バトロイクエスト > 第40話 > ログ1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 広い平原にポツンと立っている小さい酒場。人も少なく、今ではギルド仲間で盛り上がった面影もない。 -- 場所解説
  • アルシオーネ「…………」
    店主「(あの狐ロボ、いつまでいる気なんだ…?)」
    アルシオーネ「……(イライラ)」 -- ひらお
  • こだま「さむさむっ。」
    HRO「コート着ててよかった…」
    流火「でも手袋邪魔じゃない?」
    HRO「黙れ」
    店主「いらss」
    アルシオーネ「んもう!随分と遅いじゃない!」
    HRO「誰だよ、白い服で来いって言ったヤツ」
    流火「今日、雪すっごいもんねー!」
    アルシオーネ「なんか余計なの来てるし……」 -- ひらお
  • HRO「……で。呼び出したってことはアイツかい?」
    アルシオーネ「……そう。ハーピィシューミットよ。」
    こだま「アレ潰しにいきます?この面子でいけますか?」
    アルシオーネ「あれ邪魔じゃない。空にあんなデカいのが堂々といるのが!」
    HRO「…なんだよ。そのポテチ取られたから魔王倒せみたいな。」
    流火「わーい!面白そうー!」
    こだま「でも人来るんですかー?電波飛ばして色んな人に募集かけてるけど。」 -- ひらお
  • おいっ!店主を呼べぇーーッ!!
    ここに名酒『霧島』が無いとはどういう事だ!
    こんなんで酒場を名乗るなああああああ!
    (突如切れる近くの酔っ払い) -- 霧島魔理沙
  • わざわざ酒場に来て怒鳴るくらいなら自分で酒屋に行って買って来れば良いだろうがーーー!!
    (それに呼応して怒鳴り返す女房役
    畏れ崇めよ、我らが霊夢様である) -- 鬼麗霊夢
  • HRO「お前何やってんのぉ!?こっちとらこっそりキファイン宅抜けてきたのに!」
    こだま「まーまーいいじゃないですか♪」
    アルシオーネ「あの人達騒がしいわね……」 -- ひらお
  • ???「あー、こっちにもお酒もってきてー。貢いでー」
    ???「…何で俺が目付役なんですか。悪夢だ…」 -- ふたりぐみ(くくる)
  • HRO「んなわけあるか!こっちとら巻き添えとか誤射とか面倒なんだよ!」
    流火「ここの人、そんな射撃下手じゃないと思うけどなー。」
    アルシオーネ「えぇ。でも白いの3人もいらないわね…」 -- ひらお
  • ???「いらない子なんていうなー!」
    ???「あんたじゃねーですうるせーです」 -- ふたりぐみ(くくる)
  • 霧島魔理沙「誤射とは聞き捨てなりませんなあああ!?それではガンナー失格ですぞー!」
    鬼麗霊夢「と、カッスエイムの魔理沙が申しております」
    霧島魔理沙「私程の使い手となれば一戦闘全弾命中なんて息を吸うが如く簡単な事よ!」
    鬼麗霊夢「そいつはすげぇや」(冷たい目) -- チームORE
  • アルシオーネ「(ふたりぐみに近づき)失礼、あなた達ではないのよ?」
    HRO「まぁ多少の誤射ならまだしもな…」
    流火「というか巻き添え無視して突っ込むのが悪いよ。」
    こだま「そーだ!そーだ!」
    HRO「(イラッ)」 -- ひらお
  • ???「で、何で俺なんすか。つれてくならトリガーハッピーが一番でしょ」
    ???「もには遊びに出たきり帰らないじゃない。あんた暇でしょ?」
    ???「暇だからやすんでたんでしょーが」
    ???「だめだこいつ。…うん?あなただーれ?なーに?」
    (ようやく気づきました) -- ふたりぐみ(くくる)
  • あっ、私?私はアルシオーネ。あなた達は? -- アルシオーネ
  • 霧島魔理沙「まぁ戦場において多少の誤射はありえない事では無い。
    それを考慮せず突っ込むのは愚か者のする事だぜ(キリッ」
    鬼麗霊夢「んん?毎回分隊員置き去りにして一人突出してるヤツは誰だっけかなぁ?」
    霧島魔理沙「仕方無いじゃない!
    抑えられないんだものこの気持ちが!!
    分隊員の沸き待ちでムラムラ来ちゃったらもう突っ込むしか無いでしょう?」
    鬼麗霊夢「でっていう」
    繋ぎ代理ORE「でででっていう」 -- チームORE
  • ???「あたし? っふふん、通りすがりのスーパーモデル」
    ???「嘘つけ」
    ???「嘘です」
    ???→佐々(さっさ)「真面目にやりますよほら。どうも、佐々と申します」
    ???→サティアナ 「あたしはサティアナ。ないすとぅーみーとぅー」 -- くくるのあやしいふたり
  • HRO「誰か俺を小馬鹿にしたようだがー?(霧島に対し)」
    流火「だからあなたが悪いって」
    アルシオーネ「Nice to meet you too.」
    こだま「……!?」 -- ひらお
  • 霧島魔理沙「お酒を飲むのが私の仕事!無理やり戦場にお酒分持ち込む!
    その身体はきっと酒で出来ていた(キリッ
    どうもカオスカンパニーの霧島魔理沙です」
    鬼麗霊夢「第59回全霊夢鬼畜ランク単独首位、私たちが選ぶベスト霊夢ぶっちぎり一位(強制)
    畏れおののけ、大いに讃え崇めよ
    鬼麗霊夢様である。
    不本意ながらもコイツ(霧島魔理沙)の同僚です。
    皆様の前で何かやらかしたら直ぐ様私へご一報を。
    私が責任を持って教育します」
    霧島魔理沙「こんな鬼畜な霊夢が私の幼馴染みな訳がない!」
    鬼麗霊夢「こんな酔っ払い女が私の幼馴染みな訳がない」 -- チームORE
  • サティアナ「気安くサティと呼ぶがよい」
    佐々「なんでそんな偉そうなんだあんた」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「そう。じゃあ行くわよ。」
    HRO「鳥退治にか?」
    流火「そうでしょ普通」
    こだま「参加募集中~!」
    HRO「やめろ」 -- ひらお
  • サティアナ「おっ、何か面白そうね!」
    佐々「いってらっしゃい」
    サティアナ「えっ」
    佐々「えっ」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「あら、来るの?いいわよ。」
    HRO「えっ」
    こだま「まぁ、ハーピィーシュミットってのを倒すんですよ~」
    流火「ハーピィー…あんな感じかなぁ…」 -- ひらお
  • 鬼麗霊夢「よし魔理沙、お前も逝ってこい」
    霧島魔理沙「この際『逝ってこい』には突っ込まないとして。
    なして!?」
    鬼麗霊夢「面白そうだから」
    霧島魔理沙「でも任務が」
    鬼麗霊夢「そうか、そんなに爆死したいのか。
    (超低音)じゃあしょうがないなー」
    霧島魔理沙「行かせてもらいます!行かせてくださいお願いします!(涙目)」
    鬼麗霊夢「最初からそう言えばいいものを。
    全く魔理沙は余計な事しか言わないな」
    霧島魔理沙「えー。
    私が悪いの?」 -- チームORE
  • サティアナ「だあれそれ?」
    佐々「…やれやれ」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「見ればわかるわよ。でもウチのところから4人もいらないわね。」
    HRO「確かに。」
    流火「わくわく」
    こだま「投票とかどうでしょう。」
    HRO「ゑっ」 -- ひらお
  • サティアナ「わくわく」
    佐々「はぁ…あんた一人放りだしたらまずいよなぁ、いろいろ」
    サティアナ「ん?」 -- くくるのあやしいふたり
  • 霧島魔理沙「そう言うことなら私は当然この娘(流火)に投票するぜ!
    ぐへへへへ可愛いねキミぃ、私が守ってあげるからね一緒に行こうねwww」
    鬼麗霊夢「たとえその子が行くことになっても決して魔理沙を近付けないでください!
    汚されます!!(青面)
    ちなみに私はこれ(HRO)に投票する。」
    霧島魔理沙「この人(HRO)を?何で?」
    鬼麗霊夢「爆死してくれそうだからだよー」(満面の笑みで)
    霧島魔理沙「うわぁ」(白目) -- チームORE
  • サティアナ「にぎやかな方がいーわ!」
    佐々「だいじょうぶなのかあんたの相方」(霊夢に) -- くくるのあやしいふたり
  • HRO「こらあああぁぁぁああ!」
    流火「ん?いーよ?」
    アルシオーネ「一番ヤツを知ってるのは私…だから…」
    こだま「ゑ」 -- ひらお
  • 恐らく頭と肝臓はもう手遅れだろうな(呆れ目) -- 鬼麗霊夢
  • それでも私は霧島を手放さない!(キリッ -- 霧島魔理沙
  • サティアナ「さぁ、みんなあたしについてこい!」
    佐々「…頑張れ」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「行きましょ」
    HRO「おう!」
    流火「いっくよ~!」 -- ひらお
  • サティアナ「おぉー!」
    佐々「…いやいや、あんたリーダーじゃないですって」
    サティアナ「気分はいつだってトップ。てっぺん」
    佐々「めんどくせえ」 -- くくるのあやしいふたり
  • 酒場を出た平原(大雪) -- 場面変更
  • 流火「寒いよぉー!」
    HRO「……で、ホントに来るの?」
    アルシオーネ「昨日はここにいたらしいわ」
    宮子「疫病神……」
    ゆの「寒い!……あっ!」
    HRO「おや。」 -- ひらお
  • サティアナ「随分と降るわねー」
    佐々「ちょっと視界が悪いですね」
    サティアナ「雪だるまつくりましょ!」
    佐々「…やるなら後でにしてくださいよ」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「あら、あまり見ない顔ね。ゆのさんと宮子さん?」
    ゆの「はい!ってどうして知ってるの!?」
    アルシオーネ「そこそこアナタのこと聞いてるわよ」
    ゆの「えぇっ!?」
    宮子「狐さんだー!」 -- ひらお
  • サティアナ「あたしの噂は?あたしの噂は?」
    佐々「ねーよ」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「すみません、ご存知ないわ。」
    ゆの「えぇっと、わたし、なにか」
    HRO「とにかく……おっ?」 -- ひらお
  • サティアナ「あたしを誰だと思っている!」
    佐々「もういいです…それで、ターゲットの特徴は?」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「大きいわね。特に翼が。灰色だわ。」
    宮子「それってもしかして……」 -- ひらお
  • あたしに勝てると思っているワケ?ハーピーシュミット、いっけぇー!(10mほどの鳥獣型機械が空から登場し、片足で酒場を潰す) -- ハーピーシュミット(杉浦綾乃)
  • 佐々「…えーと」
    サティアナ「お出ましねーっ!かっくごー!」
    佐々「えっちょ」
    (先制攻撃!ハーピーシュミットへ向けレーザーを放つ) -- くくるのあやしいふたり
  • ゆの「こだまさあああぁぁぁん!」
    アルシオーネ「無茶しちゃって……」
    流火「ん、どうしたの?」
    HRO「ちょっぴり切ない気分になってきた(トナミ楽屋参照)」
    ハーピー「(21010/24000)そんなダメージ、ないないナイアガラよ!」 -- ひらお
  • サティアナ「なら痛いっていうまでーっ」
    佐々「ちょっ待ってください、闇雲に撃ってちゃ泥沼ですって!」 -- くくるのあやしいふたり
  • ????「準備はいいですか?」
    ????「えぇ...行くわよ!」 -- ヨッシー一家の...
  • えぇ、手痛いカウンターを受けるわよ。……って、どちら様かしら? -- アルシオーネ
  • 佐々「そうだな…こういう奴は、もぎとってやるべきか。ほら、見えます?」
    サティアナ「あんま見えない!」
    佐々「期待はしてなかったよ!…いいですか、撃つときは俺に続けて撃ってください」
    サティアナ「はーい」
    (二人が狙うのは翼の部分のようだ) -- くくるのあやしいふたり
  • ????「闇ある所に光あり!」
    ????「悪ある所に正義あり!」 -- ヨッシー一家の...
  • HRO「うおおおおぉぉぉーん!(ハーピーにライダーキック)」
    ハーピー「甘いわよ!(ゼノカウンター)」
    HRO「あぐっ(5789/7000)」 -- ひらお
  • サティアナ「んっ?っふふ、正義は勝ーつ!」(あわせにいった気になってる)
    佐々「…あんたダメージ源なんですから、しっかりしてくださいよ?」
    -- くくるのあやしいふたり
  • ????→ライチュウ「ヨッシーイエロー...ライチュウ!」
    ????→プクリン「ヨッシーピンク...プクリン!」(二人ともヒーローのコスプレをしています) -- ヨッシー一家
  • アルシオーネ「……どうでもいいわね。」
    ハーピー「しょもないのよ!(アルシオーネにスカイクラッシャー)」
    アルシオーネ「読み通り!(ジャイロカウンター)」
    ハーピー「きゃあ!(19989)」 -- ひらお
  • ライチュウ「えっ」
    プクリン「ええっ」 -- ヨッシー一家
  • 佐々「いや、それでいい。頑張って気を引いてくれ、楽になる」
    サティアナ「正義は勝つ!つまりあたしが勝ーつ!!さあいくわよ!」
    佐々「はいはい…合わせろよ!」
    (続けざまに翼へ向け発砲する) -- くくるのあやしいふたり
  • きゃあ!(16190、クリティカル)こんの!(佐々にガトリングぶっぱ) -- ハーピーシュミット
  • ライチュウ「…(しょぼん)」
    プクリン「ライチュウ様...」 -- ヨッシー一家
  • サティアナ「げっやば」
    佐々「ばかっ、伏せてろ!っ、そっちもおちこんでないでてつだえ!」
    サティアナ「あっこれシールド」
    佐々「はやくよこせこらあああああ」
    かばうように攻撃を受けた! -2900(1900/4800) -- くくるのあやしいふたり
  • HRO「まだだ!まだやれる!(ハーピーシュミットを大型銃でぶん殴る)」
    ハーピー「(17499)軽いわよ!(HROに超音波爆撃)」
    HRO「うごあっ(3998、クリティカル)」
    アルシオーネ「何やってんの!(ハーピーにフリージングトルネード)」
    ハーピー「くっ……(15490)」 -- ひらお
  • サティアナ「ご苦労」
    佐々「おまえから撃ちますよ?」
    サティアナ「きゃーこわい!あたしを誰だと思っているの!」
    佐々「…とりあえず、あいつ壊しますよ」
    サティアナ「おー!」
    (翼狙い継続で再びW発砲) -- くくるのあやしいふたり
  • ライチュウ「…」
    プクリン「えーい、あたいがやるわよ!(ハーピーへハイパーボイス)」 -- ヨッシー一家
  • (13299)それ程度で翼はなんともないわよ!(空を飛び、多弾頭ミサイル。大きいミサイルから複数のミサイルをサティアナ、ライチュウ、プクリン、アルシオーネ、HRO、流火に放つ) -- ハーピーシュミット
  • ライチュウ「ギャーッ!?(1600/3000)」
    プクリン「ライチュウ様ァ!(れいとうビームでミサイルを撃墜する)」 -- ヨッシー一家
  • サティアナ「壊れないって。話が違うじゃない〜」
    佐々「頭痛くなってきたんだけど。しぬ?」
    サティアナ「生きる。あたしの本気、みせつける!!とぉー!!」
    (着弾する前にレーザーをミサイルに向けてうちこみつつ逃げる。えー逃げてる!) -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「(扇子で防ぐ)ふぅ…」
    HRO「俺にばかり撃つんじゃなあぁー!(1790)」
    流火「だいじょーぶ?」
    HRO「お前も手伝え」 -- ひらお
  • だがまだだ!(カウンター待機) -- HRO
  • そんなものかしらぁー?(余裕で見下している!) -- ハーピーシュミット
  • ライチュウ「…行きますよ!」
    プクリン「立ち直ったァ!」 -- ヨッシー一家
  • 佐々「ちぃ、やっぱり飛びますよねぇ…」
    サティアナ「あのー、どうすれば壊れますかー?」(なんか話しかけはじめた!)
    -- くくるのあやしいふたり
  • HRO「貴様あああぁぁぁああ!(ハーピーをぶん殴る)」
    ハーピー「そんなの知らないわよー!(13000)」 -- ひらお
  • ライチュウ「か み な り!(ハーピーにかみなり)」
    プクリン「ライチュウ様の十八番!」 -- ヨッシー一家
  • サティアナ「ならば、撃つ!」
    佐々「…それしかないんですけどね。ってか話通じんのか。あんた誰?」 -- くくるのあやしいふたり
  • ここが新天地か…さて、ベアトリーチェはどこだろうな -- ジャニス(迷子のセイレーン)
  • 私は……ってきゃああぁーっ!(9999、弱点雷) -- ハーピーシュミット
  • ライチュウ「どうです!」
    プクリン「効いてるわ!」 -- ヨッシー一家
  • サティアナ「チャーンス!!!ばんばーん!!!」
    (わあ!ハーピーシュミットに向けて好き勝手うちはじめた!)
    佐々「…あぁ。コミュニケーションとるチャンスだった気がする」 -- くくるのあやしいふたり
  • HRO「か……雷……あななたは!」
    ハーピーシュミット「(7817)よくも……(HRO、プクリン、サテイアナにガトリング)」
    HRO「まだ何も言ってなあぁー!(0)」
    流火「か、かませ犬……」
    ?「しょうがないですね……」 -- ひらお
  • サティアナ「へるぷみー」
    佐々「いや、今回は知らないわ」
    サティアナ「ゑ、ちょ、いやあああああぁぁぁぁぁ」被弾!
    -2000 (0/2000)KO! -- くくるのあやしいふたり
  • プクリン「ライチュウ様ァァァ!(0/3500)」
    ライチュウ「ふぅ...雷が弱点だと分かればこっちのものです!」 -- ヨッシー一家
  • ………。
    これはひょっとしてバトロイクエストか? oh... -- ジャニス(そそくさ)
  • 佐々「生きてますか?」げしっ
    サティアナ「っぐぅ!?」
    佐々「OK」
    サティアナ「」 -- くくるのあやしいふたり
  • ケルディン「やはり……よし帰れ」
    HRO「えっ(退散)」
    アルシオーネ「時間稼ぎお願い!(自動車モードで退散)」 -- ひらお
  • 時間稼ぎですかー!? -- ライチュウ
  • 佐々「ん、どうした?」
    サティアナ「;ω;」 -- くくるのあやしいふたり
  • …なるほど。あの一撃で仕留めるわけですね。 -- ケルディン
  • あの一撃...ですか? -- ライチュウ
  • 佐々「どういうことです?」
    サティアナ「アタシイキテル?ネエ」 -- くくるのあやしいふたり
  • ケルディン「とにかく離れて撃てってことです!(召喚)」
    バハムート(LOV)「系譜の終焉を受け入れよ(ハーピーにメガフレア)」 -- ひらお
  • 了解です!(ハーピーに再びかみなり) -- ライチュウ
  • やぁやぁ、霧島魔理沙だよ。
    『はよ、爆死はよ』(通信機より、低い声ながら周囲に響く)
    あわわわわわ!
    すみませんすみません!遅刻してすみません!
    仕方無いんだよ!霧島が途中で切れちゃって、予備も無いから戻らざる得なかったんだよ!
    『ハハッ、ワロス』
    遅刻した分はちゃんと働きますから!お願いしますお願いします!
    どうか爆破だけはご勘弁を(ガタガタブルブル)
    『チッ、まぁ今日のところは許してやる。
    ツギハナイカラナ?』(超低音)
    怖い、ホント怖いわー!(泣)
    (泣きをいれながらカービンライフルをハーピー向けて発砲!) -- 霧島魔理沙
  • ま、それなら撃ちまくるだけだ!不恰好でもね! (乱射!) -- 佐々
  • (4199)くっ…… -- ハーピーシュミット
  • (別所)(大きな氷の塊を切り取って、浮かせ超速変形)アースティック!スマアァァァッシュ!(ぶん殴って氷をふっ飛ばしたー!) -- アルシオーネ
  • (ハーピーシュミットに落下、逃げろおおぉぉお!) -- 氷の塊
  • あれ、割りと余裕じゃね?(リロード) -- 霧島魔理沙
  • いやはや…こっちまで凍えそうじゃん。 -- 佐々
  • 早く!巻き込まれますよ!(退避) -- ケルディン
  • 佐々「了解だよ。ほら起きて、あいつ連れてきて」
    サティアナ「はふう」
    (プクリン達を連れて退避) -- くくるのあやしいふたり
  • あれ、そんなに慌ててどうしたの?
    えっ、何でみんな逃げて行くの?
    『魔理沙ー、後ろ後ろー』
    後ろ?振り向いたけど何も無(ryあっあっあー(死亡)
    (巻き添えを受けました☆)
    『ごめんごめん間違えた
    上から来るぞ気を付けろー(笑)』 -- 霧島魔理沙
  • 『ゲラゲラゲラ』(通信) -- 鬼麗霊夢
  • ゆの「きゃあああぁぁぁー!(0)」
    宮子「のわああぁぁぁー!(0)」
    こだま「僕の出番をおおおぉぉおお!(0)」
    ハーピー「認めないわよおおぉぉお!(0)」 -- ひらお
  • 佐々「あ、まだいっぱいいた」
    サティアナ「勝ったーーー!!」 -- くくるのあやしいふたり
  • アルシオーネ「ふぅ…上手くいったわね…」
    流火「色々巻き込んでるよー?」
    綾乃「(ハーピーから放り出され、気絶)」
    ケルディン「パイロットは気絶してますね……」 -- ひらお
  • サティアナ「せいぎはかつ。かつったらかつ」
    佐々「おやまあ、女だったか。で、この子どうします?」(綾乃を見て) -- くくるのあやしいふたり
  • ハッハッハ。素晴らしいじゃないか。ハーピーシュミットを倒すとは。 -- ????
  • サティアナ「ドヤァ」
    佐々「…誰だ?」 -- くくるのあやしいふたり
  • 私は滅びぬ!何度でも蘇るさ!
    『いつの間にか敵が倒れとるで』
    あっれー、おっかしーなー私来た意味無くねー?(白目)
    『出遅れた上にひたすらぺこぺこして銃あばばばやって盛大に轢死しただけだったな』
    あっあっあー -- 霧島魔理沙
  • ?→マッドハッター「なぁに、ただの帽子y」
    流火「やっぱりお前だったんだな!」
    狐「……どちら様?」
    ケルディン「気にしないでください」
    マッドハッター「いやぁ、僕の実験に付き合ってくれてありがとう。」 -- ひらお
  • サティアナ「帽子屋?売り子?」(地味に復活した)
    佐々「にしちゃ物騒にうつりますが」 -- くくるのあやしいふたり
  • ケルディン「じゃあ、あの彼女は……」
    マッドハッター「アレは単なるエネルギー源さ。」
    流火「あなたは……!」
    マッドハッター「おっと怒らないでくれよ。実験に犠牲はつきものなのは君らもよく知ってるだろう?」 -- ひらお
  • サティアナ「なんだか葉月みたいなこと言ってるわよ?」
    佐々「…めんどそうな方なのは理解できましたよ」 -- くくるのあやしいふたり
  • なぁ霊夢。
    『なんだね』
    私達場違いとちゃいます?
    『何をいまさら、そんなの酒場で出てきた時からわかりきった事だろ』
    そうだな、酒場で登場した時点で不協和音バリバリ鳴ってたぜ
    『それよりあのイカれた帽子屋はどうすんだ』
    私の邪魔をするなら撃ち抜くだげだぜ
    『うまく行くと、ええなぁ?』 -- 霧島魔理沙
  • 実験...!? -- ライチュウ
  • ちょっとハーピーシュミットを試したくてね。大丈夫、彼女は死んじゃいない。 -- マッドハッター
  • 女の子を使っての実験!?けしからん!私も混ぜてくださいお願いします!
    『いやお前が想像しているような実験はしとらんと思うぞ』
    そんな事言ってほんとはエロいことしてるんでしょう?
    エロ同人みたいに!
    『ハハッ、ワロス』
    -- 霧島魔理沙
  • しかし...! -- ライチュウ
  • サティアナ「あたしたちがしんじゃうとこだったじゃなーい!」
    佐々「おもちゃにしちゃ乱暴だよなあ」 -- くくるのあやしいふたり
  • まぁまぁ。もっとも、結構弱ってるみたいだけどねぇ。 -- マッドハッター
  • じゃあ、早く治療を! -- ライチュウ
  • ちょっ、それを先に言えよ!『結構弱っている』ってそれフラグじゃねーか!!
    『8割方命の危険があるよな、そういう時って』
    ダイヤの原石が死んじゃうよヤバイよヤバイよどうすんの!! -- 霧島魔理沙
  • ハッハッハ。どうでもいいじゃないか。 -- マッドハッター
  • 佐々「使え」つ救急スプレー
    サティアナ「…め、目立っている!なんなのあの悪役テイストな輩は!!」← -- くくるのあやしいふたり
  • どうでもいい...ですって!? -- ライチュウ
  • 遺言は、それだけか?
    『とりあえずコイツを1キルは確定だな』 -- 霧島魔理沙
  • おぉっ、怖い怖い……正義の味方ヅラかい?やだねぇ。 -- マッドハッター
  • 少し...痛い目に遭ってもらいますよ... -- ライチュウ
  • 佐々「…まあ、なぁ。確かにって思うところも」
    サティアナ「ええい!!だまりなさい!!正義をふりかざすのではなく、あたしが勝つから正義なのよ!!!」 -- くくるのあやしいふたり
  • はぁー……さむいなー。今日の宿も探さないと。 -- ???
  • おぉっ、怖い怖い……おや。招かれざる客だねぇ。いや、それとも。 -- マッドハッター
  • …(マッドハッターを睨みつけている) -- ライチュウ
  • サティアナ「ええ、うーんと恐れるがいいわ!っふふん、あたしを敵に回した時点で、あんた達は負けなのよー!!」
    佐々「……さっさと撤収したい」 -- くくるのせいぎのふたり
  • (周りを見渡し)酷い……一体誰が……!……(マッドハッターを見て)あの人、人間じゃない!? -- ???
  • ハッハッハ!……それ以上言うのはやめてもらおうか。(???を杖で殴る) -- マッドハッター
  • こいつ、グリードか!?わからないけど…!(回避)変身(タカ!トラ!バッタ!タ•ト•バ!タトバタ•ト•バ!)はっ!(仮面ライダーオーズに変身) -- ???→オーズ
  • サティアナ「っふははははははー!!!」
    (マッドハッターに向けて熱線レーザーを放つ)
    佐々「…そーいや、酒場。…御愁傷様」 -- くくるのせいぎのふたり
  • 行きます...!(マッドハッターにくさむすび) -- ライチュウ
  • (すべて杖で防ぎ)……君達は運が悪い。(36話でアクマが放ったのとほぼ同じ結界を張る) -- マッドハッター
  • なっ...!? -- ライチュウ
  • サティアナ「あるぇー?」
    佐々「…逃げ道塞がれましたよ」
    サティアナ「生きるために退くべき道などいらぬ!」
    佐々「死に急いでんな」 -- くくるのせいぎのふたり
  • アルシオーネ「なんなの!?」
    オーズ「結界だ……」
    ケルディン「閉じ込められましたね……」 -- ひらお
  • …さて。君らには楽しいゲームに参加してもらおう。…バトルロ「ワ」イヤルだ。 -- マッドハッター
  • サティアナ「ことわる!」
    佐々「ゑ。…いや、俺も遠慮したい」 -- くくるのせいぎのふたり
  • なんです?それ... -- ライチュウ
  • 殺し合いさ。憎いアイツを殺れる、楽しいだろう? -- マッドハッター
  • こいつ、狂ってるわね…… -- アルシオーネ
  • あなたって人は...! -- ライチュウ
  • 佐々「……」
    サティアナ「えー?無用な殺生は性にあわないわ!ねぇ佐々?」
    佐々「ちょっとその気になりました」
    サティアナ「えっ」 -- くくるのせいぎのふたり
  • ……これを見ても、そう言えるかい?(ゆの、宮子、こだま、綾乃に赤い液体を爆発させた後、消滅させる) -- マッドハッター
  • !!! -- ライチュウ
  • うわああああこんなの人の死に方じゃ無いですよおおおお!
    『これはひどい、魔理沙』
    え、何?
    『今から五分後に援軍が、いや、もう来たな』 -- 霧島魔理沙
  • サティアナ「ゑ」
    佐々「……」
    サティアナ「ちょちょちょっとまって。なあにいまの、あ、あっあれ、えっ」 -- くくるのせいぎのふたり
  • (三時の方向から、緑の長いツインテールが向かってきた!)
    こちらGP01、ゼフィランサス。初音八三です。
    霧島さん、援護に来ました! -- 初音八三
  • 『実際はGP01のテストしていた所を偶然結界に閉じ込められていたのを私が見つけて向かわせたんだがな』 -- 鬼麗霊夢
  • あら?だからといって参加するわけでもなくてよ? -- アルシオーネ
  • 許せないです... -- ライチュウ
  • ……そうかい。なんなら化け物退治の方がお好みかい?(オーズにプテラメダルを投げる) -- マッドハッター
  • ぐっ!(メダルが飲み込まれ)(プットーティラーノザウルスー!)うおおおおぉぉぉおお!(プトティラコンボに) -- オーズ
  • なっ!? -- ライチュウ
  • 霧島魔理沙「G開発計画・再現プロジェクト。
    なんだっけ?八三と黒江諸々が関わってるんだっけ?」
    初音八三「ええ、プロジェクトのチームに黒江共々テスターチームとして選抜されたんですよ。
    ただ、このゼフィランサスはまだまだ未完成で、姿勢安定のスラスター・パックが完成していないんですよ」
    『間に合わせでバックパック装備しているわけだな
    まぁ武装の方はほぼ完璧に再現されてるからな、戦闘は問題ねぇよ?』
    霧島魔理沙「ところで聞きました奥さん?バトルロワイアルですってよ」
    『腸とか腸とか腸とか、内蔵が惜しみ無く飛び出るあれだな』
    霧島魔理沙「ぶっちゃけバトルロワイアルなんて、桐山とかズガンとかるるる化とかバナナとかしか覚えてないぜ」
    初音八三「途中からすべてパロロワになってるじゃないですか」
    『まぁ作者自体、原作立ち読みした程度で後はパロロワばっかだしな
    つーかグロいの耐性無いだろ、あいつ』 -- チームORE
  • 佐々「あいつなにしにきたんだ…」
    サティアナ「…っ、ふふん。取り乱したわ。いかなる相手も、あたしには敵わないわ!」 -- くくるのせいぎのふたり
  • アルシオーネ「なんなの!?」
    流火「すごい気迫…!」
    ケルディン「これは……」
    (清掃お願いします) -- ひらお