※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 : ムキムキドラゴン

■性別
無性

■所属陣営
スズハラ機関

■攻撃力(ステータスの合計は16、スズハラ機関は2...
7(スズハラ機関陣営のみ)

■体力
7(スズハラ機関陣営のみ)

■体術

■知性

■FS

■FS名
3次元世界への変換率

■特殊能力
『されど咎人は竜と踊る Wish to Ash』

口からとてつもない破壊力の光線を放つ能力。
半直線上のマスにある生物以外のオブジェクトを全て例外なく破壊する。
この攻撃で生物を破壊することは出来ないが、この攻撃で破壊されたオブジェクトの破片等にあたる、崩壊する建物に巻き込まれるなどして怪我を負ったり死亡することはある。
有効射程距離は事実上無限大である。

■キャラクター説明
3次元世界では全長25メートル、体長20メートル、翼開長25メートルの巨大な長命竜として存在する。
見た目こそ竜を象っているものの、その実態は概念生命体(notion being)もしくは情報生命体(information being)と呼ばれる存在である。

情報生命体としての名前はムキ=ムキ。3次元空間では好んで竜の姿をしているため、「ムキムキドラゴン」と名乗っている。
必要と有らば通常の人間と同じ姿になることも可能である。
一人称は「私」で人間時の姿はスーツ姿の紳士。

TIPS
【情報生命体】
彼ら(便宜上そう呼ぶ)情報生命体は我々の住む世界より一つ高い次元(dimension)の4次元に生息しており、その情報量は3次元に生息する生物の2~3万倍あるとされる。
ゆえに、彼らが3次元空間に出現する際は情報の圧縮を行わねばならず、3次元空間では4次元空間に比べて行動が大幅に制限される。
人型の情報生命体であれば、普通の人間が少し練習すれば出来る程度のこと(鉛筆の持ち方、箸やナイフ&フォークの使い方など)ならそれなりにこなせるが、ある程度の専門性を必要とする行動はほとんどできなくなる。
そのため、できるだけ巨体の生物として顕在することが多い。

情報生命体は有機物を栄養として摂取する必要がない。
存在が情報であり、精神であるため、4次元世界にいる場合、自我を失わなければいつまでも生存し得る。
ただし、存在を3次元に翻変換した場合、通常の生物のように外因によって死亡することがある。

情報生命体は4次元以下の生物を情報化することでその精神を共存させることが可能であり、我々の言語で表現するなら「胸の中で生きる」という状態である。
3次元世界に住む我々のそれとは違い、より鮮明で確実性の高いものである。
もし3次元空間に住む我々を情報生命体が摂取すれば、摂取されたものは情報生命体の一部として運命を共にする、すなわち自我を保ったまま永遠に生き続けることになる。

情報生命体の正体は不明だが、「魔人能力そのもの」という説が有力とされている。
4次元空間に住む生物が3次元空間に顕現可能となっている理由が、魔人能力を媒体かつ触媒にしているためだとされており、常に魔人能力とともにある存在であるために、魔人能力を使うことができる存在なのである。
(レポートはここで途切れている)