鴉月 喬邇


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鴉月 喬邇は「『侵蝕』されし世界の戦士達」のキャラで、2012年のMr・H軍の活動の最終キャラでもある。

概要
「『侵蝕』されし世界の戦士達」の主人公。
見た目はおおよそ真っ黒な髪の毛(染めていると言う疑惑があるらしいが詳細不明)と赤い目をした日本風の顔つきの男性。
実はアルビノ。

性格はやや大雑把、しかし何事も投げ出すこともせず、最後までやり遂げる。
また仲間思いではあるがどことなーく頼りない一面もある。
生身戦では大太刀を使ったり、またそれなりに銃も使う。
搭乗機はレーヴ・クロウ(初出:本作(作品なの?これというツッコミは禁止。)オリジナル)→イザルズ・ナグァム(初出:本作オリジナル)


所持武器
大太刀:ちょっと大きい日本刀。といっても物干し竿よりは短い。
M14EBR:M14バトルライフルを改良した銃。アサルトライフルとしても狙撃銃としても使える。


機体解説
レーヴ・クロウ
全高:6メートル
全幅:12メートル
重量:6.5トン
装備
37mmアサルトライフル「レーヴェンM87」
50mmショットガン「フギンM99」
12.7mm機関銃(胴体および両腕部内臓)
近接戦用太刀「ムギンM76」
解説
鴉月 喬邇が乗る人型機動兵器。
やや小型だが装備はある程度充実している。
追加武装ユニット兼強化外装であるイザルズ・ナグァムとの合体機構を備える。

イザルズ・ナグァム
全高:24メートル
全幅:26メートル
重量:56.5トン
装備
60mmガトリングキャノン「ヤタガラス」×2
背部搭載大型ビームキャノン「カグヅチ」
大型荷電粒子砲兼実体剣「ヤクサノイカヅチ」
解説
レーヴ・クロウの追加武装ユニット兼強化外装ではあるが、合体時はレーヴ・クロウの装備は一切使用できないのが欠点。
なお、合体時はレーヴ・クロウは本機の胴体部に格納される。


バトロイでの彼
テスト運用時に好成績だったステータスで登録。