恐竜先輩inビーチ

919. ◆1L03mUOnkY 2013/08/25(日) 13:38:26.61 ID:5Yp18ksJo
個人的に、獣耳のナイスガイはうたわれのゲンジマル


1.クイックロード消費
2.お祭り企画先駆け
3.貴方達のみてみたいシチュエーション
4.自由安価


さぁ、なにがしたい
923. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 13:42:03.74 ID:zPGa2rMt0
3の恐竜先輩のその後
924. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 13:43:46.41 ID:2T6f27lG0
3もしもマッド先生がCCCの主人公だったら
928. ◆1L03mUOnkY 2013/08/25(日) 13:47:44.27 ID:5Yp18ksJo
選択:3




おk  考えておきます


955. ◆1L03mUOnkY 2013/08/25(日) 18:38:47.42 ID:5Yp18ksJo

恐竜先輩その後


あれから、数か月、貴女は『セイバー』と共に海に行ってみた

「私が持っている海のイメージは、迫りくる侵略者ですからね…」

そんな言葉を『セイバー』から聞いた貴方は、
近場の海浜へと遊びに行くことにした

「聖杯戦争の時に出来なかったことをたくさんしよう」

そんな、貴男の言葉に、『セイバー』は微笑んでくれた

『セイバー』の夏休みと海開きに合せるように調整して
クーラーボックスには、作っても足らないほどの弁当と、飲み物を持って

そうして、貴方は海へと訪れた


―――二人では、なく…


住人1「わー!海だよブッタァ!熱い!砂浜が熱い!」

住人2「もうイエス!そんなにはしゃいだら危ないよ」

住人3「偶然ですね、私も今日はここでアルバイトなのです」


何故か、同じ時間、同じ場所に此処にいるアパートの住人達
貴方は落胆の余り、肩を落とす

―――『セイバー』と二人っきりが良かったのに

そんな貴女の言葉に、『セイバー』は貴方を唇を指で塞ぐ

―――まだまだ、機会はたくさんあります

―――それに、私は、貴方となら何処だって楽しくいられるでしょう

その言葉に、貴方は顔を赤くする

赤くした理由は、『セイバー』の黒い水着がよく似合ってるから…だけじゃない

貴方は、『セイバー』の手を掴んで熱い砂浜を走る

だったら、自分がするべきことは唯一つ

『セイバー』が海を好きになってくれるまで、遊び尽くすことだ


貴方と『セイバー』は陽が落ちるまで、海を堪能した



恐竜先輩AS『大好きな人となら何処へでも』

誰か深入り珈琲持って来い!!

957. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 18:40:38.78 ID:XqaR5qV70
あの二人マジで入居したのか……
958. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 18:42:37.53 ID:7pH371gXo
原始的砂糖でコーヒーがジャリジャリしやがる
959. VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 18:48:03.14 ID:CM1HFW8AO
てかバゼットさんも居るぞ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。