バトロイクエスト > 第34話(ミッション3ログ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 次は何ですの!? -- クリス
  • ほぉぅ....大したことはなさそーだ、気からして -- むしろ(キャラ)
  • ノーリミット。いいね。こういうものは、常にアクティブであるべきだ。来訪者、歓迎するよ。 -- 流零
  • ………。
    (気に障ると言われようとも、我関せずといった表情だ) -- 屍姫クヲン
  • クロム「なんだコイツは!?」
    ルフレ「竜……いや、大きな蛇!?」
    オーレ「こ、コイツは!お前はッ!」
    クロム「知っているのか!」
    オーレ「……人造生物兵器
    その試製一号…O(オロチ)!!」


    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!!」 -- チームORE
  • ルフレ「……絶対的な敵意を感じるわね」
    オーレ「『草薙』からK.J第三研究所より脱走していたとは聞いていたが……
    まさかこんな所に流れついて来るなんてな!」 -- チームORE
  • オロチ、今までどうやって逃げ延びて来たのかは知らないが……。
    それもここで終わりだ!
    友人の……カジマの仇を討たせてもらうぜ!
    それに異世界で野放しにしたらどうなるかわかったもんじゃないからな!


    悪いが付き合って貰うぜ皆! -- オーレ
  • 言われなくても分かっているッ! -- むしろ(キャラ)
  • ひえぇ...こんなのは聞いてませんわっ! -- クリス
  • 誰のペットかしらないけど、しつけが良くない。
    これで、少し落ち着くといい。(刃先に麻酔の効いたナイフを放つ) -- 流零
  • クロム「ああ!もちろんだ!」
    ルフレ「こっちに来られても困るしね!
    (でも、あたし達の手に負えるのかしら…)」 -- チームORE
  • (ガーッガーッガーッ)
    また接近反応!?同じ所からか!
    おいおい四度目は反則だろう!
    -- オーレ
  • ケリニー「くっ!デカイ蛇がきやがった!」
    ケーヴス「たしかあー言うデカブツのお約束ってのは・・・」
    テレサ「口の中に攻撃を集中させろ、でしょ?」
    セーヴェル「Ok、そのお約束戦法に乗っかるぜ。」 -- Mr・H軍選抜隊
  • 帰りたいですわーっ!(腕を振り回してオロチに突撃) -- クリス
  • 加島隆一「!! 
    少佐、外に人が!
    まずいな……一般人を守りながら相手をできるようなヤツじゃないのに!」
    三森少佐「いや、加島軍曹
    どれも普通の一般人では無さそうだぞ。見ろ、あの戦車を
    バトルロイヤルのテレサ・S・ケーフィーだ」
    加島「バトルロイヤルのテレサ!?じゃあ、あれはケリニー隊!?
    それに周りに居るのは……オーレ!?」
    オーレ「カジマ!?お前死んだ筈じゃ!
    それに草薙三番隊隊長三森少佐!!」
    三森「久し振りだな、オーレ
    黒須のお嬢さんとはうまくやっているのか?」
    オーレ「まだ引っ張るんですかそのネタ。クロスとはそんな関係じゃねーですってば」
    加島「それにしてもここは?俺たちは地下研究所に居た筈……。
    いやオーレが居るって事は……」
    オーレ「ご明察、ここは歪みの廃墟都市だ、全く次から次へと閉鎖されてる意味を疑うぜ。
    …………。
    なぁ、カジマ」
    加島「なんだよ?」
    オーレ「オマエ幽霊だったりしない?」
    加島「ばっきゃろう、こんなハッキリした幽霊がいるかい!」
    オーレ「ですよねー☆
    ……生きててよかったよ、カジマ」
    -- チームORE
  • (一歩、一歩と確実に、堂としてオロチに歩み寄っている)
    ───、─────。
    (いかなる文字にもならない、やはり喉から空気を搾り出すかのような言葉を呟きながら。
    …先ほど放った『掌握の鎖』の一節であろう。まさか、大蛇をも掌握するつもりなのだろうか。掌握して、何をする…?) -- 屍姫クヲン
  • ルフレ「……役者は揃ったって所かしら」
    三森「ああ、やっこさん待たされたせいで早々ご立腹のようだぞ」クロム「ミモリ、カジマ。
    俺たちの攻撃は通じるのか?」
    三森「あんたの得物次第だが。
    少なくとも特殊合金で出来たナイフの刃は通ったぞ」
    加島「あんたの剣、見たところ特別な物に見えるぜ
    大丈夫だろ」
    オーレ「鱗の無い所を狙うって手もあるがな。
    さぁて、おっ始めようぜ!」


    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!!」 -- チームORE
  • 《サブイベント!》
    (ガーッガーッガーッ)
    オーレ「ま た か」
    ルフレ「今度は何が来るのかしら」
    オーレ「これは訴訟も辞さん」
    (空間が一瞬歪む)
    コルト「ったく、どこに飛ばされたのかしら」
    オーレ「コルト!?」
    コルト「は?何でアンタが居るのオーレ」
    オーレ「丁度良い!手伝ってくれ!」
    コルト「嫌よ、こちとら別の仕事の途中(ry」
    オーレ「今度F.W.I.Aの新作一丁やるから!」
    コルト「さぁ、来なさい蛇野郎!
    片っ端から風穴空けてあげる!」
    加島「変わり身早ぇ!」
    クロム「オーレ、あいつは?」
    オーレ「コルト。個人でPFAってのをやっている、言わば何でも屋みたいなもんかな?
    腕はかなり立つヤツだから頼りにして良いぜ
    (しかし仕事の途中ねぇ?あのアタッシュケースと何か関係が?)」 -- イベント発生
  • 《ミッション3》
    人造生物襲来
    ――――――
    《クリア条件》
    試製一号オロチの撃退
    ――――――
    《友軍情報》
    □オーレ
    状態:ダメージ微小
    □クロム
    状態:健康
    □ルフレ
    状態:健康
    ◆新規加入
    □加島隆一
    □三森少佐
    ◆追加効果
    □コルト
    -- ミッション
  • お気に召さなかったかい?
    じゃ、もう一度。(3wayにナイフを投げる)


    -- 流零
  • お前なんか大したことないんだよ(飛翔→下からオロチの頭を掴みに掛かる) -- むしろ(キャラ)
  • ひぎゃぁぁっ!!(叫びながらオロチへ蹴りを入れる) -- クリス
  • 試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ」(尾を振るって攻撃を弾く)


    オーレ「カジマ!機銃の弾あるか!?」
    加島「機銃?対人造生物機銃のか?一応あるぞ」
    オーレ「悪い、それくれ。さっき撃ち尽くしちゃってな」
    加島「しょうがないな」


    三森「クロム、クリス、ひら、接近して攻撃する時は左右の蛇に気を付けろよ」
    クロム「ああ、いざとなったら切り落としてやるさ」
    三森「ルフレ、お前はクロム達のフォローだ
    近接戦闘のサポートを頼む」
    ルフレ「わかったわ!」
    三森「加島軍曹!オーレ!我々はケリニー隊と合わせて攻撃する!
    互いにリロードのカバーをするんだ!」
    加島&オーレ「おうっ!」
    コルト「私は好きにやるわ、良いわね?」
    三森「ああ。
    ……出来ればいざという時のカバーは頼む!」
    コルト「期待はしないで」


    《戦場効果!》
    □三森、加島、オーレはケリニー隊と積極的に連携を取ります。
    □コルトの存在によりカバー率が高くなりました! -- チームORE
  • フン!やはり大したことないな(尻尾を受け止める) -- むしろ(キャラ)
  • ひゃっ!(とっさに回避)
    …了解ですわ! -- クリス
  • じゃあ、ボクが蛇を手懐けてみればいいのかな。
    …よっと。さて、今日の引きはどうかな。(トランプを取り出した) -- 流零
  • (なんなんだ……あいつ(クヲン)読めん……) -- HRO
  • シャァァァァァァァッ!!
    (左右の蛇がHROとクリスを捕まえんと伸びる!) -- 試製一号オロチ
  • (蛇を見て)....「付き合ってやる」とは言ったが「助けてやる」とは言ってないからほっとこ -- むしろ(キャラ)
  • ……!!うぉ!のわーっ!(捕まる) -- HRO
  • キャーッ!!(こちらも捕まる) -- クリス
  • ――「スペードの6」。うん。悪くはない。…さて。
    やってみようか。ルージュ・ノアールの束縛。
    (赤と黒の鎖がそれぞれの蛇へ向け伸びる!) -- 流零
  • ケリニー「グレネード!」(XM25グレネードランチャーでオロチを攻撃)
    ケーヴス「蛇の目ぐらい、.300ウィン・マグナムでッ!」(DSR-1でオロチの目を狙撃)
    セーヴェル「GO!GO!」(H&K HK416でオロチを攻撃)
    テレサ「手数ならっ!」(2連装12.7mm機関銃×2でオロチを攻撃) -- Mr・H軍選抜隊

  • ルフレ「クリス!ヒラサン!」
    クロム「うおおおおおッ!」(すかさずクリスを掴んだ蛇に剣を入れる!)
    試製一号オロチ「!
    シャァァァァァァァッ!」(クリスはそのダメージで放すが、HROを掴んでる蛇は、ルージュ・ノアールに向けてHROを吐き出すように放す!) -- チームORE
  • へぶっ!(着地)…ありがとうですわ... -- クリス
  • 三森「こちらも続けて行くぞ!」(ケリニー隊に合わせグレネードランチャーを撃ち込む!)
    加島「了解です少佐!」(機銃掃射!)
    オーレ「撃て撃て撃てぇッ!」(機銃掃射!) -- チームORE
  • ぬぉわ!(5210)余計なことを考えてる余裕はないかな…… -- HRO
  • おっと。随分と乱暴なことをする。
    少し、大人しくしていてもらおうかな。
    (鎖に加え、無数のナイフを蛇に放つ) -- 流零
  • (コルトが落下した時点でこいつも落ちてた) -- リリア
  • !!!(オーレ達とケリニー隊の攻撃が着弾!!)
    シャァァァァァァァッ!(怒り狂う!衝撃で流零の攻撃が弾かれた!)
    シャアッ!(クリスとクロムに尾を振るう!!)
    シャァァァアア(ケリニー隊に向かって鱗の間から針を飛ばす!) -- 試製一号オロチ
  • コルトが落下したなんてどこに書いてあるのかなぁ。 -- スタッフ:変態紳士ORE
  • くっ...(左右に身を翻して回避)
    埒があかないですわ...! -- クリス
  • 三森「フォローするぞ!」(機銃で針を落とす!)
    加島「させるかぁぁぁぁ!」(機銃で針を落とす!)
    オーレ「通らないな!」(機銃で針を落とす!)
    (ケリニー隊に向かう針を撃ち落とした!) -- チームORE
  • スマン俺の勘違い。
    コルトが飛ばされた時点でコイツも飛ばされてたって事で -- 解説:646
  • ぐあっ!!(後方へ吹っ飛ばされる) -- クロム
  • (ようやく理解できる言葉を発した。が、オロチに語りかけたそれは…)
    …お前も私と同じだ。憎くて憎くて、それがひどく虚しい。 -- 屍姫クヲン
  • セーヴェル「テレサ!HEATをあの大蛇の管っぽい部分にぶち込んでくれ!」
    テレサ「OK!120mm、弾種HEAT、装填!」(HEAT弾装填)
    ケリニー「ちっ、リロード!」
    セーヴェル「了解、バックアップ!」(H&K HK416のアンダーバレルに取り付けたXM320グレネードランチャーでオロチを攻撃)
    ケーヴス「このぉ!」(DSR-1でオロチを狙撃) -- Mr・H軍選抜隊
  • ....何が、起こってるの? -- リリア
  • 取り敢えずSS撃つ(オロチにS・Sデッドリィボンバー) -- むしろ(キャラ)
  • 人の造り上げた獣か。ペットというには物騒に過ぎたね。 -- 流零
  • ……シャァァァァァァァッ!!
    (『黙れ!』と言わんばかりにクヲンに向けて酸を吐く
    さらにHRO、流零、クリスに向かって尾を振るう!)
    (怒りによって狙いや威力が殺される!ダメージ!) -- 人造生物
  • ごふっ...!(2100/8000 吹き飛ばされる) -- クリス
  • させないわ!(デュアルガード!)
    (HROの前に立ち攻撃をガード!) -- ルフレ
  • ――インシュランス
    (いうやいなや、チェスのポーンのようなものが召喚され、盾になる) -- 流零
  • 悪い!…よし、俺が囮になる!(人造生物に接近) -- HRO
  • コルト「全く拉致があかないわね」(先程からサブマシンガンを撃ち込んでいるものの。
    やはり効果は薄い)
    オーレ「ったく、いわゆる怒り状態ってヤツか?
    いるんだよなスイッチ入ると異常に堅くなるヤツが」
    コルト「オーレ、付いてきて。
    一気に始末するチャンスを作るわ」
    オーレ「さぞかし名案だろうな!
    カジマ!少佐!ちょっと頼むぜ!」
    加島「お、おいオーレ!?」
    三森「何か策があるのか……頼むぞ二人とも」


    (コルト、オーレ。一時離脱) -- チームORE
  • (先程の人造生物は試製一号オロチと同一です〜。
    わかっているとは思いますが念のため記載しておきますね)
    シャァァァァァァァッ!
    (クリス、ケリニー隊に向かって酸を吐く!!) -- 試製一号オロチ
  • そうはいくか!(デュアルガード!)
    (クリスに向かう酸をガード!無効化!)
    大丈夫か? -- クロム
  • あ...ありがとう...ですわ...ぐふっ... -- クリス
  • 三森「ケリニー隊!援護する!」(機銃掃射で酸を散らす!)
    加島「くそっ!これ以上ッ!」(機銃掃射で酸を散らす!)
    (ケリニー隊へ向かう酸の効果を半減!) -- チームORE
  • これを使ってくれ、ただの傷薬よりは効果があるはずた
    (クリスに調合薬を渡す) -- クロム
  • そこの彼女、少し下がった方がいい。程のいい的にされる。
    …来い。スペードスートのフラッシュ。
    惑え、黄泉より暗き闇の底へ!
    (黒色の剣が動きを塞ぐようにオロチの周囲に放たれる) -- 流零
  • 恩に着るですわ...(調合薬を受け取る) -- クリス
  • 何だかわかんないけどアタシも戦うよッ!(オロチの頭部にかめはめ波) -- リリア
  • テレサ「照準、OK。発射!」(HEAT弾が装填された120mm55口径滑腔砲×4でオロチの胴体を攻撃(MBVT-T0-XM1 「イグニヴィッド」の装甲でダメージ半減!(5750/6000))
    ケーヴス「くっ!リロード!」(2750/3000)
    ケリニー「カバー!」(H&K HK416でオロチを攻撃(2750/3000))
    セーヴェル「こいつッ!」(オロチに接近しつつM870カスタムでオロチを攻撃(2700/3000)) -- Mr・H軍選抜部隊
  • こっちだ!(笛鳴らしてオロチを挑発) -- HRO
  • ギシァァァァァ!(ダメージ!)
    (軽くダメージを受けつつも黒い剣をなぎはらうッ!
    さらにリリアのかめはめ波は半減される!
    ケリニー隊の攻撃もやはり効果を減退させられている!


    !!
    (HROに釘付け!!怒りの効果が一時的に消えた!) -- 試製一号オロチ
  • 私は足手まといになりそうですわ...
    一旦、下がらせてもらいますの...(オロチから距離を取る) -- クリス
  • (蛇腹剣を振るった。酸を弾き、それでも少量の液がクヲンの肩に掛かった。
    ドレスが煙を上げて溶けた。だが露出した肩には確かに酸が触れたがまるで変化がなかった。)
    人の為す行為はいつの世も独善的だ。命を命とも思わず、生物の理を荒らし化物を作り上げたあげく、人は憎しも勝手に死んでゆく。
    悪はお前ではない。悪はお前ではない。
    私とともに来い。その体に打たれた杭の礼を人に食らわせてやろう。私ならば、お前を救える。 -- 屍姫クヲン
  • ルフレ「威圧感が減った!今よクロム!!」(エルサンダー!)
    クロム「ヒラサンが命懸けで作ってくれたこの隙……
    逃しはしない!」(試製一号オロチを斬る!)


    三森「今だ加島軍曹!」(グレネードランチャー発射!)
    加島「うおおおおおッ!!」(機銃掃射!)
    -- チームORE
  • セーヴェル「てやぁぁぁぁ!!」(スタンロッドでオロチを攻撃(追加効果:麻痺※25%の確立で追加効果発生))
    テレサ「次弾用意!」
    ケーヴス「ちっ、対物ライフルしかないかっ!」(バレットM82A1でオロチを攻撃)
    ケリニー「うぉぉぉぉ!!」(H&K HK416でオロチを攻撃) -- Mr・H軍選抜部隊
  • (クヲンが蛇腹剣を振るう。目標はオロチではなかった。)
    三森のグレネード弾を、加島の使っている機銃を、的確に打つべく蛇腹剣が閃いた) -- 屍姫クヲン
  • ま、ちょっと本気出してれば怒ってても勝てたんだがな(オロチにS・Sデッドリィボンバー) -- むしろ(キャラ)
  • 俺の巻き添えは構わ(巻き添え) -- HRO
  • 今のうちに調合薬を使って...(6000/8000)よしっ! -- クリス
  • おっと。チェックにはまだ早いだろう?
    (ナイフが蛇腹剣へ向け飛ぶ) -- 流零
  • 見よ。これが人だ。憎い。
    見やば緑を破壊し、見やば生物を奴隷がごとく腐らせ、寄り集ってご覧の通り。憎い。憎い。
    このような修羅どもがごまんと居る。憎い。憎め。
    ───、─────。 -- 屍姫クヲン
  • ふぅ……ギリギリセーフかな……(899、麻痺) -- HRO
  • これは参った。デュビアスの手を踏んだのはボクの方か。やれやれ。
    …君の目的は? 憎みぬいた先に何を見出だす? -- 流零
  • ……!うおおおのおぉぉぉらあぁぁぁー!(片手剣でクヲンに奇襲をかける) -- HRO
  • 戦況が思わしく無いですわね...。 -- クリス

  • 加島「な、何ッ!?」(機銃を弾かれた!機銃はケリニー隊の方向へ転がった)
    三森「しまった!奴め!」


    ルフレ「このタイミングで!」
    クロム「ルフレ!避けろ!」
    ルフレ「えっ!?」
    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!!」(尾を振るう!)
    ルフレ「きゃああああーッ!!」(直撃!ぶっ飛ばされる!)
    クロム「ルフレーーッ!
    ぐあああああっ!!」(同じように尾を打ち付けられ吹っ飛ばされた!)
    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!」(雄叫びを挙げる、残ったケリニー隊とルフレとクロムの攻撃は確かに通ったが、それでもやはり彼を怯ませるほどのダメージには至らなかったのだ!
    前衛の要を一層した彼は手負いのHROを無視し
    ケリニー隊、加島、三森に向かって前進する!!)


    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!」(オロチが叫びを挙げる!否!これはクヲンへの言葉、彼女にしかわからない紛れもない返答であった!)
    『お前も、お前も人が憎いか!おれも憎い!憎いのだ!
    頼みもしたわけでもないのにおれを生み出し、用が無くなればおれを殺すという人の傲慢さが!』 -- チームORE
  • …最悪の自体ですわ。(再び立ち上がる) -- クリス
  • テレサ「こっちに来たわね・・・イグニヴィッドがただの戦車だと思わないのよ!イグニヴィッド・スタンディング!」(MBVT-T0-XM1 「イグニヴィッド」を人型形態へ変形)
    セーヴェル「!」(自分の近くへ転がってきた加島の機銃を拾い上げ、給弾不良が起きてないかチェックする)
    ケリニー「来るかっ!」(H&K HK416でオロチを攻撃)
    ケーヴス「ちっ!」(バレットM82A1でオロチの眉間を狙撃) -- Mr・H軍選抜隊
  • (流零に言う)人に答える必要がない。
    (奇襲は容易くバレた。その蛇腹剣の圧倒的なリーチでもって牽制をする)


    (オロチに言う)…そう、憎い。何につけても死が約束された人間が憎い。
    来なさい、オロチ。───、─────、───。昂り、吼えなさい。
    (『掌握の鎖』発動) -- 屍姫クヲン(敵対)
  • 三森「……くっ!何としても止めるぞ!!ケリニー隊をやらせる訳にはいかん!!」(次々とグレネードランチャーを発射する!)
    加島「こんちくしょおぉぉぉーーーッ!!」(南部(草薙改良)拳銃を乱射!)


    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!!」(被弾するがそれがどうした!この程度で止まる憎しみでは無いのだ!
    そして『掌握の鎖』が上乗せされる) -- チームORE
  • 何を言うか、最悪じゃないぜ、こんな奴は雑魚だ(クリスに) -- むしろ(キャラ)
  • ...しゃぁぁぁッ!!(オロチに突っかかる) -- リリア
  • そうですの?(むしろ(キャラ)へ)
    …そう何発も撃てるものじゃないですけど...仕方ありませんわ!(正拳突きの構え) -- クリス
  • 確かにそうだ。不粋な問いかけだったね。
    …でも。自分から勝負を降りる気はない。 -- 流零
  • …ありがとう。
    始めましょう、前夜祭を。(オロチの能力が右肩上がりに上昇してゆく…) -- 屍姫クヲン(敵対)
  • クロム「ぐ、くそッ……
    ルフレ……」(大ダメージを負いながらも意識は保っている)
    ルフレ「あ……ぐっ……」(額から血を流し気を失っている)


    試製一号オロチ「シャァァァァァァァッ!」(弾丸ごと加島と三森わ蛇で薙ぎ払う!ガードダメージ!)
    三森「ぐわぁっ!!」(蛇が直撃し吹っ飛ぶ!)
    加島「うわぁぁぁぁ!」(薙ぎ払われる)


    試製一号オロチ「シィアアアアア!」(そしてケリニー隊に突っ込み暴れまわる!!) -- チームORE
  • ちっ(吹っ飛ぶものの着地)アンタはなんなんだ!何が目的だ……? -- HRO
  • はぁぁっ...(拳に気が溜まっていく)
    まだ...もっと溜めないと...! -- クリス
  • ...さぁ、貴様はどんな死に方が望みだ?
    場合に寄っちゃこの町ごと吹き飛ばしてやる(オロチに) -- むしろ(キャラ)
  • (HROに言う)繁栄に浸りすぎたその身で見届けるといいですわ。
    (希望も何もなく、時間を必要とするクリスに容赦なく蛇腹剣を振るう…) -- 屍姫クヲン(敵対)
  • ああ。愉しもう、お互いにね。
    …生を切るは、ただ一つの判決。
    「4」のフォーカード!
    4枚の4の札を掲げる。
    …すると、もう片手に、大きな鎌が現れる。
    -- 流零
  • あら、クスクス。消化試合と思って来てみれば…シカバネヒメがいるのね。 -- ベアトリーチェ(四季)
  • キャァッ!(4700/8000 溜めが中断される) -- クリス
  • おいっ、ちっ……(麻痺で停止) -- HRO
  • せっかくだ、ボクと遊んでくれないか。
    あの蛇でもよかったけど。キミの方が面白そうだ。(クヲンに) -- 流零
  • (停止から復帰)見届ける、ね……悪いが、そう黙ってられるクチでなくてな。 -- HRO
  • …度し難い。
    仕方有りませんわ。忙しいので、手短に済ませますわ。 -- 屍姫クヲン(敵対)
  • もう許しませんわ...! -- クリス
  • 「冗談じゃねぇ……」
    軋む身体に渇を入れ、加島は立ち上がる。
    「お前を殺すまで俺は死ねないんだ……!」
    暴君のごとく暴れまわるオロチを睨む。
    そうだ、死ぬわけには行かない…。
    同胞の無念を晴らさねば。
    ―――死んでも死にきれないッ!
    「だからさ……
    死んでたまるかぁぁぁぁッ!!」
    慟哭を挙げる。


    その時加島は見た。


    白い羽を伸ばし、哀れな造物と対峙していた。


    それは確かに『天使(テンシ)』の姿をしていた。


    「―――救済してあげるわ、蛇野郎」


    条件達成!シークレットミッションに移行します……。 -- シークレットイベント