キャラなりきり雑談室 > こだま宅 > 会話記録 > ログ4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 宮子「やっほー!(ゆのをお姫様だっこして登場)」
    ゆの「恥ずかしいよぉ…一人で歩けるって言ったのに…」 -- ひだまりs
  • あら、あの子無事だったのね。……こだま?こーだまー? -- アルシオーネ
  • 末永くばくh…だれ! -- 赤チューリン
  • ゆ、ゆのさん! -- 星川弘
  • かわいい! -- こだま
  • カカロット(Megamari)「…いぃー!?無事だったんか~!?…よかったなぁ~!」
    ニセマリオ「よかったよかった!」
    伸一「(何気に百合!)」← -- 快斗軍
  • 宮子「私が助けたからねー!(ゆのを降ろす)」
    ゆの「私もどうなるかと……」 -- ひだまりs
  • 御坂「ゆのさーん!」
    平沢「よかった・・・生きてて・・・・」
    星川「あらあら・・・」 -- 龍徳一味
  • 伸一「(今の撮ったか?)」←
    トランクス(ゆるゆり)「(ハイッ!)」←
    クズロット(Megamari)「(オラもオラも)」←
    ニセマリオ「(こ、こいつらは…)」 -- 快斗軍
  • なにがあったの…? -- 赤チューリン
  • 宮子「ちょっと取引をー」
    ゆの「うん…私もなんで生きてるか不思議な感じで…」 -- ひだまりs
  • …(ポン、とゆのの頭に手を置く)…冷えてますね。暖かいのもってきます!(キッチンへ) -- こだま
  • え、ええ…(冷や汗) -- 赤チューリン
  • ええ話や…! -- 滝涙のわてり
  • 無事だったのか...! -- 赤ヨッシー
  • ゆの「どうにか…ね…」
    宮子「でも無事でよかったよー!」 -- ひだまりs
  • ……で、情報募集選手の名前にゆのさんが出たけど、やっぱりやるの? -- アルシオーネ
  • いいんじゃないですか?そうめん連合の話ばかりで暗いムードなのはよろしくないですし。 -- こだまinキッチン
  • 御坂「情報募集選手とは・・・」
    平沢「まさか・・・」
    星川「そうめん以外のネタってことは・・・」 -- 龍徳一味
  • アルシオーネ「まぁそうよね。」
    こだま「情報募集選手というのはここの方々が情報を求めている選手ですね。」
    アリーヌ「要はいつもの情報交換ね。」
    ゆの「どうして私?」
    アルシオーネ「悪いけどアナタ結構有名人よ」 -- ナゴミ
  • わたし知ってますよー!
    ゆの、女の子です。 -- とりあえず見た感想のわてり
  • それぐらい誰でも知ってるわよ。
    ゆのさんはやまぶき高校2年A組所属ね。そして近隣のひだまり荘の201号室に住んでいるわ。
    山梨県から都会に来たみたいね。一人っ子だわ。
    お隣さんが今そこにいる金髪の子、宮子さんね。彼女の親友だわ。
    マリノではだめぽ女学生なんて言われたけど6連16勝V3と相当できる部類ね。
    後は分身込みでV11ほどやらかしたテレサさん止めたのでも有名ね。 -- アルシオーネ
  • ゆの「すごい…かなり知ってる…」
    アルシオーネ「まぁデータに記録されてる内容だけどね」
    宮子「私達親友だもんね~♪(ゆのに抱きつく)」
    アリーヌ「仲いいのね……」 -- ナゴミ
  • 星川「一度はタッグで見てみたいなぁ。」
    御坂「ねぇ平沢さん、今度タッグ組みません?」
    平沢「別にいいけど・・・」
    星川「タッグが見てみたいのは山々なんだが、今はそれどころじゃないんだよな」 -- 龍徳一味
  • アルシオーネ「そうなのよねぇ、今からそうめん連合、名古屋来るっぽいし」
    こだま「マジでか!?大事なことあっさり言いますね……」
    ゆの「あわわ…大変だよぉ…」 -- ナゴミ
  • 星川「な・・・名古屋だと・・・」
    平沢「星川さんの地元が・・・」
    御坂「星川さん、今すぐ行きましょう。」
    星川「俺一人で十分だ。2人はここにいといてくれ。(名古屋へと出発)」 -- 龍徳一味
  • カカロット(Megamari)「オラも行くぞ!今回はすぐにはやられねえ!…はずだし(瞬間移動で退場)」
    ニセマリオ「はずって…。」
    伸一「俺はパスな」
    トランクス(ゆるゆり)「僕もです」 -- 快斗軍
  • くれぐれもムチャはしないでください。ヤムチャじゃないですよ?そう言えばこの子のバッテンどこで売ってるんでしょう。 -- こだま
  • ボクモカツヤクシタイ -- 赤チューリン
  • なによ、いきなり。 -- アルシオーネ
  • …ねえ、その「そうめん連合」って、どうして…うーん、壊したりするのかなぁ? -- 赤チューリン
  • うーん。力をみせつけてるだけじゃないかと。恐怖を与えるにも破壊した方が都合がいいんじゃない? -- アルシオーネ
  • う…たしかに怖いよぅ… -- 赤チューリン
  • でしょ?にしても、そこまでする意味はわからないけどね…街を沈めて、恐怖を植え付け…それから? -- アルシオーネ
  • …こ、壊していい理由にはなってないよぉ…! -- 赤チューリン
  • あんなバズーカをほいほい撃てるって時点でハンター詰んでない?もうそうめん独裁の光景しか目に浮かばないんだけど。 -- 神妙のわてり
  • 御坂「そうめんの独裁って考えただけでも恐ろしいわ・・・」
    平沢「私達やハンター連合の仲間が収容所で殺されるのでは・・・・」
    -- 龍徳一味
  • 戦力はそうめん共が圧倒的だからな...こっちは連携プレーが必須になる...。 -- 赤ヨッシー
  • 宮子「そんなの嫌だよ……」
    ゆの「でも私も捕まったし……」
    こだま「うむむ……」 -- ナゴミ
  • 独裁か...俺も嫌だな。 -- 赤ヨッシー
  • ニセマリオ「考えるだけでも恐ろしい…」
    トランクス(ゆるゆり)「連携ですか…」 -- 快斗軍
  • 御坂「収容所送りにされなくても、きっとブラックな待遇しか受けられない工場で働かされるのよ・・・」
    平沢「1日16時間労働とかかなぁ・・・」 -- 龍徳一味
  • ここは未開の土地ですから、支配されたら染まりやすいですね。一つだけ染まらない場所がありますが。 -- こだま
  • それは...何処だ? -- 赤ヨッシー
  • 下です。テーブルの下を見てください。(テーブル下のこっそりある蓋っぽいのを指す) -- こだま
  • んん? なあに?
    (小さい身体をいかしてテーブル下にもぐりこんでみた) -- 赤チューリン
  • (テーブルの下を覗く)ん、これは...? -- 赤ヨッシー
  • ひゃっ!(見られまいとスカートを押さえる) -- ゆの
  • そこから地下室に行けるのです。 -- こだま
  • 地下室?そんなものもあったのか! -- 赤ヨッシー
  • 魔王城に繋がってたりするんだろゥ? -- わてり
  • ち、地下! なんかわくわくする! おたからあるかな!! -- 赤チューリン
  • イイナァ! -- ニセマリオ
  • 繋がらないです。そして地下には非常食とお布団ぐらいしかないです。(地下への入り口を開け、入る) -- こだま
  • 俺も俺も!(こだまに続いて地下室へ入る) -- 赤ヨッシー
  • 何か騒がしいですね……ん。 -- こだま
  • んっ?どうした? -- 赤ヨッシー
  • ランエボX「あれ、やっぱりばれるか。」
    ランエボXHPP「チーッス!」
    ランエボIV「……すまぬな、借りているぞ。」
    (恐竜モチーフの人型メカが居座っていたー!) -- ランエボs
  • 何かいるー!? -- 赤ヨッシー
  • んしょ…っあ、はみゅ!?
    (落っこちてきた) -- 赤チューリン
  • こだま「なんでいるんですかー!」
    ランエボX「いや、借りていい言ったのそっちだろうに。」
    ランエボXHPP「よぉ!あんときの鼠公!(赤チューリンのこと)」 -- ナゴミ
  • こだま...こいつらは? -- 赤ヨッシー
  • なんかいつのまにか居座っているジャイロゼッターです。 -- こだま
  • あてて…あれ、なんかみおぼえが! -- 赤チューリン
  • あるだろ?あんときの泥棒騒ぎのときにさ。(ちなみにこいつも赤い) -- ランエボXHPP
  • ジャイロゼッターか...合体出来るのか? -- 赤ヨッシー
  • ランエボX「できるよ。(青)」
    ランエボIV「でもここでやるには大きくてな…(白)」 -- ランエボs
  • あ…ほんとだ! あのときの! -- 赤チューリン
  • マジでか!すげぇな! -- 赤ヨッシー
  • こだま「彼らはランサーエボリューションzeroに合体します。恐ろしい火力を持ったマシンです。」
    ランエボXHPP「おめぇもこっち来てたんだなー!どーよ?」
    ランエボX「あたかも化け物のように言うんだな……」 -- ナゴミ
  • そいつはすげぇ!今度見せて欲しいぜ! -- 赤ヨッシー
  • ランエボIV「…戦うときがあればな。」
    こだま「いずれあるでしょう。そうめん連合が来た日には。協力してもらいますよ?」
    ランエボIV「……いいだろう。」 -- ナゴミ
  • 心強い仲間が出来たな! -- 赤ヨッシー
  • そんな簡単に仲間になるワケが…ええッッ!? -- わてり
  • いいじゃないですか。彼らにスペース提供してるのは僕ですし。 -- こだま
  • それもそうだな。 -- 赤ヨッシー
  • あっとうてきそんざいかん…! -- 赤チューリン
  • こだま「そ、そうですね…合体後はミタクモナイ…」
    XHPP「随分酷いこと言うっすね……」
    IV「ちょっと聞きたいことがある……」
    こだま「なんでしょう?」
    IV「光適性と闇適性に関してだが……」
    こだま「……いいでしょう。そのことは上でやりましょう。(はしごを登り、リビングへ)」
    IV「わかった。(同上)」
    X&XHPP「(居座り)」 -- ナゴミ
  • ウォーターⅠだよ!
    水でもいいよ! -- 水
  • 俺も行くぜ。(リビングへ戻る) -- 赤ヨッシー
  • よいしょよいしょ(はしごをのぼってる) -- 赤チューリン
  • わてりじゃなかったんですか?……で、光適性と、闇適性ですね。調べたことがあります。 -- こだま
  • 光適性、闇適性。平たく言えば正義の味方か、悪役か、ですね。
    大体の人は光適性なんて言われてますが、どうなんでしょう。
    光適性の場合は何も問題ないのですが、闇適性の場合が問題ですね。
    悪役……言わば、よろしくないことになる可能性があるのです。 -- こだま
  • ニセマリオ「(ちなつって闇だよな)」←
    伸一「昔の俺も闇だったな」 -- 快斗軍
  • で、闇適性というのはやはりダークな方がいますが。
    ヒトクチで闇適性といっても、どうにかなるパターンがありまして。
    真っ先に上がるのが意志の強い方ですね。基本的に強い闇適性に限りますが。
    もう片方は、大事な人に光適性がいる場合ですね。 -- こだま
  • 光と闇…か。 -- 赤ヨッシー
  • 前者はちなつさんやケルディンさん。後者は黒ヨッシーさんや結衣さんですね。
    もっとも、この仮説自体が曖昧すぎるものなのでまだなんとも言えませんが…… -- こだま
  • というか少なくともこっちの世界観ではの話であって他のトコだと当てはまらないケースが多いのよ。そういう意味でも曖昧ね。 -- アルシオーネ
  • わたし達は空気だから青いワケだな… -- わてり
  • うーん。黒くはないかと。まぁ要は意識が弱くて仲間のいない闇適性はろくでもないって話です。闇適性を放置すること自体はどうってことないのですが。 -- こだま
  • ドロッチェ団は悪でも闇でもないよ! せいぎの盗賊だもん!
    (上がってきた) -- 赤チューリン
  • それはそれでどっちつかずですね…… -- こだま
  • あ…でも一度、団長がとっても怖くなった時があったよ。
    あの時は…うん、闇? だったかも… -- 赤チューリン
  • ふむふむ...確かに黒もどちらかと言うと闇の方だな。
    まぁ、悪に染まるだなんてまず無いと思うけどなw -- 赤ヨッシー
  • ……そうか。いや、あの帽子屋が動き出してだな…… -- ランエボIV
  • 帽子屋?誰だそりゃ? -- 赤ヨッシー
  • マッドハッターですね。狂った帽子屋です。 -- こだま
  • 狂った帽子屋...そいつが今、何かやってるのか? -- 赤ヨッシー
  • …名古屋を破壊している。そしてHROがあっち側に飲み込まれた。 -- ランエボIV
  • な、なんだと!?一体何があった!? -- 赤ヨッシー
  • …死んだところを引っ張りだしましたね。不死に分類される彼ならありえる話です。…「やはり」染まりましたか。 -- こだま
  • ……やはり、とはどういうことだ? -- ランエボIV
  • 流火さんによると彼、闇適性なんです。オマケに意識が弱い。飲まれるに決まっている。 -- こだま
  • そんな馬鹿な...。 -- 赤ヨッシー
  • でもなんて流火のヤツからなの?あなたの情報なの? -- アリーヌ
  • 流火さん、元々闇適性でね。光適性に変わったせいなのか、適性がわかるんです。よりにもよって、意志の弱いのだけね。 -- こだま
  • そうなのか...。 -- 赤ヨッシー
  • ど、どういうことだってばよ… -- 赤チューリン
  • いわゆる突然変異みたいなものですね。…でも、いいことなんてない。「あぁ、友達になっても敵対しうるんだな」というのが見えるだけです。 -- こだま
  • …(複雑な表情をしている) -- 赤ヨッシー
  • わあ話が難しいっす!例えるなら協和的か野心的かってことかな? -- わてり
  • むむ… 悪い人になっちゃうの…? -- 赤チューリン
  • 大体そういうことですね。というかひらさんはそうなってますね。
    闇に飲まれたくない者は光を求めるしかない。…………だから一人(リマ)に頼るのはやめろと言ったのに。 -- こだま
  • …ん? -- 赤ヨッシー
  • …とりあえず了解しました。帽子野郎も警戒対象ですね。 -- こだま
  • 向こうはどうなった!? -- 赤ヨッシー
  • こだま「街は甚大な被害を被り……ふあぁ。」
    アルシオーネ「アナタ最近眠そうね?」
    こだま「夜まで調べものと考え事を…」 -- ナゴミ
  • …ちくしょう! -- 赤ヨッシー
  • 平沢「星川さんがぁぁぁぁぁ・・・・・」
    御坂「どうしよう・・・このままだと日本が・・・・」 -- 龍徳一味
  • ……(怖くて震えている) -- 赤チューリン
  • このままだと地球そのものがぁーーー!!! -- トランクス(ゆるゆり)
  • 九条「はぁ・・・はぁ・・・なんとかここまでたどり着いたんだが・・・」
    御坂「あ、九条さん。」
    九条「新幹線で帰ろうにもパニックでろくに乗れないし適当に避難したらここまできちゃって・・・」
    平沢「で、どうだったの」
    九条「こっそり戦況を見つめていたが、海城さんと播磨王さんは意識不明で、
    星川さんと南海マリオさんはなんとか悟空さんに連れられて避難したようで」
    平沢「相変わらずひどいよ・・・」
    九条「だが、敵にも損害が出た。あのでかい巨大ロボットが破壊されて、あとちょんまげ絡繰は捕虜になったようで」
    御坂「これならそうめんの侵略も少しは遅れを取りそうね・・・」 -- 龍徳一味
  • こだま「蒼いホウオウが落ちたのは幸運でした……」
    アルシオーネ「ここからどれだけおしかえせるかね……」
    アリーヌ「でも帽子野郎は面倒ね……」 -- ナゴミ
  • 九条「あの帽子野郎か・・・死んだはずの人間を蘇らせることができるらしいが・・・」
    御坂「では、島田さんたちもひょっとしたら・・・」
    平沢「やだよ・・・神タなんて喰らいたくないよ・・・」
    九条「心配すんな。俺にはねね様を召喚できる能力があるんだ。」
    御坂「ねねさま?」
    平沢「確か・・・豊臣秀吉の・・・」
    御坂「でもなんでねねなんだろう・・・」
    -- 龍徳一味
  • 帽子野郎か...\あのーすいませーん!/んっ? -- 赤ヨッシー
  • 九条「うん、ついこの間、俺の地元を走っているバスで、廃車になった車両があるんだ。」
    御坂「廃車ねぇ・・・」
    平沢「スクラップにでもされるんですか?」
    九条「うん。普通ならそのままスクラップか途上国へ輸出されるわけなんだが、どういうわけか消えてしまったんだ。」
    御坂「まさか、誰かに持ち去られたんですか?」
    九条「公ではそういう扱いらしいが、あるひ、龍徳軍の本部の前に、その車両が鎮座してあったんだ。」
    平沢「鎮座って・・・」 -- 龍徳一味
  • 御坂「あー退屈・・・・」
    平沢「バトロイに出たいけど・・・」
    九条「俺だって出たい。でもいつそうめん一味とマッドハッター暴れだすかわからないし・・・・」 -- 龍徳一味
  • こだま「うむむ。帽子野郎はどうするか・・・」
    狐「まさか、動くの?」
    こだま「できることなら動きたくないですね・・・」 -- ナゴミ
  • 俺も戦いは苦手だしな...\赤ー!/ -- 赤ヨッシー
  • ここに引きこもろうぜ…外に出たってロクなことがないぜ… -- わてり
  • うう…団長はだいじょうぶかなあ… -- 赤チューリン
  • 御坂「私としてもあの帽子野郎は・・・」
    九条「もし島田さんを召喚されたらたまったもんじゃない」
    平沢「それに、エイトさんやククールさんも戻ってきたようですし・・・」 -- 龍徳一味
  • こだま「そうですか・・・」
    アリーヌ「まぁ一名、外に出たがってる人がいるけど・・・」
    狐「私は暴走したいのよー!」 -- ナゴミ
  • まぁまぁ、落ち着け...\赤のバーカ!/あぁ!? -- 赤ヨッシー
  • 九条「た、大変だ。そうめん一味が姫路に入ったらしいぞ。」
    御坂「ついに来てしまったか・・・」
    平沢「どうしよう・・・・・」 -- 龍徳一味
  • こだま「またですか・・・」
    狐「(通信が入る)はい、もしもし。はいぃ!?」
    アリーヌ「ちょっとここまでうろつかれると目障りね・・・」
    狐「ちょっと席を外すわ・・・(退場)」 -- ナゴミ
  • 九条「しかもあいつら、いつの間にジャイロゼッターを?」
    御坂「あんなの作れる技術を持ってたとはねぇ・・・」
    平沢「早くしないと中原さんのお家が・・・!」
    九条「いや、俺に秘策がある。」
    御坂「秘策って・・・」
    九条「うん。あのキュービック、よく見たらアルカディアの銘板が入ってるんだ。」
    平沢「アルカディアの銘板?」
    九条「つまりあれは・・・」 -- 龍徳一味
  • ヨッシー「こんにちは~(勝手に入り込んできた)」
    赤ヨッシー「勝手に入って来んなし」 -- ヨッシー一家
  • やあ。(ついでに勝手に入り込んできた) -- ヒラララススス
  • 自然な流れで誰か来たー! -- 赤チューリン
  • ヨッシー「いいじゃん、いいじゃん!」
    赤ヨッシー「よくねぇよ!」 -- ヨッシー一家
  • こんにちは空気! -- わてり(空気)
  • こんにちは水! -- ぺーぱーわてり(要補給水)
  • ゑゑゑ! どうしたんですか! -- 赤チューリン
  • ふぉお!? -- ニセマリオ
  • (ペラペラ)あのね、水がね、出ちゃってね、まずはね、バケツ一杯の水をね、ください。(ペラペラ) -- ぺーぱーわてり(要補給水)
  • 嫌だぁっ…!(CV:堀川りょう)← -- ニセマリオ
  • みず! 水ですか! まってて! -- 赤チューリン
  • A ROR? -- ヒラララススス
  • ヨッシー「だ、大丈夫!?」
    赤ヨッシー「水、用意できるか!?」 -- ヨッシー一家
  • も、もってきた よ(ふらふらしながら水をくんできた) -- 赤チューリン
  • わあ水!あたし水大好き!(パクリ)
    (ペラペラしながら水の中に体を浸す。…水が無くなっていくと同時に、わてりに厚みが戻っていく!)
    ごちそうさまでした!
    (水の無くなった容器からツヤツヤなわてりが這い出てきた) -- 元気なわてり
  • ヨッシー「ふぅ...良かった~」
    赤ヨッシー「元気になったな!」 -- ヨッシー一家
  • はたーっ(くたくた) -- 赤チューリン
  • ありがとなんだぜ☆(赤チューリンに礼を言う)
    ありがとなんだぜ☆(なぜか赤ヨッシーにも礼を言う) -- わてり(救世主は赤いやつ)
  • 赤ヨッシー「お、おう!どういたしまして!」
    ヨッシー「赤は何もしてないよー!」 -- ヨッシー一家
  • のどかわいた。← -- 赤チューリン
  • 飲むかい?(ただ聞く) -- わてり
  • こくこく。(うなずいた) -- 赤チューリン
  • はいどーぞ!
    (フツーに水入りコップを差し出す) -- わてり
  • おお~ありがとうござます。。(ごくごく) -- 赤チューリン
  • 赤ヨッシー「美味そうだぜ!」
    ヨッシー「ふぅ...」 -- ヨッシー一家
  • (空いたコップに人差し指を突っ込んで水を充填してる) -- わてりふぁくとりー
  • ごくごく…
    へふっ!? (わてりを見て) -- 赤チューリン
  • どうしたコーヒーの方がよかったか!?
    (振り向いたその人差し指から水が出てきてる) -- わてりふぁくとりー
  • 赤ヨッシー「ゑ、コーヒーも出るのか!?」
    ヨッシー「そいつぁ、驚き!」 -- ヨッシー一家
  • 失礼な!誰が、指からコーヒーを出す!(赤ヨッシーにくってかかる) -- ウォーターⅠ
  • 赤ヨッシー「えっ、出ないのか!?」←
    ヨッシー「そりゃそうでしょ!」 -- ヨッシー一家
  • 失礼な!誰が、指からコーヒーを出す!(赤チューリンにもくってかかる) -- ウォーターⅠ
  • ゑゑゑ!? -- 赤チューリン
  • この世の人、気は確かか? /ラーーララッラララー\ -- ヒラララススス
  • 赤ヨッシー「ゑ」
    ヨッシー「僕は正常だよ!」 -- ヨッシー一家
  • ぼ、ぼくもせいじょうだよう! -- 赤チューリン
  • (ヒラララに)あんたが言うな -- わてり
  • カス(野菜のこと)が食べたい -- ヒラララススス
  • 九条「ああ・・・姫路が・・・・」
    御坂「そんな・・・・」
    平沢「うええええええん中原さんのおうちがあああああああ・・・・・(泣き喚く)」 -- 龍徳一味
  • 大変よろしくない。
    日本に夜が降っている。 -- ヒラララススス
  • 赤ヨッシー「ん?」
    ヨッシー「日本に夜?どういう事ー?」 -- ヨッシー一家
  • 見渡す限りの偽装の義。雪崩の如きの愚弄の火。
    嗚呼、鳴り止まぬ、鳴り止まぬ。キミの悲鳴が掻き消えていく。 -- ヒラララススス
  • 日本語でおk -- わてり
  • ヨッシー「???」
    赤ヨッシー「…通訳を頼む!」 -- ヨッシー一家
  • ……(頭上に?マークがいっぱい) -- 赤チューリン
  • わかる!わかるわよぉ! -- 浴室のダリアさんは空気
  • 九条「おい、何か出てきたぞ」
    御坂「あれ・・・まさか・・・死んだはずのオサムシ!?」
    平沢「たぶんあのマッドハッターに引き連れられたんだ。」 -- 龍徳一味
  • 黄泉返り?なのか?ハーデスは何してるの! -- わてり
  • はーです? -- 赤チューリン
  • ヨッシー「ハーです?」←
    赤ヨッシー「ハーデスだろ...(汗)」 -- ヨッシー一家