ダリル・トラウベル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フロントミッション4に出てきたキャラクターで主人公の一人、彼の場合はベネズエラにて起きたとある無能政治家が引き起こしたクーデターが彼の物語の(一応の)主軸となる。

プロフィール
年齢:32歳(2096年時)
国籍:U.S.N.(西部出身)
身体:180cm・83kg 男性
身分:U.S.N.陸軍332機動中隊第5分隊分隊長、陸軍軍曹(4th)。陸軍大尉(5th)
搭乗機:ブリザイア2、ブリザイアL

かつては相手が上官であろうとも臆すことのない態度を取っていたが、南米でとある事件に関わったことから軍組織への信頼を失った。花形部隊に所属し若くして下士官になったに関わらず、以後は出世に対する興味もなくす。
それ以来、不真面目で不完全燃焼な日々を送っていたが、ベネズエラ州の哨戒任務中に偶々州知事の隠し金を見つけてしまったことでレンゲスとチェイファーを連れて軍を脱走、そのまま公正ベネズエラの政権交替になし崩し的に関わった。また、その混乱の途中で「デュランダル」から発信された無線を受信し、彼らの調査にも間接的に関わっている。
『5th』ではベネズエラ配属前の姿で登場し、厳しい条件をクリアすることでスカウトが可能になる。ちなみにパイロット適性は『4th』のものとは微妙に異なり、ストライカー。(なお、プレイング次第では『5th』でのダリルは第11特殊機甲強襲連隊『ストライク・ワイバーンズ』や特殊機甲分遣隊『バーゲスト』に在籍することになるが『5th』のダリルは厳しい条件付きではあるが開発陣のお遊びでスカウトできるキャラになってるだけで、ゲームとしては問題ない。・・・うん。問題ない。)
またDS版『1ST』では、第2次ハフマン紛争後、治安維持任務に志願していたグリーンフィールド少尉の部隊にレンゲスと共に所属していたこともある。


搭乗機解説

ブリザイア2
ブリザイアの改良型。高い耐久性を継承し、頭部のモニターアイが左右に可動するように改良された。またレッグは安定性を重視している。

ブリザイアL
ブリザイアの軽量化モデル。装甲を犠牲に機動性を強化したライトモデル。当然ながらブリザイア系で最も軽い。


バトロイでの彼
ステータス考案中!