻すまでは帰るな。
    リミュウ「ええー」
    ゾロア「うししw」 -- 卵の丘
  • エーコ「…(チーン)」
    ビビ「…それは仕方ないかも…(ディトアおねえちゃんの攻撃だね…)」 -- 丘の幼女と魔道士
  • リミュウ「じゃあ今戻しちゃう?」
    パルーナ「お祭り楽しまないで帰っちゃうの?」
    リミュウ「ボクはこう見えて忙しいんだよー」
    水色ヨッシー「…(自由なやつだな...)」 -- 卵の丘
  • そっかぁ…。でも、フラウおねえちゃんを戻してから…。 -- 丘のビビ
  • リミュウ「じゃあフラウちゃんを呼んできてくれる?」
    パルーナ「はぁ...マイペースなんだから」
    水色ヨッシー「…(ヨッシー以上に掴みどころがない奴だ...)」 -- 卵の丘
  • ビビ「はーい。 フラウーこっち来てー」
    フラウ(幼女)「なあにー?(ビビの所へ)」 -- 丘の魔道士と緑髪幼女
  • リミュウ「ちょーっと、じっとしててねー...」(狙いを定める)
    パルーナ「…」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「ぼうしとっていい?(ビビの頭の方に腕を伸ばしてる)」
    ビビ「ダメだよー(帽子を押さえてる)」 -- 丘の緑髪幼女と魔道士
  • リミュウ「うー...照射!」(フラウ(幼女)へ光線照射)
    パルーナ「大丈夫かな...」
    ゾロア「うししw...ってなんじゃありゃ!?」 -- 卵の丘
  • フラウ(幼女)「えー …ふにゃ?(光線が当たり、体が元に戻りつつある)」
    ビビ「どうしたの?(ゾロアに対し)」 -- 丘の緑髪幼女と魔道士
  • リミュウ「よし!ボクは帰るねー」(円盤型時空移動装置に乗って退場)
    パルーナ「お姉ちゃん...やっぱり自由な人ね...」
    ゾロア「いやー...あの光線にびっくりしちゃったんだぞー」(ビビへ) -- 卵の丘
  • ビビ「そっかぁ…。ボクも最初見たときびっくりしちゃったよぉ」
    フラウ「…? 私は何を?」 -- 丘の魔道士と天馬騎士
  • パルーナ「フラウ...あんたはさっきまで幼女化してたのよ。」(説明中)
    ゾロア「リミュウ姉ちゃんって凄いんだぞ...」
    水色ヨッシー「…ああ。ちょっとイメージとは違ったけどな。」 -- 卵の丘
  • フラウ「…つまり、あの光線を喰らったからなのね…。でも、楽しかったような…」
    ビビ「…(途中エーコが嫉妬しまくってたけどね…)」 -- 丘の天馬騎士と魔道士
  • パルーナ「ええ...楽しそうだったわ。」
    ゾロア「どんなイメージだった?」
    水色ヨッシー「何というか...知的なイメージだったのだが。」
    ゾロア「一応頭はいいんだぞ。」 -- 卵の丘
  • フラウ「…だけど、どこからか恨み声が…」
    ビビ「…(あーそれ、エーコの)」 -- 丘の天馬騎士と魔道士
  • パルーナ「ええ...ちょっとね...(汗)」
    水色ヨッシー「それは分かってる...頭が良くないとあんな発明できるはずないからな。」
    ゾロア「その通りだぞ!」 -- 卵の丘
  • フラウ「…何だったのかしらね…」
    ビビ「…頭がいいなんて、うらやましい」
    エーコ「…zzz」 -- 丘の天馬騎士と魔道士と幼女
  • パルーナ「ま、忘れちゃった方がいいわよ...(汗)」
    水色ヨッシー「そうだな...俺もどちらかと言うと頭は良くない...」
    ゾロア「おいらもだぞwうししw」 -- 卵の丘
  • フラウ「…そうね(汗)」
    ビビ「ゾロアェ…。 ボク頭良くないし、鈍間だし…」 -- 丘の天馬騎士と魔道士
  • パルーナ「ええ...」
    水色ヨッシー「まあ...気にしてはないがな。」
    ゾロア「おいらも別に深く考えてないぞw」← -- 卵の丘
  • フラウ「…それにしても、何故剣が落ちてるのかしら(幼女状態の自分が使おうとして持てなかったから)」
    ビビ「身長低いし、行動力低いし…(気になりだすと止まらないタイプ)」
    エーコ「…zzz」 -- 丘の天馬騎士と魔道士と幼女
  • パルーナ「はは...」
    水色ヨッシー「ビビ...そう自分を卑下するな...(汗)」 -- 卵の丘
  • フラウ「…回収しておきましょ(剣を拾って鞘の中へ)」
    ビビ「何もない所で転ぶし、皆をいらいらさせちゃうし…」 -- 丘の天馬騎士と魔道士
  • パルーナ「あたしは逆に体と精神を成長させる装置を作ろうかな...(ボソッ)」
    ゾロア「…何か色んな意味で怖いんだぞ...」
    水色ヨッシー「…(汗)」 -- 卵の丘
  • ビビ「足手まといになる(ry (フラウに口を塞がれた)」
    フラウ「ダメよ、自信を持たなきゃ。 …リミュウの逆バージョンね…(パルーナの発言を聞き汗)」 -- 丘の魔道士と天馬騎士
  • パルーナ「そう...今思いついたの。」(手帳にメモしてる)
    ゾロア「…w」
    水色ヨッシー「逆に自分の良い所を考えてみろ。」 -- 卵の丘
  • ビビ「(フラウの手が離れる)…魔力が高い所かな?」
    フラウ「凄い閃きね」 -- 丘の魔道士と天馬騎士
  • パルーナ「後はそれを実現できるかどうか...」
    ゾロア「うししw」
    水色ヨッシー「…お前にも良い所があるじゃないか。」 -- 卵の丘
  • ビビ「…逆に言えば、それだけ…」
    フラウ「パルーナなら実現できるわよ」
    エーコ「…zzz」 -- 丘の魔道士と天馬騎士と幼女
  • パルーナ「ありがとう。」
    ゾロア「おいらも応援するぞ!」
    水色ヨッシー「何を言ってる。それだけでも十分じゃないか」 -- 卵の丘
  • ビビ「そ、そうかなぁ…(もじもじ)」
    フラウ「頑張って! 応援してるわ!」 -- 丘の魔道士と天馬騎士
  • パルーナ「ええ...頑張るわ!お姉ちゃんには負けない!」
    ゾロア「そう、その調子!ボクも応援するよ~」(何故かリミュウに変身してる)
    パルーナ「…」
    水色ヨッシー「自信を持て。」(ビビの頭をポンポンと叩く) -- 卵の丘
  • ビビ「あ、うん…」
    フラウ「ゾロア…(汗)」
    エーコ「(いきなり飛び起きた)…ってエーコお祭りに来たんだった!」 -- 丘の魔道士と天馬騎士と幼女
  • ゾロア「…(痛いんだぞ)」(頭の上にたんこぶ)
    パルーナ「全く...油断も隙もないんだから。」
    水色ヨッシー「うおっ...びっくりした...」(エーコを見て) -- 卵の丘
  • エーコ「ビビ、さっさといくわよ!(ビビを引っ張ってお祭りが行われてる方角へ)」
    ビビ「…(なんでボクはこんな扱いばっかり…(半泣))」
    フラウ「あはは…(汗)」 -- 丘の幼女と魔道士と天馬騎士
  • ゾロア「…イリュージョン!」(元の姿に)
    水色ヨッシー「…行ってしまったな。」
    パルーナ「そうね...」 -- 卵の丘
  •  …気の強い子に振り回されて大変そうね…(汗) -- 丘のフラウ
  • 水色ヨッシー「男の子はああして強くなるものだ...」
    パルーナ「そういうものなの?」
    ゾロア「うししw」 -- 卵の丘
  •  …よく分からないわ…(汗) -- 丘のフラウ
  • 水色ヨッシー「苦労は買ってでもしろとは良く言ったものだ...」
    パルーナ「あたしもよく分からない...。」
    ゾロア「w」 -- 卵の丘
  •  …そっか…(汗) -- 丘のフラウ
  • 水色ヨッシー「…」(セントラルエリアの方を見ている)
    パルーナ「まあ...苦労なら沢山してるけど。(チラッ)」
    ゾロア「何でおいらを見るんだよー」 -- 卵の丘
  •  …パルーナも苦労が絶えなさそうね…(汗) -- 丘のフラウ
  • ディトア「…ビビ君振り回されてる…(何故か感知)」
    0.000917「…」 -- セントラルエリアにて
  • 水色ヨッシー「…」
    パルーナ「ええ...苦労の連続よ」
    ゾロア「だから何でおいらを見るんだよー!」 -- 卵の丘
  • お察し下さい。 -- 丘のフラウ
  • 水色ヨッシー「…察せ」
    パルーナ「お察し下さい」
    ゾロア「もー!何なんだよ~」 -- 卵の丘
  • 白ヨッシー「…ビビさんも大変ですね...」
    橙ヨッシー「ビビ?...ああーさっき飛ばされてきた子?」
    【空気】「…(何故分かったし)」 -- セントラルエリア
  • エーコ「色々あるのだわー! あれもやりたいし、これも買いたい…!」
    ビビ「…(エーコがはしゃぐ気持ちも分からなくはないけど…)」 -- 祭り会場のどこか。
  • 水色ヨッシー「…」
    ゾロア「パルーナ姉ちゃん!教えてよ~」
    パルーナ「教えて欲しいなら悪戯を(ry」
    ゾロア「お断りします」
    パルーナ「…(あんたは悪戯命なの?)」 -- 卵の丘
  • ゾロアは相変わらずね…。 -- 丘のフラウ
  • ゾロア「へへーっw」
    パルーナ「褒めてないわよ...」
    水色ヨッシー「…(苦笑)」 -- 卵の丘
  •  …(汗) -- 丘のフラウ
  • ゾロア「え?褒めてないの?」
    パルーナ「…」
    水色ヨッシー「前向きに捉えるポジティブ思考...」 -- 卵の丘
  •  …ある意味、その思考がうらやましいわ…。 -- 丘のフラウ
  • エーコ「98点…あと2点で100点だったのにぃ~!(モグラたたきをしていた)」
    ビビ「ボク、エーコ以下なの?(92点)」 -- ゲームエリアにて
  • ゾロア「へへー羨ましい?」
    パルーナ「…」
    水色ヨッシー「まぁな...」 -- ヨッシー一家
  • 濡れ煎餅が美味しい。 -- リューネ
  • 白ヨッシー「そうですね~」(濡れ煎餅を食べてる)
    橙ヨッシー「白、いつの間に買ってきたの!?」
    白ヨッシー「さっきです。」
    青ヨッシー「zzz」
    【空気】「…(お腹すいた)」 -- セントラルエリア
  • ほしいなら私が取り寄せるけど? -- リューネ
  • 白ヨッシー「もぐもぐ」
    橙ヨッシー「じゃあ一つ貰ってもいい?」(リューネへ)
    青ヨッシー「zzz」
    【空気】「…(俺も俺も!)」 -- セントラルエリア
  • いいわよ。(「何も無い」所から濡れ煎餅を取り出す)
    はい、どうぞ。(橙ヨッシーと【空気】にあげる) -- リューネ
  • 白ヨッシー「ふぅ...美味しいです。」
    橙ヨッシー「ありがと!」(濡れ煎餅を受け取る)
    【空気】「…(サンキュー!)」 -- セントラルエリア
  • ディトア「あたし達は邪魔そうなのでどこか行きましょうか」
    0.0000917「…(放心状態)」 -- セントラルエリアにて
  • 白ヨッシー「さてもう一個...」
    橙ヨッシー「おいしーい!」
    【空気】「…(美味い!)」 -- セントラルエリア
  • よかったわ。
    取り寄せた価値があったわね。 -- リューネ
  • えぇ…。私だったらそこまでされると落ち込むし…。 -- 丘のフラウ
  • 橙ヨッシー「ありがとう!リューネ」
    【空気】「…(感謝するぜ)」
    白ヨッシー「美味しい...」(今度は綿アメを食べてる) -- セントラルエリア
  • ゾロア「うししw」
    パルーナ「そのポジティブ思考...もう少し良い使い方をして欲しいわ...」
    水色ヨッシー「ああ...(汗)」 -- 卵の丘
  • フラウ「そうね…(汗)」
    ディトア「(突如出現)…失礼します」 -- 丘のフラウと…
  • 水色ヨッシー「お前は...?」(ディトアを見て)
    パルーナ「あら?」
    ゾロア「いらっしゃーいw」 -- 卵の丘
  • フラウ「…どちら様?」
    ディトア「…覚えてないのですか? 僕に駄目ピエロとランディアさんの様子見を頼んだ…」
    フラウ「…そう言えばそうだったわ」 -- 丘の天馬騎士と…
  • 水色ヨッシー「…?」
    パルーナ「そういえば...いたわね。」
    ゾロア「…イリュー(ry」
    パルーナ「させないわよ?」
    ゾロア「…分かったよ~」 -- 卵の丘
  • フラウ「…で、そのピエロはどうしたの?」
    ディトア「遠い所に捨ててきました」← -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • 水色ヨッシー「…(汗)」
    パルーナ「あはは...」
    ゾロア「捨ててきたってw」 -- 卵の丘
  • ええ、喜んでくれてよかったわ。
    にしても…どこもかしこも熱いわね…。 -- リューネ
  • 白ヨッシー「夏...ですからね。」
    橙ヨッシー「ここも熱いしね~」
    【空気】「…(あいつらの胃袋...どうなってんだ?)」


    ヨッシー「へへへーw」
    黄ヨッシー「…やっぱりヨッシーは凄いんだな...!」 -- セントラルエリア
  • フラウ「どうしてそうなった」
    ディトア「彼がいると食費がどんどん削れていきますし」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • 水色ヨッシー「…そいつもヨッシー達と同じ匂いがするな。」
    パルーナ「はは...(汗)」 -- 卵の丘
  • ディトア「えぇ…。ヨッシーさんと傾向が似てます…が、それよりも酷いかと」
    フラウ「…(やっぱり危険生物なのね…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「そ、そうか...やはりな。」
    パルーナ「あのヨッシー以上...」 -- 卵の丘
  • ディトア「…下手すると即死効果のある魔法を放つ危険性がありましたし」
    フラウ「!?」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「何!?」
    パルーナ「それは危険ね...」 -- 卵の丘
  • ディトア「えぇ、レベルという物が関係する魔法ではありますが… 危険な物は危険です」
    フラウ「…」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「なるほどな...」
    パルーナ「…」
    ゾロア「うひゃぁ...」 -- 卵の丘
  • ディトア「それに、このような暑い中に火傷を負わせる技もありましたし」
    フラウ「なぁにそれぇ」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「なにそれ怖い...」
    水色ヨッシー「そいつ...放置しておいて大丈夫なのか?」 -- 卵の丘
  • ディトア「普段の彼は戦う気がないので大丈夫です。 …しかもその火傷、ただの火傷ではありません」
    フラウ「…どういう事なの…」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • なら液体窒素食べるか…。(!?) -- リューネ
  • 水色ヨッシー「ただの火傷ではないだと...?」
    ゾロア「パルーナ姉ちゃん...」(パルーナにしがみつく)
    パルーナ「そんな怯えなくても大丈夫よ...」 -- 卵の丘
  • ディトア「…動いたら死にます」
    フラウ「それ火傷じゃないと思う」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 白ヨッシー「液体窒素を...ですか。」
    橙ヨッシー「食べれるの?」
    白ヨッシー「…普通の人は触れてはいけないものです。」
    【空気】「…(先生すげぇw)」 -- セントラルエリア
  • 普通に食べる。というかダイヤモンドも食べるからね私は。
    (液体窒素を手づかみし、食べる)
    ちなみにちとせはね、ニナだけに対してマゾなのよ。
    此処テストに出ないわよー。 -- リューネ
  • 水色ヨッシー「動いたら死ぬ!?」
    パルーナ「それ...恐ろし過ぎるわ...」
    ゾロア「お前はもう...死んでいる。」 -- 卵の丘
  • 白ヨッシー「ダイヤモンドも?」
    橙ヨッシー「ほえぇ...(呆然)」
    【空気】「…(マゾなの!?)」 -- セントラルエリア
  • ディトア「えぇ…というわけで、彼に魔法封印の魔法をかけて捨ててきました」
    フラウ「ゴミ扱い…(汗)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「逆にそいつの身が心配になってきたぞ...」
    パルーナ「…」 -- 卵の丘
  • そう、ちなみにこれは私の試作品。
    「鉄板チョコレート」よ、鉄板にチョコ味がついた奴ね。
    硬さはダイヤモンドに匹敵、だから…
    食べてもよし、防御に使ってもよし…といいたいところなんだけど。
    結局、私見たいな奴やニナの食べ物と化してしまっているわ。(汗) -- リューネ
  • 白ヨッシー「…もし良ければ一つ食べてみたいです...それ。」
    橙ヨッシー「ゑゑ!?」
    【空気】「…(白もすげえよなぁ)」 -- セントラルエリア
  • ディトア「もう相手にしてられませんし」
    フラウ「…(見かけによらず鬼畜…)」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • 水色ヨッシー「…(鬼畜だな...おい...)」
    パルーナ「大丈夫かな...」 -- 卵の丘
  • ハイこれ。(白ヨッシーに鉄板チョコレートを渡す)
    …これを食べれたらいつか戦ってみたいよ。
    そうだ、アチチルノもそれを食べれたって言っていたわ。
    あの子は凄いわよ、きっと修造さんみたいになれる。 -- リューネ
  • ディトア「よくアレがいて耐えられたなと思います」
    フラウ「…(どれだけ嫌いなのよ…(汗))」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 白ヨッシー「ありがとうございます...(パクッ)」(鉄板チョコレートを受け取って食べる)
    橙ヨッシー「…」
    白ヨッシー「んー...歯ごたえがあっていいですね。」
    橙ヨッシー「えぇ~!?」
    【空気】「…(本当に食べやがった...)」 -- セントラルエリア
  • 水色ヨッシー「…(唖然)」
    パルーナ「あはは...(苦笑)」 -- 卵の丘
  • ディトア「願わくは、飢え死にしてもらいたいですね(黒笑)」
    フラウ「…(本当になんなのこの子…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「…(黒い...)」
    パルーナ「ははは…(苦笑)」 -- 卵の丘
  • ディトア「いっそのこと元の世界に返品すればよかったかもしれませんね」
    フラウ「…(人は見かけによらないとはこのことを言うのね…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「…」
    パルーナ「ははは...」
    ゾロア「…(そのピエロみたいな奴...どんな姿だったかなー...)」 -- 卵の丘
  • ディトア「おっと、変身はさせませんよ(ゾロアに変身封じの魔法)」
    フラウ「…」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「んなっ!?」
    パルーナ「…(今の魔法は欲しいわ...)」 -- 卵の丘
  • ディトア「…タロットの力による物です(XVIII(月)の逆位置)」
    フラウ「…何それ?」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「何をしたんだー!?」
    水色ヨッシー「タロットカードか...?」 -- 卵の丘
  • ディトア「そうです、タロットカードです…きゃっ(0/2400)」
    フラウ「…試しに槍で攻撃してみたけど…(汗)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「…変身出来ないー!」
    パルーナ「暫くはそのままね。」
    水色ヨッシー「ちょっと感情が高ぶっていたのかもな...」 -- 卵の丘
  •  …暑さで頭がやられたのかしらね? -- 丘のフラウ
  • ゾロア「変身がー!」
    パルーナ「我慢しなさい...」
    水色ヨッシー「暑かったからな...」 -- 卵の丘
  • それなら仕方ない気もするけど… この札(XVIII(月))を破ったりしたら戻らないかしら? -- 丘のフラウ
  • パルーナ「あ、そのままでいいわよ。ゾロアに悪戯させないようにね...」
    ゾロア「ええー」
    水色ヨッシー「じゃあ、頭を冷やしてやるか...」(ディトアの頭に氷を当てる) -- 卵の丘
  • フラウ「…そうね(札をしまう)」
    ディトア「…(体温38度)」 -- 丘のフラウと…
  • ゾロア「それをビリビリーって!」
    パルーナ「我慢しなさい」
    ゾロア「うぇえー」
    水色ヨッシー「…(ちょっと体温が高いな...)」(氷当て中) -- 卵の丘
  • フラウ「だが断る。 …(ところで、この子は女なのかしら?)」
    ディトア「…(体温37.3度)」 -- 丘のフラウと…
  • ゾロア「そんな事言わずにぃ~」
    パルーナ「…」
    水色ヨッシー「…(後もう少しだな...)」 -- 卵の丘
  • フラウ「ダメな物はだーめ」
    ディトア「ん…(体温36.4度)」 -- 丘のフラウと…
  • ゾロア「うぇえー...」
    パルーナ「全く...少しの辛抱でしょう?」
    水色ヨッシー「気が付いたか。」(氷をディトアの頭から放す) -- 卵の丘
  • フラウ「たまには苦労しなきゃね」
    ディトア「…僕は何をしてたのでしょうか…(記憶があいまい)」 -- 丘のフラウと…
  • ゾロア「うぅー...」
    パルーナ「あら、起きたみたいね。」
    水色ヨッシー「ちょっと暑さにやられていたみたいだ...」 -- 卵の丘
  • フラウ「…」
    ディトア「そ、そうでしたか…。確かに、アタイは暑いのが苦手ですので…」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • ゾロア「あぅ...」
    パルーナ「暑い時は水分補給を忘れずにね。」
    水色ヨッシー「ほら、水でも飲みな。」(ディトアに水を渡す) -- 卵の丘
  • 白ヨッシー「へくしょん!」
    橙ヨッシー「風邪?」
    白ヨッシー「…何処かで私の噂でもしているのでしょうね。」
    橙ヨッシー「?」 -- セントラルエリア
  • ディトア「す、すみません…(水を貰って飲む) …美味しいです」
    フラウ「…(どこから噂が…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • 水色ヨッシー「ああ...」
    ゾロア「おいらを元に戻してよ~」
    パルーナ「しつこい。」 -- 卵の丘
  • ディトア「…どうなさいました?」
    フラウ「…(あなたのタロットの影響だけど…(汗))」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「姉ちゃんの変なカードのせいでおいら、変身出来ないんだぞ!」
    水色ヨッシー「…(姉ちゃん?...こいつは...)」 -- 卵の丘
  • ディトア「す、すみません。ですが、アタイのタロットが…」
    フラウ「…」←持ってる -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「早く戻して欲しいんd」
    パルーナ「まだ戻さなくていいわ...」
    水色ヨッシー「タロットか...不思議な物だな...」 -- 卵の丘
  • ディトア「…良いのですか? …タロットの中には外れもありますが」
    フラウ「…(しかし、綺麗なカードね…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「いいじゃないかー!もう我慢の限界だぞ!」
    パルーナ「まだ少ししか経ってないじゃない...」
    水色ヨッシー「やれやれ...困ったものだな。」 -- 卵の丘
  • ディトア「…それ、返して下さい(フラウのタロットを見て)」
    フラウ「えーもう少し待ってー」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「パルーナ姉ちゃん...おいらは本気だぞ!」
    パルーナ「やる気?」
    水色ヨッシー「喧嘩をするな...」 -- 卵の丘
  • ディトア「で、ですがそれがないと解除できません…」
    フラウ「余計返す気なくなっちゃった」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「…」(たんこぶ3つ)
    パルーナ「…」(ゾロアに噛み付かれた)
    水色ヨッシー「何をしてるんだお前らは...」 -- 卵の丘
  • フラウ「…どっちもどっちね…(汗)」
    ディトア「返して下さいよぉ…」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • ゾロア「たまには反撃もするんだぞ!」
    パルーナ「だからって噛み付きは無いでしょ...」
    水色ヨッシー「…」 -- 卵の丘
  • フラウ「噛みつきね…(ペガサスに時々やられる)」
    ディトア「むぅ…この槍で攻撃しますよ?(貫きの光槍という光の槍)」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • ゾロア「じゃあアレ(ナイトバースト)でもいいの?」
    パルーナ「アレはちょっと...」 -- 卵の丘
  • フラウ「…なら、私はこれ(サリアの槍。2回攻撃が出来る)」
    ディトア「…すみませんでした(何故謝る)」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • ゾロア「じゃあ戻してよ~」
    パルーナ「あたしに言ってもね...」 -- 卵の丘
  • フラウ「…良いわ。これは返す(ディトアにタロットを渡す)」
    ディトア「…(何時頃使ったのでしょうか…?)」 -- 丘の天馬騎士と女装男子
  • ゾロア「ワクワク...」
    パルーナ「何ワクワクしてるの...(汗)」 -- 卵の丘
  • ディトア「破いても無理です。これは、こう解除するのですよ…(タロットの裏に書かれている呪文を読む)」
    フラウ「???」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「おっ...キタ━(゚∀゚)━!」
    パルーナ「…」
    ゾロア「…イリュージョン!」(クイナに変身する) -- 卵の丘
  • ディトア「…チッ、何の用ですか(クイナ(ゾロア)を見て)」←
    フラウ「人が変わり過ぎ…」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「…(ゲッ...こいつの喋り方忘れた)」←
    パルーナ「…」 -- 卵の丘
  • ディトア「『アイヤー、何か物を食べたいアル』と言っても何もあげませんよ」
    フラウ「…(相当根に持ってるわね…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「(そうか、思い出した!)…アイヤー、酷いアルよ...あんな所に捨てるなんて...」
    パルーナ「…(意外とバレないものね...)」 -- 卵の丘
  • ディトア「全くしぶといですねあなたも。ジタンさんから聞いた通りです」
    フラウ「…ジタンって誰?」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「食べ物の為なら地の果てでも行くアルよ!」
    パルーナ「…(凄いわね...ゾロア...)」 -- 卵の丘
  • ディトア「あなたってそういう人ですよね。食べ物の為ならどこにでも行けるって奴ですね」
    フラウ「…(見事なまでの再現だわ…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「…と言うことで食べ物欲しいアル」
    パルーナ「…やっぱり食べ物...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「お断りします」
    フラウ「…(でしょうね…(汗))」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「食べ物くれないと"アレ"やるアルよ!?」
    パルーナ「…(使えないくせに...)」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「やれるものならやってみなさい。タロットでぶっ飛ばしてあげますから」
    フラウ「…(うわっ、挑発…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「むむ...」
    パルーナ「…(やっぱり使えないんだ...)」 -- ヨッシー一家
  • ディトア「…というか、あなたゾロアさんでは?」
    フラウ「…(気づいたわ…)」 -- 丘の女装男子と天馬騎士
  • ゾロア「(ギクッ)…そ、そんな事無いアル...(滝汗)」
    パルーナ「…(あ、バレた)」 -- ヨッシー一家