傭兵貴女inプリヤ

554. ◆1L03mUOnkY 2013/12/21(土) 23:50:14.10 ID:alQo2coKo

―――小ネタ


キャスターのクラスカードをインストールしたイリヤ

しかし、ミョニルトンの前に、粉砕される

ベアトリス「壊れちまいな!!」

雷神の巨鎚がイリヤを潰さんとする


―――悪いが、マショーリカ

―――ソイツは頂けねぇ


1500メートル直上から、バレットライフルが火を放つ

12センチの徹甲弾が秒速850メートルで降り注ぐ

ベアトリス「チィ!邪魔すんじゃねぇ!!!」

空に向かって叫ぶベアトリス

しかし、既にそこには誰もいない

そこには、赤い髪の少女がイリヤを抱き上げていた

ベアトリス「テメェ…何者だ」

赤髪の少女は、緑色の外套を羽織って答える

―――遠いところから何もさせないでキチッと殺す、リアリストさ

―――ついでに、手癖も悪いけどね

そうして、『顔の無い王』はその名を示すが如く姿を完全に消した


貴女はイリヤを抱えて空を飛ぶ

―――ワリぃな美遊…もう少し待ってろ

アーチャーのクラスカードを夢幻召喚する紅色の魔法少女

貴女はとても似合わない…後輩の為の人助けをすることになった


プリズマ☆イリヤドライをよろしくね!


748. ◆1L03mUOnkY 2013/12/23(月) 20:49:33.16 ID:40M6g7jPo

―――満月を描くのは明日だろうか

そんなことを思いながら、アタシはさっき買ってきたオオバンヤキっていう
ホットパイを袋から取り出して齧ってみる

厚みのある生地を千切ると中から甘いカスタードクリームが流れてきた

アタシは顔を顰める

腹の足しになるかと思って買ったが、こんな甘いものだとは思わなかった

甘いのは苦手だ、舌を”甘味”が感知して脳内を刺激する

その刺激が、アタシにはどうしても不愉快で仕方ない

甘いっていうのを人は幸せに感じるって言うなら

アタシは幸せの味は大嫌いだ

アタシは視線も機嫌も斜め下へと向かっている
…正確に言えば、視線はアタシが乗ってる街灯の下だ

「まさか…こんなところで会うとはね」

アタシは、耳元で聞こえる『観測手』の声に耳を傾ける

さっきまで、口に咥えてはしたない…だの好き勝手言ってたもんだから
標的が街灯の下に向いてくれたのは感謝する

アタシの右肩にはデッカイ『猟銃』が、
左手には野暮ったい”タレ”目から拝借した外套を背中に廻している

アタシの視線の下では、
ヒラヒラしたピンクのコスプレ少女がステッキ片手に飛び跳ねて
これまた露出狂一歩手前の黒マントの少女が刃物を振り回す
あと、地面でぶっ倒れている紫レオタードの少女は何なのだろうか

「おいガーネット…アイツら全部、お前の愉快な仲間たちかよ」

アタシはげんなりしながら、『観測手』のガーネットに呟いた

「あら、やっと仲間が出来たじゃない、あの黒い子は知らないけど」

アタシの髪留めになってるガーネットが笑ったように言葉を返した

最悪だ、あんな他人に見られたら、自殺モノトップスリーが一堂に返してやがる

「多分、あれルビーとサファイアね…ようやく見つけたわよ…ルビー」

なにやら、アタシの機嫌の悪さと別方向にガーネットも機嫌を悪くしている

「丁度いいじゃねぇか、ガーネット」

一発ハデにブチかます、運がよけりゃ、”3匹”身体がぶっ飛ぶぞ

「良い趣味じゃないわね…でも、奇襲なら悪くないわ」

アタシは、猟銃の…バレッタライフル前に出して、
一番ムカつくチキチータ(お嬢ちゃん)に狙いを合せる

あの三人の中で一番殺気が薄い奴…皆無に等しいあの”シロ”

ソイツがアタシの神経を逆撫でする

此処は、お嬢ちゃんみたいなドリーマー(夢想家)が遊ぶとこじゃない

アタシの戦場を…侮辱すんじゃねぇ…!

赤みが掛かった地毛が一瞬にして真紅に染まる

アタシはありったけの殺意を指に掛けて、冷たい引鉄を降ろした


すまん…ここまでしか妄想できなかった


.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。