0系ひかり1号


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

形式:新幹線0系電車
製造:1964年
編成:4両~16両
通称:夢の超特急
所属:国鉄

東京オリンピックが開催された1964年。人々の夢と希望を乗せ、0系は誕生した。
青と白のツートンカラー。丸い頭に愛嬌のある団子鼻。最高時速は210km。
現在では遅いと感じる速度であるが、それは紛れもなく夢の超特急であった。
日本の技術の結晶。その技術は世界にShinkansenの名を轟かせた。
今では博物館でしか見れないが、どこかで夢と希望を乗せて走り続けてないだろうか?

出典:国鉄/JR東海/JR西日本
1964年10月1日、東海道新幹線の開業時にデビューした新幹線車両。
初代新幹線車両であり、最高時速は210km。(後に220kmに引き上げられる)試験走行では256kmを記録した。
車両の早い老朽化、大坂万博の増備などで生産数は3216両に及ぶ。
1999年に東海道新幹線を引退、2008年12月14日に山陽新幹線を引退した。
現在は博物館等で展示されており、イギリスにも1両保存されている。

バトロイにおける0系ひかり1号

26/20/26/28
7連16勝V3

ひらおが登録。