※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 : 二大神掌子(ニタガミ ショウコ)

■性別
女性

■所属陣営

■所持品(ひとつにつきステータス2点消費)
なし

■攻撃力(ステータスの合計は16、スズハラ機関は2...

■体力

■体術

■知性

■FS

■FS名
敏捷

■特殊能力
『Handful of Nothing』

《第三の手》(サードハンド)の手のひらにあるブラックホールのような暗黒球で、
触れた対象を削り取る能力。
力は必要なく、どんな物体でも削り取れる。キャラクターや生物にヒットすると即死。
対象に決めた人や物が5m程度の距離まで近づくと、この暗黒球の吸引力に引っ張られる。
(建造物や強く固定された物体は動かない。生物や非固定の物体だと引き寄せられる)

  • 投げナイフや銃弾、刀剣の刺突攻撃などの防御にも応用可能。(もちろん暗黒球で受けた物体は消滅する)
  • この腕は背中(両肩の間)から生えており、赤褐色で自分の腕の倍くらいの大きさ。日常生活ではリュックサックの中にしまっている。サードハンドの手は普段握り拳になっているが、これを開くと暗黒球が自動的に発現する。
  • 自分自身(身に付けているもの等も含む)は暗黒球や吸引力の影響を受けない。

■キャラクター説明
ライトブラウンのロングヘアにニット帽をかぶり、リュックサックを背負っている。
大学生。バックパッカー。いつもフーセンガムを膨らませている。
旅はいつも前準備なし、思い立ったら即出発という行き当たりばったりスタイルで、
家に代々伝わる篳篥(ひちりき)の腕を生かし、旅先で路銀を調達する。
持ち前の健脚で、交通機関は使わずどこへでも徒歩で旅するのがこだわり。
大雑把で思い切りのいい性格をしており、誰とでもすぐに打ち解ける。
二中神という魔人一族の分家に属する『遺伝者』であり、
遺伝形質は《第三の手》(サードハンド)。