キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.S-41


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ふぅ、ここまでのあらすじよ。
    ・フライヤが色気でレシラムから隠し事を聞こうとしたわね…。妬ましいっ! 
    ・ゼーウェンが小春にひそひそ会話。スィミナを助ける…ですって? 
    ・レシラム達が天上界に、バハムート達が魔界に行ったわ。 
    ・黒い召喚士について。零式の結晶がヤバい物? それに、半人半魔竜モネリとは…? 
    ・レシラムは精神力を鍛えるべく、スペルムのもとに向かったわ。 
    春の番人として活動しなきゃいけないんだけど、どうも気乗りしないわね…。 -あらすじ:風離 春絵
  • ミカエ「ハーフだから少々力は落ちているとはいえ、魔竜の力を持っていることは確か」
    ポワン「…その方はどこにいるの?」 -- 屋敷右側。
  • 水色で、銀色の豪華な装飾が施された扉がある。この先にスペルムがいる。 -- 天上界:神殿内奥部
  • エーコ「ここが魔界なのね?」
    オーディン「あの世界(レインスルフのある世界)とあまり変わらぬな…」 -- 魔界にて
  • キュレム「ふむ...」
    白ヨッシー「…」 -- 屋敷右側
  • …来たぞ。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「メカバハムート、大丈夫か?」
    Mバハムート「システム、オールグリーン...」 -- 魔界にて
  • ミカエ「それがわからないんだよねー♪」←
    ポワン「…」 -- 屋敷右側。
  • 待っていたぞ…(しかし姿が見えない) -- 空間の間:スペルム
  • エーコ「魔界は初めてなのだわ」
    オーディン「私もだ」 -- 魔界組
  • キュレム「ズゴーッ!」
    白ヨッシー「…」 -- 屋敷右側
  • さて...早速始めてもらおうか? -- 天上界のレシラム
  • バハムート「我は何度かあるな...」
    Mバハムート「我ハ初メテダ」 -- 魔界にて
  • ミカエ「ミカエが馬鹿だからじゃないよ」
    ポワン「…レオンを探したい」 -- 屋敷右側。
  • いいだろう。まずは我がどこにいるか…狙いを定めてみよ。 -- 空間の間:スペルム
  • オーディン「あれは城か?(ディザルブ城を指差し)」
    エーコ「どれどれ~?」 -- 魔界組
  • キュレム「あ、ああ...(ここで馬鹿だなんて言ったら...大変な事になる...)」
    白ヨッシー「…もう一度見てみます?」 -- 屋敷右側
  • ふむ...分かった!(辺りを見渡す) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「あそこは...ディザルブ城だな」
    Mバハムート「ディザルブ城?」 -- 魔界にて
  • ミカエ「ミカエは天才だから♪」←
    ポワン「…お願いできる?」 -- 屋敷右側。
  • (8つの空間がある。どこかにスペルムがいる) -- 空間の間
  • オーディン「ディザルブか…」
    エーコ「ソリュートが治めている城ね」 -- 魔界組
  • キュレム「そ、そうだな!」
    白ヨッシー「分かりました。少々お待ちを...(右手に白い球体を出現させる)」 -- 屋敷右側
  • …(8つの空間を凝視している) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「行ってみるか?」
    Mバハムート「フム...」 -- 魔界にて
  • ミカエ「ウリエルのバカとは違うから♪」←
    ポワン「…(ミカエ、少し自重して)」 -- 屋敷右側。
  • (空間の1つが少し動いた) -- 空間の間
  • オーディン「そうだな、行ってみるか」
    エーコ「レッツゴー!(ディザルブ城に向けて走り始めた)」 -- 魔界組
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「…はっ!(白い球体にレオンの様子を映し出そうとする)」 -- 屋敷右側
  • …そこかっ!(動いた空間に火炎放射を放つ) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「よし...行くぞ(ディザルブ城へ向かう)」
    Mバハムート「承知シタ(同上)」 -- 魔界にて
  • ミカエ「ウリエルと言えば同僚にからかわれたみたいだね。まぁ当然だね」
    ポワン「…(ホワイトサーチを見る)」 -- 屋敷右側。
  • (廃墟が見える) -- レオンの居場所?
  •  …引っかかったな(別の空間から登場) -- 空間の間:スペルム
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「これは...廃墟?」 -- 屋敷右側
  • くっ...フェイクだったか! -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「ウリエルの同僚達も変わってないねぇ…(表情が曇る)」
    ポワン「…廃墟? 何があったの?」
    (レオンはその廃墟について調べているようだ) -- 屋敷右側。
  • 見た目や音に騙されてはならぬ…(別の空間へ) -- 空間の間:スペルム
  • キュレム「…んっ?」
    白ヨッシー「もう少し...周辺を...(映像をズームアウト)」 -- 屋敷右側
  • 見た目や音に騙されずに...か。 -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「それはそれでいいんだけどさぁ…」
    ポワン「ここは…?」
    (どうやら魔界のある集落のようだ) -- 屋敷右側。
  • (2つの空間に動きあり) -- 空間の間
  • キュレム「?」
    白ヨッシー「…どうやらこの辺りではなさそうですね」 -- 屋敷右側
  • …(目を閉じて、耳を澄ませる) -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「…はぁ(溜め息)」
    ポワン「この辺り…ではない?」 -- 屋敷右側。
  • ブンッ!(何かが空間から空間に投げ飛ばされた) -- 空間の間
  • キュレム「…お前が溜め息とは珍しい」
    白ヨッシー「何処か...までは分かりませんが...」 -- 屋敷右側
  • …はぁっ!(その方向にクロスフレイムを放つ) -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「そうかぁ? ミカエ、これでも結構ついてるよ?」
    ポワン「…遠い存在ね」 -- 屋敷右側。
  • (空間からでてきたのは燃えたゼクロム人形だ!) -- 空間の間
  • キュレム「そうなのか?」
    白ヨッシー「…えぇ」 -- 屋敷右側
  • …(ゼクロム、すまん) -- 天上界のレシラム
  • ポイッ(レシラムに向けてフライヤ人形を投げる)← -- 空間の間
  • エーコ「ここね!」
    オーディン「ふむ、質素だが立派な城だ」 -- 魔界:ディザルブ城前
  • !?(フライヤ人形をキャッチする) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「うむ、入るか(城へ入る)」
    Mバハムート「…(同上)」 -- 魔界にて
  • ミカエ「だってほら、ミカエも上級天使だからさぁ…」
    ポワン「…レオン…」 -- 屋敷右側。
  • ふむ、最初よりかは動きがよくなった。 -- 空間の間:スペルム
  • エーコ「ひっろぉい!」
    オーディン「内装も綺麗だな」 -- 魔界:ディザルブ城内
  • キュレム「ふむ...成程な」
    白ヨッシー「場所さえ分かれば...」 -- 屋敷右側
  • フライヤの人形...。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「ここに来るのは久しぶりだ...」
    Mバハムート「フム...綺麗ダナ」 -- 魔界:ディザルブ城にて
  • ミカエ「下級天使をしばくのもミカエの仕事だし…」←
    ポワン「…場所…」
    (くっそぉ!ここはどこだ!?)←レオンの声 -- 屋敷右側。
  • よかったら持ってかえるとよい。
    (天女姿のフライヤ人形だ) -- 空間の間:スペルム(空間から上半身だけ見えている)
  • オーディン「バハムートは来たことがあるのか?」
    エーコ「ブーン」← -- 魔界:ディザルブ城内
  • キュレム「…(汗)」
    白ヨッシー「あの様子だと...特定は難しそうですね」 -- 屋敷右側
  • ああ...ありがたく頂く。(フライヤ人形を翼にしまう) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「うむ、前にソリュートを助けだした時にな」
    Mバハムート「…」 -- 魔界:ディザルブ城にて
  • ミカエ「特にウで始まってルで終わる天使はね…♪」←
    ポワン「…そうみたい」 -- 屋敷右側。
  • 気にいったようで何よりだ(姿を隠し、4つの空間を動かす) -- 空間の間:スペルム
  • オーディン「そうであったか…」
    エーコ「(上に行った)」 -- ディザルブ城内
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「…どうします?」 -- 屋敷右側
  • さて...スペルムは何処だ? -- 天上界のレシラム
  • Mバハムート「我モ行クゾ!(エーコを追って上へ)」
    バハムート「エーコは相変わらず元気だな...」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「アイツ真面目すぎるんだもん」
    ポワン「…帰りを待つわ」 -- 屋敷右側。
  • さて、どこだろうな(空間を飛び移る。2名いるが、1名は幻影) -- 空間の間:スペルム
  • ははは…(汗) さて、私達もいくか。 -- ディザルブ城内のオーディン
  • キュレム「真面目過ぎる...のか?」
    白ヨッシー「…分かりました。(ホワイトサーチを閉じる)」 -- 屋敷右側
  • むぅ...どっちだ...? -- 天上界のレシラム
  • うむ...そうしよう。(上へ進む) -- ディザルブ城のバハムート
  • ミカエ「アイツは毎回仕事をキッチリこなそうとするタイプだからね」
    ポワン「…疲れてない? 大丈夫?」 -- 屋敷右側。
  • (空間から空間へ飛び移る。しかし、これは幻影だ!) -- 空間の間
  • キュレム「ふむ...それは良いではないか」
    白ヨッシー「えぇ...大丈夫です。ご心配ありがとうございます」 -- 屋敷右側
  • ッ!(クロスフレイムを放ちそうになるが止める) -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「それが心配なんだって。いつかぶっ倒れそうでさぁ…」
    ポワン「…良かった…」 -- 屋敷右側。
  • (レシラムの背後の空間から本物が出てきた!) -- 空間の間
  • エーコ「…」
    オーディン「この奥か?」 \くそぅ…/\うっふふふふ…/ -- ディザルブ城内:王の間前
  • キュレム「あぁ、そういう事か...」
    白ヨッシー「少し疲れた程度です」 -- 屋敷右側
  • …後ろか!?(振り向く) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…嫌な予感がする...!(奥へ向かう)」
    Mバハムート「バハムート!(同上)」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「見てる方が疲れるよ」
    ポワン「…水、飲む?」 -- 屋敷右側。
  • !(至近距離で止まった) -- 空間の間:スペルム
  • エーコ「えっ、なに!?(奥へ)」
    オーディン「…(同上)」 -- ディザルブ城内:王の間前
  • キュレム「お疲れ様」
    白ヨッシー「…お願い出来ますか?」 -- 屋敷右側
  • 近っ!? -- 天上界のレシラム
  • バハムート「ソリュート!(王の間に入る)」
    Mバハムート「…(同上)」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「はは…(汗)」
    ポワン「…わかった。少し待ってて(水生成)」 -- 屋敷右側。
  • ふむ、見極められるようになってきたか?(空間の中に戻る) -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「ありがと♪」
    ソリュート「…(チクショー)」
    漣「…(塩ラーメンを食べている)」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「すいません...(汗)」 -- 屋敷右側
  • まぁ...少しはな...。 -- 天上界のレシラム
  • Mバハムート「?」
    バハムート「リヴィエール!?」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…(やっぱり…すべき?)」
    ポワン「はい、どうぞ(白ヨッシーに水を渡す)」 -- 屋敷右側。
  • そうか。だが、貴殿の実力ならば更なる高みも目指せよう。 -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「あら、誰かと思えばあの時の!」
    ソリュート「…(俺としたことが…)」
    エーコ「…誰このおばさん」← -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「んっ?」
    白ヨッシー「ありがとうございます(水を受け取る)」 -- 屋敷右側
  • そうか?はっはっはっ。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「お主...何故ここに?」
    Mバハムート「アヤツハ魔界ノ女王(自称)」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「んー(考える姿勢になってる)」
    ポワン「…あなたの口にあえばいいのだけど…」 -- 屋敷右側。
  • 少し難度を上げてみるか? -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「魔界の滞在許可を貰いにきたのよ」
    ソリュート「あまりにもしぶといから承諾しちまったぜ、トホホ…」
    エーコ「ふぅん」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「…ぷはっ、美味しいです」 -- 屋敷右側
  • うむ、頼む。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「そうであったか...」
    Mバハムート「ソレ以外ハ分カラヌ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…はぁ」
    ポワン「…白ヨッシーさんの口にあったみたいね」 -- 屋敷右側。
  • そうこなくてはな(空間の数を12に増やす) -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「それで、あなた達は何しに?」
    ソリュート「…(バハムート達にみっともない姿を見せてしまった…)」
    エーコ「女王(笑)」← -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「えぇ、美味しかったです」 -- 屋敷右側
  • …(再び目を閉じて、耳を澄ませる) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「うぬ、ソリュートに用があってな」
    Mバハムート「女王(笑)...」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…zzz」←
    ポワン「…(照)」 -- 屋敷右側。
  • (空間を飛び移る行動を5回) -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「ふぅん…。私も滞在しよっと」
    ソリュート「バハムート、俺に何か用か?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「ゑ」
    白ヨッシー「さて...これからどうしましょうか...」 -- 屋敷右側
  • …(まだだ、まだ...) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「ソリュート、モネリが何処にいるか知っているか?」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「zzz」
    ポワン「…私はここで待機する」 -- 屋敷右側。
  • (レシラムの右側から彼にむけて矢を放つ) -- 空間の間:スペルム
  • ソリュート「え? しらね…」
    リヴィエール「モネリは私も知らないわぁ」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…ふふっ」
    白ヨッシー「ふむ...」 -- 屋敷右側
  • …ぬっ!?(とっさに矢を弾き飛ばす) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「ソリュートも知らないのか...」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「zzz」
    ポワン「…そういえば、ダルタンは?」 -- 屋敷右側。
  • んん、いいぞ(12の空間を一斉に移動) -- 空間の間:スペルム
  • ソリュート「あれ以来魔界には帰ってきてないぞ」
    リヴィエール「零式なら知ってるけど♪」
    オーディン「!?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「良い寝顔だ」
    白ヨッシー「…あら?」 -- 屋敷右側
  • …(全部か...!) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「!?」
    Mバハムート「零式...ダト!?」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…(寝息をたてている…)」
    ポワン「…勝手にどこかいったのね」 -- 屋敷右側。
  • さぁ、心の目で我がどこにいるか見極めるのだ! -- 空間の間:スペルム
  • ソリュート「…誰だそりゃ?」
    リヴィエール「それっ(指パッチン。すると彼女の左手の上に零式の結晶が!)」
    オーディン「!?!?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「こうして見ると何だか...」
    白ヨッシー「あらら...(汗)」 -- 屋敷右側
  • …望むところだ!(目を閉じる) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「!!??」
    Mバハムート「ナン...ダト...」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…なんか言ったぁ…?」
    ポワン「…ミカエにビビって」 -- 屋敷右側。
  • ふふっ(12の空間は全て同じに見える…?) -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「黒い奴からパクッて来たのよ」
    オーディン「…そやつ、6本足の馬に乗っていなかったか?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「ゑ」
    白ヨッシー「…(汗)」 -- 屋敷右側
  • …(スペルムが...見えない...!) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「パクって来たのか...(汗)」
    Mバハムート「恐ルベシ、魔界ノ女王...」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…ムニャムニャ」
    ポワン「…彼、一回間違えてミカエに攻撃したことがあるの」 -- 屋敷右側。
  • (だが、よく見ると1つだけ他と色の違う空間がある) -- 空間の間
  • リヴィエール「あぁ、その黒い奴なら馬に振り落とされていたわ」
    オーディン「スレイプニル…!」
    ソリュート「??(Mバハムートを見ている)」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…(私では"可愛い"とか言えぬ...)」
    白ヨッシー「そうなのですか?」 -- 屋敷右側
  • …(色の違う空間を警戒している) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…」
    Mバハムート「ン、ドウカシタカ?(ソリュートを見て)」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「zzz」
    ポワン「…(コクッ)その後逆襲された」 -- 屋敷右側。
  • (空間同士が移動。1つの色違いが動いた) -- 空間の間
  • リヴィエール「かなり衰弱してるわ…(零式は虚ろな目で外を見ている)」
    オーディン「リヴィエールとやら、その馬はどこへ?」
    ソリュート「…機械仕掛けのバハムート?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「あらら...」 -- 屋敷右側
  • …(まだ様子を見ている) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「零式...!」
    Mバハムート「ソウダ。我ノ名ハ"メカバハムート"」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…の…」
    ポワン「それからというもの、ミカエを見るだけで逃げるようになった」 -- 屋敷右側。
  • (空間は動く。だが色違いのみ今回は動いていない) -- 空間の間
  • リヴィエール「馬なら私の城で保護したわ」
    (ワレニマリュウノチカラヲヨコセ…)←零式ではない何かの声
    オーディン「そうか…」
    ソリュート「へぇ…俺はソリュート。よろしくな」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…ん?」
    白ヨッシー「そんな理由があったのですね...」 -- 屋敷右側
  • あれが怪しいな...はぁっ!(色違いの空間にクロスフレイム) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…!」
    Mバハムート「オ主ガソリュートカ...ヨロシクナ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…があれば…」
    ポワン「…(コクリ)」 -- 屋敷右側。
  • んぬ(ダメージ1500)←色違いの空間からでてきた -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「あとで案内してあげる」
    オーディン「…頼む」
    (マリュウノチカラサエアレバ、スベテヲホロボセル)
    ソリュート「で、そこでラーメン食ってるのが俺の弟」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「?」
    白ヨッシー「気持ちは分からなくもないですけどね...」 -- 屋敷右側
  • やはりそこにいたか...。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「貴様...何者だ!?」
    Mバハムート「ソリュートノ弟カ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「ウリエルが…ムニャ」
    ポワン「これだからダメタンとレオンに言われてる」 -- 屋敷右側。
  • あぁ…心眼でのみ見分けられるようにしといたが。 -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「あとで、だけどね」
    オーディン「構わぬ」
    (ワレハレイシキニヒソムヤミノホウジュ…)
    漣「ん?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…(ミカエの様子を見ている)」
    白ヨッシー「ダメタン...(汗)」 -- 屋敷右側
  • 心眼...か。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「闇の宝珠...だと!?」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…すぴーすぴー」
    ポワン「リーダーなのに情けない、と」 -- 屋敷右側。
  • さて、そろそろ仕上げといくか(空間を12→16に) -- 空間の間:スペルム
  • (キサマラニハイクドトナクジャマサレタ…)
    ソリュート「おい、客人の前でのんきにラーメン食ってんじゃねーよ」
    漣「?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…(今のは一体...?)」
    白ヨッシー「…」 -- 屋敷右側
  • うむ、分かった。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「意志を持ったというのか...!」
    Mバハムート「…(汗)」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「zzz」
    ポワン「でも、彼自身は元気一杯で、勇敢な人」 -- 屋敷右側。
  • (空間に戻り、16の空間を操作)
    さぁ、とっておきの一撃を我のいる空間に放ってみよ! -- 空間の間:スペルム
  • (サヨウ。ダガ、マリュウノチカラヲトリコンダトキ、キサマラモケシサッテヤロウ)
    ソリュート「やめないとしばくぞ」←
    漣「食べ終わりました」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…(ウリエルの心配でもしていたのか...?)」
    白ヨッシー「ふむ...」 -- 屋敷右側
  • …(心を落ち着けて...心で見る...) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「そうはさせぬぞ...!」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…zzz」
    ポワン「だから、私は彼をリーダーと認めている」 -- 屋敷右側。
  • (敢えて違う空間を4つ動かす) -- 空間の間
  • (ソレガデキルカ?モハヤレイシキハワレノモノダトイウノニ)
    ソリュート「…反省しろ」
    漣「あれ、バハムートさん達」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「ふふっ...信頼されていますね」 -- 屋敷右側
  • …(今のは...違う...) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「戯言を...零式は助けてみせる」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「zzz」
    ポワン「…正義感あふれる人でもあるから」 -- 屋敷右側。
  • (クックッ…コノノチガタノシミダ)(声が消えた)
    漣「ひさし…あれ?」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「なるほど」 -- 屋敷右側
  • バハムート「…」
    Mバハムート「ドウシタ?」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…と…」
    ポワン「私、彼の明るさが羨ましい」 -- 屋敷右側。
  • (12の空間が動き、そのひとつからスペルムが他の空間へ) -- 空間の間
  • リヴィエール「そうそう」(零式は苦しそうだ)
    オーディン「?」
    漣「見慣れない人がたくさん…」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「明るさ...ですか?」 -- 屋敷右側
  • …そこかっ!(その空間へ蒼い炎を放つ) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…」
    Mバハムート「我ハメカバハムートダ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「ろ…」
    ポワン「…(コクコク)」 -- 屋敷右側。
  •  …お見事(ダメージ23000) -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「バハムート」
    漣「はじめまして。僕は塩巻 漣と申します(お辞儀)」
    オーディン「私はオーディン…」
    エーコ「エーコよ!」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「そうですか...ふふっ」 -- 屋敷右側
  • …どうだ? -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…なんだ?」
    Mバハムート「ウム、ヨロシクナ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…ふぁ~あぁ…(あくび)」
    ポワン「…私は内気だから」 -- 屋敷右側。
  • 十分な実力となった。あとはあらゆる時に使いこなせるよう、努力すべし。 -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「この結晶、預かってくれる?」(零式はバハムートを見ている)
    漣「皆さんよろしくお願いします」
    オーディン「…よろしく頼む」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…起きたか?」
    白ヨッシー「…」 -- 屋敷右側
  • うむ、感謝するぞスペルム! -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…いいだろう」
    Mバハムート「コチラコソ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「んぁー、いつの間にか寝ちゃったみたいだね…」
    ポワン「…レオンも、アレだけど」 -- 屋敷右側。
  • 礼には及ばぬ。 -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「サンキュ!(約50cmの黒い結晶をバハムートに手渡す)」
    オーディン「…」
    漣「ゆっくりしていって下さいね」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「よく眠っていたな...」
    白ヨッシー「…アレ?」 -- 屋敷右側
  • さて...戻るか。 -- 天上界のレシラム
  • バハムート「うむ...預かろう(黒い結晶を受け取る)」
    Mバハムート「ソウサセテモラオウ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「ミカエ、寝言で変なこといってなかった?」
    ポワン「…ちょっと自信過剰すぎ」 -- 屋敷右側。
  •  …戻った時でよい。フライヤを呼んでくれ。 -- 空間の間:スペルム
  • リヴィエール「その竜はあなたを一番信頼しているみたい」(コクコク)
    ソリュート「ぐがぁ~ごぉ~」←地べたで寝るディザルブ王
    漣「…お兄様…(汗)」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…変な事かどうかは分からぬが...何かブツブツと言っていた」
    白ヨッシー「…(汗)」 -- 屋敷右側
  • 分かった。(その場を後にする) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「そ...そうなのか?」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「んー、それならいいんだけど…」
    ポワン「竜騎士って、皆ああなのかしら…」 -- 屋敷右側。
  • リヴィエール「幾度となく我を助けにきてくれた、って」
    ソリュート「王の仕事めんどい」←
    漣「…」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「フライヤさんやフラットレイさん...」 -- 屋敷右側
  • バハムート「照れるではないか...」
    Mバハムート「ゑ」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「…」
    ポワン「…レオンはフライヤに会いたいと言っていた」 -- 屋敷右側。
  • リヴィエール「…彼を守ってあげて、ね?」
    ソリュート「モネリィー」
    漣「…」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「…」
    白ヨッシー「フライヤさんに?」 -- 屋敷右側
  • 今、戻ったぞ。(フライヤ達のいる場所に戻ってくる) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…了解した」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「無事に終わったみたいだねぇ」
    ポワン「…同じ竜騎士として」 -- 屋敷右側。
  • ウリエル「レシラム様、お帰りなさい!」
    ????「そこのナイスバディな女!」
    フライヤ「…(照)」 -- 天上界
  • リヴィエール「…くれぐれも、魔竜には気をつけて」
    ソリュート「どこにいるんだァー」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「何がだ?」
    白ヨッシー「成程...」 -- 屋敷右側
  • うむ、ただいま。…誰だ?(????を見て) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「…心得ておく」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「レソヲムの修行」←
    ポワン「…でも、フラットレイには会いたくないって」 -- 屋敷右側。
  • ウリエル「この方ですか?」
    ????「どうだい、今度オレと食事でも…」
    フライヤ「…(反応に困ってる)」 -- 天上界
  • リヴィエール「んじゃ、またね~(空間を開いてオーディンと共に退場)」
    ソリュート「連絡ぐらいよこせやー」 -- ディザルブ城内:王の間
  • キュレム「レシラム、修行していたのか...」
    白ヨッシー「へ?何故です?」 -- 屋敷右側
  • あ、ああ...(なんだ?このデジャヴ...) -- 天上界のレシラム
  • バハムート「うむ、またな...」
    Mバハムート「…」 -- ディザルブ城にて
  • ミカエ「ミカエが勧めた」
    ポワン「…不幸が移るから」 -- 屋敷右側。
  • ウリエル「マ(ry」
    ????「!! お客さんかい? 悪いな」
    フライヤ「レシラム!」 -- 天上界
  • キュレム「ふむ...」
    白ヨッシー「フラットレイさん...(汗)」 -- 屋敷右側
  • フライヤ、スペルムが来てほしいそうだ。 -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「チューチュー力が足りなかったからね」←
    ポワン「…そんなに不幸なの?」 -- 屋敷右側。
  • フライヤ「ふぬ。了解した」
    ????「オレがエスコートするぜ!」←
    ウリエル「ちょ、ちょっと!」 -- 天上界
  • キュレム「集中力...だな?」
    白ヨッシー「…そうらしいです」 -- 屋敷右側
  • ちょっと待て...お前は何者だ!? -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「そうともいう」←
    ポワン「…(汗)」 -- 屋敷右側。
  • ????「さて、誰だろうな?」←
    フライヤ「連れていってくれるのか?」
    ウリエル「…(プルプル)」 -- 天上界
  • キュレム「そうとしか言わん」
    白ヨッシー「…」 -- 屋敷右側
  • …。 -- 天上界のレシラム
  • ミカエ「えー」←
    ポワン「…レオン…」 -- 屋敷右側。
  • ウリエル「マルドク様! いい加減にしてください!」
    ????→マルドク「名前言うなぁ!」
    フライヤ「じゃけど、私はレシラムに…」 -- 天上界
  • キュレム「えーじゃない」
    白ヨッシー「…」 -- 屋敷右側
  • …フライヤ、一緒に行くか? -- 天上界のレシラム