あなたの子供が聖杯戦争

    幾つもの願いがあった

    鬼と蔑まれながら只々夢を見た

   ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{
  /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \
      ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
        ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
   // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、

   自身の呪縛を呪い救われた

           |:.:i:.:.:.!:.|乂ソヽ:.; ハ|j 乂り ヽ:.:.:.:.i|:.:i|:..:./:.:’
           |:.:7:.:.|、|!   ,       /:.:.: 7.|::.:.: /:.:.:.:.’
           |: ,:.:.:.| ∧        ノ:.:.:.:.:.`´:.: /:.:.:.:j:.:.|
           |:.|:.:.: |:.:.:.:. 、  、_ァ    ./:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:./:.: |
           |:.|:.:.: |:.:.:.:.:.:.` .、  ィ/: /:.::7:.:/:.:.:.:.:イ|:.:.:|
           |:.|:.:.: |:.:.:.∠⌒:.:___」  ,: /:.:.:.i/:.:.:.:./: !|:.:.:|

   人の歩みを奉ずる為に世界を狂わせた

               V   /`´ノ  ヽ ト `ー- '´     { frj.ノ|      |
                / / / / ヽ_j         i    ̄ /|     !
               /レ´  /    i  ヽ.        '   /ノ|     |
              /     /  i ; : | 丶.   ‐=-    /;.:.:|     |
             i /  / /   / : ;.r」_  \   ,. '´;: : i:./     i
             |/| /   /  / |;:;|;:`T;¬‐,T´」 ; : :. ;. i/     /

   神ではなく人の祈りに剣をとった

         }    ´ ̄ ///    / ″ ′イ--'′ / / {   \     ゚。
         〈___,     /イ/   ,_∥ ィ´:      { ./  }:.、   `¨¨  ー‐ 、
           〈       ′  ./ ∥ : |: :         {/ }  }:入    ー― ..,, \
          }      /   / .∥, : :!:..:    |   |  {:.  :{ ` ー―…¬''⌒ヽ
           、________ ::/   / / ∨ }     |   |  {: : . \
            |: : |:/   / /   ∨    │   、 \ー‐ \

   真理を知る為に世界に挑んだ

      ノ/ リ:.:.:ヽ: : 圦`     丶           |//:.:.:.:|:.:.:}: : :.|:.:.:.:..: : : : : :}
         /:.:.:.八\!:∧                イ: l.:.:.:.:|:.:/: : : :|:.:.:.l:.:.: : : : /
.        /:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.l:.丶      r_、     /l:.:.:l:.:.:.:.l:/: : : : :!:.:.:.!:.:.: : :./
       〈:.:.:.:.:./:.:.:.:V:.从:.:.:\    ‐      /  .|:.:.:l:.:.:.:/: : : : : :|:.:.:.l:.:: : :/
        V:.:/:.:.:.:.:.:}/: : : :.:.:.:.>         イ    !7ー/: : : : : : :八:.:l: : :∧
         ∨/:.:.:.:./: : : : : : :.:.i斗=≧r ´     //: :: : : : : : :/:.:.:〉': : :l: :.\

   家族の為に生け贄になった

  V     \ ヘⅥ 、     VヘVヘ               丶   |   |V |
   V ヽ     \゙\_l\    Vヘ Ⅵ           r‐ _ イ   l|   / Ⅵ
   l  |      > 、  ヽ   Ⅳヘ `l  t.._         '´ | |  ||   ,′ リ
   l  |     l {   ヽ  V  | ヽヘ      ̄ ̄` ー‐-‐ ,| |  ||  {
.  丿 |    Vヘ    l   V | `\       -一  /l /|  | \ハ
一 ´  /     Ⅳヘ   ヽ  V |                ' l'/|  |  `\

   偽りの地獄の底で本物の愛を知った

                      r=ハ   / .レ'".ハ/ ___Y":::::::::::::::::::::::::|   ))
       /`ア=t=―、___     /}  V ./     ./,,ィ":::::::::::::::::::::::::::::___ノ-二イ
     r-'-'"   i /   )   ./:::|   .Vヘ    / `ア:::::::::::::::::rニ二_...>'" /
     //     レ'"r--y'"   /::::/,..    ∧   〈 /::::::::::::::;;イ/       /
   fア     /  .{,/>   ./ヲ"/⌒Y,イ:::::廴___,У::::::::>'"/イ      .∧
   f/      /   (,イ    ム'./  /_,ハ:::::::::::::::>'"´::::://       ./ |


   その身に持つ力は、 親しき者の為に
   父の為に、兄弟の為に、人類の為に
   祈りの為に、求道の為に、家族の為に、愛しき者の為に

   彼らの願いは引き継がれた
   その思いは語り継がれた
   祝福と共に招かれた子供達よ
   夢と理想が紡いだ果てを見せるといい

                    ,∥{: ∥: :∥j: : :{:/ .: :∥           /    /i'"'''==ヽ
                   /ミヾ:j: リj: :∥:j : : {! :  j|    、_            /;ノ  ,=ノ  |`=!
                    /ニニ>、: ∥;イ: : : ヽ: ; |!    ヾミ‐- 、      /;'ヘ.ノ:リ !  |´ |
                     /ニニニニニ≧ュ〔: : : : : . | |       、 `′   /´ ;  ヽ、ヤ.  ヽ {
                  /ニニニニニニニニ>-、: | !\          ,ィ〈  _,ィヽ、   `ヽ ヽヽ
                /ニニニニニニニニ/ ,ィ }: } !.  \      .< /:ヽ-┴‐---ゝ   j ∥,'

    さあ、聖杯戦争を続けよう

対応世代(通称) レベル サーヴァント スキル
四十九代目
(魔王の妹?)
『??』 アーチャー
(???)
【???】 未だ見ぬ勇者の為に
二十二代目
(救世の探究)
『??』 アサシン
(???)
【???】 人類滅亡を避ける為に
三十二代目
(間桐の希望)
『??』 モンスター
(???)
【???】 最愛の母の為に
四十二代目
(勇者の後継)
『??』 バーサーカー
(???)
【???】 他の誰でもない友の為に
操作キャラクター
五代目
(略奪の鬼姫)
『??』 セイバー
(???)
【???】 力を制する為に
五代目
(燃焼の戦鬼)
『??』 ガンナー
(???)
【???】 静かな明日の為に
三十代目
(叛逆の騎士)
『??』 ライダー
(???)
【???】 世界に復讐する為に
十二代目
(双貌の探偵)
『??』 ランサー
(???)
【???】 兄弟の為に
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。