ミゲル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するパイロット、ミゲル・アイマンである。声優は現在「T.M.Revolution」と「abingdon boys school」のボーカルとして活動中の西川貴教。
アスラン達の2期先輩にあたるクルーゼ隊緑服ザフト兵の一人。後輩が自分に敬語を使う事を禁止しているほど同胞には寛容で、面倒見も良く気さくな性格だが、ナチュラルに対しては見下す言動が目立つ。
家族構成は母と年の離れた弟の3人暮らし。

オレンジ色の専用ジンを愛機とし、夕日に照らされたような機体色と、高い機動力を生かした一撃必殺を身上とする戦闘スタイルから “黄昏の魔弾” の通り名が付き、隊内で最も信頼されるエースの1人だった。

ヘリオポリスにおけるG奪取作戦の数日前、ザフトの補給基地を襲撃した傭兵部隊サーペントテールの叢雲劾駆る改造ジンと交戦し互角以上の戦いを繰り広げるが、劾の機転によって結局基地は破壊されてしまった。この時乗っていた専用ジンも損傷し修理が間に合わなかった為、G奪取作戦ではノーマルジンでの出撃となった。

陽動隊としてコロニー内部に突入した後、アスランからストライク強奪の失敗を告げられると代わりにストライクの捕獲を試みるが、OSが書き換えられキラが操縦を代わったストライクの動きについてゆけず敗北。一矢報いるべく自爆装置を作動させた後、この間の戦闘データを持って脱出する(ここで戦死する漫画書籍もある)。

バルルス改 特火重粒子砲のみ装備した別のジンに乗り換え強引についてきたアスランのイージスと連携してソードストライク相手に雪辱戦を挑むが、旋回してきたビームブーメランで背後から脚部を切断され、体勢を崩し動揺した隙をつかれて対艦刀シュベルトゲベールで袈裟斬りにされ、真っ二つとなった機体の爆散と共に戦死した。
『SEED MSV』アニメMV版では主役級の扱いでタイトルバックを飾っている*1ほか、テーマソングにはT.M.Revolutionの『Zips』がタイアップされた。『X42S-REVOLUTION』の初回生産限定盤Bジャケットではハイネと共演している。


続編である機動戦士ガンダムSEED_DESTINYに登場するハイネ・ヴェステンフルスの後輩にあたり、尊敬するハイネに肖って愛機をオレンジ色にカラーリングしたという設定が存在する。

搭乗機


ミゲル専用ジン
全高 21.43m
重量 78.5t

ミゲルが憧れている先輩のハイネ・ヴェステンフルスにあやかったオレンジ色に塗色され、ミゲル自身の有志で結成された専属チーム「DEFRÖCK」(現実の現インディーズレーベルをモチーフにしたセルフコラボ)の手で性能も強化されており、外見からは分からないがノーマル機と比較して20パーセントのスペック向上を達成している。右肩部には髑髏と骨のパーソナルマーク、左肩部と左脚部には前述のチーム名をDEFRÖCK、DF+の表記でそれぞれペイントしてある。さらに関連ゲームではパーソナルマーク入りのシールドを装備していることも多い。
HDリマスター版で1期OP「INVOKE」に新規カットが用意されて登場。しかしいつも撃墜されている。
+武装
重斬刀
古代から中世期の騎士が持った歩兵剣(フットマンズソード)をMSサイズにした斬撃兵器。優れた分子加工技術を持ち、それによって高い切断能力を誇る。対ビームサーベルには無力に等しいが、切り開いたり、楔のように打ち込むなどの実剣にしか出来ない利用法もある。

76mm重突撃機銃
艦載用小口径砲クラスの口径を持つアサルトライフル。ただし、直訳の突撃銃ではなく「突撃機銃」という創作の名称だが、セミオート時の精密射撃とフルオート時の連射を使い分けられる点は実在する物と変わらない。ブルパップ方式の銃体にバナナマガジンの俗称で知られる曲線型弾倉で76mm機銃弾を供給する構造(装弾数については不詳)。

キャニス 短距離誘導弾発射筒
拠点攻撃用重爆撃戦装備、通称「D(DESTRUC-TION、破壊)装備」に分類されるミサイルランチャー。Canis とはラテン語で「イヌ」の意。
大小2×2発のミサイルを備えた発射器を片手で保持するもので多くは両腕一対で運用されるが、重突撃機銃との併用スタイルが登場する作品もある。

パルデュス 3連装短距離誘導弾発射筒
ジンの脚部外側にある円形状ハードポイントに装着される3連装ミサイルポッド。Pardus とはラテン語で「ヒョウ」の意。
D装備に分類されるためキャニスとの併用機がほとんどだが、重突撃機銃とキャニスとの組み合わせや、スナイパーライフルおよびM69バルルス改との組み合わせも存在する。

バルルス改 特火重粒子砲
D装備に分類されるザフト側の初期ビーム火器。Barrus とはラテン語で「ゾウ」の意。
連合側のG兵器などのビームライフルとは運用思想が全く異なるものであり、3発分のエネルギー供給は銃尻に設置されたカートリッジから行われ、そのまま使い捨てとなる。また、大口径ゆえに威力も比例しそうなものだが、実際には対ビームコーティングを施したシールド類で充分防げる程度であり、汎用性の面でも大幅に劣る。

キャットゥス 500mm無反動砲
艦船や施設といった大型目標の破壊に適した携行火砲。Cattus とはラテン語で「ネコ」の意。
50センチ口径のAPSV(弾頭)は着脱式ボックスマガジンで供給される。

+外見


*1
+そのOPの動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1034956