バトロイクエスト > 第49話 > 前編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ここは私になんなりとお使わせください…
    ダーメだぁ!な方はなんなりと(ry -- 明日パラガス
  • ???????(クズ)「おいお前、石仮面見なかったか?この前来たやつらが捜してたらしい。」
    ???????(悪魔)「石仮面?どっかで見たような…」
    ????????(ニート)「石仮面はオラのだー!どこに隠しやがったー!」
    ???????(悪魔)「クズがぁ…(気弾を放つ)」
    ???????(親父)「やめろぉぉぉ!?」
    \デデーン/ギャアアアア…
    ???????(悪魔)「消えろぉ!」
    ????????(ニート)「ヴァアアアア!」


    「WASYYYYY…」 -- ちょっと前
  • クエスト・『失楽園』調査+頼まれた内容
    内容・こんにちは、僕は安心院なじみ。ただ平等なだけの人外さ。
    今回はバトロイ荘の住人の「仕事」を手伝ってもらうよ。
    『失楽園』の世界の調査、それとそこに住む人のお願いを聞いてもらおう。
    多少戦闘を挟むだろうから気をつけてね。
    注意・あんまりにも強い人物は面白みを減らすから来ないでね。
    さもないとこの僕直々に岩場に叩きつけるよ。
    メタな話では、前半が終わった後ちょっとしたあらすじ書くからそれを投下するまで待機を頼むよ。 -- 依頼内容
  • と、いうわけで参加したい人は来てね。
    あんまりにも強い人物というのは…例をあげるとアレックス君とかちなつちゃんあたりだね。
    だいたいのキャラはセーフだから安心して来るといいよ。 -- 安心院なじみ
  • 白ヨッシー「こんにちは(登場)」
    モモ「ひえーん!?(登場)」 -- ヨッシー一家
  • サティアナ「そう、颯爽と舞い降りるそれは、まるで天より出でし…」
    佐々「また組まされた」 -- くくるのボケ担当と苦労人
  • ベアトリクス「…戦いならお任せを」
    ウィヤ「…何故ここでアタイなのか、よく分からん」 -- 霧音の所。どうしてこうなった。
  • 白ヨッシー「あ、ちなみに...家からは桃色一人です」
    モモ「ゑゑゑ」 -- ヨッシー一家
  • 了解。
    んー、もう一つグループきてからにしようか… -- 安心院なじみ
  • ………。
    (固めが眼帯で隠れ、白と黒に色が割れた髪をした
    黒スーツの女性がそこへ来た)
    警察庁特設陰陽課、警部の夏伝華子だ。
    故あってこちらに派遣されて来た……参加の許可を頂きたい。
    (警察手帳を見せ、簡潔にそれだけを伝える)
    (おや?さらにもう二人こっちに来たようだ) -- 夏伝華子
  • はっはは、そんな堅苦しいのは必要ないよ。
    あまりに変な事しなかったらいいんだからさ。 -- 安心院なじみ
  • サティアナ「だれあんたら!」
    佐々「はあ…」 -- くくるのボケ担当と苦労人
  • カオスカンパニーの黒江です。
    あー、その……今回の件についての調査のため。
    本社より派遣されて来ました。
    ……えー、っと。戦闘はそれなりに出来るんで。
    あー……。
    (どうも話慣れてないというか、つたなく伝える)
    それと、こちらは……。
    (紹介の番を隣の女性に回す) -- 黒江
  • 野良メイドのフリィ・セルヴィスでございますわ。
    今回の依頼をお聞きいたしまして。
    是非私の奉仕力を役立てたいと思い。
    参加を希望致しました。
    どうぞ、よろしくお願いいたします。
    (スカートの裾をつまんでお辞儀) -- フリィ・セルヴィス
  • こんにちは。
    僕が言えた事じゃないけど続ける発言はできるだけ迅速に行った方がいいよ。
    何言ってるかわからない?それならいいよ。
    さて、みんな準備はいいかい? -- 安心院なじみ
  • 夏伝華子「問題無い……始めてくれ」
    黒江「あー……俺も大丈夫っす」
    フリィ「はい、いつでも行けます。ご主人様」 -- チームORE
  • 白ヨッシー「桃色、頑張って下さいね」
    モモ「白の鬼!鬼畜!悪魔!」 -- ヨッシー一家
  • サティアナ「あたしは一向に構わん!」
    佐々「どうも。佐々(さっさ)です。揃ってこき使ってやってください」 -- ボケ担当と苦労人
  • ベアトリクス「準備は出来ております」
    ウィヤ「…(頷く)」 -- 女将軍と狼剣士
  • じゃあ行こうか…えっと界王様界王さま←
    (カカロットのように瞬間移動する) -- 安心院なじみ
  • 破壊され自然に飲み込まれつつある街並みが広がっている。
    そこにEDFらしき人物たちと見慣れないいくつかの人物がいる。
    …ここが『失楽園』の世界のようだ。 -- 移動先
  • 白め...恨んでやる...! -- モモ
  • サティアナ「世界があたしを呼んでいる!!!」
    佐々「…へえ」 -- ボケ担当と苦労人
  • ベアトリクス「不思議な街並みですね…」
    ウィヤ「…何を恨んでいるんだあいつは」 -- 女将軍と狼剣士
  • ……不吉な匂いがするな…。 -- 夏伝華子
  • 安心院「やぁ、ブロリー"もどき"君。せいが出るね」
    ブロリーもどき「その呼び方…バトロイ荘の誰かですかぁ?ならあっちに…」
    ニャル子「ゲェッ!?安心院!?」
    安心院「ゲェとは失礼な。あ、君たちは僕についてくるといい」
    (安心院が進む先には黒き戦人やパラガスがいる。パラガスは彼女の言う"もどき"である可能性が高い) -- 明日パラガス軍と悪平等ともどき
  • 白の鬼畜...んっ? -- モモ
  • 安心院「やぁ、こんにちは。」
    黒き戦人「安心院?…そういうことか。」
    安心院「別にいいだろう?彼らを協力させたほうがいいって。」
    黒き戦人「…仕方ねぇ。許可する。」
    パラガスもどき「何を言ってるんだお前ら」
    ベジータもどき「おいそこのお前ら、この世界について説明は受けてるか?」 -- 明日パラガス軍と悪平等ともどき
  • ベアトリクス「…いえ、まだですが…」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • NO!← -- モモ
  • 黒江「あー……その、まだ」
    夏伝華子「……」(コク) -- チームORE
  • ベジータもどき「ならば見せてやろう、超エリートサイヤ人の圧倒的説明を!(下の『失楽園』についての説明を語る)」
    パラガスもどき「俺達については…後でいいな。」
    黒き戦人「とりあえずスプラのとこに連れてけ。調査はあらかた終わった」
    安心院「えー、それじゃタイトル詐欺じゃないかー。ま、いいか。」 -- 明日パラガス軍と悪平等ともどき
  • 成程、そういう事ね...。 -- モモ
  • ベアトリクス「成程、承知いたしました」
    ウィヤ「…スプラ?」 -- 女将軍と狼剣士
  • 黒江「なるほど、大体わかった」
    夏伝華子「人類が滅亡した未来という事か……。
    それならばこの不吉な匂いも頷ける」
    フリィ「たとえ人類が滅亡しようとも私の奉仕の心は滅亡しませんわ」 -- チームORE
  • サティアナ「…もしやその人外って強くなりすぎちゃった未来のあたし!?」
    佐々「…」 -- ボケ担当と苦労人
  • 黒き戦人「スプラ…この世界の人類を滅ぼした張本人って所か。あんまし危険じゃないが。あとサティアナか?出しゃばるんじゃない…」
    ニャル子「安心院のほうがよっぽど危険ですよねー」
    パラガスもどき「全てはバトロイ荘の方々の言う通りだ…」
    安心院「わけがわからないよ」 -- 明日パラガス軍と悪平等ともどき
  • まぁまぁ...そのスプラッシュって人の所へ行きましょ?← -- モモ
  • ベアトリクス「…スプラです」
    ウィヤ「…(人外という言葉を聞くと機嫌が悪くなる)」 -- 女将軍と狼剣士
  • サティアナ「おこられました」
    佐々「当たり前ですよ」


    -- ボケ担当と苦労人
  • 黒き戦人「どちらかというとスプラッターだがな。ニャル子、ターレス(ウボァ)、一緒に行け」
    ニャル子「シュワット!出しゃばるんじゃなかった…」
    ターレス(ウボァ)「えぇー!?そこで何故俺えぇー!?」
    黒き戦人「つべこべいわずにつべこべ…じゃなくて働け。」
    パラガスもどき「サイヤ人の定めか…w」
    安心院「んじゃ行くよー(歩き出す)」 -- 明日パラガス軍と悪平等ともどき
  • おーっ!(ついて行く) -- モモ
  • 佐々「俺達も行きますよ」
    サティアナ「あんた意外と従順だよねー」
    佐々「…」(ついていく) -- ボケ担当と苦労人
  • 安心院「移動は圧倒的カット」
    ターレス(ウボァ)「えぇー!?」
    ニャル子「このへんにいるはずなんですよねあいつ」
    安心院「そうだよ」
    (元高速道路の半ばあたりにいます) -- 明日パラガス軍と悪平等
  • 夏伝華子「……!大きな邪気を感じる…!」
    黒江「警部、どこからだ?」 -- チームORE
  • ここは...高速道路? -- モモ
  • ニャル子「おもいっきし元ですがね。」
    ターレス(ウボァ)「実は俺はスプラを見た事がないのだ!」
    安心院「それ誇らしげに言うことかい?」
    幼女「よんだ~?」


    ターレス(ウボァ)「え」
    幼女→スプラ「やっほー!久しぶりだねはいよるこんとん!」
    ニャル子「うっわー、会いたくなかった…」
    (オレンジ色の髪(ショート)、赤い返り血のような模様がついた黄色い服、そして胸が大きいロリっ娘がそこにいた。
    …なんとこの子供が人類を滅ぼした人外だという。) -- 明日パラガス軍と人外
  • …えっ? -- モモ
  • サティアナ「人類ロリコン説」
    佐々「…この少女が?」 -- ボケ担当と苦労人
  • ベアトリクス「ふむ…」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • 安心院「うむ、この娘が人類を滅ぼす力を持った、というか滅ぼした人外さ。資料もあるよ(下記のスプラについての説明を配る)」
    ニャル子「こいつのせいで私はまた死にゲーを強いられたんですよ…赤獅子に咬み散らされるだけで十分だっていうのに…」
    ターレス(ウボァ)「はぁ…なんか納得いかないな」
    スプラ「おー!見たこと無い人がたくさんいるー!」
    (とことこ歩き回りながら一人一人の顔を見る。
    歩くたびに胸がぽよぽよ揺れる。つけてないようだ。) -- 明日パラガス軍と人外
  • サティアナ「…あ、あたしより大きいだと?」
    佐々「コピー…ふむ」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • 夏伝華子「………」(資料に目を通している)
    フリィ「どうぞ」(黒江にティーカップを渡す、中身はダージリン)
    黒江「あー、どうも」(紅茶を啜りつつ資料に目を通す) -- チームORE
  • サティアナ「…うん?…コピー? …あたしがふたり、あたしがさんにん…?」
    佐々「やめろ」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ベアトリクス「ふむ…(私と同じぐらいでしょうか)」
    ウィヤ「…」←まな板 -- 女将軍と狼剣士
  • 安心院「この娘についてはこれくらいだね。もどきについても理解したかな?あと胸無いは悔しいでしょうねぇ(スキルで胸囲は自由自在というインチキ。現在は普通)」
    ニャル子「つーかこいつ我々にわざわざ頼まなくてもだいたい解決できるでしょうに…」
    スプラ「にゅ、ベジータ(ウボァ)とかがそうするとおもしろいってー。」
    ターレス(ウボァ)「あいつら真面目に強制労働してると思ったら…面倒な事を。」 -- 明日パラガス軍と人外
  • 佐々「おおまかには理解しました」
    サティアナ「くやしいです」(←それなり) -- 目立ちたがりと苦労人
  • ベアトリクス「もどきについても理解しました」←Fカップはありそう
    ウィヤ「……」 -- 女将軍と狼剣士
  • 夏伝華子「………」(ある方)
    フリィ「紅茶はいかがですか?」(サティアナと佐々に、ちなみに着痩せするタイプ) -- チームORE
  • サティアナ「あら、ありがとう。頂きますわ」
    佐々「いいんですか?…じゃ俺も。感謝です」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ニャル子「で、用件はなんです?あんたとリアルファイトは無しの方針で」
    スプラ「なんだか最近わたしが作ったのじゃないまものがうろうろしててねー。
    面白いんだけどいちおう原因しらべてほしいなーって」
    ターレス(ウボァ)「ほぅ…とりあえずクズ共じゃないな。」
    安心院「彼らもしつこかったよねーww」 -- 明日パラガス軍と人外
  • 佐々「して、そのまものというのは、具体的にはどんな?」
    サティアナ「お説教すればいーの?」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ベアトリクス「原因捜索ですか…」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • スプラ「んー、おひさまの光を浴びると死んじゃうほかにきょうつうてんは無いよー」
    ターレス(ウボァ)「太陽…吸血鬼か?」
    ニャル子「ま、まさか石仮面!?ここここここれはままままままずいいい」
    安心院「あ、ニャル子ちゃんは自分の過失で紛失した「人間を吸血鬼にする仮面」、その名も石仮面を捜索中なんだよ。」
    ターレス(ウボァ)「今度も失敗すればビッグ♂ゲテスターで教育だな!」
    ニャル子「すいませんマジで勘弁してください」 -- 明日パラガス軍と人外
  • 吸血鬼...本当にいたのね...。 -- モモ
  • 黒江「夏伝さん、あんたの邪気を感知する能力で原因を割り出せないのか?」
    夏伝「……ここは邪気が濃いな」
    フリィ「この世界いっぱいに広がっているせいで、付近以外は探る事も出来ないようです」
    黒江「あー……そりゃ楽には行かねぇか」 -- チームORE
  • サティアナ「光はあたしに集まる。OKあたしの勝ち」
    佐々「…吸血鬼ねえ。それは勘弁だな。十字架売ってないかねえ」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ベアトリクス「石仮面…ですか?」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • 夏伝「古来より吸血鬼に関する書物には確証が取れる物もあった。
    それに日本でも私は吸血鬼を少数程見ている。
    ……その道に関わる者にとっては然程珍しい物でも無い」
    黒江「コンツェルンの傘下には吸血鬼が運営する会社もあるからな。
    んなマイナーでも無いぜ?」
    フリィ「一時期ですが吸血鬼の方に仕えさせて頂いた事があります。
    確かにそう珍しくは無いですね」
    黒江「しかしよりにもよって石仮面の吸血鬼かよ。
    波紋使いもいないのに倒せるか?あんたらの方からジョースターの関係者は来ないのか?」 -- チームORE
  • スプラ「んー、お店はほとんどこわしちゃったから無いよー」
    ターレス(ウボァ)「とりあえず夜まで待つか…」
    ニャル子「なにがなんでも石仮面を見つけ出すどー!まぁ別に再起不能にしてからじっくり処理すれば大丈夫ですしおすしー」
    安心院「と、いうわけで…【指害線(サンスロッシング)】!【時間体(タイムアウト)】!」
    【指害線(サンスロッシング)】(太陽を司るスキル)
    【時間体(タイムアウト)】(夜を司るスキル)
    (安心院のスキルで時間帯が夜になりました)
    ターレス(ウボァ)「えぇー!?ってラナルータと同じようなもんか…」
    安心院「あ、勝手に時間帯変えちゃったけどよかったかい?」
    スプラ「たまに私もやるから大丈夫ー」 -- 明日パラガス軍
  • ベアトリクス「時間帯を変えるとは…興味深い」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • 大丈夫、問題ないわ。 -- モモ
  • サティアナ「くらいーこわいーきゃーっ」
    佐々「…」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • 黒江「時間帯を変える能力……地味に羨ましいな。
    朝になる度夜に戻せばずっと寝てられる」
    夏伝「綺麗な月だ……」
    フリィ「洗濯物が乾いてない時には昼に戻せば…」 -- チームORE
  • ターレス(ウボァ)「ん…何!?」
    ニャル子「どうしました?」
    ターレス(ウボァ)「各所で屍生人(ゾンビ)が沸いてきたらしい。こっちも向かうぞ!」
    安心院「んじゃ、頑張ってね。僕たちは優雅に観戦しているよ」
    スプラ「がんがれー!」
    ニャル子「なですとー!?」 -- 明日パラガス軍と人外
  • ベアトリクス「了解です!」
    ウィヤ「…(両手に剣を持つ)」 -- 女将軍と狼剣士
  • サティアナ「えー!あたしの活躍をしらしめるためには多くの観客がっ」
    佐々「ゾンビ…ひー、さっさと済ませるに限る」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • そう来なくちゃねっ! -- モモ
  • 黒江「了解!」(ハンドガンを構える)
    夏伝「……!邪気がざわめいているな……」(リボルバー拳銃を構える)
    フリィ「精一杯奉仕させて頂きます。
    さぁ、参りましょう」 -- チームORE
  • ターレス(ウボァ)「そんでもって安心院にまた移動シーンをカットされたわけだが…」
    ニャル子「おかしいですね…屍生人は影も形も無いですよ。」
    ターレス(ウボァ)「スカウターに反応はあるんだが…」
    (元ビル街の中心にいる) -- 明日パラガス軍
  • 夏伝「……!邪気が来る!用心しろ!」(警戒態勢)
    黒江「出るならさっさと出てほしいもんだな」(警戒態勢)
    フリィ「野良ながら、メイドめがお守り致します」(警戒態勢) -- チームORE
  • さぁ...かかってきなさいっ! -- モモ
  • サティアナ「カットされたうちにあたしが華麗に倒したことにしましょう」
    佐々「…油断できないな」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ベアトリクス「…覚悟は出来てます(騎士剣を構えている)」
    ウィヤ「…(辺りを警戒中)」 -- 女将軍と狼剣士
  • ターレス(ウボァ)「…何か来るぞ!」
    (その声と同時にビルの屋上から巨大な影が舞い降りる。
    恐ろしく強大そうな姿を見せた赤い影、それは巨大な鳥だ!)
    ニャル子「なんだサエーナ鳥ですか。」
    ターレス(ウボァ)「なんだサエーナ鳥か。一応屍生鳥になってるだろうから注意しろー」
    屍生サエーナ鳥「;;」
    (…どうやら見た目に反してたいしたことないようだ。) -- 明日パラガス軍やら
  • 楽しませてよね!"水弾"!(サエーナ鳥に水の弾を放つ) -- モモ
  • 黒江「ボロクソ言われとるがな。
    まぁ、容赦はしないが」
    (ハンドガン発砲!)
    夏伝「……滅する!」
    (リボルバー拳銃発砲!) -- チームORE
  • ベアトリクス「…油断はでき(ry」
    ウィヤ「…(サエーナ鳥に接近し、剣を振るう)」 -- 女将軍と狼剣士
  • サティアナ「あんだけ大きければ考えなくても当たるって!」(レーザーガンでサエーナ鳥を縦一字にきるように振る)
    佐々「…たのむから味方には当てるなよ」
    -- 目立ちたがりと苦労人
  • 不躾ながらメイドめがアシスト致します(アシスト!)
    (サティアナの攻撃をアシスト!
    命中精度UP!) -- フリィ
  • ニャル子「さっさと死ねぇ!(名状しがたいバールのようなもので殴りつける)」
    ターレス(ウボァ)「墓を建ててやる!(片手で気弾を連続して放つ)」
    屍生サエーナ鳥「キイイ!(4800/7360)」
    (すっげー効いてる。そして高速でサティアナに接近し爪できりかかる) -- 明日パラガス軍やら
  • 容赦は無しで行くわよ!"間欠泉"!(地面を叩き、サエーナ鳥に熱湯を噴き上げる) -- モモ
  • (フォロー!)
    ご主人様、私に構わず…。
    (サエーナ鳥に牽制射撃!
    披ダメ率を半減!) -- フリィ
  • サティアナ「善処はする。あとなんかきてる。ほら」
    佐々「あんた狙われてんだろボケが!!」
    (佐々によりシールド展開!爪による一撃をブロックしている)
    -- 目立ちたがりと苦労人
  • 黒江「とはいえ、ザコにしちゃ堅いな!」
    (ハンドガン発砲!)
    夏伝「はぁぁぁぁ…ッ!滅せよ!」
    (リボルバー拳銃に気を溜める!
    サエーナ鳥に発砲!
    ―――バリアブルショット!) -- チームORE
  • ベアトリクス「…」
    ウィヤ「…(バックステップで元いた位置に戻り、風の刃をサエーナ鳥に飛ばす)」 -- 女将軍と狼剣士
  • ニャル子「はいはーい(冒涜的な手榴弾を投げつける)」
    ターレス(ウボァ)「死ねぇー!(両手で気功波を放つ)」
    屍生サエーナ鳥「」(0/7360)
    (攻撃を浴びて地面に落ちる。…絶命したようだ)
    ニャル子「もう終わりか?…終わりですか。そうですか。
    この雑魚は後で処理するとして…流石にこれでは終わりそうにないですね。」
    ターレス(ウボァ)「あぁ。また探すか…一応こいつ名前つけとくか?」
    ニャル子「普通のサエーナ鳥よりははるかに強いので、ツエーナ鳥とでもしときましょうか。」 -- 明日パラガス軍やら
  • お前ソレどう考えてもネタ扱いにしかならねぇ名前じゃねぇか
    寧ろ弱キャラ扱いされんだろ -- 黒江
  • ツエーナ鳥ww -- モモ
  • サティアナ「あら、終わり?大したことないわね!」
    佐々「…」
    サティアナ「ふっふーん」(刺さったら即退場だった) -- 目立ちたがりと苦労人
  • ニャル子「まぁあれでも普通と比べると体力10倍なんですよ?」
    ターレス(ウボァ)「ん…!?スカウターに強い反応がある!今すぐ行くぞ!」
    ニャル子「はいさー」
    (二人とも走って移動する) -- 明日パラガス軍
  • 佐々「こんなのばっかだと手間取って厄介だな…」
    サティアナ「強者が!!あたしを、あたしを呼んでいる!!!」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • 夏伝「邪気が近い……!こっちだ!」(リロードしつつ移動)
    黒江「そのうちヨエーナ鳥でも出てくるんじゃないか」(リロードしつつ移動)
    フリィ「参りましょう」(移動) -- チームORE
  • サティアナ「やっ!はぁっ!とぉーっ!」
    佐々「ほら、さっさと終わらせますよ」
    サティアナ「あ〜〜〜〜」(移動) -- 目立ちたがりと苦労人
  • ニャル子「あれ?カットされない…」
    ターレス(ウボァ)「反応が強くなってきた…戦闘力3億万!?」
    ニャル子「あんたのスカウターの数値は信用ならないんでお静かに」
    ターレス(ウボァ)「待て!それは俺も重々承知しているがおおよそはわかるんだって!」
    (急いで移動中。その辺に屍生人の残骸が転がっている。再生しようとしているがだいたいパーツがたりない) -- 明日パラガス軍移動中
  • 夏伝「邪気が濃くなって来た……みな用心せい!」
    黒江「おおよそはわかるって言うなら、『強敵』『凶敵』『悪敵』
    このうちどれに当てはまる?」 -- チームORE
  • ベアトリクス「この気配は…(剣を構えたまま移動中)」
    ウィヤ「…(耳がぴくぴく動いてる。邪気を感じているようだ)」 -- 女将軍と狼剣士
  • サティアナ「あたしに倒されるべき敵なんだから、どれもおんなじじゃない」
    佐々「…」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • 恐ろしい光景ね...(辺りを見渡しながら進む) -- モモ
  • ニャル子「多分…『強敵』、又は『凶敵』でしょうかね。」
    ターレス(ウボァ)「は!あそこだ!」


    町内鎖鎌大会6位の兄がいる娘「秘伝忍法、凰火炎閃!」
    日曜ジャンケン戦争朝枠もどき「ピースサンダー、ハリケーン!」
    32人目のヤムチャ(EDF)「食らえ!操気弾!」
    ????(???)「…フン!(20000/25000)」
    (元ではない西洋の屋敷の近くで戦闘している。かなり激しい戦いを続けているようだ。)
    伝説の超解説者もどき「ってオイ!そんなことしてたら屋敷中に火が回るぞ!」
    町内鎖鎌大会6位の兄がいる娘「あっ」
    ????(???)「マヌケがッ!」
    (…屋敷が燃え始めた) -- 明日パラガス軍やら
  • …屋敷が燃えてるわ! -- モモ
  • 佐々「何だ一体」
    サティアナ「盛ってるわねー」← -- 目立ちたがりと苦労人
  • 町内鎖鎌大会6位の兄がいる娘「も、盛ってません!(巨乳)」
    ターレス(ウボァ)「ふざけてる暇があったら退却しろ!こいつの相手は俺達がするから屍生人を頼む!」
    町内鎖鎌大会6位の兄がいる娘「あっ、はい!わかりました!」
    日曜ジャンケン戦争朝枠もどき「わかった!」
    33人目のヤムチャ(EDF)「チッ、仕方ないか…」
    (さっきまで戦っていた三人は退場)
    伝説の超解説者もどき「お、俺には何が起こっているのかさっぱりわからねぇ…」
    ニャル子「おいィ?」 -- 明日パラガス軍やら
  • 佐々「説明が欲しい」
    サティアナ「誰かもんでよ」← -- 目立ちたがりと苦労人
  • 消火作業は必要かしら? -- モモ
  • サティアナ「必要ない!続けろ!!」
    佐々「いやいやいや!」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • 伝説の超解説者もどき「あ…ありのままさっき起こった事を話すぜ!
    「俺達はEDFと一緒に探索していたら急に夜になったうえその屋敷から滅茶苦茶強い男が出て来た」
    な、何を言っているかさっぱりわからねぇと思うが俺にもわからねぇ…」
    ニャル子「あー、安心院が夜にした直後に運悪く親玉の住みかの目の前にいたんですね…火は放置でいいでしょう」
    ????(???)「適当に選んだ寝床が急に暗くなったんで何が起こったかと思って出てきたら変人が闊歩してたんで攻撃した。「わしは悪くねぇ…」」
    ターレス(ウボァ)「ん?今何て言った?」
    (さっきまでふつくしい子安声だったが「わしは悪くねぇ…」の部分だけ爺さんが喋ったような声になる) -- 明日パラガス軍やら
  • そう?(右手に出していた水玉を消す) -- モモ
  • サティアナ「なんかいる!」
    佐々「…さっさと帰りたい」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ニャル子「アンタ、吸血鬼なみたいですが…石仮面製の吸血鬼ですか?」
    ????(???)「あの石仮面の力により俺は!こんなに素晴らしい力と声と姿を手に入れたのだ!」
    ターレス(ウボァ)「だろうな。見た目ただのディオだな…ディオ本人じゃないだろ?(…おいパラガス(ウボァ)、狙撃の準備しろ)」
    ????(???)「うむ。本物ならこんなところで人間をやめてるはずがないだろう。俺が吸血鬼になれたのも単なる偶然だからな。」
    離れたところのパラガス(ウボァ)(くそぉ、【却本作り(ブックメーカー)】を食らってなければこんな…狙撃の準備だぁ!) -- 明日パラガス軍
  • サティアナ「誰だお前は!?」
    佐々「吸血鬼…やっぱ血吸っちゃうの?」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • 夏伝「石仮面……こいつが」
    黒江「いつ以来だったかな石仮面を付けた輩と会ったのは。
    だが容姿をDIOに近付ける効果なんて聞いて無いぞ」 -- チームORE
  • ベアトリクス「石仮面…」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • ????(???)「俺はディオ! ではなーい☆あと見た目について正しくは「DIO」ではなく「ディオ」と言ったところか。一部仕様なんでな。」
    ニャル子「あー、吸血しますね。さっきのツエーナ鳥とかバラされてた屍生人とかが被害者です。」
    ターレス(ウボァ)「姿が変わるのはあれだ。ギャグ補正としか言いようが無い」
    伝説の超解説者もどき「オイ!?」
    ニャル子「それはそれとして、あんた誰なんです?石仮面の効能しってるからジョジョが元ネタの?もしくはこちら側の?」
    ????(???)「元EDFとだけは言わせてもらおうか…」
    ターレス(ウボァ)「あ、EDFは地球防衛軍の略。前からこの世界に来ていた奴の一部を指すからな。」 -- 明日パラガス軍やら
  • へぇ...石仮面... -- モモ
  • 黒江「EDF?じゃあストーム1の元同僚って事か」
    夏伝「地球防衛軍、通称E.D.F……フォーリナーを撃退したあの組織か」 -- チームORE
  • ターレス(ウボァ)「それは多分EDF違いだ…」
    ニャル子「EDFゥ?シャモ以外に石仮面使いそうな奴はいなさそうですが…ん、ちょっと待ってくださいよ。
    さっきの「わしは悪くねぇ…」の時の声、あれシャモの爺ちゃんじゃ…」
    ????(???)→爺ちゃん(ディオ)「WASYYY!?そんなことになっていたとは、全く気付かなかった…」
    ターレス(ウボァ)「今のWASYも元の声に戻ってたぞ、シャモの爺ちゃん…」
    爺ちゃん(ディオ)「エエイッ!無視無視ィ!気にしてられるかッ!」
    ニャル子「まるで意味がわからんぞな方に説明しときますと、我々の仲間が裏切って石仮面で吸血鬼になったと考えてもらえればおkです。」 -- 明日パラガス軍やら
  • ベアトリクス「裏切り…ですか」
    ウィヤ「…」 -- 女将軍と狼剣士
  • ふむふむ、了解よ...(爺ちゃん(ディオ)を見ている) -- モモ
  • サティアナ「成敗だな!!!」
    佐々「…やりにくいようなやっちまいたいような」 -- 目立ちたがりと苦労人
  • ターレス(ウボァ)「さて、お前を倒して石仮面を探し出すとするか…(パラガス(ウボァ)、準備いいか?)」
    ニャル子「私がこの先生きのこるために八つ裂きにされるがいい☆」
    爺ちゃん(ディオ)「フン、そんな余裕ぶっこいていられるのはいつまでか…ゆっくりしね!」


    遠くのパラガス(ウボァ)「後編に続くぞぉ!」 -- 明日パラガス軍やら