球磨川禊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『僕は悪くない』

『だって』『僕は悪くないんだから』


「めだかボックス」の登場人物。旧ボスにして、現生徒会執行部副会長。 通称「負完全」「裸エプロン先輩」。
箱庭学園三年マイナス十三組在籍。自称「愚か者と弱い者の味方」。
強烈なカリスマの持ち主であり、マイナス十三組のリーダーとして君臨する。
登場当初は「心が無いのではないのか」と思わせるほど、言う事すべてが白々しい敵勢力のリーダーという面が強かったものの、物語が進むにつれ次第に人間らしい面を見せるようになる。戦挙終盤においては安心院なじみに促され、「あいつらに勝ちたい」と隠された本音を吐露。その後の同作の主人公、黒神めだかとの本気のぶつかり合いの末に改心する。
めだかいわく「仲間思いな男」でもあり、めだかに敗北した際、仲間たちに「心配しないで」「マイナス十三組のみんなは僕が身を挺してでも守るから」と伝えるも、逆に「球磨川さんはそんなことずっとやってきたじゃねえか」「今度はあたし達があんたを守る番だ」と返されていた。
週刊少年ジャンプの愛読者で、好きな漫画は「落ち込め! ネガ倉くん」。
同作の登場人物、安心院なじみを『愛しの安心院さん』と呼んだり、めだかが「大嫌いで大好き」だったり、同作の(ry喜界島もがなの彼氏の有無を気にしたりなど、非常に惚れっぽい性格。
同(ry財部依真に惚れたときの『また一人女の子を好きになっちゃったぜ』『本当 僕は昔っから惚れっぽい男だ』という発言からして、本人も自覚はあるようである。

球磨川自身は「どこに打ち込まれても致命傷」と言われるほどひ弱だが、どんな致命傷を受けても立ち上がる鬱屈した精神力と、弱さという弱さを知り尽くしているが故の相手の意表をついた戦法とセンス、そしてどこからともなく取り出す大小種類さまざまなプラス螺子を用いて、過負荷に頼らずとも相手を翻弄し『螺子伏せる』。
また、自分たちが勝負に弱いことを誰より知っているので、まともな勝負はまず仕掛けてこない。『スリルとリスクを天秤にかけた分の悪い賭け』を何より好み、相手には思いもよらないやり方で引き分け・敗北に持ち込むのが彼の常套手段である。

彼の台詞は基本的に二重カギカッコ(『~』)に囲んで表記されるが、これは「格好つけている(括弧つけている)」という言葉遊びがまざったメタ表現。
本音を言うときは『』が外れる。

バトロイではどういうわけか2つの過負荷をどちらも劣化せず使える。

  • 『ステータス』
5/50/5/40
勝つ見込みが無いステータスである。

  • 『なりバトなどでの能力』(クズ<E<D<C<B<A<S<EX<チート)
HP:5
攻撃力:クズ(A)
防御力:クズ
素早さ:クズ(S)
賢さ:-A
気力:クズ
幸運:クズ
他人の弱みを突く時は一部の能力が跳ね上がる
体力が-になってもしぶとく活動できる。

  • 『所持スキル』
  • 過負荷『大嘘憑き(オールフィクション)』
『「現実(すべて)」を「虚構(なかったこと)」にする』過負荷。
因果律に干渉してあらゆる現象・事象・概念を『なかったこと』にしてしまう能力。
(例:自らが受けたダメージ、黒神真黒の臓器欠損、他人の五感、自分の気配、『死』etcetc...)
なお、この過負荷はもともと安心院なじみが所有していたスキルの1つ「手のひら孵し(ハンドレット・ガントレッド)」を元にしたもの。
安心院さんによると、元のこのスキルの効果は「事象の卵細胞化、つまり因果の逆流という、極めて平和的なもの」とのこと。
  • 過負荷『却本作り(ブックメーカー)』
球磨川の禁断(はじまり)の過負荷。
受けた者はあらゆるステータスが球磨川と同じ、過負荷に落とされてしまう。
安心院さんによれば「唯一、史上唯一悪平等たる僕に有効なスキル」であり、球磨川はこれと『大嘘憑き』を使って彼女を封印していた。
特定の相手に多大な被害を及ぼす際には手持ちのマイナス螺子が細長く伸び、それを相手に突き刺す必要があるのだが、本人曰く「心を折るための過負荷」であり、痛々しい絵面に反して肉体的ダメージはほぼゼロらしい。

  • 『台詞』
攻撃・『お前』『明日死んだらどうするんだ?』
第137箱での人吉善吉への発言。

回避・『僕は悪くない』『だって』『僕は悪くないんだから』
第55箱で初登場した際の台詞

被弾・『うわあ…』 『それはないわあ……』
「めだ関門」というネーミングに引いた際の発言。この後ボコボコにされる

会心・『あ』『それでは皆さんご唱和ください』『It's』『All Fiction!!』
第82箱の最後にて発言。

勝利・『あれ』『僕は負ける用のキャラなのに』『これじゃ実質負け(ry』

敗北・『また勝てなかった』
原作中での各所での勝てなかった時の台詞より

逃走・『大丈夫』『一人で立てる。』
第96箱にて中学生らにフルボッコにされた後での発言

  • 『相性』
?吉川ちなつ(『えっと』『心の声が聞こえてやりづらいからもうちょっと抑えてくれるかな?』)
?しどのこ(『インフレしすぎワロタ』)
?闇影 真夜?(『僕からしてみれば』『その頭の残念さは可愛く見えるね』)