魔王様


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「気にするな!」


ジュラル星人の親玉。

同じ見た目ばかりのジュラル星人とは違い、1人だけ青を基調としたまったく別の外見をしている。
また、目も二つ目であり、額にも目のようなものがある。
ジュラル星人はあくまで宇宙人であり、別に悪魔でも魔物でもないので魔王というのはおかしいのではないかと思われるかもしれないが、実際ジュラル星人も研もみんな魔王と呼ぶので仕方がない。

チャージマン研について意見を述べられても「気にするな!人類とて必死だ!それぐらいはやるだろう」で済ませたりおおざっぱな面もあるが、有事の際には部下の避難を優先させたり結構いい上司な一面も持つ。
ヒトミちゃんという美少女に変装して自ら研に近付いたこともある。その際研はみっともないくらいにデレデレだった。

なお「冒険王」のコミカライズ版では、「魔王」という呼称は登場せず、部下から「ボス」と呼ばれていた。
コミカライズ版ではアニメ版のように地球を救う聖人のような真似はせず、異星人の両親を人質にとって任務を遂行させ、役割を終えたら全員殺して処分する、などといかにも悪役といった感じに描かれている。首が伸びたりもする
因みに何故か研を倒すのを自分達で手を下さず他の宇宙人に依頼したりする。

ジュラルモンス

バトロイではセリフ内で登場する。

ジュラル星人の科学の粋を集めて作られたロボット。水陸両用。
ジュラル星人が普段使用している円盤とは比べ物にならない耐久力を誇り、スカイロッドのアルファ光線を二発喰らっても
破壊されない(かなり怯んでいたが)。スカイロッドの方向制御機を破壊するという実績を持つ。
光線を発射する目は同時に弱点であり、研にアルファガンで目(を研は狙っているがどう見ても眉間)を攻撃されたらあっけなく破壊されてしまった。
余談だが、ジュラルモンスの光線を受けた船とビルは上部から少しずつ消滅するといった不思議な消え方をした。