※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 : 大阪府 炊田市

■性別
無性

■所属陣営
西

■攻撃力(ステータスの合計は16、スズハラ機関は2...

■体力

■体術

■知性

■FS

■FS名
市民の安全

■特殊能力
『空中浮遊要塞都市』

炊田市は空中浮遊要塞都市である。
常に地面から5m程の高さを浮遊し
「炊田様の像」から太陽エネルギーを凝縮した熱光線を発射し
(熱光線の威力は炊田市の攻撃力に依存する)
「ライジングサン・ファクトリー」からは大量のアルコール飲料をブチ撒ける。

都市の底面にある球体は浮遊力の制御装置のコアであり
炊田市の弱点部であり、ロケットやミサイルの一発でもここに当たれば
炊田市は壊滅的なダメージを受ける事になる。
本来は電磁バリア装置によって防御されているはずなのだが
酔っ払った炊田市長小林川一二郎がバリア装置の
コントロール装置に酒をこぼして壊してしまい完全に無防備な状態である。

操縦者が全員死亡しても
要塞のAIが自動的に関東制圧の任務を続行する

■キャラクター説明
大阪府 炊田市(おおさかふ すいたし)

市長である小林川一二郎によって密かに
空中浮遊要塞都市に改造されいた大阪北部の市。

しかし、市全てを空中浮遊要塞都市に改造する為には
浮遊力制御装置の出力が足りず、実際のところ浮遊要塞都市化したのは
炊田市の中心街といえる柄逆町(えさかちょう)周辺から旭町(あさひまち)周辺のエリアのみで
面積にすると6キロ平方メートル程度であり、炊田市全体の面積と比べると
五分の一程の大きさしかない。

また、浮遊力の暴走を防ぐために、浮遊する高度は
最下部が地面から5m程離れる程度にまで限られている。

底面中央には直径40m程の球状の紫色に光る謎の物体が半分露出しており
そこを中心に囲うように8つの掘削ドリルがついている。
この掘削ドリルは関東を制圧後に地面に穴をあけ炊田市を固定させ
土地を乗っ取る為の物である。

  • 炊田市の重要施設
【ライジングサン・ファクトリー】
旭町に存在し、日夜「人々を堕落させる黄金色の液体」を作り続ける恐ろしき工場。
更に小林川市長はこの液体を地上の人間に浴びせる為の噴射装置を作らせ設置し
それによって関東の人間達を堕落させた上で洗脳し支配する事を目論んでいる。
ちなみに小林川市長はこの液体が大好きで
職務中でもガブガブ浴びるように呑んでいる

【真日本企画】
柄逆町に本社を構える娯楽用電子機器及びソフトウェアの開発メーカー。
柄逆町には真日本企画が経営する3つの娯楽施設が存在しており(そう、今も存在しているのだ)
真日本企画によって作られた退廃的娯楽用電子機器は多くの若者達に影響を与え
柄逆町周辺は現実と空想に区別がつかなくなり成人後も学ランを着た放火魔や
髪を逆立てスタンガンを持ち歩く者や上半身裸の露出狂で溢れかえっている。

小林川市長は関東制圧後に関東人達をこれらの娯楽施設にぶち込み
脳を退化させ洗脳する計画を企てている。

【クリオ・ド・炊田】
炊田市を一望できる高層建築物
その殆どはただのマンションだが
最上階は空中浮遊要塞都市炊田の艦橋になっており
小林川市長もここで空中浮遊要塞都市炊田の操縦を指揮している。
そして操縦者等の乗組員達は全員泥酔している。

【大博記念公園】
1970年に行われた大阪万国博覧会の跡地を再利用した公園
後述する「エスペラントランド」や「炊田様の像」がある
元々は空中浮遊要塞都市部分とは離れた炊田市北部にある公園なのだが
一度この公園を先に浮遊させる事により
空中浮遊要塞都市へと無理矢理移転させる事に成功した。

【炊田様の像(たきたさまのぞう)】
大博記念公園内にある、この地方に伝わる土地神を
モチーフにした爆発的で有名な凄いモニュメント
その正体は実は太陽光エネルギーを利用した熱光線発射砲である
市の名前である「炊田」はこの土地神が由来だが
市の名前の読みが「すいた」なのに対して
こちらは「たきた」と読む。

詳しくは『炊田の言い伝え』の項を参照。

【エスペラントランド】
大博記念公園内にある遊園地。
大博記念公園と一緒にまとめて移転されただけであり
あまり戦略上の意味は無い。
2007年に市長である小林川 一二郎によって
全ての絶叫マシーンを「安全性に問題がある危険な物」として
撤去させられたが、実のところ市長が個人的に
絶叫マシーンを心から憎んでいて、排除しようとして
イチャモン付けて強引に撤去させただけである。

炊田市全体と空中浮遊要塞都市炊田市の比較
紫の部分が空中浮遊要塞都市
tp://0006.x0.to/oo/gif/suita.png

空中浮遊要塞都市の施設の大まかな位置関係
tp://0006.x0.to/oo/gif/suita02.png

  • 炊田市長、小林川 一二郎(こばやしがわ かずじろう)
摂急グループの創業者である小林川 十三(こばやしがわ じゅうぞう)の孫。
2004年の関西滅亡以来、関東人を憎むようになり
関東を滅ぼす事を決意し摂急グループの力を借り市長となった。
また、関西滅亡の主犯であるコバヤシと自分達の苗字が
似ている事に対しても強い憤りを感じており全ての
小林性の人間も滅ぼそうと考えている。

絶叫マシーンが大嫌いで関東制圧の暁には当然ながら
夢の国の絶叫マシーンも全て破壊し撤去するつもりだ!

ほぼ常に泥酔している。