お正月小話

348. ◆1Pf/z5mQfA 2013/01/01(火) 18:25:26.32 ID:fEAVOrmLo
>>346  選択:1

















【言峰家のお正月】


貴女は、欠伸をしながら天蓋に近い窓に身体を預けている

行われているのは聖母マリアの祝日によるミサだ

今、貴女の父である綺礼が粛々と一年の始まりを台無しにしている


―――まぁ、そんなパパが大好きなんだけど♪


早くこんなつまらない、ミサは終わってほしい

すでに、料理は整えている

あとは、これが終わるだけなのだ


―――カレンちゃんと姫はじめー♪


新年が明けても変わらない貴女であった


次の新年会を選択してください
1.衛宮家
2.間桐家
3.他の誰か
↓3
349. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 18:27:53.41 ID:ed5fbBbAO
お正月スペシャルktkr
1
350. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 18:31:07.30 ID:uQS8LfkHo

351. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 18:31:10.54 ID:thJF+g/Fo
1
352. ◆1Pf/z5mQfA 2013/01/01(火) 18:45:25.27 ID:fEAVOrmLo
>>351  選択

今日の衛宮家は大忙しだ

子供1「シローの兄ちゃん早くー!」
大河「士郎ー早くー!」

子供2「お腹すいたよー…」
イリヤ「おなかすいたー!」

子供3「ご飯まだー!」
セイバー「ご飯はまだですか、シロウ」

子供たちに混じって何故だろうか、大人3人が負けないくらいに喧しい

しかし、今日は料理を作っても作っても終わらない

何せ、あの人が帰ってくるのだ

数えきれない子供と一緒に

たくさんのお土産話を持って

キャスター「味付けは如何ですか、お義母様?」

アイリ「うーん、もっとパンチが欲しいわねー」
子供4「私も味見したいー!」

アイリ「これも入れちゃいましょ♪」
舞弥「マ…マダム!それはいけま…」

しまった!見てない内にアイリさんが何かをやらかした!?
爺さん!アンタの嫁だろ!なんとかしろ!
それに舞弥さんは身重なんだから、あんまり動いちゃダメだ!!

切嗣「いやーイリヤをはじめ、娘たちの振袖は可愛いなー」
切嗣「お父さん、娘達との初詣は鼻が高かったよ」

舞弥「もう、安定期ですから、問題ありません」

ダメだ…この爺さん…早く何とかしないと

そして、玄関先からチャイムが鳴る

今日は、衛宮家の新年会と二つの特別な日

衛宮切嗣の弟とその子供が帰ってくる日

そして、彼と舞弥の探し物だった一人の家族が帰ってくる日

それは、衛宮士郎にとって叔父と弟と従兄弟が帰ってくる日である

―――ただいまー

久しぶりに聞いた叔父の声に士郎は出迎える
士郎にとって叔父は、父に勝るとも劣らない正義の味方

彼の両隣は、二人の対照的な少年

1人は、イリヤより背は高いが士郎より10cmも低い少年
そして、もう1人は…どことなく舞弥と同じ顔持ちの少年

「さぁ、二人とも帰ったらまずは挨拶だ」

そして、二人は照れくさそうに挨拶をする

―――ただいま

そして


―――あけまして、おめでとうございます


次の新年会を選択してください
1.間桐家
2.他の誰か
↓3
353. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 18:46:43.34 ID:VYHxh/B80

354. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 18:48:46.20 ID:ed5fbBbAO
1
355. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/01(火) 18:50:36.72 ID:thJF+g/Fo
1
357. ◆1Pf/z5mQfA 2013/01/01(火) 19:04:19.78 ID:fEAVOrmLo
>>355  選択:1


桜「これで大丈夫ですか、お姉様?」

桜の味付けを確かめる貴女

相変わらず、桜の料理は美味しい

もう、自分を優に越しているだろう

そう言って貴女は桜の頭を撫でる

料理は出来た

日本に根を降ろして10年近く経つが

未だに、日本の料理は難しい

すでに、お酒も御節も用意している

忌々しい日光ではあるが…

家族と初日の出を迎えられるのなら

それはそれで良いのかもしれない

慎二「全く、子供じゃないんだし」

慎二「毎年、毎年家族で過ごさなくてもいいんじゃないの?」

慎二の意見に貴女は笑う

いいじゃない、大好きな家族といるくらい

これは当主命令よ

ガウェイン「シンジもあぁ言ってますが、内心はまた別のことを想っているでしょう」

あら、そうかしら?

貴女はくすりと笑いながら、木製の棺をコンコンと叩く


―――起きなさい、雁夜

―――今日くらい、日の光は根性でなんとかなさい


それぞれのお正月  おわり


では、本編に入ります
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。