※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 : “感染拡大(パンデミック)”のマーゴー

■性別
男性

■所属陣営
西

■所持品(ひとつにつきステータス2点消費)
無し

■攻撃力(ステータスの合計は16、スズハラ機関は2...

■体力

■体術

■知性

■FS

■FS名
洞察力

■特殊能力
「納豆・オブ・ザ・デッド」

半径数kmに存在する納豆をゾンビウィルス「NATOO」に汚染された未知物質に変貌させる。
これを食べた者は即座にゾンビ化し人を襲う、噛まれれば当然感染が拡大する。
またこの未知物質は非常に食欲をそそる強烈な芳香を漂わせる為、意志の弱い者は食べずにいられなくなるのだ。(精神攻撃)
あと見た目は普通に美味しそうな納豆なので気づかずに食べる人もいるだろう。
感染拡大が加速すればその区域がバイオハザード状態になるのは容易に想像できよう。
死亡非解除。
効果時間は永続。
ちなみに関西人や外国人は納豆を食糧と認識できない為、納豆を食べることはない。

能力原理
納豆の概念を変換する能力。
大豆は畑のお肉である。腐った肉は腐肉である。腐肉を喰らう者は人ではない。
の三段論法で現実を侵食する。
さらにこの腐肉には特殊な菌が培養されているのだ。
これは異常だ、普通ではない!!
そんなウィルスはきっと人から人へも感染するに違いない!!
謎のバイオウィルス「NATTOウィルス」は人を納豆ゾンビへと変えるのだ。
納豆ゾンビは糸を引いているぞ。

■キャラクター説明
関西園芸農大の若き天才教授。
数々の園芸革新や農学研究で荒廃した関西の食糧事情の改善に勤めてきた。
未来から来たと自称する男であり、「未来の関東はもうオシマイだ」と予言している。
妄想と狂気を人に説くが本人は至って冷静。
自分の望む未来へ関東をテラフォーミング化しようと企む。
白衣に身を包んだ研究者風の学者である。