キャラなりきり雑談所 > inむしろ軍基地周辺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 新wikiのついでにリッセト。ログも残さない -- 解説:646
  • めすろ「むしろに用が有るんだけどアイツドコ行ったの?」
    モブ兵士「暇つぶしにビアンコヒルズに行ったみたいです」
    めすろ「そう....帰ってきたら伝えといて、アタシがアンタに話が有るってさ」 -- 646 Army
  • あ゛ー....酷い目にあった -- むしろ(キャラ)
  • あ、むしろさんめすろさんが話が有るって.... -- モブ兵士
  • ほほぅ....アレが出来たんだな(めすろのトコへ) -- むしろ(キャラ)
  • めすろ「アンタが頼んでたアレ、出来てるわよ」
    むしろ「オー...中々良さそうだ」
    めすろ「アンタの頼んだ通りこの「イレイザーダンゴ」超振動によって爆発や電磁波などのエネルギーの存在感を抹消して被害を抑えたり敵の攻撃を防いだりできるわよちゃんと」
    むしろ「存在感を消したとき\アッカリ~ン/の音声が出るようにしてあるだろうな?」
    めすろ「えぇ、勿論」
    むしろ「さて....コレをいつ使うか」 -- むしろとめすろ
  • ....テストの結果どーだった? -- めすろ
  • あぁ、成功した
    コイツぁ実戦で使える。 -- むしろ(キャラ)
  • 解説「色々あってタツマキの面倒を見ることになった
    (基地にて...(むしろとリリアはタツマキにふっ飛ばされた))
    タツマキ「(窓の向こうにいるアレックスを見て)...ん?アイツは.....丁度よかったわ」(窓突き破って窓の向こうに)
    アレックス→超アレックス「何でお前がココに居んだよオオオオオオオオオオ!!!」
    (戦闘開始) -- 646 Army+α
  • (戦闘中)
    タツマキ「....ん?」(面倒を見ることになったときにタツマキに渡した通信機が呼び出し音を鳴らしている)
    通信むしろ「よぉ、ちょっと言いたい事が有る」
    タツマキ「何?元の世界に戻る方法が見つかったの?」
    通信むしろ「そーではないが、カオスカンパニーが何者かに襲われ、今新製品が危ないらしい。、襲った奴の情報は全くつかめていないがひょっとしたらお前が元の世界に戻る方法が解るかもしれない」
    タツマキ「そう...場所教えなさい」
    通信むしろ「そーだな....[ピーーーー]だ」
    タツマキ「解ったわ、とにかくソコへ行って私が独りで片づけてくればいいんでしょ?」(無線を切り、カオスカンパニーへ)
    超アレックス→アレックス「.....」 -- 646 Army+α
  • (タツマキが基地に戻る)
    むしろ「タツマキ、何か解ったか」
    戦慄のタツマキ「『サイタマ』って言う私の知ってる人物が来てたわ、アイツがどーやってここに来れたのか....突き止めてみるつもりよ」 -- 646 Army+α
  • それからそれから
    ...と言ってもt2mk姉貴とかの下りより前の話なんだけどな。 -- 進行:fastech 360
  • (テレビの映像を見て)
    ザギ開発者の一人「何という事だ....!!」
    むしろ(キャラ)「どーした?」
    ザギ開発者の一人「『脅威』が....地球に...!!」
    むしろ(キャラ)「見た所大したことはなさそーだが」
    ザギ開発者の一人「大したこと有ります...そのうえもっと恐ろしいものが有るんです....」
    むしろ(キャラ)「もっと恐ろしいもの?」
    ザギ開発者の一人「完膚なきまでに消滅させないと、そこから新たな『脅威』が増えていくんです、下手したら私たちの星のようになってしまうかもしれません....」
    むしろ(キャラ)「なんだとそれは恐ろしい」 -- 646 Armyとザギ開発者
  • (こんごう型イージス艦を旗艦とする海自の艦隊が「脅威を速射砲や対艦ミサイルで抹殺し、消毒用の火炎放射器を持った歩兵が残りカスを焼却していく様が映し出されている) -- テレビの様子
  • それからそれから -- 進行:fastech 360
  • めすろ「なんだっけ...日留女、だっけか...あいつちょっと調べてみよ、どこかに情報が有るはずよ...」(ググる)
    めすろ「?!....『幾多の神霊を食い尽くしてきた実力者』...!!」
    めすろ「マズイわね...『円捕獲に必要な事柄』を全てを出来なくできる可能性あるわね...はやくむしろに知らせないと...コッチが100%負ける!!」 -- 646 Army
名前:
コメント:
-