バトロイクエスト > 第59話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 場所解説:新都心エリアY1(出典:ジャイロゼッター)
    モデル地はみなとみらい。名前の通りである。首都高速・・・?
    発展した大都市であり、高層ビルが数多く立ち並んでいる。 -- 視点変更
  • ふっ・・・ここでいいかな。(亜勝に乗って登場) -- マッドハッター
  • ここが新都心エリアか・・・どう見てもヨコハマとしか( -- 亜勝:中原脩
  • そういうメタ発言は・・・まぁいいや。まずは人材の確保さ。(ビルにレーザーを乱射) -- 亜勝:マッドハッター
  • (登場)見つけたわよ!帽子共! -- エロリア
  • ふっ。人間はどうしてこんなにも無駄に足掻くんだい? -- 亜勝:マッドハッター
  • 輝水「奴がマッドハッター軍か・・・」(M9 ガーンズバック(E型)に搭乗)
    ケリニー「そうだな。我々の復帰戦だ。行くぞ。」(M9A1E1 ガーンズバック『アーセナル』に搭乗)
    セーヴェル「了解。」(M9A1 ガーンズバック『アーマード』に搭乗)
    ケーヴス「了解。」(M9A1 ガーンズバック『アーマード』に搭乗) -- Mr・H軍:選抜チーム
  • くっ・・・厄介な奴らが来やがったぜ。 -- 亜勝:中原脩
  • (ビルが崩壊し、街の人々も巻き込まれる) -- 場所状況
  • いいかい中原。僕らは亜勝を落としてはならない。でもこの街を絶望させなくてはならない。 -- 亜勝:マッドハッター
  • 了解であります。さぁ、絶望タイムの時間だ・・・
    (道路の支柱にレーザーを撃ちまくる) -- 亜勝:中原脩
  • ファイヤー!(ビルにロケット弾発射) -- F-2A:島田真北
  • (瞬間移動でやって来た)59話記念っちゅーことでやって来たぞー!
    って、ちょwwwとんでもねえことになってんなぁ… -- カカロット(Megamari)
  • チッ・・・なんちゅう荒れようだ・・・ -- ガラガラ
  • …あいつら(島田と中原)敵だったんか~? -- カカロット(Megamari)
  • 輝水「照準ロック・・・ファイヤ!」(ヒューズVGM-A2(M)「ヴァーサイルII」多目的ミサイルで亜勝(中原機)を攻撃)
    ケリニー「そこだ!」(M119A3105mm榴弾砲で亜勝(マッドハッター機)を攻撃)
    セーヴェル「あたれぇ!」(エリコン・コントラヴェスGDC-B 40mmライフルで亜勝(マッドハッター機)を攻撃)
    ケーヴス「バックアップ!」(ボフォースASG96-B 57mm滑腔砲で亜勝(中原機)を攻撃) -- Mr・H軍:選抜隊
  • 「とっておき」を用意してあるから....覚悟しなさい。(改造済みの車に乗ってた、ところでソレはどこで改造したのか) -- エロリア
  • (一回転して回避)・・・しつこいねぇ(セーヴェルにレーザー連射) -- 亜勝:マッドハッター
  • (回避)ちっ・・・(輝水にレーザー連射) -- 亜勝:中原脩
  • あ、そうそう、死の世界からスカウトしてきた兵隊がいるんですけどー。 -- F-2A:島田真北
  • 輝水「くそっ!」(XM18 ワイヤーガンをビルに撃ち込み、巻き取りながら回避)
    セーヴェル「ちっ!」(XM18 ワイヤーガンをビルに撃ち込み、巻き取りながら回避)
    ケリニー「やはりASで航空機の相手はややきついな・・・」
    ケーヴス「ちゃんとしたAAM(対空ミサイル)がありゃ・・・といいたいがないものねだりになっちまうな。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • フン。それはちょうどいい。人手に困ってたところさ。 -- 亜勝:マッドハッター
  • 変・形!!(車を、ジャイロゼッターに変形させた、だからそれはどこで改造したと) -- エロリア
  • ならその場で召喚だ。
    出てこいデイン軍ーーーーーーっ!!! -- F-2A:島田真北
  • (マッドハッターの手によって現世に蘇り、戦車4両、ミサイル車両2両、攻撃ヘリ2機、H-55φ戦闘機4機を引き連れて登場した!) -- デイン帝国軍
  • ケリニー「デモリッションガン展開」(デモリッションガン発射体制へ移行)
    輝水「戦闘ヘリ相手なら・・・こいつで!」(M1108 対戦車ダガー(刀身部分に炸薬を内蔵した投げナイフ。標的に突き刺さると爆発し、目標を内部から破壊する。)をデイン帝国軍の戦闘ヘリの1機のコクピットに投げつける)
    セーヴェル「ちっ、戦車とATM車輌のお出ましか!」
    ケーヴス「戦車は最優先破壊目標だな。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • むしろを買収してつくらせた、究極のオリジナルジャイロゼッター「イブリース」で叩きのめしてあげる! -- (イブリース)エロリア
  • フン。そんなもので何ができるというのさ(エロリアにレーザー連射) -- 亜勝:マッドハッター
  • (49000/50000)フフフ...このジャイロゼッターの性質をわかっていないのね(マッドハッターにレーザー連射を返してきた) -- (イブリース)エロリア
  • ヘリ「(M1108をチェーンガンで撃ち落とす)」


    スタルヒン「フハハハハハ、ハイル・マッドハッター! 我がデイン帝国軍はマッドハッター様によって蘇ったのだ!」 -- デイン帝国軍
  • 何ィ!?(回避行動を取るが、間に合わずカスリヒット!49199/50000) -- 亜勝:マッドハッター
  • 悔しかったら、このジャイロゼッターの性質に気付くことね! -- (イブリース)エロリア
  • スタルヒンっておい、まさか・・・ -- 亜勝:中原脩
  • デイン帝国親衛隊長のフランク・スタルヒン大将だ。
    ナチスでいうヒムラーみたいなやつよ・・・ -- F-2A:島田真北
  • ケリニー「照準、MT54およびMA40!弾種通常榴弾!発射!」(セワード・アーセナル製155ミリ榴弾砲『AGS-3 デモリッションガンⅢ』でMT54とMA40を砲撃)
    輝水「当たれぇ!」(ヒューズVGM-A2(M)「ヴァーサイルII」多目的ミサイルでAH30を攻撃)
    セーヴェル「・・・親衛隊か・・・」
    ケーヴス「まるで最後の大隊<ラストバタリオン>だな。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • なるほど。中々面白いものを持ってきたじゃないか。 -- 亜勝:マッドハッター
  • ...もう気づいたのね、まぁ、気づいたところで!!(マッドハッターにレーザー連射) -- エロリア
  • オラだって面白いもの持ってきたぞ~! -- カカロット(Megamari)
  • MT54「(ミス)」
    MA40「(小破)」
    AH30「(フレア散布)」 -- デイン帝国軍
  • ふっ!(回避) -- 亜勝:マッドハッター
  • ケリニー「誤差修正レフト10、角度-0.5度、照準修正、弾種通常榴弾のまま。第二射、発射!」(セワード・アーセナル製155ミリ榴弾砲『AGS-3 デモリッションガンⅢ』でMT54とMA40を砲撃)
    輝水「ちっ、フレア撒かれたか!・・・こいつで!」(XM18 ワイヤーガンをAH30に撃ち込む)
    ケーヴス「援護する!」(ボフォースASG96-B 57mm滑腔砲でMT54のキャラピラを狙撃)
    セーヴェル「おーけー、行くぞ!」(エリコン・コントラヴェスGDC-B 40mmライフルでMA40を攻撃) -- Mr・H軍:選抜隊
  • MT54「(小破)」
    MA40「(中破)」
    AH30「(チェーンガンで応戦)」 -- デイン帝国軍
  • 中原「おうおうおうおう、つられんなよ!(ケリニーにスマートボム)」
    真北「こっちもだ!(ケーヴスにバルカン砲)」
    H-55φ(A)「(輝水に無誘導爆弾)」
    H-55φ(B)「(せーヴェルに無誘導爆弾)」 -- 龍徳一味
  • ……………
    とりあえずタヒねぇーーー!!!←(マッドハッターに超かめはめ波) -- カカロット(Megamari)
  • 甘いね(回避し)行け。(街破壊で死んだ人を復活させる) -- 亜勝:マッドハッター
  • ケリニー「ぐっ!」(回避不可能(7500/10000)
    ケーヴス「くそっ!」(8500/10000)
    輝水「このぉ!」(撃ちこんだワイヤーガンの紐を引っ張り、AH30を無誘導爆弾にぶつける(7000/10000))
    セーヴェル「ぐっ!こいつ!」(エリコン・コントラヴェスGDC-B 40mmライフルでH-55φ(B)を攻撃(7000/10000)) -- Mr・H軍:選抜隊
  • AH30(A)「(撃墜)」
    H-55φ(B)「(損傷率12%)」
    中原「おう、まだやるか。(ケリニーにレーザーぶっぱ)」
    真北「絶望に染まればいいものを・・・(輝水にバルカン砲)」
    MT54「(カカロットに主砲発射)」 -- 龍徳一味
  • かぁっ、キモチワリィ…やだおめえ!←


    …つーかおめえの目的は(ry って、ちょwww(3999/5900)
    おめえの目的はなんなんだ!(マッドハッターに対して) -- カカロット(Megamari)
  • (飛んできた)....「絶望」は私のものよ。 -- チーナザギ
  • ケリニー「くっ!」(回避)
    輝水「ちっ!・・・高度落してくるのは・・・ナンセンスだ!」(バルカン砲を回避し、M1108 対戦車ダガーをF-2の主翼に投げつける)
    セーヴェル「ついでだ!運動エネルギーミサイルファイヤ!」(レイセオン/ゼネラルエレクトリックK1 「ジャベリン」超高速ミサイル(弾頭に搭載された炸薬の爆発力ではなく、ミサイルそれ自体の持つ運動エネルギーで対象を破壊する運動エネルギーミサイル。同名の対戦車ミサイルとは別物である。)でH-55φ(B)を攻撃)
    ケーヴス「・・・そこだ!」(ボフォースASG96-B 57mm滑腔砲でMT54のキャラピラを狙撃) -- Mr・H軍:選抜隊
  • 馬鹿なキミにもわかりやすく説明しよう。死と生の世界の逆転さ。 -- 亜勝:マッドハッター
  • んなこと、できるわけねぇだろうがッ! -- ガラガラ
  • 輝水「ああ、できるわきゃねーだろ!非常識的な寝言は遺言状にでも書いておけっての!」
    ケリニー「そうだ、できるはずがないだろ!
    セーヴェル「へっ、アメリカンコミックでもそこまでクレイジーな思想のヴィラン(悪役)はいないっての!」
    ケーヴス「そうだな。出来るわけがない。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • おっと、それは上手いことを言ったつもりかい? -- 亜勝:マッドハッター
  • 輝水「ああ、単純にてめぇのやろうとしてることは後ろ指差されて笑われるぐらいおかしいことって言う意味でな!」
    ケリニー「こいつが弱点らしいな・・・ジャミング開始!」(ジャミングウェーブをマッドハッターに浴びせる)
    セーヴェル「んじゃぁまぁ・・・こいつをお見舞いしてやらぁ!」(M1108 対戦車ダガーを亜勝(マッドハッター機)に投げつける)
    ケーヴス「そこだな!落ちろ!」(ボフォースASG96-B 57mm滑腔砲で亜勝(マッドハッター機)の翼を狙撃)
    -- Mr・H軍:選抜隊
  • ちっ!(全弾回避)さぁ、後は任せるよ!(復活させた人間を亜勝の上に乗せる) -- 亜勝:マッドハッター
  • おっと!アンタの相手はアタシよ!(マッドハッターに)
    「(といっても、一人じゃ構成員を正気に戻すのはちょっとアレね)」 -- (イブリース)エロリア
  • (突如として、地面から舞い上がる影がふたつ。)
    (錐揉み回転状にくるくると回りながら昇り、翼を広げた少女。)
    (宙返りながら地面に着地し、居構えた麗人。)
    (スニメグとアミが現れた。) -- 屍姫軍
  • さぁ!楽しもうじゃないか!(亜勝を復活させた人間に任せ逃がす、自身は落下してくる) -- マッドハッター
  • ケリニー「まだまだ!」(周波数を変えて再びジャミングウェーブをマッドハッターに浴びせる)
    輝水「なぁーんかやな予感がするけどなぁ・・・つーかガチでヤバイ予感するんですけど!」
    セーヴェル「ああ、なんかやな予感がする。」
    ケーヴス「ああ。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • (マッドハッターは機械じゃないのでジャミングウェーブの効果がなぁーい!)おや、こうやって地上に降りると随分多いじゃないか。 -- マッドハッター
  • もう一人いるとしたら・・・どうなんだい?(登場) -- HRO
  • この辺からガラガラさんの気配がしたような...(何か来た) -- ライチュウ
  • よぉーっす!電気ネズミィ!・・・といってもちょいとまずいぜ・・・? -- ガラガラ
  • はっ!!(マッドハッターに突っ込む) -- (イブリース)エロリア
  • 輝水「取り合えず・・・なんか来てるんですけどー!ガチでー!」
    セーヴェル「うわぁぁぁ!!屍姫軍だぁぁぁ!!」
    ケリニー「マッドハッター軍だけで(ある意味)手一杯だぞ!・・・まぁ、屍姫軍へ手を出さなきゃいいわけだがな。」
    ケーヴス「とりあえず二人とも落ち着け。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • あ、ガラガラさん!…そう...みたいですね...(辺りを見渡しながら) -- ライチュウ
  • (翼を生やした少女スニメグはマッドハッターを敵視している!)
    (背広風の麗人アミはハンター達を一瞥後、マッドハッター陣を正面に捉えた。…二丁のハンドガンを取り出した。) -- 屍姫軍
  • 輝水「・・・ふう。なんかこっち狙わなそうだな。」
    セーヴェル「ああ。とりあえず屍姫軍がマッドハッター軍をボコしてる間に・・・」
    ケーヴス「俺たちはディン帝国の亡霊を片付けますか。」
    ケリニー「そうだな。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • ガラガラ「とりあえず、あの帽子野郎と翼野郎どっちがやべぇのか・・・」
    HRO「(マッドハッターに照準を絞って・・・ブーストブレードッ!)」
    マッドハッター「ふんっ(HROを弾く)」
    HRO「ぬおっ!(弾かれる)」 -- ナゴミ
  • どっちも危険そうですが...あの翼の子達は帽子屋を敵視している様です! -- ライチュウ
  • (次いで、音も無く地面から屍姫が上り立った。あたりに死の気配が漂う。)
    ………。 -- 屍姫
  • 休戦協定・・・、ちょっと違うか。んじゃ、帽子野郎を一気に叩くのが得策か? -- ガラガラ
  • それが一番でしょうね...。 -- ライチュウ
  • (ちょっと考え込み・・・)…まぁ数ありゃ足りんだろ!(考えることを放棄したー!?) -- ガラガラ
  • ま、まぁ...そうですね! -- ライチュウ
  • ………。生きる者達、生は快適か。
    ………。死ねる者達、生は快適か。
    ………。私は死。お前達に寄り添う者。約束する者。
    世の理を挫く外道が此処に在る。死を剥奪する外道が此処に在る。
    (マッドハッターを指差した) -- 屍姫
  • ?←
    とにかくおめえ悪りい奴だな!(マッドハッターに対して) -- カカロット(Megamari)
  • マッドハッター「何、僕は自分がしたいことをしてるだけさ」
    ガラガラ「覚悟しやがれェェェェ!キチガイ帽子野郎ッ!(ホネブーメラン!)」
    マッドハッター「(キャッチ)大事なモノでも一瞬さ(ホネブーメランを折る)」
    ガラガラ「」 -- ナゴミ
  • ....させないわ、絶望は、私がもらうと言ったはずよ(マッドハッターにライトニング・ザギ) -- チーナザギ
  • とにかく...覚悟!(マッドハッターにかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • チッ!(43000/50000)狂ったお茶会にようこそ。 -- マッドハッター
  • だったらこっちも本気でいかせてもらうぞ(超サイヤ人4に変身)
    10倍かめはめ波ッ!!(マッドハッターに10倍かめはめ波) -- カカロット(Megamari)
  • …って、ガラガラさん!ホネブーメランが!?(今更) -- ライチュウ
  • ガラガラ「ぐおおおぉぉぉぉおおお!」
    HRO「(雷に気をつけないと・・・!、距離を取る)」
    マッドハッター「こっちさ(瞬間移動で回避)」
    HRO「なにぃっ!?(かめはめ波巻き添え、4391/7000)」 -- ナゴミ
  • 許しません...許しませんよ!(マッドハッターにくさむすび) -- ライチュウ
  • ...いきなり何を言い出すのかしら。 -- チーナザギ
  • 輝水「・・・さてと、むこうさんもかなり派手にやってるねぇ」
    セーヴェル「ああ。まぁこっちまで飛び火してこなきゃラクなんだけどな。」
    ケーヴス「飛び火してきたら?」
    セーヴェル「そのときは迎撃して振り払う。」
    ケリニー「ま、そういうところと言うわけか・・・よし、各員、再度フォーメーションをとりつつ、ディン帝国軍部隊を攻撃する。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • ぐあっ!(42100)なんでもない日を祝おうじゃないか。(狂ったお茶会!アミとライチュウに蝶々型のエネルギー弾を放つ) -- マッドハッター
  • 生きる人々。私は警鐘を鳴らす。世の危機を見過ごすか。
    善悪の垣根を取り払い、生の為に動け。私は生の在り方を知らしめる為に来た。
    二生は世に要らない。絶望は与えられるものではない。人は脆くはない。
    (マッドハッターを指差すその人差し指から影線がほどばしる。『ダークレイ』) -- 屍姫
  • くっ!(2600/3000) -- ライチュウ
  • ちぃっ!(38000)ハッ、僕はつまらない時間を過ごすつもりはなくてね。(屍姫にエネルギー弾を放つ) -- マッドハッター
  • 速度が遅いッ!(マッドハッターのエネルギー弾を大型銃ぶっぱで相殺) -- HRO
  • 次ですっ!(マッドハッターに急接近し、アイアンテールを放つ) -- ライチュウ
  • アミ:(横へ飛び込み回避し、両手の拳銃を6発ずつマッドハッターに見舞う)
    スニメグ:(上空へ羽ばたいていく…)
    屍姫:(エネルギー弾を受け、無表情をマッドハッターに向ける。…屍姫の体が地面に沈んでいく!) -- 屍姫軍
  • HRO「とっ(大ジャンプ)って消えたぁ!?」
    マッドハッター「(34991)おやおや、中々やるじゃないか(スニメグにエネルギー弾を放つ)」 -- ナゴミ
  • フンッ!(マッドハッターを踏み潰しに掛かる) -- (イブリース)エロリア
  • おやおや、大人げないねぇ(回避) -- マッドハッター
  • お前が言うなァッ!(マッドハッターにすてみタックル) -- ガラガラ
  • とりゃぁぁぁ!(マッドハッターにアイアンテールの連撃を叩き込む) -- ライチュウ
  • ぐあっ!(容赦なく回避狩りである、30911) -- マッドハッター
  • スニメグ:(被弾、怯んだ!だが立て直し、上空で踏みとどまった。)
    アミ:(静観している…)
    屍姫:(体の全てが地面の下へと沈んでいった。)
    (屍姫は居なくなった。) -- 屍姫軍
  • さらにっ!(オイウチコウゲキ!マッドハッターに蹴り攻撃) -- HRO
  • 行きます!(マッドハッターにくさむすび) -- ライチュウ
  • あ、すまねえ…(HROに対して) -- 超4カカロット(Megamari)
  • ガラガラ「貴様よくもーッ!(マッドハッターにほのおのパンチ!)」
    マッドハッター!「(28533)フン、楽しいじゃないか。(アミにエネルギー弾ぶっぱ)」
    HRO「・・・・(無言で、マッドハッターをロックオンする)」 -- ナゴミ
  • 今だっ!(マッドハッターに殴りかかる) -- 超4カカロット(Megamari)
  • 次は大技を叩きこんでやりますよ!(ボルテッカーの構え) -- ライチュウ
  • 「(気づかれたから、上手く行くとは思えないけど...)」(マッドハッターに「自分を攻撃しろ」と言わんばかりの急接近) -- (イブリース)エロリア
  • マッドハッター「ハァッ!(杖で防ぐ、エロリアには同情せず)」
    AFOX「味方を援護するッ!」 -- ナゴミ
  • 「....(やはりね)」 -- (イブリース)エロリア
  • …行きます!(マッドハッターにボルテッカー) -- ライチュウ
  • マッドハッター「駒ならたくさんいてね(AFOXを盾にする)」
    AFOX「うごぁ!(42918/50000)」 -- ナゴミ
  • くっ...!(2400/3000) -- ライチュウ
  • 狂ったお茶会にようこそ。(狂ったお茶会Lv2!高層ビルにぶっぱしビル破壊) -- マッドハッター
  • 真北「ふんっ(回避)」
    H-55φ(B)「(撃墜)」
    中原「次から次へと邪魔者が現れやがって・・・」 -- 龍徳一味
  • な、なんて事を...! -- ライチュウ
  • とんだクソ野郎だぜ・・・! -- ガラガラ
  • アミ:傷を負いながらもマッドハッターに発砲
    スニメグ:真北の真上上空へ移動する(約20m上) -- 屍姫軍
  • さっきから敵がうじゃうじゃいやがるぜ・・・・
    よし、出てこい!我が艦隊どもよ!
    (すると、海側から戦艦ブラックエンドと巡洋艦ノーバ、駆逐艦アーストロンと駆逐艦ストップゴンが現れた!) -- スタルヒン
  • マッドハッター「ハッ!(ガラガラの頭を掴み、盾に)」
    ガラガラ「貴様ッ!(4612/5000)」 -- ナゴミ
  • 輝水「たとえM1A2と同等でも!」(M1108 対戦車ダガーをMT54に投げつける)
    ケーヴス「一瞬のスキさえ突けば・・・!」(76mm狙撃砲でMA40を狙撃)
    セーヴェル「そこだぁ!」(エリコン・コントラヴェスGDC-B 40mmライフルでH-55φのエンジン部を重点的に攻撃)
    ケリニー「ジャミング開始!」(F-2と中原搭乗の亜勝にジャミングウェーブ照射) -- Mr・H軍:選抜隊
  • .....絶望を、取る。(「絶望」を奪おうとする) -- チーナザギ
  • このっ...!(マッドハッターにかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • マッドハッター「懲りないなぁ(再びガラガラを盾に)」
    ガラガラ「フッ、馬鹿めッ!(避雷針!無効!)」
    マッドハッター「何ッ!?」 -- ナゴミ
  • ふっふっふ...ガラガラさんに電気は効かないんですよっ!(更にかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • 真北「くそっ・・・(攻撃不能)」
    中原「まずい・・・電子機器が・・・」
    H-55φ(A)「(損傷率25%)」
    MA40「(大破)」
    MT54「(履帯損傷! 移動不能!)」


    ブラックエンド「(Mr・H軍に12.7cm砲)」
    ノーバ「(ミサイルでライチュウを攻撃)」 -- 龍徳一味
  • マッドハッター「そんなッ・・・!」
    ガラガラ「フッ・・・知識不足だな!(雷を纏ったすてみタックル!)」
    マッドハッター「ぐあああぁぁぁぁあっ!(20019)」 -- ナゴミ
  • やった!やりましt(ry ぐえぁ!!(1900/3000) -- ライチュウ
  • (42000/50000、Mr・H軍をミガワリボウギョ)....よーし...吸収成功(ブラックエンドに12.7cm砲) -- (イブリース)エロリア
  • スニメグ「お迎えに」
    アミ「上がりました。」
    (スニメグが上空から、アミが地上から、真北に向けて破壊光線を放つ。) -- 屍姫軍
  • !(すぐさま標準を中原に変える) -- HRO
  • 痛たた...。 -- ライチュウ
  • チッ、今度は上空かよ・・・ -- ガラガラ
  • ブラックエンド「(59800/60000)」
    真北「口しつこいやろうだ。(破壊光線を回避)」
    中原「邪魔をするな!(スニメグとアミにレーザー)」 -- 龍徳一味
  • 上空ですか...何とかしてみます! -- ライチュウ
  • まずまず...ね(レーザー乱射) -- (イブリース)エロリア
  • あれか・・・!(中原に大型銃でエネルギー弾(炎)を連射) -- HRO
  • ケリニー「何とかしてあの二人を確保しないとな・・・」
    輝水「どういうことです?」
    ケリニー「なんとなくだ。洗脳されてるならぶん殴るなり電撃浴びせて洗脳をとく。」
    輝水「死んでたら?」
    ケリニー「ドクターミンチという電撃蘇生学の権威の所へ持ち込んで蘇生させる。」
    セーヴェル「・・・その話乗りましたぜ。」
    ケーヴス「俺もだ。」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • 行きますよ!(真北にかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • (ローリングで回避し、HROにスマートボムを放った!) -- 亜勝:中原脩
  • (損傷率96%)くそっ・・・・! -- F-2A:島田真北
  • ぐっ!(3321)あるべき場所に戻れ!中原脩!(大ジャンプし、亜勝(中原)の右翼を切り落としにかかる) -- HRO
  • (スニメグは被弾、吹き飛びアミのもとへ落ちていく)
    (アミは間一髪のところを回避した)
    (アミはスニメグを保護しているようだ。) -- 屍姫軍
  • よし...もう一発です!(真北に続けてかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • くたばりなさい...帽子(マッドハッター) (構え) -- (イブリース)エロリア
  • ぐはっ!(損傷率42%)このやろっ!(一回転してHROにレーザーぶっぱ) -- 亜勝:中原脩
  • (エアダッシュで後退)そんなもの!(中原に大型銃(炎)を連射し、落下) -- HRO
  • (「翼」に「絶望」が蓄えられていく) -- チーナザギ
  • (損傷率54%)くそっ、やかましい野郎だ。消えろ!(再度HROにレーザーぶっぱ) -- 亜勝:中原脩
  • 輝水「いまだ!」(F-2にXM18 ワイヤーガンを撃ち込む)
    ケーヴス「そこだな!」(76mm狙撃砲でスタルヒンを狙撃(オーバーキル))
    セーヴェル「ステンバーイ・・・」
    ケリニー「・・・」 -- Mr・H軍:選抜隊
  • 真北「(墜落)くそったれ・・・!(ベイルアウト!)」
    スタルヒン「(回避)この虫けらどもめ、やれ!」
    (H-55φ3機がそれぞれケーヴス、セーヴェル、ケリニーにバルカン砲を発射) -- 龍徳一味
  • スニメグ「……それでいこう…」
    アミ「………から、私が………」
    (スニメグを背後にし、アミは再び真北に照準を合わせ、破壊光線を撃ち放つ。) -- 屍姫軍
  • やった!やりましたよ! -- ライチュウ
  • くそっ!(着地、13921) -- 島田真北
  • 輝水「ゴォ!」(真北をつかむ為にダッシュ)
    ケリニー「いけぇ!」(7000/10000)
    セーヴェル「いけ!輝水!」(6500/10000)
    ケーヴス「いけぇぇぇぇ!!」(7000/10000) -- Mr・H軍:選抜隊
  • そうはさせるもんですか。(輝水にレーザー連射) -- 亜勝:中原脩
  • 次は...こっちです!(中原にかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • そらそらァ!!(マッドハッターに12.7cm砲) -- (イブリース)エロリア
  • 輝水「ちっ!・・・だが!」(真北をつかむ為にダッシュ(5500/10000))
    ケリニー「この!」(ジャミングウェーブを中原に照射)
    セーヴェル「邪魔だ!」(レイセオン/ゼネラルエレクトリックK1 「ジャベリン」超高速ミサイルでH-55φを攻撃)
    ケーヴス「こいつ!」(76mm狙撃砲でH-55φを狙撃) -- Mr・H軍:選抜隊
  • 真北「つかまってたまるか!(輝水に手裏剣連射)」
    H-55φ(A)「(撃墜)」
    中原「なっ(損傷率80%)」 -- 龍徳一味
  • どうです!私の電撃のお味は!? -- ライチュウ
  • なんとでも言えばいいじゃないか・・・!(回避) -- HRO
  • そんなに急いで何処に行くんだい?(HROに不条理な晩餐会!行動停止付与) -- マッドハッター
  • ....外したか -- (イブリース)エロリア
  • くっ・・・(行動停止) -- HRO
  • …そりゃぁっ!(マッドハッターにかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • だだだだだだだだだ…(マッドハッターに連続で気弾を放つ) -- 超4カカロット(Megamari)
  • ぐあああぁぁぁあああ!(チュドーン) -- マッドハッター
  • た...倒した...? -- ライチュウ
  • 中原「マッドハッター様・・・!」
    真北「くそ・・・貴様らやりやがったな・・・」
    スタルヒン「撃て!撃て!撃ちまくれ!」
    (MT54がライチュウとカカロットに主砲斉射) -- 龍徳一味
  • 帽子「(煙が消える)と思うだろう?(なんとォ!AFOXを盾にしていたァー!)」
    AFOX「うごぁ・・・・(1993)」 -- ナゴミ
  • ちょっとちょっとwww(2059/5900)


    …ですよねー -- 超4カカロット(Megamari)
  • そ...そんな...うぐあぁっ...!(540/3000) -- ライチュウ
  • 貴様ァーッ!(マッドハッターにストーンエッジ!) -- ガラガラ
  • でも時間稼ぎには・・・!(行動停止解除) -- HRO
  • 覚悟しろよ!今度はこっちの攻撃いくからな!(何かを取り出す) -- 超4カカロット(Megamari)
  • 痛い...体中が...。 -- ライチュウ
  • マッドハッター「ハッ!(ガラガラに反射)」
    ガラガラ「何ィ!?(クリティカル!2000)」
    マッドハッター「そろそろお遊びは終わらせようかねぇ。」
    ガラガラ「これ使えッ!(ライチュウにオボンのみをぶん投げる)」 -- ナゴミ
  • 真北「ちょっと借りてくぜ!(デイン兵からライフルとロケットランチャーを借りる)」
    中原「くそ、せめて亜勝だけはキープしてやる!(ベイルアウトし、亜勝を戦闘区域より離脱させる)」 -- 龍徳一味
  • あ、ありがとうございますっ!(オボンのみを受け取り、食べる)(2500/3000) -- ライチュウ
  • …流石は中原。やるじゃないか。 -- マッドハッター
  • スニメグ「…どうする?どれからいく?」
    アミ「…攻撃の要から。お前はHROの態勢に注意しておけ。」
    (アミは大型銃の照準をスタルヒンに定めた。) -- 屍姫軍
  • ...私が居ることを忘れてない?(地面に下りた) -- チーナザギ
  • (瞬間移動でマッドハッターの近くに来る!) -- 超4カカロット(Megamari)
  • …?まぁいいや。行けッ!(鉄板を切り離し、真北に突撃させる) -- HRO
  • 真北「打ち返してやるわ!(銃床で鉄板を打ち返す!)」


    ブラックエンド「(ライチュウに12.7cm砲)」
    ノーバ「(アミとスニメグにミサイル発射)」 -- 龍徳一味
  • フン。(想定内だったのか、動じず) -- マッドハッター
  • 足が速い!?(鉄板を元に戻す) -- HRO
  • 私はこっちです!(回避)…はぁっ!(ブラックエンドにかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • でもこっちから来るのは想定外な筈だぜぇ?(カカロットと反対の位置で、ほのおのパンチ) -- ガラガラ
  • (チャフを発射し、かみなりを吸収) -- ブラックエンド
  • あのよ、ちなあかの生写真あるんだけどちょっと見てみねえか?←
    (マッドハッターに対して) -- 超4バカロット(Megamari)
  • き、吸収された!? -- ライチュウ
  • 輝水「見切った!」(横っ飛びで手裏剣回避)
    セーヴェル「懐にもぐりこんで・・・そらぁ!」(GRAW-2 単分子カッター(AS用のオーソドックスな格闘用武装。刀身部分がチェーンソー状になっており、これによって敵機の装甲などを切断する。)でMT54を斬る)
    ケーヴス「そこだ!」(76mm狙撃砲でスタルヒンを狙撃)
    ケリニー「・・・」(周囲を索敵中) -- Mr・H軍:選抜隊
  • (18911)ぐっ!(イラッ)・・・・・(カカロ、いえバカロットに腹パン)
    -- マッドハッター
  • 真北「スタルヒン、隠れろ!」
    スタルヒン「(回避し、匍匐しながら身を隠す)」
    MT54(C)「(増加装甲が外れただけ)」
    中原「喰らえ!(Mr・H選抜隊にメタルストーム)」 -- 龍徳一味
  • くっ...電撃が使えないとなると...。 -- ライチュウ
  • 何、他のヤツを狙えばいいだろ。 -- ガラガラ
  • アミ「焼けろッ(スタルヒンに破壊光線…miss!)」
    スニメグ「あれがミサイルかー(ミサイルに光の矢を引き放つ。相殺)」 -- 屍姫軍
  • もう一発!(鉄板を2枚切り離し、真北に突撃させる) -- HRO
  • そうですね...(マッドハッターの方を見る) -- ライチュウ
  • (回避)プリプリだよ~?ガチ百合だよ~?← -- 超4バカロット(Megamari)
  • さて(予備の太い骨を出す)テメェはどんな戦い方をするんだ?(ブラックエンドにホネブーメラン) -- ガラガラ
  • 真北「はぁっ!(空手戦法で打ち返す)(13755)」
    ブラックエンド「(CIWSでホネブーメランを撃ち落とす)」
    ノーバ「(アミとスニメグに12.7cm砲連射)」 -- 龍徳一味
  • HRO「またしても・・・それなら!(エアダッシュで真北に接近、そこから剣で斬る)」
    ガラガラ「チッ・・・!(骨を回収)」 -- ナゴミ
  • スニメグ「もう暁光しちゃえばいいんじゃない?」
    アミ「…生者への要らぬ被害は避けろ。あの一味だけを仕留めるんだ。飛べ!!」
    (スニメグがアミを抱え、大空へ飛び立った。) -- 屍姫軍
  • セーヴェル「ちっ!」(被弾しつつ、MT54(C)の砲塔上部にGRAW-2 単分子カッターを突き刺す(6000/10000))
    輝水「このぉ!」(XM18 ワイヤーガンをビルに撃ちこみ、それを巻き取ることで上昇し回避)
    ケーヴス「くっ!」(6500/10000)
    ケリニー「っ!」(回避) -- Mr・H軍:選抜隊
  • 追撃をかけるッ!(大ジャンプし、スニメグに接近) -- AFOX
  • …はぁっ!(マッドハッターにかみなりを放つ) -- ライチュウ
  • はっ!(背後からマッドハッターにライトニング・ザギ) -- チーナザギ
  • アミ「飛び込んで来るか。『黄泉還り』が。(AFOXに光弾弾幕)」
    スニメグ「居たよ!あれだ!(アミを抱えるスニメグが真北らの上空で叫んだ)」 -- 屍姫軍
  • AFOX「うごぁ!(990、落下)」
    マッドハッター「(17000)まだだよ!(HROにレーザーぶっぱ)」
    HRO「ぐっ!(2998、中断)」 -- ナゴミ
  • 真北「てッ!(軍刀でガード)」
    MT54(C)「(車長が戦死した模様)」
    MA40「(アミとスニメグに対空ミサイルを斉射)」 -- 龍徳一味
  • てめぇっ!(ミガワリボウギョ、サポートハマカセロ!(アミとスニメグへの対空ミサイルを受けにくる!)ちっ!(1231) -- HRO
  • まだまだっ!(マッドハッターにアイアンテールを放つ) -- ライチュウ
  • 今だっ!←
    (マッドハッターに10倍かめはめ波) -- 超4クズロット(Megamari)
  • 輝水「この!!」(ビルの壁面に掴ったままAM11 12.7mmチェーンガンで真北や中原、スタルヒンに制圧射撃)
    セーヴェル「こいつで!」(MT54(C)の砲塔上部にM1108 対戦車ダガーを突き刺し、距離をとる)
    ケーヴス「・・・」(照準を合わせている)
    ケリニー「・・・」(索敵警戒) -- Mr・H軍:選抜隊
  • ぬごぉっ・・・(6129)・・・後は任せたよ。ひと段落したらキミ達も逃げたまえ。(逃走開始) -- マッドハッター
  • 深追いは禁物ですね...。 -- ライチュウ
  • こっちも言うほど優勢じゃねぇしな・・・どうにか追い返した感じか。 -- ガラガラ
  • スニメグ「HRO!無理しなくていいのに!」
    アミ「EMPが使えれば、こんな旧式戦車なぞ…。スニメグ、地上に戻れ。」
    (スニメグは旋回を交えながら、アミはMA40に光弾弾幕を降り注ぐ) -- 屍姫軍
  • (超サイヤ人4解除)ふうっ!どうにかなったな! -- カカロット(Megamari)
  • どこへ行こうと言うのでしょう。
    (マッドハッターの前に、屍姫が現れた!) -- 屍姫
  • ふぅっ...(その場に座り込む) -- ライチュウ
  • MA40「(全滅)」


    中原「敵があまりにも多い。そろそろ撤退するか。」
    真北「ああ、スタルヒン、あとはよろしく頼む。」
    (逃走開始) -- 龍徳一味
  • HRO「だいじょぶ、こんぐらい!(マッドハッターに接近)」
    マッドハッター「おや、帰るだけさ。退け。」 -- ナゴミ
  • 輝水「逃がすかぁ!」(真北の足に引っかかるようXM18 ワイヤーガンを撃ち込む)
    セーヴェル「・・・ちっ!不良品つかまされたか・・・?イヤもう一本!」(MT54(C)にM1108 対戦車ダガーを投げつける)
    ケーヴス「・・・ファイヤ!」(76mm狙撃砲でスタルヒンを狙撃)
    ケリニー「くっ・・・」(M119A3105mm榴弾砲でスタルヒンを砲撃) -- Mr・H軍:選抜隊
  • 現世にうぬの留まる場所は無い。
    (マッドハッターに差し向けた掌から三本の鎖が勢いよく伸びる。拘束の鎖!) -- 屍姫
  • ぐあっ!(拘束される) -- マッドハッター
  • !?(マッドハッターの方を見る) -- ライチュウ
  • スニメグ「アミ!ヤツらが逃げていくよ!」
    アミ「……チッ。HROのところに急げ。」 -- 屍姫軍
  • MT54(C)「(完全破壊)」
    スタルヒン「よせっ!(3151)」


    真北「甘いわっ!(軍刀でワイヤーを切断する)」
    中原「邪魔だ。(幻世「ザ・ワールド」! マッドハッター一味以外の時が止まる!)」 -- 龍徳一味
  • HRO「はいだらー!(剣を抜きー・・・)」
    AFOX「とりゃあ!(HROに亜狐襲撃!)」
    HRO「うおっ!(891)」 -- ナゴミ
  • (マッドハッターもろとも鎖を引き寄せ、その首の根を左手で握り締める)
    ………。───、─────。
    (喉から搾り出すかのような声なき音を呟き始めた…!)
    (『掌握の鎖』発動準備段階。) -- 屍姫
  • (あと少しでHROと接触、というところで時を止められた。) -- スニメグとアミ
  • おい、どけやこのゲス女。(屍姫に二丁ライフル) -- 島田真北
  • ひえぇ...!(時が止まった) -- ライチュウ
  • (時間停止) -- 646 Armyと闇のごらく部
  • (時が止まった!) -- Mr・H軍:選抜隊
  • ─────、───。
    (確かに撃たれながらも右手の鎖を引いてマッドハッターを盾とし、詠唱は完了した。)
    …ならば。
    (『掌握の鎖』発動。死を望む者を高確率で配下にする呪言を唱える。) -- 屍姫
  • くそっ・・・・時止めが通じないだと・・・・ -- 中原脩
  • …嗚呼、皮肉な。なんて無情な。
    時なんて止まってしまえばいいと何度願ったことか。
    …時は私を止めてはくれない。私を殺してはくれない。 -- 屍姫「久遠」
  • オラ逃げる奴を追い詰めようとは思わね(ry
    (今更止まった) -- カカロット(Megamari)
  • 何をしたんだい?(なんと効いてなぁーい!?) -- マッドハッター
  • 真北「マッドハッター様をなめるな!(逃走再開)」
    中原「とんだトリックだったぜ。」 -- 龍徳一味
  • そんな小細工なぞ・・・(一度消滅し、鎖の範囲外に登場、逃走再開) -- マッドハッター
  • ………。
    (只々、逃げる様を見つめている。) -- 屍姫
  • また会おうじゃないか。(退場) -- マッドハッター
  • (右手をゆっくりと、高々と挙げた。ドンという衝撃が屍姫の右手を中心に広がり、あたりに急速に響いていく。)
    (…なんと、あたりの時間停止効果が掻き消された!) -- 屍姫「久遠」
  • ....ん -- チーナザギ
  • HRO「あれ・・・(ふらつく)」
    AFOX「トドメ・・・といいたいところだが、お預けにしてやろう。(退場)」 -- ナゴミ
  • ひゃぅっ!? -- ライチュウ
  • ………。 -- 屍姫
  • ....変ね、時間でも止まってたのかしら。 -- (イブリース)エロリア
  • やられた。逃したか。(地面に座りこむ) -- HRO
  • ふえぇ...(その場に座り込む) -- ライチュウ
  • (HROに近寄る二人。)
    スニメグ「無事だね。良かった…」
    アミ「…屍姫…追い詰めなかったのか。」
    -- 屍姫軍
  • んー、ちょっと危なかったかも知れないな。ってそれはいいや。もう例の連中はいないみたいだし、帰らないか? -- HRO
  • じゃあけえるか!(退場) -- カカロット(Megamari)
  • アミ「…先に帰っていてくれ。」
    スニメグ「はいさ。ほんじゃ!(地面へと沈んでいく)」 -- 屍姫軍
  • じゃ、俺も失礼するよ。(同じく地面へと沈んでいく) -- HRO
  • 私も...帰りましょうかね...(フラフラになりながら退場) -- ライチュウ
  • ………。 -- 屍姫
  • ...絶望は手に入ったし、深追いする理由はないわ(撤収) -- チーナザギ
  • 何もすることがなくなったし、一旦基地に戻ろーかしらね...もう破壊されたけど(撤収) -- (イブリース)エロリア
  • 欲望蠢く廃墟にようこそ。 -- 屍姫
  • …おい。 -- アミ
  • あれは何だ。あれは一体何だと言うのだ?
    よしんば黄泉還らせたとして、なにゆえに破壊と絶望を振り撒く?
    思想拘束による統一新世界か?極端天下のディストピアか?
    なにゆえに世の理に抗う?己を神だとでも言いたいのか? -- 屍姫
  • …屍姫。 -- アミ
  • …そうだ。私は屍姫だ。奴こそは赦さない。
    生は来たるべくして死ぬ。…次は解らぬとは言わせない。
    (屍姫の体は地面に沈んでいった。) -- 屍姫「久遠」
  • ………。
    (アミもまた、同じくして沈んでいった。)
    (屍姫軍は消えた。) -- 屍姫軍
名前:
コメント:

キャラ補足って美味しい?(美味しくありません)
  • ☆魔法の玉
    どんなモノやキャラに変化させることができる不思議な玉。
    魔力が尽きるまで有効 -- 龍徳一味
  • ☆魔法の玉について補足
    魔法の玉には「コスト」があり、1個につき100ポイントが付与されている。
    召喚させるごとコストは消費し、コストが0になると玉は消滅する。
    ちなみに各アイテムやキャラクターの召喚コストは以下のとおりである。
    ・剣:2ポイント
    ・スライム:2ポイント
    ・ライフル:5ポイント
    ・戦闘力5のおっさん:5ポイント
    ・超強力磁石:8ポイント
    ・煙幕:10ポイント
    ・機関銃:12ポイント
    ・オートバイ:15ポイント
    ・爆弾:20ポイント
    ・バトロイファイター(一部を除く):ひらお式得点分のポイント -- 龍徳一味
  • イブリース
    むしろを買収してつくらせた、オリジナルジャイロゼッター。
    自分の受けた「刺激」に反応し、その「刺激」を返す。
    「一方をコピーしている間はもう一方はコピー出来ない」という事はない、が、致命的な弱点を抱えている(ヒントは「攻撃」ではなく「刺激」とかかれている事) -- 646
  • ☆MT54
    デイン帝国軍の第三世代主力戦車。
    M1A2と同等の戦力を有する。
    ☆MA40
    デイン帝国軍の地対空ミサイル車両。
    中射程の
    ☆AH30
    デイン帝国軍の攻撃ヘリコプター。
    Ka-52を模して作られ、AH-64D以上の性能をもつ。
    ☆H-55φ
    デイン帝国軍の戦闘攻撃機
    F-15Eをも遥かに凌駕する運動性能と武装搭載能力をもつ。 -- 龍徳一味
  • カカロット(Megamari)
    おなじみカカロット。今回は59(悟空)話ということでやって来た。← -- 快斗軍
  • ☆フランク・スタルヒン
    デイン帝国親衛隊長。
    親衛隊を組織し、アシュナードの強権政治を支え
    開戦後は日本制圧の立役者になるなどしたが、
    戦局が悪化すると、アシュナードとの関係が悪化。
    最後は徴兵しようとしたところを市民の反発にあい、殺害された。 -- 龍徳一味
名前:
コメント:

-