バトロイクエスト > 第51話 > ログ4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • メルー「戻っておいたニャ」←いつの間にかいつもの姿に
    ラウス「…」
    アルエル「…(ガタガタガタガタガタガタ)」
    ディース「俺らは空気だったぜ...」 -- 町内にて
  • …………。
    フウウウウウウウウ……? -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • なごみ「……。もどって…りんじゅ、たま……」(手を、さしだす)
    (……きっと。きっと……りんじゅたまなら……こう、する……っ!)
    ナエ「……っにゃ!にゃあ!!」
    (どこかに隠れていたであろう、ナエもなごみのもとへ飛びだしてきた)
    -- ねこまたいちみ
  • メルー「…りんじゅ!!(なごみ達の元に走り、手を鈴珠に差し出す)」
    ラウス「…(静かに様子を見ている)」
    ゾロアーク「ケッ、何をしてると思えばァ...面白くねェ!!(ナイトバーストの構え)」
    ディース「なっ!?」
    アルエル「…(ガタガタガタガタガタガタ)」 -- 町内にて
  • 私も空気だった。仕方ないね。 -- 町中リルム
  • ―――。
    あのね。ただのいじめじゃないのよあれは。…そうね、調教なの、くすくす。(画面外のどこかにむかってしゃべっている…)
    ……さて。
    おまえがいると私が面白くないわ。―――おはよう。そしておやすみ。
    (ゾロアークの妨害にかかった!) -- らむね
  • …………
    …………
    …………。
    (動きを見せない) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「りんじゅ!ミーが分からないかニャ!?」
    ラウス「…」
    ゾロアーク「そいつらもろとも...消えてもらうぜェ!!」
    ディース「あの野郎...!」 -- 町内にて
  • らむね、ゾロアークを止めるぞ!
    リミュウ「流石にあそこまでは許せないね...!」 -- ドロッチェ
  • ゾロアーホを殺る? 殺るなら私も協力するぞ?← -- 町中リルム(口が悪い)
  • ええ…くす。
    …それに、なにやら…ここは、あの子達に任せた方が、お利口な気がするしね。
    -- らむね
  • …………。
    ウ、ウウウウウウウウウウウウウ…!!!
    (攻撃の前兆だ! 回避できるようなアクションをとれ!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • なごみ「……!! りんじゅたま…おもいだして!」
    ナエ「にゃっ、にゃにゃ、にゃあ!!」 -- ねこまたいちみ
  • メルー「ミーは覚えてるニャ!りんじゅの温かさを!!りんじゅの優しさを!!!」
    ラウス「メルー君!(メルーを抱える)」
    ゾロアーク「チィッ!(中断する)」
    ディース「アルエル...」
    アルエル「…(ガタガタガタ)」 -- 町内にて
  • …。
    リミュウ「…(あいつは見ているんだろうか...いや、間違いなく見てる...!)」 -- ドロッチェ
  • ―――!!!


    キアアアアアアアアアアアアアアッッッッ!!!
    (前進しながら前方に向かってがむしゃらに爪を交互に振るう) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • っっ!!! (ナエを抱えて転がるように攻撃から逃れる) -- くろねこなごみ
  • ―――。くす。
    ていっ。(あ! ゾロアークをりんじゅにむけ蹴り飛ばしにかかった!)
    -- らむね(外道)
  • メルー「りんじゅーーーーー!!」
    ラウス「くっ!(メルーを抱え、攻撃を避ける)」
    ゾロアーク「ケケケッ!あの時と同じと思うなよォ!?(鈴珠とらむね、二つの攻撃を回避しやがった!)」
    ディース「避けろ!(アルエルを引きずって回避する)」 -- 町内にて
  • …(ゾロアーク...普通にウザいな)
    リミュウ「…(ゾロアーク...ボクは知らないからね...)」 -- ドロッチェ
  • ふぇーい(回避) -- 町中リルム
  •  …『ガタガタ』『ピチュー、震えすぎだ』 -- 家の中の名未
  • この家は大丈夫だと思うけど...皆は大丈夫かしら...。 -- 家の中:パルーナ
  • そうね…『ガタガタ』『…』 -- 家の中の名未
  • (一連の流れを静観していた男が一人)
    ……あの猫っぽいの。モンスターを説得しようとしていた見たいだが。
    説得出来るような相手には見えないな。
    凶暴さは一目瞭然で話を聞く相手じゃないとわかりそうなものだが。
    何か特別な理由があるのか?
    (今までを静観して出した答えがこれだ。
    確かにシルドは彼らとは接触したばかりだし、関わりもほとんど無い。
    しかし話がわからぬ人間というわけでも無いのだ、説明すれば力になってくれるかもしれない…)
    ともあれあのモンスターを放置するわけにはいかないな。
    (盾を構え、鈴珠に向かって前進する) -- シルド
  • ……そういえばそうね。
    でも、様子を見ると、知り合い同士のようじゃない。
    (回避されたことに少しイラってしたらむ姉さんである) -- らむね
  • ……りんじゅたま。
    ……ううん。…アタシは…アタシは、あきらめない! -- くろねこなごみ
  • 俺もあいつらの関係はよく分からないが...あそこまで必死になっているんだ。
    何か理由がありそうだ。
    リミュウ「…」 -- ドロッチェ
  • ハアアアア、フウウウウ、ウウウウウウウウ……
    (攻撃は回避された。闇雲に攻撃を振るったため、少し疲労したようだ) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「ミーも絶対に諦めないニャ!」
    ラウス「どうする...?」
    ゾロアーク(屑)「ケケケッ!跡形もなく消し去ってやるぜェ!」
    ディース「…」 -- 町内にて
  • (ゾロアークに)あらあなた。可哀想に、とうとう公称が屑になったわよ。
    汚物扱いされて、ケダモノのように私を襲って、何かを為すごとに株が急暴落。凄いわよあなた、NDK? -- らむね(うざキャラ)
  • なごみ「…りんじゅたまが、アタシの手を取ってくれたように…
    今度は、アタシ達が…!」(再び鈴珠に歩み寄っていく)
    ナエ「にゃ…!」 -- ねこまたいちみ
  •  …(汗) -- スピン(今すぐ逃げ出したい)
  • メルー「りんじゅはミーを救ってくれたニャ!その恩返しをするんだニャー!(なごみに続き、鈴珠に歩み寄る)」
    ラウス「メルー君...なごみ君...!」
    ゾロアーク(屑)「なにィ?」
    ディース「www」 -- 町内にて
  • まぁ、当然の報いと言うか...何というか...。
    リミュウ「…」 -- ドロッチェ
  •  …すたこらさっさー(逃 げ 出 し た) -- スピン(猫が苦手)
  • ウウウウウウウウウウウウウ………
    (再び動きを止めた) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • (しかしなごみを阻む盾が前に一人)
    うかつに近付くな!どうなるかわかったもんじゃない! -- シルド
  • いいから、大人しく沈黙しなさい。
    (ゾロアークに回し蹴り!) -- らむね
  • スピン...(汗)
    リミュウ「…」←逃げようとしてる -- ドロッチェ
  • メルー「嫌だニャ!ミーはりんじゅを助けるんだニャー!(シルドを退けて進もうとする)」
    ラウス「…(その様子を静かに見ている)」
    ゾロアークズ「グボァッ!?(らむねの回し蹴りが直撃!体が回転しながら吹っ飛ぶ ダメージ4000)」
    ディース「…(ざまぁw)」 -- 町内にて
  • ファイアー!(ゾロアークに) -- 町中リルム
  • ……きっと。そう、かもしれない。
    でも…それでも…アタシは、アタシたちはあきらめない!
    何もできないで、みんなが傷つくなんて、もうくりかえしたくない! -- くろねこなごみ
  • メルー「ミーはりんじゅに救われたニャ!だから...次はミーがりんじゅを救う番だニャ!」
    ラウス「…」
    ゾロアークズ「だばらッ!(ダメージ2500)」 -- 町内にて
  • ゾロアホ以上にサイテー!(次はファイラ) -- 町中リルム
  • (しかし、シルドは退かない)
    お前達があのモンスターと特別な関係なのはわかった。
    だがお前達が死んだら元も子も無いだろう。


    俺に出来るのは『盾で防御』する事だけだ
    あいつの攻撃は俺が引き受けてやる、それ以外の事は任せるぞ。
    (だが、確かに気持ちは彼にも伝わった。
    右手の盾を持ち換え、構えた
    シルドは全力支援防御の構え!) -- シルド
  • ………。
    ………。


    グ、ウウウウウウウウウウウウウ……!!!
    (威嚇しながら、ゆっくりと後退していく。…まるで自分に近寄るなと言っているように) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • ……あり、がとう。(前へ) -- くろねこなごみ
  • メルー「…ありがとうニャ(なごみに続く)」
    ラウス「…」
    ゾロアークズ「テメェッ...!(ダメージ3800)」 -- 町内にて
  • …くすくす。可哀想に。
    また女の子にあしらわれる展開なのね。徹底して救いがないわね。 -- らむね
  • 最低な焼き狐にしてやる!ファイガ!← -- 町中リルム
  • …(逆に哀れに思えてきた...)
    リミュウ「そーっと...そーっと...(後ずさり)」 -- ドロッチェ
  • メルー「りんじゅ...おみゃーはミー達が助けるニャ...!」
    ラウス「…」
    ゾロアークズ「…!(ファイガを回避し、どこかに姿をくらます)」
    ディース「隠れたのか...?」 -- 町内にて
  • あー!ロリコン(リミュウ)がにげようとしているのですー! -- メガガ
  • ……メルー……! -- くろねこなごみ
  • ………!
    ………ガ、グウウウウアアアアア!!!!
    (再び無造作に爪を振るいはじめた!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • 避けられた! すっげー腹立つー!!!← -- 町中リルム
  • (カバー!)
    盾の強度を計るには丁度良い!
    ……言ってる場合じゃないか!(シールドダメージ!)
    (なごみ、メルーの代わりに受ける!) -- シルド
  • メルー「なごみ!一緒に...りんじゅを助けようニャ!」
    ラウス「…(メルー達の姿を見て微笑む)」
    ディース「あの野郎...何か企んでやがるな...」 -- 町内にて
  • なにっ!?
    リミュウ「(ギクッ!)あははー...そんな事ないよ~」 -- ドロッチェ
  • 今度はフレアで燃やしちゃうもんね!← -- 町中リルム
  • ―――。構わないわ。
    …動きを見せれば。むしろ好都合よ。一掃できるわね。 -- らむね
  • めががっ!?
    (ロリコンを)ヒテイするのをやめましたのです!
    やっぱりロリコンだったなのです!
    へんたい!へんたい!このメガへんたい! -- メガガ
  • ガアアアアアアアアアアッッッ!!!


    ガチン!!!!
    (シルドによって攻撃が阻まれている!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • うん……!
    りんじゅたま! …もどろう!
    みんなで笑えるように…! -- くろねこなごみ
  • メルー「…りんじゅ!また、皆で笑って...楽しく遊ぼうニャ!」
    ラウス「鈴珠君...!」
    ディース「まさか...いや、それしかあり得ねぇ...!」 -- 町内にて
  • シスター、なんか分かったの? -- 町中リルム
  • そうか...。
    リミュウ「ゲッ、ロリコン認定されてる!?」 -- ドロッチェ
  • グ、グギガ、ガアアアウウウウウウ…… -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • ロリコン。そうね。
    良い辱めができそうね。くすくす。 -- らむね(外道)
  • メルー「りんじゅ!ミー達の所に戻ってくるんだニャ!」
    ラウス「…」
    ディース「あぁ...クソガキ、最後まで気を抜くんじゃねぇぞ」
    アルエル「…(ガタガタガタガタ)」 -- 町内にて
  • らむね...(汗)
    リミュウ「ボクはロリコンじゃないよ!」 -- ドロッチェ
  • 分かってるって~(筆を回転させる) -- 町中リルム
  • ………
    ………
    ……グ、ウウウウウウウウウウウウ…!!!


    (メルーとなごみに向けて腕を伸ばそうとする)


    ……グ、ガアア!?
    (――! だが…動きが、僅かに止まった) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「りんじゅ...?」
    ラウス「動きが...止まった?」
    ディース「ふん...それなら大丈夫だな」 -- 町内にて
  • サンダー(何故かディースに) -- 町中リルム
  • ―――! りんじゅ、たま!? -- くろねこなごみ
  • ―――ウ、ウウウウウアアアアアアア!!!
    (二人の方をみてうめいている…!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「りんじゅ!?」
    ラウス「!」
    ディース「Why!?(3400/4000)」 -- 町内にて
  • 油断してるとこうなるぞ、と。 -- 町中リルム(口調がFF7のレノ)
  • ―――!?
    もしかして…わかるの…? アタシたちの言葉が、とどいてるのっ!? -- くろねこなごみ
  • メルー「りんじゅ!りんじゅー!」
    ラウス「これは...もしかして...」
    ディース「俺は油断してねーよ!」 -- 町内にて
  • 私には油断しているように見えた。← -- 町中リルム(屁理屈)
  • グアアアアアアアアアアアアアッッッ!?


    フッ、フウウウウウウウウウウウッッッ!!!
    (振り払うような仕草を見せた後、突如思い切り跳躍し飛び上がった!そのまま落下し、全身で押しつぶすつもりだ!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「ウニャッ!?」
    ラウス「なっ...メルー君!なごみ君!」
    ディース「このクソガキ...」
    アルエル「…(ガタガタガタ)」 -- 町内にて
  • ―――っ!
    避けなさい!!! (すかさず退く) -- らむね
  • メルー「押しつぶされたらひとたまりもないニャ!(範囲外まで走る)」
    ラウス「くっ...!(とっさに下がる)」
    ディース「えっ?」
    アルエル「…(ガタガタガタ)」 -- 町内にて
  • いぇーい☆(テレポで範囲外へワープ) -- 町中リルム
  • …!(瞬間移動で範囲外へ)
    リミュウ「うひゃっ!(後ろへ走る)」 -- ドロッチェ
  • なごみ「うっ、さっさすがにやばいぃ!?」
    ナエ「ふにゃーっ!!」(メルーと同じ方向に走って攻撃から逃げる) -- ねこまたいちみ
  • !! 危険 !!
    ディースとアルエルが攻撃対象範囲から退避できていません!急ぎアクションを取れ!
    !! 危険 !! -- システムメッセージ
  • ディース「マジでか!?逃げるぞアルエル!(アルエルを引きずって近くの家に逃げ込む)」
    アルエル「…(ガタガタガタ)」 -- 町内にて
  • ウニャアアアアアアアアアアアア!!!
    (そのまま思い切り地面に身体を叩きつけた!衝撃が辺りを覆っていく!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • きゃはーっ☆ (逃げた先で衝撃に飛ばされた!) -- くろねこなごみ
  • メルー「無理だニャー!(同じく吹き飛ばされる)」
    ラウス「ッ...!(耐えている)」 -- 町内にて
  • ジャンプで回避…できなかったー!(吹き飛ばされました) -- 町中リルム
  • ―――ぁ、っくうう!? (立っているのが精一杯) -- らむね
  • 凄まじい衝撃だ...!(帽子を抑えつつ、耐えている)
    リミュウ「うぎゃー!(吹き飛ばされた)」 -- ドロッチェ
  • フシーッッ、フウウウウウウウウウ……
    (地面を抉るようにひっかきながら起き上がった) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • なごみ「ううぅ~…い、いった~い…」
    ナエ「ふみゃあ…」 -- ねこまたいちみ
  • メルー「なごみ、ナエ...大丈夫かニャ...?」
    ラウス「…」
    ディース「凄い衝撃だったな...(家から出てくる)」 -- 町内にて
  • あうち(打ち所が悪かった。1200/5400) -- 町中リルム
  • なごみ「うう、なんとか…メルーこそ」
    ナエ「にゃにゃ…」 -- ねこまたいちみ
  • メルー「ミーも何とか無事だニャ。それよりも...」
    ラウス「…」
    ディース「!」 -- 町内にて
  • フウウウウウウウウウウウウウウ……
    (再びメルー達の方へ振り向いた) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「りんじゅ...」
    ラウス「…確かに、声は届いているはずだ。諦めないで!」
    ディース「クソガキ...!」 -- 町内にて
  • 受け身取り損ねちゃった☆(起き上がる) -- 町中リルム
  • グウウウウウウウウウゥ…… -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • ……りんじゅ、たま。聞いて…りんじゅたま。
    …つらかった、んだよね。かなしかったんだよね…
    …でも。でもね、りんじゅたま… -- くろねこなごみ
  • メルー「りんじゅ...ミーはとてもりんじゅに感謝してるニャ。りんじゅは、ミーを受け入れてくれたニャ...」
    ラウス「…」
    ディース「なんだ...心配させんじゃねぇよ」 -- 町内にて
  • …「いたいのは、もうおわりがいい」。
    …「あらそうより、なごやかがいい」。
    …りんじゅたまが、言ってたこと。思い出して!! -- くろねこなごみ(43話の記憶の欠片)
  • メルー「あの時...ミーはとても嬉しかったニャ!」
    ラウス「…」
    マムル「マムッ!?(ラウスのバッグから顔を出す)」 -- 町内にて
  • ………!?
    …フ、フニイイイイイイイイイ……!!?
    (!! 動揺している! 続けて呼びかけろ!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「りんじゅが助けてくれなかったら...今のミーはいないニャ!」
    ラウス「鈴珠君の温かさ...私達も感じたよ」
    マムル「また、いっしょにあそぼうよー!」 -- 町内にて
  • ガアアアア…ウッ、ウウウウウウニ、ニイイイイイイ……ッ!!
    (その場にうずくまっている!) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「ミーはりんじゅが...大好きだニャ!」
    ラウス「…」
    マムル「みゅっ!?」 -- 町内にて
  • ?(鈴珠のことをあまりよく知らないので、どう言えばいいのかわからない!)
    名未「(パルーナの家から出てきた)…あなたのこと、もっと知りたい」 -- 町中リルム
  • なごみ「…みんな…」
    ナエ「にゃ、にゃあ…!」 -- ねこまたいちみ
  • フ、フウウ、ウウウウウ、ウウウウウウウ……!!!
    (表情から先ほどまでのような鋭さが薄れつつある…) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「だから...帰ってきてニャ!りんじゅ!!」
    ラウス「鈴珠君...!」
    マムル「おねがいだよー!」
    ディース「…」 -- 町内にて
  • ??
    名未「あなたと、話もしてみたい」 -- 町中リルム
  • なごみ「……りんじゅたま!!!」
    ナエ「にゃー、に、にゅ、にゃー!」 -- ねこまたいちみ

  • ――……フ、フウウウウウウウゥゥ…、…ニャアアアアアァァァァァ!!!
    (再び、大きな叫び声をあげる。…だが、その瞳の中に、


    光る、一筋の雫をとらえた) -- 鈴珠(ひとがすきなねこまたであったもの)
  • メルー「りんじゅーーー!!」
    ラウス「あれは...」
    マムル「ないてる...?」 -- 町内にて
  • ………ニャッ、アアアアアアアァァァ………!
    ………ッ、ッ、ッッ………ッ、ニャ、ァァ………
    ………


    ……。


    ……ミン、ナ……? -- 鈴珠
  • なごみ「―――っ!!?」
    ナエ「にゃ……!?」
    -- ねこまたいちみ
  • メルー「…りんじゅ?」
    ラウス「!!」
    マムル「マム...!」 -- 町内にて
  • ???
    名未「…」 -- 町中リルム
  • ………
    ………。
    (ゆっくりと、近づいてくる) -- 鈴珠
  • ………
    りんじゅ、たま? -- くろねこなごみ
  • メルー「りんじゅ...?」
    ラウス「…」 -- 町内にて
  • ………。
    ………。
    ………。


    うん……みんな?
    (さっきより、ずっとはっきりとした口取りで、呼んだ) -- 鈴珠
  • メルー「りんじゅ...りんじゅ!!」
    ラウス「…(微笑んだ)」
    ディース「…(険しい表情で辺りを見渡す)」 -- 町内にて
  • ―――。
    あら。人の言葉が話せるのね。
    -- らむね
  • なごみ「あ……
    …り、りんじゅたまああぁぁ!!!」
    ナエ「にゃ、にゃぁぁ!!」(駆け寄る) -- ねこまたいちみ
  • シスター?
    名未「…『ははっ!』」 -- 町中リルム
  • メルー「りんじゅーーー!!(鈴珠に駆け寄る)」
    ディース「!!お前ら、油断すんなッ!」
    ラウス「なっ...!?」
    (鈴珠の背後に奴の姿が...!) -- 町内にて
  • !?
    リミュウ「あっ...!」 -- ドロッチェ
  •  …(うぜぇ)
    名未「…『何ィ!?』」 -- 町中リルム
  • ………。
    メルー、なごみ、ナエ……みんな?
    (気づいていない!) -- 鈴珠
  • なごみ「りんじゅたまっ……ぇ?」
    ナエ「にゃ、にゃっ」 -- ねこまたいちみ
  • ―――!?
    今すぐ伏せて!!! -- らむね
  • メルー「りんじゅ...良かったニャ...!」
    ラウス「あの屑狐ッ!」
    ディース「お前ら!」
    ゾロアーク「アヒャヒャヒャーハーッ!!(ナイトバーストの構え)」 -- 町内にて
  • あの野郎、まだ...!
    リミュウ「ゾロアーク...」 -- ドロッチェ
  • うぜーんだよゾロアーホ!!!←
    名未「…ゾロアーホ? ゾロアークズじゃなくて?」 -- 町中リルム
  • なごみ「え……あ!」
    ナエ「にゃっ!?」 -- ねこまたいちみ
  • ―――!
    (ゾロアークに接近していく) -- らむね
  • ゾロアーク「もう遅ェんだ...!?(何者かに吹き飛ばされる)」
    ????「無粋だよぅ...ゾロアーク!」
    メルー「!?」
    ディース「誰だ!」 -- 町内にて
  • あいつは...!
    リミュウ「…」 -- ドロッチェ
  • What?
    名未「…?」 -- 町中リルム
  • あらっ……これは何のいたずら、かしらッ!
    (ゾロアークが吹き飛ばされたのをみて、追撃にかかる) -- らむね
  • 鈴珠「!」
    なごみ「な、なんかきたっ?」
    ナエ「にゃ~!」 -- ねこまたいちみ
  • ゾロアーク「ニェール!テメェ...グハッ!?(らむねの追撃がヒット)」
    ????→ニェール「メルー、久しぶりだよぅ」
    メルー「ニェール...おみゃー、どうしてここに...」
    ラウス「…知り合いかな?」
    ディース「メルーにそっくりな奴だぜ...」 -- 町内にて
  • あの時の猫魔族...!
    リミュウ「あいつ...まさか!?」 -- ドロッチェ
  • ―――。
    ふうん。これが、あなたの選択かしら? -- らむね
  • え……知り合い?
    ……むう? なんか、どっかで感じた気配に似ているよーな。 -- くろねこなごみ
  • ニェール「…僕も、メルーと同じ道を行くよぅ!」
    メルー「ニェール!」
    ゾロアーク「ふざけんじゃねェ...!!」
    ラウス「?」 -- 町内にて
  • ふざけんなはこっちのセリフじゃーい!←
    名未「?」 -- 町中リルム
  • なごみ「……あ、あー! ひょっとして、ヨースターハウスで感じたあのへんな気配かな!」
    りんじゅ「ん……きみ、は?」(ニェールの方に振り返る) -- ねこまたいちみ
  • ニェール「あ、初めましての人は初めましてだよぅ。僕はニェール。メルーの友達...だよぅ」
    メルー「おみゃーも来てくれるかニャ!」
    ラウス「メルー君の友達だったか...」
    ゾロアーク「この俺様を散々コケにしてェ...ただで済むと思うなよォ!?」
    ディース「…」 -- 町内にて
  • ……くすくす。滑稽ね……
    さあ、おまえに問いましょう。…なぜ、独り盛り逆行する。
    それとも。黒は、白にひっくり返れない?(ゾロアークに) -- らむね
  • りんじゅ「…ともだち。そうか」
    なごみ「りんじゅたまっ、あいつー!」(ゾロアークを指差して) -- ねこまたいちみ
  • メルー「そうだニャ!」
    ニェール「よろしくだよぅ」
    ゾロアーク「ケケケッ!面白れェ事を言うじゃねェかァ?」
    ディース「…」 -- 町内にて
  • ……はあ、困ったわ。
    言葉のキャッチボールも教育されていないのかしら。
    それとも、言葉がわからないのかしら。それはそれは困ったわね。 -- らむね(うざキャラ)
  • ゾロアーク「あァ?なんだとォ!?」
    ディース「…ブッw」 -- 町内にて
  • (らむねを見て)誰かと思えばあの時の性悪女!←
    名未「ゑ」 -- 町中リルム
  • 何か言ったかしら?(にこっ) -- らむね(うざキャラ)
  • りんじゅ「………」
    なごみ「…うう、まだやる気なの!」 -- ねこまたいちみ
  • うん、言った!
    名未「……」 -- 町中リルム(間抜け)
  • ……ああ酷い、酷いわ。
    団長さん。悲しいわ。私、いじめられたわ。 -- らむね(うざキャラ)
  • メルー「しつこい奴だニャ!」
    ニェール「そういう事だよぅ、ゾロアーク。さっさと帰れよぅ」
    ゾロアーク「クソッタレ共がァ...調子に乗りやがってェ...!!」
    ディース「クwソwガwキw」 -- 町内にて
  • い、いじめられた...か?
    リミュウ「…(相変わらず、逃走のチャンスを伺っている)」 -- ドロッチェ
  • しくしく。悲しいわ、しくしく。 -- らむね(うざキャラ)
  • 私のことおまぬけさんって言った人!」
    名未「リルム! 静かにして!」 -- 町中リルム(おまぬけさん)
  • …本心は?
    リミュウ「今度こそ...(再び後ずさり)」 -- ドロッチェ
  • 言い当ててみて? くす…
    …さあ、追い詰めましょう。哀れな愚物を。
    -- らむね
  • ふっ...まずはあの愚かな狐から...だな。
    リミュウ「逃げろー!(その場から逃走した!)」 -- ドロッチェ
  • ゾロアークズをぼこるぞー!
    名未「…誰か逃げたわ」 -- 町中リルム
  • あー!そうはいかないのです!
    (いつの間にかリミュウにくくりつけていた縄がビーン!) -- メガガ
  • ゾロアーク「雑魚共がァ...!!」
    ラウス「さて...雑魚はどっちかな?」
    ディース「俺は後ろで援護しとくぜ」
    パルーナ「…お姉ちゃん...(家から出てきた)」 -- 町内にて
  • …(杖を構える)
    リミュウ「へぶっ!?(縄に引っ張られ、ずっこける)」 -- ドロッチェ
  • りんじゅ「…」
    なごみ「りんじゅたま…」
    ナエ「ふしーっ」 -- ねこまたいちみ
  • 雑魚はゾロアーホ。←
    名未「…(後ろに下がる)」 -- 町中リルム
  • メルー「りんじゅ...」
    ニェール「ゾロアーク、この人数で勝てると思ってるかよぅ?」
    ゾロアーク「うるせェ!雑魚共はいくら集まっても雑魚なんだよォッ!!」
    ラウス「…(双剣を取り出す)」
    ディース「…(杖を構え、後ろに下がる)」 -- 町内にて
  • …くす。そういう風にしか見えないなら、きっとそうなんでしょう。
    では、おまえが雑魚と揶揄する私たちに屈した暁には、何をしてもらおうかしら…? -- らむね
  • にがさないのですよこのロリコン!
    メガこわ〜いおまわりさんにつきだすのです〜! -- メガガ
  • ゾロアーク「はッ...俺様が負けるハズねェ!!」
    ラウス「哀れなり...」 -- 町内にて
  • …。
    リミュウ「だからぁ!ボクはロリコンじゃないよー!」 -- ドロッチェ
  • 否。そうではない。負ける。負かしてあげる。
    いつかのように、ね。くす… -- らむね